上田 敬太

最終更新日時: 2019/06/05 12:15:51

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
上田 敬太/ウエダ ケイタ/Ueda, Keita
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学研究科/医学専攻脳病態生理学講座精神医学/講師
学内兼務
部局 所属 講座等 職名
医学研究科 医学研究科 医学専攻
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 京都市左京区聖護院河原町54 54 Shogoin-Kawaharacho, Sakyo, Kyoto,Japan
連絡先電話番号
種別 番号
職場
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本神経心理学会
高次脳機能障害学会
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
博士(医学) 京都大学
researchmap URL
https://researchmap.jp/read0201548
研究テーマ
(日本語)
精神医学 神経心理学 脳外傷後遺症の神経心理学研究
(英語)
Neuropsychiatry, Neuropsychology. Neuropsychological studies on the sequelae of brain injury
研究概要
(日本語)
脳損傷後に生じる様々な神経心理学的、精神医学的後遺症について、その症候学的検討と、原因となる神経基盤についての研究を行っている。精神医学と神経内科学、脳外科学とのはざまの領域であり、対象疾患は今のところ外傷性脳損傷を中心としているが、今後広げていきたいと考えている。
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
神経心理学 neuropsychology
外傷性脳損傷 traumatic brain injury
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Ubukata S, Oishi N, Sugihara G, Aso T, Fukuyama H, Murai T, Ueda K. Ubukata S, Oishi N, Sugihara G, Aso T, Fukuyama H, Murai T, Ueda K. Ubukata S, Oishi N, Sugihara G, Aso T, Fukuyama H, Murai T, Ueda K. Transcallosal fiber disruption and its relationship with corresponding gray matter alteration in patients with diffuse axonal injury. Transcallosal fiber disruption and its relationship with corresponding gray matter alteration in patients with diffuse axonal injury. Transcallosal fiber disruption and its relationship with corresponding gray matter alteration in patients with diffuse axonal injury. Journal of Neurotrauma, 1106-1114 Journal of Neurotrauma, 1106-1114 Journal of Neurotrauma, 1106-1114 2019/04 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Ohashi Y, Kochiyama T, Tsuneyoshi K, Ohi-Gashi Y, Murai T, Ueda K Ohashi Y, Kochiyama T, Tsuneyoshi K, Ohi-Gashi Y, Murai T, Ueda K Ohashi Y, Kochiyama T, Tsuneyoshi K, Ohi-Gashi Y, Murai T, Ueda K Functional connectivity during monitoring for visuomotor incongruence. Functional connectivity during monitoring for visuomotor incongruence. Functional connectivity during monitoring for visuomotor incongruence. Neuroreport Neuroreport Neuroreport 2018/05 公開
Satow T, Aso T, Nishida S, Komuro T, Ueno T, Oishi N, Nakagami Y, Odagiri M, Kikuchi T, Yoshida K, Ueda K, Kunieda T, Murai T, Miyamoto S, Fukuyama H Satow T, Aso T, Nishida S, Komuro T, Ueno T, Oishi N, Nakagami Y, Odagiri M, Kikuchi T, Yoshida K, Ueda K, Kunieda T, Murai T, Miyamoto S, Fukuyama H Satow T, Aso T, Nishida S, Komuro T, Ueno T, Oishi N, Nakagami Y, Odagiri M, Kikuchi T, Yoshida K, Ueda K, Kunieda T, Murai T, Miyamoto S, Fukuyama H Alteration of Venous Drainage Route in Idiopathic Normal Pressure Hydrocephalus and Normal Aging. Alteration of Venous Drainage Route in Idiopathic Normal Pressure Hydrocephalus and Normal Aging. Alteration of Venous Drainage Route in Idiopathic Normal Pressure Hydrocephalus and Normal Aging. Frontiers in aging neuroscience, 9, 387 Frontiers in aging neuroscience, 9, 387 Frontiers in aging neuroscience, 9, 387 2017/11 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Ueda K, Fujimoto G, Ubukata S, Murai T Ueda K, Fujimoto G, Ubukata S, Murai T Ueda K, Fujimoto G, Ubukata S, Murai T [Brodmann Areas 11, 46, and 47: Emotion, Memory, and Empathy]. [Brodmann Areas 11, 46, and 47: Emotion, Memory, and Empathy]. [Brodmann Areas 11, 46, and 47: Emotion, Memory, and Empathy]. Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo, 69, 4, 367-374 Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo, 69, 4, 367-374 Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo, 69, 4, 367-374 2017/04 公開
Yassin W, Callahan BL, Ubukata S, Sugihara G, Murai T, Ueda K Yassin W, Callahan BL, Ubukata S, Sugihara G, Murai T, Ueda K Yassin W, Callahan BL, Ubukata S, Sugihara G, Murai T, Ueda K Facial emotion recognition in patients with focal and diffuse axonal injury. Facial emotion recognition in patients with focal and diffuse axonal injury. Facial emotion recognition in patients with focal and diffuse axonal injury. Brain injury, 31, 5, 624-630 Brain injury, 31, 5, 624-630 Brain injury, 31, 5, 624-630 2017 公開
Shingaki H., Ueda K., Park P., Tsukiura T., Murai T. Shingaki H., Ueda K., Park P., Tsukiura T., Murai T. Shingaki H, Park P, Ueda K, Murai T, Tsukiura T. Disturbance of time orientation, attention and verbal memory in amnesic patients with confabulation. Disturbance of time orientation, attention and verbal memory in amnesic patients with confabulation. Disturbance of time orientation, attention and verbal memory in amnesic patients with confabulation. Journal of Clinical and Experimental Neuropsychology., 38, 2, 171-182 Journal of Clinical and Experimental Neuropsychology., 38, 2, 171-182 Journal of Clinical and Experimental Neuropsychology., 38, 2, 171-182 2016/02 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Ubukata S., Sugihara G., Ueda K., Aso T., Yassin W., Murai T., Fukuyama H. Ubukata S., Sugihara G., Ueda K., Aso T., Yassin W., Murai T., Fukuyama H. 2) Ubukata S, Ueda K, Sugihara G, Yassin W, Aso T, Fukuyama H, Murai T. Corpus callosum pathology as a potential surrogate marker of cognitive impairment in diffuse axonal injury. Corpus callosum pathology as a potential surrogate marker of cognitive impairment in diffuse axonal injury. Corpus callosum pathology as a potential surrogate marker of cognitive impairment in diffuse axonal injury. The Journal of Neuropsychiatry and Clinical Neurosciences., 28, 2, 97-103 The Journal of Neuropsychiatry and Clinical Neurosciences., 28, 2, 97-103 The Journal of Neuropsychiatry and Clinical Neurosciences., 28, 2, 97-103 2016 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Yassin W., Oishi N., Sugihara G., Ubukata S., Kubota M., Ueda K., Murai T. Yassin W., Oishi N., Sugihara G., Ubukata S., Kubota M., Ueda K., Murai T. Yassin W, Sugihara G, Oishi N, Kubota M, Ubukata S, Murai T, and Ueda K. Hypothalamic – Amygdalar – Brainstem Volume Reduction in a Patient with Narcolepsy Secondary to Diffuse Axonal Injury Hypothalamic – Amygdalar – Brainstem Volume Reduction in a Patient with Narcolepsy Secondary to Diffuse Axonal Injury Hypothalamic – Amygdalar – Brainstem Volume Reduction in a Patient with Narcolepsy Secondary to Diffuse Axonal Injury Injury Journal of Clinical Sleep Medicine., 11, 5, 581-582 Injury Journal of Clinical Sleep Medicine., 11, 5, 581-582 Injury Journal of Clinical Sleep Medicine., 11, 5, 581-582 2015/04 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Araki Y, Takagi Y, Ueda K, Ubukata S, Ishida J, Funaki T, Kikuchi T, Takahashi JC, Murai T, Miyamoto S Araki Y, Takagi Y, Ueda K, Ubukata S, Ishida J, Funaki T, Kikuchi T, Takahashi JC, Murai T, Miyamoto S Araki Y, Takagi Y, Ueda K, Ubukata S, Ishida J, Funaki T, Kikuchi T, Takahashi JC, Murai T, Miyamoto S Cognitive function of patients with adult moyamoya disease. Cognitive function of patients with adult moyamoya disease. Cognitive function of patients with adult moyamoya disease. Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association, 23, 7, 1789-1794 Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association, 23, 7, 1789-1794 Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association, 23, 7, 1789-1794 2014/08 公開
Y. Nakagami; G. Sugihara; K. Uemura; N. Jingami; K. Ueda; R. Takahashi; T. Murai Y. Nakagami; G. Sugihara; K. Uemura; N. Jingami; K. Ueda; R. Takahashi; T. Murai Y. Nakagami; G. Sugihara; K. Uemura; N. Jingami; K. Ueda; R. Takahashi; T. Murai Rapidly progressive cognitive disturbances due to nonconvulsive status epilepticus associated with a cerebral microbleed: Clinical application of FDG-PET Rapidly progressive cognitive disturbances due to nonconvulsive status epilepticus associated with a cerebral microbleed: Clinical application of FDG-PET Rapidly progressive cognitive disturbances due to nonconvulsive status epilepticus associated with a cerebral microbleed: Clinical application of FDG-PET Epilepsy and Seizure, 7, 1, 23-29 Epilepsy and Seizure, 7, 1, 23-29 Epilepsy and Seizure, 7, 1, 23-29 2014 英語 公開
Ubukata S., Yoshizumi M., Tanemura R., Murai T., Sugihara G., Ueda K. Ubukata S., Yoshizumi M., Tanemura R., Murai T., Sugihara G., Ueda K. Ubukata S, Tanemura R, Yoshizumi M, Sugihara G, Murai T, Ueda K. Social cognition and its relationship to functional outcomes in patients with sustained acquired brain injury. Social cognition and its relationship to functional outcomes in patients with sustained acquired brain injury. Social cognition and its relationship to functional outcomes in patients with sustained acquired brain injury. Neuropsychiatric Disease and Treatment, 10, 2061-2068 Neuropsychiatric Disease and Treatment, 10, 2061-2068 Neuropsychiatr Dis Treat., 10, 2061-2068 2014 英語 公開
J. Miyata; A. Sasamoto; K. Koelkebeck; K. Hirao; K. Ueda; R. Kawada; S. Fujimoto; Y. Tanaka; M. Kubota; H. Fukuyama; N. Sawamoto; H. Takahashi; T. Murai J. Miyata; A. Sasamoto; K. Koelkebeck; K. Hirao; K. Ueda; R. Kawada; S. Fujimoto; Y. Tanaka; M. Kubota; H. Fukuyama; N. Sawamoto; H. Takahashi; T. Murai J. Miyata; A. Sasamoto; K. Koelkebeck; K. Hirao; K. Ueda; R. Kawada; S. Fujimoto; Y. Tanaka; M. Kubota; H. Fukuyama; N. Sawamoto; H. Takahashi; T. Murai Abnormal asymmetry of white matter integrity in schizophrenia revealed by voxelwise diffusion tensor imaging Abnormal asymmetry of white matter integrity in schizophrenia revealed by voxelwise diffusion tensor imaging Abnormal asymmetry of white matter integrity in schizophrenia revealed by voxelwise diffusion tensor imaging Human Brain Mapping, 33, 7, 1741-1749 Human Brain Mapping, 33, 7, 1741-1749 Human Brain Mapping, 33, 7, 1741-1749 2012/07 英語 公開
上田敬太 上田敬太 神経心理学検査 「今日の精神疾患治療指針」 神経心理学検査 「今日の精神疾患治療指針」 696-700, 医学書院 696-700, 医学書院 2012 日本語 公開
上田敬太、村井俊哉 上田敬太、村井俊哉 頭部外傷後に生じる精神症状と行動変化 頭部外傷後に生じる精神症状と行動変化 精神科治療学, 2012, 3 月 精神科治療学, 2012, 3 月 2012 日本語 公開
B.L. Callahan; K. Ueda; D. Sakata; A. Plamondon; T. Murai B.L. Callahan; K. Ueda; D. Sakata; A. Plamondon; T. Murai B.L. Callahan; K. Ueda; D. Sakata; A. Plamondon; T. Murai Liberal bias mediates emotion recognition deficits in frontal traumatic brain injury Liberal bias mediates emotion recognition deficits in frontal traumatic brain injury Liberal bias mediates emotion recognition deficits in frontal traumatic brain injury Brain and Cognition, 77, 3, 412-418 Brain and Cognition, 77, 3, 412-418 Brain and Cognition, 77, 3, 412-418 2011/12 英語 公開
N. Nishida; T. Murakami; K. Kadoh; R. Tohge; M. Yamanegi; H. Saiki; K. Ueda; S. Matsumoto; M. Ishikawa; J.A. Takahashi; H. Toda N. Nishida; T. Murakami; K. Kadoh; R. Tohge; M. Yamanegi; H. Saiki; K. Ueda; S. Matsumoto; M. Ishikawa; J.A. Takahashi; H. Toda N. Nishida; T. Murakami; K. Kadoh; R. Tohge; M. Yamanegi; H. Saiki; K. Ueda; S. Matsumoto; M. Ishikawa; J.A. Takahashi; H. Toda Subthalamic nucleus deep brain stimulation restores normal rapid eye movement sleep in Parkinson\\'s disease Subthalamic nucleus deep brain stimulation restores normal rapid eye movement sleep in Parkinson\\'s disease Subthalamic nucleus deep brain stimulation restores normal rapid eye movement sleep in Parkinson\\'s disease Movement Disorders, 26, 13, 2418-2422 Movement Disorders, 26, 13, 2418-2422 Movement Disorders, 26, 13, 2418-2422 2011/11 英語 公開
K. Ueda; H. Fujiwara; J. Miyata; K. Hirao; T. Saze; R. Kawada; S. Fujimoto; Y. Tanaka; N. Sawamoto; H. Fukuyama; T. Murai K. Ueda; H. Fujiwara; J. Miyata; K. Hirao; T. Saze; R. Kawada; S. Fujimoto; Y. Tanaka; N. Sawamoto; H. Fukuyama; T. Murai K. Ueda; H. Fujiwara; J. Miyata; K. Hirao; T. Saze; R. Kawada; S. Fujimoto; Y. Tanaka; N. Sawamoto; H. Fukuyama; T. Murai Investigating association of brain volumes with intracranial capacity in schizophrenia Investigating association of brain volumes with intracranial capacity in schizophrenia Investigating association of brain volumes with intracranial capacity in schizophrenia NeuroImage, 49, 3, 2503-2508 NeuroImage, 49, 3, 2503-2508 NeuroImage, 49, 3, 2503-2508 2010/02 英語 公開
M. Yamada; K. Ueda; C. Namiki; K. Hirao; T. Hayashi; Y. Ohigashi; T. Murai M. Yamada; K. Ueda; C. Namiki; K. Hirao; T. Hayashi; Y. Ohigashi; T. Murai M. Yamada; K. Ueda; C. Namiki; K. Hirao; T. Hayashi; Y. Ohigashi; T. Murai Social cognition in schizophrenia: Similarities and differences of emotional perception from patients with focal frontal lesions Social cognition in schizophrenia: Similarities and differences of emotional perception from patients with focal frontal lesions Social cognition in schizophrenia: Similarities and differences of emotional perception from patients with focal frontal lesions European Archives of Psychiatry and Clinical Neuroscience, 259, 4, 227-233 European Archives of Psychiatry and Clinical Neuroscience, 259, 4, 227-233 European Archives of Psychiatry and Clinical Neuroscience, 259, 4, 227-233 2009/06 英語 公開
M. Yoshizumi; K. Hirao; K. Ueda; T. Murai M. Yoshizumi; K. Hirao; K. Ueda; T. Murai M. Yoshizumi; K. Hirao; K. Ueda; T. Murai Insight in social behavioral dysfunction in schizophrenia: Preliminary study Insight in social behavioral dysfunction in schizophrenia: Preliminary study Insight in social behavioral dysfunction in schizophrenia: Preliminary study Psychiatry and Clinical Neurosciences, 62, 6, 669-676 Psychiatry and Clinical Neurosciences, 62, 6, 669-676 Psychiatry and Clinical Neurosciences, 62, 6, 669-676 2008/12 英語 公開
上田敬太・村井俊哉 上田敬太・村井俊哉 抑うつ・不安 「失語症と認知リハビリテーション」 抑うつ・不安 「失語症と認知リハビリテーション」 548-554, 永井書店 548-554, 永井書店 2008 日本語 公開
上田 敬太;村井 俊哉 上田 敬太;村井 俊哉 前頭葉機能の障害とその生活 (特集 どうしたんだろう?脳のまとめ役--前頭葉機能障害) 前頭葉機能の障害とその生活 (特集 どうしたんだろう?脳のまとめ役--前頭葉機能障害) 精神認知とOT, 3, 5, 366-370 精神認知とOT, 3, 5, 366-370 , 3, 5, 366-370 2006/12 日本語 公開
上田敬太, 村井俊哉 上田敬太, 村井俊哉 高次脳機能障害に対する評価-感情のコントロールができない人の評価と生活 高次脳機能障害に対する評価-感情のコントロールができない人の評価と生活 作業療法ジャーナル. 40, 641-643 作業療法ジャーナル. 40, 641-643 2006 日本語 公開
村井俊哉, 上田敬太 村井俊哉, 上田敬太 眼窩前頭皮質損傷による情動 社会行動の変化 眼窩前頭皮質損傷による情動 社会行動の変化 精神科治療学, 20, 271-277 精神科治療学, 20, 271-277 , 20, 271-277 2005 日本語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
生方志浦 種村留美 吉住美保 上田敬太 村井俊哉 生方志浦 種村留美 吉住美保 上田敬太 村井俊哉 外傷性脳損傷後の社会機能に関連する認知機能障害・抑うつ症状の検討 外傷性脳損傷後の社会機能に関連する認知機能障害・抑うつ症状の検討 第35回日本高次脳機能障害学会学術総会 鹿児島市 鹿児島市民文化ホール (優秀ポスター賞受賞) 第35回日本高次脳機能障害学会学術総会 鹿児島市 鹿児島市民文化ホール (優秀ポスター賞受賞) 2011/11/11 日本語 公開
上田敬太、藤本心祐、村井俊哉 上田敬太、藤本心祐、村井俊哉 統合失調症患者における頭蓋内容積の脳体積に与える影響 統合失調症患者における頭蓋内容積の脳体積に与える影響 平成21年度厚生労働省 精神・神経疾患研究委託費 精神疾患関連班 研究報告会(三國班)、東京 平成21年度厚生労働省 精神・神経疾患研究委託費 精神疾患関連班 研究報告会(三國班)、東京 2009/11/20 日本語 公開
大橋 良浩、小瀧 弘正、恒吉 克也、上田 敬太、河内山 隆紀、大東 祥孝 大橋 良浩、小瀧 弘正、恒吉 克也、上田 敬太、河内山 隆紀、大東 祥孝 「手指の把握運動における視覚的フィードバック操作の影響」−fMRIを用いた検討− 「手指の把握運動における視覚的フィードバック操作の影響」−fMRIを用いた検討− 第33回 日本高次脳機能障害学会 学術総会、札幌 第33回 日本高次脳機能障害学会 学術総会、札幌 2009/10/29 日本語 公開
上田敬太、藤原広臨、宮田淳、村井俊哉 上田敬太、藤原広臨、宮田淳、村井俊哉 統合失調症患者の灰白質、白質体積に与える頭蓋内容積の影響 統合失調症患者の灰白質、白質体積に与える頭蓋内容積の影響 第31回日本生物学的精神医学会、京都 第31回日本生物学的精神医学会、京都 2009/04/23 日本語 公開
上田敬太、村井俊哉、山田真希子、吉住美保、大東祥孝 上田敬太、村井俊哉、山田真希子、吉住美保、大東祥孝 前頭葉損傷における社会行動障害:意思決定課題および情動認知課題との関連 前頭葉損傷における社会行動障害:意思決定課題および情動認知課題との関連 第30回日本神経心理学会、名古屋 第30回日本神経心理学会、名古屋 2006/09/22 日本語 公開
吉住美保;上田敬太;村井俊哉 吉住美保;上田敬太;村井俊哉 統合失調症における前頭葉機能と関連する行動異常について 統合失調症における前頭葉機能と関連する行動異常について 神経化学, 45, 2/3, 488 神経化学, 45, 2/3, 488 , 45, 2/3, 488 2006/08/25 日本語 公開
上田敬太、村井俊哉 上田敬太、村井俊哉 眼窩前頭皮質の損傷により感情の平板化をきたした1症例 眼窩前頭皮質の損傷により感情の平板化をきたした1症例 第99回近畿精神神経学会、大阪 第99回近畿精神神経学会、大阪 2006/07/29 日本語 公開
山田真希子、上田敬太、並木千尋、平尾和之、大東祥孝、村井俊哉 山田真希子、上田敬太、並木千尋、平尾和之、大東祥孝、村井俊哉 統合失調症の社会認知能力の検討:前頭葉損傷患者との比較 統合失調症の社会認知能力の検討:前頭葉損傷患者との比較 第29回日本神経心理学会、京都 第29回日本神経心理学会、京都 2005/09/22 日本語 公開
上田敬太;山田真希子;吉住美保;大東祥孝;村井俊哉 上田敬太;山田真希子;吉住美保;大東祥孝;村井俊哉 前頭葉損傷患者における情動認知と社会行動 前頭葉損傷患者における情動認知と社会行動 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集, 29th, 118 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集, 29th, 118 , 29th, 118 2005/08/05 日本語 公開
上田敬太;山田真希子;村井俊哉 上田敬太;山田真希子;村井俊哉 外傷性前頭葉障害における精神症状 外傷性前頭葉障害における精神症状 日本生物学的精神医学会プログラム・講演抄録, 27th, 139 日本生物学的精神医学会プログラム・講演抄録, 27th, 139 , 27th, 139 2005 日本語 公開
上田敬太, 村井俊哉, 山田真希子 上田敬太, 村井俊哉, 山田真希子 外傷性前頭葉損傷に伴う人格・行動変化 外傷性前頭葉損傷に伴う人格・行動変化 第9回日本神経精神医学会、神戸 第9回日本神経精神医学会、神戸 2004/11/11 日本語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
脳損傷によって生じる感情の障害 ~原因を知って対策しよう~[招待あり] 脳損傷によって生じる感情の障害 ~原因を知って対策しよう~ [招待あり] 札幌高次脳機能障害リハビリテーション講習会 札幌高次脳機能障害リハビリテーション講習会 2018/12/15 日本語 公開
高次脳機能障害について 社会的行動障害の理解と対応、支援の実際[招待あり] 高次脳機能障害について 社会的行動障害の理解と対応、支援の実際 [招待あり] 日本臨床心理士会障害福祉分野研修会 日本臨床心理士会障害福祉分野研修会 2018/10/14 日本語 公開
記憶錯誤の症候学[招待あり] 記憶錯誤の症候学 [招待あり] 第37回日本認知症学会 第37回日本認知症学会 2018/10/13 日本語 公開
精神科医療と高次脳機能障害[招待あり] 精神科医療と高次脳機能障害 [招待あり] 障害者職業総合センター課題別研修 障害者職業総合センター課題別研修 2018/10/03 日本語 公開
高次脳機能障害の脳画像技術の進歩[招待あり] 高次脳機能障害の脳画像技術の進歩 [招待あり] 岡山リハビリテーション講習会 岡山リハビリテーション講習会 2018/01/20 英語 公開
頭部外傷に必要な精神科医療[招待あり] 頭部外傷に必要な精神科医療 [招待あり] 第42回京滋救命救急セミナー 第42回京滋救命救急セミナー 2017/10/27 日本語 公開
外傷性脳損傷に対する精神科の役割 外傷性脳損傷に対する精神科の役割 日本脳神経外科学会第76回学術総会 日本脳神経外科学会第76回学術総会 日本脳神経外科学会 日本脳神経外科学会 2017 日本語 公開
脳損傷患者における社会行動障害 ?情動関連症状(特に怒り)を中心に? 脳損傷患者における社会行動障害 ?情動関連症状(特に怒り)を中心に? 平成29年度第1回支援コーディネーター会議 平成29年度第1回支援コーディネーター会議 国立障害者リハビリテーションセンター 国立障害者リハビリテーションセンター 2017 日本語 公開
脳損傷患者における攻撃性の臨床的特徴 脳損傷患者における攻撃性の臨床的特徴 公開シンポジウム 攻撃性の脳内基盤 基礎と臨床 AMED脳科学研究推進プログラム「意思決定」社会行動選択に必要なマーモセット意思決定回路機構の解明 公開シンポジウム 攻撃性の脳内基盤 基礎と臨床 AMED脳科学研究推進プログラム「意思決定」社会行動選択に必要なマーモセット意思決定回路機構の解明 AMED脳科学研究推進プログラム AMED脳科学研究推進プログラム 2017 日本語 公開
社会認知(情動)の精神医学[招待あり] 社会認知(情動)の精神医学 [招待あり] 第7回Stimulation Therapy研究会 第7回Stimulation Therapy研究会 2016/07/09 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
社会的行動障害の精神医学的側面 社会的行動障害の精神医学的側面 第40回高次脳機能障害学会学術総会 第40回高次脳機能障害学会学術総会 日本高次脳機能障害学会 日本高次脳機能障害学会 2016 日本語 公開
精神科医から診た高次脳機能障害[招待あり] 精神科医から診た高次脳機能障害 [招待あり] 第38回高次脳機能障害学会市民公開シンポジウム 第38回高次脳機能障害学会市民公開シンポジウム 2014/11/30 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
頭部外傷の社会行動障害[招待あり] 頭部外傷の社会行動障害 [招待あり] 第38回高次脳機能障害学会 第38回高次脳機能障害学会 2014/11/29 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
精神科的視点から見た高次脳機能障害 精神科的視点から見た高次脳機能障害 奈良高次脳機能リハビリテーション講習会、橿原 奈良高次脳機能リハビリテーション講習会、橿原 2006/11/26 日本語 その他 公開
前頭葉機能障害の症状~最近の知見から 前頭葉機能障害の症状~最近の知見から 大阪府言語聴覚士会総会、大阪 大阪府言語聴覚士会総会、大阪 2006/10/01 日本語 その他 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
優秀ポスター賞 第35回日本高次脳機能障害学会学術総会 2011/11/11
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 代表 脳局所損傷と瀰漫性軸索損傷の症候学研究 <拡散テンソル強調画像を応用して> 2011/04/〜2013/03/
基盤研究(C) 代表 脳損傷後に生じる社会的行動障害の多面的・縦断的研究-構造・機能画像を用いて- 2014/04/01〜2016/03/31
基盤研究(C) 代表 脳損傷後に生じる社会的行動障害の多面的・縦断的研究-構造・機能画像を用いて- (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(C) 代表 脳損傷後に生じる社会的行動障害の多面的・縦断的研究-構造・機能画像を用いて- (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
基盤研究(C) 代表 脳損傷後に生じる社会的行動障害の多面的・縦断的研究-構造・機能画像を用いて- (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
障害者政策総合研究事業(精神障害分野) 分担 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
基盤研究(C) 代表 外傷性脳損傷後遺症の包括的理解ー4つの症候群としての検討ー 2017/04/01〜2020/03/31
基盤研究(C) 代表 外傷性脳損傷後遺症の包括的理解-4つの症候群としての検討- (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業) 分担 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
障害者政策総合研究事業(精神障害分野) 分担 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
障害者政策総合研究事業(精神障害分野) 分担 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
基盤研究(C) 代表 外傷性脳損傷後遺症の包括的理解-4つの症候群としての検討- (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
日本損害保険協会 交通事故医療に関する一般研究助成申請書 上田 敬太 眼窩前頭前野・腹内側前頭前野の損傷に伴う社会的認知の低下の認知的基盤・脳内基盤の探索 Investigation about the underpinning neural and neuropsychological base of social cognition disturbances in orbito and ventromedial prefrontal cortex damaged patients 2012/10/31〜2013/10/30
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
精神病理学入門(A群) Outline of Psychopathology 後期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
精神病理学入門(B群) Outline of Psychopathology 後期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
精神病理学入門 Outline of Psychopathology 後期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
行動病理学基礎論II Elements of Behavioral Pathology II 後期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
行動病理学基礎論II Elements of Behavioral Pathology II 後期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
行動病理学基礎論II Elements of Behavioral Pathology II 後期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
行動病理学II Behavioral Pathology II 後期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
行動病理学II Behavioral Pathology II 後期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
行動病理学II Behavioral Pathology II 後期 全学共通科目 2018/04〜2019/03
行動病理学II Behavioral Pathology II 後期 全学共通科目 2019/04〜2020/03
部局運営(役職等)
役職名 期間
外来医長・看護師長会議 委員 2013/04/01〜