笹井 蘭

最終更新日時: 2019/06/13 19:24:55

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
笹井 蘭/ササイ ラン/Sasai, Ran
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学部附属病院/内科(免疫・膠原病内科)/助教
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本内科学会 The Japanese Society of Internal Medicine
日本リウマチ学会 Japan College of Rheumatology
日本臨床免疫学会 The Japan Society of Clinical Immunology
日本免疫学会 Japanese Society for Immunology
日本炎症・再生学会
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
博士(医学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院医学研究科博士課程内科系専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 医学部医学科 卒業
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000008099
研究テーマ
(日本語)
多発性筋炎・皮膚筋炎に伴う自己抗体と対応抗原の検索 抗MDA5抗体陽性皮膚筋炎の病態の解明と治療法の探究
(英語)
Investigation of new myositis-specific autoantibodies and autoantigens Investigation of pathophisiology and therapeutic strategy in anti-MDA5-positive dermatomyositis
研究概要
(日本語)
抗MDA5抗体陽性皮膚筋炎は、多発性筋炎/皮膚筋炎(PM/DM)の中でも最も予後不良な一群であり、特に急速進行性間質性肺炎を合併するリスクが高い。しかし治療は未だ確立していない。本疾患の病態には単球やマクロファージの活性化が示唆されているが未だ明らかではなく、本疾患症例の末梢血・病変組織中に存在するリンパ球分画やサイトカイン・ケモカイン関連分子の発現を検討し、病態解明と新規治療法開発を探求している。
(英語)
Anti-MDA5 is associated with rapidly progressive interstitial lung disease and one of the most important prognostic factor in PM/DM patients. However, therapeutic strategy for the disease have not been established. In anti-MDA5-positive DM, excessive activation of monocyte or macrophage has been suggested, but it remains to be proved. We investigate the lymphocyte fraction and expression of molecules which are associated with cytokines and chemokines to elucidate the pathophysiology and therapeutic strategy in anti-MDA5-positive DM with ILD.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
自己免疫 autoimmune
膠原病 connective tissue disease
多発性筋炎/皮膚筋炎 polymyositis/dermatomyositis
自己抗体 autoantibody
間質性肺炎 interstitial pneumonia
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 代表 抗MDA5抗体陽性皮膚筋炎の病因・病態解明 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
若手研究(B) 代表 抗MDA5抗体陽性皮膚筋炎の病因・病態解明 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31