髙橋 延行

最終更新日時:2015/07/10 10:55:10

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
髙橋 延行/タカハシ ノブユキ/Nobuyuki Takahashi
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/応用生命科学専攻生物機能化学講座/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒611-0011京都府宇治市五ヶ庄 Gokasho, Uji, Kyoto 611-0011, JAPAN
連絡先電話番号
種別 番号
職場 0774-38-3715
電子メールアドレス
メールアドレス
nobi @ kais.kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本農芸化学会 Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry
日本生化学会 The Japanese Biochemical Society
日本蛋白質科学会 Protein Science Society of Japan
日本食品科学工学会 The Japanese Society for Food Science and Technology
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
The Protein Society U. S. A.
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
農学修士 京都大学
農学博士 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院農学研究科博士後期課程食品工学専攻 修了
京都大学 大学院農学研究科修士課程食品工学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 農学部食品工学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1993/4〜2001/3 京都大学食糧科学研究所 The Research Institute for Food Science, Kyoto University 助手 Instructor
2001/4〜2007/3 京都大学大学院農学研究科 Graduate School of Agriculture, Kyoto University 助手 Instructor
2007/4〜 京都大学大学院農学研究科 Graduate School of Agriculture, Kyoto University 助教 Assistant Professor
プロフィール
(日本語)
卵白タンパク質など食品タンパク質の構造と機能の相関を研究している。遺伝子操作によるタンパク質工学的実験と、生化学的な解析、および、構造生物学的な手法を用いている。衛生管理者として、研究室の安全や衛生環境の維持に心がけている。
(英語)
I am investigating structure and function of food proteins such as albumen. Protein engineering by biotechnology, biochemical analysis and structural biology are major skill for the experiments. As we do chemical experiments, I am conscious about safety and environmental effect.
研究テーマ
(日本語)
卵白タンパク質を中心としたタンパク質のコンフォメーション変化に関する構造生物学的研究
(英語)
Structural biology for conformation change of proteins such as egg white proteins
研究概要
(日本語)
タンパク質がその機能を発揮する時、何らかのコンフォメーション変化が伴うが、その変化を直接可視化することは困難である。この変化の過程を類推するために、化学修飾やタンパク質工学により天然状態と異なるタンパク質分子種を作成し構造解析を試みている。さらにこの過程でのタンパク質の安定性を調べ、コンフォメーション変化の駆動力を理解することにより、タンパク質機能の有効利用に資することを目的としている。
(英語)
When the proteins exert their function, some conformational change should be happen to the protein. I am investigating the conformational change by protein engineering and biochemical analysis. By using the knowledge from these research, I am going to make use protein as utility materials for living things.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
タンパク質科学
構造生物学
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
食品科学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Y. Kawachi; R. Kameyama; A. Handa; N. Takahashi; N. Tanaka Role of the N-terminal amphiphilic region of ovalbumin during heat-induced aggregation and gelation Journal of Agricultural and Food Chemistry,61,36,8668-8675 2013 英語
K. Mizutani; S. Tsuchiya; M. Toyoda; Y. Nanbu; K. Tominaga; K. Yuasa; N. Takahashi; A. Tsuji; B. Mikami Structure of β-1,4-mannanase from the common sea hare Aplysia kurodai at 1.05 Å resolution Acta Crystallographica Section F: Structural Biology and Crystallization Communications,68,1164-1168 2012/10 英語
K. Mizutani; M. Toyoda; Y. Otake; S. Yoshioka; N. Takahashi; B. Mikami Structural and functional characterization of recombinant medaka fish alpha-amylase expressed in yeast Pichia pastoris Biochimica et Biophysica Acta - Proteins and Proteomics,1824,8,954-962 2012/08 英語
R. Hashizume; Y. Maki; K. Mizutani; N. Takahashi; H. Matsubara; A. Sugita; K. Sato; S. Yamaguchi; B. Mikami Crystal structures of protein glutaminase and its pro forms converted into enzyme-substrate complex Journal of Biological Chemistry,286,44,38691-38702 2011/11/04 英語
N. Tanaka; Y. Morimoto; Y. Noguchi; T. Tada; T. Waku; S. Kunugi; T. Morii; Y.-F. Lee; T. Konno; N. Takahashi The mechanism of fibril formation of a non-inhibitory serpin ovalbumin revealed by the identification of amyloidogenic core regions Journal of Biological Chemistry,286,7,5884-5894 2011/02/18 英語
S. Takehara; J. Zhang; X. Yang; N. Takahashi; B. Mikami; M. Onda Refolding and polymerization pathways of neuroserpin Journal of Molecular Biology,403,5,751-762 2010/11/12 英語
K. Mizutani; M. Toyoda; K. Sagara; N. Takahashi; A. Sato; Y. Kamitaka; S. Tsujimura; Y. Nakanishi; T. Sugiura; S. Yamaguchi; K. Kano; B. Mikami X-ray analysis of bilirubin oxidase from Myrothecium verrucaria at 2.3 Å resolution using a twinned crystal Acta Crystallographica Section F: Structural Biology and Crystallization Communications,66,765-770 2010/06 日本語
K. Mizutani; K. Hashimoto; N. Takahashi; M. Hirose; S. Aibara; B. Mikami Structural and functional characterization of recombinant human serum transferrin secreted from pichia pastoris Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,74,2,309-315 2010/02 英語
N. Takahashi; M. Maeda; M. Yamasaki; B. Mikami Protein-engineering study of contribution of conceivable D-serine residues to the thermostabilization of ovalbumin under alkaline conditions Chemistry and Biodiversity,7,6,1634-1643 2010 英語
Takahashi N, Maeda M, Yamasaki M, Mikami B Protein engineering study for contribution of conceivable D-serine residues to the thermostabilization of ovalbumin under alkaline conditions D-Amino Acids in Chemistry, Life Sciences, and Biotechnology 2010 Br�ckner, H, Fujii, N (eds.) Verlag Helvetica Chimica Acta, Z�rich 2010 英語
M. Onda; K. Nakatani; S. Takehara; M. Nishiyama; N. Takahashi; M. Hirose Cleaved serpin refolds into the relaxed state via a stressed conformer Journal of Biological Chemistry,283,25,17568-17578 2008/06/20 英語
S. Izawa; K. Ikeda; N. Takahashi; Y. Inoue Improvement of tolerance to freeze-thaw stress of baker\\'s yeast by cultivation with soy peptides Applied Microbiology and Biotechnology,75,3,533-537 2007/06 英語
K. Nomura; N. Takahashi; M. Hirose; S. Nakamura; F. Yagi Overall carbohydrate-binding properties of Castanea crenata agglutinin (CCA) Carbohydrate Research,340,12,2004-2009 2005/09/05 英語
N. Takahashi; M. Onda; K. Hayashi; M. Yamasaki; T. Mita; M. Hirose Thermostability of refolded ovalbumin and S-ovalbumin Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,69,5,922-931 2005/05 英語
N. Takahashi; K. Terakado; G. Nakamura; C. Soekmadji; T. Masuoka; M. Yamasaki; M. Hirose Dynamic mechanism for the serpin loop insertion as revealed by quantitative kinetics Journal of Molecular Biology,348,2,409-418 2005/04/29 英語
M. Yamasaki; N. Takahashi; M. Hirose Crystal structure of S-ovalbumin as a non-loop-inserted thermostabilized serpin form Journal of Biological Chemistry,278,37,35524-35530 2003/09/12 英語
H. Yamamoto; N. Takahashi; M. Yamasaki; Y. Arii; M. Hirose Thermostabilization of ovalbumin by an alkaline treatment: Examination for the possible implications of an altered serpin loop structure Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,67,4,830-837 2003/04 英語
髙橋 延行 セルピンのインヒビター活性を担う分子機構プロテアーゼを不活性化するコンフォメーション変化、ループインサーション 化学と生物,41,3,141-143 2003/03/25 日本語
Y. Arii; N. Takahashi; M. Hirose Periplasmic secretion of native ovalbumin without signal cleavage in Escherichia coli Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,67,2,368-371 2003/02 英語
H. Hatta; M. Nomura; N. Takahashi; M. Hirose Thermostabilization of Ovalbumin in a Developing Egg by an Alkalinity-regulated, Two-step Process Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,65,9,2021-2027 2001/09 英語
Y. Arii; N. Takahashi; E. Tatsumi; M. Hirose Structural properties of recombinant ovalbumin and its transformation into a thermostabilized form by alkaline treatment Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,63,8,1392-1399 1999/08 英語
M. Onda; E. Tatsumi; N. Takahashi; M. Hirose Refolding of urea-denatured ovalbumin that comprises non-native disulfide isomers Journal of Biochemistry,122,1,83-89 1997/07 英語
M. Onda; E. Tatsumi; N. Takahashi; M. Hirose Refolding process of ovalbumin from urea-denatured state. Evidence for the involvement of nonproductive side chain interactions in an early intermediate Journal of Biological Chemistry,272,7,3973-3979 1997/02/14 英語
N. Takahashi; E. Tatsumi; T. Orita; M. Hirose Role of the intrachain disulfide bond of ovalbumin during conversion into S-ovalbumin Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,60,9,1464-1468 1996/09 英語
N. Takahashi; T.E. Creighton On the reactivity and ionization of the active site cysteine residues of Escherichia coli thioredoxin Biochemistry,35,25,8342-8353 1996/06/25 英語
N. Takahashi; T. Orita; M. Hirose Production of chicken ovalbumin in Escherichia coli Gene,161,2,211-216 1995/08/19 英語
E. Tatsumi; N. Takahashi; M. Hirose Denatured state of ovalbumin in high concentrations of urea as evaluated by disulfide rearrangement analysis Journal of Biological Chemistry,269,45,28062-28067 1994/11/11 英語
T. Yun; H. Yamashita; N. Takahashi; M. Hirose Limited proteolysis of disulfide-reduced ovalbumin by subtilisin. Bioscience, biotechnology, and biochemistry,57,6,940-944 1993/06 英語
N. Takahashi; M. Hirose Reversible denaturation of disulfide-reduced ovalbumin and its reoxidation generating the native cystine cross-link Journal of Biological Chemistry,267,16,11565-11572 1992/06/05 英語
N. Takahashi; T. Koseki; E. Doi; M. Hirose Role of an intrachain disulfide bond in the conformation and stability of ovalbumin Journal of Biochemistry,109,6,846-851 1991/06 英語
N. Takahashi; M. Hirose Determination of sulfhydryl groups and disulfide bonds in a protein by polyacrylamide gel electrophoresis Analytical Biochemistry,188,2,359-365 1990/08/01 英語
M. Hirose; T. Akuta; N. Takahashi Renaturation of ovotransferrin under two-step conditions allowing primary folding of the fully reduced form and the subsequent regeneration of the intramolecular disulfides Journal of Biological Chemistry,264,28,16867-16872 1989 英語
H. Oe; N. Takahashi; E. Doi; M. Hirose Effects of anion binding on the conformations of the two domains of ovotransferrin Journal of Biochemistry,106,5,858-863 1989 英語
M. Hirose; N. Takahashi; H. Oe; E. Doi Analyses of intramolecular disulfide bonds in proteins by polyacrylamide gel electrophoresis following two-step alkylation Analytical Biochemistry,168,1,193-201 1988 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国際学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国内学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
高橋延行;森本祐未;和久友則;多田朋子;野口由里香;森井孝;今野卓;三上文三;田中直毅 オボアルブミンにおけるアミロイド形成コアの探索 日本農芸化学会大会講演要旨集,2011,37 2011/03/05 日本語
河内悠希,森本祐未,高橋延行,森井孝,和久友則,功刀滋,田中直毅 卵白アルブミンのアミロイドコア領域の同定と線維形成機構 日本化学会第91春季年会,神奈川大学横浜キャンパス,2011.3.26-29 2011 日本語
高橋延行 結晶構造に基づくプロテイングルタミナーゼの酵素機能解析 日本農芸化学会2011年度大会 2011 日本語
高橋延行 ニューロセルピンのリフォールディングとポリマー化経路 日本農芸化学会2011年度大会 2011 日本語
高橋延行 Serpinスーパーファミリーに高度に保存されたTrp残基のインヒビター活性発現における役割 日本農芸化学会2010年度大会 2010 日本語
高橋延行 S-オボアルブミン形成におけるセリン残基の役割:D-セリン生成の可能性に関するタンパク質工学的研究 日本農芸化学会2010年度大会 2010 日本語
高橋延行 メダカの分泌タンパク質αアミラーゼの酵母を用いた発現系の構築 日本農芸化学会2010年度大会 2010 日本語
高橋延行;野口由里香;富永祥太;長谷川哲也;森井孝;三上文三;田中直毅 オボアルブミンのアミロイド線維形成:内在性ペプチドの添加効果 日本農芸化学会大会講演要旨集,2009,56 2009/03/05 日本語
高橋延行 Chreseobacterium proteolyticum 9670株由来プロテイングルタミナーゼの結晶構造解析 日本農芸化学会2009年度大会 2009 日本語
高橋延行 ニューロセルピンのX線結晶構造解析 日本農芸化学会2009年度大会 2009 日本語
高橋延行 X線結晶構造解析により明らかとなった野生型ニューロセルピンのポリマー化要因 第9回日本蛋白質科学会年回 2009 日本語
高橋延行 Protein-GlutaminaseのX線結晶構造解析と作用機序の解明 第56回日本生化学会近畿支部例会 2009 日本語
Takahashi, N., Mikami, B., Oe, T. Molecular mechanism of the structural change of egg white proteins. SPring-8 User Experiment Report 2008A1266, 2008. 2008 英語
Nobuyuki Takahashi P1-P1' cleaved serpin refolds to the relaxed structure after undergoing a stressed conformation 5th International Symposium on Serpin Biology, Structure and Function 2008 英語
Nobuyuki Takahashi Amyloidogenicity of ovalbumin and its conceivable core region of aggregation 5th International Symposium on Serpin Biology, Structure and Function 2008 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国際学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > その他
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 基調講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 訳書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > その他
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(C) 代表 セルピンにおけるループ挿入中間状態の解析 Analysis for Transition State of Loop-Insertion in SERPIN 2004/04/〜2006/03/
基盤研究(C) 代表 アミロイド形成抑制の分子論的基盤:オボアルブミン重合体における分子間β構造の役割 Molecular Basis for Prevention of Amyloidogenesis: Role of Inter-moleculae beta-Structure in the Polymerization of Ovalbumin 2006/4〜2009/3
基盤研究(C) 代表 オボアルブミンの凝集体形成機構:初期中間体オリゴマーのX線結晶構造解析 Mechanisms for polymerization of ovalbumin: X-ray crystallography of initial oligomer 2012〜2015
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
医薬資源研究奨励金 高橋延行 卵白タンパク質の高次構造形成機構 Protein folding of egg white proteins 1991〜
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
生物理化学実験, 応用構造生物学専攻演習, 応用構造生物学専攻実験 Laboratory course in Biophysical Chemistry, Applied Structural Biology Seminar, Experimental Course of Applied Structural Biology
応用構造生物学専攻実験 農学研究科 2011/04〜2012/03
応用構造生物学専攻演習 農学研究科 2011/04〜2012/03
生物理化学実験 Laboratory Course in Biophysical Chemistry 前期 農学部 2012/04〜2013/03
生物理化学実験 Laboratory Course in Biophysical Chemistry 前期 農学部 2013/04〜2014/03
応用構造生物学講義 Applied Structural Biology 前期集中 農学研究科 2013/04〜2014/03
応用構造生物学専攻演習 Applied Structural Biology Seminar 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
応用構造生物学専攻実験 Experimental Course of Applied Structural Biology 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
生物理化学実験 Laboratory Course in Biophysical Chemistry 前期 農学部 2014/04〜2015/03
応用構造生物学講義 Applied Structural Biology 前期集中 農学研究科 2014/04〜2015/03
応用構造生物学専攻演習 Applied Structural Biology Seminar 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
応用構造生物学専攻実験 Experimental Course of Applied Structural Biology 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
応用構造生物学専攻実験1 Experimental Course of Applied Structural Biology1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
応用構造生物学専攻実験 Experimental Course of Applied Structural Biology 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
応用構造生物学専攻演習1 Applied Structural Biology Seminar1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
応用構造生物学専攻演習 Applied Structural Biology Seminar 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
応用構造生物学講義 Applied Structural Biology 前期集中 農学研究科 2015/04〜2016/03
生物理化学実験 Laboratory Course in Biophysical Chemistry 前期 農学部 2015/04〜2016/03

  • <<
  • >>
  • 表示
学外非常勤講師
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学校名 学部/研究科名 期間
武庫川女子大学, 京都産業大学 Mukogawa Women's University, Kyoto Sangyo University
武庫川女子大学 生活環境学部 2010〜2010
京都産業大学 工学部 2010〜2010
武庫川女子大学 生活環境学部 2009〜2009
全学運営(役職等)
役職名 期間
宇治地区衛生管理者