大塚 淳

最終更新日時:2017/07/06 17:20:44

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
大塚 淳/オオツカ ジュン/Jun Otsuka
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
文学研究科/思想文化学専攻思想文化学講座/准教授
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(文学) 京都大学
博士(文学) 京都大学
M.S. Indiana University
Ph.D. Indiana University
ORCID ID
orcid.org/0000-0003-4774-9740
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Otsuka J. A critical review of the statisticalist debate Biology and Philosophy,31,4,459-482 2016
Otsuka J. Causal Foundations of Evolutionary Genetics British Journal for the Philosophy of Science,67,1,247-269 2016
Otsuka J. Discovering phenotypic causal structure from nonexperimental data Journal of Evolutionary Biology,29,6,1268-1277 2016
Otsuka J. Using causal models to integrate proximate and ultimate causation Biology and Philosophy,30,1,19-37 2015
Otsuka, J., Turner, T., Allen, C., Lloyd, E. A. Why the Causal View of Fitness Survives Philosophy of Science,78,2,209-224 2011 英語
大塚 淳 ベイズネットから見た因果と確率 科学基礎論研究,38,1,39-47 2010 日本語
大塚 淳 結局、機能とは何だったのか 科学哲学,40,1,29-41 2007 日本語
論文 > 国内学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
大塚 淳 証拠と推論の哲学:E. Sober, Evidence and Evolution書評 生物科学,63,1,55-60 2011 日本語
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
大塚 淳 生物学における機能説明 哲学論叢,33,114-125 2006 日本語