髙野 義孝

最終更新日時:2017/05/17 10:41:04

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
髙野 義孝/タカノ ヨシタカ/Yoshitaka Takano
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/応用生物科学専攻植物保護科学講座/教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 京都市左京区北白川追分町 Sakyo-Ku, Kyoto
電子メールアドレス
メールアドレス
ytakano @ kais.kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本植物病理学会  The Phytopathological Society of Japan
日本分子生物学会 The Molecular Biology of Society of Japan
日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(農学) 京都大学
博士(農学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院農学研究科修士課程農林生物学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 農学部農林生物学科 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
広島大学附属福山中・高等学校
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1997/04/01〜1997/06/30 日本学術振興会 JSPS 特別研究員 Research fellowship
1997/07/01〜2005/06/30 京都大学大学院農学研究科 Graduate School of Agriculture, Kyoto University 助手 Research Assistant
2005/07/01〜2008/09/30 京都大学大学院農学研究科 Graduate School of Agiculture, Kyoto University 講師 Lecturer
2008/10/01〜2016/03/31 京都大学大学院農学研究科 Graduate School of Agriculture, Kyoto University 准教授 Associate Professor
2016/04/01〜 京都大学大学院農学研究科 Graduate School of Agriculture, Kyoto University 教授 Professor
プロフィール
(日本語)
1992年、京都大学農学部農林生物学科を卒業、同年京都大学大学院農学研究科修士課程に進学、1994年同課程を修了、同年京都大学大学院農学研究科博士後期課程に進学する。1997年4月より日本学術振興会特別研究員。1997年6月に同課程中途退学、同年7月より京都大学大学農学研究科助手、2000年から2001年、在外研究員(ノースカロライナ州立大学)、2005年より同研究科講師。2008年より同研究科准教授、2016年より同研究科教授、現在に至る。植物病原糸状菌と植物の相互作用を一貫して研究しており、特に炭疽病菌(Colletotrichum属菌)の感染戦略と植物側の対抗戦略に焦点を当てている。2004年日本植物病理学会学術奨励賞受賞、2008年日本農学進歩賞受賞。
個人ホームページ
URL
http://www.plant-pathology.kais.kyoto-u.ac.jp
研究テーマ
(日本語)
炭疽病菌と植物間の相互作用分子メカニズム
(英語)
Molecular Mechanisms for Interactions between Anthracnose Fungi and Plants
研究概要
(日本語)
植物感染病の80%以上は、植物病原糸状菌(カビ)によって引き起こされており、糸状菌からの作物保護は非常に重要です。この植物と糸状菌の相互作用の分子機構を、様々な農作物生産に甚大な被害をもたらしている炭疽病菌(Colletotrichum属菌)を中心に研究しており、具体的には、(1)炭疽病菌における共通の感染戦略、(2)炭疽病菌に対する植物の非宿主抵抗性機構、および(3)炭疽病菌エフェクターによる非宿主抵抗性抑制機構に焦点をあてています。そして、これらの研究により得られた知見を作物保護に応用していくことを目指しています。
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
植物病理学 Plant Pathology
糸状菌 Filamentous Fungi
病原性 Pathogenicity
植物抵抗性 Plant Immunity
非宿主抵抗性 Nonhost Resistance
エフェクター Effector
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
植物病理学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Fukunaga S, Sogame M, Hata M, Singkaravanit-Ogawa S, Piślewska-Bednarek M, Onozawa-Komori M, Nishiuchi T, Hiruma K, Saitoh H, Terauchi R, Kitakura S, Inoue Y, Bednarek P, Schulze-Lefert P, Takano Y Dysfunction of Arabidopsis MACPF domain protein activates programmed cell death via tryptophan metabolism in MAMP-triggered immunity. The Plant journal : for cell and molecular biology,89,2,381-393 2017/01
Yamada K, Saijo Y, Nakagami H, Takano Y Regulation of sugar transporter activity for antibacterial defense in Arabidopsis. Science (New York, N.Y.),354,6318,1427-1430 2016/12
Inada N, Betsuyaku S, Shimada TL, Ebine K, Ito E, Kutsuna N, Hasezawa S, Takano Y, Fukuda H, Nakano A, Ueda T Modulation of Plant RAB GTPase-Mediated Membrane Trafficking Pathway at the Interface Between Plants and Obligate Biotrophic Pathogens. Plant & cell physiology,57,9,1854-1864 2016/09
Gan P, Narusaka M, Kumakura N, Tsushima A, Takano Y, Narusaka Y, Shirasu K Genus-Wide Comparative Genome Analyses of Colletotrichum Species Reveal Specific Gene Family Losses and Gains during Adaptation to Specific Infection Lifestyles. Genome biology and evolution,8,5,1467-1481 2016/05
Irieda H, Ogawa S, Takano Y Focal effector accumulation in a biotrophic interface at the primary invasion sites of Colletotrichum orbiculare in multiple susceptible plants. Plant signaling & behavior,11,2,e1137407 2016/02
Narusaka M, Toyoda K, Shiraishi T, Iuchi S, Takano Y, Shirasu K, Narusaka Y Leucine zipper motif in RRS1 is crucial for the regulation of Arabidopsis dual resistance protein complex RPS4/RRS1. Scientific reports,6,18702 2016/01
Shimada TL, Takano Y, Hara-Nishimura I Oil body-mediated defense against fungi: From tissues to ecology. Plant signaling & behavior,10,2,e989036 2015
Ihara M, Takano Y, Yamashita A General flexible nature of the cytosolic regions of fungal transient receptor potential (TRP) channels, revealed by expression screening using GFP-fusion techniques. Protein science : a publication of the Protein Society,23,923-931 2014/07 英語
Irieda H, Maeda H, Akiyama K, Hagiwara A, Saitoh H, Uemura A, Terauchi R, Takano Y Colletotrichum orbiculare Secretes Virulence Effectors to a Biotrophic Interface at the Primary Hyphal Neck via Exocytosis Coupled with SEC22-Mediated Traffic. The Plant cell,26,2265-2281 2014/05 英語
Saitoh H, Hirabuchi A, Fujisawa S, Mitsuoka C, Terauchi R, Takano Y MoST1 encoding a hexose transporter-like protein is involved in both conidiation and mycelial melanization of Magnaporthe oryzae. FEMS microbiology letters,352,104-113 2014/03 英語
Shimada TL, Takano Y, Shimada T, Fujiwara M, Fukao Y, Mori M, Okazaki Y, Saito K, Sasaki R, Aoki K, Hara-Nishimura I Leaf oil body functions as a subcellular factory for the production of a phytoalexin in Arabidopsis. Plant physiology,164,1,105-118 2014/01
Oku M, Takano Y, Sakai Y The emerging role of autophagy in peroxisome dynamics and lipid metabolism of phyllosphere microorganisms. Frontiers in plant science,5,81 2014 英語
Hiruma K, Fukunaga S, Bednarek P, Pislewska-Bednarek M, Watanabe S, Narusaka Y, Shirasu K, Takano Y Glutathione and tryptophan metabolism are required for Arabidopsis immunity during the hypersensitive response to hemibiotrophs. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,110,9589-9594 2013/06 英語
高野義孝;晝間敬;小野澤(小森)真理子;福永聡;島田智弓 炭疽病菌に対するシロイヌナズナの非宿主抵抗性 日本植物病理学会植物感染生理談話会論文集,47,69-77 2012/08/20 日本語
晝間敬;吉野香絵;高野義孝 植物病原性カビの新たな侵入戦略  メラニン化した付着器をつくらずに植物を攻撃する 化学と生物,49,9,588-589 2011/09/01 日本語
高野 義孝 植物病原性カビの感染戦略 (特集 植物をねらう生物の戦略と植物の防御戦略) 遺伝,64,5,20-25 2010/09 日本語
阪井康能;阪井康能;高野義孝 植物病原菌の宿主感染・オルガネラ数の制御とオートファジー ブレインテクノニュース,135,25-30 2009/09/15 日本語
高野義孝, 朝倉万琴, 木村祥子, 二宮幸子, 奥野哲郎 ウリ類炭疽病菌の感染戦略に必要な代謝機能 植物感染生理談話会論文集(植物ー病原微生物の相互作用のダイナミズム:ISSN 1345-8086), 43:87-94 2007 日本語
高野義孝 植物病原糸状菌の感染機構とペルオキシソーム  その代謝反応の重要性,そして自身の選択的分解!? 化学と生物,43,7,422-424 2005/07/01 日本語
高野義孝, 朝倉万琴, 木村祥子, 二宮幸子, 奥野哲郎 植物病原糸状菌における侵入器官形成とその機能発現 植物感染生理談話会論文集 (自他識別と応答のバイオフロンティア: ISSN 1345-8086), 40: 43-52 2004 日本語
高野義孝 ウリ類炭そ病菌の感染機構に関する分子遺伝学的研究 日本植物病理学会報, 70:161 2004 日本語
高野義孝, 小島海平, 菊地泰生, 米田健一, 高柳直幸, 山内順子, 奧野哲郎. ウリ類炭そ病菌の病原性機構の研究 植物感染生理談話会論文集 (植物-微生物相互作用研究の現状と将来展望: ISSN 1345-8086), 38:47-57 2002 日本語
Ross, Annegret; Yamada, Kohji; Hiruma, Kei; Yamashita-Yamada, Misuzu; Lu, Xunli; Takano, Yoshitaka; Tsuda, Kenichi; Saijo, Yusuke The Arabidopsis PEPR pathway couples local and systemic plant immunity EMBO JOURNAL,33,1,62-75 2014/01 英語
S. Watanabe; T.L. Shimada; K. Hiruma; Y. Takano Pathogen infection trial increases the secretion of proteins localized in the endoplasmic reticulum body of Arabidopsis Plant Physiology,163,2,659-664 2013/10 英語
M. Egusa; T. Miwa; H. Kaminaka; Y. Takano; M. Kodama Nonhost resistance of Arabidopsis thaliana against Alternaria alternata involves both pre- and postinvasive defenses but is collapsed by AAL-toxin in the absence of LOH2 Phytopathology,103,7,733-740 2013/07 英語
Y. Kubo; Y. Takano Dynamics of infection-related morphogenesis and pathogenesis in Colletotrichum orbiculare Journal of General Plant Pathology,79,4,233-242 2013/07 英語
P. Gan; K. Ikeda; H. Irieda; M. Narusaka; R.J. O'Connell; Y. Narusaka; Y. Takano; Y. Kubo; K. Shirasu Comparative genomic and transcriptomic analyses reveal the hemibiotrophic stage shift of Colletotrichum fungi New Phytologist,197,4,1236-1249 2013/03 英語
M. Narusaka; Y. Kubo; K. Hatakeyama; J. Imamura; H. Ezura; Y. Nanasato; Y. Tabei; Y. Takano; K. Shirasu; Y. Narusaka Interfamily Transfer of Dual NB-LRR Genes Confers Resistance to Multiple Pathogens PLoS ONE,8,2 2013 英語
M. Narusaka; Y. Kubo; K. Hatakeyama; J. Imamura; H. Ezura; Y. Nanasato; Y. Tabei; Y. Takano; K. Shirasu; Y. Narusaka Breaking restricted taxonomic functionality by dual resistance genes Plant Signaling and Behavior,8,6,e24244-1-e24244-2 2013 英語
K. Hiruma; S. Fukunaga; P. Bednarek; Y. Takano Glutathione and tryptophan metabolites are key players in Arabidopsis nonhost resistance against Colletotrichum gloeosporioides Plant Signaling and Behavior,8,9 2013 英語
S.Y. Lin; S. Okuda; K. Ikeda; T. Okuno; Y. Takano LAC2 encoding a secreted laccase is involved in appressorial melanization and conidial pigmentation in Colletotrichum orbiculare Molecular Plant-Microbe Interactions,25,12,1552-1561 2012/12 英語
M. Asakura; K. Yoshino; A.M. Hill; Y. Kubo; Y. Sakai; Y. Takano Primary and secondary metabolism regulates lipolysis in appressoria of Colletotrichum orbiculare Fungal Genetics and Biology,49,11,967-975 2012/11 英語
K. Yoshino; H. Irieda; F. Sugimoto; H. Yoshioka; T. Okuno; Y. Takano Cell death of Nicotiana benthamiana is induced by secreted protein NIS1 of colletotrichum orbiculare and is suppressed by a homologue of CgDN3 Molecular Plant-Microbe Interactions,25,5,625-636 2012/05 英語
R.J. O'Connell; M.R. Thon; S. Hacquard; S.G. Amyotte; J. Kleemann; M.F. Torres; U. Damm; E.A. Buiate; L. Epstein; N. Alkan; J. Altmüller; L. Alvarado-Balderrama; C.A. Bauser; C. Becker; B.W. Birren; Z. Chen; J. Choi; J.A. Crouch; J.P. Duvick; M.A. Farman; P. Gan; D. Heiman; B. Henrissat; R.J. Howard; M. Kabbage; C. Koch; B. Kracher; Y. Kubo; A.D. Law; M.-H. Lebrun; Y.-H. Lee; I. Miyara; N. Moore; U. Neumann; K. Nordström; D.G. Panaccione; R. Panstruga; M. Place; R.H. Proctor; D. Prusky; G. Rech; R. Reinhardt; J.A. Rollins; S. Rounsley; C.L. Schardl; D.C. Schwartz; N. Shenoy; K. Shirasu; U.R. Sikhakolli; K. Stüber; S.A. Sukno; J.A. Sweigard; Y. Takano; H. Takahara; F. Trail; H.C. Van Der Does; L.M. Voll; I. Will; S. Young; Q. Zeng; J. Zhang; S. Zhou; M.B. Dickman; P. Schulze-Lefert; E. Ver Loren Van Themaat; L.-J. Ma; L.J. Vaillancourt Lifestyle transitions in plant pathogenic Colletotrichum fungi deciphered by genome and transcriptome analyses Nature Genetics,44,9,1060-1065 2012 英語
D.J. Klionsky; F.C. Abdalla; H. Abeliovich; R.T. Abraham; A. Acevedo-Arozena; K. Adeli; L. Agholme; M. Agnello; P. Agostinis; J.A. Aguirre-Ghiso; H.J. Ahn; O. Ait-Mohamed; S. Ait-Si-Ali; T. Akematsu; S. Akira; H.M. Al-Younes; M.A. Al-Zeer; M.L. Albert; R.L. Albin; J. Alegre-Abarrategui; M.F. Aleo; M. Alirezaei; A. Almasan; M. Almonte-Becerril; A. Amano; R. Amaravadi; S. Amarnath; A.O. Amer; N. Andrieu-Abadie; V. Anantharam; D.K. Ann; S. Anoopkumar-Dukie; H. Aoki; N. Apostolova; G. Arancia; J.P. Aris; K. Asanuma; N.Y.O. Asare; H. Ashida; V. Askanas; D.S. Askew; P. Auberger; M. Baba; S.K. Backues; E.H. Baehrecke; B.A. Bahr; X.-Y. Bai; Y. Bailly; R. Baiocchi; G. Baldini; W. Balduini; A. Ballabio; B.A. Bamber; E.T.W. Bampton; G. Bánhegyi; C.R. Bartholomew; D.C. Bassham; R.C. Bast Jr.; H. Batoko; B.-H. Bay; I. Beau; D.M. Béchet; T.J. Begley; C. Behl; C. Behrends; S. Bekri; B. Bellaire; L.J. Bendall; L. Benetti; L. Berliocchi; H. Bernardi; F. Bernassola; S. Besteiro; I. Bhatia-Kissova; X. Bi; M. Biard-Piechaczyk; J.S. Blum; L.H. Boise; P. Bonaldo; D.L. Boone; B.C. Bornhauser; K.R. Bortoluci; I. Bossis; F. Bost; J.-P. Bourquin; P. Boya; M. Boyer-Guittaut; P.V. Bozhkov; N.R. Brady; C. Brancolini; A. Brech; J.E. Brenman; A. Brennand; E.H. Bresnick; P. Brest; D. Bridges; M.L. Bristol; P.S. Brookes; E.J. Brown; J.H. Brumell; N. Brunetti-Pierri; U.T. Brunk; D.E. Bulman; S.J. Bultman; G. Bultynck; L.F. Burbulla; W. Bursch; J.P. Butchar; W. Buzgariu; S.P. Bydlowski; K. Cadwell; M. Cahová; D. Cai; J. Cai; Q. Cai; B. Calabretta; J. Calvo-Garrido; N. Camougrand; M. Campanella; J. Campos-Salinas; E. Candi; L. Cao; A.B. Caplan; S.R. Carding; S.M. Cardoso; J.S. Carew; C.R. Carlin; V. Carmignac; L.A.M. Carneiro; S. Carra; R.A. Caruso; G. Casari; C. Casas; R. Castino; E. Cebollero; F. Cecconi; J. Celli; H. Chaachouay; H.-J. Chae; C.-Y. Chai; D.C. Chan; E.Y. Chan; R.C.-C. Chang; C.-M. Che; C.-C. Chen; G.-C. Chen; G.-Q. Chen; M. Chen; Q. Chen; S.S.-L. Chen; W. Chen; X. Chen; X. Chen; X. Chen; Y.-G. Chen; Y. Chen; Y. Chen; Y.-J. Chen; Z. Chen; A. Cheng; C.H.K. Cheng; Y. Cheng; H. Cheong; J.-H. Cheong; S. Cherry; R. Chess-Williams; Z.H. Cheung; E. Chevet; H.-L. Chiang; R. Chiarelli; T. Chiba; L.-S. Chin; S.-H. Chiou; F.V. Chisari; C.H. Cho; D.-H. Cho; A.M.K. Choi; D. Choi; K.S. Choi; M.E. Choi; S. Chouaib; D. Choubey; V. Choubey; C.T. Chu; T.-H. Chuang; S.-H. Chueh; T. Chun; Y.-J. Chwae; M.-L. Chye; R. Ciarcia; M.R. Ciriolo; M.J. Clague; R.S.B. Clark; P.G.H. Clarke; R. Clarke; P. Codogno; H.A. Coller; M.I. Colombo; S. Comincini; M. Condello; F. Condorelli; M.R. Cookson; G.H. Coombs; I. Coppens; R. Corbalan; P. Cossart; P. Costelli; S. Costes; A. Coto-Montes; E. Couve; F.P. Coxon; J.M. Cregg; J.L. Crespo; M.J. Cronjé; A.M. Cuervo; J.J. Cullen; M.J. Czaja; M. D'Amelio; A. Darfeuille-Michaud; L.M. Davids; F.E. Davies; M. De Felici; J.F. De Groot; C.A.M. De Haan; L. De Martino; A. De Milito; V. De Tata; J. Debnath; A. Degterev; B. Dehay; L.M.D. Delbridge; F. Demarchi; Y.Z Guidelines for the use and interpretation of assays for monitoring autophagy Autophagy,8,4,445-544 2012 英語
H. Saitoh; S. Fujisawa; C. Mitsuoka; A. Ito; A. Hirabuchi; K. Ikeda; H. Irieda; K. Yoshino; K. Yoshida; H. Matsumura; Y. Tosa; J. Win; S. Kamoun; Y. Takano; R. Terauchi Large-scale gene disruption in Magnaporthe oryzae identifies MC69, a secreted protein required for infection by monocot and dicot fungal pathogens PLoS Pathogens,8,5 2012 英語
K. Hiruma; T. Nishiuchi; T. Kato; P. Bednarek; T. Okuno; P. Schulze-Lefert; Y. Takano Arabidopsis ENHANCED DISEASE RESISTANCE 1 is required for pathogen-induced expression of plant defensins in nonhost resistance, and acts through interference of MYC2-mediated repressor function Plant Journal,67,6,980-992 2011/09 英語
K. Hiruma; Y. Takano Roles of EDR1 in non-host resistance of arabidopsis Plant Signaling and Behavior,6,11,1831-1833 2011 英語
K. Hiruma; M. Onozawa-Komori; F. Takahashi; M. Asakura; P. Bednarek; T. Okuno; P. Schulze-Lefert; Y. Takanoa Entry mode-dependent function of an indole glucosinolate pathway in arabidopsis for nonhost resistance against anthracnose pathogens Plant Cell,22,7,2429-2443 2010/07 英語
K. Yoshimoto; Y. Takano; Y. Sakai Autophagy in plants and phytopathogens FEBS Letters,584,7,1350-1358 2010/04/02 英語
H. Saitoh; S. Fujisawa; A. Ito; C. Mitsuoka; T. Berberich; Y. Tosa; M. Asakura; Y. Takano; R. Terauchi SPM1 encoding a vacuole-localized protease is required for infection-related autophagy of the rice blast fungus Magnaporthe oryzae FEMS Microbiology Letters,300,1,115-121 2009/11 英語
Y. Takano; M. Asakura; Y. Sakai Atg26-mediated pexophagy and fungal phytopathogenicity Autophagy,5,7,1041-1042 2009/10/01 英語
K. Yoshida; H. Saitoh; S. Fujisawa; H. Kanzaki; H. Matsumura; K. Yoshida; Y. Tosa; I. Chuma; Y. Takano; J. Win; S. Kamoun; R. Terauchi Association genetics reveals three novel avirulence genes from the rice blast fungal pathogen magnaporthe oryzae Plant Cell,21,5,1573-1591 2009/05 英語
M. Asakura; S. Ninomiya; M. Sugimoto; M. Oku; S.-I. Yamashita; T. Okuno; Y. Sakai; Y. Takano Atg26-mediated pexophagy is required for host invasion by the plant pathogenic fungus colletotrichum orbiculare Plant Cell,21,4,1291-1304 2009/04 英語
Asakura, M. and Takano, Y. Peroxisomes and phytopathogenicity. In Emergent Functions of the Peroxisome 34-42. 2009 英語
K. Matsumoto; C. Tomikawa; T. Toyooka; A. Ochi; Y. Takano; N. Takayanagi; M. Abe; Y. Endo; H. Hori Production of yeast tRNA (m<sup>7</sup>G46) methyltransferase (Trm8-Trm82 complex) in a wheat germ cell-free translation system Journal of Biotechnology,133,4,453-460 2008/02/29 英語
C. Kudo; T. Suzuki; S. Fukuoka; S. Asai; H. Suenaga; M. Sasabe; Y. Takano; T. Okuno; K. Toyoda; T. Shiraishi; Y. Ichinose; Y.-S. Inagaki Suppression of Cdc27B expression induces plant defence responses Molecular Plant Pathology,8,4,365-373 2007/07 英語
K. Matsumoto; T. Toyooka; C. Tomikawa; A. Ochi; Y. Takano; N. Takayanagi; Y. Endo; H. Hori RNA recognition mechanism of eukaryote tRNA (m<sup>7</sup>G46) methyltransferase (Trm8-Trm82 complex) FEBS Letters,581,8,1599-1604 2007/04/17 英語
M. Asakura; T. Okuno; Y. Takano Multiple contributions of peroxisomal metabolic function to fungal pathogenicity in Colletotrichum lagenarium Applied and Environmental Microbiology,72,9,6345-6354 2006/09 英語
Y. Takano; N. Takayanagi; H. Hori; Y. Ikeuchi; T. Suzuki; A. Kimura; T. Okuno A gene involved in modifying transfer RNA is required for fungal pathogenicity and stress tolerance of Colletotrichum lagenarium Molecular Microbiology,60,1,81-92 2006/04 英語
C. Shimada; V. Lipka; R. O'Connell; T. Okuno; P. Schulze-Lefert; Y. Takano Nonhost resistance in Arabidospis-Colletotrichum interactions acts at the cell periphery and requires actin filament function Molecular Plant-Microbe Interactions,19,3,270-279 2006/03 英語
A. Yoshimi; K. Kojima; Y. Takano; C. Tanaka Group III histidine kinase is a positive regulator of Hog1-type mitogen-activated protein kinase in filamentous fungi Eukaryotic Cell,4,11,1820-1828 2005/11 英語
G. Furusawa; T. Yoshikawa; Y. Takano; K. Mise; I. Furusawa; T. Okuno; T. Sakata Characterization of cytoplasmic fibril structures found in gliding cells of Saprospira sp. Canadian Journal of Microbiology,51,10,875-880 2005/10 英語
J. Yamauchi; N. Takayanagi; K. Komeda; Y. Takano; T. Okuno cAMP-PKA signaling regulates multiple steps of fungal infection cooperatively with Cmk1 MAP kinase in Colletotrichum lagenarium Molecular Plant-Microbe Interactions,17,12,1355-1365 2004/12 英語
K. Kojima; Y. Takano; A. Yoshimi; C. Tanaka; T. Kikuchi; T. Okuno Fungicide activity through activation of a fungal signalling pathway Molecular Microbiology,53,6,1785-1796 2004/09 英語
Y. Takano Molecular genetic studies on infection mechanism in Colletotrichum lagenarium Journal of General Plant Pathology,70,6,390- 2004 英語
Y. Takano; W. Choi; T.K. Mitchell; T. Okuno; R.A. Dean Large scale parallel analysis of gene expression during infection-related morphogenesis of Magnaporthe grisea Molecular Plant Pathology,4,5,337-346 2003/09 英語
K. Kojima; T. Kikuchi; Y. Takano; E. Oshiro; T. Okuno The mitogen-activated protein kinase gene MAF1 is essential for the early differentiation phase of appressorium formation in Colletotrichum lagenarium Molecular Plant-Microbe Interactions,15,12,1268-1276 2002/12 英語
Y. Takano; E. Oshiro; T. Okuno Microtubule dynamics during infection-related morphogenesis of Colletotrichum lagenarium Fungal Genetics and Biology,34,2,107-121 2001/11 英語
Y. Takano; K. Komeda; K. Kojima; T. Okuno Proper regulation of cyclic AMP-dependent protein kinase is required for growth, conidiation, and appressorium function in the anthracnose fungus Colletotrichum lagenarium Molecular Plant-Microbe Interactions,14,10,1149-1157 2001/10 英語
A. Kimura; Y. Takano; I. Furusawa; T. Okuno Peroxisomal metabolic function is required for appressorium-mediated plant infection by Colletotrichum lagenarium Plant Cell,13,8,1945-1957 2001/08 英語
G. Tsuji; Y. Kenmochi; Y. Takano; J. Sweigard; L. Farrall; I. Furusawa; O. Horino; Y. Kubo Novel fungal transcriptional activators, Cmr1p of Colletotrichum lagenarium and Pig1p of Magnaporthe grisea, contain Cys2His2 zinc finger and Zn(II)2Cys6 binuclear cluster DNA-binding motifs and regulate transcription of melanin biosynthesis genes in a de Molecular Microbiology,38,5,940-954 2000/12 英語
Y. Takano; T. Kikuchi; Y. Kubo; J.E. Hamer; K. Mise; I. Furusawa The Colletotrichum lagenarium MAP kinase gene CMK1 regulates diverse aspects of fungal pathogenesis Molecular Plant-Microbe Interactions,13,4,374-383 2000/04 英語
A. Inagaki; Y. Takano; Y. Kubo; K. Mise; I. Furusawa Construction of an equalized cDNA library from Colletotrichum lagenarium and its application to the isolation of differentially expressed genes Canadian Journal of Microbiology,46,2,150-158 2000/02 英語
Y. Takano; Y. Kubo; C. Kawamura; T. Tsuge; I. Furusawa The Alternaria alternata melanin biosynthesis gene restores appressorial melanization and penetration of cellulose membranes in the melanin-deficient albino mutant of Colletotrichum lagenarium Fungal Genetics and Biology,21,1,131-140 1997/02 英語
Y. Takano; Y. Kubo; I. Kuroda; I. Furusawa Temporal transcriptional pattern of three melanin biosynthesis genes, PKS1, SCD1, and THR1, in appressorium-differentiating and nondifferentiating conidia of Colletotrichum lagenarium Applied and Environmental Microbiology,63,1,351-354 1997/01 英語
Y. Kubo; Y. Takano; N. Endo; N. Yasuda; S. Tajima; I. Furusawa Cloning and structural analysis of the melanin biosynthesis gene SCD1 encoding scytalone dehydratase in Colletotrichum lagenarium Applied and Environmental Microbiology,62,12,4340-4344 1996/12 英語
N.S. Perpetua; Y. Kubo; N. Yasuda; Y. Takano; I. Furusawa Cloning and characterization of a melanin biosynthetic THR1 reductase gene essential for appressorial penetration of Colletotrichum Lagenarium Molecular Plant-Microbe Interactions,9,5,323-329 1996/07 英語
Y. Takano; Y. Kubo; K. Shimizu; K. Mise; T. Okuno; I. Furusawa Structural analysis of PKS1, a polyketide synthase gene involved in melanin biosynthesis in Colletotrichum lagenarium Mgg Molecular & General Genetics,249,2,162-167 1995/11/15 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
炭疽病菌の基本的親和性とエフェクター [招待あり] 日本植物病理学会関西部会若手の会 2015/09/28 日本語
炭疽病菌エフェクターの網羅的検索とエフェクター阻害剤型農薬の開発 [招待あり] 農薬部会第99回セミナー 2015/09/18 日本語
基本的親和性とエフェクター [招待あり] 日本植物病理学会創立100周年記念シンポジウム 2015/03/28 日本語
炭疽病菌の植物感染戦略とエフェクター [招待あり] インターゲノミクスセミナー インターゲノミクス研究会 2013/10/25 日本語
植物と病原菌の戦い [招待あり] 日本微生物学連盟フォーラム「驚きの微生物たち」 日本微生物学連盟 2013/01/26 日本語
炭疽病菌に対するシロイヌナズナの非宿主抵抗性 [招待あり] 平成24年度植物感染生理談話会 日本植物病理学会 2012/08/30 日本語
新規農薬候補のスクリーニング方法及びその遺伝子 [招待あり] 京都大学新技術説明会 京都大学 2012/08/24 日本語
植物病原糸状菌の侵入戦略とオートファジー [招待あり] 第32回糸状菌遺伝子研究会 糸状菌遺伝子研究会 2011/06/03 日本語
ウリ類炭疽病菌の感染戦略に必要な代謝機能 [招待あり] 平成19年度植物感染生理談話会 日本植物病理学会 2007/08/09 日本語
植物病原糸状菌における侵入器官形成とその機能発現 [招待あり] 平成16年度植物感染生理談話会 日本植物病理学会 2004/08/19 日本語
炭そ病菌の感染機構と植物側の抵抗性反応 [招待あり] 岩手生物工学研究センター 公開セミナー 日本植物病理学会 2004/06/10 日本語
植物病原糸状菌ウリ類炭そ病菌の感染メカニズムの研究 第14回 岡山植物病理セミナー 岡山大学資源生物科学研究所 2003/12/03 日本語
ウリ類炭そ病菌の感染器官形成についての研究 [招待あり] 日本植物病理学会関西部会若手の会 日本植物病理学会 2002/09/27 日本語
ウリ類炭そ病菌の病原性機構の研究 [招待あり] 平成14年度植物感染生理談話会 日本植物病理学会 2002/08/07 日本語
Nonhost resistance of Arabidopsis against anthracnose fungi [Invited] Sino-Japan Joint symposium of Plant Pathology China Agricultural University 2013/09/01 英語
Nonhost interactions between Arabidopsis and anthracnose fungi [Invited] XV International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions International Society for Molecular Plant-Microbe Interactions 2012/07/30 英語
Atg26-mediated pexophagy is required for host invasion by the plant pathogenic fungus Colletotrichum orbiculare [Invited] 5th International Symposium on Autophagy International Symposium on Autophagy 2009/09/25 英語
Peroxisome and fungal pathogenesis [Invited] 日韓セミナー: 糸状菌分子生物学におけるパイオニア研究 糸状菌分子生物学研究会 2008/11/29 英語
Nonhost resistance of Arabidopsis to anthracnose fungi [Invited] Seminars at RIKEN Plant Science Center RIKEN Plant Science Center 2008/08/04 英語
Appressorium-mediated infection and plant preinvasion resistance [Invited] Iwate Plant Science Symposium 2006 岩手大学21世紀COEプログラム 2006/10/19 英語
Signal transduction pathways regulating fungal pathogenesis of Colletotrichum lagenarium [Invited] 9th International Symposium on the Genetics of Industrial Microorganisms The Committe for Gim-2002 2002/07/04 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
高野義孝 非宿主抵抗性に関与する遺伝子解析 植物病理学(眞山滋志、難波成任 編)pp.228-230、文永堂出版、東京 2010 日本語
高野義孝 非宿主抵抗性を支える分子メカニズム 蛋白質 核酸 酵素 植物における環境と生物ストレスに対する応答(島本 功 他編) pp. 705-710, 共立出版   2007 日本語
Terauchi, R., Win, J., Kamoun, S., Matsumura, H., Saitoh, H., Kanzaki, H., Yoshida, K., Shenton, M., Berberich, T., Fujisawa, S., Ito, A., Takano, Y. and Tosa, Y. Searching for effectors of Magnaporthe oryzae: a multi-faceted genomics approach In: Advances in genetics, genomics and control of rice blast disease (Wang, G.-L. and Valent, B. eds), pp.105-111, Springer 2009 英語
Terauchi, R., Win, J., Kamoun, S., Matsumura, H., Saitoh, H., Yoshida, K., Shenton, M., Berberich, T., Fujisawa, S., Ito, A., Takano, Y. and Tosa, Y. A multi-faceted genomics approach toward understanding Magnaporthe-rice interactions In: Biology of Molecular Plant-Microbe Interactions (Lorito M., Woo, SL. and Scala, F. eds ), pp. 1-5. 2009 英語
Kudo, Y., Takano, Y., Tsuji, G., Kenmochi, Y., Kuroda, I., Horino, O. and Furusawa, I. Expression and regulation of melanin biosynthetic genes during apressorium formation of Colletotrichum lagenarium K. Kohmoto and O. C. Yoder(eds. ), Molecular genetics of host-specific toxins in plant disease. pp.253-260, Kluwer Academic Publishers 1998 英語
Kubo, Y., Takano, Y., and Furusawa, I. Molecular genetic analysis of melanin biosynthetic genes essential for appressorium function in Colletotrichum lagenarium Molecular Aspects of Pathogenicity and Host Resistance : Requirement for Signal Transduction. D. Mills, H. Kunoh, N. T. Keen, and S. Mayama, eds. pp.73-82, APS Press 1996 英語
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月
高野 義孝, 入枝 泰樹, 池田 恭子 炭疽病菌による宿主感染を抑制する活性を評価する方法、及び前記活性を有する物質をスクリーニングする方法 特許出願 特願特願2012-181409 2012/08/20
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
日本植物病理学会 学術奨励賞 The Young Scientist Award of the Phytopathological Socioety of Japan 日本植物病理学会 The Phytopathological Society of Japan 2004
日本農学進歩賞  Japan Prize in Agricultural Sciences, Achievement Award for Young Scientists 農学会 The Foundation of Agricultural Sciences of Japan 2008
記事報道
発表タイトル メディア名 掲載欄/番組名 年月日
どうして、せっかく合成した細胞内小器官を分解しなくては生き延びていけないのか?- オートファジーとカビの植物感染 - 京都新聞 27面 2009/04/21
どうして、せっかく合成した細胞内小器官を分解しなくては生き延びていけないのか?- オートファジーとカビの植物感染 - 日刊工業新聞 30面 2009/04/21
植物病原性カビの新たな侵入戦略の発見 朝日新聞 17面 2010/07/20
植物病原性カビの新たな侵入戦略の発見 京都新聞 23面 2010/07/07
植物病原性カビの新たな侵入戦略の発見 産経新聞 25面 2010/07/07
植物病原性カビの新たな侵入戦略の発見 中日新聞 25面 2010/07/07
植物病原性カビの新たな侵入戦略の発見 日刊工業新聞 19面 2010/07/07
植物の炭疽病に関与する遺伝子群候補を同定-イチゴ炭疽病菌とウリ類炭疽病菌の全ゲノムを解読 化学工業日報 5面 2012/12/19
病害抵抗性作物創製の新技術の開発 ―2つの蛋白質の同時導入で「科」の壁を越えて作物に抵抗性を付与― 化学工業日報 5面 2013/02/22
病害抵抗性作物創製の新技術の開発 ―2つの蛋白質の同時導入で「科」の壁を越えて作物に抵抗性を付与― 日本農業新聞 14面 2013/02/22
病原性カビの侵入を許してしまった植物の奥の手とは? 科学新聞 2面 2013/06/07
病原性カビの侵入を許してしまった植物の奥の手とは? 京都新聞 26面 2013/05/21
植物病原菌はその飛び道具をどこに繰り出すのか? 京都新聞 9面 教育欄 2014/06/28
植物は侵入してきた病原体を兵糧攻めにして撃退する -植物の新規防御メカニズムの発見と解明- 朝日新聞 31面 2016/11/25
植物は侵入してきた病原体を兵糧攻めにして撃退する -植物の新規防御メカニズムの発見と解明- 読売新聞 12面 2016/11/25
植物は侵入してきた病原体を兵糧攻めにして撃退する -植物の新規防御メカニズムの発見と解明- 産経新聞 25面 2016/11/26
植物は侵入してきた病原体を兵糧攻めにして撃退する -植物の新規防御メカニズムの発見と解明- 毎日新聞 26面 2016/11/26
植物は侵入してきた病原体を兵糧攻めにして撃退する -植物の新規防御メカニズムの発見と解明- 日刊工業新聞 20面 2016/11/28
植物は侵入してきた病原体を兵糧攻めにして撃退する -植物の新規防御メカニズムの発見と解明- 京都新聞 22面 2016/12/27

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
奨励研究(A) 代表 均一化cDNAライブラリーを用いた病原菌の形態分化に関与する遺伝子群の分離、解析 1998〜1999
特定領域研究 代表 植物病原糸状菌に対するシロイヌナズナの非宿主抵抗性メカニズムの研究 2003〜2003
若手研究(B) 代表 シロイヌナズナの非宿主植物抵抗性に関与する遺伝子の単離・解析 2003〜2004
特定領域研究 分担 新生膜形成の時空制御とリン脂質結合ドメインの生理生化学機能 2004〜2005
特定領域研究 分担 オルガネラとAtg分子の動態解析によるペキソファジー高次機能発現機構の解明 2006〜2007
基盤研究(B) 代表 炭疽病菌への非宿主抵抗性に必要な植物因子の研究 2008〜2011
挑戦的萌芽研究 代表 植物病原糸状菌の感染戦略に必要な細胞内分解システムの探索と応用展開 2011〜2013
基盤研究(A) 分担 植物病原菌の宿主侵入における表層認識と形態形成の制御機構 2012〜2014
基盤研究(B) 代表 サンプル値制御理論によるディジタル非定常信号処理 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
基盤研究(B) 代表 新発見絵画資料による近代日本の学術史とスウェン・ヘディンに関する多分野横断的研究 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
基盤研究(B) 代表 糸状菌エフェクターNIS1の植物免疫抑制機能に関する研究 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
産業技術研究助成事業助成金 高野義孝 植物病原菌のミュータント解析による感染機構阻害剤の低コスト・ハイスループット型スクリーニングシステムの開発 2005〜2007
平成22年度 稲盛財団研究助成金 高野義孝 非宿主植物抵抗性を誘導するタンパク質リン酸化酵素EDR1の分子機構解析 2010〜2010
財団法人発酵研究所平成22年度一般研究助成 高野義孝 植物病原菌の病原性発現に必要なオルガネラ機能の分子解析と創薬開発に向けての応用展開 2010〜2011
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
植物保護科学演習 通年 農学部 2011/04〜2012/03
植物病理学II 後期 農学部 2011/04〜2012/03
資源生物科学基礎 前期 農学部 2011/04〜2012/03
資源生物科学概論IV 後期 農学部 2011/04〜2012/03
植物病理学専攻実験 農学研究科 2011/04〜2012/03
植物病理学専攻演習 農学研究科 2011/04〜2012/03
植物病理学特論Ⅱ 農学研究科 2011/04〜2012/03
植物保護科学演習 Seminars in Plant Protection 通年 農学部 2012/04〜2013/03
植物病理学II Plant Pathology II 後期 農学部 2012/04〜2013/03
資源生物科学基礎 Basic Bioresource Science 前期 農学部 2012/04〜2013/03
資源生物科学基礎 Basic Bioresource Science 前期 農学部 2013/04〜2014/03
植物病理学II Plant Pathology II 後期 農学部 2013/04〜2014/03
植物保護科学演習 Seminars in Plant Protection 通年 農学部 2013/04〜2014/03
植物病理学特論 II Plant Pathology (Advanced Course) II 前期 農学研究科 2013/04〜2014/03
植物病理学専攻演習 Seminar in Plant Pathology 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
植物病理学専攻実験 Research in Plant Pathology 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
資源生物科学基礎 Basic Bioresource Science 前期 農学部 2014/04〜2015/03
植物病理学II Plant Pathology II 後期 農学部 2014/04〜2015/03
植物保護科学演習 Seminars in Plant Protection 通年 農学部 2014/04〜2015/03
植物病理学専攻演習 Seminar in Plant Pathology 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
植物病理学専攻実験 Research in Plant Pathology 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
植物保護科学演習 Seminars in Plant Protection 通年 農学部 2015/04〜2016/03
植物病理学II Plant Pathology II 後期 農学部 2015/04〜2016/03
植物病理学専攻実験1 Research in Plant Pathology1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
植物病理学専攻実験 Research in Plant Pathology 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
植物病理学専攻演習1 Seminar in Plant Pathology1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
植物病理学専攻演習 Seminar in Plant Pathology 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
植物病理学特論 II Plant Pathology (Advanced Course) II 前期 農学研究科 2015/04〜2016/03
資源生物科学基礎 Basic Bioresource Science 前期 農学部 2015/04〜2016/03
微生物学 Microbiology 後期 農学部 2016/04〜2017/03
植物保護科学演習 Seminars in Plant Protection 通年 農学部 2016/04〜2017/03
植物病理学II Plant Pathology II 後期 農学部 2016/04〜2017/03
植物病理学I Plant Pathology I 前期 農学部 2016/04〜2017/03
植物病理学専攻実験1 Research in Plant Pathology1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
植物病理学専攻実験2 Research in Plant Pathology2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
植物病理学専攻実験 Research in Plant Pathology 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
植物病理学専攻演習1 Seminar in Plant Pathology1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
植物病理学専攻演習2 Seminar in Plant Pathology2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
植物病理学専攻演習 Seminar in Plant Pathology 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
植物病理学特論 I Plant Pathology (Advanced Course) I 後期 農学研究科 2016/04〜2017/03
資源生物科学基礎 Basic Bioresource Science 前期 農学部 2016/04〜2017/03
資源生物科学専門外書講義II Introduction to Foreign Literature in Bioresource Science II 後期 農学部 2016/04〜2017/03
資源生物科学概論B Outline of Bioresource Science B 後期 農学部 2016/04〜2017/03

  • <<
  • >>
  • 表示
指導学生の受賞
受賞した学生名 賞の名称 授与組織名 年月
小野澤真理子 日本植物病理学会学生優秀発表賞 日本植物病理学会 2007
晝間 敬 日本植物病理学会学生優秀発表賞 日本植物病理学会 2009
林 紹伃 学生優秀ポスター発表賞 糸状菌分子生物学研究会 2011
晝間 敬 第84回日本生化学会大会 鈴木紘一メモリアル賞 日本生化学会 2011
吉野香絵 日本植物病理学会学生優秀発表賞 日本植物病理学会 2013
部局運営(役職等)
役職名 期間
制度・組織等検討委員会 委員 2016/04/01〜2018/03/31
学会活動:学会役員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) 役職名(日本語) 役職名(英語) 期間
糸状菌分子生物学研究会 運営委員 2011〜
学会活動:編集委員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) ジャーナル名(日本語) ジャーナル名(英語) 役職名 期間
Fungal Genetics and Biology Associate Editor 2012〜
Journal of General Plant Pathology 編集委員 2008〜2011
学会活動:研究集会委員歴
学会名 研究集会名 役職名 期間
日本植物病理学会 平成18年度 日本植物病理学会関西部会 開催地実行委員 2006〜2006
日本植物病理学会 平成22年度 日本植物病理学会大会 運営委員 2010〜2010
日本生化学会 第84回 日本生化学会大会 組織委員 2011〜2011
国際分子・植物・微生物相互作用学会 第15回 国際分子・植物・微生物相互作用学会 実行委員 2012〜2012
酵母合同シンポジウム実行委員会 第20回 酵母合同シンポジウム 実行委員 2012〜2012
学会活動:座長歴等
学会名 研究集会名 年月
京都府農業資源研究センター 研究成果報告会 2008/03/07
日本生化学会 第84回 日本生化学会大会 2011/09/21
International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions 15 th International Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions 2012/07/29
酵母合同シンポジウム 第20回 酵母合同シンポジウム 2012/09/06
海外での滞在歴
滞在機関名 部署 研究テーマ 国名 期間
North Carolina State University The Center for Integrated Fungal Research 植物病原菌イネいもち病菌の病原性機構に関する研究 アメリカ 2000/07/01〜2001/06/30