上原 麻有子

最終更新日時:2017/03/11 18:23:43

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
上原 麻有子/ウエハラ マユコ/Mayuko Uehara
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
文学研究科/思想文化学専攻思想文化学講座/教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
文学部
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(近代文学) パリ第7大学
DEA(歴史文明) フランス国立社会科学高等研究院
博士(哲学・社会科学) フランス国立社会科学高等研究院
研究テーマ
(日本語)
・京都学派の哲学における翻訳の問題  ・西田幾多郎の身体論から考える身体としての顔 ・近代日本における女性哲学
(英語)
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
近代日本哲学 Modern Japanese Philosophy
翻訳学 Translation Studies
女性哲学
身体論
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
哲学・倫理学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
上原 麻有子 「西田哲学と一人称の哲学化」 『哲学研究』第六百號記念特集號,600,18-38 2016/12 日本語
上原 麻有子 「西田哲学の再解釈―行為的直観としての顔の表情」 『思想』,1099,88-104 2015/11 日本語
上原 麻有子 「ランボーと西田―感覚の触れ合うところ」 『日本の哲学-特集フランス哲学と日本の哲学』,15,3-15 2014 日本語
上原 麻有子 「田辺元の象徴と哲学―ヴァレリーの詩学を超えて」 『日本の哲学-特集フランス哲学と日本の哲学』,15,81-96 2014 日本語
上原麻有子 「西田幾多郎の身体論に基づく一つの考察―作り作られる身体としての顔-」『明星大学研究紀要』第19号 人文学部・日本文化学科, 明星大学日野校 2011/03/31 日本語
上原麻有子 「翻訳と解釈」『明星大学研究紀要』第18号 日本文化学部・言語文化学科、明星大学青梅校 2010/03/31 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Mayuko Uehara "The Self-Formation of Women in Japan’s Modern Period " 2016/07 英語
上原 麻有子 「近代日本における女性の自己形成-西田幾多郎の身体論との関連から」 京都カンファレンス2015 「拡張した心を超えて:異邦の身体、人形、女の魂、東洋の精髄 」 2015/06 日本語
2015/05 英語
Mayuko Uehara "Translatability of Philosophy―Significance of the First Person in Nishida Kitarō" “The nature of Translation and Interpretation Revealed in the Context of Modernity: the Dialogue between the Chinese and Japanese Philosophers” 2015/05 英語
上原麻有子 「西田幾多郎の身体論から女性の顔についての考察へ」 西田哲学会第10回年次大会、京都産業大学 2012/07/22 日本語
Uehara Mayuko « Une relecture de l’École de Kyôto sous l’aspect de la philosophie de la traduction », Histoire de la Traduction en Asie de l’Est 明星大学日野校 2012/05/19 その他外国語
上原麻有子 「近代日本のアカデミーにおける西洋哲学の受容と翻訳の問題」、『跨文化視野下的東亞哲學』學術検討會 中央研究院中國文哲研究所(台湾) 2012/01/05 日本語
Uehara Mayuko “ The Reception of Western Philosophy by Academia in Modern Japan and the Question of Translation”, Japanese Philosophy As An Academic Discipline 香港中文大學哲學科 2011/12/11 英語
Uehara Mayuko « Traduction et lecture―de la domication de la philosophie allemande au progrès de la tetsugaku dans l’académisme du Japon moderne », 研究グループによるパネルTraduction, tradition et modernité en Asie de l’Est XXIVe Congrès de l’Association canadienne de traductologie, University of New Brunswick / St. Thomas University (Fredericton, Canada) 2011/06/03 その他外国語
上原麻有子 コメンテーター  尹大善(江原大)「韓国におけるフランス哲学研究とその意味」のコメント、韓日人文学国際シンポジウム『東アジアにおける西洋哲学受容の問題・韓日人文学の対話の深化を求めて』 江原大学校、江原大学校哲学科(春川市、韓国) 2011/05/21 日本語
Uehara Mayuko « Le concept de traduction pendant l’ère Edo au Japon 2 », XXIIIe Congrès Annuel de l’Act « Méthodologie de la recherche en traductologie », Université Concordia (Montréal, Canada) 2010/05/29 その他外国語
Uehara Mayuko ”The Concept of Translation in Edo Peirod 1”, Classical Japanese Philosophy: context, interpretation, development Conference/workshop Tallinn University (Tallinn, Estonia) 2010/05/23 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
「近代日本における女性の自己形成-西田幾多郎の身体論との関連から」 [招待あり] 京都カンファレンス「拡張した心を超えて:異邦の身体、人形、女の魂、東洋の精髄 」 2015/06/21 日本語
「田辺元における象徴詩―無即有、有即無という表現」 [招待あり] “Cross-Cultural Phenomena in the Modern Exchange between East Asian and Western Thought” 2015/01/12 日本語
“The philosophy of Nishi Amane – Toward the creation of new knowledge through translational inquiry” [Invited] World Consortium: Transformation of Confucianism And Construction of A New World Cultural Order 2014/10/10 英語
「田辺元の『ヴァレリイの藝術哲学』再読―翻訳哲学的に言語化すること」、『日本語で考える―言葉と日本思想―』 土井道子記念京都哲学基金主催シンポジウム 京都大学  2012/09/11 日本語
« La question philosophique sous l’angle de la traduction―la clairvoyance de Nishida Kitarô » Conférence Esthétique et philosophie de la traduction
「翻訳と近現代日本」 「古典力と対話力を核とする人文学教育」 神戸大学大学院・文学部人文学研究科 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 基調講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
「日本哲学における女性哲学の可能性 [招待あり] International Conference on Japanese Philosophy, “Opening up Japanese Philosophy: The Kyoto School and After” 2016/10/07 日本語
“Translation Discourse in Japanese Philosophy-The Case of Tanabe Hajime’s Inquiry into the Translatability” 2016 UEHIRO PHILOSOPHY CONFERENCE “Philosophy and Language” 2016/03/17 英語
"Introduction of the First Person in Nishida’s Philosophy" [Invited] Alexander von Humboldt workshop“Japanese philosophy in translation. Linguistic, cultural and philosophical issues” 2015/11/27 英語
"Translatability of Philosophy―Significance of the First Person in Nishida Kitarō" [Invited] “The nature of Translation and Interpretation Revealed in the Context of Modernity: the Dialogue between the Chinese and Japanese Philosophers” 2015/05/22 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
« L’objectivité intersubjective dans « L’anthropologie » de Kuki Shûzô » Journée d’études « Degrés et champs de la subjectivité » organisée par Uehara Mayuko et Frédéric Joulian 2016/09/01 フランス語
「九鬼哲学の対象としての「女性」『近代日本における女性哲学史を作る』 日本哲学会第74回大会 2015/05/17 日本語
“Philosophizing the Untranslatability of Poetry” Round Table: Lost in Translation and Education for Understanding Other Cultures,14th Biennial Conference, International Network of Philosophers of Education 2014/08/20 英語
“Philosophy of Translation” [Invited] The 7th International Colloquium between the Institute of Education―London and the Graduate School of Education, Kyoto University 2014/03/26 英語
「翻訳哲学という考え方:日本哲学を探る新たな方法として」 [招待あり] 研究大学強化促進事業SPIRITS(Supporting Program for Interaction-based Initiative Team Studies) 融合研究プロジェクト「翻訳としての哲学」と他文化理解――双方向的国際化に向けた哲学と教育の学際研究 2014/02/15 日本語
“Translation As a Creation : In the Case of Nishida Kitaro” [Invited] JJP Workshop “Opening up tetsugaku: the making of the Journal of Japanese Philosophy” 2014/01/10 英語
「田辺の芸術哲学と象徴行為――ヴァレリーの詩学を媒介に」 [招待あり] 土井道子記念京都哲学基金主催シンポジウム「フランス哲学と日本の哲学」 2013/12/24 日本語
「田辺元における象徴と翻訳―ポール・ヴァレリーの読みを通じて」 [招待あり] 2013/12/14 日本語
「京都学派の哲学者の言語観」 [招待あり] 2013/09/28 日本語
“Different Aspects of Translation: In the Case of Nishida Kitaro and Miki Kiyoshi” Round Table: “Cross-Currents and Vortexes through Translation: Dialogues between Japanese and Continental Philosophy”, 23rd World Congress of Philosophy 2013/08/08 英語
“Language, Ways of Thinking, and Logic in Japanese Philosophy” 23rd World Congress of Philosophy, Round Table: Philosophy in Japan : Present and Future, 日本哲学会パネル 2013/08/05 英語
« La philosophie de la traduction et la genèse de la philosophie japonaise : une lecture de Ladmiral » Conférence Internationale Traduction et Philosophie : pour la philosophie de la traduction 韓国外国語大学校 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
« L’aube de la philosophie au Japon modern― la philosophie française comme modèle » Groupe de recheche interdisciplinaire, 2e Journée d’études, « Rencontre franco-japonaise en anthropologie et en phiosophie ― la question de la culture », organisée par Frédéric Joulian et Mayuko Uehara 2017/03/28 フランス語
「固有名と実存-九鬼周造とE. レヴィナスを巡る一考察」 [招待あり] 華人民共和国・広州中山大学哲学系外国哲学部門 講演会 2016/11/28 日本語
第四回「九鬼周造の「実存」と「名」」 [招待あり] 中国人民大学・哲学院招へい講義 2016/11/24 日本語
第三回「「田辺元における芸術哲学の問題―象徴詩批評」2 [招待あり] 中国人民大学・哲学院招へい講義 2016/11/23 日本語
第二回「「田辺元における芸術哲学の問題―象徴詩批評」1 [招待あり] 中国人民大学・哲学院招へい講義 2016/11/22 日本語
第一回「「西田幾多郎の哲学における一人称の問題」 [招待あり] 中国人民大学・哲学院招へい講義 2016/11/21 日本語
« Comment traduire en japonais le pronom ‘je’ ? », Université d’été franco-japonaise en traductologie La Société Française de Traductologie (SoFT) 2016/08/29 フランス語
« Réception des pronoms personnels occidentaux dans la philosophie japonaise », Université d’été franco-japonaise en traductologie [招待あり] La Société Française de Traductologie (SoFT) 2016/08/29 フランス語
「西田哲学と一人称の哲学化」 [招待あり] 京都哲学会公開講演会 2015/11/03 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
上原 麻有子 『幕末明治 移行期の思想と文化』 勉誠出版 2016/05
上原 麻有子 『思想間の対話 東アジアにおける哲学の受容と展開』 法政大学出版局 2015
上原麻有子 「翻訳から見る昭和の哲学―京都学派のエクリチュール」『アジア・ディアスポラと植民地近代』緒形康編 勉誠出版 2013/03/29 日本語
Uehara Mayuko « Interpréter et traduire : l'invention d'une langue de la philosophie dans le Japon moderne », La traduction : philosophie et tradition, Christian Berner & Tatiana Milliaressi (dir.), ) Villeneuve d'Ascq, Presses Universitaires du Septentrion (France) 2011/11/01 英語
Uehara Mayuko (James W. Heisig, Rein Raud編) “The Philosophy of Translation : From Nishida Kitarō to Ogyū Sorai”, Frontiers of Japanese Philosophy 7 – Classical Japanese Philosophy, Nanzan Institute for Religion & Culture 2010/12/01 英語
Uehara Mayuko (Jacynthe Tremblay 編) « Kuki Shūzō. Une réflexion sur la rencontre avec l’autre », Philosophes japonais contemporains Les Presses de l’Université de Montréal - Collection : Sociétés et Cultures de l'Asie 2010/03/01 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(C)23520040 代表 「近代日本哲学の紹介書出版に向けた日仏共同研究」
基盤研究(B)22320005、代表者:藤田正勝  分担 「日本近代哲学の特質と意義、およびその発信の可能性をめぐって」
基盤研究(C) 代表 近代日本哲学の紹介書出版に向けた日仏共同研究 2011〜2014
科学研究費助成金・基盤研究(B)26284003 代表 翻訳の視点から探る日本哲学―日本と東アジア・日本と西洋における言語と思想の相関性 2014〜2016
特別研究員奨励費 代表 道元の思想とその近代、とくに京都学派における受容 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(B) 代表 翻訳の視点から探る日本哲学―日本と東アジア・日本と西洋における言語と思想の相関性 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(C) 代表 近代日本哲学の紹介書出版に向けた日仏共同研究 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(B) 代表 翻訳の視点から探る日本哲学―日本と東アジア・日本と西洋における言語と思想の相関性 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
その他の研究活動等
名称 場所 備考 期間
書評 Frédéric Girard, Vocabulaire du bouddhisme japonais, Tome I- Tome II [Hautes Études Orientales-Extrême-Orient no.45, Genève : Librairie DROZ, 2008, xiii+1658pp.] Japanese Journal of Religious Studies, Volume 38-Number I-2011, Nanzan Institute for Religion&Culture 2011/12/01〜
書評 Erin McCARTHY, Ethics Embodied-Rethinking Selfhood through Continental, Japaneses, and Feminist Philosophies, [Lexington Books, 2010] 『女性空間』28日仏女性資料センター(日仏女性研究学会) 2011/06/01〜0601
京都フォーラム座談会「日本語で哲学する意味」に参加、提題者:長谷川三千子「日本語の哲学へ」 日本女子大学人間社会学部 参加者:金泰昌(主催者)、田中久文、竹内整一、 〜2011/08/31
翻訳 オギュスタン・ベルク著「日本的空間・時間について」(« Quelques mots de l’espace-temps nippon») 『加藤周一における「時間と空間」(ジュリー・ブロック編著、かもがわ出版) 〜2012/06/30
ワークショップ報告書 「フェミニスト現象学における身体論の展望―現象学的身体論の拡張として―」、日本現象学会第33回研究発表大会報告 『現象学年報』28、日本現象学会編 〜2012/11/05
書評 Japanese Philosophy: A Sourcebook, Edited by James W. Heisig, Thomas P. Kasulis, and John C. Maraldo. University of Hawai‘i Press, 2011, 1360p Monnumenta Nipponica Volume67 No2 〜2012
コメンテーター 呉光輝「西田哲学と新儒家の比較研究」および林美茂「哲学か理学か―西周の思想的徘徊をめぐって」のコメント 北京外国語大学・日本学研究センター 「東アジアにおける哲学の形成と思想間の対話」藤田正勝研究チーム・中華日本哲学会共同主催国際シンポジウム 〜2012/09/15
司会 平子友長「三木清『構想力の論理』における構想力の概念とその活用」の司会 土井道子記念京都哲学基金主催シンポジウム「近代日本哲学と論理」 〜2012/12/21
コメンテーター、 林永強氏「アカデミック・ディシプリン」のコメント 日本学術会議講堂 日本学術会議、公開シンポジウム「グローバル人文学の可能性と課題」 2014/12/06〜
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
日本哲学史(講義) Japanese Philosophy (Lectures) 前期 文学部 2013/04〜2014/03
日本哲学史(講義) Japanese Philosophy (Lectures) 後期 文学部 2013/04〜2014/03
日本哲学史(特殊講義) Japanese Philosophy (Special Lectures) 前期 文学部 2013/04〜2014/03
日本哲学史(特殊講義) Japanese Philosophy (Special Lectures) 後期 文学部 2013/04〜2014/03
日本哲学史(演習I) Japanese Philosophy (Seminars) 通年 文学部 2013/04〜2014/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2013/04〜2014/03
日本哲学史(特殊講義) Japanese Philosophy (Special Lectures) 前期 文学研究科 2013/04〜2014/03
日本哲学史(特殊講義) Japanese Philosophy (Special Lectures) 後期 文学研究科 2013/04〜2014/03
日本哲学史(演習II) Japanese Philosophy (Seminars) 通年 文学研究科 2013/04〜2014/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2013/04〜2014/03
日本哲学史(講義) Japanese Philosophy (Lectures) 前期 文学部 2014/04〜2015/03
日本哲学史(講義) Japanese Philosophy (Lectures) 後期 文学部 2014/04〜2015/03
日本哲学史(特殊講義) Japanese Philosophy (Special Lectures) 前期 文学部 2014/04〜2015/03
日本哲学史(特殊講義) Japanese Philosophy (Special Lectures) 後期 文学部 2014/04〜2015/03
日本哲学史(演習I) Japanese Philosophy (Seminars) 通年 文学部 2014/04〜2015/03
日本哲学史(特殊講義) Japanese Philosophy (Special Lectures) 前期 文学研究科 2014/04〜2015/03
日本哲学史(特殊講義) Japanese Philosophy (Special Lectures) 後期 文学研究科 2014/04〜2015/03
日本哲学史(演習II) Japanese Philosophy (Seminars) 通年 文学研究科 2014/04〜2015/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2014/04〜2015/03
日本哲学入門 Introduction to Japanese Philosophy 前期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2014/04〜2015/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2015/04〜2016/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2015/04〜2016/03
文学部英語B English (Humanities) B 後期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
日本哲学史(演習II) Japanese Philosophy (Seminars) 通年 文学研究科 2015/04〜2016/03
日本哲学史(演習I) Japanese Philosophy (Seminars) 通年 文学部 2015/04〜2016/03
日本哲学史(特殊講義) Japanese Philosophy (Special Lectures) 前期 文学研究科 2015/04〜2016/03
日本哲学史(特殊講義) Japanese Philosophy (Special Lectures) 前期 文学部 2015/04〜2016/03
日本哲学史(特殊講義) Japanese Philosophy (Special Lectures) 後期 文学研究科 2015/04〜2016/03
日本哲学史(特殊講義) Japanese Philosophy (Special Lectures) 後期 文学部 2015/04〜2016/03
日本哲学史(講義) Japanese Philosophy (Lectures) 前期 文学部 2015/04〜2016/03
日本哲学史(講義) Japanese Philosophy (Lectures) 後期 文学部 2015/04〜2016/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2016/04〜2017/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2016/04〜2017/03
哲学基礎文化学系ゼミナール Relay Seminars for Undergraduate Students (Seminars) 前期 文学部 2016/04〜2017/03
哲学基礎文化学系ゼミナール Relay Seminars for Undergraduate Students (Seminars) 後期 文学部 2016/04〜2017/03
日本哲学史(演習II) Japanese Philosophy (Seminars) 通年 文学研究科 2016/04〜2017/03
日本哲学史(演習I) Japanese Philosophy (Seminars) 通年 文学部 2016/04〜2017/03
日本哲学史(特殊講義) Japanese Philosophy (Special Lectures) 前期 文学研究科 2016/04〜2017/03
日本哲学史(特殊講義) Japanese Philosophy (Special Lectures) 前期 文学部 2016/04〜2017/03
日本哲学史(特殊講義) Japanese Philosophy (Special Lectures) 後期 文学研究科 2016/04〜2017/03
日本哲学史(特殊講義) Japanese Philosophy (Special Lectures) 後期 文学部 2016/04〜2017/03
日本哲学史(講義) Japanese Philosophy (Lectures) 前期 文学部 2016/04〜2017/03
日本哲学史(講義) Japanese Philosophy (Lectures) 後期 文学部 2016/04〜2017/03

  • <<
  • >>
  • 表示
全学運営(役職等)
役職名 期間
国際交流推進機構協議会 協議員 2014/04/01〜2015/03/31
教職教育委員会 委員 2014/04/01〜2016/03/31
教職教育委員会教職科目連絡小委員会 委員 2014/04/01〜2015/03/31
京都大学国際交流推進機構協議会 協議員 2014/04/01〜2015/03/31
京都大学国際交流推進機構協議会幹事会 協議員 2014/04/01〜2015/03/31
京都大学国際交流推進機構協議会 協議員 2015/04/01〜2016/03/31
教職教育委員会 委員 2015/04/01〜2017/03/31
部局運営(役職等)
役職名 期間
専修主任 2014/04/01〜2017/03/31
系代表 2015/04/01〜2016/03/31
国際交流委員会共同学位教育プログラム準備小委員会委員 2015/04/09〜
国際交流委員会委員 2015/04/01〜2017/03/31
学生支援委員会委員 2016/04/01〜2018/03/31
応用哲学・倫理学研究センター運営委員会委員 2016/04/01〜2018/03/31