中沢 威人

最終更新日時:2017/05/03 10:35:21

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
中沢 威人/ナカザワ タケヒト/Takehito Nakazawa
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/地域環境科学専攻生物環境科学講座/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
糸状菌分子生物学研究会
糸状菌遺伝子研究会
日本木材学会
日本ゲノム微生物学会
日本農芸化学会
日本薬学会
日本生薬学会
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
American Society for Microbiology
Geteics Society of America
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(理学) 東京工業大学
博士(理学) 東京工業大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
東京工業大学 大学院生命理工学研究科分子生命科学専攻博士前期課程 修了
東京工業大学 大学院生命理工学研究科分子生命科学専攻博士後期課程 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
東京工業大学 生命理工学部生命科学科 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
大阪府立豊中高校
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2008/04/01〜2009/03/31 東京工業大学・大学院生命理工学研究科 日本学術振興会・特別研究員-DC1
2009/04/01〜2011/03/31 岡山大学・理学部 日本学術振興会・特別研究員-PD
2011/04/01〜2012/03/31 静岡県立大学・大学院薬学研究科 特任助教
2012/04/01〜2013/06/30 静岡県立大学・大学院薬学研究科 客員共同研究員
2013/07/01〜 京都大学・大学院農学研究科 助教
プロフィール
(日本語)
糸状菌(カビ・きのこ)の分子遺伝学という確固たる専門分野を基盤としつつも、生化学・天然物化学・細胞生物学などの生物・化学の広い領域にまたがる研究に従事してきた。今後も、専門分野の殻に閉じこもることなく、積極的に異分野の知識・技術を取り入れて新しい研究領域を切り開いていきたい。
個人ホームページ
URL
http://www.biomass.kais.kyoto-u.ac.jp/
研究テーマ
(日本語)
・ 白色腐朽菌による木質バイオマス生分解システム ・ 木材腐朽と子実体(キノコ)発生の関連性 ・ 天然物(二次代謝産物)生合成機構と生合成成遺伝子
研究概要
(日本語)
主な研究成果: ・ 順遺伝学による、キノコ発生開始および白色腐朽に必須な遺伝子の多数特定 ・ 世界初のキノコ(ヒトヨタケ)における高頻度遺伝子ターゲティング法の実現 ・ キノコ(ヒトヨタケ・ヒラタケ)における多重遺伝子改変法の確立 ・ 特定二次代謝産物を介した菌類の形態形成制御・転写調節機構の発見
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
菌類分子遺伝学
木材腐朽菌
子実体(キノコ)の形態形成
天然物生合成遺伝子
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
応用微生物学
林産科学・木質工学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
T. Nakazawa: A. Izuno: R. Kodera: Y. Miyazaki: M. Sakamoto: Y. Isagi: Y. Honda Identification of two mutations that cause defects in the ligninolytic system through an efficient forward genetics in the white-rot agaricomycete Pleurotus ostreatus Environmental Microbiology,accepted on Nov. 10 2017 英語
T. Nakazawa: M. Tsuzuki: T. Irie: M. Sakamoto: Y. Honda Marker recycling via 5-fluoroorotic acid and 5-fluorocytosine counter-selection in the white-rot agaricomycete Pleurotus ostreatus Fungal Biology,120,1146-1155 2016/09 英語
T. Nakazawa: Y. Ando: T. Hata: K. Nakahori A mutation in the Cc.arp9 gene encoding a putative actin-related protein causes defects in sexual and asexual development in the agaricomycete Coprinopsis cinerea. Current Genetics,62,565-574 2016/08 英語
T.Nakazawa: Y. Honda Absence of a gene encoding cytosine deaminase in the genome of the agaricomycete Coprinopsis cinerea enables simple marker recycling through 5-fluorocytosine counterselection FEMS Microbiology Letters,362,fnv123 2015/08 英語
T. Nakazawa; K. Ishiuchi; M. Sato; Y. Tsunematsu; S. Sugimoto; Y. Gotanda; H. Noguchi; K. Hotta; K. Watanabe Targeted disruption of transcriptional regulators in chaetomium globosum activates biosynthetic pathways and reveals transcriptional regulator-like behavior of aureonitol Journal of the American Chemical Society,135,36,13446-13455 2013 英語
M. Sato; T. Nakazawa; Y. Tsunematsu; K. Hotta; K. Watanabe Echinomycin biosynthesis Current Opinion in Chemical Biology,17,4,537-545 2013 英語
K. Ishiuchi; T. Nakazawa; F. Yagishita; T. Mino; H. Noguchi; K. Hotta; K. Watanabe Combinatorial generation of complexity by redox enzymes in the chaetoglobosin A biosynthesis Journal of the American Chemical Society,135,19,7371-7377 2013 英語
Y. Ando; T. Nakazawa; K. Oka; K. Nakahori; T. Kamada Cc.snf5, a gene encoding a putative component of the SWI/SNF chromatin remodeling complex, is essential for sexual development in the agaricomycete Coprinopsis cinerea Fungal Genetics and Biology,50,1,82-89 2013 英語
Y. Tsunematsu; S. Ichinoseki; T. Nakazawa; N. Ishikawa; H. Noguchi; K. Hotta; K. Watanabe Overexpressing transcriptional regulator in Chaetomium globosum activates a silent biosynthetic pathway: Evaluation of shanorellin biosynthesis Journal of Antibiotics,65,7,377-380 2012/07 英語
T. Nakazawa; K. Ishiuchi; A. Praseuth; H. Noguchi; K. Hotta; K. Watanabe Overexpressing Transcriptional Regulator in Aspergillus oryzae Activates a Silent Biosynthetic Pathway to Produce a Novel Polyketide ChemBioChem,13,6,855-861 2012 英語
K. Ishiuchi; T. Nakazawa; T. Ookuma; S. Sugimoto; M. Sato; Y. Tsunematsu; N. Ishikawa; H. Noguchi; K. Hotta; H. Moriya; K. Watanabe Establishing a New Methodology for Genome Mining and Biosynthesis of Polyketides and Peptides through Yeast Molecular Genetics ChemBioChem,13,6,846-854 2012 英語
T. Nakazawa; Y. Ando; K. Kitaaki; K. Nakahori; T. Kamada Efficient gene targeting in δCc.ku70 or δCc.lig4 mutants of the agaricomycete coprinopsis cinerea Fungal Genetics and Biology,48,10,939-946 2011 日本語
T. Nakazawa; H. Kondo; K. Nakahori; T. Kamada A mutation in the Cc.ubc2 gene affects clamp cell morphogenesis as well as nuclear migration for dikaryosis in Coprinopsis cinerea Fungal Genetics and Biology,48,5,519-525 2011 英語
T. Kamada; H. Sano; T. Nakazawa; K. Nakahori Regulation of fruiting body photomorphogenesis in Coprinopsis cinerea Fungal Genetics and Biology,47,11,917-921 2010 英語
T. Nakazawa; Y. Tatsuta; T. Fujita; K. Nakahori; T. Kamada Mutations in the Cc.rmt1 gene encoding a putative protein arginine methyltransferase alter developmental programs in the basidiomycete Coprinopsis cinerea Current Genetics,56,4,361-367 2010 英語
M. Kuratani; K. Tanaka; K. Terashima; H. Muraguchi; T. Nakazawa; K. Nakahori; T. Kamada The dst2 gene essential for photomorphogenesis of Coprinopsis cinerea encodes a protein with a putative FAD-binding-4 domain Fungal Genetics and Biology,47,2,152-158 2010 英語
T. Nakazawa; S. Kaneko; H. Murata; T. Kamada; K. Shishido The homologue of Lentinula edodes ctg1, a target for CDC5 and its interacting partner CIPB, from Coprinopsis cinerea is involved in fruiting-body morphogenesis of C. Cinerea Mycoscience,50,5,331-342 2009/09 英語
T. Nakazawa; Y. Miyazaki; S. Kaneko; K. Shishido Stimulative effects of light and a temperature downshift on transcriptional expressions of developmentally regulated genes in the initial stages of fruiting-body formation of the basidiomycetous mushroom Lentinula edodes FEMS Microbiology Letters,289,1,67-71 2008 英語
T. Nakazawa; S. Kaneko; Y. Miyazaki; T. Jojima; T. Yamazaki; S. Katsukawa; K. Shishido Basidiomycete Lentinula edodes CDC5 and a novel interacting protein CIPB bind to a newly isolated target gene in an unusual manner Fungal Genetics and Biology,45,6,818-828 2008 英語
T. Nakazawa; Y. Miyazaki; S. Kaneko; K. Shishido Developmental regulator Le.CDC5 of the mushroom Lentinula edodes: Analyses of its amount in each of the stages of fruiting-body formation and its distribution in parts of the fruiting bodies FEMS Microbiology Letters,261,1,60-63 2006 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
担子菌キノコの特殊能力:子実体形成と木材腐朽 第7回生物機能開発研究所講演会 2017/01/16 日本語
Fungal Geneticsを軸とした異分野研究 第二回糸状菌分子生物学研究会若手の会ワークショップ 2014/11/14 日本語
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
中沢威人, 恒松雄太, 石川格靖, 渡辺賢二 生合成遺伝子クラスターの高度強制発現による合成生物学が拓く有用天然物の創製 2012 日本語
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
特別研究員奨励費 代表 各種担子菌に共通する子実体形成制御因子類の同定とそれらの機能 2008/04/01〜2011/03/31
研究活動スタート支援 代表 分野横断型アプローチによる非モデル糸状菌からの新規二次代謝産物の獲得 2011/08/〜2013/03/31
挑戦的萌芽研究 分担 木材腐朽菌を用いたヒト型糖タンパク質生産用プラットフォームの開発 2015/04/01〜2018/03/31
若手研究(B) 代表 分子遺伝学実験法の高度化が実現する、白色腐朽に重要な遺伝子の網羅的・効率的同定 2016/04/01〜2018/03/31
基盤研究(B) 分担 きのこ類における栄養成長から生殖成長への切換えに関わる分子スイッチの特定 2017/04/01〜2020/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
公益財団法人発酵研究所・若手研究者助成 中沢威人 幅広い糸状菌からの休眠型二次代謝産物遺伝子クラスターの網羅的活性化および化合物生産を実現する基盤整備 2012/04/01〜2013/06/30
リバネス研究費・ヘルスケア部門賞 中沢威人 菌類分子遺伝学を基盤とした、糸状菌からの新規二次代謝産物の網羅的獲 2012/07/26〜2013/07/25
公益財団法人ホクト生物科学振興財団・研究奨励金 中沢威人 ヒラタケを用いた順遺伝学研究から、木質分解酵素特有の分泌機構に迫る 2013/11/26〜
公益財団法人発酵研究所・一般研究助成 中沢威人 白色腐朽菌の順遺伝学:担子菌特有の酸化酵素の分泌メカニズムの理解にむけて 2014/04/01〜2016/03/31
公益財団法人発酵研究所・大型研究助成 中沢 威人 木材腐朽のシステム合成生物学への挑戦 2016/04/01〜2018/03/31
公益財団法人野田産業科学研究所・奨励研究助成 中沢 威人 担子菌キノコにおける、二次代謝経路とキノコ発生と木材腐朽制御の関連性 2016/04/01〜2017/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
きのこ学 Basic and Application of Mushrooms 前期 農学部 2014/04〜2015/03
森林科学実習II Laboratory Course in Forest and Biomaterials Science II 前期 農学部 2014/04〜2015/03
森林基礎化学実験及び実験法 Laboratory Course in the Basic Forest and Biomaterials Chemistry 前期 農学部 2014/04〜2015/03
バイオマス化学実験及び実験法I Laboratory Course in the Biomaterials Chemistry I 後期 農学部 2014/04〜2015/03
森林生化学演習 Seminar in Forest Biochemistry 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
森林生化学専攻実験 Experimentary Course in Forest Biochemistry 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
バイオマス化学実験及び実験法I Laboratory Course in the Biomaterials Chemistry I 後期 農学部 2015/04〜2016/03
きのこ学 Basic and Application of Mushrooms 前期 農学部 2015/04〜2016/03
森林基礎化学実験及び実験法 Laboratory Course in the Basic Forest and Biomaterials Chemistry 前期 農学部 2015/04〜2016/03
森林生化学専攻実験1 Experimentary Course in Forest Biochemistry1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
森林生化学専攻実験 Experimentary Course in Forest Biochemistry 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
森林生化学演習1 Seminar in Forest Biochemistry1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
森林生化学演習 Seminar in Forest Biochemistry 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
森林科学実習II Laboratory Course in Forest and Biomaterials Science II 前期 農学部 2015/04〜2016/03
バイオマス化学実験及び実験法I Laboratory Course in the Biomaterials Chemistry I 後期 農学部 2016/04〜2017/03
基礎化学実験 Fundamental Chemical Experiments 後期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
森林基礎化学実験及び実験法 Laboratory Course in the Basic Forest and Biomaterials Chemistry 前期 農学部 2016/04〜2017/03
森林生化学専攻実験 Experimentary Course in Forest Biochemistry 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
森林生化学専攻実験1 Laboratory Course in Forest Biochemistry 1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
森林生化学専攻実験2 Laboratory Course in Forest Biochemistry 2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
森林生化学演習1 Seminar in Forest Biochemistry1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
森林生化学演習2 Seminar in Forest Biochemistry2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
森林生化学演習 Seminar in Forest Biochemistry 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
森林科学実習II Laboratory Course in Forest and Biomaterials Science II 前期 農学部 2016/04〜2017/03

  • <<
  • >>
  • 表示
その他活動:各種受賞歴
賞の名称 授与組織名 年月
リバネス・ヘルスケア賞 株式会社リバネス(ロート製薬) 2012/08/01