柿澤 昌

最終更新日時: 2019/06/25 12:34:26

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
柿澤 昌/カキザワ ショウ/Kakizawa, Sho
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
薬学研究科/薬科学専攻生体分子薬学講座/准教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
薬学部
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本比較内分泌学会
日本生理学会
日本神経科学会
日本薬理学会
日本解剖学会
日本基礎老化学会
日本NO学会
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
Society for Neuroscience U.S.A.
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(理学) 東京大学
博士(理学) 東京大学
プロフィール
(日本語)
「私はどのようにして今の私になったのか」「三つ子の魂はどのように刻まれて維持されているのか」・・・このような疑問を追究するため神経科学の道に入りました。 経験依存的な神経回路網の発達機構の研究を経て、現在は、神経回路機能の維持と老化のメカニズムに関する研究に取り組んでいます。 特に最近は、レドックスシグナルに着目し、これまで悪玉とされていたレドックスシグナルの、脳における生理的役割の解明を目指しています。
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0001-8396-5411
researchmap URL
https://researchmap.jp/shokakizawa
研究テーマ
(日本語)
活動依存的な神経回路網の機能制御機構. 特に最近はタンパク質の翻訳後修飾による神経機能制御機構や老化のメカニズムにも興味を持っている.
研究概要
(日本語)
・活動依存的な神経回路網の維持機構 ・加齢に伴う脳機能の低下(老化)とその分子機構 ・タンパク質の非酵素的翻訳後修飾による生体機能制御機構: 特に自ら発見した「一酸化窒素依存的カルシウム放出機構」の機能的役割と制御機構を中心に研究を進めている ・レドックスシグナルの脳における機能的役割の解明
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
神経生理学
神経薬理学
分子神経科学
基礎老化学
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Qian N, Ichimura A, Takei D, Sakaguchi R, Kitani A, Nagaoka R, Tomizawa M, Miyazaki Y, Miyachi H, Numata T, Kakizawa S, Nishi M, Mori Y, Takeshima H. Qian N, Ichimura A, Takei D, Sakaguchi R, Kitani A, Nagaoka R, Tomizawa M, Miyazaki Y, Miyachi H, Numata T, Kakizawa S, Nishi M, Mori Y, Takeshima H. TRPM7 channels mediate spontaneous Ca2+ fluctuations in growth plate chondrocytes that promote bone development. TRPM7 channels mediate spontaneous Ca2+ fluctuations in growth plate chondrocytes that promote bone development. TRPM7 channels mediate spontaneous Ca2+ fluctuations in growth plate chondrocytes that promote bone development. Science signaling, 12, 576, eaaw4847 Science signaling, 12, 576, eaaw4847 Science signaling, 12, 576, eaaw4847 2019/04 英語 公開
柿澤 昌 柿澤 昌 柿澤 昌 脳におけるレドックスシグナルの生理的役割:シナプス可塑性・脳機能への関与 脳におけるレドックスシグナルの生理的役割:シナプス可塑性・脳機能への関与 脳におけるレドックスシグナルの生理的役割:シナプス可塑性・脳機能への関与 日本薬理学雑誌, 152, 5, 227-232 日本薬理学雑誌, 152, 5, 227-232 日本薬理学雑誌, 152, 5, 227-232 2018/11 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
柿澤 昌 柿澤 昌 Sho Kakizawa ホスホチロシンアダプターShcの脳における機能的役割 ホスホチロシンアダプターShcの脳における機能的役割 Functional roles of phosphotyrosine adaptor Shc in the brain 日本薬理学雑誌, 152, 2, 84-89 日本薬理学雑誌, 152, 2, 84-89 Folia Pharmacologica Japonica, 152, 2, 84-89 2018/08 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
柿澤 昌 柿澤 昌 Sho Kakizawa 活性酸素の中枢シナプス可塑性に及ぼす影響と老化への関与 活性酸素の中枢シナプス可塑性に及ぼす影響と老化への関与 Effects of reactive oxygen species on synaptic plasticity in CNS in relation to aging 日本薬理学雑誌, 150, 5, 234-239 日本薬理学雑誌, 150, 5, 234-239 Folia Pharmacologica Japonica, 150, 5, 234-239 2017/11 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
Mikami Y, Kakizawa S, Yamazawa T Mikami Y, Kakizawa S, Yamazawa T Mikami Y, Kakizawa S, Yamazawa T Essential Roles of Natural Products and Gaseous Mediators on Neuronal Cell Death or Survival. Essential Roles of Natural Products and Gaseous Mediators on Neuronal Cell Death or Survival. Essential Roles of Natural Products and Gaseous Mediators on Neuronal Cell Death or Survival. International journal of molecular sciences, 17, 10 International journal of molecular sciences, 17, 10 International journal of molecular sciences, 17, 10 2016/09 公開
Mikami Y, Kanemaru K, Okubo Y, Nakaune T, Suzuki J, Shibata K, Sugiyama H, Koyama R, Murayama T, Ito A, Yamazawa T, Ikegaya Y, Sakurai T, Saito N, Kakizawa S, Iino M Mikami Y, Kanemaru K, Okubo Y, Nakaune T, Suzuki J, Shibata K, Sugiyama H, Koyama R, Murayama T, Ito A, Yamazawa T, Ikegaya Y, Sakurai T, Saito N, Kakizawa S, Iino M Mikami Y, Kanemaru K, Okubo Y, Nakaune T, Suzuki J, Shibata K, Sugiyama H, Koyama R, Murayama T, Ito A, Yamazawa T, Ikegaya Y, Sakurai T, Saito N, Kakizawa S, Iino M Nitric Oxide-induced Activation of the Type 1 Ryanodine Receptor Is Critical for Epileptic Seizure-induced Neuronal Cell Death. Nitric Oxide-induced Activation of the Type 1 Ryanodine Receptor Is Critical for Epileptic Seizure-induced Neuronal Cell Death. Nitric Oxide-induced Activation of the Type 1 Ryanodine Receptor Is Critical for Epileptic Seizure-induced Neuronal Cell Death. EBioMedicine, 11, 253-261 EBioMedicine, 11, 253-261 EBioMedicine, 11, 253-261 2016/09 公開
Baba S, Onga K, Kakizawa S, Ohyama K, Yasuda K, Otsubo H, Scott BW, Burnham WM, Matsuo T, Nagata I, Mori N Baba S, Onga K, Kakizawa S, Ohyama K, Yasuda K, Otsubo H, Scott BW, Burnham WM, Matsuo T, Nagata I, Mori N Baba S, Onga K, Kakizawa S, Ohyama K, Yasuda K, Otsubo H, Scott BW, Burnham WM, Matsuo T, Nagata I, Mori N Involvement of the neuronal phosphotyrosine signal adaptor N-Shc in kainic acid-induced epileptiform activity. Involvement of the neuronal phosphotyrosine signal adaptor N-Shc in kainic acid-induced epileptiform activity. Involvement of the neuronal phosphotyrosine signal adaptor N-Shc in kainic acid-induced epileptiform activity. Scientific reports, 6, 27511 Scientific reports, 6, 27511 Scientific reports, 6, 27511 2016/06 公開
Zhao C, Ichimura A, Qian N, Iida T, Yamazaki D, Noma N, Asagiri M, Yamamoto K, Komazaki S, Sato C, Aoyama F, Sawaguchi A, Kakizawa S, Nishi M, Takeshima H Zhao C, Ichimura A, Qian N, Iida T, Yamazaki D, Noma N, Asagiri M, Yamamoto K, Komazaki S, Sato C, Aoyama F, Sawaguchi A, Kakizawa S, Nishi M, Takeshima H Zhao C, Ichimura A, Qian N, Iida T, Yamazaki D, Noma N, Asagiri M, Yamamoto K, Komazaki S, Sato C, Aoyama F, Sawaguchi A, Kakizawa S, Nishi M, Takeshima H Mice lacking the intracellular cation channel TRIC-B have compromised collagen production and impaired bone mineralization. Mice lacking the intracellular cation channel TRIC-B have compromised collagen production and impaired bone mineralization. Mice lacking the intracellular cation channel TRIC-B have compromised collagen production and impaired bone mineralization. Science signaling, 9, 428, ra49 Science signaling, 9, 428, ra49 Science signaling, 9, 428, ra49 2016/05 公開
Yamazawa T, Kakizawa S Yamazawa T, Kakizawa S Yamazawa T, Kakizawa S [Nitric oxide-induced calcium release: neuronal cell death]. [Nitric oxide-induced calcium release: neuronal cell death]. [Nitric oxide-induced calcium release: neuronal cell death]. Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica, 147, 4, 200-205 Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica, 147, 4, 200-205 Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica, 147, 4, 200-205 2016/04 公開
Kakizawa S, Yamazawa T Kakizawa S, Yamazawa T Kakizawa S, Yamazawa T [Nitric-oxide induced calcium release: regulatory mechanism and physiological function]. [Nitric-oxide induced calcium release: regulatory mechanism and physiological function]. [Nitric-oxide induced calcium release: regulatory mechanism and physiological function]. Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica, 147, 4, 194-199 Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica, 147, 4, 194-199 Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica, 147, 4, 194-199 2016/04 公開
Van B, Nishi M, Komazaki S, Ichimura A, Kakizawa S, Nakanaga K, Aoki J, Park KH, Ma J, Ueyama T, Ogata T, Maruyama N, Takeshima H Van B, Nishi M, Komazaki S, Ichimura A, Kakizawa S, Nakanaga K, Aoki J, Park KH, Ma J, Ueyama T, Ogata T, Maruyama N, Takeshima H Van B, Nishi M, Komazaki S, Ichimura A, Kakizawa S, Nakanaga K, Aoki J, Park KH, Ma J, Ueyama T, Ogata T, Maruyama N, Takeshima H Mitsugumin 56 (hedgehog acyltransferase-like) is a sarcoplasmic reticulum-resident protein essential for postnatal muscle maturation. Mitsugumin 56 (hedgehog acyltransferase-like) is a sarcoplasmic reticulum-resident protein essential for postnatal muscle maturation. Mitsugumin 56 (hedgehog acyltransferase-like) is a sarcoplasmic reticulum-resident protein essential for postnatal muscle maturation. FEBS letters, 589, 10, 1095-1104 FEBS letters, 589, 10, 1095-1104 FEBS letters, 589, 10, 1095-1104 2015/04 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Yamamoto S, Yamazaki T, Komazaki S, Yamashita T, Osaki M, Matsubayashi M, Kidoya H, Takakura N, Yamazaki D, Kakizawa S Yamamoto S, Yamazaki T, Komazaki S, Yamashita T, Osaki M, Matsubayashi M, Kidoya H, Takakura N, Yamazaki D, Kakizawa S Yamamoto S, Yamazaki T, Komazaki S, Yamashita T, Osaki M, Matsubayashi M, Kidoya H, Takakura N, Yamazaki D, Kakizawa S Contribution of calumin to embryogenesis through participation in the endoplasmic reticulum-associated degradation activity. Contribution of calumin to embryogenesis through participation in the endoplasmic reticulum-associated degradation activity. Contribution of calumin to embryogenesis through participation in the endoplasmic reticulum-associated degradation activity. Developmental biology, 393, 1, 33-43 Developmental biology, 393, 1, 33-43 Developmental biology, 393, 1, 33-43 2014/09 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kakizawa S, Kaiya H, Takahashi A Kakizawa S, Kaiya H, Takahashi A Kakizawa S, Kaiya H, Takahashi A Posttranslational modification of intercellular messenger systems. Posttranslational modification of intercellular messenger systems. Posttranslational modification of intercellular messenger systems. Frontiers in endocrinology, 5, 27 Frontiers in endocrinology, 5, 27 Frontiers in endocrinology, 5, 27 2014 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kakizawa S Kakizawa S Kakizawa S Nitric Oxide-Induced Calcium Release: Activation of Type 1 Ryanodine Receptor, a Calcium Release Channel, through Non-Enzymatic Post-Translational Modification by Nitric Oxide. Nitric Oxide-Induced Calcium Release: Activation of Type 1 Ryanodine Receptor, a Calcium Release Channel, through Non-Enzymatic Post-Translational Modification by Nitric Oxide. Nitric Oxide-Induced Calcium Release: Activation of Type 1 Ryanodine Receptor, a Calcium Release Channel, through Non-Enzymatic Post-Translational Modification by Nitric Oxide. Frontiers in endocrinology, 4, 142 Frontiers in endocrinology, 4, 142 Frontiers in endocrinology, 4, 142 2013/10 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Tao S, Yamazaki D, Komazaki S, Zhao C, Iida T, Kakizawa S, Imaizumi Y, Takeshima H Tao S, Yamazaki D, Komazaki S, Zhao C, Iida T, Kakizawa S, Imaizumi Y, Takeshima H S. Tao; D. Yamazaki; S. Komazaki; C. Zhao; T. Iida; S. Kakizawa; Y. Imaizumi; H. Takeshima Facilitated hyperpolarization signaling in vascular smooth muscle-overexpressing TRIC-A channels. Facilitated hyperpolarization signaling in vascular smooth muscle-overexpressing TRIC-A channels. Facilitated hyperpolarization signaling in vascular smooth muscle-overexpressing TRIC-A channels The Journal of biological chemistry, 288, 22, 15581-15589 The Journal of biological chemistry, 288, 22, 15581-15589 Journal of Biological Chemistry, 288, 22, 15581-15589 2013/05 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kakizawa S, Yamazawa T, Iino M Kakizawa S, Yamazawa T, Iino M S. Kakizawa; T. Yamazawa; M. Iino Nitric oxide-induced calcium release: activation of type 1 ryanodine receptor by endogenous nitric oxide. Nitric oxide-induced calcium release: activation of type 1 ryanodine receptor by endogenous nitric oxide. Nitric oxide-induced calcium release: Activationof type 1 ryanodine receptor by endogenous nitric oxide Channels (Austin, Tex.), 7, 1, 1-5 Channels (Austin, Tex.), 7, 1, 1-5 Channels, 7, 1, 1-5 2013/01 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Nishi M, Aoyama F, Kisa F, Zhu H, Sun M, Lin P, Ohta H, Van B, Yamamoto S, Kakizawa S, Sakai H, Ma J, Sawaguchi A, Takeshima H Nishi M, Aoyama F, Kisa F, Zhu H, Sun M, Lin P, Ohta H, Van B, Yamamoto S, Kakizawa S, Sakai H, Ma J, Sawaguchi A, Takeshima H M. Nishi; F. Aoyama; F. Kisa; H. Zhu; M. Sun; P. Lin; H. Ohta; B. Van; S. Yamamoto; S. Kakizawa; H. Sakai; J. Ma; A. Sawaguchi; H. Takeshima TRIM50 protein regulates vesicular trafficking for acid secretion in gastric parietal cells. TRIM50 protein regulates vesicular trafficking for acid secretion in gastric parietal cells. TRIM50 protein regulates vesicular trafficking for acid secretion in gastric parietal cells The Journal of biological chemistry, 287, 40, 33523-33532 The Journal of biological chemistry, 287, 40, 33523-33532 Journal of Biological Chemistry, 287, 40, 33523-33532 2012/09 英語 公開
Kakizawa S, Shibazaki M, Mori N Kakizawa S, Shibazaki M, Mori N S. Kakizawa; M. Shibazaki; N. Mori Protein oxidation inhibits NO-mediated signaling pathway for synaptic plasticity. Protein oxidation inhibits NO-mediated signaling pathway for synaptic plasticity. Protein oxidation inhibits NO-mediated signaling pathway for synaptic plasticity Neurobiology of aging, 33, 3, 535-545 Neurobiology of aging, 33, 3, 535-545 Neurobiology of Aging, 33, 3, 535-545 2012/03 英語 公開
Kakizawa S, Yamazawa T, Chen Y, Ito A, Murayama T, Oyamada H, Kurebayashi N, Sato O, Watanabe M, Mori N, Oguchi K, Sakurai T, Takeshima H, Saito N, Iino M Kakizawa S, Yamazawa T, Chen Y, Ito A, Murayama T, Oyamada H, Kurebayashi N, Sato O, Watanabe M, Mori N, Oguchi K, Sakurai T, Takeshima H, Saito N, Iino M S. Kakizawa; T. Yamazawa; Y. Chen; A. Ito; T. Murayama; H. Oyamada; N. Kurebayashi; O. Sato; M. Watanabe; N. Mori; K. Oguchi; T. Sakurai; H. Takeshima; N. Saito; M. Iino Nitric oxide-induced calcium release via ryanodine receptors regulates neuronal function. Nitric oxide-induced calcium release via ryanodine receptors regulates neuronal function. Nitric oxide-induced calcium release via ryanodine receptors regulates neuronal function The EMBO journal, 31, 2, 417-428 The EMBO journal, 31, 2, 417-428 EMBO Journal, 31, 2, 417-428 2012/01 英語 公開
Kakizawa S, Takeshima H, Iino M Kakizawa S, Takeshima H, Iino M Kakizawa S, Takeshima H, Iino M A Novel Calcium-Mobilizing Mechanism Mediated by S-nitrosylation-Dependent Modulation of Ryanodine Receptor A Novel Calcium-Mobilizing Mechanism Mediated by S-nitrosylation-Dependent Modulation of Ryanodine Receptor A Novel Calcium-Mobilizing Mechanism Mediated by S-nitrosylation-Dependent Modulation of Ryanodine Receptor Meesenger, 1, 2, 133-140 Meesenger, 1, 2, 133-140 Meesenger, 1, 2, 133-140 2012 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Zhao X, Yamazaki D, Kakizawa S, Pan Z, Takeshima H, Ma J Zhao X, Yamazaki D, Kakizawa S, Pan Z, Takeshima H, Ma J X. Zhao; D. Yamazaki; S. Kakizawa; Z. Pan; H. Takeshima; J. Ma Molecular architecture of Ca2+ signaling control in muscle and heart cells. Molecular architecture of Ca2+ signaling control in muscle and heart cells. Molecular architecture of Ca2+ signaling control in muscle and heart cells. Channels (Austin, Tex.), 5, 5, 391-396 Channels (Austin, Tex.), 5, 5, 391-396 Channels (Austin, Tex.), 5, 5, 391-396 2011/09 英語 公開
Yamazaki D, Tabara Y, Kita S, Hanada H, Komazaki S, Naitou D, Mishima A, Nishi M, Yamamura H, Yamamoto S, Kakizawa S, Miyachi H, Yamamoto S, Miyata T, Kawano Y, Kamide K, Ogihara T, Hata A, Umemura S, Soma M, Takahashi N, Imaizumi Y, Miki T, Iwamoto T, Takeshima H Yamazaki D, Tabara Y, Kita S, Hanada H, Komazaki S, Naitou D, Mishima A, Nishi M, Yamamura H, Yamamoto S, Kakizawa S, Miyachi H, Yamamoto S, Miyata T, Kawano Y, Kamide K, Ogihara T, Hata A, Umemura S, Soma M, Takahashi N, Imaizumi Y, Miki T, Iwamoto T, Takeshima H D. Yamazaki; Y. Tabara; S. Kita; H. Hanada; S. Komazaki; D. Naitou; A. Mishima; M. Nishi; H. Yamamura; S. Yamamoto; S. Kakizawa; H. Miyachi; S. Yamamoto; T. Miyata; Y. Kawano; K. Kamide; T. Ogihara; A. Hata; S. Umemura; M. Soma; N. Takahashi; Y. Imaizumi; T. Miki; T. Iwamoto; H. Takeshima TRIC-A channels in vascular smooth muscle contribute to blood pressure maintenance. TRIC-A channels in vascular smooth muscle contribute to blood pressure maintenance. TRIC-A channels in vascular smooth muscle contribute to blood pressure maintenance Cell metabolism, 14, 2, 231-241 Cell metabolism, 14, 2, 231-241 Cell Metabolism, 14, 2, 231-241 2011/08 英語 公開
森望、柿澤昌 森望、柿澤昌 Mori, N., Kakizawa, S. 老化脳 老化脳 Aging Brain 臨床神経科学, 29, 7, 811-815 臨床神経科学, 29, 7, 811-815 Clinical Neuroscience, 29, 7, 811-815 2011/07 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
Venturi E, Mio K, Nishi M, Ogura T, Moriya T, Pitt SJ, Okuda K, Kakizawa S, Sitsapesan R, Sato C, Takeshima H Venturi E, Mio K, Nishi M, Ogura T, Moriya T, Pitt SJ, Okuda K, Kakizawa S, Sitsapesan R, Sato C, Takeshima H E. Venturi; K. Mio; M. Nishi; T. Ogura; T. Moriya; S.J. Pitt; K. Okuda; S. Kakizawa; R. Sitsapesan; C. Sato; H. Takeshima Mitsugumin 23 forms a massive bowl-shaped assembly and cation-conducting channel. Mitsugumin 23 forms a massive bowl-shaped assembly and cation-conducting channel. Mitsugumin 23 forms a massive bowl-shaped assembly and cation-conducting channel Biochemistry, 50, 13, 2623-2632 Biochemistry, 50, 13, 2623-2632 Biochemistry, 50, 13, 2623-2632 2011/04 英語 公開
柿澤 昌 柿澤 昌 Kakizawa, S. 1型インシュリン用成長因子受容体 1型インシュリン用成長因子受容体 IGF-1 receptor 生体の科学, 61, 5, 386-387 生体の科学, 61, 5, 386-387 SEITAI NO KAGAKU, 61, 5, 386-387 2010/09 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kakizawa S, Moriguchi S, Ikeda A, Iino M, Takeshima H Kakizawa S, Moriguchi S, Ikeda A, Iino M, Takeshima H Kakizawa S, Moriguchi S, Ikeda A, Iino M, Takeshima H Functional crosstalk between cell-surface and intracellular channels mediated by junctophilins essential for neuronal functions. Functional crosstalk between cell-surface and intracellular channels mediated by junctophilins essential for neuronal functions. Functional crosstalk between cell-surface and intracellular channels mediated by junctophilins essential for neuronal functions. Cerebellum (London, England), 7, 3, 385-391 Cerebellum (London, England), 7, 3, 385-391 Cerebellum (London, England), 7, 3, 385-391 2008/09 英語 公開
Kamikubo Y, Tabata T, Kakizawa S, Kawakami D, Watanabe M, Ogura A, Iino M, Kano M Kamikubo Y, Tabata T, Kakizawa S, Kawakami D, Watanabe M, Ogura A, Iino M, Kano M Y. Kamikubo; T. Tabata; S. Kakizawa; D. Kawakami; M. Watanabe; A. Ogura; M. Iino; M. Kano Postsynaptic GABAB receptor signalling enhances LTD in mouse cerebellar Purkinje cells. Postsynaptic GABAB receptor signalling enhances LTD in mouse cerebellar Purkinje cells. Postsynaptic GABA<sub>B</sub> receptor signalling enhances LTD in mouse cerebellar Purkinje cells The Journal of physiology, 585, Pt 2, 549-563 The Journal of physiology, 585, Pt 2, 549-563 Journal of Physiology, 585, Pt 2, 549-563 2007/12 英語 公開
Ikeda A, Miyazaki T, Kakizawa S, Okuno Y, Tsuchiya S, Myomoto A, Saito SY, Yamamoto T, Yamazaki T, Iino M, Tsujimoto G, Watanabe M, Takeshima H Ikeda A, Miyazaki T, Kakizawa S, Okuno Y, Tsuchiya S, Myomoto A, Saito SY, Yamamoto T, Yamazaki T, Iino M, Tsujimoto G, Watanabe M, Takeshima H A. Ikeda; T. Miyazaki; S. Kakizawa; Y. Okuno; S. Tsuchiya; A. Myomoto; S.-y. Saito; T. Yamamoto; T. Yamazaki; M. Iino; G. Tsujimoto; M. Watanabe; H. Takeshima Abnormal features in mutant cerebellar Purkinje cells lacking junctophilins. Abnormal features in mutant cerebellar Purkinje cells lacking junctophilins. Abnormal features in mutant cerebellar Purkinje cells lacking junctophilins Biochemical and biophysical research communications, 363, 3, 835-839 Biochemical and biophysical research communications, 363, 3, 835-839 Biochemical and Biophysical Research Communications, 363, 3, 835-839 2007/11 英語 公開
Uemura T, Kakizawa S, Yamasaki M, Sakimura K, Watanabe M, Iino M, Mishina M Uemura T, Kakizawa S, Yamasaki M, Sakimura K, Watanabe M, Iino M, Mishina M T. Uemura; S. Kakizawa; M. Yamasaki; K. Sakimura; M. Watanabe; M. Iino; M. Mishina Regulation of long-term depression and climbing fiber territory by glutamate receptor delta2 at parallel fiber synapses through its C-terminal domain in cerebellar Purkinje cells. Regulation of long-term depression and climbing fiber territory by glutamate receptor delta2 at parallel fiber synapses through its C-terminal domain in cerebellar Purkinje cells. Regulation of long-term depression and climbing fiber territory by glutamate receptor δ2 at parallel fiber synapses through its C-terminal domain in cerebellar Purkinje cells The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience, 27, 44, 12096-12108 The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience, 27, 44, 12096-12108 Journal of Neuroscience, 27, 44, 12096-12108 2007/10 英語 公開
Kina S, Tezuka T, Kusakawa S, Kishimoto Y, Kakizawa S, Hashimoto K, Ohsugi M, Kiyama Y, Horai R, Sudo K, Kakuta S, Iwakura Y, Iino M, Kano M, Manabe T, Yamamoto T Kina S, Tezuka T, Kusakawa S, Kishimoto Y, Kakizawa S, Hashimoto K, Ohsugi M, Kiyama Y, Horai R, Sudo K, Kakuta S, Iwakura Y, Iino M, Kano M, Manabe T, Yamamoto T S.-I. Kina; T. Tezuka; S. Kusakawa; Y. Kishimoto; S. Kakizawa; K. Hashimoto; M. Ohsugi; Y. Kiyama; R. Horai; K. Sudo; S. Kakuta; Y. Iwakura; M. Iino; M. Kano; T. Manabe; T. Yamamoto Involvement of protein-tyrosine phosphatase PTPMEG in motor learning and cerebellar long-term depression. Involvement of protein-tyrosine phosphatase PTPMEG in motor learning and cerebellar long-term depression. Involvement of protein-tyrosine phosphatase PTPMEG in motor learning and cerebellar long-term depression The European journal of neuroscience, 26, 8, 2269-2278 The European journal of neuroscience, 26, 8, 2269-2278 European Journal of Neuroscience, 26, 8, 2269-2278 2007/10 英語 公開
Fujiwara A, Kakizawa S, Iino M Fujiwara A, Kakizawa S, Iino M A. Fujiwara; S. Kakizawa; M. Iino Induction of cerebellar long-term depression requires activation of calcineurin in Purkinje cells. Induction of cerebellar long-term depression requires activation of calcineurin in Purkinje cells. Induction of cerebellar long-term depression requires activation of calcineurin in Purkinje cells Neuropharmacology, 52, 8, 1663-1670 Neuropharmacology, 52, 8, 1663-1670 Neuropharmacology, 52, 8, 1663-1670 2007/06 英語 公開
Kakizawa S, Kishimoto Y, Hashimoto K, Miyazaki T, Furutani K, Shimizu H, Fukaya M, Nishi M, Sakagami H, Ikeda A, Kondo H, Kano M, Watanabe M, Iino M, Takeshima H Kakizawa S, Kishimoto Y, Hashimoto K, Miyazaki T, Furutani K, Shimizu H, Fukaya M, Nishi M, Sakagami H, Ikeda A, Kondo H, Kano M, Watanabe M, Iino M, Takeshima H S. Kakizawa; Y. Kishimoto; K. Hashimoto; T. Miyazaki; K. Furutani; H. Shimizu; M. Fukaya; M. Nishi; H. Sakagami; A. Ikeda; H. Kondo; M. Kano; M. Watanabe; M. Iino; H. Takeshima Junctophilin-mediated channel crosstalk essential for cerebellar synaptic plasticity. Junctophilin-mediated channel crosstalk essential for cerebellar synaptic plasticity. Junctophilin-mediated channel crosstalk essential for cerebellar synaptic plasticity The EMBO journal, 26, 7, 1924-1933 The EMBO journal, 26, 7, 1924-1933 EMBO Journal, 26, 7, 1924-1933 2007/04 英語 公開
柿澤昌 柿澤昌 柿澤昌 成熟脳におけるシナプスの機能維持には神経活動が必要である 成熟脳におけるシナプスの機能維持には神経活動が必要である 成熟脳におけるシナプスの機能維持には神経活動が必要である 日本生理学雜誌 = JOURNAL OF THE PHYSIOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN, 68, 6 日本生理学雜誌 = JOURNAL OF THE PHYSIOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN, 68, 6 日本生理学雜誌 = JOURNAL OF THE PHYSIOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN, 68, 6 2006/06/01 公開
Furutani; Y. Okubo; S. Kakizawa; M. Iino Furutani; Y. Okubo; S. Kakizawa; M. Iino Furutani; Y. Okubo; S. Kakizawa; M. Iino Postsynaptic inositol 1,4,5-triphosphate signaling maintains presynaptic function of parallel fiber-Purkinje cell synapses via BDNF Postsynaptic inositol 1,4,5-triphosphate signaling maintains presynaptic function of parallel fiber-Purkinje cell synapses via BDNF Postsynaptic inositol 1,4,5-triphosphate signaling maintains presynaptic function of parallel fiber-Purkinje cell synapses via BDNF Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 103, 22, 8528-8533 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 103, 22, 8528-8533 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 103, 22, 8528-8533 2006/05 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
S. Kakizawa; T. Miyazaki; D. Yanagihara; M. Iino; M. Watanabe; M. Kano S. Kakizawa; T. Miyazaki; D. Yanagihara; M. Iino; M. Watanabe; M. Kano S. Kakizawa; T. Miyazaki; D. Yanagihara; M. Iino; M. Watanabe; M. Kano Maintenance of presynaptic function by AMPA receptor-mediated excitatory postsynaptic activity in adult brain Maintenance of presynaptic function by AMPA receptor-mediated excitatory postsynaptic activity in adult brain Maintenance of presynaptic function by AMPA receptor-mediated excitatory postsynaptic activity in adult brain Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 102, 52, 19180-19185 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 102, 52, 19180-19185 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 102, 52, 19180-19185 2005/12 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Koekkoek SK, Yamaguchi K, Milojkovic BA, Dortland BR, Ruigrok TJ, Maex R, De Graaf W, Smit AE, VanderWerf F, Bakker CE, Willemsen R, Ikeda T, Kakizawa S, Onodera K, Nelson DL, Mientjes E, Joosten M, De Schutter E, Oostra BA, Ito M, De Zeeuw CI Koekkoek SK, Yamaguchi K, Milojkovic BA, Dortland BR, Ruigrok TJ, Maex R, De Graaf W, Smit AE, VanderWerf F, Bakker CE, Willemsen R, Ikeda T, Kakizawa S, Onodera K, Nelson DL, Mientjes E, Joosten M, De Schutter E, Oostra BA, Ito M, De Zeeuw CI Koekkoek SK, Yamaguchi K, Milojkovic BA, Dortland BR, Ruigrok TJ, Maex R, De Graaf W, Smit AE, VanderWerf F, Bakker CE, Willemsen R, Ikeda T, Kakizawa S, Onodera K, Nelson DL, Mientjes E, Joosten M, De Schutter E, Oostra BA, Ito M, De Zeeuw CI Deletion of FMR1 in Purkinje cells enhances parallel fiber LTD, enlarges spines, and attenuates cerebellar eyelid conditioning in Fragile X syndrome. Deletion of FMR1 in Purkinje cells enhances parallel fiber LTD, enlarges spines, and attenuates cerebellar eyelid conditioning in Fragile X syndrome. Deletion of FMR1 in Purkinje cells enhances parallel fiber LTD, enlarges spines, and attenuates cerebellar eyelid conditioning in Fragile X syndrome. Neuron, 47, 3, 339-352 Neuron, 47, 3, 339-352 Neuron, 47, 3, 339-352 2005/08 公開
Namiki S, Kakizawa S, Hirose K, Iino M Namiki S, Kakizawa S, Hirose K, Iino M S. Namiki; S. Kakizawa; K. Hirose; M. Iino NO signalling decodes frequency of neuronal activity and generates synapse-specific plasticity in mouse cerebellum. NO signalling decodes frequency of neuronal activity and generates synapse-specific plasticity in mouse cerebellum. NO signalling decodes frequency of neuronal activity and generates synapse-specific plasticity in mouse cerebellum The Journal of physiology, 566, Pt 3, 849-863 The Journal of physiology, 566, Pt 3, 849-863 Journal of Physiology, 566, Pt 3, 849-863 2005/08 英語 公開
Okubo Y, Kakizawa S, Hirose K, Iino M Okubo Y, Kakizawa S, Hirose K, Iino M Y. Okubo; S. Kakizawa; K. Hirose; M. Iino Cross talk between metabotropic and ionotropic glutamate receptor-mediated signaling in parallel fiber-induced inositol 1,4,5-trisphosphate production in cerebellar Purkinje cells. Cross talk between metabotropic and ionotropic glutamate receptor-mediated signaling in parallel fiber-induced inositol 1,4,5-trisphosphate production in cerebellar Purkinje cells. Cross talk between metabotropic and ionotropic glutamate receptor-mediated signaling in parallel fiber-induced inositol 1,4,5-trisphosphate production in cerebellar Purkinje cells The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience, 24, 43, 9513-9520 The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience, 24, 43, 9513-9520 Journal of Neuroscience, 24, 43, 9513-9520 2004/10 英語 公開
Kakizawa S, Yamada K, Iino M, Watanabe M, Kano M Kakizawa S, Yamada K, Iino M, Watanabe M, Kano M S. Kakizawa; K. Yamada; M. Iino; M. Watanabe; M. Kano Effects of insulin-like growth factor I on climbing fibre synapse elimination during cerebellar development. Effects of insulin-like growth factor I on climbing fibre synapse elimination during cerebellar development. Effects of insulin-like growth factor I on climbing fibre synapse elimination during cerebellar development The European journal of neuroscience, 17, 3, 545-554 The European journal of neuroscience, 17, 3, 545-554 European Journal of Neuroscience, 17, 3, 545-554 2003/02 英語 公開
柿澤昌 柿澤昌 柿澤昌 EVA樹脂を用いた局所的慢性投与法 - 中枢神経系の発達期可塑性研究への応用例 - EVA樹脂を用いた局所的慢性投与法 - 中枢神経系の発達期可塑性研究への応用例 - EVA樹脂を用いた局所的慢性投与法 - 中枢神経系の発達期可塑性研究への応用例 - 日本比較内分泌学会ニュース = Newsletter of Japan Society for Comparative Endocrinology, 102, 21-29 日本比較内分泌学会ニュース = Newsletter of Japan Society for Comparative Endocrinology, 102, 21-29 日本比較内分泌学会ニュース = Newsletter of Japan Society for Comparative Endocrinology, 102, 21-29 2001/08 公開
A.W. McGee; J.R. Topinka; K. Hashimoto; R.S. Petralia; S. Kakizawa; F. Kauer; A. Aguilera-Moreno; R.J. Wenthold; M. Kano; D.S. Bredt A.W. McGee; J.R. Topinka; K. Hashimoto; R.S. Petralia; S. Kakizawa; F. Kauer; A. Aguilera-Moreno; R.J. Wenthold; M. Kano; D.S. Bredt A.W. McGee; J.R. Topinka; K. Hashimoto; R.S. Petralia; S. Kakizawa; F. Kauer; A. Aguilera-Moreno; R.J. Wenthold; M. Kano; D.S. Bredt PSD-93 knock-out mice reveal that neuronal MAGUKs are not required for development or function of parallel fiber synapses in cerebellum PSD-93 knock-out mice reveal that neuronal MAGUKs are not required for development or function of parallel fiber synapses in cerebellum PSD-93 knock-out mice reveal that neuronal MAGUKs are not required for development or function of parallel fiber synapses in cerebellum Journal of Neuroscience, 21, 9, 3085-3091 Journal of Neuroscience, 21, 9, 3085-3091 Journal of Neuroscience, 21, 9, 3085-3091 2001 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Y. Okubo; S. Kakizawa; K. Hirose; M. Iino Y. Okubo; S. Kakizawa; K. Hirose; M. Iino Y. Okubo; S. Kakizawa; K. Hirose; M. Iino Visualization of IP<sub>3</sub> dynamics reveals a novel AMPA receptor-triggered IP<sub>3</sub> production pathway mediated by voltage-dependent Ca<sup>2+</sup> influx in Purkinje cells Visualization of IP<sub>3</sub> dynamics reveals a novel AMPA receptor-triggered IP<sub>3</sub> production pathway mediated by voltage-dependent Ca<sup>2+</sup> influx in Purkinje cells Visualization of IP<sub>3</sub> dynamics reveals a novel AMPA receptor-triggered IP<sub>3</sub> production pathway mediated by voltage-dependent Ca<sup>2+</sup> influx in Purkinje cells Neuron, 32, 1, 113-122 Neuron, 32, 1, 113-122 Neuron, 32, 1, 113-122 2001 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
柿澤昌, 田端俊英, 狩野方伸 柿澤昌, 田端俊英, 狩野方伸 柿澤昌, 田端俊英, 狩野方伸 小脳の機能発達 (特集 小脳) 小脳の機能発達 (特集 小脳) 小脳の機能発達 (特集 小脳) 神経研究の進歩, 44, 5, 713-722 神経研究の進歩, 44, 5, 713-722 神経研究の進歩, 44, 5, 713-722 2000/10 公開
S. Kakizawa; M. Yamasaki; M. Watanabe; M. Kano S. Kakizawa; M. Yamasaki; M. Watanabe; M. Kano S. Kakizawa; M. Yamasaki; M. Watanabe; M. Kano Critical period for activity-dependent synapse elimination in developing cerebellum Critical period for activity-dependent synapse elimination in developing cerebellum Critical period for activity-dependent synapse elimination in developing cerebellum Journal of Neuroscience, 20, 13, 4954-4961 Journal of Neuroscience, 20, 13, 4954-4961 Journal of Neuroscience, 20, 13, 4954-4961 2000/07 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
柿澤昌 柿澤昌 柿澤昌 ソマトラクチンの生理作用 (総特集 魚類の生育・適応機能と遺伝子) ソマトラクチンの生理作用 (総特集 魚類の生育・適応機能と遺伝子) ソマトラクチンの生理作用 (総特集 魚類の生育・適応機能と遺伝子) 海洋, 30, 2, 62-67 海洋, 30, 2, 62-67 海洋, 30, 2, 62-67 1998/02 公開
Kakizawa S, Ishimatsu A, Takeda T, Kaneko&Yacute; T, Hirano T Kakizawa S, Ishimatsu A, Takeda T, Kaneko&Yacute; T, Hirano T Kakizawa, S. *, Ishimatsu, A., Takeda, T., Kaneko, T. & Hirano, T. Possible involvement of somatolactin in the regulation of plasma bicarbonate for the compensation of acidosis in rainbow trout Possible involvement of somatolactin in the regulation of plasma bicarbonate for the compensation of acidosis in rainbow trout Possible involvement of somatolactin in the regulation of plasma bicarbonate for the compensation of acidosis in rainbow trout. The Journal of experimental biology, 200, Pt 21, 2675-2683 The Journal of experimental biology, 200, Pt 21, 2675-2683 Journal of Experimental Biology 200, 2675-2683, 200, Pt 21, 2675-2683 1997/11 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kakizawa S, Kaneko T, Hirano T Kakizawa S, Kaneko T, Hirano T Kakizawa, S; Kaneko, T; Hirano, T Effects of hypothalamic factors on somatolactin secretion from the organ-cultured pituitary of rainbow trout. Effects of hypothalamic factors on somatolactin secretion from the organ-cultured pituitary of rainbow trout. Effects of hypothalamic factors on somatolactin secretion from the organ-cultured pituitary of rainbow trout General and comparative endocrinology, 105, 1, 71-78 General and comparative endocrinology, 105, 1, 71-78 GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 105, 1, 71-78 1997/01 英語 公開
Kakizawa S, Kaneko T, Hirano T Kakizawa S, Kaneko T, Hirano T Kakizawa S, Kaneko T, Hirano T Elevation of plasma somatolactin concentrations during acidosis in rainbow trout (Oncorhynchus mykiss) Elevation of plasma somatolactin concentrations during acidosis in rainbow trout (Oncorhynchus mykiss) Elevation of plasma somatolactin concentrations during acidosis in rainbow trout (Oncorhynchus mykiss) The Journal of experimental biology, 199, Pt 5, 1043-1051 The Journal of experimental biology, 199, Pt 5, 1043-1051 The Journal of experimental biology, 199, Pt 5, 1043-1051 1996/05 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kakizawa S, Kaneko T, Hasegawa S, Hirano T Kakizawa S, Kaneko T, Hasegawa S, Hirano T KAKIZAWA, S; KANEKO, T; HASEGAWA, S; HIRANO, T Effects of feeding, fasting, background adaptation, acute stress, and exhaustive exercise on the plasma somatolactin concentrations in rainbow trout. Effects of feeding, fasting, background adaptation, acute stress, and exhaustive exercise on the plasma somatolactin concentrations in rainbow trout. EFFECTS OF FEEDING, FASTING, BACKGROUND ADAPTATION, ACUTE STRESS, AND EXHAUSTIVE EXERCISE ON THE PLASMA SOMATOLACTIN CONCENTRATIONS IN RAINBOW-TROUT General and comparative endocrinology, 98, 2, 137-146 General and comparative endocrinology, 98, 2, 137-146 GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 98, 2, 137-146 1995/05 英語 公開
Kakizawa S, Kaneko T, Ogasawara T, Hirano T Kakizawa S, Kaneko T, Ogasawara T, Hirano T KAKIZAWA, S; KANEKO, T; OGASAWARA, T; HIRANO, T Changes in plasma somatolactin levels during spawning migration of chum salmon (Oncorhynchus keta). Changes in plasma somatolactin levels during spawning migration of chum salmon (Oncorhynchus keta). CHANGES IN PLASMA SOMATOLACTIN LEVELS DURING SPAWNING MIGRATION OF CHUM SALMON (ONCORHYNCHUS-KETA) Fish physiology and biochemistry, 14, 2, 93-101 Fish physiology and biochemistry, 14, 2, 93-101 FISH PHYSIOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 14, 2, 93-101 1995/04 英語 公開
Kaneko T, Kakizawa S, Yada T Kaneko T, Kakizawa S, Yada T Kaneko T, Kakizawa S, Yada T Pituitary of "cobalt" variant of the rainbow trout separated from the hypothalamus lacks most pars intermedial and neurohypophysial tissue. Pituitary of "cobalt" variant of the rainbow trout separated from the hypothalamus lacks most pars intermedial and neurohypophysial tissue. Pituitary of "cobalt" variant of the rainbow trout separated from the hypothalamus lacks most pars intermedial and neurohypophysial tissue. General and comparative endocrinology, 92, 1, 31-40 General and comparative endocrinology, 92, 1, 31-40 General and comparative endocrinology, 92, 1, 31-40 1993/10 公開
Kakizawa S, Kaneko T, Hasegawa S, Hirano T Kakizawa S, Kaneko T, Hasegawa S, Hirano T KAKIZAWA, S; KANEKO, T; HASEGAWA, S; HIRANO, T Activation of somatolactin cells in the pituitary of the rainbow trout Oncorhynchus mykiss by low environmental calcium. Activation of somatolactin cells in the pituitary of the rainbow trout Oncorhynchus mykiss by low environmental calcium. ACTIVATION OF SOMATOLACTIN CELLS IN THE PITUITARY OF THE RAINBOW-TROUT ONCORHYNCHUS-MYKISS BY LOW ENVIRONMENTAL CALCIUM General and comparative endocrinology, 91, 3, 298-306 General and comparative endocrinology, 91, 3, 298-306 GENERAL AND COMPARATIVE ENDOCRINOLOGY, 91, 3, 298-306 1993/09 英語 公開
Kaneko, T., Kakizawa, S., Yada, T., Hirano, T. Kaneko, T., Kakizawa, S., Yada, T., Hirano, T. Kaneko, T., Kakizawa, S., Yada, T., Hirano, T. Gene-expression and intracellular-localization of somatolactin in the pituitary of rainbow-trout Gene-expression and intracellular-localization of somatolactin in the pituitary of rainbow-trout Gene-expression and intracellular-localization of somatolactin in the pituitary of rainbow-trout Cell and Tissue Research, 272, 1, 11-16 Cell and Tissue Research, 272, 1, 11-16 Cell and Tissue Research, 272, 1, 11-16 1993/04 英語 研究論文(学術雑誌) 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
Possible Involvement ROS in Physiological Aging through Inhibition of Protein S-nitrosylation of calcium channel[招待あり] Possible Involvement ROS in Physiological Aging through Inhibition of Protein S-nitrosylation of calcium channel [招待あり] Possible Involvement ROS in Physiological Aging through Inhibition of Protein S-nitrosylation of calcium channel [招待あり] The 19th Korea-Japan Joint Symposium for Basic Gerontology The 19th Korea-Japan Joint Symposium for Basic Gerontology The 19th Korea-Japan Joint Symposium for Basic Gerontology 2019/06/28 英語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
活性酸素種(ROS)によるS-ニトロシル化阻害を介したマウス小脳の生理的老化[招待あり] 活性酸素種(ROS)によるS-ニトロシル化阻害を介したマウス小脳の生理的老化 [招待あり] 活性酸素種(ROS)によるS-ニトロシル化阻害を介したマウス小脳の生理的老化 [招待あり] 第92回日本薬理学会年会シンポジウム 第92回日本薬理学会年会シンポジウム 第92回日本薬理学会年会シンポジウム 2019/03/15 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
記憶の維持・消去そして老化-成熟後の神経回路網における機能制御とシグナリング機構.[招待あり] 記憶の維持・消去そして老化-成熟後の神経回路網における機能制御とシグナリング機構. [招待あり] 記憶の維持・消去そして老化-成熟後の神経回路網における機能制御とシグナリング機構. [招待あり] 第190回 東京大学生命環境科学系セミナー 第190回 東京大学生命環境科学系セミナー 第190回 東京大学生命環境科学系セミナー 2019/01/25 日本語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
活性酸素シグナルによる小脳シナプス機能制御[招待あり] 活性酸素シグナルによる小脳シナプス機能制御 [招待あり] 活性酸素シグナルによる小脳シナプス機能制御 [招待あり] 生理学研究所 研究会「シグナル動態の可視化と操作に基づく多階層機能解析の新展開」 生理学研究所 研究会「シグナル動態の可視化と操作に基づく多階層機能解析の新展開」 生理学研究所 研究会「シグナル動態の可視化と操作に基づく多階層機能解析の新展開」 2018/09 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
Involvement of ROS/8-nitro-cGMP signals in cerebellar synaptic plasticity in mice Involvement of ROS/8-nitro-cGMP signals in cerebellar synaptic plasticity in mice Involvement of ROS/8-nitro-cGMP signals in cerebellar synaptic plasticity in mice 第91回日本薬理学会年会・第18 国際薬理学・臨床薬理学会議 第91回日本薬理学会年会・第18 国際薬理学・臨床薬理学会議 2018/07 英語 ポスター発表 公開
レドックスシグナルによる小脳依存的運動学習の制御[招待あり] レドックスシグナルによる小脳依存的運動学習の制御 [招待あり] Involvement of redox signals in cerebellar-dependent motor learning [招待あり] 第71回日本酸化ストレス学会・第18回日本NO学会合同学術集会 第71回日本酸化ストレス学会・第18回日本NO学会合同学術集会 Joint Meeting of The 71th Annual Meeting of Society of Free Radical Research Japan and The 18th Annual Meeting of NO Society of Japan 2018/05/17 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
Involvement of Nitric Oxide-Induced Calcium Release (NICR) through Type 1 Ryanodine Receptor in Extinction of Cerebellum-Dependent Motor Learning. Involvement of Nitric Oxide-Induced Calcium Release (NICR) through Type 1 Ryanodine Receptor in Extinction of Cerebellum-Dependent Motor Learning. Involvement of Nitric Oxide-Induced Calcium Release (NICR) through Type 1 Ryanodine Receptor in Extinction of Cerebellum-Dependent Motor Learning. The 20th International Symposium on Calcium Binding Proteins and Calcium Function in Health and Disease (CaBP20) The 20th International Symposium on Calcium Binding Proteins and Calcium Function in Health and Disease (CaBP20) The 20th International Symposium on Calcium Binding Proteins and Calcium Function in Health and Disease (CaBP20) 2017/10/22 英語 ポスター発表 公開
脳におけるレドックスシグナルの生理的役割とクロストーク[招待あり] 脳におけるレドックスシグナルの生理的役割とクロストーク [招待あり] Physiological Functions and Cross-talk of Redox Signals in CNS [招待あり] 第90回日本薬理学会年会 第90回日本薬理学会年会 2017/03/17 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) 公開
小脳プルキンエ細胞におけるカルシウムストアの維持・制御機構[招待あり] 小脳プルキンエ細胞におけるカルシウムストアの維持・制御機構 [招待あり] Signaling Mechanism for Ca2+-Store Regulation in Cerebellar Purkinje Cells [招待あり] 第90回日本薬理学会年会 第90回日本薬理学会年会 2017/03/15 英語 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) 公開
Involvement of Cerebellar LTP induced by Nitric Oxide-Induced Ca2+ Release in Extinction of Eyeblink Conditioning Involvement of Cerebellar LTP induced by Nitric Oxide-Induced Ca2+ Release in Extinction of Eyeblink Conditioning Involvement of Cerebellar LTP induced by Nitric Oxide-Induced Ca2+ Release in Extinction of Eyeblink Conditioning FENS Forum 2016 FENS Forum 2016 FENS Forum 2016 2016/07 英語 ポスター発表 公開
小脳依存的運動学習の書換えと加齢の影響[招待あり] 小脳依存的運動学習の書換えと加齢の影響 [招待あり] 小脳依存的運動学習の書換えと加齢の影響 [招待あり] 第89回日本薬理学会年会シンポジウム 第89回日本薬理学会年会シンポジウム 第89回日本薬理学会年会シンポジウム 2016/03 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) 公開
新規カルシウム放出機構「一酸化窒素依存的カルシウム放出」と小脳依存性運動学習への関与 新規カルシウム放出機構「一酸化窒素依存的カルシウム放出」と小脳依存性運動学習への関与 新規カルシウム放出機構「一酸化窒素依存的カルシウム放出」と小脳依存性運動学習への関与 第15回日本NO学会学術集会 第15回日本NO学会学術集会 第15回日本NO学会学術集会 2015/06/26 日本語 口頭発表(一般) 公開
S-nitrosylation-mediated regulation of neuronal function S-nitrosylation-mediated regulation of neuronal function S-nitrosylation-mediated regulation of neuronal function 第88回日本薬理学会年会シンポジウム 第88回日本薬理学会年会シンポジウム 第88回日本薬理学会年会シンポジウム 2015/03 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
NO-induced calcium release (NICR) と神経細胞死 NO-induced calcium release (NICR) と神経細胞死 NO-induced calcium release (NICR) と神経細胞死 生理学研究所研究会「新規シグナル伝達分子とその生理学的可能性」 生理学研究所研究会「新規シグナル伝達分子とその生理学的可能性」 生理学研究所研究会「新規シグナル伝達分子とその生理学的可能性」 2014 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
1型リアノジン受容体のS‐ニトロシル化を介した神経細胞死の誘導 1型リアノジン受容体のS‐ニトロシル化を介した神経細胞死の誘導 1型リアノジン受容体のS‐ニトロシル化を介した神経細胞死の誘導 日本薬理学会関東部会プログラム・要旨集 日本薬理学会関東部会プログラム・要旨集 日本薬理学会関東部会プログラム・要旨集 2014 日本語 口頭発表(一般) 公開
ホスホチロシンアダプターShcB欠損マウスにおける小脳機能とプルキンエ細胞内カルシウムシグナル系の阻害 ホスホチロシンアダプターShcB欠損マウスにおける小脳機能とプルキンエ細胞内カルシウムシグナル系の阻害 ホスホチロシンアダプターShcB欠損マウスにおける小脳機能とプルキンエ細胞内カルシウムシグナル系の阻害 基礎老化研究 基礎老化研究 基礎老化研究 2013/05/12 日本語 口頭発表(一般) 公開
内因性チャネルを用いた脳内レドックス環境イメージングと老化・病態脳研究への応用 内因性チャネルを用いた脳内レドックス環境イメージングと老化・病態脳研究への応用 内因性チャネルを用いた脳内レドックス環境イメージングと老化・病態脳研究への応用 平成25年度「脳内環境」夏の領域班会議シンポジウム 平成25年度「脳内環境」夏の領域班会議シンポジウム 平成25年度「脳内環境」夏の領域班会議シンポジウム 2013 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
一酸化窒素及びカルシウムイメージングにより明らかにされた新規シナプス可塑性とカルシウム動因機構 一酸化窒素及びカルシウムイメージングにより明らかにされた新規シナプス可塑性とカルシウム動因機構 一酸化窒素及びカルシウムイメージングにより明らかにされた新規シナプス可塑性とカルシウム動因機構 日本動物学会大会予稿集 日本動物学会大会予稿集 日本動物学会大会予稿集 2012/08/20 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
一酸化窒素シグナル依存的シナプス可塑性と活性酸素種による制御 一酸化窒素シグナル依存的シナプス可塑性と活性酸素種による制御 一酸化窒素シグナル依存的シナプス可塑性と活性酸素種による制御 第84回日本薬理学会年会シンポジウム 第84回日本薬理学会年会シンポジウム 第84回日本薬理学会年会シンポジウム 2011 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
一酸化窒素シグナル依存的可塑性と活性酸素種による制御 一酸化窒素シグナル依存的可塑性と活性酸素種による制御 一酸化窒素シグナル依存的可塑性と活性酸素種による制御 第84回日本生化学会大会フォーラム 第84回日本生化学会大会フォーラム 第84回日本生化学会大会フォーラム 2011 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
リアノジン受容体を介したNOによるCa<sup>2+</sup>放出の機能的意義 リアノジン受容体を介したNOによるCa<sup>2+</sup>放出の機能的意義 リアノジン受容体を介したNOによるCa<sup>2+</sup>放出の機能的意義 日本循環薬理学会口演要旨集 日本循環薬理学会口演要旨集 日本循環薬理学会口演要旨集 2011 日本語 口頭発表(一般) 公開
一酸化窒素によるリアノジン受容体を介したCa<sup>2+</sup>放出機構 一酸化窒素によるリアノジン受容体を介したCa<sup>2+</sup>放出機構 一酸化窒素によるリアノジン受容体を介したCa<sup>2+</sup>放出機構 日本薬理学会関東部会プログラム・要旨集 日本薬理学会関東部会プログラム・要旨集 日本薬理学会関東部会プログラム・要旨集 2011 日本語 口頭発表(一般) 公開
老齢マウス小脳プルキンエ細胞における酸化ストレスによる神経可塑性の低下 老齢マウス小脳プルキンエ細胞における酸化ストレスによる神経可塑性の低下 老齢マウス小脳プルキンエ細胞における酸化ストレスによる神経可塑性の低下 基礎老化研究 基礎老化研究 基礎老化研究 2010/05/28 日本語 口頭発表(一般) 公開
中枢ニューロンにおける受容体アダプター分子によるイオン輸送体機能制御と生理学的意義 中枢ニューロンにおける受容体アダプター分子によるイオン輸送体機能制御と生理学的意義 中枢ニューロンにおける受容体アダプター分子によるイオン輸送体機能制御と生理学的意義 トランスポーター研究会第3回九州部会シンポジウム トランスポーター研究会第3回九州部会シンポジウム トランスポーター研究会第3回九州部会シンポジウム 2009 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
哺乳類小脳回路網の活動依存的な発達・維持機構 哺乳類小脳回路網の活動依存的な発達・維持機構 哺乳類小脳回路網の活動依存的な発達・維持機構 解剖学雑誌 解剖学雑誌 解剖学雑誌 2008/03 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
GABA<sub>B</sub>R‐mGluR1シグナル・クロストークによる小脳LTDの増強 GABA<sub>B</sub>R‐mGluR1シグナル・クロストークによる小脳LTDの増強 GABA<sub>B</sub>R‐mGluR1シグナル・クロストークによる小脳LTDの増強 日本薬理学雑誌 日本薬理学雑誌 日本薬理学雑誌 2008/01/01 日本語 口頭発表(一般) 公開
C57BL/6系統由来のES細胞を用いたグルタミン酸受容体δ2の細胞質内領域C末端ドメイン欠損マウスの樹立 C57BL/6系統由来のES細胞を用いたグルタミン酸受容体δ2の細胞質内領域C末端ドメイン欠損マウスの樹立 C57BL/6系統由来のES細胞を用いたグルタミン酸受容体δ2の細胞質内領域C末端ドメイン欠損マウスの樹立 日本薬理学雑誌 日本薬理学雑誌 日本薬理学雑誌 2008/01/01 日本語 口頭発表(一般) 公開
Maintenance of presynaptic function by postsynaptic IP3 signaling via BDNF Maintenance of presynaptic function by postsynaptic IP3 signaling via BDNF Maintenance of presynaptic function by postsynaptic IP3 signaling via BDNF 第85回日本生理学会大会シンポジウム 第85回日本生理学会大会シンポジウム 第85回日本生理学会大会シンポジウム 2008 英語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
脳は使わないと衰える?−小脳興奮性シナプスの活動依存的維持機構 脳は使わないと衰える?−小脳興奮性シナプスの活動依存的維持機構 脳は使わないと衰える?−小脳興奮性シナプスの活動依存的維持機構 第4回長崎ニューロサイエンス研究会 第4回長崎ニューロサイエンス研究会 第4回長崎ニューロサイエンス研究会 2008 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
一酸化窒素(NO)による細胞内Ca<sup>2+</sup>動員機構 一酸化窒素(NO)による細胞内Ca<sup>2+</sup>動員機構 一酸化窒素(NO)による細胞内Ca<sup>2+</sup>動員機構 日本薬理学会関東部会プログラム・要旨集 日本薬理学会関東部会プログラム・要旨集 日本薬理学会関東部会プログラム・要旨集 2008 日本語 公開
Visualization and manipulation of the signaling systems in the CNS using Sindbis viral vectors Visualization and manipulation of the signaling systems in the CNS using Sindbis viral vectors Visualization and manipulation of the signaling systems in the CNS using Sindbis viral vectors 第29回日本神経科学会シンポジウム 第29回日本神経科学会シンポジウム 第29回日本神経科学会シンポジウム 2006 英語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
活動依存的な小脳興奮性シナプスの機能維持とグルタミン酸受容体の関与 活動依存的な小脳興奮性シナプスの機能維持とグルタミン酸受容体の関与 活動依存的な小脳興奮性シナプスの機能維持とグルタミン酸受容体の関与 生理学研究所研究会 「シナプス形成と可塑性機構獲得の統合的理解へ向けた学際的アプローチ」 生理学研究所研究会 「シナプス形成と可塑性機構獲得の統合的理解へ向けた学際的アプローチ」 生理学研究所研究会 「シナプス形成と可塑性機構獲得の統合的理解へ向けた学際的アプローチ」 2006 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
神経活動依存的シナプス機能維持とレトログレードメッセンジャー 神経活動依存的シナプス機能維持とレトログレードメッセンジャー 神経活動依存的シナプス機能維持とレトログレードメッセンジャー 第81回日本生理学会大会シンポジウム 第81回日本生理学会大会シンポジウム 第81回日本生理学会大会シンポジウム 2004 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
一酸化窒素(NO)シグナルによる神経活動デコーディングとシナプス可塑性:NO可視化プローブを用いたアプローチ 一酸化窒素(NO)シグナルによる神経活動デコーディングとシナプス可塑性:NO可視化プローブを用いたアプローチ 一酸化窒素(NO)シグナルによる神経活動デコーディングとシナプス可塑性:NO可視化プローブを用いたアプローチ 生理学研究所研究会「細胞内シグナル伝達機構の多角的・包括的理解」 生理学研究所研究会「細胞内シグナル伝達機構の多角的・包括的理解」 生理学研究所研究会「細胞内シグナル伝達機構の多角的・包括的理解」 2004 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
小脳機能的回路網形成における非対称性の発達と臨界期 小脳機能的回路網形成における非対称性の発達と臨界期 小脳機能的回路網形成における非対称性の発達と臨界期 日本動物学会第73回大会シンポジウム 日本動物学会第73回大会シンポジウム 日本動物学会第73回大会シンポジウム 2002 日本語 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 公開
発達期小脳における過剰な登上線維シナプスの神経活動依存性除去機構 発達期小脳における過剰な登上線維シナプスの神経活動依存性除去機構 発達期小脳における過剰な登上線維シナプスの神経活動依存性除去機構 第78回日本生理学会シンポジウム 第78回日本生理学会シンポジウム 第78回日本生理学会シンポジウム 2001 公開
発達期小脳における選択的シナプス除去のメカニズム 発達期小脳における選択的シナプス除去のメカニズム 発達期小脳における選択的シナプス除去のメカニズム 第23回日本神経科学大会・第10回日本神経回路学会大会合同大会シンポジウム 第23回日本神経科学大会・第10回日本神経回路学会大会合同大会シンポジウム 第23回日本神経科学大会・第10回日本神経回路学会大会合同大会シンポジウム 2000 公開
発達期小脳における過剰な登上線維排除の機構 発達期小脳における過剰な登上線維排除の機構 発達期小脳における過剰な登上線維排除の機構 第21回日本分子生物学会 第21回日本分子生物学会 第21回日本分子生物学会 1998/12/01 公開
Elimination of multiple climbing fiber innervation of Purkinje cells during postnatal cerebellar development Elimination of multiple climbing fiber innervation of Purkinje cells during postnatal cerebellar development Elimination of multiple climbing fiber innervation of Purkinje cells during postnatal cerebellar development 第21回日本神経科学・第41回日本神経化学合同大会シンポジウム 第21回日本神経科学・第41回日本神経化学合同大会シンポジウム 第21回日本神経科学・第41回日本神経化学合同大会シンポジウム 1998 公開
Possible involvement of somatolactin in acid-base regulation in fish Possible involvement of somatolactin in acid-base regulation in fish Possible involvement of somatolactin in acid-base regulation in fish The 3rd International Symposium on Fish Endocrinology The 3rd International Symposium on Fish Endocrinology The 3rd International Symposium on Fish Endocrinology 1996 英語 公開
Somatolactin and calcium regulation in fish Somatolactin and calcium regulation in fish Somatolactin and calcium regulation in fish Society for Experimental Biology, Canterbury Meeting Society for Experimental Biology, Canterbury Meeting Society for Experimental Biology, Canterbury Meeting 1993 英語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
柿澤 昌 柿澤 昌 Sho Kakizawa 脳内環境辞典「レドックスシグナル」 脳内環境辞典「レドックスシグナル」 Handbook of Intrabrain Circumstance "Redox Signal" メディカルドゥ メディカルドゥ Medical Do 2017/03 分担執筆 公開
柿澤 昌 柿澤 昌 柿澤 昌 ブレインサイエンス・レビュー2014 「非酵素的翻訳後修飾による脳機能制御機構」 ブレインサイエンス・レビュー2014 「非酵素的翻訳後修飾による脳機能制御機構」 ブレインサイエンス・レビュー2014 「非酵素的翻訳後修飾による脳機能制御機構」 クバプロ クバプロ クバプロ 2014 公開
柿澤 昌 柿澤 昌 柿澤 昌 遺伝子医学MOOK26号 脳内環境−恒常性維持機構の破綻と病気 「内因性チャネルを用いた脳内レドックス環境イメージングと老化・病態脳研究への応用」 遺伝子医学MOOK26号 脳内環境−恒常性維持機構の破綻と病気 「内因性チャネルを用いた脳内レドックス環境イメージングと老化・病態脳研究への応用」 遺伝子医学MOOK26号 脳内環境−恒常性維持機構の破綻と病気 「内因性チャネルを用いた脳内レドックス環境イメージングと老化・病態脳研究への応用」 メディカルドゥ メディカルドゥ メディカルドゥ 2014 公開
柿澤 昌 柿澤 昌 柿澤 昌 脳科学辞典 「ジャンクトフィリン」 脳科学辞典 「ジャンクトフィリン」 脳科学辞典 「ジャンクトフィリン」 Web辞典 Web辞典 Web辞典 2013 公開
柿澤 昌 柿澤 昌 柿澤 昌 脳科学辞典 「リアノジン受容体」 脳科学辞典 「リアノジン受容体」 脳科学辞典 「リアノジン受容体」 Web辞典 Web辞典 Web辞典 2012 公開
竹島 浩, 柿澤 昌 竹島 浩, 柿澤 昌 竹島 浩, 柿澤 昌 トランスポートソームの世界 「Ca2+シグナルとイオンチャネル 総論」 トランスポートソームの世界 「Ca2+シグナルとイオンチャネル 総論」 トランスポートソームの世界 「Ca2+シグナルとイオンチャネル 総論」 京都廣川書店 京都廣川書店 京都廣川書店 2011 公開
竹島 浩, 柿澤 昌 竹島 浩, 柿澤 昌 竹島 浩, 柿澤 昌 トランスポートソームの世界 「小胞体Ca2+放出チャネルファミリー」 トランスポートソームの世界 「小胞体Ca2+放出チャネルファミリー」 トランスポートソームの世界 「小胞体Ca2+放出チャネルファミリー」 京都廣川書店 京都廣川書店 京都廣川書店 2011 公開
竹島 浩, 柿澤 昌 竹島 浩, 柿澤 昌 竹島 浩, 柿澤 昌 トランスポートソームの世界 「結合膜構造とチャネルミクロアセンブリ」 トランスポートソームの世界 「結合膜構造とチャネルミクロアセンブリ」 トランスポートソームの世界 「結合膜構造とチャネルミクロアセンブリ」 京都廣川書店 京都廣川書店 京都廣川書店 2011 公開
柿澤 昌 柿澤 昌 柿澤 昌 新 医歯薬学系学生のための基礎生命科学 「8章 恒常性」 新 医歯薬学系学生のための基礎生命科学 「8章 恒常性」 新 医歯薬学系学生のための基礎生命科学 「8章 恒常性」 京都廣川書店 京都廣川書店 京都廣川書店 2011 公開
柿澤 昌 柿澤 昌 柿澤 昌 新ホルモンハンドブック 「神経栄養因子」 新ホルモンハンドブック 「神経栄養因子」 新ホルモンハンドブック 「神経栄養因子」 南江堂 南江堂 南江堂 2007 公開
柿澤 昌, 狩野 方伸 柿澤 昌, 狩野 方伸 柿澤 昌, 狩野 方伸 脳神経科学イラストレイテッド 「小脳」 脳神経科学イラストレイテッド 「小脳」 脳神経科学イラストレイテッド 「小脳」 羊土社 羊土社 羊土社 2000 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(C) 代表 活性酸素シグナルの脳機能への正負の作用機構の解明 2019/04/01〜2013/03/31
基盤研究(C) 代表 カルシウム放出チャネルのS-ニトロシル化及び酸化修飾を介した小脳機能制御機構 2015/04/01〜2019/03/31
新学術領域研究(研究領域提案型) 代表 内因性チャネルを用いた脳内レドックス環境イメージングと老化・病態脳研究への応用 2012〜2013
挑戦的萌芽研究 代表 酸化ストレス抵抗性を有する変異型チャネルの導入による抗老化への挑戦 2011〜2013
基盤研究(C) 代表 中枢神経系における一酸化窒素シグナル依存性カルシウム放出と生理的意義 2008〜2010
特定領域研究 代表 小胞体膜トランスポートソームにおけるシグナルクロストークと神経機能制御 2008〜2009
基盤研究(C) 代表 小脳興奮性シナプスにおける新規可塑性のシグナリング機構 2006〜2007
特定領域研究 代表 可視化プローブを用いた中枢神経系一酸化窒素動態の解明とシナプス可塑性 2005〜2005
若手研究(B) 代表 小脳興奮性シナプスの発達期可塑性におけるカルシニューリンの役割 2003〜2004
奨励研究(A) 代表 インシュリン様成長因子-1のマウス小脳登上線維シナプスの生後発達に及ぼす影響 2001〜2002
(戦略的基礎研究推進事業研究員により応募資格なし) 代表 1999〜2000
奨励研究(A) 代表 マウス小脳登上線維シナプスの発達に伴う変化とインターロイキン6の影響 1997〜1998
特別研究員奨励費 代表 魚類におけるソマトラクチンの生理作用の解明 1995〜1996
基盤研究(C) 代表 カルシウム放出チャネルのS-ニトロシル化及び酸化修飾を介した小脳機能制御機構 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
基盤研究(C) 代表 カルシウム放出チャネルのS-ニトロシル化及び酸化修飾を介した小脳機能制御機構 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
基盤研究(C) 代表 カルシウム放出チャネルのS-ニトロシル化及び酸化修飾を介した小脳機能制御機構 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
基盤研究(C) 代表 カルシウム放出チャネルのS-ニトロシル化及び酸化修飾を介した小脳機能制御機構 (平成30年度分) 2018/04/01〜2023/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
清水免疫学・神経科学財団 研究助成 柿澤 昌 活性酸素種の神経活動依存的な産生と記憶学習への関与 2019〜2021
全日本コーヒー協会2018年研究助成 柿澤 昌 コーヒー成分の加齢に伴う脳機能低下に対する抑制作用とその分子機構の解明 2018/04/01〜2019/03/31
清水免疫学・神経科学財団研究助成 柿澤 昌 酸化シグナルによるカルシウム放出チャネル阻害の分子機構と老化への関与 2014/__/__〜2016/__/__
島原科学振興会研究助成金 柿澤 昌 リアノジン受容体のS-ニトロシル化を介した神経機能制御機構の解明 2014/__/__〜2015/__/__
ブレインサイエンス振興財団第26回研究助成 柿澤 昌 非酵素的翻訳後修飾による脳機能制御機構 2011/__/__〜2012/__/__
医科学応用研究財団調査研究助成金 柿澤 昌 活性酸素種によるカルシウム放出チャネル機能阻害の分子メカニズム解明とニューロン機能への影響 2010〜2011/__/__
持田記念医学薬学振興財団研究助成 柿澤 昌 中枢神経系機能への活性酸素種の作用機序と抗老化創薬への応用 2010〜2011/__/__
武田科学振興財団医学系研究奨励(基礎) 柿澤 昌 レドックスシグナル依存的カルシウム放出とその生理的役割の解明 2009〜2010/__/__
成茂神経科学研究助成基金 柿澤 昌 成熟脳における退縮シナプスの回復とシグナリング機構 2008〜2008/__/__
豊田理化学研究所研究嘱託 柿澤 昌 マウス小脳登上線維-プルキンエ細胞シナプスの活動依存的機能調節と運動協調への関与 2001/__/__〜2002/__/__
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
生物化学I(物質生化学) 前期 薬学部 2011/04〜2012/03
薬学専門実習III 後期 薬学部 2011/04〜2012/03
生物化学1(物質生化学) 前期 薬学部 2011/04〜2012/03
薬学専門実習4 後期 薬学部 2011/04〜2012/03
基盤生体分子薬学実習 Laboratory Practice in Basic Molecular Biology 通年不定 薬学研究科 2011/04〜2012/03
基盤生体分子薬学実験 Research in Basic Molecular Biology 通年不定 薬学研究科 2011/04〜2012/03
基盤生体分子薬学演習 Basic Molecular Biology Seminar 通年不定 薬学研究科 2011/04〜2012/03
基盤生物化学実験技術 Basic Laboratory Techniques in Biological Chemistry 前期不定 薬学研究科 2011/04〜2012/03
基盤生物化学実験技術(秋入学用) Basic Laboratory Techniques in Biological Chemistry 後期不定 薬学研究科 2011/04〜2012/03
基盤生物化学概論 Introduction to Basic Biological Chemistry 前期不定 薬学研究科 2011/04〜2012/03
基盤生物化学特論Ⅰ Advanced Basic Biological Chemistry I 前期不定 薬学研究科 2011/04〜2012/03
薬学生物学 Fundamental Biology for Pharmaceutical Sciences 前期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
基盤生体分子薬学実習 Laboratory Practice in Basic Molecular Biology 通年不定 薬学研究科 2012/04〜2013/03
基盤生体分子薬学実験 Research in Basic Molecular Biology 通年不定 薬学研究科 2012/04〜2013/03
基盤生体分子薬学演習 Basic Molecular Biology Seminar 通年不定 薬学研究科 2012/04〜2013/03
基盤生物化学実験技術 Basic Laboratory Techniques in Biological Chemistry 前期不定 薬学研究科 2012/04〜2013/03
基盤生物化学実験技術 Basic Laboratory Techniques in Biological Chemistry 後期不定 薬学研究科 2012/04〜2013/03
基盤生物化学概論 Introduction to Basic Biological Chemistry 前期不定 薬学研究科 2012/04〜2013/03
生物化学I(物質生化学) BiochemistryI(Bio molecules) 前期 薬学部 2012/04〜2013/03
生物化学1(物質生化学) Biological Chemistry 1 (Biomolecules) 前期 薬学部 2012/04〜2013/03
薬学専門実習IV Pharmaceutical Laboratory IV: Pharmaceutics and Pharmacology 後期 薬学部 2012/04〜2013/03
薬学専門実習4 Pharmaceutical Laboratory 4 : Biochemistry and Microbiology 後期 薬学部 2012/04〜2013/03
薬学生物学 Fundamental Biology for Pharmaceutical Sciences 前期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
薬つくりにおける生命科学の役割 The Role of Life Science in Drug Discovery 前期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
生物化学1(物質生化学) Biological Chemistry 1 (Biomolecules) 前期 薬学部 2013/04〜2014/03
薬学専門実習4 Pharmaceutical Laboratory 4 : Biochemistry and Microbiology 後期 薬学部 2013/04〜2014/03
基盤生物化学概論 Introduction to Basic Biological Chemistry 前期不定 薬学研究科 2013/04〜2014/03
基盤生物化学実験技術 Basic Laboratory Techniques in Biological Chemistry 前期不定 薬学研究科 2013/04〜2014/03
基盤生物化学実験技術 Basic Laboratory Techniques in Biological Chemistry 後期不定 薬学研究科 2013/04〜2014/03
基盤生物化学特論I Advanced Basic Biological Chemistry I 前期不定 薬学研究科 2013/04〜2014/03
基盤生体分子薬学演習 Basic Molecular Biology Seminar 通年不定 薬学研究科 2013/04〜2014/03
基盤生体分子薬学実験 Research in Basic Molecular Biology 通年不定 薬学研究科 2013/04〜2014/03
基盤生体分子薬学実習 Laboratory Practice in Basic Molecular Biology 通年不定 薬学研究科 2013/04〜2014/03
薬学生物学 Fundamental Biology for Pharmaceutical Sciences 前期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
生物化学1(物質生化学) Biological Chemistry 1 (Biomolecules) 前期 薬学部 2014/04〜2015/03
薬学専門実習4 Pharmaceutical Laboratory 4 : Biochemistry and Microbiology 後期 薬学部 2014/04〜2015/03
基盤生物化学概論 Introduction to Basic Biological Chemistry 前期不定 薬学研究科 2014/04〜2015/03
基盤生物化学実験技術 Basic Laboratory Techniques in Biological Chemistry 前期不定 薬学研究科 2014/04〜2015/03
基盤生物化学実験技術 Basic Laboratory Techniques in Biological Chemistry 後期不定 薬学研究科 2014/04〜2015/03
基盤生体分子薬学演習 Basic Molecular Biology Seminar 通年不定 薬学研究科 2014/04〜2015/03
基盤生体分子薬学実験 Research in Basic Molecular Biology 通年不定 薬学研究科 2014/04〜2015/03
基盤生体分子薬学実習 Laboratory Practice in Basic Molecular Biology 通年不定 薬学研究科 2014/04〜2015/03
薬学生物学 Fundamental Biology for Pharmaceutical Sciences 前期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
薬つくりにおける生命科学の役割 The Role of Life Science in Drug Discovery 前期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
基盤生体分子薬学実習 Laboratory Practice in Basic Molecular Biology 通年不定 薬学研究科 2015/04〜2016/03
基盤生体分子薬学実験 Research in Basic Molecular Biology 通年不定 薬学研究科 2015/04〜2016/03
基盤生体分子薬学演習 Basic Molecular Biology Seminar 通年不定 薬学研究科 2015/04〜2016/03
基盤生物化学実験技術 Basic Laboratory Techniques in Biological Chemistry 前期不定 薬学研究科 2015/04〜2016/03
基盤生物化学実験技術 Basic Laboratory Techniques in Biological Chemistry 後期不定 薬学研究科 2015/04〜2016/03
基盤生物化学概論 Introduction to Basic Biological Chemistry 前期不定 薬学研究科 2015/04〜2016/03
基盤生物化学特論I Advanced Basic Biological Chemistry I 前期不定 薬学研究科 2015/04〜2016/03
生物化学1(物質生化学) Biological Chemistry 1 (Biomolecules) 前期 薬学部 2015/04〜2016/03
薬学専門実習4 Pharmaceutical Laboratory 4 : Biochemistry and Microbiology 後期 薬学部 2015/04〜2016/03
薬学生物学 Fundamental Biology for Pharmaceutical Sciences 前期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
薬つくりにおける生命科学の役割 The Role of Life Science in Drug Discovery 前期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
健康・生命科学入門 Introduction to Biomedical Sciences 前期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
基盤生体分子薬学実習 Laboratory Practice in Basic Molecular Biology 通年不定 薬学研究科 2016/04〜2017/03
基盤生体分子薬学実験 Research in Basic Molecular Biology 通年不定 薬学研究科 2016/04〜2017/03
基盤生体分子薬学演習 Basic Molecular Biology Seminar 通年不定 薬学研究科 2016/04〜2017/03
基盤生物化学実験技術 Basic Laboratory Techniques in Biological Chemistry 前期不定 薬学研究科 2016/04〜2017/03
基盤生物化学実験技術 Basic Laboratory Techniques in Biological Chemistry 後期不定 薬学研究科 2016/04〜2017/03
基盤生物化学概論 Introduction to Basic Biological Chemistry 前期不定 薬学研究科 2016/04〜2017/03
生物化学1(物質生化学) Biological Chemistry 1 (Biomolecules) 前期 薬学部 2016/04〜2017/03
薬学専門実習4 Pharmaceutical Laboratory 4 : Biochemistry and Microbiology 後期 薬学部 2016/04〜2017/03
健康・生命科学入門 Introduction to Biomedical Sciences 前期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
創薬生命科学概論 Introduction to Modern Life Sciences for Drug Discovery 前期不定 薬学研究科 2017/04〜2018/03
基盤生体分子薬学実習 Laboratory Practice in Basic Molecular Biology 通年不定 薬学研究科 2017/04〜2018/03
基盤生体分子薬学実験 Research in Basic Molecular Biology 通年不定 薬学研究科 2017/04〜2018/03
基盤生体分子薬学演習 Basic Molecular Biology Seminar 通年不定 薬学研究科 2017/04〜2018/03
基盤生物化学実験技術 Basic Laboratory Techniques in Biological Chemistry 前期不定 薬学研究科 2017/04〜2018/03
基盤生物化学実験技術 Basic Laboratory Techniques in Biological Chemistry 後期不定 薬学研究科 2017/04〜2018/03
生物化学1(物質生化学) Biological Chemistry 1 (Biomolecules) 前期 薬学部 2017/04〜2018/03
薬学専門実習4 Pharmaceutical Laboratory 4 : Biochemistry and Microbiology 後期 薬学部 2017/04〜2018/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2018/04〜2019/03
健康・生命科学入門 Introduction to Biomedical Sciences 前期 全学共通科目 2018/04〜2019/03
創薬生命科学概論 Introduction to Modern Life Sciences for Drug Discovery 前期不定 薬学研究科 2018/04〜2019/03
基盤生体分子薬学実習 Laboratory Practice in Basic Molecular Biology 通年不定 薬学研究科 2018/04〜2019/03
基盤生体分子薬学実験 Research in Basic Molecular Biology 通年不定 薬学研究科 2018/04〜2019/03
基盤生体分子薬学演習 Basic Molecular Biology Seminar 通年不定 薬学研究科 2018/04〜2019/03
基盤生物化学実験技術 Basic Laboratory Techniques in Biological Chemistry 前期不定 薬学研究科 2018/04〜2019/03
基盤生物化学実験技術 Basic Laboratory Techniques in Biological Chemistry 後期不定 薬学研究科 2018/04〜2019/03
生物化学I(物質生化学) Biological Chemistry 1 (Biomolecules) 後期 薬学部 2018/04〜2019/03
生物化学1(物質生化学) Biological Chemistry 1 (Biomolecules) 前期 薬学部 2018/04〜2019/03
薬学専門実習4 Pharmaceutical Laboratory 4 : Biochemistry and Microbiology 後期 薬学部 2018/04〜2019/03
薬学研究SGD演習 SGD Classes for Pharmaceutical Research 前期 薬学部 2018/04〜2019/03
健康・生命科学入門 Introduction to Biomedical Sciences 前期 全学共通科目 2019/04〜2020/03
基盤生体分子薬学実習 Laboratory Practice in Basic Molecular Biology 通年不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
基盤生体分子薬学実験 Research in Basic Molecular Biology 通年不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
基盤生体分子薬学演習 Basic Molecular Biology Seminar 通年不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
基盤生物化学実験技術 Basic Laboratory Techniques in Biological Chemistry 前期不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
基盤生物化学実験技術 Basic Laboratory Techniques in Biological Chemistry 後期不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
生物化学I(物質生化学) Biological Chemistry 1 (Biomolecules) 後期 薬学部 2019/04〜2020/03
生物化学1(物質生化学) Biological Chemistry 1 (Biomolecules) 後期 薬学部 2019/04〜2020/03
薬学専門実習4 Pharmaceutical Laboratory 4 : Biochemistry and Microbiology 後期 薬学部 2019/04〜2020/03
薬学研究SGD演習 SGD Classes for Pharmaceutical Research 前期 薬学部 2019/04〜2020/03

  • <<
  • >>
  • 表示
全学運営(役職等)
役職名 期間
国際高等教育院 企画評価専門委員会 人文・社会科学部会2 委員 2016/05/01〜2019/03/31
国際高等教育院 企画評価専門委員会 人文・社会科学部会2 委員 2019/04/01〜2020/03/31
部局運営(役職等)
役職名 期間
共用試験委員会 委員 2011/04/01〜2013/03/31
図書委員会 委員 2011/04/01〜
動物実験委員会 委員 2014/04/01〜
教務委員会 委員 2011/04/01〜
環境・安全衛生委員会 委員 2014/04/01〜
情報システム委員会 委員 2011/04/01〜
RI管理委員会 委員 2014/04/01〜