本多 新

最終更新日時: 2019/06/26 18:20:05

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
本多 新/ホンダ アラタ/Honda, Arata
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学研究科/医学研究科附属動物実験施設/ /特定准教授
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(学術) 筑波大学
博士(農学) 筑波大学
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000020579
研究テーマ
(日本語)
絶滅危惧種のiPS細胞を活用した性決定様式の研究/絶滅危惧種のiPS細胞から生殖細胞を作出する研究/汎用性の高いラット生殖工学技術の開発
(英語)
Sex determination mechanisms of an endangered species, Tokudaia/Generation of germ cells from iPS cells of the endangered Tokudaia/Development of effective reproductive bioengineering techniques of the rats.
研究概要
(日本語)
絶滅危惧種トゲネズミからiPS細胞を樹立し、それらを生殖巣や生殖細胞に体内もしくは体外で分化誘導し性決定様式の解明や生殖細胞の作出を目指す。ラットを用いた汎用性の高い生殖工学技術を開発して、マウスとは異なる角度から様々な生命現象の解明に貢献する。
(英語)
Generation of gonads or germ cells in vivo or in vitro using iPS cells from an endangered Tokudaia. Development of the effective reproductive bioengineering techniques of the rats as an alternative candidate of the mouse.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
絶滅危惧種、iPS細胞、性決定、生殖細胞、生殖工学、ラット、マウス Endangered species, iPS cells, Sex determination, Germ cells, Reproductive bioengineering, rat, mouse
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Arata Honda, Narantsog Choijookhuu, Haruna Izu, Yoshihiro Kawano, Mizuho Inokuchi, Kimiko Honsho, Ah-Reum Lee, Hiroki Nabekura, Hiroshi Ohta, Tomoyuki Tsukiyama, Yasuhide Ohinata, Asato Kuroiwa, Yoshitaka Hishikawa, Mitinori Saitou, Takamichi Jogahara, Chihiro Koshimoto Arata Honda, Narantsog Choijookhuu, Haruna Izu, Yoshihiro Kawano, Mizuho Inokuchi, Kimiko Honsho, Ah-Reum Lee, Hiroki Nabekura, Hiroshi Ohta, Tomoyuki Tsukiyama, Yasuhide Ohinata, Asato Kuroiwa, Yoshitaka Hishikawa, Mitinori Saitou, Takamichi Jogahara, Chihiro Koshimoto Flexible adaptation of male germ cells from female iPSCs of endangered Tokudaia osimensis Flexible adaptation of male germ cells from female iPSCs of endangered Tokudaia osimensis Science advances, 3, 5, e1602179 , 3, 5, e1602179 Science advances, 3, 5, e1602179 2017/05 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
タイトル言語:
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
挑戦的萌芽研究 代表 胚盤胞補完法を用いたウサギ/カニクイザル異種間キメラ動物の作製 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
基盤研究(B) 代表 iPS細胞とゲノム編集技術による先天性難治性疾患モデルの構築 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 性染色体XO型の絶滅危惧種アマミトゲネズミ生殖細胞の性スペクトラム (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
実験動物学 Laboratory Animal Science 前期前半 医学部(人間健康科学科) 2019/04〜2020/03
部局運営(役職等)
役職名 期間
動物実験委員会 2018/04/01〜2019/12/31