宇高 寛子

最終更新日時: 2019/06/05 14:11:06

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
宇高 寛子/ウダカ ヒロコ/Udaka, Hiroko
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
理学研究科/生物科学専攻動物科学講座/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
理学部
電子メールアドレス
メールアドレス
udaka @ kingyo.zool.kyoto-u.ac.jp
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(理学) 大阪市立大学
博士(理学) 大阪市立大学
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000009528
研究テーマ
(日本語)
無脊椎動物の季節適応機構
(英語)
Seasonal adaptation in invertabrates
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Udaka H, Sinclair BJ Udaka H, Sinclair BJ Udaka H, Sinclair BJ The overwintering biology of the acorn weevil, Curculio glandium in southwestern Ontario. The overwintering biology of the acorn weevil, Curculio glandium in southwestern Ontario. The overwintering biology of the acorn weevil, Curculio glandium in southwestern Ontario. Journal of thermal biology, 44, 103-109 Journal of thermal biology, 44, 103-109 Journal of thermal biology, 44, 103-109 2014/08 公開
Udaka H, Ueda C, Goto SG Udaka H, Ueda C, Goto SG Udaka H, Ueda C, Goto SG Survival rate and expression of Heat-shock protein 70 and Frost genes after temperature stress in Drosophila melanogaster lines that are selected for recovery time from temperature coma. Survival rate and expression of Heat-shock protein 70 and Frost genes after temperature stress in Drosophila melanogaster lines that are selected for recovery time from temperature coma. Survival rate and expression of Heat-shock protein 70 and Frost genes after temperature stress in Drosophila melanogaster lines that are selected for recovery time from temperature coma. Journal of insect physiology, 56, 12, 1889-1894 Journal of insect physiology, 56, 12, 1889-1894 Journal of insect physiology, 56, 12, 1889-1894 2010/12 公開
Udaka H, Numata H Udaka H, Numata H Udaka H, Numata H Comparison of the life cycle and photoperiodic response between northern and southern populations of the terrestrial slug Lehmannia valentiana in Japan. Comparison of the life cycle and photoperiodic response between northern and southern populations of the terrestrial slug Lehmannia valentiana in Japan. Comparison of the life cycle and photoperiodic response between northern and southern populations of the terrestrial slug Lehmannia valentiana in Japan. Zoological science, 27, 9, 735-739 Zoological science, 27, 9, 735-739 Zoological science, 27, 9, 735-739 2010/09 公開
Goto SG, Udaka H, Ueda C, Katagiri C Goto SG, Udaka H, Ueda C, Katagiri C Goto SG, Udaka H, Ueda C, Katagiri C Fatty acids of membrane phospholipids in Drosophila melanogaster lines showing rapid and slow recovery from chill coma. Fatty acids of membrane phospholipids in Drosophila melanogaster lines showing rapid and slow recovery from chill coma. Fatty acids of membrane phospholipids in Drosophila melanogaster lines showing rapid and slow recovery from chill coma. Biochemical and biophysical research communications, 391, 2, 1251-1254 Biochemical and biophysical research communications, 391, 2, 1251-1254 Biochemical and biophysical research communications, 391, 2, 1251-1254 2010/01 公開
Udaka H, Numata H Udaka H, Numata H Udaka H, Numata H Short-day and low-temperature conditions promote reproductive maturation in the terrestrial slug, Lehmannia valentiana. Short-day and low-temperature conditions promote reproductive maturation in the terrestrial slug, Lehmannia valentiana. Short-day and low-temperature conditions promote reproductive maturation in the terrestrial slug, Lehmannia valentiana. Comparative biochemistry and physiology. Part A, Molecular & integrative physiology, 150, 1, 80-83 Comparative biochemistry and physiology. Part A, Molecular & integrative physiology, 150, 1, 80-83 Comparative biochemistry and physiology. Part A, Molecular & integrative physiology, 150, 1, 80-83 2008/05 公開
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
宇高 寛子, 田中 寛 宇高 寛子, 田中 寛 ナメクジ―おもしろ生態とかしこい防ぎ方 ナメクジ―おもしろ生態とかしこい防ぎ方 農山漁村文化協会 農山漁村文化協会 2010/06 共著 公開
タイトル言語:
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 代表 新規移入種マダラコウラナメクジの分布拡大とその影響 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
若手研究(B) 代表 新規移入種マダラコウラナメクジの分布拡大とその影響 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
若手研究(B) 代表 新規移入種マダラコウラナメクジの分布拡大とその影響 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
暑さ寒さと動物 Animals - Hot and Cold 前期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
環境応答遺伝子科学ゼミナールA Seminar on Stress Response Biology A 前期 理学研究科 2015/04〜2016/03
環境応答遺伝子科学ゼミナールB Seminar on Stress Response Biology B 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
環境応答遺伝子科学ゼミナールC Seminar on Stress Response Biology C 前期 理学研究科 2015/04〜2016/03
環境応答遺伝子科学ゼミナールD Seminar on Stress Response Biology D 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
生物学セミナ-B Seminars in Biological Science B 後期 理学部 2015/04〜2016/03
生物学実習B Laboratory work in Biological Science B 前期 理学部 2015/04〜2016/03
生物科学課題研究14 Special Study CourseII(Biological Sciences) 14 通年 理学部 2015/04〜2016/03
遺伝情報維持機構論A Advanced Lectures : Molecular Mechanism for Maintenance of Genetic Information A 前期 理学研究科 2015/04〜2016/03
遺伝情報維持機構論B Advanced Lectures : Molecular Mechanism for Maintenance of Genetic Information B 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
環境応答遺伝子科学ゼミナールA Seminar on Stress Response Biology A 前期 理学研究科 2016/04〜2017/03
環境応答遺伝子科学ゼミナールB Seminar on Stress Response Biology B 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
環境応答遺伝子科学ゼミナールC Seminar on Stress Response Biology C 前期 理学研究科 2016/04〜2017/03
環境応答遺伝子科学ゼミナールD Seminar on Stress Response Biology D 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
環境応答遺伝子科学特論A Advanced Lectures:Stress Response Biology A 前期 理学研究科 2016/04〜2017/03
環境応答遺伝子科学特論B Advanced Lectures:Stress Response Biology B 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
生物学セミナ-B Seminars in Biological Science B 後期 理学部 2016/04〜2017/03
生物学実習B Laboratory work in Biological Science B 前期集中 理学部 2016/04〜2017/03
生物科学課題研究14 Special Study CourseII(Biological Sciences) 14 通年 理学部 2016/04〜2017/03
環境応答遺伝子科学ゼミナールA Seminar on Stress Response Biology A 前期 理学研究科 2017/04〜2018/03
環境応答遺伝子科学ゼミナールB Seminar on Stress Response Biology B 後期 理学研究科 2017/04〜2018/03
環境応答遺伝子科学ゼミナールC Seminar on Stress Response Biology C 前期 理学研究科 2017/04〜2018/03
環境応答遺伝子科学ゼミナールD Seminar on Stress Response Biology D 後期 理学研究科 2017/04〜2018/03
生物学セミナ-B Seminars in Biological Science B 後期 理学部 2017/04〜2018/03
生物学実習B Laboratory work in Biological Science B 前期集中 理学部 2017/04〜2018/03
生物科学課題研究14 Special Study CourseII(Biological Sciences) 14 通年 理学部 2017/04〜2018/03
遺伝情報維持機構論A Advanced Lectures : Molecular Mechanism for Maintenance of Genetic Information A 前期 理学研究科 2017/04〜2018/03
遺伝情報維持機構論B Advanced Lectures : Molecular Mechanism for Maintenance of Genetic Information B 後期 理学研究科 2017/04〜2018/03
環境応答遺伝子科学ゼミナールA Seminar on Stress Response Biology A 前期 理学研究科 2018/04〜2019/03
環境応答遺伝子科学ゼミナールB Seminar on Stress Response Biology B 後期 理学研究科 2018/04〜2019/03
環境応答遺伝子科学ゼミナールC Seminar on Stress Response Biology C 前期 理学研究科 2018/04〜2019/03
環境応答遺伝子科学ゼミナールD Seminar on Stress Response Biology D 後期 理学研究科 2018/04〜2019/03
環境応答遺伝子科学特論A Advanced Lectures:Stress Response Biology A 前期 理学研究科 2018/04〜2019/03
環境応答遺伝子科学特論B Advanced Lectures:Stress Response Biology B 後期 理学研究科 2018/04〜2019/03
生物学セミナ-B Seminars in Biological Science B 後期 理学部 2018/04〜2019/03
生物学実習B Laboratory work in Biological Science B 前期集中 理学部 2018/04〜2019/03
生物科学課題研究14 Special Study CourseII(Biological Sciences) 14 通年 理学部 2018/04〜2019/03
基礎生物学実験III Experimental Course of Fundamental Biology III 後期集中 理学部 2019/04〜2020/03
環境応答遺伝子科学ゼミナールA Seminar on Stress Response Biology A 前期 理学研究科 2019/04〜2020/03
環境応答遺伝子科学ゼミナールB Seminar on Stress Response Biology B 後期 理学研究科 2019/04〜2020/03
環境応答遺伝子科学ゼミナールC Seminar on Stress Response Biology C 前期 理学研究科 2019/04〜2020/03
環境応答遺伝子科学ゼミナールD Seminar on Stress Response Biology D 後期 理学研究科 2019/04〜2020/03
生物学セミナ-B Seminars in Biological Science B 後期 理学部 2019/04〜2020/03
生物学実習B Laboratory work in Biological Science B 前期集中 理学部 2019/04〜2020/03
生物科学課題研究14 Special Study CourseII(Biological Sciences) 14 通年 理学部 2019/04〜2020/03
遺伝情報維持機構論A Advanced Lectures : Molecular Mechanism for Maintenance of Genetic Information A 前期 理学研究科 2019/04〜2020/03
遺伝情報維持機構論B Advanced Lectures : Molecular Mechanism for Maintenance of Genetic Information B 後期 理学研究科 2019/04〜2020/03

  • <<
  • >>
  • 表示