米原 伸

最終更新日時: 2017/11/17 15:12:14

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
米原 伸/ヨネハラ シン/Yonehara, Shin
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
生命科学研究科/高次生命科学専攻体制統御学講座/教授
学内兼務
部局 所属 講座等 職名
理学研究科 理学研究科 理学科
ウイルス研究所 ウイルス研究所 がんウイルス研究部門
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8501 京都市左京区吉田近衛町 京都大学医学・生命科学総合研究棟5階 Graduate School of Biostudie , Kyoto University South Campus Research Building (Building G), Yoshida Konoe-cho, Sakyo-ku, Kyoto 606-8501 Japan
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-753-9234
電子メールアドレス
メールアドレス
yonehara @ lif.kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本免疫学会
日本生化学会
日本癌学会
日本細胞生物学会
日本分子生物学会
日本インターフェロン・サイトカイン学会
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
American Association for the Advancement of Science USA
New York Academy of Science USA
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
理学修士 京都大学
理学博士 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院理学研究科修士課程化学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 理学部 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
洛星高等学校 らくせいこうとうがっこう
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1978/05/01〜1986/03/31 東京都臨床医学総合研究所 インターフェロンプロジェクト Interferon Project, The Tokyo Metropolitan Institute for Medical Science 研究技術員 Junior Researcher
1986/04/01〜1992/03/31 東京都臨床医学総合研究所細胞生物学研究部門 Department of Cell Biology, The Tokyo Metropolitan Institute for Medical Science 研究員 Research Scientist
1992/04/01〜1994/03/31 日本たばこ産業株式会社JT医薬基礎研究所 Pharmaceutical Basic Research Laboratories, JT. Inc. 主任研究員 Senior Researcher
1994/04/01〜 京都大学ウイルス研究所がんウイルス部門生体発がん機構分野 Institute for Virus Research, Kyoto University 教授 Professor
2001/04/01〜 京都大学生命科学研究科高次遺伝情報学分野遺伝情報学研究分野教授 Graduated School of Biostudies, Kyoto University 教授 Professor
プロフィール
(日本語)
 細胞死という生命現象の解析を軸として、発がん・免疫・発生等の原理を明らかにすることを目的に、分子・細胞・生体レベルで研究を行っている。そして、我々が発見した細胞表層レセプター分子 Fas (アポトーシスという細胞死を直接誘導する)からのシグナル伝達の分子機構とその調節機構や、それらに関わる多様なシグナル分子の生理機能の解明を目的として研究を行っている。   また、アポトーシスの定義にあてはまらない新しい細胞死までを含めた細胞死誘導の分子機構と生理機能を分子・細胞・生体レベルで解析し、細胞死が免疫・発生・発がんにおいて果たしている役割の解析を行っている。   これらの課題と関連して、細胞のがん化、免疫系または個体発生で機能する新しい機能分子の探索、そして明らかにした分子の機能解析を分子・細胞・生体レベルで行っている。
(英語)
Investigations of molecular mechanisms and physiological roles of cell death are important for a better understanding of mammalian immune system, embryogenesis and tumorigenesis. My own research projects are directed toward: 1) Regulatory mechanisms and functions of Fas-mediated apoptosis 2) Multiple functions of signaling molecules in Fas-mediated apoptosis 3) Signal transduction and functions of novel cell death-inducing systems 4) Cell death in immune, developmental and oncologic systems
使用言語
言語名(japanese) 言語名(english) コード
英語
個人ホームページ
URL
http://www.lif.kyoto-u.ac.jp/labs/Fas/Home_j.htm
researchmap URL
https://researchmap.jp/read0183914
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
細胞死 apoptosis, programed cell death
発がん cancer
免疫 immunology
シグナル伝達 signal transduction
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
阪口翔太、米原伸 阪口翔太、米原伸 阪口翔太、米原伸 新規ネクローシスの分子機構 新規ネクローシスの分子機構 新規ネクローシスの分子機構 実験医学, 34, 7, 1070-1075 実験医学, 34, 7, 1070-1075 実験医学, 34, 7, 1070-1075 2016/05 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
福岡あゆみ, 米原伸 福岡あゆみ, 米原伸 福岡あゆみ, 米原伸 IgE抗体産生を促進するFas‐expressing natural helper細胞 IgE抗体産生を促進するFas‐expressing natural helper細胞 IgE抗体産生を促進するFas‐expressing natural helper細胞 月刊臨床免疫・アレルギー科, 62, 3, 318-322 月刊臨床免疫・アレルギー科, 62, 3, 318-322 月刊臨床免疫・アレルギー科, 62, 3, 318-322 2014/09 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
福岡あゆみ, 弓倉静英, 善本知広, 中西憲司, 米原伸 福岡あゆみ, 弓倉静英, 善本知広, 中西憲司, 米原伸 福岡あゆみ, 弓倉静英, 善本知広, 中西憲司, 米原伸 IgE産生促進に働く新規2型自然リンパ球の同定 IgE産生促進に働く新規2型自然リンパ球の同定 IgE産生促進に働く新規2型自然リンパ球の同定 アレルギー, 62, 9/10, 1311 アレルギー, 62, 9/10, 1311 アレルギー, 62, 9/10, 1311 2013/10 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
弓倉静英, 高橋涼香, 松下一史, 福岡あゆみ, 米原伸, 中西憲司, 善本知広 弓倉静英, 高橋涼香, 松下一史, 福岡あゆみ, 米原伸, 中西憲司, 善本知広 弓倉静英, 高橋涼香, 松下一史, 福岡あゆみ, 米原伸, 中西憲司, 善本知広 BALB/c背景Fas-/-マウスで活性化された濾胞性ヘルパーT細胞はアレルギー疾患と自己免疫疾患を増悪させる BALB/c背景Fas-/-マウスで活性化された濾胞性ヘルパーT細胞はアレルギー疾患と自己免疫疾患を増悪させる BALB/c背景Fas-/-マウスで活性化された濾胞性ヘルパーT細胞はアレルギー疾患と自己免疫疾患を増悪させる アレルギー, 62, 9/10, 1405 アレルギー, 62, 9/10, 1405 アレルギー, 62, 9/10, 1405 2013/10 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
福岡あゆみ, 米原伸 福岡あゆみ, 米原伸 福岡あゆみ, 米原伸 細胞死の多様な機能 Fasで除去される新規2型免疫細胞とIgE抗体産生 細胞死の多様な機能 Fasで除去される新規2型免疫細胞とIgE抗体産生 細胞死の多様な機能 Fasで除去される新規2型免疫細胞とIgE抗体産生 医学のあゆみ, 246, 5, 411-415 医学のあゆみ, 246, 5, 411-415 医学のあゆみ, 246, 5, 411-415 2013/08 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
黒木俊介, 米原伸 黒木俊介, 米原伸 黒木俊介, 米原伸 死細胞による生体恒常性の維持機構 プログラムされたネクローシス その実行メカニズムと生理的意義 死細胞による生体恒常性の維持機構 プログラムされたネクローシス その実行メカニズムと生理的意義 死細胞による生体恒常性の維持機構 プログラムされたネクローシス その実行メカニズムと生理的意義 実験医学, 30, 4, 545-549 実験医学, 30, 4, 545-549 実験医学, 30, 4, 545-549 2012/03 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
小林洋平, 米原伸 小林洋平, 米原伸 小林洋平, 米原伸 細胞死とシグナル 第2章 核と細胞死 3.異常な四倍体細胞を除去する細胞死機構 細胞死とシグナル 第2章 核と細胞死 3.異常な四倍体細胞を除去する細胞死機構 細胞死とシグナル 第2章 核と細胞死 3.異常な四倍体細胞を除去する細胞死機構 実験医学, 28, 7, 1036-1041 実験医学, 28, 7, 1036-1041 実験医学, 28, 7, 1036-1041 2010/05 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
風間啓敬, JOHN Herndon, DOUGLAS Green, GEORGE Hoppe, THOMAS Ferguson, 米原伸 風間啓敬, JOHN Herndon, DOUGLAS Green, GEORGE Hoppe, THOMAS Ferguson, 米原伸 風間啓敬, JOHN Herndon, DOUGLAS Green, GEORGE Hoppe, THOMAS Ferguson, 米原伸 アポトーシス細胞による免疫抑制に関わる細胞内分子HMGB1の修飾 アポトーシス細胞による免疫抑制に関わる細胞内分子HMGB1の修飾 アポトーシス細胞による免疫抑制に関わる細胞内分子HMGB1の修飾 生化学, ROMBUNNO.1S1A-4 生化学, ROMBUNNO.1S1A-4 生化学, ROMBUNNO.1S1A-4 2009/09 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
桐山真利亜, 小林洋平, 齊藤基輝, 石川冬木, 米原伸 桐山真利亜, 小林洋平, 齊藤基輝, 石川冬木, 米原伸 桐山真利亜, 小林洋平, 齊藤基輝, 石川冬木, 米原伸 細胞周期S期の進行に必要なFLASHとARS2(Arsenite Resistance Protein2)との会合 細胞周期S期の進行に必要なFLASHとARS2(Arsenite Resistance Protein2)との会合 細胞周期S期の進行に必要なFLASHとARS2(Arsenite Resistance Protein2)との会合 生化学, ROMBUNNO.3T10A-4 生化学, ROMBUNNO.3T10A-4 生化学, ROMBUNNO.3T10A-4 2009/09 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
小林洋平, 米原伸 小林洋平, 米原伸 小林洋平, 米原伸 細胞死の実行メカニズム 異常な4倍体細胞を取り除く新しい細胞死機構 細胞死の実行メカニズム 異常な4倍体細胞を取り除く新しい細胞死機構 細胞死の実行メカニズム 異常な4倍体細胞を取り除く新しい細胞死機構 実験医学, 26, 19, 3006-3012 実験医学, 26, 19, 3006-3012 実験医学, 26, 19, 3006-3012 2008/12 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
米原伸 米原伸 米原伸 Death Receptor Fasと自己免疫疾患・炎症 Death Receptor Fasと自己免疫疾患・炎症 Death Receptor Fasと自己免疫疾患・炎症 Inflamm Regen, 28, 4, 279 Inflamm Regen, 28, 4, 279 Inflamm Regen, 28, 4, 279 2008/07 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
大串雅俊, 黒木俊介, 米原伸 大串雅俊, 黒木俊介, 米原伸 大串雅俊, 黒木俊介, 米原伸 細胞死の生物学 アポトーシスシグナルからみえてきた新しい生理機能 TGF‐βによる細胞死制御と生理機構 細胞死の生物学 アポトーシスシグナルからみえてきた新しい生理機能 TGF‐βによる細胞死制御と生理機構 細胞死の生物学 アポトーシスシグナルからみえてきた新しい生理機能 TGF‐βによる細胞死制御と生理機構 バイオニクス, 4, 3, 36-39 バイオニクス, 4, 3, 36-39 バイオニクス, 4, 3, 36-39 2007/03 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
黒木俊介, 米原伸 黒木俊介, 米原伸 黒木俊介, 米原伸 シグナル伝達病を知る―その分子機序解明から新たな治療戦略まで―第1章 基礎編 2.細胞増殖・分化・死のシグナル伝達 4)アポトーシスのシグナル伝達経路 シグナル伝達病を知る―その分子機序解明から新たな治療戦略まで―第1章 基礎編 2.細胞増殖・分化・死のシグナル伝達 4)アポトーシスのシグナル伝達経路 シグナル伝達病を知る―その分子機序解明から新たな治療戦略まで―第1章 基礎編 2.細胞増殖・分化・死のシグナル伝達 4)アポトーシスのシグナル伝達経路 遺伝子医学MOOK, 6, 96-100 遺伝子医学MOOK, 6, 96-100 遺伝子医学MOOK, 6, 96-100 2006/12 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
米原伸 米原伸 米原伸 アポトーシス研究の最近の進歩 デスレセプター研究の新しい流れ アポトーシス研究の最近の進歩 デスレセプター研究の新しい流れ アポトーシス研究の最近の進歩 デスレセプター研究の新しい流れ 炎症と免疫, 14, 3, 319-327 炎症と免疫, 14, 3, 319-327 炎症と免疫, 14, 3, 319-327 2006/04 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
島岡猛士, 米原伸 島岡猛士, 米原伸 島岡猛士, 米原伸 サイトカインによる生体調節機構 1)免疫 3.細胞遊走活性とスカベンジャー受容体様活性を併せ持つケモカイン サイトカインによる生体調節機構 1)免疫 3.細胞遊走活性とスカベンジャー受容体様活性を併せ持つケモカイン サイトカインによる生体調節機構 1)免疫 3.細胞遊走活性とスカベンジャー受容体様活性を併せ持つケモカイン 実験医学, 23, 20, 3067-3071 実験医学, 23, 20, 3067-3071 実験医学, 23, 20, 3067-3071 2005/12 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
真名子幸, 米原伸 真名子幸, 米原伸 真名子幸, 米原伸 サイトカインとその受容体 サイトカイン各論 TNFファミリー(TNFα,β,FasL,CD40L) サイトカインとその受容体 サイトカイン各論 TNFファミリー(TNFα,β,FasL,CD40L) サイトカインとその受容体 サイトカイン各論 TNFファミリー(TNFα,β,FasL,CD40L) 日本臨床, 63, 202-206 日本臨床, 63, 202-206 日本臨床, 63, 202-206 2005/04 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
島岡猛士, 米原伸 島岡猛士, 米原伸 島岡猛士, 米原伸 第4章 ケモカイン SR‐PSOX/CXCL16―スカベンジャー受容体活性を有する新規ケモカイン 第4章 ケモカイン SR‐PSOX/CXCL16―スカベンジャー受容体活性を有する新規ケモカイン 第4章 ケモカイン SR‐PSOX/CXCL16―スカベンジャー受容体活性を有する新規ケモカイン 医学のあゆみ サイトカイン―state of arts, 187-189 医学のあゆみ サイトカイン―state of arts, 187-189 医学のあゆみ サイトカイン―state of arts, 187-189 2004/10 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
岡本一男, 米原伸 岡本一男, 米原伸 岡本一男, 米原伸 成熟・展開するアポトーシス研究 分子機構や個体レベルの解析,非アポトーシス型細胞死研究への拡がりから疾患解明・医療応用まで 第1章 アポトーシスの引き金 1.デスレセプターとDISC関連分子 成熟・展開するアポトーシス研究 分子機構や個体レベルの解析,非アポトーシス型細胞死研究への拡がりから疾患解明・医療応用まで 第1章 アポトーシスの引き金 1.デスレセプターとDISC関連分子 成熟・展開するアポトーシス研究 分子機構や個体レベルの解析,非アポトーシス型細胞死研究への拡がりから疾患解明・医療応用まで 第1章 アポトーシスの引き金 1.デスレセプターとDISC関連分子 実験医学, 22, 11, 1475-1480 実験医学, 22, 11, 1475-1480 実験医学, 22, 11, 1475-1480 2004/07 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
福本典子, 島岡猛士, 米原伸 福本典子, 島岡猛士, 米原伸 福本典子, 島岡猛士, 米原伸 ケモカインの役割と病態 基礎 新規膜型ケモカインSR‐PSOX/CXCL16の生物機能 ケモカインの役割と病態 基礎 新規膜型ケモカインSR‐PSOX/CXCL16の生物機能 ケモカインの役割と病態 基礎 新規膜型ケモカインSR‐PSOX/CXCL16の生物機能 最新医学, 59, 4, 862-866 最新医学, 59, 4, 862-866 最新医学, 59, 4, 862-866 2004/04 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
島岡猛士, 米原伸 島岡猛士, 米原伸 島岡猛士, 米原伸 IV.自然免疫,マクロファージ・抗原提示細胞 3.スカベンジャー受容体活性を有するケモカインSR‐PSOX/CXCL16と免疫系 IV.自然免疫,マクロファージ・抗原提示細胞 3.スカベンジャー受容体活性を有するケモカインSR‐PSOX/CXCL16と免疫系 IV.自然免疫,マクロファージ・抗原提示細胞 3.スカベンジャー受容体活性を有するケモカインSR‐PSOX/CXCL16と免疫系 Annual Review 免疫, 2004, 86-92 Annual Review 免疫, 2004, 86-92 Annual Review 免疫, 2004, 86-92 2004 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
大串雅俊, 中桐志保, 米原伸 大串雅俊, 中桐志保, 米原伸 大串雅俊, 中桐志保, 米原伸 シグナル伝達研究の新たな挑戦 細胞死のシグナル伝達ネットワーク シグナル伝達研究の新たな挑戦 細胞死のシグナル伝達ネットワーク シグナル伝達研究の新たな挑戦 細胞死のシグナル伝達ネットワーク 実験医学, 21, 18, 2493-2498 実験医学, 21, 18, 2493-2498 実験医学, 21, 18, 2493-2498 2003/12 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
島岡猛士, 米原伸 島岡猛士, 米原伸 島岡猛士, 米原伸 特集II 新しいサイトカイン・ケモカイン SR‐PSOX/CXCL16 特集II 新しいサイトカイン・ケモカイン SR‐PSOX/CXCL16 特集II 新しいサイトカイン・ケモカイン SR‐PSOX/CXCL16 炎症と免疫, 11, 4, 428-434 炎症と免疫, 11, 4, 428-434 炎症と免疫, 11, 4, 428-434 2003/07 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
島岡猛士, 米原伸 島岡猛士, 米原伸 島岡猛士, 米原伸 ケモカイン活性とスカベンジャー受容体活性を有するSR‐PSOX/CXCL16の自然免疫と獲得免疫における役割解析 ケモカイン活性とスカベンジャー受容体活性を有するSR‐PSOX/CXCL16の自然免疫と獲得免疫における役割解析 ケモカイン活性とスカベンジャー受容体活性を有するSR‐PSOX/CXCL16の自然免疫と獲得免疫における役割解析 炎症・再生, 23, 2, 104-109 炎症・再生, 23, 2, 104-109 炎症・再生, 23, 2, 104-109 2003/03 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
LEE K‐K, 米原伸 LEE K‐K, 米原伸 LEE K‐K, 米原伸 第1章 細胞内シグナル伝達の主要因子 8 Fasの機能とシグナル伝達機構 第1章 細胞内シグナル伝達の主要因子 8 Fasの機能とシグナル伝達機構 第1章 細胞内シグナル伝達の主要因子 8 Fasの機能とシグナル伝達機構 実験医学 シグナル伝達研究2003 主役となる因子・経路のすべてと注目される新しい分野への展開, 21, 2, 190-194 実験医学 シグナル伝達研究2003 主役となる因子・経路のすべてと注目される新しい分野への展開, 21, 2, 190-194 実験医学 シグナル伝達研究2003 主役となる因子・経路のすべてと注目される新しい分野への展開, 21, 2, 190-194 2003/01 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
米原伸 米原伸 米原伸 V リンパ球活性化・細胞死のシグナル制御 Fasを介するアポトーシスを制御する分子機構 V リンパ球活性化・細胞死のシグナル制御 Fasを介するアポトーシスを制御する分子機構 V リンパ球活性化・細胞死のシグナル制御 Fasを介するアポトーシスを制御する分子機構 蛋白質 核酸 酵素, 47, 16, 2268-2273 蛋白質 核酸 酵素, 47, 16, 2268-2273 蛋白質 核酸 酵素, 47, 16, 2268-2273 2002/12 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
坂田真一, 米原伸 坂田真一, 米原伸 坂田真一, 米原伸 アポトーシス 分子メカニズムとその破綻が引き起こす疾患 デスレセプターシグナルと関連疾患 アポトーシス 分子メカニズムとその破綻が引き起こす疾患 デスレセプターシグナルと関連疾患 アポトーシス 分子メカニズムとその破綻が引き起こす疾患 デスレセプターシグナルと関連疾患 Mol Med, 39, 6, 630-636 Mol Med, 39, 6, 630-636 Mol Med, 39, 6, 630-636 2002/06 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
矢島伸之, 米原伸 矢島伸之, 米原伸 矢島伸之, 米原伸 免疫疾患 state of arts Ver.2 免疫疾患をめぐる基礎的研究の進歩 29 デスレセプターとアポトーシス 免疫疾患 state of arts Ver.2 免疫疾患をめぐる基礎的研究の進歩 29 デスレセプターとアポトーシス 免疫疾患 state of arts Ver.2 免疫疾患をめぐる基礎的研究の進歩 29 デスレセプターとアポトーシス 医学のあゆみ, 147-151 医学のあゆみ, 147-151 医学のあゆみ, 147-151 2002/03 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
村川正男, 米原伸 村川正男, 米原伸 村川正男, 米原伸 アポトーシス研究の新たな挑戦 シグナル伝達機構の解明と期待される医学応用 第1章 アポトーシスの基本メカニズム 6) 上流シグナル 1. デスレセプターを介したアポトーシス誘導シグナル アポトーシス研究の新たな挑戦 シグナル伝達機構の解明と期待される医学応用 第1章 アポトーシスの基本メカニズム 6) 上流シグナル 1. デスレセプターを介したアポトーシス誘導シグナル アポトーシス研究の新たな挑戦 シグナル伝達機構の解明と期待される医学応用 第1章 アポトーシスの基本メカニズム 6) 上流シグナル 1. デスレセプターを介したアポトーシス誘導シグナル 実験医学, 19, 13, 1690-1694 実験医学, 19, 13, 1690-1694 実験医学, 19, 13, 1690-1694 2001/08 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
風間啓敬, 米原伸 風間啓敬, 米原伸 風間啓敬, 米原伸 Fasを介するアポトーシス誘導と調節機構 Fasを介するアポトーシス誘導と調節機構 Fasを介するアポトーシス誘導と調節機構 生化学, 73, 2, 107-111 生化学, 73, 2, 107-111 生化学, 73, 2, 107-111 2001/02 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
米原伸 米原伸 米原伸 Fasを介するアポトーシス Fasを介するアポトーシス Fasを介するアポトーシス 生化学, 72, 8, 592 生化学, 72, 8, 592 生化学, 72, 8, 592 2000/08/25 日本語 公開
島岡猛士, 久米典昭, 南学, 林田和隆, 片岡大治, 北徹, 米原伸 島岡猛士, 久米典昭, 南学, 林田和隆, 片岡大治, 北徹, 米原伸 島岡猛士, 久米典昭, 南学, 林田和隆, 片岡大治, 北徹, 米原伸 ホスファチジルセリンと酸化LDLを認識できる新規スカベンジャーレセプターSR‐PSOXのクローニング ホスファチジルセリンと酸化LDLを認識できる新規スカベンジャーレセプターSR‐PSOXのクローニング ホスファチジルセリンと酸化LDLを認識できる新規スカベンジャーレセプターSR‐PSOXのクローニング 生化学, 72, 8, 730 生化学, 72, 8, 730 生化学, 72, 8, 730 2000/08 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
米原伸 米原伸 米原伸 Fasを介するアポトーシスとがん Fasを介するアポトーシスとがん Fasを介するアポトーシスとがん Hum Cell, 13, 2, P26 Hum Cell, 13, 2, P26 Hum Cell, 13, 2, P26 2000/06 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
米原伸 米原伸 米原伸 Fasの発見という個人的体験に基づいて Fasの発見という個人的体験に基づいて Fasの発見という個人的体験に基づいて JSI Newsl, 8, 1, 17 JSI Newsl, 8, 1, 17 JSI Newsl, 8, 1, 17 2000/04 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
丸山敬, 米原伸 丸山敬, 米原伸 丸山敬, 米原伸 Fas系アポトーシス制御機構の新しい因子FLASHの発見 Fas系アポトーシス制御機構の新しい因子FLASHの発見 Fas系アポトーシス制御機構の新しい因子FLASHの発見 Mol Med, 37, 1, 106-108 Mol Med, 37, 1, 106-108 Mol Med, 37, 1, 106-108 2000 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
米原伸 米原伸 米原伸 臨床遺伝子学’99 免疫研究の最前線 免疫系におけるアポトーシスの制御とその異常 Fas誘導アポトーシスにおいてカスパーゼ8の活性化を制御する新規分子FLASH 臨床遺伝子学’99 免疫研究の最前線 免疫系におけるアポトーシスの制御とその異常 Fas誘導アポトーシスにおいてカスパーゼ8の活性化を制御する新規分子FLASH 臨床遺伝子学’99 免疫研究の最前線 免疫系におけるアポトーシスの制御とその異常 Fas誘導アポトーシスにおいてカスパーゼ8の活性化を制御する新規分子FLASH 最新医学, 54, 2314-2320 最新医学, 54, 2314-2320 最新医学, 54, 2314-2320 1999/09 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
今居譲, 米原伸 今居譲, 米原伸 今居譲, 米原伸 アポトーシスへの情報伝達経路と疾患 急展開をみせる細胞死誘導とその制御メカニズムに迫る カスパーゼ8の活性化に関与する新規分子FLASH アポトーシスへの情報伝達経路と疾患 急展開をみせる細胞死誘導とその制御メカニズムに迫る カスパーゼ8の活性化に関与する新規分子FLASH アポトーシスへの情報伝達経路と疾患 急展開をみせる細胞死誘導とその制御メカニズムに迫る カスパーゼ8の活性化に関与する新規分子FLASH 実験医学, 17, 13, 1622-1628 実験医学, 17, 13, 1622-1628 実験医学, 17, 13, 1622-1628 1999/09 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
LEE K‐K, 米原伸 LEE K‐K, 米原伸 LEE K‐K, 米原伸 免疫系を調節する分子 STE20/SPS1キナーゼファミリーのシグナル伝達機構とアポトーシス 免疫系を調節する分子 STE20/SPS1キナーゼファミリーのシグナル伝達機構とアポトーシス 免疫系を調節する分子 STE20/SPS1キナーゼファミリーのシグナル伝達機構とアポトーシス Mol Med, 36, 66-74 Mol Med, 36, 66-74 Mol Med, 36, 66-74 1999/07 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
米原伸 米原伸 米原伸 FLASH Fas誘導アポトーシスでCaspase‐8活性化に関わる新規CED‐4様分子 FLASH Fas誘導アポトーシスでCaspase‐8活性化に関わる新規CED‐4様分子 FLASH Fas誘導アポトーシスでCaspase‐8活性化に関わる新規CED‐4様分子 細胞工学, 18, 7, 932-936 細胞工学, 18, 7, 932-936 細胞工学, 18, 7, 932-936 1999/07 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
稲沢裕子, 米原伸 稲沢裕子, 米原伸 稲沢裕子, 米原伸 生体応答学の新展開 感染症と生体防御/ストレス応答/免疫応答/シグナル伝達とレドックス制御 免疫応答 造血系におけるFasを介したアポトーシス 生体応答学の新展開 感染症と生体防御/ストレス応答/免疫応答/シグナル伝達とレドックス制御 免疫応答 造血系におけるFasを介したアポトーシス 生体応答学の新展開 感染症と生体防御/ストレス応答/免疫応答/シグナル伝達とレドックス制御 免疫応答 造血系におけるFasを介したアポトーシス 医学のあゆみ, 128-134 医学のあゆみ, 128-134 医学のあゆみ, 128-134 1999/05 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
米原伸 米原伸 米原伸 シグナル伝達と遺伝子 Fasを介するアポトーシスシグナル シグナル伝達と遺伝子 Fasを介するアポトーシスシグナル シグナル伝達と遺伝子 Fasを介するアポトーシスシグナル 遺伝子医学, 3, 2, 239-243 遺伝子医学, 3, 2, 239-243 遺伝子医学, 3, 2, 239-243 1999/05 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
米原伸 米原伸 米原伸 アポトーシスの最前線と疾患 アポトーシスの基礎研究と疾患との関連 アポトーシスの最前線と疾患 アポトーシスの基礎研究と疾患との関連 アポトーシスの最前線と疾患 アポトーシスの基礎研究と疾患との関連 最新医学, 54, 4, 825-830 最新医学, 54, 4, 825-830 最新医学, 54, 4, 825-830 1999/04 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
米原伸 米原伸 米原伸 新展開する免疫薬理学 アポトーシスと免疫 (1) 新展開する免疫薬理学 アポトーシスと免疫 (1) 新展開する免疫薬理学 アポトーシスと免疫 (1) 薬の知識, 50, 3, 77 薬の知識, 50, 3, 77 薬の知識, 50, 3, 77 1999/03 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
米原伸 米原伸 米原伸 アポトーシス FasとFasリガンド アポトーシス FasとFasリガンド アポトーシス FasとFasリガンド 医学のあゆみ, 187, 5, 305-309 医学のあゆみ, 187, 5, 305-309 医学のあゆみ, 187, 5, 305-309 1998/10 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
酒巻和弘, 米原伸 酒巻和弘, 米原伸 酒巻和弘, 米原伸 シグナル伝達研究の新しい局面注目される空間的・時間的制御機構 シグナル伝達分子の新展開 アポトーシスのシグナル伝達機構 シグナル伝達研究の新しい局面注目される空間的・時間的制御機構 シグナル伝達分子の新展開 アポトーシスのシグナル伝達機構 シグナル伝達研究の新しい局面注目される空間的・時間的制御機構 シグナル伝達分子の新展開 アポトーシスのシグナル伝達機構 実験医学, 16, 14, 1846-1852 実験医学, 16, 14, 1846-1852 実験医学, 16, 14, 1846-1852 1998/09 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Kako A, Yonehara S Kako A, Yonehara S A Kako, S Yonehara Analysis of the funciton of FLASH/casp8ap2 in regulation of apoptotic and nonapoptotic cell deatrh Analysis of the funciton of FLASH/casp8ap2 in regulation of apoptotic and nonapoptotic cell deatrh Analysis of the funciton of FLASH/casp8ap2 in regulation of apoptotic and nonapoptotic cell deatrh The 13th International Student Seminar, Kyoto The 13th International Student Seminar, Kyoto The 13th International Student Seminar, Kyoto 2015/03 英語 研究発表要旨(国際会議) 公開
Sakaguchi S, Kuroki S, Yonehara S Sakaguchi S, Kuroki S, Yonehara S Sakaguchi S, Kuroki S, Yonehara S Novel types of programmed necrosis by IFN-γ in wild-type and caspase-8 KO mouse embryonic fibroblasts Novel types of programmed necrosis by IFN-γ in wild-type and caspase-8 KO mouse embryonic fibroblasts Novel types of programmed necrosis by IFN-γ in wild-type and caspase-8 KO mouse embryonic fibroblasts The 13th International Student Seminar, Kyoto The 13th International Student Seminar, Kyoto The 13th International Student Seminar, Kyoto 2015/03 英語 研究発表要旨(国際会議) 公開
Someda M, Kuroki S and Yonehara S Someda M, Kuroki S and Yonehara S Someda M, Kuroki S and Yonehara S Caspase-8 regulates not only apoptotic and necrotic cell death but also retinoic acid-induced cell differentiation mediated by RIP3 Caspase-8 regulates not only apoptotic and necrotic cell death but also retinoic acid-induced cell differentiation mediated by RIP3 Caspase-8 regulates not only apoptotic and necrotic cell death but also retinoic acid-induced cell differentiation mediated by RIP3 The 12th International Student Seminar, Kyoto The 12th International Student Seminar, Kyoto The 12th International Student Seminar, Kyoto 2014/02 英語 研究発表要旨(国際会議) 公開
Mori Y, Yonehara S Mori Y, Yonehara S Mori Y, Yonehara S IFN-γ triggers RIP1/RIP3-mediated programmed necrosis in human and mouse monocyte-derived cell lines. IFN-γ triggers RIP1/RIP3-mediated programmed necrosis in human and mouse monocyte-derived cell lines. IFN-γ triggers RIP1/RIP3-mediated programmed necrosis in human and mouse monocyte-derived cell lines. The 12th International Student Seminar, Kyoto The 12th International Student Seminar, Kyoto The 12th International Student Seminar, Kyoto 2014/02 英語 研究発表要旨(国際会議) 公開
Sakaguchi S, Kuroki S, Yonehara S Sakaguchi S, Kuroki S, Yonehara S Sakaguchi S, Kuroki S, Yonehara S Analysis of the molecular mechanism of a novel type of programmed necrosis induced by interferon-gamma/IFN-γ. Analysis of the molecular mechanism of a novel type of programmed necrosis induced by interferon-gamma/IFN-γ. Analysis of the molecular mechanism of a novel type of programmed necrosis induced by interferon-gamma/IFN-γ. The 12th International Student Seminar, Kyoto The 12th International Student Seminar, Kyoto The 12th International Student Seminar, Kyoto 2014/02 英語 研究発表要旨(国際会議) 公開
Yamamoto N, Fukuoka A, Ohshima N, Yonehara S Yamamoto N, Fukuoka A, Ohshima N, Yonehara S Yamamoto N, Fukuoka A, Ohshima N, Yonehara S Fas-expressing natural helper cell induces hyper-production of IgE through direct interaction with B cells. Fas-expressing natural helper cell induces hyper-production of IgE through direct interaction with B cells. Fas-expressing natural helper cell induces hyper-production of IgE through direct interaction with B cells. Fas-expressing natural helper cell induces hyper-production of IgE through direct interaction with B cells. Fas-expressing natural helper cell induces hyper-production of IgE through direct interaction with B cells. Fas-expressing natural helper cell induces hyper-production of IgE through direct interaction with B cells. 2014/02 英語 研究発表要旨(国際会議) 公開
森 勇貴、米原 伸 森 勇貴、米原 伸 森 勇貴、米原 伸 IFN-γはヒトおよびマウス単球由来細胞株にプログラムされたネクローシスを引き起こす IFN-γはヒトおよびマウス単球由来細胞株にプログラムされたネクローシスを引き起こす IFN-γはヒトおよびマウス単球由来細胞株にプログラムされたネクローシスを引き起こす 第36回日本分子生物学会年会、神戸市 第36回日本分子生物学会年会、神戸市 第36回日本分子生物学会年会、神戸市 2013/12 日本語 研究発表要旨(全国大会、その他学術会議) 公開
Shota Sakaguchi, Shunsuke Kuroki, Shin Yonehara Shota Sakaguchi, Shunsuke Kuroki, Shin Yonehara Shota Sakaguchi, Shunsuke Kuroki, Shin Yonehara Analysis of the molecular mechanism of a novel type of programmed necrosis induce by interferon-γ Analysis of the molecular mechanism of a novel type of programmed necrosis induce by interferon-γ Analysis of the molecular mechanism of a novel type of programmed necrosis induce by interferon-γ he 11th International Student Seminar. Kyoto he 11th International Student Seminar. Kyoto he 11th International Student Seminar. Kyoto 2013/03 英語 研究発表要旨(国際会議) 公開
Ayumi Fukuoka, Shizue Yumikura-Futatsugi, Suzuka Takahashi, Tomonori Iyoda, Tomohiro Yoshimoto, Kayo Inaba, Kenji Nakanishi, Shin Yonehara Ayumi Fukuoka, Shizue Yumikura-Futatsugi, Suzuka Takahashi, Tomonori Iyoda, Tomohiro Yoshimoto, Kayo Inaba, Kenji Nakanishi, Shin Yonehara Ayumi Fukuoka, Shizue Yumikura-Futatsugi, Suzuka Takahashi, Tomonori Iyoda, Tomohiro Yoshimoto, Kayo Inaba, Kenji Nakanishi, Shin Yonehara A novel type of type 2 innate immunocytes with ability to enhance IgE production found in Balb/c FasKO mice with allergic blepharitis. A novel type of type 2 innate immunocytes with ability to enhance IgE production found in Balb/c FasKO mice with allergic blepharitis. A novel type of type 2 innate immunocytes with ability to enhance IgE production found in Balb/c FasKO mice with allergic blepharitis. The 41th Annual meeting of the Japanese Society for Immunology, Kobe The 41th Annual meeting of the Japanese Society for Immunology, Kobe The 41th Annual meeting of the Japanese Society for Immunology, Kobe 2012/12 英語 研究発表要旨(国際会議) 公開
Yuanyuan Gao, Hirotaka Kazama, Shin Yonehara Yuanyuan Gao, Hirotaka Kazama, Shin Yonehara Yuanyuan Gao, Hirotaka Kazama, Shin Yonehara Bim Regulates B-cell receptor-mediated apoptosis in the presence of CD40 signaling in CD40-preactivated splenic B cells differentiating into plasma cells. Bim Regulates B-cell receptor-mediated apoptosis in the presence of CD40 signaling in CD40-preactivated splenic B cells differentiating into plasma cells. Bim Regulates B-cell receptor-mediated apoptosis in the presence of CD40 signaling in CD40-preactivated splenic B cells differentiating into plasma cells. The 10th International Student Seminar, Kyoto The 10th International Student Seminar, Kyoto The 10th International Student Seminar, Kyoto 2012/03 英語 研究発表要旨(国際会議) 公開
Ayumi Fukuoka, Shizue Yumikura-Futatsugi, Suzuka Takahashi, Hirotaka Kazama, Tomonori Iyoda, Tomohiro Yoshimoto, Kayo Inaba, Kenji Nakanishi, Shin Yonehara: Ayumi Fukuoka, Shizue Yumikura-Futatsugi, Suzuka Takahashi, Hirotaka Kazama, Tomonori Iyoda, Tomohiro Yoshimoto, Kayo Inaba, Kenji Nakanishi, Shin Yonehara: Ayumi Fukuoka, Shizue Yumikura-Futatsugi, Suzuka Takahashi, Hirotaka Kazama, Tomonori Iyoda, Tomohiro Yoshimoto, Kayo Inaba, Kenji Nakanishi, Shin Yonehara: Balb/c FasKO mice develop allergic blepharitis associated with hyper-production of IgE Balb/c FasKO mice develop allergic blepharitis associated with hyper-production of IgE Balb/c FasKO mice develop allergic blepharitis associated with hyper-production of IgE The 10th International Student Seminar, Kyoto The 10th International Student Seminar, Kyoto The 10th International Student Seminar, Kyoto 2012/03 英語 研究発表要旨(国際会議) 公開
Ayumi Fukuoka, Shizue Yumikura-Futatsugi, Suzuka Takahashi, Hirotaka Kazama, Kenji Nakanishi, Shin Yonehara. Ayumi Fukuoka, Shizue Yumikura-Futatsugi, Suzuka Takahashi, Hirotaka Kazama, Kenji Nakanishi, Shin Yonehara. Ayumi Fukuoka, Shizue Yumikura-Futatsugi, Suzuka Takahashi, Hirotaka Kazama, Kenji Nakanishi, Shin Yonehara. Balb/c FasKO mice develop allergic blepharitis associated with hyper-production of IgE Balb/c FasKO mice develop allergic blepharitis associated with hyper-production of IgE Balb/c FasKO mice develop allergic blepharitis associated with hyper-production of IgE 13th International TNF Conference TNF2011, Awaji, Hyogo 13th International TNF Conference TNF2011, Awaji, Hyogo 13th International TNF Conference TNF2011, Awaji, Hyogo 2011/11 英語 研究発表要旨(国際会議) 公開
Ryo Ito, Masato Ogawa, Yasuo Uchiyama, Shin Yonehara Ryo Ito, Masato Ogawa, Yasuo Uchiyama, Shin Yonehara Ryo Ito, Masato Ogawa, Yasuo Uchiyama, Shin Yonehara DNA damage induced caspase-independent cell death in p53-deficient cells DNA damage induced caspase-independent cell death in p53-deficient cells DNA damage induced caspase-independent cell death in p53-deficient cells APRU Research Symposium “The interface between molecular biology and nano-biology APRU Research Symposium “The interface between molecular biology and nano-biology APRU Research Symposium “The interface between molecular biology and nano-biology 2011/11 研究発表要旨(国際会議) 公開
Shunsuke Kuroki, Shin Yonehara Shunsuke Kuroki, Shin Yonehara Shunsuke Kuroki, Shin Yonehara Caspase-8 plays a protective role against a novel type of cell death induced by IFN-γ”, 13th International TNF Conference Caspase-8 plays a protective role against a novel type of cell death induced by IFN-γ”, 13th International TNF Conference Caspase-8 plays a protective role against a novel type of cell death induced by IFN-γ”, 13th International TNF Conference 13th International TNF Conference TNF2011, Awaji, Hyogo 13th International TNF Conference TNF2011, Awaji, Hyogo 13th International TNF Conference TNF2011, Awaji, Hyogo 2011/05 英語 研究発表要旨(国際会議) 公開
Ayumi Fukuoka, Shizue Yumikura-Futatsugi, Suzuka Takahashi, Hirotaka Kazama, Kenji Nakanishi, Shin Yonehara. Ayumi Fukuoka, Shizue Yumikura-Futatsugi, Suzuka Takahashi, Hirotaka Kazama, Kenji Nakanishi, Shin Yonehara. Ayumi Fukuoka, Shizue Yumikura-Futatsugi, Suzuka Takahashi, Hirotaka Kazama, Kenji Nakanishi, Shin Yonehara. Balb/c FasKO mouse develops allergic blepharitis associated with hyper-production of IgE antibody Balb/c FasKO mouse develops allergic blepharitis associated with hyper-production of IgE antibody Balb/c FasKO mouse develops allergic blepharitis associated with hyper-production of IgE antibody The 9th International Student Seminar, Kyoto The 9th International Student Seminar, Kyoto The 9th International Student Seminar, Kyoto 2011/03 英語 研究発表要旨(国際会議) 公開
Tamami Hamauchi, Maria Kiriyama, Shin Yonehara Tamami Hamauchi, Maria Kiriyama, Shin Yonehara Tamami Hamauchi, Maria Kiriyama, Shin Yonehara Analysis of interaction between FLASH and ARS2 by alanine scanning mutagenesis and its role in cell cycle progression Analysis of interaction between FLASH and ARS2 by alanine scanning mutagenesis and its role in cell cycle progression Analysis of interaction between FLASH and ARS2 by alanine scanning mutagenesis and its role in cell cycle progression he 9th International Student Seminar, Kyoto he 9th International Student Seminar, Kyoto he 9th International Student Seminar, Kyoto 2011/03 英語 研究発表要旨(国際会議) 公開
Masataka Someda, Shin Yonehara Masataka Someda, Shin Yonehara Masataka Someda, Shin Yonehara Establishment of inducible expression and knockdown systems in mouse embryonic stem cells to analyze the functions of various genes in differentiation Establishment of inducible expression and knockdown systems in mouse embryonic stem cells to analyze the functions of various genes in differentiation Establishment of inducible expression and knockdown systems in mouse embryonic stem cells to analyze the functions of various genes in differentiation The 9th International Student Seminar, Kyoto The 9th International Student Seminar, Kyoto The 9th International Student Seminar, Kyoto 2011/03 英語 研究発表要旨(国際会議) 公開
Masataka Someda, Shin Yonehara. Masataka Someda, Shin Yonehara. Masataka Someda, Shin Yonehara. Establishment of inducible gene expression and knockdown systems in mouse embryonic stem cells to analyze the functions of various genes in differentiation Establishment of inducible gene expression and knockdown systems in mouse embryonic stem cells to analyze the functions of various genes in differentiation Establishment of inducible gene expression and knockdown systems in mouse embryonic stem cells to analyze the functions of various genes in differentiation APRU Research Symposium “The interface between molecular biology and nano-biology”, Kyoto APRU Research Symposium “The interface between molecular biology and nano-biology”, Kyoto APRU Research Symposium “The interface between molecular biology and nano-biology”, Kyoto 2010/11 英語 研究発表要旨(国際会議) 公開
Ryo Ito, Masato Ogawa, Yasuo Uchiyama, Shin Yonehara Ryo Ito, Masato Ogawa, Yasuo Uchiyama, Shin Yonehara Ryo Ito, Masato Ogawa, Yasuo Uchiyama, Shin Yonehara DNA damage induced caspase-independent cell death in p53-deficient cells DNA damage induced caspase-independent cell death in p53-deficient cells DNA damage induced caspase-independent cell death in p53-deficient cells APRU Research Symposium “The interface between molecular biology and nano-biology, Kyoto APRU Research Symposium “The interface between molecular biology and nano-biology, Kyoto APRU Research Symposium “The interface between molecular biology and nano-biology, Kyoto 2010/11 英語 研究発表要旨(国際会議) 公開
Maria Kiriyama, Motoki Saito, Fuyuki Ishikawa, Shin Yonehara Maria Kiriyama, Motoki Saito, Fuyuki Ishikawa, Shin Yonehara Maria Kiriyama, Motoki Saito, Fuyuki Ishikawa, Shin Yonehara Interaction of FLASH with Arsenite Resistance Protein 2 in involved in cell cycle progression at S phase Interaction of FLASH with Arsenite Resistance Protein 2 in involved in cell cycle progression at S phase Interaction of FLASH with Arsenite Resistance Protein 2 in involved in cell cycle progression at S phase The 8th International Student Seminar, Kyoto The 8th International Student Seminar, Kyoto The 8th International Student Seminar, Kyoto 2010/03 英語 研究発表要旨(国際会議) 公開
Yoshitaka Minamida, Shin Yonehara Yoshitaka Minamida, Shin Yonehara Yoshitaka Minamida, Shin Yonehara FLASH is indispensable for early embryonic development, but dispensable for proliferation of ES cells FLASH is indispensable for early embryonic development, but dispensable for proliferation of ES cells FLASH is indispensable for early embryonic development, but dispensable for proliferation of ES cells The 8th International Student Seminar, Kyoto The 8th International Student Seminar, Kyoto The 8th International Student Seminar, Kyoto 2010/03 英語 研究発表要旨(国際会議) 公開
Masataka Someda, Shin Yonehara. Masataka Someda, Shin Yonehara. Masataka Someda, Shin Yonehara. Establishment of inducible gene expression system in mouse embryonic stem cells to analyze gene function during neuronal differentiation Establishment of inducible gene expression system in mouse embryonic stem cells to analyze gene function during neuronal differentiation Establishment of inducible gene expression system in mouse embryonic stem cells to analyze gene function during neuronal differentiation he 8th International Student Seminar. Kyoto he 8th International Student Seminar. Kyoto he 8th International Student Seminar. Kyoto 2010/03 英語 研究発表要旨(国際会議) 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
Death Receptor Fasを介するアポトーシスに必須のcaspase-8は ネクロプトーシスと細胞分化の制御にも機能する[招待あり] Death Receptor Fasを介するアポトーシスに必須のcaspase-8は ネクロプトーシスと細胞分化の制御にも機能する [招待あり] Caspase-8 regulates not only Fas-mediated apoptosis but also necroptosis and cell differentiation in early embryos [招待あり] 東京理科大学 生命医科学研究所/大学院生命科学研究科 ヒト疾患モデル研究センター セミナー 東京理科大学 生命医科学研究所/大学院生命科学研究科 ヒト疾患モデル研究センター セミナー Seminar, The Research Institute for Biomedical Science and Graduate School of Biological Science 2016/06/01 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
特異的遺伝子の発現抑制による がん細胞特異的な細胞死の誘導[招待あり] 特異的遺伝子の発現抑制による がん細胞特異的な細胞死の誘導 [招待あり] Specific Induction of Tumor Cell Death by Induced Knockdown of Particular Gene Expression [招待あり] 第13回東レ先端融合研究シンポジウム 「最先端のがん診断とがん治療」 第13回東レ先端融合研究シンポジウム 「最先端のがん診断とがん治療」 The 13th Symposium of New Frontiers Laboratories, Toray Industries, Inc 2016/05/18 口頭発表(招待・特別) 公開
細胞の死が支える生体の生と機能 ~自爆するための細胞表層レセプターの発見から多様なプログラム細胞死の解析について~[招待あり] 細胞の死が支える生体の生と機能 ~自爆するための細胞表層レセプターの発見から多様なプログラム細胞死の解析について~ [招待あり] 細胞の死が支える生体の生と機能 ~自爆するための細胞表層レセプターの発見から多様なプログラム細胞死の解析について~ [招待あり] 洛友会東京支部 秋の講演会 洛友会東京支部 秋の講演会 洛友会東京支部 秋の講演会 2015/11/10 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
Caspase-8とRIPキナーゼが制御する細胞死と細胞分化[招待あり] Caspase-8とRIPキナーゼが制御する細胞死と細胞分化 [招待あり] Caspase-8とRIPキナーゼが制御する細胞死と細胞分化 [招待あり] 第24回日本Cell Death学会学術集会 第24回日本Cell Death学会学術集会 第24回日本Cell Death学会学術集会 2015/07/11 口頭発表(招待・特別) 公開
生命科学からみた老化と寿命[招待あり] 生命科学からみた老化と寿命 [招待あり] 生命科学からみた老化と寿命 [招待あり] 国際高等研究所「老いを考える」第6回研究会 国際高等研究所「老いを考える」第6回研究会 国際高等研究所「老いを考える」第6回研究会 2015/01/24 口頭発表(招待・特別) 公開
細胞死と細胞分化のクロストーク:caspase-8を中心として[招待あり] 細胞死と細胞分化のクロストーク:caspase-8を中心として [招待あり] 細胞死と細胞分化のクロストーク:caspase-8を中心として [招待あり] 第23回日本Cell Death学会学術集会 シンポジウム 第23回日本Cell Death学会学術集会 シンポジウム 第23回日本Cell Death学会学術集会 シンポジウム 2014/07/18 口頭発表(招待・特別) 公開
がん細胞特異的機能分子FLASH/Casp8ap2の機能および レチノイン酸シグナルを調節する新しい分子機構について[招待あり] がん細胞特異的機能分子FLASH/Casp8ap2の機能および レチノイン酸シグナルを調節する新しい分子機構について [招待あり] がん細胞特異的機能分子FLASH/Casp8ap2の機能および レチノイン酸シグナルを調節する新しい分子機構について [招待あり] 平成25年度 第2回芝蘭回産学情報交流会 平成25年度 第2回芝蘭回産学情報交流会 平成25年度 第2回芝蘭回産学情報交流会 2013/11/09 口頭発表(招待・特別) 公開
Fasとcaspase-8の新しい生理・病理機能[招待あり] Fasとcaspase-8の新しい生理・病理機能 [招待あり] Fasとcaspase-8の新しい生理・病理機能 [招待あり] 第22回 日本Cell Death学会 学術集会 第22回 日本Cell Death学会 学術集会 第22回 日本Cell Death学会 学術集会 2013/07/19 口頭発表(招待・特別) 公開
Death receptor Fasとそのシグナル分子caspase-8の生理・病理機能[招待あり] Death receptor Fasとそのシグナル分子caspase-8の生理・病理機能 [招待あり] Death receptor Fasとそのシグナル分子caspase-8の生理・病理機能 [招待あり] 岩倉洋一郎教授退職記念シンポジウム 岩倉洋一郎教授退職記念シンポジウム 岩倉洋一郎教授退職記念シンポジウム 2012/03/24 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
死と老化の分子細胞生物学[招待あり] 死と老化の分子細胞生物学 [招待あり] 死と老化の分子細胞生物学 [招待あり] 国際高等研究所「老いを考える」第1回研究会 国際高等研究所「老いを考える」第1回研究会 国際高等研究所「老いを考える」第1回研究会 2012/03/23 口頭発表(招待・特別) 公開
Allergic blepharitis is developed in Balb/c Fas knockout mice with associated hyper-production of IgE[招待あり] Allergic blepharitis is developed in Balb/c Fas knockout mice with associated hyper-production of IgE [招待あり] Allergic blepharitis is developed in Balb/c Fas knockout mice with associated hyper-production of IgE [招待あり] The 2nd International Symposium on Carcinogenic Spiral “Infection, Immunity and Cancer” The 2nd International Symposium on Carcinogenic Spiral “Infection, Immunity and Cancer” The 2nd International Symposium on Carcinogenic Spiral “Infection, Immunity and Cancer” 2012/01/16 英語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
Double-faced functions of caspase-8 in induction and protection of programmed cell death[招待あり] Double-faced functions of caspase-8 in induction and protection of programmed cell death [招待あり] Double-faced functions of caspase-8 in induction and protection of programmed cell death [招待あり] The 10th NTU-Japan International Mini-Symposium on Molecular and Cell Biology The 10th NTU-Japan International Mini-Symposium on Molecular and Cell Biology The 10th NTU-Japan International Mini-Symposium on Molecular and Cell Biology 2012/01/16 英語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
Apoptosis and Disorders: Allergic Blepharitis Associated with Hyper-Production of IgE in Balb/c Fas Knockout Mouse”[招待あり] Apoptosis and Disorders: Allergic Blepharitis Associated with Hyper-Production of IgE in Balb/c Fas Knockout Mouse” [招待あり] Apoptosis and Disorders: Allergic Blepharitis Associated with Hyper-Production of IgE in Balb/c Fas Knockout Mouse” [招待あり] Bio-Rheumatology International Congress (BRIC2011), Plenary Session –Immunology– Bio-Rheumatology International Congress (BRIC2011), Plenary Session –Immunology– Bio-Rheumatology International Congress (BRIC2011), Plenary Session –Immunology– 2011/11/14 英語 口頭発表(基調) 公開
新しいタイプのプログラム細胞死[招待あり] 新しいタイプのプログラム細胞死 [招待あり] 新しいタイプのプログラム細胞死 [招待あり] 第84回 日本生化学会シンポジウム:多様な生物における細胞死と細胞死関連分子の多彩な機能 第84回 日本生化学会シンポジウム:多様な生物における細胞死と細胞死関連分子の多彩な機能 第84回日本生化学会大会 2011/09/21 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
新しいタイプのプログラムされた細胞死[招待あり] 新しいタイプのプログラムされた細胞死 [招待あり] 新しいタイプのプログラムされた細胞死 [招待あり] 第20回 Cell Death 学会学術集会シンポジウム 第20回 Cell Death 学会学術集会シンポジウム 第20回 Cell Death 学会学術集会シンポジウム 2011/07/29 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
Caspase-independent cell death in multinucleated cells with chromosomal aberrations[招待あり] Caspase-independent cell death in multinucleated cells with chromosomal aberrations [招待あり] Caspase-independent cell death in multinucleated cells with chromosomal aberrations [招待あり] BMB2010(第33回日本分子生物学会年、第83回日本生化学会大会)、がん研究入門コース BMB2010(第33回日本分子生物学会年、第83回日本生化学会大会)、がん研究入門コース 2010/12/08 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
細胞死(アポトーシス):細胞死は生物が生きるために必要な現象である。遺伝子の働きで細胞は積極的に死ぬ[招待あり] 細胞死(アポトーシス):細胞死は生物が生きるために必要な現象である。遺伝子の働きで細胞は積極的に死ぬ [招待あり] 細胞死(アポトーシス):細胞死は生物が生きるために必要な現象である。遺伝子の働きで細胞は積極的に死ぬ [招待あり] 「天校アカデメイア」講演会(大阪府立天王寺高校講演会) 「天校アカデメイア」講演会(大阪府立天王寺高校講演会) 「天校アカデメイア」講演会(大阪府立天王寺高校講演会) 2010/11/08 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
多様な細胞死と がんとの関わり[招待あり] 多様な細胞死と がんとの関わり [招待あり] 多様な細胞死と がんとの関わり [招待あり] 第69回日本癌学会学区術総会、がん研究入門コース 第69回日本癌学会学区術総会、がん研究入門コース 第69回日本癌学会学区術総会、がん研究入門コース 2010/09/23 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
細胞死研究の歴史とその生命科学における意義[招待あり] 細胞死研究の歴史とその生命科学における意義 [招待あり] 細胞死研究の歴史とその生命科学における意義 [招待あり] 兵庫医科大学セミナー 兵庫医科大学セミナー 兵庫医科大学セミナー 2010/01/20 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
細胞死関連因子の多様な生理機能[招待あり] 細胞死関連因子の多様な生理機能 [招待あり] 細胞死関連因子の多様な生理機能 [招待あり] 第9回 細胞死研究会 第9回 細胞死研究会 第9回 細胞死研究会 2010/01/18 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
アポトーシスと非アポトーシス細胞死[招待あり] アポトーシスと非アポトーシス細胞死 [招待あり] アポトーシスと非アポトーシス細胞死 [招待あり] 神奈川歯科大学学会 平成21年度 第6回 研究談話会 神奈川歯科大学学会 平成21年度 第6回 研究談話会 神奈川歯科大学学会 平成21年度 第6回 研究談話会 2009/10/07 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
新規細胞死と新しい細胞周期S期進行の制御機構について[招待あり] 新規細胞死と新しい細胞周期S期進行の制御機構について [招待あり] 新規細胞死と新しい細胞周期S期進行の制御機構について [招待あり] 第6回 東レ先端融合研究シンポジウム「バイオ基礎研究から創薬への流れ」 第6回 東レ先端融合研究シンポジウム「バイオ基礎研究から創薬への流れ」 第6回 東レ先端融合研究シンポジウム「バイオ基礎研究から創薬への流れ」 2009/06/16 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
Novel cell death by downregulation of eEF1A1 expression in tetraploids[招待あり] Novel cell death by downregulation of eEF1A1 expression in tetraploids [招待あり] Novel cell death by downregulation of eEF1A1 expression in tetraploids [招待あり] The 5th NTU-Kyoto U Mini-Symposium on Molecular and Cell Biology The 5th NTU-Kyoto U Mini-Symposium on Molecular and Cell Biology The 5th NTU-Kyoto U Mini-Symposium on Molecular and Cell Biology 2009/05/23 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
A novel type of caspase-independent cell death in tetraploids with chromosome aberrations[招待あり] A novel type of caspase-independent cell death in tetraploids with chromosome aberrations [招待あり] A novel type of caspase-independent cell death in tetraploids with chromosome aberrations [招待あり] International Symposium 7: Cell death and autophagy, The 38th Annual Meeting of the Japanese Society for Immunology International Symposium 7: Cell death and autophagy, The 38th Annual Meeting of the Japanese Society for Immunology International Symposium 7: Cell death and autophagy, The 38th Annual Meeting of the Japanese Society for Immunology 2008/12/02 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
細胞死研究の歴史と現状[招待あり] 細胞死研究の歴史と現状 [招待あり] 細胞死研究の歴史と現状 [招待あり] 松戸市医師会講演会 松戸市医師会講演会 松戸市医師会講演会 2008/10/15 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
Novel types of cell death identified in 1989 and 2008[招待あり] Novel types of cell death identified in 1989 and 2008 [招待あり] Novel types of cell death identified in 1989 and 2008 [招待あり] Argenes Sponsored Symposium:Apoptotic Therapy in RA, MEDICAL-EXPO 2008 in APLAR’s World: The 13th Congress of the Asia Pacific League of Associations for Rheumatology Argenes Sponsored Symposium:Apoptotic Therapy in RA, MEDICAL-EXPO 2008 in APLAR’s World: The 13th Congress of the Asia Pacific League of Associations for Rheumatology Argenes Sponsored Symposium:Apoptotic Therapy in RA, MEDICAL-EXPO 2008 in APLAR’s World: The 13th Congress of the Asia Pacific League of Associations for Rheumatology 2008/09/26 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
Physiological roles of Fas[招待あり] Physiological roles of Fas [招待あり] Physiological roles of Fas [招待あり] Independent Symposium: Future Prospective New Drug, MEDICAL-EXPO 2008 in APLAR’s World: The 13th Congress of the Asia Pacific League of Associations for Rheumatology Independent Symposium: Future Prospective New Drug, MEDICAL-EXPO 2008 in APLAR’s World: The 13th Congress of the Asia Pacific League of Associations for Rheumatology Independent Symposium: Future Prospective New Drug, MEDICAL-EXPO 2008 in APLAR’s World: The 13th Congress of the Asia Pacific League of Associations for Rheumatology 2008/09/24 口頭発表(招待・特別) 公開
アポトーシスと非アポトーシス細胞死の分子機構と生理機能[招待あり] アポトーシスと非アポトーシス細胞死の分子機構と生理機能 [招待あり] アポトーシスと非アポトーシス細胞死の分子機構と生理機能 [招待あり] 筑波大学大学院人間総合科学研究科 第36回免疫学セミナー 筑波大学大学院人間総合科学研究科 第36回免疫学セミナー 筑波大学大学院人間総合科学研究科 第36回免疫学セミナー 2008/05/23 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
Fas下流分子の多様な生理機能[招待あり] Fas下流分子の多様な生理機能 [招待あり] Fas下流分子の多様な生理機能 [招待あり] 生理学研究所研究会 「細胞死研究の多面的、包括的理解に向けて」 生理学研究所研究会 「細胞死研究の多面的、包括的理解に向けて」 生理学研究所研究会 「細胞死研究の多面的、包括的理解に向けて」 2008/03/17 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
Novel caspase-independent cell death by downregulation of eEF1A1/EF-1α expression in tetraploids with chromosomal aberrations[招待あり] Novel caspase-independent cell death by downregulation of eEF1A1/EF-1α expression in tetraploids with chromosomal aberrations [招待あり] Novel caspase-independent cell death by downregulation of eEF1A1/EF-1α expression in tetraploids with chromosomal aberrations [招待あり] The 15th East Asia Joint Conference on Biomedical Research The 15th East Asia Joint Conference on Biomedical Research The 15th East Asia Joint Conference on Biomedical Research 2008/01/21 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
Fas下流シグナル分子の多様な生理機能[招待あり] Fas下流シグナル分子の多様な生理機能 [招待あり] Fas下流シグナル分子の多様な生理機能 [招待あり] 平成19年 生理学研究所研究会「細胞死の新たな生理機能とそのシグナル伝達」 平成19年 生理学研究所研究会「細胞死の新たな生理機能とそのシグナル伝達」 平成19年 生理学研究所研究会「細胞死の新たな生理機能とそのシグナル伝達」 2007/08/15 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
TGF-βによる細胞死誘導活性および細胞死誘導阻害活性の分子機構と制御機構[招待あり] TGF-βによる細胞死誘導活性および細胞死誘導阻害活性の分子機構と制御機構 [招待あり] TGF-βによる細胞死誘導活性および細胞死誘導阻害活性の分子機構と制御機構 [招待あり] 第72回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会シンポジウム「新しいサイトカインのシグナル伝達と生理機能」 第72回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会シンポジウム「新しいサイトカインのシグナル伝達と生理機能」 第72回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会シンポジウム「新しいサイトカインのシグナル伝達と生理機能」 2007/06/29 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
染色体疑縮異常によって生じる四倍体細胞は典型的ハウスキーピング遺伝子産物eEF1A/EF-1αの発現低下による新規細胞死で除去される[招待あり] 染色体疑縮異常によって生じる四倍体細胞は典型的ハウスキーピング遺伝子産物eEF1A/EF-1αの発現低下による新規細胞死で除去される [招待あり] 染色体疑縮異常によって生じる四倍体細胞は典型的ハウスキーピング遺伝子産物eEF1A/EF-1αの発現低下による新規細胞死で除去される [招待あり] 平成18年 生理学研究所研究会「細胞死の新たな生理機能とそのシグナル伝達」 平成18年 生理学研究所研究会「細胞死の新たな生理機能とそのシグナル伝達」 平成18年 生理学研究所研究会「細胞死の新たな生理機能とそのシグナル伝達」 2006/10/31 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
「〈細胞と染色体・脳と神経発生・がんと生体防御〉の融合研究と国際的教育」[招待あり] 「〈細胞と染色体・脳と神経発生・がんと生体防御〉の融合研究と国際的教育」 [招待あり] 「〈細胞と染色体・脳と神経発生・がんと生体防御〉の融合研究と国際的教育」 [招待あり] 京都大学21世紀COEフォーラム平成14年度採択拠点成果発表会 京都大学21世紀COEフォーラム平成14年度採択拠点成果発表会 京都大学21世紀COEフォーラム平成14年度採択拠点成果発表会 2006/09/06 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
アポトーシスから新しい細胞死へ:細胞死シグナル分子の多様な機能[招待あり] アポトーシスから新しい細胞死へ:細胞死シグナル分子の多様な機能 [招待あり] アポトーシスから新しい細胞死へ:細胞死シグナル分子の多様な機能 [招待あり] 京都大学医学研究科内分泌代謝内科セミナー 京都大学医学研究科内分泌代謝内科セミナー 京都大学医学研究科内分泌代謝内科セミナー 2006/06/07 日本語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
細胞死シグナルと増殖・分化シグナルとの新しいクロストーク機構[招待あり] 細胞死シグナルと増殖・分化シグナルとの新しいクロストーク機構 [招待あり] 細胞死シグナルと増殖・分化シグナルとの新しいクロストーク機構 [招待あり] 第2回ゲノムネットワーク公開シンポジウム「転写制御ネットワーク解析の最前線」 第2回ゲノムネットワーク公開シンポジウム「転写制御ネットワーク解析の最前線」 第2回ゲノムネットワーク公開シンポジウム「転写制御ネットワーク解析の最前線」 2006/01/26 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
Fas/FADD/FLIPと細胞の増殖・分化[招待あり] Fas/FADD/FLIPと細胞の増殖・分化 [招待あり] Fas/FADD/FLIPと細胞の増殖・分化 [招待あり] 平成17年 生理学研究所研究会「細胞死の新たな生理機能とそのシグナル伝達」 平成17年 生理学研究所研究会「細胞死の新たな生理機能とそのシグナル伝達」 平成17年 生理学研究所研究会「細胞死の新たな生理機能とそのシグナル伝達」 2005/10/17 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
Death receptor-mediated apoptosis ad its signaling molecules[招待あり] Death receptor-mediated apoptosis ad its signaling molecules [招待あり] Death receptor-mediated apoptosis ad its signaling molecules [招待あり] Kyoto University-NUS International Symposium “Regulation of cell fate and cell function”, Kyoto University-NUS International Symposium “Regulation of cell fate and cell function”, Kyoto University-NUS International Symposium “Regulation of cell fate and cell function”, 2005/01/27 英語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
Fas誘導細胞死シグナル分子の多様な生理機能[招待あり] Fas誘導細胞死シグナル分子の多様な生理機能 [招待あり] Fas誘導細胞死シグナル分子の多様な生理機能 [招待あり] 臨床研30周年記念シンポジウム「新しい生命科学の潮流 ー臨床研OBを招いてー」 臨床研30周年記念シンポジウム「新しい生命科学の潮流 ー臨床研OBを招いてー」 臨床研30周年記念シンポジウム「新しい生命科学の潮流 ー臨床研OBを招いてー」 2005/01/21 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
細胞死のシグナル伝達分子[招待あり] 細胞死のシグナル伝達分子 [招待あり] 細胞死のシグナル伝達分子 [招待あり] 第27回日本分子生物学会シンポジウム「細胞 機能と運命決定のシグナル伝達」 第27回日本分子生物学会シンポジウム「細胞 機能と運命決定のシグナル伝達」 第27回日本分子生物学会シンポジウム「細胞 機能と運命決定のシグナル伝達」 2004/12/08 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
細胞死シグナル分子と増殖・分化シグナル間ネットワーク[招待あり] 細胞死シグナル分子と増殖・分化シグナル間ネットワーク [招待あり] 細胞死シグナル分子と増殖・分化シグナル間ネットワーク [招待あり] 生理学研究所研究会「細胞死の新たな生理機能とそのシグナル伝達」 生理学研究所研究会「細胞死の新たな生理機能とそのシグナル伝達」 生理学研究所研究会「細胞死の新たな生理機能とそのシグナル伝達」 2004/11/29 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
Death Receptor Fasの生理機能とシグナル伝達調節[招待あり] Death Receptor Fasの生理機能とシグナル伝達調節 [招待あり] Death Receptor Fasの生理機能とシグナル伝達調節 [招待あり] 兵庫医科大学セミナー 兵庫医科大学セミナー 兵庫医科大学セミナー 2004/01/20 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
米原 伸 \t 米原 伸 \t 米原 伸 \t 細胞死を支配するFas抗原の発見 細胞死を支配するFas抗原の発見 細胞死を支配するFas抗原の発見 東京都臨床医学総合研究所創立20周年記念誌 pp79-85 東京都臨床医学総合研究所創立20周年記念誌 pp79-85 東京都臨床医学総合研究所創立20周年記念誌 pp79-85 1995 日本語 公開
米原 伸 米原 伸 米原 伸 細胞死-アポプトーシス 細胞死-アポプトーシス 細胞死-アポプトーシス 科学, 64/6,371-379 科学, 64/6,371-379 科学, 64/6,371-379 1994 日本語 公開
タイトル言語:
産業財産権 (特許)
発明者 発明者(日本語) 発明者(英語) 発明の名称 発明の名称(日本語) 発明の名称(英語) 審査の段階 番号 年月 公開
米原 伸、桐山真利亜、斎藤基輝、石川冬木 米原 伸、桐山真利亜、斎藤基輝、石川冬木 米原 伸、桐山真利亜、斎藤基輝、石川冬木 細胞増殖抑制剤及びそのスクリーニング法 細胞増殖抑制剤及びそのスクリーニング法 細胞増殖抑制剤及びそのスクリーニング法 特許出願 特願特願2009-052628 2009/03/05 公開
タイトル言語:
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
高松宮妃癌研究基金学術賞 Prize of Princess Takamatsu Cancer Research Fund (Tokyo) 1998
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金)
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
特定領域研究 蛋白質分解 代表 caspaseの細胞増殖および分化制御における本質的生理機能の解析 2007〜2008
特定領域研究 感染マトリックス 代表 ウイルスおよび細胞由来FLIPによる宿主細胞の増殖・感染防御制御機構の解析 2007〜2008
基盤研究(B) 代表 細胞死シグナルと増殖・分化シグナル相互作用の解析 2007〜2008
特定領域研究 がん特定 代表 細胞死制御分子が細胞がん化・細胞増殖制御に機能する分子機構解析 2008〜2009
基盤研究(B) 代表 FLASHの有する多面的生物活性の分子機構と生理機能の解析 2010/04/01〜2013/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 染色体凝縮異常によ って生じる二核四倍 体細胞に誘導される 新規細胞死の解析 2012/04/01〜2014/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 ヒストンバリアントが細胞増殖と個体発生を制御する機能解析 2015/04/01〜2017/03/31
新学術領域研究「ダイイングコード」 代表 caspase-8と10それぞれが阻害する二種類の新規細胞死の解析 2015/04/01〜2016/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 caspase-8と10それぞれが阻害する二種類の新規細胞死の解析 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 ヒストンバリアントが細胞増殖と個体発生を制御する機能解析 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 ヒストンバリアントが細胞増殖と個体発生を制御する機能解析 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 caspase-8と10それぞれが阻害する二種類の新規細胞死の解析 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金以外)
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
Fas抗原の媒介するアポトーシス誘導と制御機構の解析 Analysis of the apoptosis -inducing. signals via Fas antigen.
発生・発がん・免疫における細胞死の解析 Analysis of apoptosis in the immune system
細胞死シグナル分子の多様な生理機能解析
新しい細胞死の誘導期機構と生理機能解析
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
ウイルスと生命科学 Virus and Life Science 後期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
生命科学概論B Perspectives on Life Science B 後期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
細胞生物学 前期 理学部 2011/04〜2012/03
ウイルスと生命科学 Virus and Life Science 後期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
細胞生物学 Cell Biology 前期 理学部 2012/04〜2013/03
細胞生物学 Cell Biology 前期 理学部 2013/04〜2014/03
Advanced Molecular and Cell Biology I Advanced Molecular and Cell Biology I 前期 生命科学研究科 2013/04〜2014/03
シグナル伝達学特論 Advanced Course in Studies on Signal Transduction 後期集中 生命科学研究科 2013/04〜2014/03
ウイルスと生命科学 Virus and Life Science 後期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
細胞生物学 Cell Biology 前期 理学部 2014/04〜2015/03
Advanced Molecular and Cell Biology I Advanced Molecular and Cell Biology I 前期 生命科学研究科 2014/04〜2015/03
シグナル伝達学特論 Advanced Course in Studies on Signal Transduction 後期集中 生命科学研究科 2014/04〜2015/03
特別実験及び演習第1 Experimental Course and Seminar l 通年 生命科学研究科 2014/04〜2015/03
特別実験及び演習第1 Experimental Course and Seminar l 後期前期 生命科学研究科 2014/04〜2015/03
特別実験及び演習第2 Experimental Course and Seminar 2 通年 生命科学研究科 2014/04〜2015/03
特別実験及び演習第2 Experimental Course and Seminar 2 後期前期 生命科学研究科 2014/04〜2015/03
高次生命科学特別演習 Advanced Experiments in Systemic Life Sciences 通年 生命科学研究科 2014/04〜2015/03
高次生命科学特別演習 Advanced Experiments in Systemic Life Sciences 後期前期 生命科学研究科 2014/04〜2015/03
ウイルスと生命科学 Virus and Life Science 後期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
Advanced Molecular and Cell Biology I Advanced Molecular and Cell Biology I 前期 生命科学研究科 2015/04〜2016/03
シグナル伝達学特論 Advanced Course in Studies on Signal Transduction 前期集中 生命科学研究科 2015/04〜2016/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 前期不定 生命科学研究科 2015/04〜2016/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 後期不定 生命科学研究科 2015/04〜2016/03
ウイルスと生命科学 Virus and Life Science 後期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
細胞生物学 Cell Biology 前期 理学部 2015/04〜2016/03
高次生命科学特別演習 Advanced Experiments in Systemic Life Sciences 前期不定 生命科学研究科 2015/04〜2016/03
高次生命科学特別演習 Advanced Experiments in Systemic Life Sciences 後期不定 生命科学研究科 2015/04〜2016/03
Advanced Molecular and Cell Biology I Advanced Molecular and Cell Biology I 前期 生命科学研究科 2016/04〜2017/03
シグナル伝達学特論 Advanced Course in Studies on Signal Transduction 前期集中 生命科学研究科 2016/04〜2017/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 前期不定 生命科学研究科 2016/04〜2017/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 後期不定 生命科学研究科 2016/04〜2017/03
生物・生命科学入門 Introduction to Biology and Life Science 前期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
細胞生物学 Cell Biology 前期 理学部 2016/04〜2017/03
高次生命科学特別演習 Advanced Experiments in Systemic Life Sciences 前期不定 生命科学研究科 2016/04〜2017/03
高次生命科学特別演習 Advanced Experiments in Systemic Life Sciences 後期不定 生命科学研究科 2016/04〜2017/03
Advanced Molecular and Cell Biology I Advanced Molecular and Cell Biology I 前期 生命科学研究科 2017/04〜2018/03
シグナル伝達学特論 Advanced Course in Studies on Signal Transduction 後期集中 生命科学研究科 2017/04〜2018/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 前期不定 生命科学研究科 2017/04〜2018/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 後期不定 生命科学研究科 2017/04〜2018/03
細胞生物学 Cell Biology 前期 理学部 2017/04〜2018/03
高次生命科学特別演習 Advanced Experiments in Systemic Life Sciences 前期不定 生命科学研究科 2017/04〜2018/03
高次生命科学特別演習 Advanced Experiments in Systemic Life Sciences 後期不定 生命科学研究科 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示
博士学位審査
学位取得者名 学位論文タイトル 役割 年月
中川 浩実 分裂酵母CENP-Bホモログを中心としたヘテロクロマチンの形成維持機構 主査 2004/03/23
小川 聡 線虫の微小管構築の制御に必要な遺伝子の解析 副査 2004/03/23
谷口 栄里 Polo-like kinase 1 (Plk1)の機能解析と双極性型核内移行シグナルの同定 副査 2004/03/23
木全 諭宇 細胞分裂期後期の進行に必須なAPC/cyclosome複合体の新規制御機構の探索 副査 2004/05/24
福本 典子 実験的自己免疫性脳脊髄炎(EAE)の発症における新規ケモカインSR-PSOX/CXCL16の関与について 主査 2004/09/24
李 鍾煥 Roles of Phospho-ERM and Rho-ROCK signaling in lymphocyte polarity and uropod formation (リンパ球の極性およびuropod形成におけるリン酸化型ERMタンパク質とRho-ROCKシグナル経路の役割) 副査 2004/11/24
秋田 一雅 HTLV-1Taxとp21WAF1によるNF-кB活性化機構の解析 副査 2005/03/23
田口 佳光 IL-2シグナルによるNK細胞増殖におけるセラミド調節機構に関する研究 副査 2005/03/23
馬場 千紗 細胞分裂期における低分子量GTPase Ranの機能解析 副査 2005/03/23
安永 隆亨 アフリカツメガエルILK(integrin-linked kinase)の同定と初期胚発生における機能解析 副査 2005/03/23
江後 猛 HTLV-1Taxと細胞性転写制御因子の相互作用に関する研究 副査 2005/03/23
尾松 芳樹 マウス形質細胞様樹状細胞の性状と機能 副査 2005/11/24
山下 南海子 家族性白血病FPD/AMLのモデルマウス 副査 2006/01/23
岡本 一男 HTLV-Iの発がん遺伝子産物Taxは、NF-кBの活性化を介したc-FLIPの発現増強により、Fas誘導性アポトーシスを抑制する 主査 2006/03/23
大串 雅俊 TGF-βによるアポトーシス制御の分子機構解析 主査 2006/03/23
中桐 志保 viral FLIP E8はWntシグナルをβ-catenin安定化の下流で増強し、それによって細胞増殖を制御する 主査 2006/03/23
鳥居 暁 Ras/ERK MAPキナーゼシグナル伝達経路調節因子Sef の機能解析 副査 2006/03/23
増田 喬子 PIRの発現によって特定される胎仔肝臓・血液中のT前駆細胞が胸腺へ移住する 副査 2006/03/23
中村 未来 哺乳類細胞におけるテロメアの機能維持とその末端構造制御の解析 副査 2006/03/23
島田 裕子 平面内細胞極性形成におけるFrizzledの極性輸送と微小管ネットワークの解析 副査 2006/03/23
植田 亮 鉄応答性転写因子Aft1の活性調節メカニズムに関する研究 副査 2006/03/23
野口 昌克 神経変性疾患の発症機構におけるVCPの役割 副査 2006/03/23
上野 孝治 ヒトパピローマウイルスE7による上皮過形成誘導機構に関する研究 副査 2006/05/23
矢野 貴士 胃上皮細胞のTGF-β誘導性アポトーシスにおけるがん抑制遺伝子RUNX3の関与 副査 2006/07/24
山本 拓也 G0/G1期からS期におけるERK MAPキナーゼの持続的活性化による遺伝子発現の制御機構 副査 2006/07/24
大谷 哲久 Cdc42のグアニンヌクレオチド交換因子Tubaによる単層上皮細胞の敷石状形態形成の制御機構 副査 2006/11/24
生沼 泉 神経軸索ガイダンス分子 semaphorin 受容体 plexin の新規シグナル伝達機構の解明 副査 2007/03/23
中川 俊徳 マウス精子形成幹細胞システムを構成する actual stem cell と potential stem cell の機能的同定 副査 2007/03/23
南 璡 AMAP1を介した乳癌細胞の浸潤過程におけるCb1結合蛋白質CIN85の関与 副査 2007/03/23
米谷 耕平 慢性骨髄性白血病(CML)発症における Rap1 の役割 副査 2007/03/23
四方 美穂 分裂酵母tel2+遺伝子の機能解析 副査 2007/03/23
久保 郁 Wnt2b による網膜幹細胞の維持機構 副査 2007/03/23
近藤 邦生 ERK5 MAP キナーゼの細胞内局在制御機構の解析 副査 2007/03/23
松村 繁 分裂期の染色体整列の制御機構におけるPlk1及びBubR1の機能の解析 副査 2007/05/23
松居 利江 哺乳動物小胞体ストレス応答を制御する転写因子ATF6とXBP1の作用機作に関する研究 副査 2007/07/23
一居 哲夫 カドヘリン結合蛋白p120カテニンによる微小管動態と細胞運動の制御 副査 2007/07/23
橋本 秀春 ニワトリDT40細胞を用いたリンカーヒストンH1の遺伝学的解析 副査 2007/09/25
日紫喜 隆行 HTLV-1 LTRからの転写制御機構に関する研究 副査 2007/11/26
森本 裕子 ERK5 MAP キナーゼの転写活性化制御機構の解析 副査 2008/03/24
中山 啓 FGFにより誘導されるHes1発現振動及びRas/ERK経路活性振動 副査 2008/05/23
戎家 美紀 転写の波及効果 副査 2008/09/24
小林 洋平 染色体異常によって生じた4倍体細胞に認められる新規細胞死の解析 主査 2008/11/25
有田(伊東) 真知子 生命科学の学際的研究コミュニティ形成過程における異分野協働と社会的活動の分析ならびに手法開発 副査 2008/11/25
駒庭 学志 胸腺細胞のCD4 T細胞への分化誘導には、MHC class II分子の膜マイクロドメイン(ラフト)会合性が必要である 副査 2009/01/23
林 秀子 ERK MAPキナーゼ経路とPI3キナーゼ経路の相互作用 副査 2009/01/23
本城 咲季子 Signalling through Rheb mediates intermittent fasting-induced longevity in Caenorhabditis elegans(Rhebは線虫C.elegansにおいて断続的飢餓による寿命延長のシグナルを伝達する。) 副査 2009/01/23
橋本 康史 線虫の寿命制御におけるオートファジー遺伝子の役割の研究 副査 2009/05/25
紺谷(森) 千穂 p97/VCPのATPase活性調節機構の解析 副査 2009/07/23
桐山 真利亜 細胞周期S期の進行に必要なFLASHの機能解析 主査 2010/03/23
佐藤 崇之 受容体型チロシンキナーゼシグナル伝達経路の制御因子Sproutyの作用機構の解析 副査 2010/03/23
駒井 妙 ニューロン特異的PRドメインタンパク質Prdm8の発現と分子機能の解析 副査 2010/03/23
東島 仁 心・行動の生命科学と社会との間の情報伝達を阻害する要因の分析 副査 2010/03/23
柿崎 文彦 Caudal-related homeobox(CDX)の新規標的遺伝子 Solute Carrier Family 5, Member 8(SLC5A8)の同定 副査 2010/03/23
安藤 良徳 中枢神経組織への単純ヘルペスウイルス易感染性とその新規抑制メカニズムの解明研究 副査 2010/03/23
中津海 洋一 caspase-3 と caspase-7 の活性の差異を決定する機能的立体構造領域の同定と解析 主査 2010/09/24
今城 正道 レチノイン酸シグナル伝達の新規制御因子の同定と解析 副査 2010/09/24
長岡 孝治 C型レクチンSIGNR3の発現および樹状細胞の分化の解析 副査 2011/01/24
平野 朋子 シロイヌナズナPhosphatidylinositol 3 phosphate 5-kinase,FAB1の機能解析に関する研究 副査 2011/03/23
奥山 哲矢 線虫 C.elegansにおける ERK MAPK 経路による寿命制御 副査 2011/03/23
砂留 一範 ERK5経路の筋分化における機能並びに下流因子の同定 副査 2011/03/23
標葉 隆馬 生命科学における「科学・技術・社会」-遺伝子組換えをめぐる議論と言説- 副査 2011/03/23
久島 透嘉 C型肝炎ウイルスの粒子形成機構の解析 副査 2011/03/23
山元 誠司 レトロウイルスインテグラーゼ新規結合細胞性因子 Huwe1の同定と HIV-1感染における機能解析 副査 2011/03/23
浅野 剛史 鉄貯蔵タンパク質フェリチンに貯蔵された鉄の細胞内の動態に関する解析 副査 2011/07/25
髙嶋 良樹 体節形成におけるHes7の振動発現にはイントロンによる発現の遅れが必要である 副査 2011/07/25
萬野 篤 神経変性疾患とIBMPFDの発症機構におけるVCPとその補因子の役割 副査 2011/09/26
高 園園 Studies on CD40 Signaling-Unpreventable B Cell Receptor-Mediated Apoptosis in T Cell-Dependent Bystander B Cells (T細胞依存性バイスタンダーB細胞におけるB細胞受容体刺激が誘導するCD40シグナル非抑制性アポトーシスに関する研究) 主査 2012/03/26
中川 智絵 先端科学技術を巡る専門家と非専門家を交えた議論のあり方の研究:再生医療を事例に 副査 2012/03/26
影山 麻衣子 ウイルスRNAセンサーRIG-Iの活性化機構の解析:自己制御ドメインの同定 副査 2012/03/26
木村 幸乃 進行性膵癌に対するゲムシタビン/S-1併用樹状細胞ワクチン療法の臨床学的・免疫学的評価 副査 2012/07/23
南野 研人 IRF-2は異なるメカニズムでB細胞増殖、抗体産生を制御する 副査 2012/09/24
鈴木 俊康 MAPKKKファミリー遺伝子MLTKの初期胚発生における役割の解明 副査 2012/09/24
出口 勝彰 マウス生殖細胞におけるH3K9メチル化機構および機能の解析 副査 2013/03/25
毛利 亘輔 平面内細胞極性の形成を制御する新規遺伝子の探索 副査 2013/03/25
福岡 あゆみ BALB/c Fasノックアウトマウスで見いだした新規Th2型免疫細胞の解析 主査 2013/03/25
菊池 弥奈 T細胞の増殖・生存におけるcaspase-8の新規機能の解析 主査 2013/03/25
高松 詩穂理 抗ウイルスシグナルのアダプター分子IPS-1の多量体化誘導系を用いた機能解析 副査 2013/03/25
高橋 涼香 Balb/c Fas-deficient mice develop allergic blepharitis in conjunction with hyper IgE production and severe autoimmune disease(Balb/c 背景においてFas を欠損するマウスは、IgE の過産生を伴うアレルギー性眼瞼炎と重症の自己免疫疾患を呈する) 主査 2013/03/25
阿部 雄一 感染性C型肝炎ウィルス粒子形成を制御する新規宿主因子トロンボキサンA2合成酵素の機能解析 副査 2013/07/23
村上 克洋 VCPの関わる酸化ストレス応答の分子機構 副査 2013/09/24
楊 嘉銘 The function of Prdm12 in histone methylation and cell proliferation(ヒストンメチル化と細胞増殖におけるPrdm12の役割) 主査 2013/11/25
井上 真悠子 PRドメインタンパク質が発生期大脳皮質における多極性形態期の調節に果たす役割 副査 2014/03/24
足立 匠 マウス骨髄マクロファージにおけるLatex beadsのサイズに依存したIL-1β産生メカニズムの解析 副査 2014/03/24
脇田 洋平 海馬ニューロンの形態形成におけるF-BAR/EFC蛋白質Rapostlinの役割 副査 2014/03/24
黒木 俊介 JmjCドメインをもつタンパク質JMJD1Cはマウスにおける長期の生殖細胞の維持に必要である 主査 2014/03/24
NG CHEN SENG INHIBITION OF HOST INNATE IMMUNE RESPONSES THROUGH THE MODULATION OF CYTOPLASMIC STRESS GRANULES BY ENCEPHALOMYOCARDITIS VIRUS PROTEASE(脳心筋炎ウイルス(EMCV)プロテアーゼによる細胞性ストレス顆粒形成の制御と抗ウイルス自然免疫応答の阻害機構) 副査 2014/09/24
下野 耕平 樹状突起サイズのスケーリング機構の研究 副査 2014/05/23
劉 知昇 INVESTIGATIONS INTO THE ROLES OF PKR-INDUCED ANTIVIRAL STRESS GRANULE AND DHX36 IN RIG-I SIGNALING (PKRによって誘導される抗ウイルスストレス顆粒とRIG-IによるシグナルにおけるDHX36の機能の研究) 副査 2014/05/23
南田 佳孝 FLASH変異マウスとES細胞を用いたFLASH/casp8ap2の生理機能解析 主査 2015/01/23
成田 亮 自然免疫系におけるPumilioタンパク質の機能解析 副査 2015/01/23
高山 真美 マウス胚を用いた後腎初期発生におけるレチノイン酸応答遺伝子の解析 副査 2015/03/23
金森 光広 Sulfatideは樹状細胞によるα-galactosylceramideの提示を阻害する 副査 2015/03/23
津川 陽司 ヒト肝細胞における抗RNAウイルス自然免疫機構の解析 副査 2015/03/23
設樂 宗一朗 胸腺上皮細胞が産生するIL-7は胸腺細胞の分化とTCRgd+腸上皮内リンパ球の分化に重要である 副査 2015/03/23
宮竹 功一 繊毛形成におけるMAPキナーゼファミリー分子ERK7の役割 副査 2015/05/25
李 俊成 細胞リプログラミングにおける分泌型EPHA7の機能の同定と解析 副査 2015/11/24
水戸部 悠一 HTLV-1 bZIP factor (HBZ) RNAとタンパク質はT細胞の増殖、生存に異なる影響を与える 副査 2016/01/25
牛田 万貴 樹状細胞サブセット間におけるインバリアントNKT細胞への抗原提示能の比較 副査 2016/03/23
石橋 理基 マウスES細胞の分化過程におけるInscuteable遺伝子の発現制御機構の解析 副査 2016/03/23
時枝 純佳 マウスC型レクチン受容体Dcir1はDSS誘導性大腸炎の増悪化に働く 副査 2016/03/23
臼井 舞 Srcファミリーキナーゼは脂肪細胞の褐色化を制御する 副査 2016/03/23
呉 成旭 Functional Analysis of RIG-I and RNP Complexes in the Antiviral Interferon System(抗ウイルスIFNシステムにおけるRIG-IとRNP複合体の機能解析) 副査 2016/05/23
小山(中島) 明 アストロサイトからiPS細胞へのリプログラミング過程の解析 副査 2016/03/23
亀崎 青沙 増殖因子ニューレグリン1の切断を可視化する蛍光バイオセンサーの開発とその応用 副査 2016/09/23

  • <<
  • >>
  • 表示
全学運営(役職等)
役職名 期間
京都大学ヒトゲノム・遺伝子解析研究管理委員会 委員 2008/04/01〜2011/03/31
保健衛生委員会 委員 2009/04/01〜2011/03/31
情報環境整備委員会 委員 2009/04/01〜2011/03/31
施設整備委員会 委員 2009/04/01〜2010/09/30
町家キャンパスプロジェクト専門委員会 委員 2009/04/01〜2010/09/30
教育研究評議会 評議員 2009/04/01〜2013/03/31
京都大学ヒトゲノム・遺伝子解析研究管理委員会 委員 2009/09/11〜2011/09/10
京都大学財務委員会 委員 2009/04/01〜2013/03/31
全学共通教育委員会 委員 2009/04/01〜2013/03/31
全学情報セキュリティ委員会 委員 2009/04/01〜2013/03/31
大学評価委員会 委員 2009/04/01〜2013/03/31
研究科長部会 構成員 2011/04/01〜2013/03/31
部局長会議 構成員 2011/04/01〜2013/03/31
人事審査委員会 委員 2012/04/01〜2013/03/31
博士課程教育リーディングプログラム運営会議 委員 2013/04/01〜2014/03/31
教育研究組織改革専門委員会 委員 2012/07/02〜2013/03/31
京都大学白眉センター伯楽会議委員会 委員 2011/07/01〜2017/06/30
K.U.PROFILEプロジェクト学内諮問委員会 委員 2013/11/25〜2014/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
生命科学研究科長 2009/04/01〜2013/03/31
制度・財政委員会 委員 2009/04/01〜2013/03/31
施設・設備委員会 委員 2002/04/01〜2017/03/31
研究協力委員会 委員 2009/04/01〜2013/03/31
教務委員会 委員 2008/04/01〜2009/03/31
グローバルCOEワーキング委員会 委員 2007/04/01〜2011/03/31
中期目標・中期計画検討委員会 委員 2004/04/01〜2017/03/31
将来像検討委員会 委員 2006/01/01〜
情報セキュリティ委員会 委員 2004/02/01〜2013/03/31
自己評価委員会 委員 2005/04/01〜2017/03/31
雇用検討委員会 委員 2004/09/01〜2009/03/01
生命科学研究科同窓会 役員 2015/04/01〜
制度・財政委員会 2016/04/01〜2017/03/31
改善委員会 2016/04/01〜
データ保全委員会 2015/10/01〜
男女共同参画推進アクションプラン推進委員会 2016/04/01〜
高次生命科学副専攻長 2002/04/01〜2003/03/31
高次生命科学専攻長 2003/04/01〜2004/03/31
高次生命科学副専攻長 2016/04/01〜2017/03/31
高次生命科学専攻長 2017/04/01〜2018/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示