竹澤 祐丈

最終更新日時: 2020/01/07 14:33:44

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
竹澤 祐丈/タケザワ ヒロユキ/Takezawa, Hiroyuki
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
経済学研究科/経済学専攻歴史・思想分析講座/准教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
経済学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8501 京都府京都市左京区吉田本町 Yoshida-honmachi, Sakyo-ku, Kyoto-shi, Kyoto 606-8501 Japan
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
社会思想史学会 Japanese Society of the History of Social Thought
史学会 The Historical Society
日本イギリス哲学会 The Japanese Society for British Philosophy
政治思想学会 Japanese Conference for the Study of Political Thought
日本ピューリタニズム学会 The Japanese association of study of Puritanism
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
The North American Conference on British Studies USA
International Society for Intellectual History UK
International Association for Scottish Philosophy UK
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(経済学) M.A. in Economics 京都大学 Kyoto University
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
愛知県立 旭丘高等学校 あいちけんりつ あさひがおかこうとうがっこう
使用言語
言語名(japanese) 言語名(english) コード
英語
researchmap URL
https://researchmap.jp/read0213074
研究テーマ
(日本語)
近世英国共和主義思想史、英蘭交流史、英国と北欧の交流史
(英語)
Early modern English republicanism, Anglo-Dutch relations, Anglo-Scoto-Scandinavian relations
研究概要
(日本語)
16-18世紀の英国(イングランドとスコットランド)における共和主義的言説を、思想史的に分析する。
(英語)
Engaged in the research upon the English republicanism covering from the 16th to 18th century, as an intellectual history.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
社会思想史 History of Social Thought
近世英国思想史 Early Modern British Intellectual History
政治思想史 History of Political Thought
経済思想史 History of Economic Thought
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 書評:デイヴィッド・アーミテイジ『思想のグローバル・ヒストリー』法政大学出版局、2015年 書評:デイヴィッド・アーミテイジ『思想のグローバル・ヒストリー』法政大学出版局、2015年 書評:デイヴィッド・アーミテイジ『思想のグローバル・ヒストリー』法政大学出版局、2015年 西洋史学, 265, 55-57 西洋史学, 265, 55-57 西洋史学, 265, 55-57 2018/05 日本語 研究論文(大学、研究機関紀要) 公開
竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 書評:Brian C. Lockey, Early Modern Catholics, Royalists, and Cosmopolitans: English Transnationalism and the Christian Commonwealth (Surrey, 2015) 書評:Brian C. Lockey, Early Modern Catholics, Royalists, and Cosmopolitans: English Transnationalism and the Christian Commonwealth (Surrey, 2015) 書評:Brian C. Lockey, Early Modern Catholics, Royalists, and Cosmopolitans: English Transnationalism and the Christian Commonwealth (Surrey, 2015) ピューリタニズム研究, 12, 74-75 ピューリタニズム研究, 12, 74-75 ピューリタニズム研究, 12, 74-75 2018/03 日本語 公開
竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 書評:Helmer J. Helmers, The Royalist Republic, Politics, and Religion in the Anglo-Dutch Public Sphere, 1639-1660 (Cambridge, 2015) 書評:Helmer J. Helmers, The Royalist Republic, Politics, and Religion in the Anglo-Dutch Public Sphere, 1639-1660 (Cambridge, 2015) 書評:Helmer J. Helmers, The Royalist Republic, Politics, and Religion in the Anglo-Dutch Public Sphere, 1639-1660 (Cambridge, 2015) イギリス哲学研究, 40, 90-91 イギリス哲学研究, 40, 90-91 イギリス哲学研究, 40, 90-91 2017/03 日本語 公開
竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 書評:小林麻衣子『近世スコットランドの王権』ミネルヴァ書房、2014年 書評:小林麻衣子『近世スコットランドの王権』ミネルヴァ書房、2014年 書評:小林麻衣子『近世スコットランドの王権』ミネルヴァ書房、2014年 歴史学研究, 954, 55-58 歴史学研究, 954, 55-58 歴史学研究, 954, 55-58 2017/01 日本語 公開
竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 書評:Charles W.A. Prior, A Confusion of Tongues: Britain's Wars of Reformation, 1625-1642 (Oxford, 2012) 書評:Charles W.A. Prior, A Confusion of Tongues: Britain's Wars of Reformation, 1625-1642 (Oxford, 2012) 書評:Charles W.A. Prior, A Confusion of Tongues: Britain's Wars of Reformation, 1625-1642 (Oxford, 2012) イギリス哲学研究, 39, 115-116 イギリス哲学研究, 39, 115-116 イギリス哲学研究, 39, 115-116 2016/03 日本語 公開
竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 TAKEZAWA Hiroyuki ハリントン『民衆的統治の優位性 第二分冊』における聖俗統治の一元的把握(2)━叙任の三類型と土地所有状況の連関━ ハリントン『民衆的統治の優位性 第二分冊』における聖俗統治の一元的把握(2)━叙任の三類型と土地所有状況の連関━ Ordination, property, and ecclesiology in James Harrington's The Prerogative of Popular Government, book II (part 2) 経済論叢, 189, 3, 1-18 経済論叢, 189, 3, 1-18 , 189, 3, 1-18 2015/12 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 ハリントン『民衆的統治の優位性 第二分冊』における聖俗統治の一元的把握(1)━叙任の三類型と土地所有状況の連関━ ハリントン『民衆的統治の優位性 第二分冊』における聖俗統治の一元的把握(1)━叙任の三類型と土地所有状況の連関━ ハリントン『民衆的統治の優位性 第二分冊』における聖俗統治の一元的把握(1)━叙任の三類型と土地所有状況の連関━ 経済論叢, 188, 3, 1-15 経済論叢, 188, 3, 1-15 経済論叢, 188, 3, 1-15 2014/10 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 ハリントンの統治機構論に対するジョン・ミルトンの批判(3・完)━17世紀イングランド共和主義思想の統一性と多様性の一側面━ ハリントンの統治機構論に対するジョン・ミルトンの批判(3・完)━17世紀イングランド共和主義思想の統一性と多様性の一側面━ ハリントンの統治機構論に対するジョン・ミルトンの批判(3・完)━17世紀イングランド共和主義思想の統一性と多様性の一側面━ 経済論叢, 188, 2, 1-13 経済論叢, 188, 2, 1-13 経済論叢, 188, 2, 1-13 2014/05 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 書評:J・G・A・ポーコック(犬塚元監訳)、『島々の発見』(名古屋大学出版会、2013年) 書評:J・G・A・ポーコック(犬塚元監訳)、『島々の発見』(名古屋大学出版会、2013年) 書評:J・G・A・ポーコック(犬塚元監訳)、『島々の発見』(名古屋大学出版会、2013年) 図書新聞, 3160, 5-5 図書新聞, 3160, 5-5 図書新聞, 3160, 5-5 2014/05 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
竹澤祐丈 竹澤祐丈 竹澤祐丈 ハリントンの統治機構論に対するジョン・ミルトンの批判(2)─17世紀イングランド共和主義思想の統一性と多様性の一側面─ ハリントンの統治機構論に対するジョン・ミルトンの批判(2)─17世紀イングランド共和主義思想の統一性と多様性の一側面─ ハリントンの統治機構論に対するジョン・ミルトンの批判(2)─17世紀イングランド共和主義思想の統一性と多様性の一側面─ 『経済論叢』、第188巻第1号、29-41頁。 『経済論叢』、第188巻第1号、29-41頁。 『経済論叢』、第188巻第1号、29-41頁。 2014/02 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 ハリントンの統治機構論に対するジョン・ミルトンの批判(1)━17世紀イングランド共和主義思想の統一性と多様性の一側面━ ハリントンの統治機構論に対するジョン・ミルトンの批判(1)━17世紀イングランド共和主義思想の統一性と多様性の一側面━ ハリントンの統治機構論に対するジョン・ミルトンの批判(1)━17世紀イングランド共和主義思想の統一性と多様性の一側面━ 経済論叢, 187, 4, 25-40 経済論叢, 187, 4, 25-40 経済論叢, 187, 4, 25-40 2014/01 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 学界展望 ハリントンを中心とする近世共和主義思想に関する研究動向とその展望 学界展望 ハリントンを中心とする近世共和主義思想に関する研究動向とその展望 学界展望 ハリントンを中心とする近世共和主義思想に関する研究動向とその展望 『イギリス哲学研究』, 35, 125-139 『イギリス哲学研究』, 35, 125-139 『イギリス哲学研究』, 35, 125-139 2012 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
竹澤祐丈 竹澤祐丈 竹澤祐丈 近世共和主義思想における社会と国家 近世共和主義思想における社会と国家 近世共和主義思想における社会と国家 『政治思想研究』, 11, 55-87 『政治思想研究』, 11, 55-87 『政治思想研究』, 11, 55-87 2011 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
竹澤祐丈 竹澤祐丈 竹澤祐丈 マーチャモント・ニーダムの共和政論の決疑論的性格 マーチャモント・ニーダムの共和政論の決疑論的性格 マーチャモント・ニーダムの共和政論の決疑論的性格 経済論叢、第182巻5・6号、1-31頁。 経済論叢、第182巻5・6号、1-31頁。 経済論叢、第182巻5・6号、1-31頁。 2010 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 「書評:小野功生・ 大西晴樹編『帝国化するイギリスー17 世 紀の商業社会と文化の諸相』(彩流社、 2006 年)」  「書評:小野功生・ 大西晴樹編『帝国化するイギリスー17 世 紀の商業社会と文化の諸相』(彩流社、 2006 年)」  「書評:小野功生・ 大西晴樹編『帝国化するイギリスー17 世 紀の商業社会と文化の諸相』(彩流社、 2006 年)」  『イギリス哲学研究』, 30, 133-135 『イギリス哲学研究』, 30, 133-135 『イギリス哲学研究』, 30, 133-135 2007 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 「書評:共和政論の継承による共和主義思想からの離脱か? 犬塚元『デイヴィッド・ヒュームの政治学』(東京大学出版会、2004年)」 「書評:共和政論の継承による共和主義思想からの離脱か? 犬塚元『デイヴィッド・ヒュームの政治学』(東京大学出版会、2004年)」 「書評:共和政論の継承による共和主義思想からの離脱か? 犬塚元『デイヴィッド・ヒュームの政治学』(東京大学出版会、2004年)」 政治思想研究, 6, 422-423 政治思想研究, 6, 422-423 政治思想研究, 6, 422-423 2006 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 書評:Thomas Hobbes, Writings on Common Law and Hereditary Right (Oxford, 2005) 書評:Thomas Hobbes, Writings on Common Law and Hereditary Right (Oxford, 2005) 書評:Thomas Hobbes, Writings on Common Law and Hereditary Right (Oxford, 2005) イギリス哲学研究, 29, 160-162 イギリス哲学研究, 29, 160-162 イギリス哲学研究, 29, 160-162 2006 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 書評:Justin Champion, Republican learning: John Toland and the crisis of Christian culture, 1696-1722 (Manchester, 2003) 書評:Justin Champion, Republican learning: John Toland and the crisis of Christian culture, 1696-1722 (Manchester, 2003) 書評:Justin Champion, Republican learning: John Toland and the crisis of Christian culture, 1696-1722 (Manchester, 2003) イギリス哲学研究, 28, 100-101 イギリス哲学研究, 28, 100-101 イギリス哲学研究, 28, 100-101 2005 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
竹澤, 祐丈 竹澤, 祐丈 竹澤, 祐丈 シヴィック・ヒューマニズムと経済学の成立 シヴィック・ヒューマニズムと経済学の成立 シヴィック・ヒューマニズムと経済学の成立 経済論叢別冊 調査と研究, 25, 22-48 経済論叢別冊 調査と研究, 25, 22-48 経済論叢別冊 調査と研究, 25, 22-48 2002/09 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
竹澤, 祐丈 竹澤, 祐丈 竹澤, 祐丈 ポーコック以後のジェームス・ハリントン研究(2) —統治組織論と宗教性— ポーコック以後のジェームス・ハリントン研究(2) —統治組織論と宗教性— ポーコック以後のジェームス・ハリントン研究(2) —統治組織論と宗教性— 經濟論叢, 169, 4, 47-62 經濟論叢, 169, 4, 47-62 經濟論叢, 169, 4, 47-62 2002/04 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 ポーコック以後のジェームス・ハリントン研究(1)統治組織論と宗教性 ポーコック以後のジェームス・ハリントン研究(1)統治組織論と宗教性 ポーコック以後のジェームス・ハリントン研究(1)統治組織論と宗教性 経済論叢, 169, 3, 221-232 経済論叢, 169, 3, 221-232 経済論叢, 169, 3, 221-232 2002/03 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 ジェームス・ハリントン研究とJ.G.A.ポーコック(2)統治組織論と宗教性 ジェームス・ハリントン研究とJ.G.A.ポーコック(2)統治組織論と宗教性 ジェームス・ハリントン研究とJ.G.A.ポーコック(2)統治組織論と宗教性 経済論叢, 169, 1, 22-35 経済論叢, 169, 1, 22-35 経済論叢, 169, 1, 22-35 2002/01 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 書評:淺沼和典『近代共和主義思想の源流─ジェームズ・ハリントンの生涯と思想─』(人間の科学社、2001年) 書評:淺沼和典『近代共和主義思想の源流─ジェームズ・ハリントンの生涯と思想─』(人間の科学社、2001年) 書評:淺沼和典『近代共和主義思想の源流─ジェームズ・ハリントンの生涯と思想─』(人間の科学社、2001年) イギリス哲学研究, 25, 91-93 イギリス哲学研究, 25, 91-93 イギリス哲学研究, 25, 91-93 2002 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 ジェームス・ハリントン研究とJ.G.A.ポーコック(1) ジェームス・ハリントン研究とJ.G.A.ポーコック(1) ジェームス・ハリントン研究とJ.G.A.ポーコック(1) 經濟論叢, 168, 3, 80-94 經濟論叢, 168, 3, 80-94 經濟論叢, 168, 3, 80-94 2001 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 竹澤 祐丈 ジェームス・ハリントンの「世俗性」と「権威への自由」 ジェームス・ハリントンの「世俗性」と「権威への自由」 ジェームス・ハリントンの「世俗性」と「権威への自由」 『イギリス哲学研究』、第24号、5-19頁。 『イギリス哲学研究』、第24号、5-19頁。 『イギリス哲学研究』、第24号、5-19頁。 2001 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
イギリス思想史研究における複合国家論の可能性 イギリス思想史研究における複合国家論の可能性 イギリス思想史研究における複合国家論の可能性 ヨーロッパ複合国家論の可能性─イギリス思想史研究との対話─ ヨーロッパ複合国家論の可能性─イギリス思想史研究との対話─ ヨーロッパ複合国家論の可能性─イギリス思想史研究との対話─ 2017/01/29 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
思想史の通史的記述と素材選択[招待あり] 思想史の通史的記述と素材選択 [招待あり] 思想史の通史的記述と素材選択 [招待あり] 日本政治学会 分科会D-2「政治思想史のナラティヴ─歴史叙述と素材選択─」 日本政治学会 分科会D-2「政治思想史のナラティヴ─歴史叙述と素材選択─」 日本政治学会 分科会D-2「政治思想史のナラティヴ─歴史叙述と素材選択─」 2016/10/02 日本語 口頭発表(一般) 公開
イギリスの複合国家性における聖と俗─イングランドの聖俗統治体制とスコットランド・アイルランドの関係記述を中心に─[招待あり] イギリスの複合国家性における聖と俗─イングランドの聖俗統治体制とスコットランド・アイルランドの関係記述を中心に─ [招待あり] イギリスの複合国家性における聖と俗─イングランドの聖俗統治体制とスコットランド・アイルランドの関係記述を中心に─ [招待あり] 日本イギリス哲学会 第40回研究大会 シンポジウムⅡ(ⅳ)「イギリスの複合国家性と近代社会認識─歴史叙述を中心に─」 日本イギリス哲学会 第40回研究大会 シンポジウムⅡ(ⅳ)「イギリスの複合国家性と近代社会認識─歴史叙述を中心に─」 日本イギリス哲学会 第40回研究大会 シンポジウムⅡ(ⅳ)「イギリスの複合国家性と近代社会認識─歴史叙述を中心に─」 日本イギリス哲学会 日本イギリス哲学会 2016/03/29 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
コメント:山田園子氏「トマス・ホッブズの『戦史』」[招待あり] コメント:山田園子氏「トマス・ホッブズの『戦史』」 [招待あり] コメント:山田園子氏「トマス・ホッブズの『戦史』」 [招待あり] 経済学史研究会 経済学史研究会 経済学史研究会 2015/07/04 公開
人文学・社会科学の再構成に向けて━歴史的文脈を意識した社会思想史の再定位の試みから━[招待あり] 人文学・社会科学の再構成に向けて━歴史的文脈を意識した社会思想史の再定位の試みから━ [招待あり] 人文学・社会科学の再構成に向けて━歴史的文脈を意識した社会思想史の再定位の試みから━ [招待あり] 研究プロジェクト「『持続可能性』と地域・交流─高知へ・高知から」主催・研究交流会(高知大学人文学部) 研究プロジェクト「『持続可能性』と地域・交流─高知へ・高知から」主催・研究交流会(高知大学人文学部) 研究プロジェクト「『持続可能性』と地域・交流─高知へ・高知から」主催・研究交流会(高知大学人文学部) 2015/02/19 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
思想史学の課題と通史的記述の諸相 思想史学の課題と通史的記述の諸相 思想史学の課題と通史的記述の諸相 第51回 日本イギリス哲学会 関西部会、京都 第51回 日本イギリス哲学会 関西部会、京都 第51回 日本イギリス哲学会 関西部会、京都 2014/12 日本語 公開
ハリントンにおける正義に基づいた民衆統治とデモクラシーのあわい[招待あり] ハリントンにおける正義に基づいた民衆統治とデモクラシーのあわい [招待あり] ハリントンにおける正義に基づいた民衆統治とデモクラシーのあわい [招待あり] 日本イギリス哲学会 第36回研究大会 シンポジウムⅠ「イギリスにおける『正義』の諸相」 日本イギリス哲学会 第36回研究大会 シンポジウムⅠ「イギリスにおける『正義』の諸相」 日本イギリス哲学会 第36回研究大会 シンポジウムⅠ「イギリスにおける『正義』の諸相」 日本イギリス哲学会 日本イギリス哲学会 2012/03/27 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
近世英国共和主義思想における人的ネットワークについて 近世英国共和主義思想における人的ネットワークについて 近世英国共和主義思想における人的ネットワークについて 日本イギリス哲学会 関西部会、京都。 日本イギリス哲学会 関西部会、京都。 日本イギリス哲学会 関西部会、京都。 2011/12/03 日本語 公開
ハリントンが語らなかったこと、そして語ったこと━土地所有、君主政、内戦━[招待あり] ハリントンが語らなかったこと、そして語ったこと━土地所有、君主政、内戦━ [招待あり] ハリントンが語らなかったこと、そして語ったこと━土地所有、君主政、内戦━ [招待あり] 日本ピューリタニズム学会 第6回研究大会 シンポジウム「ピューリタン革命」再考━17世紀中葉に何がおきたのか━ 日本ピューリタニズム学会 第6回研究大会 シンポジウム「ピューリタン革命」再考━17世紀中葉に何がおきたのか━ 日本ピューリタニズム学会 第6回研究大会 シンポジウム「ピューリタン革命」再考━17世紀中葉に何がおきたのか━ 日本ピューリタニズム学会 日本ピューリタニズム学会 2011/06 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
近世共和主義思想における社会と国家[招待あり] 近世共和主義思想における社会と国家 [招待あり] 近世共和主義思想における社会と国家 [招待あり] 政治思想学会 研究大会シンポジウムⅢ「福祉社会における生と倫理」 政治思想学会 研究大会シンポジウムⅢ「福祉社会における生と倫理」 政治思想学会 研究大会シンポジウムⅢ「福祉社会における生と倫理」 政治思想学会 政治思想学会 2010/05 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
英国共和主義思想と宗教性 英国共和主義思想と宗教性 英国共和主義思想と宗教性 日本イギリス哲学会 関西部会、京都。 日本イギリス哲学会 関西部会、京都。 日本イギリス哲学会 関西部会、京都。 2009 日本語 公開
コメント:経済学史学会における古家弘幸氏の発表をめぐって[招待あり] コメント:経済学史学会における古家弘幸氏の発表をめぐって [招待あり] コメント:経済学史学会における古家弘幸氏の発表をめぐって [招待あり] 経済学史学会、東京。 経済学史学会、東京。 経済学史学会、東京。 2009 日本語 公開
小講演:自学自習の伝統とライティング教育の試み[招待あり] 小講演:自学自習の伝統とライティング教育の試み [招待あり] 小講演:自学自習の伝統とライティング教育の試み [招待あり] 第14回大学教育研究フォーラム 第14回大学教育研究フォーラム 第14回大学教育研究フォーラム 京都大学 京都大学 2008/03 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
共和主義思想における徳論:マーチャモント・ニーダムを中心に 共和主義思想における徳論:マーチャモント・ニーダムを中心に 共和主義思想における徳論:マーチャモント・ニーダムを中心に 日本イギリス哲学会 関西部会、京都。 日本イギリス哲学会 関西部会、京都。 日本イギリス哲学会 関西部会、京都。 2008 日本語 公開
ジェームス・ハリントンにとっての属州とはどこのことか? ジェームス・ハリントンにとっての属州とはどこのことか? ジェームス・ハリントンにとっての属州とはどこのことか? 日本イギリス哲学会 第30回研究大会、個人研究報告、京都。 日本イギリス哲学会 第30回研究大会、個人研究報告、京都。 日本イギリス哲学会 第30回研究大会、個人研究報告、京都。 2007 日本語 公開
ジェームス・ハリントンのAgrarian Law ジェームス・ハリントンのAgrarian Law ジェームス・ハリントンのAgrarian Law 日本イギリス哲学会 関西部会、京都。 日本イギリス哲学会 関西部会、京都。 日本イギリス哲学会 関西部会、京都。 2007 日本語 公開
ハリントンの自然的貴族論 ハリントンの自然的貴族論 ハリントンの自然的貴族論 社会思想史学会 第31回研究大会 自由論題報告、東京。 社会思想史学会 第31回研究大会 自由論題報告、東京。 社会思想史学会 第31回研究大会 自由論題報告、東京。 2006 日本語 公開
17世紀イングランド共和主義の統一性と多様性の一側面:ハリントンの統治機構論に対するジョン・ミルトンの批判 17世紀イングランド共和主義の統一性と多様性の一側面:ハリントンの統治機構論に対するジョン・ミルトンの批判 17世紀イングランド共和主義の統一性と多様性の一側面:ハリントンの統治機構論に対するジョン・ミルトンの批判 日本イギリス哲学会 関西部会、京都。 日本イギリス哲学会 関西部会、京都。 日本イギリス哲学会 関西部会、京都。 2006 日本語 公開
総括コメント 総括コメント 総括コメント 人間文化研究機構 総合地球環境学研究所 インキュベーション研究プロジェクト31 「東アジアにおける環境変化の総合的評価と広域環境協調社会の構築」 第2回研究集会 人間文化研究機構 総合地球環境学研究所 インキュベーション研究プロジェクト31 「東アジアにおける環境変化の総合的評価と広域環境協調社会の構築」 第2回研究集会 人間文化研究機構 総合地球環境学研究所 インキュベーション研究プロジェクト31 「東アジアにおける環境変化の総合的評価と広域環境協調社会の構築」 第2回研究集会 2005 日本語 公開
17世紀イングランド共和主義の統一性と多様性の一側面:ハリントンの統治形態論とヘンリ・ヴェインの批判[招待あり] 17世紀イングランド共和主義の統一性と多様性の一側面:ハリントンの統治形態論とヘンリ・ヴェインの批判 [招待あり] 17世紀イングランド共和主義の統一性と多様性の一側面:ハリントンの統治形態論とヘンリ・ヴェインの批判 [招待あり] 日本イギリス哲学会 第27回研究大会 シンポジウムⅡ「イギリスにおける共和主義の諸相」 日本イギリス哲学会 第27回研究大会 シンポジウムⅡ「イギリスにおける共和主義の諸相」 日本イギリス哲学会 第27回研究大会 シンポジウムⅡ「イギリスにおける共和主義の諸相」 日本イギリス哲学会 日本イギリス哲学会 2003/03 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
杉田敦ほか編著 杉田敦ほか編著 杉田敦ほか編著 西洋政治思想資料集 西洋政治思想資料集 西洋政治思想資料集 法政大学出版局 法政大学出版局 法政大学出版局 2014 分担執筆 公開
日本イギリス哲学会編 日本イギリス哲学会編 日本イギリス哲学会編 『イギリ ス哲学・思想事典』 『イギリ ス哲学・思想事典』 『イギリ ス哲学・思想事典』 研究社  研究社  研究社  2007/11 日本語 分担執筆 公開
田中秀夫・山脇直司編著 田中秀夫・山脇直司編著 田中秀夫・山脇直司編著 『共和主義の思想空間』 『共和主義の思想空間』 『共和主義の思想空間』 名古屋大学出版会 名古屋大学出版会 名古屋大学出版会 2006 日本語 分担執筆 公開
タイトル言語:
自ら企画した研究集会
集会名 学会名 年月
Kyoto University Early Modern Intellectual History Seminar 2019/03/17
Kyoto University Early Modern Intellectual History Seminar 2018/05/12
17世紀イギリス思想史研究の現在と未来 2018/03/31
Kyoto University Early Modern Intellectual History Seminar 2017/03/20
ヨーロッパ複合国家論の可能性─イギリス思想史研究との対話─ 2017/01/29
ヨーロッパ複合国家論の可能性─イギリス思想史研究との対話─ 2017/01/28
シンポジウムⅡ(ⅳ)イギリスの複合国家性と近代社会認識─歴史叙述を中心に─ 日本イギリス哲学会 2016/03/29
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(B) 代表 複合国家性に留意する近代イギリス思想史研究─遠心力と求心力の統御の観点から─ 2019/04/01〜2023/03/31
基盤研究(B) 分担 複合国家イギリスの形成と地域的連鎖─多元的地域世界の解明─ 2017/04/04〜2021/03/31
基盤研究(C) 分担 ピューリタニズムの寛容思想とその現代的展開 2017/04/01〜2020/03/31
挑戦的萌芽研究 代表 社会思想史学の革新のための萌芽的研究─疑似コスモポリタニズムの再検討を中心に─ 2015/04/01〜2018/03/31
基盤研究(C) 代表 ジェームス・ハリントンの経済思想─英蘭の同時代共和主義者との比較の観点から─ 2011/04/01〜2014/03/31
基盤研究(C) 代表 十七世紀英国共和主義思想と宗教性─ジェームス・ハリントンを中心に─ 2008/04/01〜2011/03/31
若手研究(B) 代表 十七世紀英国共和主義思想と封建社会論:ジェームス・ハリントンのプロパティ概念再考 2006/04/01〜2008/03/31
若手研究(B) 代表 17世紀英国共和主義の多様性と統一性の把握─ジェームス・ハリントンを中心に─ 2004/04/01〜2006/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
京都大学教育研究振興財団 研究活動推進助成 竹澤 祐丈 複合国家性に留意する近代イギリス思想史研究 2018/06/18〜2019/03/31
京都大学リサーチ・ディベロップメントプログラム【いしずえ】 竹澤 祐丈 2018/04/01〜2019/03/31
サントリー文化財団「人文科学、社会科学に関する学際的グループ研究助成」 竹澤祐丈 モデル国家・社会としての近代イギリス像とその歴史叙述の再検討 2017/08/01〜2018/07/31
京都大学研究大学強化促進事業 分野横断プラットフォーム事業「百家争鳴」プログラム 竹澤祐丈 ヨーロッパ複合国家論の可能性─イギリス思想史研究との対話─ 2017/01/28〜2017/01/29
サントリー文化財団「人文科学、社会科学に関する学際的グループ研究助成」 竹澤 祐丈 モデル国家・社会としての近代イギリス像とその歴史叙述の再検討 2016/08/01〜2017/07/31
京都大学コアステージバックアップ研究費 竹澤 祐丈 近代英国共和主義思想と民主政理解の変遷 2014/04/01〜2015/03/31
日本学術振興会特定国派遣研究者 竹澤祐丈 Early modern English republicanism as an early Enlightenment with special reference to James Harrington and his family intellectual legacy 2013/09/01〜2014/09/30
文部科学省 大学改革推進等補助金(大学改革推進経費)「海外先進教育研究実践支援プログラム」 竹澤祐丈 対話的情報発信的資質向上の体系的教育 2004〜2005
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
・経済史・思想史入門(学部)
・思想史の方法と対象(学部)
・経済英語A(学部)
比較社会思想史A(大学院)
比較社会思想史B(大学院)
経済史・思想史入門 後期 経済学部 2011/04〜2012/03
演習(4回生) 通年 経済学部 2011/04〜2012/03
2回生演習 前期 経済学部 2011/04〜2012/03
2回生演習 後期 経済学部 2011/04〜2012/03
演習(3回生) 前期 経済学部 2011/04〜2012/03
演習(3回生) 後期 経済学部 2011/04〜2012/03
卒業論文 通年 経済学部 2011/04〜2012/03
特殊講義-思想史の方法と対象 後期 経済学部 2011/04〜2012/03
比較社会思想史A(演習) 前期 経済学研究科 2011/04〜2012/03
比較社会思想史B(演習) 後期 経済学研究科 2011/04〜2012/03
思想史の方法と対象 後期 経済学研究科 2011/04〜2012/03
公共性をめぐる思想史的考察 前期 法学研究科 2011/04〜2012/03
公共性をめぐる思想史的考察 A Historical Analysis of Publicness & Public Sphere 前期 公共政策教育部 2012/04〜2013/03
公共政策論 Public Policy 前期 公共政策教育部 2012/04〜2013/03
卒業論文 Graduation Thesis 後期 経済学部 2012/04〜2013/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年 経済学部 2012/04〜2013/03
史的分析概論B Introduction to Historical Analysis B 前期 経済学研究科 2012/04〜2013/03
2回生演習 intermediate seminar 前期 経済学部 2012/04〜2013/03
2回生演習 intermediate seminar 後期 経済学部 2012/04〜2013/03
思想史ゼミナール Induction to Intellectual History 前期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
演 習 advanced seminar 前期 経済学部 2012/04〜2013/03
演 習 advanced seminar 後期 経済学部 2012/04〜2013/03
演 習 Seminar in Economics 通年 経済学部 2012/04〜2013/03
社会思想史 History of Social Thought 後期 経済学部 2012/04〜2013/03
社会経済思想史A History of the Social & Economic Thought A 前期 経済学研究科 2012/04〜2013/03
社会経済思想史B History of the Social & Economic Thought B 後期 経済学研究科 2012/04〜2013/03
経済史 Economic Histroy 前期 経済学研究科 2012/04〜2013/03
経済史・思想史入門 Introduction to Economic History & History of Social Thought 後期 経済学部 2012/04〜2013/03
経済哲学古典講読 Reading Seminar of Classical Economic Philosophy 後期 公共政策教育部 2012/04〜2013/03
2回生演習 intermediate seminar 前期 経済学部 2013/04〜2014/03
特殊講義ー思想史の方法と対象 Special Lecture on History of Social Thought : methods and subjects 前期 経済学部 2013/04〜2014/03
比較社会思想史A(演習) History of Social Thought in Comparison A (Seminar) 前期 経済学研究科 2013/04〜2014/03
思想史の方法と対象 History of Social Thought : methods and subjects 前期 経済学研究科 2013/04〜2014/03
思想史ゼミナール Induction to Intellectual History 前期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
経済史・思想史入門 Introduction to Economic History & History of Social Thought 後期 経済学部 2014/04〜2015/03
社会思想史 History of Social Thought 後期 経済学部 2014/04〜2015/03
2回生演習 intermediate seminar 後期 経済学部 2014/04〜2015/03
社会思想史A History of Social Thought A 後期 経済学研究科 2014/04〜2015/03
2回生演習 intermediate seminar 前期 経済学部 2015/04〜2016/03
2回生演習 intermediate seminar 後期 経済学部 2015/04〜2016/03
思想史ゼミナール Induction to Intellectual History 前期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
思想史の方法と対象 History of Social Thought : methods and subjects 後期 経済学研究科 2015/04〜2016/03
演 習 advanced seminar 前期 経済学部 2015/04〜2016/03
演 習 advanced seminar 後期 経済学部 2015/04〜2016/03
演 習 Seminar in Economics 通年 経済学部 2015/04〜2016/03
特殊講義ー思想史の方法と対象 Special Lecture on History of Social Thought : methods and subjects 後期 経済学部 2015/04〜2016/03
社会経済思想史A History of the Social & Economic Thought A 前期 経済学研究科 2015/04〜2016/03
社会経済思想史B History of the Social & Economic Thought B 後期 経済学研究科 2015/04〜2016/03
経済哲学A Economic Philosophy A 前期 経済学研究科 2015/04〜2016/03
経済哲学B Economic Philosophy B 前期 経済学研究科 2015/04〜2016/03
卒業論文 Graduation Thesis 後期 経済学部 2015/04〜2016/03
入門演習 Introductory seminar 前期 経済学部 2016/04〜2017/03
2回生演習 intermediate seminar 前期 経済学部 2016/04〜2017/03
2回生演習 intermediate seminar 後期 経済学部 2016/04〜2017/03
演 習 advanced seminar 前期 経済学部 2016/04〜2017/03
演 習 advanced seminar 後期 経済学部 2016/04〜2017/03
社会思想史A History of Social Thought A 前期 経済学研究科 2016/04〜2017/03
社会思想史B History of Social Thought B 前期 経済学研究科 2016/04〜2017/03
社会思想史 History of Social Thought 後期 経済学部 2016/04〜2017/03
社会経済思想史A(演習) History of the Social & Economic Thought A (Seminar) 後期 経済学研究科 2016/04〜2017/03
社会経済思想史B(演習) History of the Social & Economic Thought B (Seminar) 後期 経済学研究科 2016/04〜2017/03
経済史・思想史入門 Introduction to Economic History & History of Social Thought 後期 経済学部 2016/04〜2017/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
卒業論文 Graduation Thesis 後期集中 経済学部 2017/04〜2018/03
史的分析概論 Introduction to Historical Analysis 前期 経済学研究科 2017/04〜2018/03
2回生演習 intermediate seminar 前期 経済学部 2017/04〜2018/03
2回生演習 intermediate seminar 後期 経済学部 2017/04〜2018/03
思想史の方法と対象 History of Social Thought : methods and subjects 後期 経済学部 2017/04〜2018/03
演 習 advanced seminar 前期 経済学部 2017/04〜2018/03
演 習 advanced seminar 後期 経済学部 2017/04〜2018/03
社会思想史A History of Social Thought A 後期 経済学研究科 2017/04〜2018/03
社会思想史B History of Social Thought B 後期 経済学研究科 2017/04〜2018/03
社会経済思想史 History of the Social & Economic Thought 前期 経済学研究科 2017/04〜2018/03
卒業論文 Graduation Thesis 後期 経済学部 2018/04〜2019/03
史的分析概論 Introduction to Historical Analysis 前期 経済学研究科 2018/04〜2019/03
2回生演習 intermediate seminar 前期 経済学部 2018/04〜2019/03
2回生演習 intermediate seminar 後期 経済学部 2018/04〜2019/03
演 習 advanced seminar 前期 経済学部 2018/04〜2019/03
演 習 advanced seminar 後期 経済学部 2018/04〜2019/03
社会思想史A History of Social Thought A 前期 経済学研究科 2018/04〜2019/03
社会思想史B History of Social Thought B 後期 経済学研究科 2018/04〜2019/03
社会思想史 History of Social Thought 後期 経済学部 2018/04〜2019/03
経済史・思想史入門 Introduction to Economic History & History of Social Thought 後期 経済学部 2018/04〜2019/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2019/04〜2020/03
卒業論文 Graduation Thesis 後期 経済学部 2019/04〜2020/03
史的分析概論 Introduction to Historical Analysis 後期 経済学研究科 2019/04〜2020/03
2回生演習 intermediate seminar 前期 経済学部 2019/04〜2020/03
2回生演習 intermediate seminar 後期 経済学部 2019/04〜2020/03
思想史の方法と対象 History of Social Thought : methods and subjects 後期 経済学部 2019/04〜2020/03
比較社会思想史 History of Social Thought in Comparison 後期 経済学研究科 2019/04〜2020/03
演 習 advanced seminar 前期 経済学部 2019/04〜2020/03
演 習 advanced seminar 後期 経済学部 2019/04〜2020/03
社会思想史 History of Social Thought 前期 経済学研究科 2019/04〜2020/03

  • <<
  • >>
  • 表示
博士学位審査
学位取得者名 学位論文タイトル 役割 年月
森 直人 デイヴィッド・ヒュームの社会認識における複線的構造について 副査 2007/03/23
門 亜樹子 ジョン・ロックの経済認識ー統治と啓蒙ー 副査 2007/03/23
川名 雄一郎 J・S・ミルと商業社会の科学 副査 2007/07/23
太子堂 正称 ハイエク「道徳哲学」研究序説 副査 2008/03/24
中澤 信彦 イギリス保守主義の政治経済学 副査 2009
佐藤 一進 理論と実践としての「統治の学」――共和主義から保守主義へ 副査 2010/09/24
桝井 靖之 ヤスパースの人間学的哲学への歩み~『哲学すること』に基づく精神医学から実存哲学への自己啓蒙的展開~ 副査 2011/01/24
古山 友則 J. Stanley Metcalfe による進化的市場分析の再検討-R.A.Fisher 「自然選択の基本定理」との関連を中心に- 副査 2012/03/26
武井 敬亮 ジョン・ロックの世俗社会認識論 主査 2016/03/23
指導学生の受賞
受賞した学生名 賞の名称 授与組織名 年月
渡邊 碩 京都大学経済学部優秀卒業論文賞 京都大学経済学部 2019/03/
渡邊 碩 京都大学経済学部優秀学生論文賞(楠若葉賞) 京都大学経済学部 2018/03
浜田 航平 京都大学経済学部優秀卒業論文賞 京都大学経済学部 2018/03
山村 萌 京都大学経済学部優秀卒業論文賞 京都大学経済学部 2016/03/
学外非常勤講師
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学校名 学部/研究科名 期間
社会思想史 集中講義 高知大学 人文学部/国際社会コミュニケーション学科 2015/02/13〜2015/02/19
社会思想史 集中講義 高知大学 人文学部/国際社会コミュニケーション学科 2017/02/13〜2017/02/15
サークルの顧問
サークル名(日本語) サークル名(英語) 期間
京大シネマ研究会 2016/06/01〜
全学運営(役職等)
役職名 期間
広報委員会 委員 2009/04/01〜2011/03/31
FD研究検討委員会 委員 2012/04/01〜2013/03/31
人社未来形発信ユニット編集委員会 委員 2018/07/07〜
部局運営(役職等)
役職名 期間
点検評価ワーキンググループ WG員 2015/04/01〜2017/03/31
経済学会委員会 委員 2015/04/01〜2017/06/30
組織改編ワーキンググループ WG員 2015/06/11〜2018/03/31
京都大学経済学部百年史編纂委員会 委員 2016/09/01〜
点検評価ワーキンググループ WG員 2017/04/01〜2019/03/31
学会活動:学会役員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) 役職名(日本語) 役職名(英語) 期間
日本ピューリタニズム学会 The Japanese Society fo the study of Puritanism 常任理事・企画委員長 2019/06/07〜2021/06/17
日本イギリス哲学会 The Japanese Society for British Philosophy 理事・事務局長 2018/04/01〜2020/03/31
日本ピューリタニズム学会 The Japanese Society for the study of Puritanism 常任理事・企画委員長 2017/06/20〜2019/06/19
日本イギリス哲学会 The Japanese Society for British Philosophy 理事 2016/04/01〜2018/03/31
日本ピューリタニズム学会 The Japanese Society for the Study of Puritanism 理事 2015/06/20〜2017/06/19
日本イギリス哲学会 The Japanese Society for British Philosophy 理事 2014/04/01〜2016/03/31
日本イギリス哲学会 The Japanese Society for British Philosophy 理事 2012/04/01〜2014/03/31
日本イギリス哲学会 The Japanese Society for British Philosophy 理事 2010/04/01〜2012/03/31
日本イギリス哲学会 The Japanese Society for British Philosophy 幹事 2019/06/20〜2021/06/19
学会活動:編集委員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) ジャーナル名(日本語) ジャーナル名(英語) 役職名 期間
日本イギリス哲学会 The Japanese Society for British Philosophy イギリス哲学研究 Studies in British Philosophy 編集委員 2014/04/01〜2016/03/31
日本イギリス哲学会 The Japanese Society for British Philosophy イギリス哲学研究 Studies in British Philosophy 編集委員 2012/04/01〜2014/03/31
学会活動:研究集会委員歴
学会名 研究集会名 役職名 期間
日本ピューリタニズム学会 関西研究会 企画委員
日本ピューリタニズム学会 第15・16回研究大会 企画委員
日本イギリス哲学会 関西部会 関西部会担当
日本ピューリタニズム学会 第13・14回研究大会 企画委員 2017/06/20〜2019/06/19
日本ピューリタニズム学会 関西研究会 企画委員 2017/06/20〜2019/06/19
日本イギリス哲学会 関西部会 関西部会担当 2016/04/01〜2018/03/31
日本ピューリタニズム学会 第11・12回研究大会 企画委員 2015/06/20〜2017/06/19
日本ピューリタニズム学会 関西研究会 企画委員 2015/06/20〜2017/06/19
日本イギリス哲学会 関西部会 関西部会担当 2014/04/01〜2016/03/31
日本イギリス哲学会 第37・38回研究大会 企画委員 2012/04/04〜2014/03/31
日本イギリス哲学会 関西部会 関西部会担当 2012/04/01〜2014/03/31
日本イギリス哲学会 第35・36回研究大会 企画委員 2010/04/01〜2012/03/31
日本イギリス哲学会 関西部会 関西部会担当 2010/04/01〜2012/03/31
日本イギリス哲学会 第35回研究大会 大会世話人 2019/06/20〜2021/06/19

  • <<
  • >>
  • 表示
その他活動:各種受賞歴
賞の名称 授与組織名 年月
科学研究費審査委員表彰 日本学術振興会 2017/09/29
海外での滞在歴
滞在機関名 部署 研究テーマ 国名 期間
University of Helsinki Department of Philosophy, History, Culture and Arts Studies, Faculty of Arts 複合国家イギリスの歴史叙述ならびに『オシアナ共和国』(1656)の翻訳化に関する文献及び資料収集 Finland 2018/07/26〜2018/08/24
University of Helsinki Department of Philosophy, History, Culture and Arts Studies, Faculty of Arts 思想史の通史的記述と内乱期政治思想 Finland 2017/07/25〜2017/08/24
University of Helsinki Department of Philosophy, History, Culture and Arts Studies, Faculty of Arts 思想史の通史的記述におけるアイルランド統治問題 Finland 2016/07/25〜2016/08/24
University of Helsinki Department of Philosophy, History, Culture and Arts Studies, Faculty of Arts Seventeenth century English republicanism and it's influence to 'the democratic turn' Finland 2015/07/21〜2015/08/19
University of Helsinki Department of Philosophy, History, Culture and Arts Studies, Faculty of Arts Early modern English republicanism as an early Enlightenment with special reference to James Harrington and his family intellectual legacy Finland 2013/09/01〜2014/09/30
University of Cambridge Faculty of Social & Political Sciences English republicanism with special reference to James Harrington UK 2005/03/25〜2006/03/24
University of Cambridge Faculyu of Social & Political Sciences James Harrington's republicanism UK 1999/10/01〜2002/09/30
University of Edinburgh Faculty of Arts James Harrington's republicanism UK 1998/09/01〜1999/09/30
外国人訪問者受入れ
訪問者名 所属機関名 国名 期間
Peltonen, Markku University of Helsinki Finland 2019/03/15〜2019/03/21
Cuttica, Cesare University of Paris VIII France 2019/03/15〜2019/03/21