谷口 一郎

最終更新日時: 2019/06/24 11:44:33

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
谷口 一郎/タニグチ イチロウ/Taniguchi, Ichiro
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
ウイルス・再生医科学研究所/生命システム研究部門/助教
協力講座
部局 所属 講座等 職名
理学研究科 生物科学専攻 生物物理学系 助教
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本RNA学会 The RNA Society of Japan
日本分子生物学会 The Molecular Biology Society of Japan
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(理学) 京都大学
博士(理学) 京都大学
プロフィール
(日本語)
真核細胞の遺伝子発現の研究をしている。教育に関しては、研究室の大学院生との研究の中で、実践的に研究能力を身につけさせることを目指している。
(英語)
I am conducting research on gene expression in eukaryotes. As for education, one of my goals is to help graduate students acquire the practical skills needed to conduct joint research.
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000008667
研究テーマ
(日本語)
真核細胞におけるRNAのプロセシング・核外輸送
(英語)
RNA processing and nuclear export in eukaryotes
研究概要
(日本語)
真核細胞のRNAは核内で合成された後、さまざまに加工(プロセシング)され、核外へ輸送される。輸送されたRNAはタンパク質合成などに関与する。プロセシング、核外輸送などの遺伝子発現の素過程の連携を明らかにしたい。
(英語)
In eukaryotes, RNAs transcribed in the nucleus are processed and exported to the cytoplasm. My research is focused on the link between such steps in gene expression.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
RNA核外輸送 RNA export
RNAスプライシング RNA splicing
RNA-蛋白質複合体 Ribonucleoprotein
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
谷口 一郎、大野睦人 谷口 一郎、大野睦人 Ichiro Taniguchi 適正なRNA核外輸送複合体形成の保証機構 適正なRNA核外輸送複合体形成の保証機構 Regulation of proper complex formation for nuclear RNA export 生化学, 87, 1, 68-74 生化学, 87, 1, 68-74 Seikagaku, 87, 1, 68-74 2015/02 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
Takeiwa T, Taniguchi I, Ohno M. Takeiwa T, Taniguchi I, Ohno M. Takeiwa T, Taniguchi I, Ohno M. Exportin-5 mediates nuclear export of SRP RNA in vertebrates Exportin-5 mediates nuclear export of SRP RNA in vertebrates Exportin-5 mediates nuclear export of SRP RNA in vertebrates Genes to Cells, 20, 4, 281-291 Genes to Cells, 20, 4, 281-291 Genes to Cells, 20, 4, 281-291 2015 公開
Taniguchi I, McCloskey A, Ohno M. Taniguchi I, McCloskey A, Ohno M. Taniguchi I, McCloskey A, Ohno M. Analysis of RNA transport in Xenopus oocytes and mammalian cells Analysis of RNA transport in Xenopus oocytes and mammalian cells Analysis of RNA transport in Xenopus oocytes and mammalian cells Methods in Cell Biology, 122, 395-413 Methods in Cell Biology, 122, 395-413 Methods in Cell Biology, 122, 395-413 2014 公開
Taniguchi I, Mabuchi N, Ohno M. Taniguchi I, Mabuchi N, Ohno M. Taniguchi I, Mabuchi N, Ohno M. HIV-1 Rev protein specifies the viral RNA export pathway by suppressing TAP/NXF1 recruitment HIV-1 Rev protein specifies the viral RNA export pathway by suppressing TAP/NXF1 recruitment HIV-1 Rev protein specifies the viral RNA export pathway by suppressing TAP/NXF1 recruitment Nucleic Acids Research, 42, 10, 6645-6658 Nucleic Acids Research, 42, 10, 6645-6658 Nucleic Acids Research, 42, 10, 6645-6658 2014 公開
Sasaki-Haraguchi N, Shimada M.K, Taniguchi I, Ohno M, Mayeda A. Sasaki-Haraguchi N, Shimada M.K, Taniguchi I, Ohno M, Mayeda A. Sasaki-Haraguchi N, Shimada MK, Taniguchi I, Ohno M, Mayeda A Mechanistic insights into human pre-mRNA splicing of human ultra-short introns: Potential unusual mechanism identifies G-rich introns Mechanistic insights into human pre-mRNA splicing of human ultra-short introns: Potential unusual mechanism identifies G-rich introns Mechanistic insights into human pre-mRNA splicing of human ultra-short introns: Potential unusual mechanism identifies G-rich introns Biochemical and Biophysical Research Communications, 423, 2, 289-294 Biochemical and Biophysical Research Communications, 423, 2, 289-294 Biochemical and Biophysical Research Communications, 423, 2, 289-294 2012 英語 公開
McCloskey A, Taniguchi I, Shinmyozu K, Ohno M. McCloskey A, Taniguchi I, Shinmyozu K, Ohno M. McCloskey A, Taniguchi I, Shinmyozu K, Ohno M hnRNP C tetramer measures RNA length to classify RNA polymerase II transcripts for export hnRNP C tetramer measures RNA length to classify RNA polymerase II transcripts for export hnRNP C tetramer measures RNA length to classify RNA polymerase II transcripts for export Science, 335, 6076, 1643-1646 Science, 335, 6076, 1643-1646 Science, 335, 6076, 1643-1646 2012 英語 公開
Takemura R, Takeiwa T, Taniguchi I, McCloskey A, Ohno M. Takemura R, Takeiwa T, Taniguchi I, McCloskey A, Ohno M. Takemura R, Takeiwa T, Taniguchi I, McCloskey A, Ohno M Multiple factors in the early splicing complex are involved in the nuclear retention of pre-mRNAs in mammalian cells Multiple factors in the early splicing complex are involved in the nuclear retention of pre-mRNAs in mammalian cells Multiple factors in the early splicing complex are involved in the nuclear retention of pre-mRNAs in mammalian cells Genes to Cells, 16, 10, 1035-1049 Genes to Cells, 16, 10, 1035-1049 Genes to Cells, 16, 10, 1035-1049 2011 英語 公開
Fukumura K, Taniguchi I, Sakamoto H, Ohno M, Inoue K. Fukumura K, Taniguchi I, Sakamoto H, Ohno M, Inoue K. Fukumura K, Taniguchi I, Sakamoto H, Ohno M, Inoue K U1-independent pre-mRNA splicing contributes to the regulation of alternative splicing U1-independent pre-mRNA splicing contributes to the regulation of alternative splicing U1-independent pre-mRNA splicing contributes to the regulation of alternative splicing Nucleic Acids Research, 37, 6, 1907-1914 Nucleic Acids Research, 37, 6, 1907-1914 Nucleic Acids Research, 37, 6, 1907-1914 2009 英語 公開
Taniguchi I, Ohno M. Taniguchi I, Ohno M. Taniguchi I, Ohno M ATP-dependent recruitment of export factor Aly/REF onto intronless mRNAs by RNA helicase UAP56 ATP-dependent recruitment of export factor Aly/REF onto intronless mRNAs by RNA helicase UAP56 ATP-dependent recruitment of export factor Aly/REF onto intronless mRNAs by RNA helicase UAP56 Molecular and Cellular Biology, 28, 2, 601-608 Molecular and Cellular Biology, 28, 2, 601-608 Molecular and Cellular Biology, 28, 2, 601-608 2008 英語 公開
Masuyama K, Taniguchi I, Okawa K, Ohno M. Masuyama K, Taniguchi I, Okawa K, Ohno M. Masuyama K, Taniguchi I, Okawa K, Ohno M Factors associated with a purine-rich exonic splicing enhancer sequence in Xenopus oocyte nucleus Factors associated with a purine-rich exonic splicing enhancer sequence in Xenopus oocyte nucleus Factors associated with a purine-rich exonic splicing enhancer sequence in Xenopus oocyte nucleus Biochemical and Biophysical Research Communications, 359, 3, 580-585 Biochemical and Biophysical Research Communications, 359, 3, 580-585 Biochemical and Biophysical Research Communications, 359, 3, 580-585 2007 英語 公開
Taniguchi I, Masuyama K, Ohno M. Taniguchi I, Masuyama K, Ohno M. Taniguchi I, Masuyama K, Ohno M. Role of purine-rich exonic splicing enhancers in nuclear retention of pre-mRNAs Role of purine-rich exonic splicing enhancers in nuclear retention of pre-mRNAs Role of purine-rich exonic splicing enhancers in nuclear retention of pre-mRNAs Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 104, 34, 13684-13689 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 104, 34, 13684-13689 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 104, 34, 13684-13689 2007 公開
Kita H, Cho J, Matsuura T, Nakaishi T, Taniguchi I, Ichikawa T, Shima Y, Urabe I, Yomo T. Kita H, Cho J, Matsuura T, Nakaishi T, Taniguchi I, Ichikawa T, Shima Y, Urabe I, Yomo T. Kita H, Cho J, Matsuura T, Nakaishi T, Taniguchi I, Ichikawa T, Shima Y, Urabe I, Yomo T. Functional Qβ replicase genetically fusing essential subunits EF-Ts and EF-Tu with β-subunit Functional Qβ replicase genetically fusing essential subunits EF-Ts and EF-Tu with β-subunit Functional Qβ replicase genetically fusing essential subunits EF-Ts and EF-Tu with β-subunit Journal of Bioscience and Bioengineering, 101, 5, 421-426 Journal of Bioscience and Bioengineering, 101, 5, 421-426 Journal of Bioscience and Bioengineering, 101, 5, 421-426 2006 公開
谷口 一郎、大野睦人 谷口 一郎、大野睦人 RNA核外輸送の多様性 RNA核外輸送の多様性 蛋白質 核酸 酵素, 51, 14, 2189-2196 蛋白質 核酸 酵素, 51, 14, 2189-2196 , 51, 14, 2189-2196 2006 日本語 公開
Masuyama K, Taniguchi I, Kataoka N, Ohno M. Masuyama K, Taniguchi I, Kataoka N, Ohno M. Masuyama K, Taniguchi I, Kataoka N, Ohno M RNA length defines RNA export pathway RNA length defines RNA export pathway RNA length defines RNA export pathway Genes and Development, 18, 17, 2074-2085 Genes and Development, 18, 17, 2074-2085 Genes and Development, 18, 17, 2074-2085 2004 英語 公開
Masuyama K, Taniguchi I, Kataoka N, Ohno M. Masuyama K, Taniguchi I, Kataoka N, Ohno M. Masuyama K, Taniguchi I, Kataoka N, Ohno M SR proteins preferentially associate with mRNAs in the nucleus and facilitate their export to the cytoplasm SR proteins preferentially associate with mRNAs in the nucleus and facilitate their export to the cytoplasm SR proteins preferentially associate with mRNAs in the nucleus and facilitate their export to the cytoplasm Genes to Cells, 9, 10, 959-965 Genes to Cells, 9, 10, 959-965 Genes to Cells, 9, 10, 959-965 2004 英語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
谷口 一郎、大野睦人 谷口 一郎、大野睦人 U snRNA核外輸送に関与するRNAヘリカーゼの同定 U snRNA核外輸送に関与するRNAヘリカーゼの同定 第20回日本RNA学会年会、大阪、ホテルフクラシア大阪ベイ、7月9日-11日 第20回日本RNA学会年会、大阪、ホテルフクラシア大阪ベイ、7月9日-11日 2018 公開
芳本 玲、谷口 一郎、大野 睦人、前田 明 芳本 玲、谷口 一郎、大野 睦人、前田 明 環状RNA(circRNA)の核外輸送機構の解明 環状RNA(circRNA)の核外輸送機構の解明 第20回日本RNA学会年会、大阪、ホテルフクラシア大阪ベイ、7月9日-11日 第20回日本RNA学会年会、大阪、ホテルフクラシア大阪ベイ、7月9日-11日 2018 公開
谷口 一郎、大野睦人 谷口 一郎、大野睦人 Ichiro Taniguchi, Mutsuhito Ohno Identification of RNA helicase used in U snRNA export Identification of RNA helicase used in U snRNA export Identification of RNA helicase used in U snRNA export 第19回日本RNA学会年会、富山、富山国際会議場、7月19日-21日 第19回日本RNA学会年会、富山、富山国際会議場、7月19日-21日 2017 公開
壇辻さやか、谷口 一郎、大野睦人 壇辻さやか、谷口 一郎、大野睦人 Sayaka Dantsuji, Ichiro Taniguchi, Mutsuhito Ohno Systematic analysis of hnRNP C domains in sorting RNA polymerase II transcripts Systematic analysis of hnRNP C domains in sorting RNA polymerase II transcripts Systematic analysis of hnRNP C domains in sorting RNA polymerase II transcripts 第19回日本RNA学会年会、富山、富山国際会議場、7月19日-21日 第19回日本RNA学会年会、富山、富山国際会議場、7月19日-21日 2017 公開
芳本 玲、谷口 一郎、大野 睦人、前田 明 芳本 玲、谷口 一郎、大野 睦人、前田 明 環状RNA(circRNA)の核外輸送機構の解明 環状RNA(circRNA)の核外輸送機構の解明 第40回日本分子生物学会年会、神戸、神戸ポートアイランド、12月6日-9日 第40回日本分子生物学会年会、神戸、神戸ポートアイランド、12月6日-9日 2017 公開
谷口 一郎 谷口 一郎 Ichiro Taniguchi HIV-1 Rev protein specifies the viral RNA export pathway by suppressing TAP/NXF1 recruitment HIV-1 Rev protein specifies the viral RNA export pathway by suppressing TAP/NXF1 recruitment HIV-1 Rev protein specifies the viral RNA export pathway by suppressing TAP/NXF1 recruitment 22nd East Asia Joint Symposium on Biomedical Research 22nd East Asia Joint Symposium on Biomedical Research 22nd East Asia Joint Symposium on Biomedical Research 2015/11 英語 公開
谷口 一郎,馬渕直人,大野睦人 谷口 一郎,馬渕直人,大野睦人 HIV-1のRevタンパク質はTAP/NXF1のリクルートを抑制することによりウイルスRNAの核外輸送経路を規定する HIV-1のRevタンパク質はTAP/NXF1のリクルートを抑制することによりウイルスRNAの核外輸送経路を規定する 第16回RNA学会年会, 名古屋,7 月23-25 日 第16回RNA学会年会, 名古屋,7 月23-25 日 2014 日本語 公開
谷口 一郎,馬渕直人,大野睦人 谷口 一郎,馬渕直人,大野睦人 HIV-1 Rev protein specifies the viral RNA export pathway by suppressing TAP/NXF1 recruitment HIV-1 Rev protein specifies the viral RNA export pathway by suppressing TAP/NXF1 recruitment 第36 回日本分子生物学会, 神戸,2013 年12 月3-6日 第36 回日本分子生物学会, 神戸,2013 年12 月3-6日 2013 公開
マクロースキー亜紗子,谷口一郎,大野睦人 マクロースキー亜紗子,谷口一郎,大野睦人 hnRNP C 四量体はキャップ近傍における輸送複合体形成を制御する hnRNP C 四量体はキャップ近傍における輸送複合体形成を制御する 第14 回日本RNA 学会年会、仙台市、2012 年7 月18-20 日 第14 回日本RNA 学会年会、仙台市、2012 年7 月18-20 日 2012 日本語 公開
マクローキー亜紗子,谷口一郎,大野睦人 マクローキー亜紗子,谷口一郎,大野睦人 マクローキー亜紗子,谷口一郎,大野睦人 hnRNP C tetramer regulates RNP formation at the cap-proximal region in mRNA export. hnRNP C tetramer regulates RNP formation at the cap-proximal region in mRNA export. hnRNP C tetramer regulates RNP formation at the cap-proximal region in mRNA export. 第35 回 日本分子生物学会、福岡市、2012 年 12月11-14日 第35 回 日本分子生物学会、福岡市、2012 年 12月11-14日 第35 回 日本分子生物学会、福岡市、2012 年 12月11-14日 2012 日本語 公開
和泉光人,マクロースキー亜紗子,谷口一郎,大野睦人 和泉光人,マクロースキー亜紗子,谷口一郎,大野睦人 UsnRNA 核外輸送を促進する因子の解析 UsnRNA 核外輸送を促進する因子の解析 平成23 年度京都大学ウイルス研究所学術交流会、京都市、2011 年12 月19 日 平成23 年度京都大学ウイルス研究所学術交流会、京都市、2011 年12 月19 日 2011 日本語 公開
和泉光人, マクロースキー亜紗子, 谷口一郎, 大野睦人 和泉光人, マクロースキー亜紗子, 谷口一郎, 大野睦人 UsnRNA 核外輸送の新規因子の同定 UsnRNA 核外輸送の新規因子の同定 RNA フロンティアミーティング2011 、大府市,2011 年8 月30 日-9 月1 日 RNA フロンティアミーティング2011 、大府市,2011 年8 月30 日-9 月1 日 2011 日本語 公開
マクロースキー亜紗子,谷口一郎,新名主カオリ,大野睦人 マクロースキー亜紗子,谷口一郎,新名主カオリ,大野睦人 HnRNP C の4 量体はRNA の長さを測り、核外輸送へ向けてRNA polymerase II 由来の転写産物を仕分けする HnRNP C の4 量体はRNA の長さを測り、核外輸送へ向けてRNA polymerase II 由来の転写産物を仕分けする 第34 回日本分子生物学会年会、横浜市、2011 年12 月13-16 日 第34 回日本分子生物学会年会、横浜市、2011 年12 月13-16 日 2011 日本語 公開
谷口一郎,馬渕直人,大野睦人 谷口一郎,馬渕直人,大野睦人 Taniguchi I., Mabuchi N., Ohno M. A novel activity of HIV-1 Rev protein to remodel export RNPs in directing virus-specific RNA export. A novel activity of HIV-1 Rev protein to remodel export RNPs in directing virus-specific RNA export. A novel activity of HIV-1 Rev protein to remodel export RNPs in directing virus-specific RNA export. 第32 回日本分子生物学会, 横浜,2011年12月13-16日 第32 回日本分子生物学会, 横浜,2011年12月13-16日 第34 回日本分子生物学会年会, 横浜市, 2011年12月13-16日 2011 日本語 公開
マクロースキー亜紗子,谷口一郎,大野睦人 マクロースキー亜紗子,谷口一郎,大野睦人 HnRNPC1/C2 4 量体はRNA 核外輸送の際に RNA の長さを測る HnRNPC1/C2 4 量体はRNA 核外輸送の際に RNA の長さを測る 平成22 年度京都大学ウイルス研究所学術交流会、京都、2010 年12 月10 日 平成22 年度京都大学ウイルス研究所学術交流会、京都、2010 年12 月10 日 2010 日本語 公開
谷口一郎, 馬渕直人, 大野睦人 谷口一郎, 馬渕直人, 大野睦人 RNA 核外輸送におけるHIV-1タンパク質Rev の新規機能 RNA 核外輸送におけるHIV-1タンパク質Rev の新規機能 第 12 回日本RNA 学会年会, 東京,2010 年7 月27-29 日 第 12 回日本RNA 学会年会, 東京,2010 年7 月27-29 日 2010 日本語 公開
西尾治幾, 和泉光人, マクロースキー亜紗子, 谷口一郎, 大野睦人 西尾治幾, 和泉光人, マクロースキー亜紗子, 谷口一郎, 大野睦人 RNA の長さを測る因子の候補SAFB1 の解析 RNA の長さを測る因子の候補SAFB1 の解析 RNA フロンティアミーティング2010、静岡,2010 年9 月27-29 日 RNA フロンティアミーティング2010、静岡,2010 年9 月27-29 日 2010 日本語 公開
和泉光人, マクロースキー亜紗子, 谷口一郎, 大野睦人 和泉光人, マクロースキー亜紗子, 谷口一郎, 大野睦人 U snRNA の核外輸送を促進する因子 の同定 U snRNA の核外輸送を促進する因子 の同定 第12 回日本RNA 学会年会, 東京,2010 年7 月27-29 日 第12 回日本RNA 学会年会, 東京,2010 年7 月27-29 日 2010 日本語 公開
Takeiwa T, Taniguchi I, Ohno M Takeiwa T, Taniguchi I, Ohno M Cis-acting RNA elements and trans-acting factors for nuclear pre-mRNA retention Cis-acting RNA elements and trans-acting factors for nuclear pre-mRNA retention Cis-acting RNA elements and trans-acting factors for nuclear pre-mRNA retention The 17th East Asia Joint Symposium. Jun 30 - Jul 3 The 17th East Asia Joint Symposium. Jun 30 - Jul 3 2010 英語 公開
マクロースキー亜紗子, 谷口一郎, 新名主カオリ, 大野睦人 マクロースキー亜紗子, 谷口一郎, 新名主カオリ, 大野睦人 核外輸送においてmRNA と UsnRNA を識別する機構 核外輸送においてmRNA と UsnRNA を識別する機構 第32 回日本分子生物学会, 横浜,2009 年12 月9-12 日 第32 回日本分子生物学会, 横浜,2009 年12 月9-12 日 2009 日本語 公開
竹岩俊彦, 谷口一郎, 大野睦人 竹岩俊彦, 谷口一郎, 大野睦人 mRNA 前駆体の核内保持に必要なシス配列の探索 mRNA 前駆体の核内保持に必要なシス配列の探索 RNA フロンティアミーティング 2009 、神奈川県三浦郡,2009 年9 月26-28 日 RNA フロンティアミーティング 2009 、神奈川県三浦郡,2009 年9 月26-28 日 2009 日本語 公開
Takeiwa T, Taniguchi I, Ohno M Takeiwa T, Taniguchi I, Ohno M Takeiwa T, Taniguchi I, Ohno M Searching for RNA Elements for Nuclear Pre-mRNA Retention. Searching for RNA Elements for Nuclear Pre-mRNA Retention. Searching for RNA Elements for Nuclear Pre-mRNA Retention. The 7th International Student Seminar. Kyoto, Japan. March 12, 2009 ・ The 7th International Student Seminar. Kyoto, Japan. March 12, 2009 ・ 2009 英語 公開
谷口 一郎, 馬渕直人,大野睦人 谷口 一郎, 馬渕直人,大野睦人 RNA核外輸送におけるHIV-1タンパク質Revの新規機能 RNA核外輸送におけるHIV-1タンパク質Revの新規機能 第32 回日本分子生物学会, 神戸,2008 年12 月9-12 日 第32 回日本分子生物学会, 神戸,2008 年12 月9-12 日 2008 公開
谷口一郎,増山郁,大野睦人 谷口一郎,増山郁,大野睦人 mRNA 前駆体の核内保持機構におけるexonic splicing enhancer の役割 mRNA 前駆体の核内保持機構におけるexonic splicing enhancer の役割 第9回日本RNA学会年会、名古屋、2007 年7 月28-31 日 第9回日本RNA学会年会、名古屋、2007 年7 月28-31 日 2007 日本語 公開
谷口一郎, 大野睦人 谷口一郎, 大野睦人 RNA helicase様タンパク質UAP56 はmRNA 輸送因子REF/ALY をATP 依存的にmRNA 上にリクルートする RNA helicase様タンパク質UAP56 はmRNA 輸送因子REF/ALY をATP 依存的にmRNA 上にリクルートする 第8回日本RNA学会年会, 淡路島,7 月18-20 日, 2006. 第8回日本RNA学会年会, 淡路島,7 月18-20 日, 2006. 2006 日本語 公開
Mabuchi N, Taniguchi I, Ohno M. Mabuchi N, Taniguchi I, Ohno M. HIV-1 REV SUPPRESSES TAP-DEPENDENT EXPORT OF RRE-CONTAINING RNAS: AN INSIGHT INTO HOW SINGLY SPLICED HIV-1 TRANSCRIPT IS EXPORTED HIV-1 REV SUPPRESSES TAP-DEPENDENT EXPORT OF RRE-CONTAINING RNAS: AN INSIGHT INTO HOW SINGLY SPLICED HIV-1 TRANSCRIPT IS EXPORTED HIV-1 REV SUPPRESSES TAP-DEPENDENT EXPORT OF RRE-CONTAINING RNAS: AN INSIGHT INTO HOW SINGLY SPLICED HIV-1 TRANSCRIPT IS EXPORTED RNA 2006 Izu “Functional RNAs and Regulatory Machinery", Izu, Japan, December 3-7,2006. RNA 2006 Izu “Functional RNAs and Regulatory Machinery", Izu, Japan, December 3-7,2006. 2006 英語 公開
谷口 一郎,増山郁,大野睦人 谷口 一郎,増山郁,大野睦人 RNA核外輸送経路を規定する因子群の同定 RNA核外輸送経路を規定する因子群の同定 第6回日本RNA学会年会,熊本,2004年8月4-6日 第6回日本RNA学会年会,熊本,2004年8月4-6日 公開
Taniguchi I, Ohno M. Taniguchi I, Ohno M. ATP-dependent recruitment of export factor REF to mRNA by RNA helicase-like protein UAP56. ATP-dependent recruitment of export factor REF to mRNA by RNA helicase-like protein UAP56. The 5th International Student Seminar. Kyoto, Japan, Feb 27-28, 2007. The 5th International Student Seminar. Kyoto, Japan, Feb 27-28, 2007. 2007 英語 公開
Masuyama K., Taniguchi I., Ohno M. Masuyama K., Taniguchi I., Ohno M. RNA length defines RNA export pathway. RNA length defines RNA export pathway. Shirokane International Symposium, Tokyo, Japan, July 22-23, 2005 Shirokane International Symposium, Tokyo, Japan, July 22-23, 2005 2005 英語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 代表 ヒト免疫不全ウイルスのRevタンパク質によるウイルスRNAの核外輸送機構の解析 2009/04/01〜2010/03/31
若手研究(B) 代表 ヒト免疫不全ウイルスのRevタンパク質によるウイルスRNAの核外輸送機構の解析 2011/04/01〜2012/03/31
若手研究(B) 代表 HIV-1のRevタンパク室によるウイルスRNA核外輸送複合体のリモデリング 2010/04/01〜2011/03/31
若手研究(B) 代表 HIV-1のRevタンパク室によるウイルスRNA核外輸送複合体のリモデリング 2011/04/01〜2012/03/31
基盤研究(C) 代表 ヒト免疫不全ウイルスがウイルスRNAの核外輸送経路を取捨選択する意義 2012/04/01〜2013/03/31
基盤研究(C) 代表 ヒト免疫不全ウイルスがウイルスRNAの核外輸送経路を取捨選択する意義 2013/04/01〜2014/03/31
基盤研究(C) 代表 ヒト免疫不全ウイルスがウイルスRNAの核外輸送経路を取捨選択する意義 (平成26年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
基盤研究(C) 代表 ヒト免疫不全ウイルスがウイルスRNAの核外輸送経路を取捨選択する意義 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
基盤研究(C) 代表 HIV-1の遺伝子発現を保証するための転写とRNA核外輸送との連携 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
基盤研究(C) 代表 HIV-1の遺伝子発現を保証するための転写とRNA核外輸送との連携 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
生命科学研究の第一線に立つII The Front Line of Life Science Research II 前期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
形質発現学ゼミナールIA Gene Expression Seminar IA 前期 理学研究科 2014/04〜2015/03
形質発現学ゼミナールIB Gene Expression Seminar IB 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
形質発現学ゼミナールIC Gene Expression Seminar IC 前期 理学研究科 2014/04〜2015/03
形質発現学ゼミナールID Gene Expression Seminar ID 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
形質発現学ゼミナールIIA Gene Expression Seminar IIA 前期 理学研究科 2014/04〜2015/03
形質発現学ゼミナールIIB Gene Expression Seminar IIB 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
形質発現学ゼミナールIIC Gene Expression Seminar IIC 前期 理学研究科 2014/04〜2015/03
形質発現学ゼミナールIID Gene Expression Seminar IID 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
生命科学研究の第一線に立つII The Front Line of Life Science Research II 前期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
形質発現学ゼミナールIA Gene Expression Seminar IA 前期 理学研究科 2015/04〜2016/03
形質発現学ゼミナールIB Gene Expression Seminar IB 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
形質発現学ゼミナールIC Gene Expression Seminar IC 前期 理学研究科 2015/04〜2016/03
形質発現学ゼミナールID Gene Expression Seminar ID 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
形質発現学ゼミナールIIA Gene Expression Seminar IIA 前期 理学研究科 2015/04〜2016/03
形質発現学ゼミナールIIB Gene Expression Seminar IIB 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
形質発現学ゼミナールIIC Gene Expression Seminar IIC 前期 理学研究科 2015/04〜2016/03
形質発現学ゼミナールIID Gene Expression Seminar IID 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
生命科学研究の第一線に立つII The Front Line of Life Science Research II 前期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
形質発現学ゼミナールIA Gene Expression Seminar IA 前期 理学研究科 2016/04〜2017/03
形質発現学ゼミナールIB Gene Expression Seminar IB 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
形質発現学ゼミナールIC Gene Expression Seminar IC 前期 理学研究科 2016/04〜2017/03
形質発現学ゼミナールID Gene Expression Seminar ID 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
形質発現学ゼミナールIIA Gene Expression Seminar IIA 前期 理学研究科 2016/04〜2017/03
形質発現学ゼミナールIIB Gene Expression Seminar IIB 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
形質発現学ゼミナールIIC Gene Expression Seminar IIC 前期 理学研究科 2016/04〜2017/03
形質発現学ゼミナールIID Gene Expression Seminar IID 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
形質発現学ゼミナールIA Gene Expression Seminar IA 前期 理学研究科 2017/04〜2018/03
形質発現学ゼミナールIB Gene Expression Seminar IB 後期 理学研究科 2017/04〜2018/03
形質発現学ゼミナールIC Gene Expression Seminar IC 前期 理学研究科 2017/04〜2018/03
形質発現学ゼミナールID Gene Expression Seminar ID 後期 理学研究科 2017/04〜2018/03
形質発現学ゼミナールIIA Gene Expression Seminar IIA 前期 理学研究科 2017/04〜2018/03
形質発現学ゼミナールIIB Gene Expression Seminar IIB 後期 理学研究科 2017/04〜2018/03
形質発現学ゼミナールIIC Gene Expression Seminar IIC 前期 理学研究科 2017/04〜2018/03
形質発現学ゼミナールIID Gene Expression Seminar IID 後期 理学研究科 2017/04〜2018/03
形質発現学ゼミナールIA Gene Expression Seminar IA 前期 理学研究科 2018/04〜2019/03
形質発現学ゼミナールIB Gene Expression Seminar IB 後期 理学研究科 2018/04〜2019/03
形質発現学ゼミナールIC Gene Expression Seminar IC 前期 理学研究科 2018/04〜2019/03
形質発現学ゼミナールID Gene Expression Seminar ID 後期 理学研究科 2018/04〜2019/03
形質発現学ゼミナールIIA Gene Expression Seminar IIA 前期 理学研究科 2018/04〜2019/03
形質発現学ゼミナールIIB Gene Expression Seminar IIB 後期 理学研究科 2018/04〜2019/03
形質発現学ゼミナールIIC Gene Expression Seminar IIC 前期 理学研究科 2018/04〜2019/03
形質発現学ゼミナールIID Gene Expression Seminar IID 後期 理学研究科 2018/04〜2019/03
形質発現学ゼミナールIA Gene Expression Seminar IA 前期 理学研究科 2019/04〜2020/03
形質発現学ゼミナールIB Gene Expression Seminar IB 後期 理学研究科 2019/04〜2020/03
形質発現学ゼミナールIC Gene Expression Seminar IC 前期 理学研究科 2019/04〜2020/03
形質発現学ゼミナールID Gene Expression Seminar ID 後期 理学研究科 2019/04〜2020/03
形質発現学ゼミナールIIA Gene Expression Seminar IIA 前期 理学研究科 2019/04〜2020/03
形質発現学ゼミナールIIB Gene Expression Seminar IIB 後期 理学研究科 2019/04〜2020/03
形質発現学ゼミナールIIC Gene Expression Seminar IIC 前期 理学研究科 2019/04〜2020/03
形質発現学ゼミナールIID Gene Expression Seminar IID 後期 理学研究科 2019/04〜2020/03

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
図書委員会 委員 2014/04/01〜