井上 博茂

最終更新日時:2016/08/08 14:47:48

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
井上 博茂/イノウエ ヒロモ/Hiromo Inoue
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/農学専攻耕地生態科学講座/講師
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8502 京都府京都市左京区北白川追分町 Kitashirakawa-oiwakecho, Sakyo-ku, Kyoto-shi, Kyoto 606-8502 Japan
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-753-2256
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本育種学会 Japanese Society of Breeding
近畿作物・育種研究会 The Society of Crop Science and Breeding in Kinki
日本作物学会 The Crop Science Society of Japan
日本農業教育学会 The Japanese Agricultural Education Society
日本環境教育学会 The Japanese Society of Environmental Education
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(農学) 京都大学
博士(農学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院農学研究科修士課程農学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 農学部農学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1993/11/16〜1998/01/31 京都大学農学部附属農場 Experimental Form, Kyoto University 助手
1998/02/01〜2007/03/31 京都大学大学院農学研究科 Graduate School of Agriculture, Kyoto University 助手
2007/04/01〜2012/07/31 京都大学大学院農学研究科 Graduate School of Agriculture, Kyoto University 助教
2012/08/01〜 京都大学大学院農学研究科 Graduate School of Agriculture, Kyoto University 講師
プロフィール
(日本語)
1985年大阪府立天王寺高等学校卒業、1985年京都大学農学部農学科入学、1990年同学科卒業、1990年京都大学農学研究科農学専攻修士課程入学、1992年同修士課程修了。1992年同博士後期課程進学、1993年同退学、京都大学農学部附属農場助手に任用される。1998年京都大学農学研究農学専攻助手に配置換え。2007年助教に名称変更される。2112年、京都大学大学院農学研究科講師、現在に至る。イネにおける生物的窒素固定の評価ならびにその利用に関する研究を行っている。
研究テーマ
(日本語)
イネにおける生物的窒素固定の評価とその利用に関する研究
研究概要
(日本語)
アセチレン還元活性を指標として、イネにおける生物的窒素固定の質的評価を行うとともに、重窒素追跡法を用いて固定された窒素量の推定を行っている。生物的窒素固定の発現する栽培条件(主に窒素条件)について検討するとともに発現した窒素固定能の遺伝的変異の有無に関して解析を行い、生物的窒素固定の農業への利用の可能性について検討している。
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
作物学
イネ
生物的窒素固定
アセチレン還元活性
重窒素追跡
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
作物学・雑草学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
T. Tanaka; T. Sato; K. Watanabe; Y. Wang; D. Yang; H. Inoue; K. Li; T. Inamura Irrigation system and land use effect on surface water quality in river, at lake Dianchi, Yunnan, China Journal of Environmental Sciences (China),25,6,1107-1116 2013/06/01 英語
N. Moritsuka; T. Nishikawa; S. Yamamoto; N. Matsui; H. Inoue; K.-Z. Li; T. Inamura Changes in Soil Physicochemical Properties Following Land Use Change from Paddy Fields to Greenhouse and Upland Fields in the Southeastern Basin of Dianchi Lake, Yunnan Province, China Pedosphere,23,2,169-176 2013/04 英語
T. Nishikawa; K. Kido; K. Li; H. Inoue; T. Inamura Temporal growth inhibition of rice plant and growth recovery observed under application of anaerobically-digested cattle manure Plant Production Science,16,2,154-165 2013/04 英語
T. Nishikawa; K. Li; H. Inoue; M. Umeda; H. Hirooka; T. Inamura Effects of the long-term application of anaerobically-digested cattle manure on growth, yield and nitrogen uptake of paddy rice (Oryza sativa L.), and soil fertility in warmer region of Japan Plant Production Science,15,4,284-292 2012/10 英語
H. Saito; E. Ogiso-Tanaka; Y. Okumoto; Y. Yoshitake; H. Izumi; T. Yokoo; K. Matsubara; K. Hori; M. Yano; H. Inoue; T. Tanisaka Ef7 encodes an ELF3-like protein and promotes rice flowering by negatively regulating the floral repressor gene Ghd7 under both short-and long-day conditions Plant and Cell Physiology,53,4,717-728 2012 英語
M. Murata; H. Inoue; T. Inamura The effect of precipitation on growth of no-tillage soybean in the upland field converted from paddy Field Japanese Journal of Crop Science,81,4,397-403 2012 英語
井上博茂 地温、土壌水分および根粒窒素固定が不耕起ダイズの生育に及ぼす影響 日本作物學會紀事,80,322-323 2011/03/30 日本語
H. Saito; Y. Okumoto; Y. Yoshitake; H. Inoue; Q. Yuan; M. Teraishi; T. Tsukiyama; H. Nishida; T. Tanisaka Complete loss of photoperiodic response in the rice mutant line X61 is caused by deficiency of phytochrome chromophore biosynthesis gene Theoretical and Applied Genetics,122,1,109-118 2011/01 英語
Q. Yuan; H. Saito; Y. Okumoto; H. Inoue; H. Nishida; T. Tsukiyama; M. Teraishi; T. Tanisaka Identification of a novel gene ef7 conferring an extremely long basic vegetative growth phase in rice Theoretical and Applied Genetics,119,4,675-684 2009/08 英語
H. Saito; Q. Yuan; Y. Okumoto; K. Doi; A. Yoshimura; H. Inoue; M. Teraishi; T. Tsukiyama; T. Tanisaka Multiple alleles at Early flowering 1 locus making variation in the basic vegetative growth period in rice (Oryza sativa L.) Theoretical and Applied Genetics,119,2,315-323 2009/07 英語
T. Inamura; A. Yoshikawa; K. Matsumoto; S. Ikenaga; H. Inoue; Y. Yamasue Analysis of the sources of variations of wheat yield in the field, and possibility of the variable rate management Japanese Journal of Crop Science,76,2,189-197 2007 英語
T. Inamura; F. Chin; T. Matoh; H. Inoue; Y. Yamasue Reduction of low-level cadmium contamination in brown rice by the methane-fermented manure liquid Japanese Journal of Crop Science,75,3,273-280 2006 英語
S. Ikenaga; N. Matsumoto; H. Inoue; T. Inamura Yearly and field variations of paddy-upland rotational fields in nitrogen mineralization and nitrogen absorption by rice in paddy-upland rotational field - A case study in the Nara basin for four years Japanese Journal of Crop Science,74,3,291-297 2005 日本語
T. Inamura; K. Goto; M. Iida; K. Nonami; H. Inoue; M. Umeda Geostatistical analysis of yield, soil properties and crop management practices in paddy rice fields Plant Production Science,7,2,230-239 2004/06 英語
T. Nakazaki; Y. Okumoto; A. Horibata; S. Yamahira; M. Teraishi; H. Nishida; H. Inoue; T. Tanisaka Mobilization of a transposon in the rice genome Nature,421,6919,170-172 2003/01/09 英語
H. Nishida; H. Inoue; Y. Okumoto; T. Tanisaka A novel gene ef1-h conferring an extremely long basic vegetative growth period in rice Crop Science,42,2,348-354 2002/03 英語
H. Inoue; H. Nishida; Y. Okumoto; T. Tanisaka Interactive effects of two heading-time loci, Se1 and Ef1, on pre-flowering developmental phases in rice (Oryza sativa L.) Euphytica,126,2,227-234 2002 英語
H. Nishida; Y. Okumoto; H. Nakagawa; K. Ichitani; H. Inoue; T. Tanisaka Analysis of tester lines for rice (Oryza sativa L.) Heading-time genes using reciprocal photoperiodic transfer treatments Annals of Botany,88,4,527-536 2001/10 英語
井上 博茂 台湾イネ品種台中65号に見出された早生遺伝子の同定 Breeding science,48,2,103-108 1998/06/01 日本語
H. Inoue; H. Nishida; Y. Okumoto; T. Tanisaka Identification of an early heading time gene found in the Taiwanese rice cultivar Taichung 65 Breeding Science,48,2,103-108 1998/06 英語
Y. Okumoto; K. Ichitani; H. Inoue; T. Tanisaka Photoperiod insensitivity gene essential to the varieties grown in the northern limit region of paddy rice (Oryza sativa L.) cultivation Euphytica,92,1-2,63-66 1996 英語
井上 博茂 イネ出穂期突然変異系統の基本栄養生長性および感光性 育種学雑誌,42,3,657-668 1992/09/01 日本語
TANISAKA, T; INOUE, H; UOZU, S; YAMAGATA, H BASIC VEGETATIVE GROWTH AND PHOTOPERIOD SENSITIVITY OF HEADING-TIME MUTANTS INDUCED IN RICE JAPANESE JOURNAL OF BREEDING,42,3,657-668 1992/09 英語
井上博茂;谷坂隆俊;奥本裕;山がた弘忠 イネ出穂期突然変異系統HS66の早生突然変異遺伝子 近畿作物・育種研究,37,47-52 1992/03 英語
谷坂隆俊;井上博茂;山県弘忠 イネに誘発された2種類の早生遺伝子 近畿作物・育種研究,36,33-37 1991/03 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
井上博茂;岩永孝太;稲村達也 イネにおける生物的窒素固定の評価に関する研究 日本作物学会講演会要旨・資料集,231st,14-15 2011/03/30 日本語
井上博茂 メタン発酵消化液連用水田における土壌の養分分布とその規程要因 日本作物学会第231回講演会 2011 日本語
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
井上 博茂 植物遺伝育学実験法 朝倉書店, 1995 日本語
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(C) 代表 イネの生物的窒素固定に関与する栽培的ならびに遺伝的要因に関する解析 2013〜2015
基盤研究(C) 代表 イネの生物的窒素固定に関与する栽培的ならびに遺伝的要因に関する解析 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(C) 代表 イネの生物的窒素固定に関与する栽培的ならびに遺伝的要因に関する解析 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
人為突然変異の利用に関する育種学的研究 Studies on the artificial mutations in relation to plant breeding
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
耕地生態科学演習 通年 農学部 2011/04〜2012/03
農業体験実習ゼミナール Experience of farm work 前期集中 全学共通科目 2011/04〜2012/03
栽培システム学専攻実験 農学研究科 2011/04〜2012/03
栽培システム学演習 農学研究科 2011/04〜2012/03
耕地生態科学演習 Seminar in Agricultural Ecology 通年 農学部 2012/04〜2013/03
農業体験実習ゼミナール Experience of Farm Work 前期集中 全学共通科目 2012/04〜2013/03
栽培システム学II Plant Production Systems II 後期 農学部 2013/04〜2014/03
耕地生態科学演習 Seminar in Agricultural Ecology 通年 農学部 2013/04〜2014/03
耕地生産生態論 Agricultural Production Ecology 前期 農学研究科 2013/04〜2014/03
栽培システム学演習 Plant Production Systems-Seminar 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
栽培システム学専攻実験 Special Laboratory Work in Plant Production Systems 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
生物統計学 Biometrics 後期 農学部 2014/04〜2015/03
資源生物科学専門外書講義I Introduction to Foreign Literature in Bioresource Science I 前期 農学部 2014/04〜2015/03
栽培システム学II Plant Production Systems II 後期 農学部 2014/04〜2015/03
耕地生態科学演習 Seminar in Agricultural Ecology 通年 農学部 2014/04〜2015/03
栽培システム学演習 Plant Production Systems-Seminar 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
栽培システム学専攻実験 Special Laboratory Work in Plant Production Systems 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
農業体験実習ゼミナール Experience of Farm Work 前期集中 全学共通科目 2014/04〜2015/03
栽培システム学II Plant Production Systems II 後期 農学部 2015/04〜2016/03
栽培システム学専攻実験1 Special Laboratory Work in Plant Production Systems1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
栽培システム学専攻実験 Special Laboratory Work in Plant Production Systems 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
栽培システム学演習1 Plant Production Systems-Seminar1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
栽培システム学演習 Plant Production Systems-Seminar 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
生物統計学 Biometrics 後期 農学部 2015/04〜2016/03
耕地生態科学演習 Seminar in Agricultural Ecology 通年 農学部 2015/04〜2016/03
耕地生産生態論 Agricultural Production Ecology 前期 農学研究科 2015/04〜2016/03
農業体験実習ゼミナール Experience of Farm Work 前期集中 全学共通科目 2015/04〜2016/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期集中 全学共通科目 2016/04〜2017/03
栽培システム学II Plant Production Systems II 後期 農学部 2016/04〜2017/03
栽培システム学専攻実験1 Special Laboratory Work in Plant Production Systems1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
栽培システム学専攻実験2 Special Laboratory Work in Plant Production Systems2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
栽培システム学専攻実験 Special Laboratory Work in Plant Production Systems 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
栽培システム学演習1 Plant Production Systems-Seminar1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
栽培システム学演習2 Plant Production Systems-Seminar2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
栽培システム学演習 Plant Production Systems-Seminar 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生物統計学 Biometrics 後期 農学部 2016/04〜2017/03
耕地生態科学演習 Seminar in Agricultural Ecology 通年 農学部 2016/04〜2017/03

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
情報セキュリティ・システム委員会 委員 2015/04/01〜2017/03/31