谷川 穣

最終更新日時:2017/08/31 15:23:11

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
谷川 穣/タニガワ ユタカ/Yutaka Tanigawa
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
文学研究科/歴史文化学専攻歴史文化学講座/准教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
文学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 606-8501 京都府京都市左京区吉田本町 Yoshida-Honmachi, Sakyo-ku, Kyoto 606-8501
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(文学) 京都大学
博士(文学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院文学研究科修士課程歴史文化学専攻 修了
京都大学 大学院文学研究科博士後期課程歴史文化学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 文学部史学科国史学専攻 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2000/05/01〜2002/03/31 京都大学人文科学研究所 Institute for Research in Humanities, Kyoto University リサーチアシスタント Research Assistant
2002/04/01〜2003/03/31 京都大学文学部 Faculty of Letters, Kyoto University 研修員 researcher
2003/04/01〜2004/03/31 武庫川女子大学 Mukogawa Women's University 非常勤講師 Lecturer
2003/04/16〜2007/03/31 京都大学人文科学研究所 Institute for Research in Humanities, Kyoto University 助手 Assistant Professor
2007/04/01〜2008/03/31 京都大学人文科学研究所 Institute for Research in Humanities, Kyoto University 助教 Assistant Professor
2008/04/01〜 京都大学大学院文学研究科 Graduate School of Letters, Kyoto University 准教授 Associate Professor
2014/08/01〜2015/07/31 ハーバード大学エドウィン・O・ライシャワー日本研究所 Edwin O. Reischauer Institute of Japanese Studies, Harvard University 訪問研究者 Visiting Scholar
プロフィール
(日本語)
日本近代史を研究している。本専修は厳密な史料実証と、学生各自の自主性を重視するが、私個人はその学風のもと、実証の失敗や問題意識との齟齬なども身をもって示しつつ、彼ら彼女らとともに学び続けている。
(英語)
My field is modern Japanese history. In the history course to which I belong, strict positivism and students' autonomy are respected. I don't teach compulsorily, but continue to study with them, while failing of the empirical explanations and showing the excessive critical attitudes.
研究テーマ
(日本語)
近代日本における教育と宗教の歴史学的研究
(英語)
Historical research of education and religion in modern Japan
研究概要
(日本語)
近代日本の教育政策と仏教の関わりについて、人・場所・内容の重なりに注目して研究している。また、明治政府の官僚、浄土真宗の僧侶、キリスト教徒、地域の名士らの人物史にも取り組んでいる。これらを通じて、近代日本における世俗性と宗教性の実態を解明し、現代世界における教育と宗教の諸問題を考えるための歴史像を提示することを目指している。
(英語)
I study the relationship between educational policy and buddhism in modern Japan, focusing on the overlap of person, place and contents. I also examine some personal histories; for instance, Meiji governmental officer, the Honganji monk, Christian and the local influential person. Through these research, I aim to explore a part of the reality of secularity and religiousness in modern Japan, and ultimately, to build the historical images for much consideration to the contemporary issues concerning education and religion.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
近代日本、学校教育、宗教、仏教、民衆教化、社会史 Modern Japan, School Education, Religion, Buddhism, Indoctrination, Social History
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
日本史
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
谷川 穣 「国のすがた」が示す姿―下田歌子の教科書「編纂」とその意味― ノートル・クリティーク,9,2-24 2016/05 日本語
谷川 穣(吉田信也と共著) 杉浦重剛宛書簡―肥前国高来郡南串山村庄屋馬場家文書より― 史林,94,4,89-115 2011/07 日本語
谷川 穣 大正・昭和初期の仏教と教育―木津無庵の師範学校巡回を中心に― 日本仏教綜合研究,9,33-53 2011/05 日本語
Yutaka Tanigawa No separation, No clashes: An Aspect of Buddhism and Education in the Meiji Period The Eastern Buddhist,42,1,55-74 2011 英語
谷川 穣 「教」の時代--近代日本形成期の仏教と民衆教化・僧侶養成・俗人教育 (特集 近代仏教) 季刊日本思想史,75,36-53 2009/11 日本語
谷川 穣 拙著書評に対する若干の応答と反省 (書評 谷川穣『明治前期の教育・教化・仏教』を読んで) 日本教育史研究,28,102-106 2009/10 日本語
谷川 穣 一二 宗教・思想 一(近現代,日本,二〇〇八年の歴史学界-回顧と展望-) 史學雜誌,118,5,864-866 2009/05/20 日本語
谷川 穣 「透明ランナー」は捉えられるか―勝手に走り出す戦後子ども史・オープン戦― 教育史フォーラム,3,21-34 2008/03 日本語
谷川 穣(鈴木栄樹らと分担執筆) 田中不二麿をめぐる人々 ―田中不二麿宛書簡を通して― 平成15ー18年度科学研究費補助金(基盤研究(B)・代表者湯川嘉津美)成果報告書『近代初頭日本における教育の地方分権化・自由化政策の形成』,2-10,18-23,46-54 2007/03 日本語
谷川 穣 明治中期における仏教者の俗人教育 人文学報,94,37-76 2007 日本語
谷川 穣 明治10年代における僧侶の学校教員兼務--教育と仏教の近代史にむけての一視角 仏教史学研究,49,1,39-58 2006/08 日本語
谷川 穣 明治前期における僧侶養成学校と「俗人教育」 : 真宗本願寺派普通教校の設置をめぐって 日本の教育史学 : 教育史学会紀要,46,25-43 2003/10 日本語
谷川 穣 明治6年松本小教院事件--教部省教化政策の地方的展開,あるいは「教化」と「教育」のはざま 日本史研究,492,1-28 2003/08 日本語
谷川 穣 〈奇人〉佐田介石の近代 人文学報,87,57-102 2002 日本語
谷川 穣 教部省教化政策の転回と挫折--「教育と宗教の分離」を中心として 史林,83,6,977-1009 2000/11 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
谷川 穣 明治前期における教育/教化/宗教―その関係史的研究 京都大学 2006/01 日本語
谷川 穣 教導職と学校教育―近代日本における国民形成の一側面― 京都大学 1999/03 日本語
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
谷川 穣 佐田介石をめぐる史料調査とその重層 : 浅野研真から谷川穣まで(宗教史研究のフィールドワーク論,パネル,研究報告,第七十一回学術大会) 宗教研究,86,4,777-778 2013/03/30 日本語
谷川 穣 分離せず、衝突せず : 明治期の教育と仏教の一側面(近世から近代へ-日本仏教の再編成-,パネル,<特集>第六十八回学術大会紀要) 宗教研究,83,4,1224-1225 2010/03/30 日本語
谷川 穣 書評 福嶋寛隆・藤原正信・中川洋子編『反省(會)雑誌』1〜3 仏教史学研究,52,2,96-105 2010/03 日本語
谷川 穣 明治前期の仏教と学校教育(近代性と<仏教>-越境する近代仏教研究-,パネル,<特集>第六十六回学術大会紀要) 宗教研究,81,4,910-912 2008/03/30 日本語
学会発表等 > その他
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
谷川 穣 (新刊紹介)カール・スコウゴー=ピーターセン『デンマーク人牧師がみた日本』 日本史研究,659,82-83 2017/07 日本語
碧海寿広・谷川穣(監修) 暁烏敏書簡の翻刻と解題 平成20-23年度科学研究費補助金(基盤研究(C)・代表者岩田文昭)成果報告書『近代化の中の伝統宗教と精神運動―基準点としての近角常観研究―』,153-157 2012/03 日本語
谷川 穣 (新刊紹介)阪本是丸編『国家神道再考』 明治維新史研究,4,33-34 2007/12 日本語
谷川 穣 (新刊紹介)福島栄寿著『思想史としての「精神主義」』 日本史研究,512,72-73 2005/04 日本語
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
教化・教育と仏教の接近/分離―明治前期の経験― [招待あり] 真宗大谷派教学研究所・宗門近代史研究会 2014/06/25 日本語
僧侶教育と非僧侶教育 [招待あり] 現代教学研究会 浄土真宗本願寺派教学伝道研究センター 2011/03/09 日本語
それぞれの民衆教化、それぞれの学校教育 [招待あり] 現代教学研究会 浄土真宗本願寺派教学伝道研究センター 2011/01 日本語
交錯する教導職 ―明治初期筑摩県における僧侶の教化活動― [招待あり] 浄土宗近現代史研究会 浄土宗総合研究所 2010/02 日本語
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
〔コメント〕 日本宗教学会第72回学術大会 パネル「近代日本仏教史のターニング・ポイント」 日本宗教学会 2013/09/07 日本語
〔コメント〕 [招待あり] 仏教史学会1月例会シンポジウム「近世仏教とその彼方:他者としてのキリスト教と思想の再編成」 仏教史学会 2013/01/27 日本語
佐田介石をめぐる史料調査とその重層-浅野研真から谷川穣まで- 日本宗教学会第71回学術大会、パネル「宗教史研究のフィールドワーク論」 日本宗教学会 2012/09/09 日本語
分離せず、衝突せず ―明治期の教育と仏教の一側面― 日本宗教学会第68回学術大会、パネル「近世から近代へ―日本仏教の再編成―」 日本宗教学会 2009/09 日本語
明治前期の仏教と学校教育 [招待あり] 日本宗教学会第66回学術大会、パネル「近代性と〈仏教〉―越境する近代仏教研究―」 日本宗教学会 2007/09 日本語
"Modernity" for a Buddhist Priest in the Nineteenth Century Japan: Sada Kaiseki's Astronomical Theory and his Boycott Campaign of the Imported Foreign Goods The 19th World Congress of the International Association for the History of Religions 2005/03/28 英語
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
昭和初期のキリスト教教育調査と仏教―Laymen's Foreign Missions Inquiry (1930-31) の滞日インタビュー記録から― 第25回日本近代仏教史研究会研究大会 日本近代仏教史研究会 2017/06/03 日本語
佐田介石という近代 共同研究「明治日本の比較文明史的考察」 国際日本文化研究センター 2016/09/10 日本語
サドラーのリスト―1930年代初頭、ある宗教教育調査をめぐって― 京都大学読史会2015年度大会 京都大学読史会 2015/11/03 日本語
〔コメント1〕 [招待あり] 公開研究会「帝都における社寺境内と「公共空間」の整備過程」 科研費基盤研究(C)「帝都東京における神社境内と「公共空間」に関する基礎的研究」・同「近現代日本の宗教とナショナリズム」 2012/08/04 日本語
『諸日記』の解像度 ―洛北岩倉の〈名望家〉椹木丸太夫の軌跡― 京都大学読史会2011年度大会 京都大学読史会 2011/11/03 日本語
明治期京都における仏教をめぐる諸相 京大人文研共同研究班「近代古都研究」 2011/07/23 日本語
大正・昭和初期の仏教と教育―木津無庵の師範学校巡回から― 日本仏教綜合研究学会第9回大会 日本仏教綜合研究学会 2010/12/12 日本語
「龍馬と半平太の手紙」展示解説 京都大学ホームカミングデー特別企画 2010/11 日本語
近代日本の学校教育と仏教―明治前期を中心として― 共同研究「仏教からみた前近代と近代」研究会 国際日本文化研究センター 2010/09/18 日本語
龍馬を読む/描く/憶う 第5回京都大学ホームカミングデー記念東京講演会 京都大学 2010/08/06 日本語
『国のすがた』の後ろすがた ―明治中期、下田歌子の〈教科書〉編纂をめぐって― 京都大学読史会2008年度大会 2008/11/03 日本語
明治前期の仏教と学校教育に関する諸問題 [招待あり] 日本宗教史懇話会サマーセミナー 日本宗教史懇話会 2008/08/29 日本語
奇人の文明開化 ―佐田介石と京・大阪― [招待あり] ゴールデンエイジアカデミー「幕末・明治の京・大阪」 京都市生涯学習総合センター 2006/04 日本語
僧侶-教員兼務論に関する一考察 ―明治前期を中心に― 教育史学会第49回大会 2005/10 日本語
明治10年代における僧侶の学校教員兼務 仏教史学会第56回学術大会 2005/10 日本語
大教院体制期民衆教化政策に関する一考察―筑摩県における〈教〉の交錯― 教育史フォーラム・京都第2回例会 2004/03 日本語
近代仏教史における佐田介石の位置 日本近代仏教史研究会第11回研究大会 日本近代仏教史研究会 2003/05 日本語
奇人の位相 ―佐田介石の「富国」論と演説・結社― 明治維新史学会第30回全国大会 2002/11 日本語
明治前期における仏教僧侶と学校教育 ―浄土真宗本願寺派普通教校設置をめぐって― 教育史学会第46回大会 2002/10 日本語
「奇人」佐田介石の近代-その思想と行動から- 名古屋歴史科学研究会 名古屋歴史科学研究会 2002/07/06 日本語
「奇人」?佐田介石の思想と行動 凡鳥会 2002/04/14 日本語
佐田介石 京都労働者学園講座「蹉跌の日本史」 2001/12 日本語
「奇人」の明治維新 一佐田介石の思想と行動 京都大学人文科学研究所共同研究班「明治維新期の情報と社会」 2001/11/02
〈奇物〉佐田介石の位相 ―舶来品排斥論の形成と展開― 京都大学読史会2000年度大会 2000/11/03 日本語
大門正克『民衆の教育経験』を読んで 歴史学研究会近代史部会・日本史研究会近現代史部会 2000/05 日本語
教部省の教化政策とその挫折―学校教育との葛藤― 日本史研究会近現代史部会 日本史研究会・大阪歴史学会等(共催) 1999/05/30
教導職と学校教育―大教院体制の挫折がもたらしたもの― 京都大学人文科学研究所共同研究班「明治維新期の情報と社会」 1999/05/14

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
谷川 穣 仏教史研究ハンドブック(仏教史学会編) 法藏館 2017/02 日本語
谷川 穣 新修茨木市史 第三巻通史Ⅲ(茨木市史編さん委員会編) 茨木市 2016/07 日本語
谷川 穣 明治前期の教育・教化・仏教【オンデマンド版】 思文閣出版 2016/06 日本語
谷川 穣 近代仏教スタディーズ: 仏教からみたもうひとつの近代(大谷栄一・吉永進一・近藤俊太郎編) 法蔵館 2016/04/10 日本語
TANIGAWA Yutaka Hayashi Makoto, Ōtani Eiichi, and Paul L. Swanson (eds.),"Modern Buddhism in Japan" Nanzan Institute for Religion and Culture 2014/02 英語
吉田 裕, 松尾 正人, 奥田 晴樹, 神山 恒雄, 松沢 裕作, 塩出 浩之, 鈴木 淳, 苅部 直, 谷川 穣 近現代1 (岩波講座 日本歴史 第15巻) 岩波書店 2014/02
谷川 穣 論集 現代日本の教育史 第5巻 公共性・ナショナリズムと教育 (論集現代日本の教育史)(森川 輝紀, 増井 三夫編) 日本図書センター 2014/01 日本語
谷川 穣 講座 東アジアの知識人 2 近代国家の形成(趙景達ほか編) 有志舎 2013/10 日本語
谷川 穣 近代日本の歴史都市: 古都と城下町(高木博志編) 思文閣出版 2013/07 日本語
谷川 穣 明治時代史大辞典〈第3巻〉に‐わ 吉川弘文館 2013/01 日本語
谷川 穣 明治時代史大辞典 1 吉川弘文館 2011/11 日本語
谷川 穣 近代国家と仏教 (新アジア仏教史14日本Ⅳ) 佼成出版社 2011/03 日本語
谷川 穣 〔解説〕「第八章 教育」『新修茨木市史』第6巻 茨木市 2011/03 日本語
谷川 穣 近代京都研究(丸山宏・伊従勉・高木博志編) 思文閣出版 2008/09 日本語
谷川 穣 『明治前期の教育・教化・仏教』 思文閣出版 2008/01 日本語
谷川 穣 岩波講座 「帝国」日本の学知〈第8巻〉空間形成と世界認識(山室信一編) 岩波書店 2006/10 日本語
谷川 穣 明治維新期の政治文化(佐々木克編) 思文閣出版 2005/09 日本語
谷川 穣 明治維新と文化 (明治維新史学会編) 吉川弘文館 2005/08 日本語
谷川 穣 身体論のすすめ (京大人気講義シリーズ) 丸善 2005/04 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > その他
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
谷川 穣 講座明治維新11 明治維新と宗教・文化 (高木博志, 谷川 穣(明治維新史学会)編) 有志舎 2016/03 日本語
吉田清成関係文書〈6〉: 書類篇2 (京都大学史料叢書) 思文閣出版 2016/01 日本語
吉田清成関係文書〈5〉書類篇〈1〉 (京都大学史料叢書) 思文閣出版 2013/03 日本語
佐々木 克・藤井讓治・三澤 純・谷川 穣 岩倉具視関係史料 上・下 思文閣出版 2013/01 日本語
吉田清成関係文書〈3〉書翰篇(3) (京都大学史料叢書) 思文閣出版 2000/08 日本語
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 代表 近代社会形成期の日本における宗教/教化/教育の関係史的研究 Historical Study between Religion, Indoctrication and Education in Meiji Era 2004/04/01〜2007/03/31
基盤研究(B) 分担 知の伝達メディアの歴史研究-教育史認識のメディア論的転回に向けて- Historical Research on Knowledge Transmission Media : A Media Theory Turn on Understanding History of Education 2005/04/01〜2008/03/31
基盤研究(B) 分担 空間思想の比較史的検討とそれに基づく人文・社会科学理論の構築 Comparative Historical Approaches to Ideas of Spaces and Construction of new Human and Social Sciences 2005/04/01〜2009/03/31
若手研究(B) 代表 近代日本における「脱教団的」仏教者の社会史的研究 A Social Historical Study of the "Trans-sects" Buddhist in Modern Japan 2008/04/01〜2011/03/31
基盤研究(B) 分担 新出「岩倉具視関係文書」の総合的研究 The Comprehensive Research on the newly discovered material "Documents related to Tomomi Iwakura" 2008/04/01〜2011/03/31
基盤研究(B) 分担 近代古都研究-歴史と都市をめぐる学際的研究 A Study of Old Capitals during the Modem Period : Interdisciplinary Research on History and the City 2008/04/01〜2011/03/31
基盤研究(B) 分担 前近代日本朝廷文書の研究―文書体系と文書作法― Fundamental Study of the Documents of Imperial Court in Pre-modern Japan 2010/04/01〜2014/03/31
基盤研究(B) 分担 近代宗教のアーカイヴ構築のための基礎研究 Fundamental Study for Constructing of the Archives of Modern Religions 2011/04/01〜2015/03/31
基盤研究(B) 分担 青年知識人の自己形成と宗教-近角常観とその時代 The Self-formation and Religion of the Young Intellectual: Jokan Chikazumi and His Ages 2012/04/01〜2016/03/31
基盤研究(B) 分担 明治日本の比較文明史的考察―その遺産の再考― 2016/04/01〜2020/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
スーパージョン万プログラム 谷川 穣 明治期日本における教育と宗教の関係についてのトランスナショナル・ヒストリー Transnational History of the Relationship between Education and Religion in Meiji Japan: Pedagogical Practices, Policies and Ideas in Japan, between East Asia, and the West 2014/08/01〜2015/07/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
日本史学講読、日本史学演習Ⅰ、日本史学特殊講義、日本史学演習Ⅱ、日本史学基礎演習、日本史学演習(大学院)、博士論文指導
日本史学(演習) 通年 文学研究科 2011/04〜2012/03
日本史学(特殊講義) 通年 文学研究科 2011/04〜2012/03
日本史学(特殊講義) 通年 文学部 2011/04〜2012/03
日本史学(演習I) 通年 文学部 2011/04〜2012/03
日本史学(実習) 後期 文学部 2011/04〜2012/03
修士論文(日本史学) 通年集中 文学研究科 2011/04〜2012/03
日本史学(博士論文指導) 通年集中 文学研究科 2011/04〜2012/03
日本史学(基礎演習) 通年 文学部 2011/04〜2012/03
日本史学(演習II) 通年 文学部 2011/04〜2012/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2012/04〜2013/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2012/04〜2013/03
日本史学(博士論文指導) Japanise History (Dissertation Guidance) 通年 文学研究科 2012/04〜2013/03
日本史学(基礎演習) Japanese History (Seminars) 通年 文学部 2012/04〜2013/03
日本史学(演習II) Japanese History (Seminars) 通年 文学部 2012/04〜2013/03
日本史学(演習) Japanese History (Seminars) 通年 文学研究科 2012/04〜2013/03
日本史学(演習I) Japanese History (Seminars) 通年 文学部 2012/04〜2013/03
日本史学(特殊講義) Japanese History (Special Lectures) 後期 文学研究科 2012/04〜2013/03
日本史学(特殊講義) Japanese History (Special Lectures) 後期 文学部 2012/04〜2013/03
日本史学(特殊講義) Japanese History (Special Lectures) 後期 文学部 2013/04〜2014/03
日本史学(演習I) Japanese History (Seminars) 通年 文学部 2013/04〜2014/03
日本史学(演習II) Japanese History (Seminars) 通年 文学部 2013/04〜2014/03
日本史学(基礎演習) Japanese History (Seminars) 通年 文学部 2013/04〜2014/03
日本史学(講読) Japanese History (Seminars) 後期 文学部 2013/04〜2014/03
日本史学(実習) Japanese History (Seminars) 前期 文学部 2013/04〜2014/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2013/04〜2014/03
日本史学(特殊講義) Japanese History (Special Lectures) 後期 文学研究科 2013/04〜2014/03
日本史学(博士論文指導) Japanise History (Dissertation Guidance) 通年 文学研究科 2013/04〜2014/03
日本史学(演習) Japanese History (Seminars) 通年 文学研究科 2013/04〜2014/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2013/04〜2014/03
日本史学(特殊講義) Japanese History (Special Lectures) 前期 文学部 2014/04〜2015/03
日本史学(演習II) Japanese History (Seminars) 通年 文学部 2014/04〜2015/03
日本史学(演習I) Japanese History (Seminars) 前期 文学部 2014/04〜2015/03
日本史学(基礎演習) Japanese History (Seminars) 通年 文学部 2014/04〜2015/03
日本史学(講読) Japanese History (Seminars) 前期 文学部 2014/04〜2015/03
日本史学(特殊講義) Japanese History (Special Lectures) 前期 文学研究科 2014/04〜2015/03
日本史学(博士論文指導) Japanise History (Dissertation Guidance) 通年 文学研究科 2014/04〜2015/03
日本史学(演習) Japanese History (Seminars) 前期 文学研究科 2014/04〜2015/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2014/04〜2015/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2014/04〜2015/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2015/04〜2016/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2015/04〜2016/03
日本史学(博士論文指導) Japanise History (Dissertation Guidance) 通年集中 文学研究科 2015/04〜2016/03
日本史学(演習) Japanese History (Seminars) 後期 文学研究科 2015/04〜2016/03
日本史学(演習I) Japanese History (Seminars) 後期 文学部 2015/04〜2016/03
日本史学(特殊講義) Japanese History (Special Lectures) 後期 文学研究科 2015/04〜2016/03
日本史学(特殊講義) Japanese History (Special Lectures) 後期 文学部 2015/04〜2016/03
日本史学(講読) Japanese History (Seminars) 後期 文学部 2015/04〜2016/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2016/04〜2017/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2016/04〜2017/03
日本史学(博士論文指導) Japanise History (Dissertation Guidance) 通年集中 文学研究科 2016/04〜2017/03
日本史学(基礎演習) Japanese History (Seminars) 通年 文学部 2016/04〜2017/03
日本史学(実習) Japanese History (Seminars) 前期 文学部 2016/04〜2017/03
日本史学(演習II) Japanese History (Seminars) 通年 文学部 2016/04〜2017/03
日本史学(演習) Japanese History (Seminars) 通年 文学研究科 2016/04〜2017/03
日本史学(演習I) Japanese History (Seminars) 通年 文学部 2016/04〜2017/03
日本史学(講読) Japanese History (Seminars) 通年 文学部 2016/04〜2017/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2017/04〜2018/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2017/04〜2018/03
日本史学(博士論文指導) Japanise History (Dissertation Guidance) 通年集中 文学研究科 2017/04〜2018/03
日本史学(基礎演習) Japanese History (Seminars) 通年 文学部 2017/04〜2018/03
日本史学(演習II) Japanese History (Seminars) 通年 文学部 2017/04〜2018/03
日本史学(演習) Japanese History (Seminars) 通年 文学研究科 2017/04〜2018/03
日本史学(演習I) Japanese History (Seminars) 通年 文学部 2017/04〜2018/03
日本史学(特殊講義) Japanese History (Special Lectures) 通年 文学研究科 2017/04〜2018/03
日本史学(特殊講義) Japanese History (Special Lectures) 通年 文学部 2017/04〜2018/03
日本史学(講読) Japanese History (Seminars) 通年 文学部 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示
全学運営(役職等)
役職名 期間
外国人留学生日本語・日本文化研修委員会 委員 2012/04/01〜2014/03/31
国際交流推進機構外国人留学生日本語・日本文化研修委員会 2013/09/19〜2014/03/31
部局運営(役職等)
役職名 期間
自己点検・評価委員会委員 2015/04/01〜2017/03/31
図書委員会委員 2017/04/01〜2019/03/31
その他活動:国・地方公共団体での活動
委員会名(日本語) 委員会名(英語) 役職名 公共団体の名称 期間
茨木市史編さん委員会 History Compilation committee of Ibaraki City 執筆委員 茨木市 2004/11/〜2017/03/31
井伊家伝来古文書(近代文書)資料調査 Research Project for Modern Documents of the Ii Family 主任調査員 彦根市 2016/09/〜