WOLTJEN KNUT

最終更新日時: 2015/06/30 20:49:03

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
WOLTJEN KNUT/ウォルツェン クヌート/Woltjen, Knut
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
iPS細胞研究所/未来生命科学開拓部門/准教授
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8507 京都市 左京区 聖護院川原町53 日本 53 Kawahara-cho, Shogoin, Sakyo-ku Kyoto 〒606-8507 Japan
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-366-7000
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
Ph.D. University of Calgary
個人ホームページ
URL
http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/woltjen/
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
DNA recombination, stem cell biology, regenerative medicine, genomics
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Matsuda M, Koga M, Woltjen K, Nishida E, Ebisuya M. Synthetic lateral inhibition governs cell-type bifurcation with robust ratios. Nature Communications,6,6195 2015 英語
Kim SI, Oceguera-Yanez F, Hirohata R, Linker S, Okita K, Yamada Y, Yamamoto T, Yamanaka S, Woltjen K. KLF4 N-terminal variance modulates induced reprogramming to pluripotency. Stem Cell Reports,4,4,727-743 2015 英語
Shoji E, Woltjen K, Sakurai H. Directed Myogenic Differentiation of Human Induced Pluripotent Stem Cells. Methods in Molecular Biology 2015 英語
Kim SI, Oceguera-Yanez F, Sakurai C, Nakagawa M, Yamanaka S, Woltjen K Inducible Transgene Expression in Human iPS Cells Using Versatile All-in-One piggyBac Transposons. Methods in Molecular Biology 2015 英語
Gallagher D, Norman AA, Woodard CL, Yang G, Gauthier-Fisher A, Fujitani M, Vessey JP, Cancino GI, Sachewsky N, Woltjen K, Fatt MP, Morshead CM, Kaplan DR, Miller FD. Transient maternal IL-6 mediates long-lasting changes in neural stem cell pools by deregulating an endogenous self-renewal pathway. Cell Stem Cell,13,5,564-576 2013 英語
T. Sakuma; K. Woltjen Nuclease-mediated genome editing: At the front-line of functional genomics technology Development Growth and Differentiation,56,1,2-13 2014 英語
K. Ohnishi; K. Semi; T. Yamamoto; M. Shimizu; A. Tanaka; K. Mitsunaga; K. Okita; K. Osafune; Y. Arioka; T. Maeda; H. Soejima; H. Moriwaki; S. Yamanaka; K. Woltjen; Y. Yamada Premature termination of reprogramming in vivo leads to cancer development through altered epigenetic regulation Cell,156,4,663-677 2014 英語
K. Hayakawa; M. Ikeya; M. Fukuta; K. Woltjen; S. Tamaki; N. Takahara; T. Kato; S. Sato; T. Otsuka; J. Toguchida Identification of target genes of synovial sarcoma-associated fusion oncoprotein using human pluripotent stem cells Biochemical and Biophysical Research Communications,432,4,713-719 2013/03/22 英語
T. Sakuma; S. Hosoi; K. Woltjen; K.-I. Suzuki; K. Kashiwagi; H. Wada; H. Ochiai; T. Miyamoto; N. Kawai; Y. Sasakura; S. Matsuura; Y. Okada; A. Kawahara; S. Hayashi; T. Yamamoto Efficient TALEN construction and evaluation methods for human cell and animal applications Genes to Cells,18,4,315-326 2013 英語
A. Tanaka; K. Woltjen; K. Miyake; A. Hotta; M. Ikeya; T. Yamamoto; T. Nishino; E. Shoji; A. Sehara-Fujisawa; Y. Manabe; N. Fujii; K. Hanaoka; T. Era; S. Yamashita; K.-I. Isobe; E. Kimura; H. Sakurai Efficient and Reproducible Myogenic Differentiation from Human iPS Cells: Prospects for Modeling Miyoshi Myopathy In Vitro PLoS ONE,8,4 2013 英語
A. Yamashita; S. Liu; K. Woltjen; B. Thomas; G. Meng; A. Hotta; K. Takahashi; J. Ellis; S. Yamanaka; D.E. Rancourt Cartilage tissue engineering identifies abnormal human induced pluripotent stem cells Scientific Reports,3 2013 英語
K. Nagy; H.-K. Sung; P. Zhang; S. Laflamme; P. Vincent; S. Agha-Mohammadi; K. Woltjen; C. Monetti; I.P. Michael; L.C. Smith; A. Nagy Erratum to: Induced Pluripotent Stem Cell Lines Derived from Equine Fibroblasts (Stem Cell Rev and Rep, 10.1007/s12015-011-9239-5) Stem Cell Reviews and Reports,8,2,546- 2012 英語
I.P. Michael; C. Monetti; A.C. Chiu; P. Zhang; T. Baba; K. Nishino; S. Agha-Mohammadi; K. Woltjen; H.-K. Sung; A. Nagy Highly efficient site-specific transgenesis in cancer cell lines Molecular Cancer,11 2012 英語
M. Gabut; P. Samavarchi-Tehrani; X. Wang; V. Slobodeniuc; D. O'Hanlon; H.-K. Sung; M. Alvarez; S. Talukder; Q. Pan; E.O. Mazzoni; S. Nedelec; H. Wichterle; K. Woltjen; T.R. Hughes; P.W. Zandstra; A. Nagy; J.L. Wrana; B.J. Blencowe An alternative splicing switch regulates embryonic stem cell pluripotency and reprogramming Cell,147,1,132-146 2011/09/30 英語
K. Nagy; H.-K. Sung; P. Zhang; S. Laflamme; P. Vincent; S. Agha-Mohammadi; K. Woltjen; C. Monetti; I.P. Michael; L.C. Smith; A. Nagy Induced Pluripotent Stem Cell Lines Derived from Equine Fibroblasts Stem Cell Reviews and Reports,7,3,693-702 2011/09 英語
C. Monetti; K. Nishino; S. Biechele; P. Zhang; T. Baba; K. Woltjen; A. Nagy PhiC31 integrase facilitates genetic approaches combining multiple recombinases Methods,53,4,380-385 2011/04 英語
K. Woltjen; R. Hämäläinen; M. Kibschull; M. Mileikovsky; A. Nagy Transgene-free production of pluripotent stem cells using piggyBac transposons Methods in Molecular Biology,767,87-103 2011 英語
Woltjen K, Hamalainen R, Kibschull M, Mileikovsky M, Nagy A. Transposon-based production of genetically unmodified induced pluripotent stem cells from human embryonic fibroblasts Methods in Molecular Biology 767 (87):103 2011 英語
P. Samavarchi-Tehrani; A. Golipour; L. David; H.-K. Sung; T.A. Beyer; A. Datti; K. Woltjen; A. Nagy; J.L. Wrana Functional genomics reveals a BMP-Driven mesenchymal-to-Epithelial transition in the initiation of somatic cell reprogramming Cell Stem Cell,7,1,64-77 2010 英語
K. Sciabica; K. Woltjen; A. Hotta Obtaining Pluripotency Biomarker Signatures Genetic Engineering and Biotechnology News,30,3 2010 英語
K. Woltjen; I.P. Michael; P. Mohseni; R. Desai; M. Mileikovsky; R. Hämäläinen; R. Cowling; W. Wang; P. Liu; M. Gertsenstein; K. Kaji; H.-K. Sung; A. Nagy PiggyBac transposition reprograms fibroblasts to induced pluripotent stem cells Nature,458,7239,766-770 2009 英語
K. Kaji; K. Norrby; A. Paca; M. Mileikovsky; P. Mohseni; K. Woltjen Virus-free induction of pluripotency and subsequent excision of reprogramming factors Nature,458,7239,771-775 2009 英語
K. Woltjen; W.L. Stanford Inhibition of Tgf-β Signaling Improves Mouse Fibroblast Reprogramming Cell Stem Cell,5,5,457-458 2009 英語
J. O'Malley; K. Woltjen; K. Kaji New strategies to generate induced pluripotent stem cells Current Opinion in Biotechnology,20,5,516-521 2009 英語
K. Woltjen; K. Ito; T. Tsuzuki; D.E. Rancourt Orpheus recombination: A comprehensive bacteriophage system for murine targeting vector construction by transplacement Methods in Molecular Biology,435,79-94 2008 英語
B. Thomas; K. Woltjen; D.E. Rancourt Deep screening of recombination proficient bacteriophage libraries BioTechniques,34,1,36-40 2003 英語
K. Woltjen; M.W. Unger; D.E. Rancourt Transplacement mutagenesis. A recombination-based in situ mutagenesis protocol. Methods in molecular biology (Clifton, N.J.),182,189-207 2002 英語
C. Aoyama; K. Woltjen; F.C. Mansergh; K. Ishidate; D.E. Rancourt Bacteriophage gene targeting vectors generated by transplacement BioTechniques,33,4,806-812 2002 英語
K. Woltjen; G. Bain; D.E. Rancourt Retro-recombination screening of a mouse embryonic stem cell genomic library. Nucleic acids research,28,9,E41 2000 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国際学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国内学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
早川和男,福田誠,玉置さくら,佐藤信吾,池谷真,大塚隆信,Knut Woltjen,戸口田淳也 薬剤誘導型発現ベクターを用いたSYT-SSX 融合遺伝子導入iPS 細胞の樹立 第45 回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術 集会(2012.7.15.東京) 2012 日本語
福田誠,早川和男,玉置さくら,沖田圭介,池谷真,Knut Woltjen,大塚隆信,戸口田淳也 PS 細胞を用いた肉腫研究:滑膜肉腫の起源細胞の解明をめざして 第27 回日本整形外科学会基礎学術集会(2012.10.26. 名古屋) 2012 日本語
Hayakawa K, Fukuta M, TamaiS, Kato T, Ikeya M, Otsuka T, Woltjen K, Toguchida J. Application of iPS cell technology \nfor the analysis of origin-unknown sarcoma characterized by a specific fusion gene. 第17 回CTOS (2012.11.16.Prague) 2012/11/16 英語
Fukuta M, Hayakawa K, Tamaki S, Sato S, Ikeya M, Otsuka Y, Woltjen K, Toguchida J. Establishment and functional \nanalysis of iPS cells with drug-inducible SYT-SSX fusion gene. 第10 回ISSCR(2012.6.14.横浜) 2012 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国際学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > その他
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 基調講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 訳書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > その他
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 代表 トランスポゾンを利用した一塩基レベル遺伝子ターゲティング 2011〜2013
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
リプログラミング開始における細胞応答の解析 Immediate Early Events in Reprogramming Leading to Cellular Plasticity 2010〜2012
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
Global Frontier in Life Science A Global Frontier in Life Science A 前期 生命科学研究科 2013/04〜2014/03
Global Frontier in Life Science A Global Frontier in Life Science A 前期 生命科学研究科 2014/04〜2015/03
Global Frontier in Life Science A Global Frontier in Life Science A 前期 生命科学研究科 2015/04〜2016/03