三田村 啓理

最終更新日時:2015/10/29 01:20:56

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
三田村 啓理/ミタムラ ヒロミチ/Hiromichi Mitamura
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
情報学研究科/社会情報学専攻生物圏情報学講座/准教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(情報学) 京都大学
博士(情報学) 京都大学
プロフィール
(日本語)
魚類行動生態学。情報通信技術を応用して高度バイオテレメトリー技術を開発するとともに、それらの新しい技術を魚類へ適用して行動や生態を研究している。国内ではメバルやカサゴなどの沿岸性魚類の回帰・固執行動を中心に研究をおこなっている。国外では、タイ国水産局と共同で絶滅危惧種メコンオオナマズの資源回復に取り組み、ノルウェー自然研究所とともに資源魚類の生態研究をおこなっている。特に近年は、高精度測位バイオテレメトリーシステムの開発をおこなっている。
(英語)
Behavioural ecology. I have been engaged in development of acoustic telemetry. With the advanced technology, fishes around coastal areas in Japan, endangered Mekong giant catfish in Thai, and marine fishes (i.e. Atlantic salmon) in Norway have been studied. A high-resolution positioning acoustic telemetry system has been developed over years.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
生物圏情報学、行動生態学、動物行動学 Bioinformatics, Behavioral ecology, Animal Behavior
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
水産学一般
環境動態解析
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Kawabata Y, Noda T, Nakashima Y, Nanami A, Sato T, Takebe T, Mitamura H, Arai N, Yamaguchi T, Soyano K Use of a gyroscope/accelerometer data logger to identify alternative feeding behaviours in fish. The Journal of experimental biology,217,Pt 18,3204-3208 2014/09
T. Noda; Y. Kawabata; N. Arai; H. Mitamura; S. Watanabe Animal-mounted gyroscope/accelerometer/magnetometer: In situ measurement of the movement performance of fast-start behaviour in fish Journal of Experimental Marine Biology and Ecology,451,55-68 2014 英語
Noda T, Okuyama J, Kawabata Y, Mitamura H, Arai N. Harvesting energy from the oscillation of aquatic animals: testing a vibration-powered generator for bio-logging data logger systems Journal of Advance Marine Science and Technology Society,20,37-43 2014 英語
Hideaki Nishizawa, Runa Tabata, Tomoya Hori, Hiromichi Mitamura, Nobuaki Arai Feeding kinematics of freshwater turtles: what advantage do invasive species possess? Zoology,117,315-318 2014 英語
T. Noda; Y. Kawabata; N. Arai; H. Mitamura; S. Watanabe Monitoring escape and feeding behaviours of cruiser fish by inertial and magnetic sensors PLoS ONE,8,11 2013 英語
J.G. Davidsen; A.H. Rikardsen; E.B. Thorstad; E. Halttunen; H. Mitamura; K. Præbel; J. Skardhamar; T.F. Næsje Homing behaviour of Atlantic Salmon (Salmo salar) during final phase of marine migration and river entry Canadian Journal of Fisheries and Aquatic Sciences,70,5,794-802 2013 英語
H. Mitamura; K. Uchida; Y. Miyamoto; T. Kakihara; A. Miyagi; Y. Kawabata; K. Ichikawa; N. Arai Short-range homing in a site-specific fish: Search and directed movements Journal of Experimental Biology,215,16,2751-2759 2012/08 英語
M. Zagars; K. Ikejima; N. Arai; H. Mitamura; K. Ichikawa; T. Yokota; P. Tongnunui Migration patterns of juvenile Lutjanus argentimaculatus in a mangrove estuary in Trang province, Thailand, as revealed by ultrasonic telemetry Environmental Biology of Fishes,94,2,377-388 2012/06 英語
H. Mitamura; E.B. Thorstad; I. Uglem; P.A. Bjørn; F. Økland; T.F. Næsje; T. Dempster; N. Arai Movements of lumpsucker females in a northern Norwegian fjord during the spawning season Environmental Biology of Fishes,93,4,475-481 2012/04 英語
新家富雄;鴨志田隆;市川光太郎;三田村啓理;荒井修亮 魚類用高精度音響測位システムの開発 電子情報通信学会技術研究報告,111,191(US2011 41-45),11-16 2011/08/23 日本語
Uglem, Ingebrigt; Bjorn, Pal Arne; Mitamura, Hiromichi; Nilsen, Rune Spatiotemporal distribution of coastal and oceanic Atlantic cod Gadus morhua sub-groups after escape from a farm AQUACULTURE ENVIRONMENT INTERACTIONS,1,1,11-19 2010 英語
Hiromichi Mitamura, Yasushi Mitsunaga, Nobuaki Arai, Yukiko Yamagishi, Metha Khachaphichat, Thavee Viputhanumas Seasonal movement of one Mekong giant catfish Pangasianodon gigas in relation to the environment condition in the Mae Peum Reservoir, northern Thailand Verhandlungen des Internationalen Verein Limnologie. Vol. 30 1369-1371 2010 英語
H. Mitamura; K. Uchida; Y. Miyamoto; N. Arai; T. Kakihara; T. Yokota; J. Okuyama; Y. Kawabata; T. Yasuda Preliminary study on homing, site fidelity, and diel movement of black rockfish sebastes inermis measured by acoustic telemetry Fisheries Science,75,5,1133-1140 2009/09 英語
H. Mitamura; N. Arai; Y. Yamagishi; Y. Kawabata; Y. Mitsunaga; M. Khachaphichat; T. Viputhanumas Habitat use and movement of hatchery-reared F2 Mekong giant catfish in the Mae Peum reservoir, Thailand, studied by acoustic telemetry Fisheries Science,75,1,175-182 2009 英語
H. Mitamura; Y. Mitsunaga; N. Arai; T. Viputhanumas Movements of immature hatchery-reared Mekong giant catfish Pangasianodon gigas released in the Mekong River, measured using acoustic telemetry Fisheries Science,74,5,1034-1039 2008/10 英語
H. Mitamura; Y. Mitsunaga; N. Arai; Y. Yamagishi; M. Khachaphichat; T. Viputhanumas Horizontal and vertical movement of Mekong giant catfish Pangasianodon gigas measured using acoustic telemetry in Mae Peum Reservoir, Thailand Fisheries Science,74,4,787-795 2008/08 英語
Kozue Shiomi, Katsufumi Sato, Hiromichi Mitamura, Nobuaki Arai, Yasuhiko Naito, Paul J. Ponganis Effect of ocean current on the 3-D dive paths of Emperor penguins estimated by dead-reckoning Aquatic Biology, Vol. 3 265-270 2008 英語
Y. Kawabata; J. Okuyama; H. Mitamura; K. Asami; K. Yoseda; N. Arai Post-release movement and diel activity patterns of hatchery-reared and wild black-spot tuskfish Choerodon schoenleinii determined by ultrasonic telemetry Fisheries Science,73,5,1147-1154 2007/10 英語
H. Mitamura; Y. Mitsunaga; N. Arai; Y. Yamagishi; M. Khachaphichat; T. Viputhanumas Vertical movements of a Mekong giant catfish (Pangasianodon gigas) in Mae Peum reservoir, Northern Thailand, monitored by a multi-sensor micro data logger Zoological Science,24,7,643-647 2007/07 英語
T. Yokota; R. Masuda; N. Arai; H. Mitamura; Y. Mitsunaga; H. Takeuchi; T. Tsuzaki Hatchery-reared fish have less consistent behavioral pattern compared to wild individuals, exemplified by red tilefish studied using video observation and acoustic telemetry tracking Hydrobiologia,582,109-120 2007/05 英語
MITAMURA Hiromichi;ARAI Nobuaki;MITSUNAGA Yasushi;VIPUTHANUMAS Thavee;KHACHAPHICHAT Metha Hatchery-reared Mekong giant catfish utilized deep areas in the Mae peum reservoir, northern Thailand Proc Int Symp SEASTAR2000 Asian Bio-logging Sci,4th,73-76 2007 英語
Takashi Yokota, Reiji Masuda, Nobuaki Arai, Hiromichi Mitamura, Yasushi Mitsunaga, Hiroyuki Takeuchi, Tatsuo Tsuzaki Behavior of wild and hatchery-reared red tilefish measured by the two methods: video observation and biotelemetry tracking Hydrobiologia, Vol. 582 109-120 2007 英語
T. Yasuda; H. Tanaka; K. Kittiwattanawong; H. Mitamura; W. Klom-In; N. Arai Do female green turtles (Chelonia mydas) exhibit reproductive seasonality in a year-round nesting rookery? Journal of Zoology,269,4,451-457 2006/08 英語
T. Yokota; H. Mitamura; N. Arai; R. Masuda; Y. Mitsunaga; M. Itani; H. Takeuchi; T. Tsuzaki Comparison of behavioral characteristics of hatchery-reared and wild red tilefish Branchiostegus japonicus released in Maizuru Bay by using acoustic biotelemetry Fisheries Science,72,3,520-529 2006/06 英語
H. Mitamura; Y. Mitsunaga; N. Arai; T. Viputhanumas Comparison of two methods of attaching telemetry transmitters to the Mekong giant catfish, Pangasianodon gigas Zoological Science,23,3,235-238 2006/03 英語
MITAMURA Hiromichi;ARAI Nobuaki;NAKAMURA Kouki;SUKUMASAVIN Naruepon;VIPUTHANUMAS Thavee Local knowledge of the Mekong giant catfish at the Sirikit Dam Reservoir, Northern Thailand Proc Int Symp SEASTAR2000 Asian Bio-logging Sci,3rd,79-81 2006 英語
H. Mitamura; N. Arai; W. Sakamoto; Y. Mitsunaga; H. Tanaka; Y. Mukai; K. Nakamura; M. Sasaki; Y. Yoneda Role of olfaction and vision in homing behaviour of black rockfish Sebastes inermis Journal of Experimental Marine Biology and Ecology,322,2,123-134 2005/09/14 英語
H. Mitamura; N. Arai; Y. Mitsunaga; T. Yokota; H. Takeuchi; T. Tsuzaki; M. Itani Directed movements and diel burrow fidelity patterns of red tilefish Branchiostegus japonicus determined using ultrasonic telemetry Fisheries Science,71,3,491-498 2005/06 英語
山岸祐希子;荒井修亮;光永靖;三田村啓理;VIPUTHANUMAS Thavee 自動魚体回収装置の開発とメコンオオナマズの回収実験 海洋理工学会誌,10,2,51-57 2005/04/30 日本語
YAMAGISHI Yukiko;MITAMURA Hiromichi;ARAI Nobuaki;MITSUNAGA Yasushi;KAWABATA Yuki;KHACHAPICHA Metha;VIPUTHANUMAS Thavee Feeding habits of hatchery-reared young Mekong giant catfish in a fish pond and in Mae peum reservoir Proc Int Symp SEASTAR2000 Asian Bio-logging Sci,2nd,17-22 2005 英語
KAWABATA Yuki;YAMAGISHI Yukiko;MITAMURA Hiromichi;MITSUNAGA Yasushi;ARAI Nobuaki;KHACHAPICHA Metha;VIPUTHANUMAS Thavee Study on the behavior of F2 Mekong giant catfish using ultrasonic telemetry Proc Int Symp SEASTAR2000 Asian Bio-logging Sci,2nd,13-16 2005 英語
MITAMURA Hromichi;MITSUNAGA Yasushi;ARAI Nobuaki;YAMAGISHI Yukiko;METHA Khacha;VIPUTHANUMAS Thavee A review of the Mekong giant catfish tracking project (MCTP) from 2002 to 2004 Proc Int Symp SEASTAR2000 Asian Bio-logging Sci,2nd,7-11 2005 英語
Nobuaki Arai, Hiromichi Mitamura, Yasushi Mitsunaga, Viputhanumas. Mekong giant catfish tracking project (MCTP): preliminary results in 2002 In Aquatic telemetry; advances and applications. pp. 125-131. In: M. T. Spedicato, G. Lembo & G. Marmulla (ed.) Rome : FAO/Coispa 2005 英語
横田高士;三田村啓理;荒井修亮;光永靖;竹内宏行;津崎龍雄;井谷匡志 超音波バイオテレメトリーを用いた魚類の行動追跡手法―若狭湾および舞鶴湾におけるアカアマダイの研究例― 海洋理工学会誌,10,1,29-40 2004/11/20 日本語
YAMAGISHI Yukiko;MITAMURA Hiromichi;MITSUNAGA Yasushi;ARAI Nobuaki;METHA Khacha;VIPUTHANUMAS Thavee Study on feeding habits of Mekong giant catfish in Mae peum Reservoir, Thailand Proc Int Symp SEASTAR2000 Bio-logging Sci,2004,105-109 2004 英語
YOKOTA Takashi;MITAMURA Hiromichi;ARAI Nobuaki;MASUDA Reiji;MITSUNAGA Yasushi;TAKEUCHI Hiroyuki;TSUZAKI Tatsuo Study on behavioral characteristics of wild and hatchery-reared red tilefish Proc Int Symp SEASTAR2000 Bio-logging Sci,2004,110-115 2004 英語
MITAMURA Hiromichi;MITSUNAGA Yasushi;ARAI Nobuaki;YAMAGISHI Yukiko;NAKAO Tomohiro;METHA Kancha;VIPUTHANUMAS Thavee Depth-Temperature data logger revealed the fine-scale vertical movement of Mekong giant catfish Pangasianodon gigas in the reservoir Proc Int Symp SEASTAR2000 Bio-logging Sci,2004,98-104 2004 英語
平岡修宜、荒井修亮、中村憲司、坂本亘、三田村啓理、光永靖、米田佳弘 超音波バイオテレメトリーを用いたスズキの移動と回遊の記録 日本水産学会誌,69,6,910-916 2003/11/15 日本語
MITAMURA Hiromichi;MITSUNAGA Yasushi;ARAI Nobuaki;TANAKA Hideji;VIPUTHANUMAS Thavee Pilot study on the movement of Mekong giant catfish in the reservoir Proc Int Symp SEASTAR2000 Bio-logging Sci,2003,83-86 2003 英語
三田村啓理;光永靖;荒井修亮;田中秀二;VIPUTHANUMAS T 人工湖におけるメコンオオナマズの日周深浅移動 海洋理工学会誌,9,2,209-214 2003 日本語
YAMAGISHI Yukiko;MITAMURA Hiromichi;TANAKA Hideji;MITSUNAGA Yasushi;VIPUTHANUMAS Thavee;ARAI Nobuaki A study plan of development of a new device for recapturing free swimming fish Proc Int Symp SEASTAR2000 Bio-logging Sci,2003,87-90 2003 英語
H. Mitamura; N. Arai; W. Sakamoto; Y. Mitsunaga; T. Maruo; Y. Mukai; K. Nakamura; M. Sasaki; Y. Yoneda Evidence of homing of black rockfish Sebastes inermis using biotelemetry Fisheries Science,68,6,1189-1196 2002/12 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
吉田奈緒, 野田琢嗣, 三田村啓理, 荒井修亮, 山根央之, 光永靖, VIPUTHANUMAS Thavee, RATANACHAMNONG Deeka バイオロギングによる水圏生物の行動情報の取得 9 メコンオオナマズはどこにいるのか? 日本水産学会大会講演要旨集,2014,102 2014/03/27 日本語
三田村啓理, 野田琢嗣 双方向通信システムの開発 日本水産学会大会講演要旨集,2014,299 2014/03/27 日本語
大庭悠輝, 河野時廣, 三田村啓理, 市川光太郎, 荒井修亮 バイオテレメトリーによる秋~冬季における支笏湖のヒメマスとブラウントラウトの行動生態 日本水産学会大会講演要旨集,2014,181 2014/03/27 日本語
野田琢嗣, 堀友彌, 和田敏裕, 岩崎高資, 三田村啓理, 荒井修亮 バイオロギングによる水圏生物の行動情報の取得 1 震災後の松川浦におけるマアナゴの行動・生態の解明 1) 日本水産学会大会講演要旨集,2014,100 2014/03/27 日本語
岡本英明, 吉田司, 大畠知紘, 光永靖, 増野祐一郎, 三田村啓理, 荒井修亮, 藤林栄蔵 関西空港護岸での超音波コード化発信機によるキジハタの行動追跡(第2報) 日本水産学会大会講演要旨集,2014,77 2014/03/27 日本語
金輪一輝, 矢本紘章, 吉田奈緒, 大谷徹也, 尾崎爲雄, 三田村啓理, 荒井修亮 バイオロギングによる水圏生物の行動情報取得 8 深海域の保護区におけるズワイガニの行動特性 日本水産学会大会講演要旨集,2014,102 2014/03/27 日本語
高木淳一, 野田琢嗣, 三田村啓理, 高橋晃周 バイオロギングによる水圏生物の行動情報の取得 6 採餌トリップにおけるアデリーペンギンの移動戦略分析 日本水産学会大会講演要旨集,2014,102 2014/03/27 日本語
三田村啓理, 野田琢嗣 データ高回収率を実現するバイオロギング・システムの構築 2. 双方向通信システムの開発 日本水産学会誌,80,6,1011-1011 (J-STAGE) 2014 日本語
矢本紘章, 金輪一輝, 吉田奈緒, 大谷徹也, 尾崎爲雄, 三田村啓理, 荒井修亮 超音波測位テレメトリにおけるレンジテストと実験水域の受信率の比較 海洋理工学会大会講演論文集,2013,41-42 2013/10 日本語
金輪一輝, 矢本紘章, 吉田奈緒, 大谷徹也, 尾崎爲雄, 三田村啓理, 荒井修亮 テレメトリを用いた深海域におけるズワイガニの生態解明 海洋理工学会大会講演論文集,2013,43-44 2013/10 日本語
田中拓希, 福田温史, 三田村啓理, 小路淳 アマモ場における小型魚類に対する捕食圧の昼夜比較―2 累積被食量の南北比較(予報) 日本水産学会大会講演要旨集,2013,26 2013/09/19 日本語
矢本紘章, 金輪一輝, 吉田奈緒, 大谷徹也, 尾崎爲雄, 三田村啓理, 荒井修亮 超音波バイオテレメトリーによるズワイガニの行動観察‐1 設置型受信機による大水深での追跡調査 日本水産学会大会講演要旨集,2013,61 2013/03/26 日本語
菊池和紀, 藤岡紘, 福田漠生, 市川光太郎, 三田村啓理, 荒井修亮 高精度音響測位システムによるクロマグロ0歳魚の群行動観測 日本水産学会大会講演要旨集,2013,81 2013/03/26 日本語
岡本英明, 張間千鶴, 吉田司, 吉田奈緒, 三田村啓理, 荒井修亮, 藤林栄蔵, 小寺敬太郎 関西空港護岸での超音波コード化発信機によるキジハタの行動追跡 日本水産学会大会講演要旨集,2013,64 2013/03/26 日本語
石川正和, 野田琢嗣, 三田村啓理, 藤岡紘, 福田漠生, 荒井修亮 ジャイロロガーを用いたクロマグロのグライド分析 日本水産学会大会講演要旨集,2013,63 2013/03/26 日本語
金輪一輝, 矢本紘章, 吉田奈緒, 大谷徹也, 尾崎爲雄, 三田村啓理, 荒井修亮 超音波テレメトリーによるズワイガニの行動観察‐2 加速度発信機による詳細な行動測定の試み 日本水産学会大会講演要旨集,2013,61 2013/03/26 日本語
福田漠生, 藤岡紘, 竹内幸夫, 三田村啓理, 菊池和紀, 荒井修亮, 市川光太郎 魚群構成個体数によるクロマグロの群構造の違いについて 日本水産学会大会講演要旨集,2013,81 2013/03/26 日本語
吉田奈緒, 三田村啓理, 荒井修亮, 山根央之, 光永靖, VIPUTHANUMAS Thavee, RATANACHAMNONG Deeka 超音波テレメトリーによるメコンオオナマズの行動解析―1 VPSによるメコンオオナマズの詳細な行動 日本水産学会大会講演要旨集,2013,186 2013/03/26 日本語
山根央之, 光永靖, 吉田奈緒, 三田村啓理, 荒井修亮, VIPUTHANUMAS Thavee, RATANACHAMNONG Deeka 超音波テレメトリーによるメコンオオナマズの行動解析‐2 周辺環境とメコンオオナマズの行動 日本水産学会大会講演要旨集,2013,186 2013/03/26 日本語
三田村啓理 電子標識を用いた高度回遊性魚類の生態研究の現状 超音波テレメトリー―沿岸の魚類を追いかける― 月刊海洋,45,3,133-140 2013/03/01 日本語
野田琢嗣, 三田村啓理, 高橋晃周, 荒井修亮 ジャイロセンサ搭載データロガーを用いた水圏動物の高精度運動解析 極域科学シンポジウム講演予稿集(CD-ROM),4th,ROMBUNNO.OB,NODATAKUJI,1 2013 日本語
中川正博, 市川光太郎, 笹倉豊喜, 新家富雄, 荒井修亮, 三田村啓理 超音波バイオテレメトリーのための周波数変調方式を用いた超音波発信機の開発と評価 海洋理工学会大会講演論文集,2013,45-46 2013 日本語
荒井修亮, 三田村啓理, 吉田奈緒, VIPUTHANUMAS Thavee, RATANACHAMNONG Deeka バイオテレメトリーによるメコンオオナマズの生態解明―1 VPSによる測位精度の評価 日本水産学会大会講演要旨集,2012,11 2012/09/14 日本語
三田村啓理, 荒井修亮, 吉田奈緒, VIPUTHANUMAS Thavee, RATANACHAMNONG Deeka バイオテレメトリーによるメコンオオナマズの生態解明―3 VPSによる放流直後の移動 日本水産学会大会講演要旨集,2012,35 2012/09/14 日本語
吉田奈緒, 荒井修亮, 三田村啓理, VIPUTHANUMAS Thavee, RATANACHAMNONG Deeka バイオテレメトリーによるメコンオオナマズの生態解明―2 水槽実験による活動量測定の評価 日本水産学会大会講演要旨集,2012,35 2012/09/14 日本語
吉田奈緒, 三田村啓理, 佐々木雅人, 岡本英明, 吉田司, 荒井修亮 最新の加速度超音波発信機によるキジハタ活動量測定 日本水産学会大会講演要旨集,2012,76 2012/03/26 日本語
三田村啓理, 市川光太郎, 河野時廣, 新家富雄, 荒井修亮 広帯域高精度測位バイオテレメトリーを用いたヒメマスの母川回帰行動モニタリング 日本水産学会大会講演要旨集,2012,76 2012/03/26 日本語
藤岡紘, 福田漠生, 三田村啓理, 荒井修亮, 市川光太郎, 竹内幸夫 屋外生簀でのクロマグロの群行動の定量評価 日本水産学会大会講演要旨集,2012,59 2012/03/26 日本語
吉田奈緒, 三田村啓理, 荒井修亮 超音波加速度発信機による魚類の活動量測定 海洋理工学会大会講演論文集,2012,49-50 2012 日本語
新家富雄, 鴨志田隆, 市川光太郎, 三田村啓理, 荒井修亮 魚類用高精度バイオテレメトリーシステムの開発 海洋理工学会大会講演論文集,2011,71-72 2011/11 日本語
市川光太郎, 三田村啓理, 荒井修亮, 新家富雄, 小路淳 バイオテレメトリーを用いた小型魚類の行動研究 1 高精度音響測位システムの開発 日本水産学会大会講演要旨集,2011,75 2011/09/28 日本語
櫻井優子, 内田圭一, 三田村啓理, 宮本佳則, 柿原利治, 荒井修亮 垂直護岸域におけるシロメバルの日周鉛直行動 日本水産学会大会講演要旨集,2011,76 2011/09/28 日本語
三田村啓理, 市川光太郎, 小路淳, 新家富雄, 荒井修亮 バイオテレメトリー用いた小型魚類の行動研究 2 新技術の開発とアカメバルの移動モニタリング 日本水産学会大会講演要旨集,2011,76 2011/09/28 日本語
野田琢嗣, 奥山隼一, 三田村啓理, 市川光太郎, 荒井修亮 動物装着型データロガーにより得られる水圏動物の運動に関する時系列データから類似パタンを抽出する試み 統計関連学会連合大会講演報告集,2011,24 2011/09 日本語
三田村啓理, 荒井修亮 ノルウェーの魚類バイオテレメトリー研究―フィヨルドで魚を追いかける― 海洋理工学会大会講演論文集,2011,79-80 2011/05 日本語
澤崎和也, 河野時廣, 荒井修亮, 三田村啓理, 木原稔 2009年11月から2010年1月における支笏湖でのブラウントラウトの行動生態 日本水産学会大会講演要旨集,2011,206 2011/03/27 日本語
三田村啓理, 市川光太郎, 至田佳晃, 渡邊春隆, 横田高士, 小路淳, 新家富雄, 荒井修亮 バイオテレメトリー新技術を用いた水圏生物研究 4 新技術の開発とアカメバルの移動モニタリング 日本水産学会大会講演要旨集,2011,84 2011/03/27 日本語
渡邊春隆, 三田村啓理, 至田佳晃, 市川光太郎, 横田高士, 小路淳, 上村泰洋, 森田拓真, 木下光, 荒井修亮 バイオテレメトリー新技術を用いた水圏生物研究 2 瀬戸内海生野島沿岸におけるアカメバル成魚のアマモ場利用 日本水産学会大会講演要旨集,2011,83 2011/03/27 日本語
櫻井優子, 柚木光, 内田圭一, 三田村啓理, 宮本佳則, 柿原利治, 荒井修亮 環境変化に対するメバルの行動調査の試み 日本水産学会大会講演要旨集,2011,81 2011/03/27 日本語
市川光太郎, 三田村啓理, 渡邊春隆, 横田高士, 荒井修亮, 至田佳晃, 新家富雄, 小路淳 バイオテレメトリー新技術を用いた水圏生物研究 3 高精度音響測位システムの開発 日本水産学会大会講演要旨集,2011,83 2011/03/27 日本語
荒井修亮, 三田村啓理, 奥山隼一, 木村里子, 野田琢嗣, 溝端紀子, ZAGARS Matiss, 市川光太郎, 安田十也, 横田高士, 河端雄毅, 新家富雄 バイオテレメトリー新技術を用いた水圏生物研究 1 バイオテレメトリー研究の成果総括と展望 日本水産学会大会講演要旨集,2011,83 2011/03/27 日本語
MITAMURA, HIROMICHI/UCHIDA, KEIICHI/MIYAMOTO, YOSHINORI/ARAI, NOBUAKI/KAKIHARA, TOSHIHARU/YOKOTA, TAKASHI/OKUYAMA, JUNICHI/KAWABATA, YUUKI/YASUDA, TOHYA Telemetry monitoring of fine scale movement: behavior of black rockfish in a small home range Proceedings of the 6th International Symposium on SEASTAR2000 and Asian Bio-logging Science (The 10th SEASTAR2000 workshop),103-107 2011/03 英語
和田敏裕, 神山享一, 三田村啓理, 荒井修亮 バイオテレメトリーによるホシガレイ種苗の松川浦移動分散の解明 日本水産学会大会講演要旨集,2010,62 2010/09/22 日本語
新家富雄, 鴨志田隆, 江本博俊, 清水浩, 服部真人, 三田村啓理, 市川光太郎, 荒井修亮 AUSOMS Version3.0の開発 海洋理工学会大会講演論文集,2010,45-46 2010/05 日本語
Hiromichi Mitamura, Nobuaki Arai, Yukiko Yamagishi, Yuuki Kawabata, Thavee Viputhanumas, Metha Khachaphichat Hatchery-reared F2 Mekong giant catfish spent their time above hypoxia in the Mae peum reservoir, Thailand Proceedings of the 5th international Symposium on SEASTAR2000 and Asian Bio-logging Science, 79-82. 2010 英語
三田村啓理, 土井鮎美, 宮城亜紀, 内田圭一, 宮本佳則, 柿原利治, 河端雄毅, 市川光太郎, 荒井修亮 メバルはどのように回帰するか 日本水産学会大会講演要旨集,2009,64 2009/03/27 日本語
三田村啓理, 山岸祐希子, 河端雄毅, 荒井修亮, KHACHAPHICHAT Metha, VIPUTHANUMAS Thavee バイオテレメトリーによるタイ国メプン湖におけるメコンオオナマズの生息場所と行動パターン 日本水産学会大会講演要旨集,2008,40 2008/03/27 日本語
三田村啓理, 荒井修亮 ノルウェーにおける魚類バイオテレメトリー研究の現状―ランプサッカーの追跡調査を行って― 海洋理工学会大会講演論文集,2008,67-68 2008 日本語
三田村啓理, UGLEM Ingebrigt, THORSTAD Eva B., BJORN Pal Arne, NAESJE Tor F., OKLAND Finn, DEMPSTER Tim, 荒井修亮 バイオテレメトリーによる水圏生物情報の取得と応用 1~フィヨルドにおけるランプサッカーの移動追跡~ 日本水産学会大会講演要旨集,2007,192 2007/03/28 日本語
三田村啓理 バイオテレメトリーによるメコンオオナマズの行動生態に関する研究 海洋理工学会大会講演論文集,2006,65-69 2006/10 日本語
河端雄毅, 奥山隼一, 三田村啓理, 浅見公雄, 千村昌之, 与世田兼三, 荒井修亮 バイオテレメトリーによる魚類生態情報の取得 3~石垣島浦底湾における天然及び飼育シロクラベラの行動追跡~ 日本水産学会大会講演要旨集,2006,39 2006/03/30 日本語
山岸祐希子, 三田村啓理, 荒井修亮, 光永靖, KHACHAPHICHAT Metha, VIPUTHANUMAS Thavee バイオテレメトリーによる魚類生態情報の取得 1~タイ国メプン湖におけるメコンオオナマズの摂餌生態~ 日本水産学会大会講演要旨集,2006,38 2006/03/30 日本語
三田村啓理 魚類の行動解析への応用 1.メバルの回帰・固執行動 日本水産学会大会講演要旨集,2006,326 2006/03/30 日本語
三田村啓理, 折井麗子, 内田圭一, 宮本佳則, 円谷啓, 荒井修亮, 柿原利治, 古沢昌彦 バイオテレメトリーによる水圏生物情報の取得と応用 6~LBL方式バイオテレメトリーシステムによるメバルの行動追跡~ 日本水産学会大会講演要旨集,2005,196 2005/04/01 日本語
横田高士, 三田村啓理, 荒井修亮, 益田玲爾, 光永靖, 竹内宏行, 津崎龍雄 バイオテレメトリーによる水圏生物情報の取得と応用 7~環境変化に対するアカアマダイの行動特性~ 日本水産学会大会講演要旨集,2005,196 2005/04/01 日本語
三田村啓理, 光永靖, 山岸祐希子, 荒井修亮, VIPUTHANUMAS Thavee バイオテレメトリーによる水圏生物情報の取得と応用 4~タイ国メプン湖におけるメコンオオナマズの行動追跡~ 日本水産学会大会講演要旨集,2005,195 2005/04/01 日本語
山岸祐希子, 荒井修亮, 光永靖, 三田村啓理, VIPUTHANUMAS Thavee バイオテレメトリーによる水圏生物情報の取得と応用 5~タイ国メプン湖におけるメコンオオナマズの食性~ 日本水産学会大会講演要旨集,2005,195 2005/04/01 日本語
三田村啓理, 光永靖, 岡野奨, 中村憲司, 阪上雄康, 荒井修亮, 坂本亘 バイオテレメトリーによる水圏生物情報の取得と応用 6~地磁気がメバルの回帰・固執行動に及ぼす影響~ 日本水産学会大会講演要旨集,2004,78 2004/03/31 日本語
奥山隼一, 三田村啓理, 光永靖, KITTIWATTANAWONG K, 荒井修亮 バイオテレメトリーによる水圏生物情報の取得と応用 4~タイ国アンダマン海におけるタイマイ亜成体追跡の試み~ 日本水産学会大会講演要旨集,2004,77 2004/03/31 日本語
光永靖, 三田村啓理, 荒井修亮, VIPUTHANUMAS T バイオテレメトリーによる水圏生物情報の取得と応用 8~タイ国メコン川におけるメコンオオナマズの追跡~ 日本水産学会大会講演要旨集,2004,78 2004/03/31 日本語
横田高士, 三田村啓理, 荒井修亮, 光永靖, 益田玲爾, 藤原建紀, 竹内宏行, 津崎龍雄 バイオテレメトリーによる水圏生物情報の取得と応用 7~アカアマダイ放流魚の日周行動~ 日本水産学会大会講演要旨集,2004,78 2004/03/31 日本語
三田村啓理, 光永靖, 山岸祐希子, 荒井修亮, VIPUTHANUMAS T バイオテレメトリーによる水圏生物情報の取得と応用 9~タイ国メプン湖におけるメコンオオナマズの日周行動~ 日本水産学会大会講演要旨集,2004,79 2004/03/31 日本語
安田十也, 田中秀二, 三田村啓理, 荒井修亮, KITTIWATTANAWONG K, KLOM‐IN W, 坂本亘 バイオテレメトリーによる水圏生物情報の取得と応用 3~シミラン諸島におけるアオウミガメの産卵時期~ 日本水産学会大会講演要旨集,2004,77 2004/03/31 日本語
平岡修宜, 荒井修亮, 中村憲司, 坂本亘, 三田村啓理, 光永靖, 米田佳弘 超音波バイオテレメトリーを用いたスズキの移動と回遊の記録 日本水産学会誌,69,6,910-916 2003/11/15 日本語
光永靖, 山岸祐希子, VIPUTHANUMAS T, 三田村啓理, 田中秀二, 荒井修亮 アセアン諸国における水圏生物エコツーリズムの実現をめざしてII メコンオオナマズの回遊生態 日本水産学会大会講演要旨集,2003,67 2003/04/01 日本語
三田村啓理, 荒井修亮, 光永靖, 阪上雄康, 坂本亘 関西空港ポートターミナルにおけるバイオテレメトリーによる魚類の行動測定 2 地磁気がメバルの固執行動に及ぼす影響 日本水産学会大会講演要旨集,2003,70 2003/04/01 日本語
阪上雄康, 中村憲司, 向井幸則, 光永靖, 三田村啓理, 平岡修宣, 荒井修亮, 坂本亘 関西空港ポートターミナルにおけるバイオテレメトリーによる魚類の行動測定 1 日本水産学会大会講演要旨集,2003,70 2003/04/01 日本語
Mitsunaga, Yasushi/Mitamura, Hiromichi/Arai, Nobuaki/Viputhanumas, Thavee Mekong giant catfish tracking project 2003 in the Mekong River Proceedings on the 4th SEASTAR2000 Workshop,81-82 2003 英語
光永靖, 石井健二, 迫間直子, 山根猛, 三田村啓理, 荒井修亮 加速度データロガーによる生す内のマダイの遊泳と潮流の関係 日本水産工学会学術講演会講演論文集,2002,205-206 2002/05/24 日本語
平岡修宜, 荒井修亮, 中村憲司, 坂本亘, 三田村啓理, 光永靖, 米田佳弘 関西空港周辺海域でのバイオテレメトリーによる魚類の行動測定 III 日本水産学会大会講演要旨集,2002,36 2002/03/30 日本語
三田村啓理, 荒井修亮, 坂本亘, 平岡修宜, 光永靖, 中村憲司, 米田佳弘 関西空港周辺海域でのバイオテレメトリーによる魚類の行動測定 IV 日本水産学会大会講演要旨集,2002,37 2002/03/30 日本語
米田佳弘, 荒井修亮, 中村憲司, 坂本亘, 三田村啓理, 平岡修宜, 光永靖 関西空港周辺海域でのバイオテレメトリーによる魚類の行動測定 II 日本水産学会大会講演要旨集,2002,36 2002/03/30 日本語
荒井修亮, 中村憲司, 坂本亘, 三田村啓理, 平岡修宜, 光永靖, 米田佳弘 関西空港周辺海域でのバイオテレメトリーによる魚類の行動測定 I 日本水産学会大会講演要旨集,2002,36 2002/03/30 日本語
Mitamura, Hiromichi/Arai, Nobuaki/Tanaka, Hideji/Mitsunaga, Yasushi/Sakamoto, Wataru/Viputhanumas, Thavee THE ULTRASONIC TRACKING OF MEKONG GIANT CATFISH PANGASLANODON GIGAS IN MEKONG RIVER Proceedings of the 3rd Workshop on SEASTAR2000,7-12 2002 英語
中村憲司, 向井幸則, 三田村啓理, 円尾哲也, 光永靖, 荒井修亮, 坂本亘, 佐々木雅人, 米田佳弘 関西空港周辺域のメバル追跡 3 日本水産学会大会講演要旨集,2001,47 2001/04/01 日本語
三田村啓理, 円尾哲也, 光永靖, 荒井修亮, 坂本亘, 向井幸則, 佐々木雅人 関西空港周辺域のメバル追跡調査 2 日本水産学会大会講演要旨集,2001,47 2001/04/01 日本語
Mitamura, Hiromichi/Arai, Nobuaki/Mitsunaga, Yasushi/Sakamoto, Wataru Biotelemetry study on marine lives using codec ultrasonic transmitter Proceedings of The Second SEASTAR2000 Workshop,53-60 2001 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Movements of endangered species Mekong giant catfish monitored by acoustic telemetry [Invited] The 4th International Seminar on Biodiversity and Evolution 2015/06 英語
バイロギングによる魚群研究の可能性① [招待あり] 第10回日本バイオロギング研究会シンポジウム 2014 日本語
超音波テレメトリー:沿岸の魚類を追いかける [招待あり] 東京大学大気海洋研究所共同利用研究集会 東京大学大学院新領域創成科学研究科/大気海洋研究所 2011/12/09 日本語
位置から探る回帰メカニズム:魚は何をみているのか? [招待あり] 第7回バイオロギング研究会シンポジウム バイオロギング研究会 2011/11/12 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月
京都大学(三田村啓理、市川光太郎、荒井修亮) 水圏生物のモニタリング装置及び方法 特許出願 特願2011-183767 2011/08/25

  • <<
  • >>
  • 表示
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
海洋理工学会 平成18年度堀田記念奨励賞 海洋理工学会 Advanced Marine Science and Technology Society 2006
平成26年度日本水産学奨励賞 日本水産学会 The Japanese Society of Fisheries Science 2015/03/
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
特別研究員奨励費 代表 バイオテレメトリーによる魚類の回帰行動追跡-回帰メカニズム解明へのアプローチ- 2003〜2005
特別研究員奨励費 代表 バイオテレメトリー情報による魚類の回帰・固執行動メカニズム解明研究 2006〜2008
若手研究(A) 代表 情報通信技術を応用した沿岸性魚類の固執・回帰メカニズムの解明 2009〜2011
基盤(B) 分担 複合生態系管理のための浅海資源生物の栄養フロー解析および各生態系の貢献度評価 2012〜2015
若手研究(A) 代表 広帯域超音波受信テレメトリーによる沿岸魚類の固執・回帰行動研究―個体から個体群へ 2013〜2015
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
日本生命財団 個別研究 平成22年度 小路 淳 浅海域の生物生産過程における各生態系の貢献度評価:水産資源の持続的利用に向けた複合生態系管理スキームの提言 2010〜2011
中島記念国際交流財団 日本人若手研究者研究助成 平成23年度 三田村啓理 高度音響通信技術を用いた次世代型高精度水中測位システムの開発 2011〜2012
平成23年度受託研究 独立行政法人科学技術振興機構 三田村啓理 音響技術を用いた水中における高精度測位システ ムの開発 2011〜2011
代表者,鳥取大学乾燥地研究センター共同利用研究(自由研究),(2011年度) 小山里奈 低空航空写真を用いた砂地植生の評価手法の確立 Vegetation survey technique using low altitude aerial photograph in dene ecosystems 2011/04/01〜2012/03/31
農林水産省 漁場生産力向上対策事業 三田村 啓理 2012/04/01〜2016/03/31
戦略的創造研究推進事業CREST 宮下和士 データ高回収率を実現するバイオロギング・システムの構築 ~魚類の個体群・群集ダイナミクス解明に挑む~ 2013〜2018
地球規模課題対応国際科学技術協力プログラムSATREPS 幸島司郎 “フィールドミュージアム”構想によるアマゾンの生物多様性保全 Biodiversity Conservation in Amazon based on a new concept of "Field Museum" 2013〜2018
農林水産省 漁場生産力向上対策事業 三田村 啓理 2014/04/01〜2015/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
生物圏情報学II 後期 農学部 2011/04〜2012/03
生物圏情報学I 前期 農学部 2011/04〜2012/03
Advanced Study in Social Informatics I Advanced Study in Social Informatics I 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
Advanced Study in Social Informatics II Advanced Study in Social Informatics II 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
Biosphere Informatics Biosphere Informatics 後期 情報学研究科 2015/04〜2016/03
生物圏情報学I Bioresource and Environmental Informatics I 前期 農学部 2015/04〜2016/03
生物圏情報学 Biosphere Informatics 後期 情報学研究科 2015/04〜2016/03
生物圏情報学II Bioresource and Environmental Informatics II 後期 農学部 2015/04〜2016/03
生物圏情報学特別セミナー Advanced Seminar on Biosphere Informatics 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
社会情報学特殊研究2 Advanced Study in Social Informatics II 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03
社会情報学特殊研究1 Advanced Study in Social Informatics I 通年 情報学研究科 2015/04〜2016/03

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
評価WG委員 2015/04/01〜2016/03/31
財務委員会委員 2015/04/01〜2016/03/31
評価WG委員 2013/04/01〜2014/03/31
評価WG委員 2014/04/01〜2015/03/31
学会活動:その他
学会名(日本語) 学会名(英語) 貢献活動名(日本語) 貢献活動名(英語) 期間
日本水産学会 The Japanese Society of Fisheries Science 企画広報委員会 2014/04/01〜
日本水産学会 The Japanese Society of Fisheries Science 水産環境保全委員会 2015/04/01〜