伊村 明浩

最終更新日時: 2017/07/07 11:31:27

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
伊村 明浩/イムラ アキヒロ/
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学部附属病院/内科(血液内科)/特定病院助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
医学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8501京都府京都市左京区聖護院川原町54 Shogoin, Kawahara-cho, Sakyo-ku, Kyoto, Kyoto, 606-8507, JAPAN
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-751-4964
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
博士(医学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院医学研究科博士課程内科系専攻 研究指導認定退学
京都大学 大学院医学研究科博士課程内科系専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 医学部医学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1989年:京都大学医学部附属病院研修医 1989 : Resident, Kyoto University medical hospital
1990年:大阪赤十字病院 1990 : Resident, Osaka Red Cross Hospital
1991年:京都大学医学部付属病院医員 1991 : Resident, Kyoto University medical hospital
1996年:京都大学医学部付属病院医員 1997 : Researcher, JST, (CREST)
1997年:科学技術振興事業団「生命活動のプログラム」研究員 2001 : Researcher, CREST, JST
2001年:科学技術振興事業団「ゲノムの構造と機能」研究員
2003〜2007 京都大学先端融合研究機構 HMRO 准教授 associate professor
2007〜2011 京都大学医学研究科腫瘍生物学講座 Tumor biology, Kyoto University 助教 assistant professor
2011〜2015 先端医療振興財団 Foundation for biomedical research and innovation 上席研究員 Chief researcher
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
老化、ホルモン Ageing, Hormone
生理学 homeostasis
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Imura A, Tsuji Y, Murata M, Maeda R, Kubota K, Iwano A, Obuse C, Togashi K, Tominaga M, Kita N, Tomiyama K, Iijima J, Nabeshima Y, Fujioka M, Asato R, Tanaka S, Kojima K, Ito J, Nozaki K, Hashimoto N, Ito T, Nishio T, Uchiyama T, Fujimori T, Nabeshima Y Imura A, Tsuji Y, Murata M, Maeda R, Kubota K, Iwano A, Obuse C, Togashi K, Tominaga M, Kita N, Tomiyama K, Iijima J, Nabeshima Y, Fujioka M, Asato R, Tanaka S, Kojima K, Ito J, Nozaki K, Hashimoto N, Ito T, Nishio T, Uchiyama T, Fujimori T, Nabeshima Y Imura A, Tsuji Y, Murata M, Maeda R, Kubota K, Iwano A, Obuse C, Togashi K, Tominaga M, Kita N, Tomiyama K, Iijima J, Nabeshima Y, Fujioka M, Asato R, Tanaka S, Kojima K, Ito J, Nozaki K, Hashimoto N, Ito T, Nishio T, Uchiyama T, Fujimori T, Nabeshima Y alpha-Klotho as a regulator of calcium homeostasis. alpha-Klotho as a regulator of calcium homeostasis. alpha-Klotho as a regulator of calcium homeostasis. Science (New York, N.Y.), 316, 5831, 1615-1618 Science (New York, N.Y.), 316, 5831, 1615-1618 Science (New York, N.Y.), 316, 5831, 1615-1618 2007/06 公開
Imura A, Iwano A, Tohyama O, Tsuji Y, Nozaki K, Hashimoto N, Fujimori T, Nabeshima Y Imura A, Iwano A, Tohyama O, Tsuji Y, Nozaki K, Hashimoto N, Fujimori T, Nabeshima Y Imura A, Iwano A, Tohyama O, Tsuji Y, Nozaki K, Hashimoto N, Fujimori T, Nabeshima Y Secreted Klotho protein in sera and CSF: implication for post-translational cleavage in release of Klotho protein from cell membrane. Secreted Klotho protein in sera and CSF: implication for post-translational cleavage in release of Klotho protein from cell membrane. Secreted Klotho protein in sera and CSF: implication for post-translational cleavage in release of Klotho protein from cell membrane. FEBS letters, 565, 1-3, 143-147 FEBS letters, 565, 1-3, 143-147 FEBS letters, 565, 1-3, 143-147 2004/05 公開
Tohyama O, Imura A, Iwano A, Freund JN, Henrissat B, Fujimori T, Nabeshima Y Tohyama O, Imura A, Iwano A, Freund JN, Henrissat B, Fujimori T, Nabeshima Y Tohyama O, Imura A, Iwano A, Freund JN, Henrissat B, Fujimori T, Nabeshima Y Klotho is a novel beta-glucuronidase capable of hydrolyzing steroid beta-glucuronides. Klotho is a novel beta-glucuronidase capable of hydrolyzing steroid beta-glucuronides. Klotho is a novel beta-glucuronidase capable of hydrolyzing steroid beta-glucuronides. The Journal of biological chemistry, 279, 11, 9777-9784 The Journal of biological chemistry, 279, 11, 9777-9784 The Journal of biological chemistry, 279, 11, 9777-9784 2004/03 公開
タイトル言語:
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(B) クロトー分子が認識する糖鎖構造の解析 2009〜2011
特定領域研究 クロトー分子と共役するカルシウム代謝分子群のモーダルシフト 2009〜2010
挑戦的萌芽研究 代表 αクロトー分子のグルクロン酸認識能を基盤とする副甲状腺ホルモン抑制薬の探索 2011〜2013
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
老化の分子機構 Molecular mechanism of ageing