藤田 和生

最終更新日時:2015/06/25 18:15:25

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
藤田 和生/フジタ カズオ/Kazuo Fujita
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
文学研究科/行動文化学専攻行動文化学講座/教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
文学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8501 京都府京都市左京区吉田本町 Yoshida-honmachi, Sakyo-ku, Kyoto-shi, Kyoto 606-8501 Japan
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-753-2852
電子メールアドレス
メールアドレス
kfujita @ bun.kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本霊長類学会 Primate Society of Japan
日本心理学会 Japanese Psychological Association
日本動物心理学会 The Japanese Society for Animal Psychology
日本動物行動学会 Japan Ethological Society
日本基礎心理学会 The Japanese Psychonomic Society
関西心理学会 Kansai Psychological Society
所属学会(海外)
学会名(英語) 国名
International Primatological Society
Psychonomic Society of America U.S.A.
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
理学修士 京都大学
理学博士 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院理学研究科修士課程動物学専攻 修了
京都大学 大学院理学研究科博士後期課程動物学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 理学部 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
大阪府立天王寺高等学校 おおさかふりつてんのうじこうとうがっこう
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1987/10/01〜1993/11/30 京都大学霊長類研究所 Primate Research Institute, Kyoto University 助手 Research Associate
1993/12/01〜1996/03/31 京都大学霊長類研究所 Primate Research Institute, Kyoto University 助教授 Associate Professor
1996/04/01〜1999/03/31 京都大学大学院文学研究科 Graduate School of Letters, Kyoto University 助教授 Associate Professor
1999/04/01〜 京都大学大学院文学研究科 Graduate School of Letters, Kyoto University 教授 Professor
プロフィール
(日本語)
専門は比較認知科学。こころの進化を解明するために、主として動物の知性や感情の機能を、実験や観察により行動的に分析している。学部学生には動物研究の楽しさとその意義を、大学院生にはそれに加えて、一流の比較認知研究者として必要な知識と技術、並びに科学者としての心構えを、自由な研究活動を通じて身につけさせるよう努力している。
(英語)
I major in Comparative Cognition. My goal is to uncover how kokoro (mind and heart) has evolved. To achieve this goal, I behaviorally analyze intellectual and affective functions of nonhuman animals by experimental and observational approaches. I try my best to teach undergraduates to understand significance and pleasantness of animal studies and to train graduate students to acquire knowledge, skills, and scientific stance through their voluntary research activities.
個人ホームページ
URL
http://www.psy.bun.kyoto-u.ac.jp/fujita/
研究テーマ
(日本語)
知性と感情機能の進化
(英語)
Evolution of intelligence and affective functions
研究概要
(日本語)
こころの進化を解明するために、主として動物の知性や感情の機能を、実験や観察により行動的に分析している。
(英語)
My goal is to uncover how kokoro (mind and heart) has evolved. To achieve this goal, I behaviorally analyze intellectual and affective functions of nonhuman animals by experimental and observational approaches.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
比較認知論、比較知覚論、動物行動、知性の進化、学習、非ヒト霊長類、鳥類、哺乳類 Comparative Cognition, Comparative Perception, Animal Behavior, Evolution of Intelligence, Learnig, Nonhuman Primates, Birds, Mammals
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
実験心理学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Takaoka A, Maeda T, Hori Y, Fujita K Do dogs follow behavioral cues from an unreliable human? Animal cognition,18,2,475-483 2015/03
Otaki S, Watanabe S, Fujita K Differential motion processing between species facing Ternus-Pikler display: non-retinotopic humans versus retinotopic pigeons. Vision research,103,32-40 2014/10
MacLean EL, Hare B, Nunn CL, Addessi E, Amici F, Anderson RC, Aureli F, Baker JM, Bania AE, Barnard AM, Boogert NJ, Brannon EM, Bray EE, Bray J, Brent LJ, Burkart JM, Call J, Cantlon JF, Cheke LG, Clayton NS, Delgado MM, DiVincenti LJ, Fujita K, Herrmann E, Hiramatsu C, Jacobs LF, Jordan KE, Laude JR, Leimgruber KL, Messer EJ, Moura AC, Ostojić L, Picard A, Platt ML, Plotnik JM, Range F, Reader SM, Reddy RB, Sandel AA, Santos LR, Schumann K, Seed AM, Sewall KB, Shaw RC, Slocombe KE, Su Y, Takimoto A, Tan J, Tao R, van Schaik CP, Virányi Z, Visalberghi E, Wade JC, Watanabe A, Widness J, Young JK, Zentall TR, Zhao Y The evolution of self-control. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,111,E2140-8 2014/05
Nakamura N, Watanabe S, Fujita K A reversed Ebbinghaus-Titchener illusion in bantams (Gallus gallus domesticus). Animal cognition,17,471-481 2014/03
Anderson JR, Takimoto A, Kuroshima H, Fujita K Capuchin monkeys judge third-party reciprocity. Cognition,127,140-146 2013/04
Iwasaki S, Watanabe S, Fujita K Do pigeons (Columba livia) seek information when they have insufficient knowledge? Animal cognition,16,211-221 2013/03
Watanabe S, Nakamura N, Fujita K Bantams (Gallus gallus domesticus) also perceive a reversed Zöllner illusion. Animal cognition,16,109-115 2013/01
藤田和生 動物たちのこころ 2013, エッセイ 情報伝達・解体新書 彼らの流儀はどうなっている? Nextcom, Vol.13, Spring, 34-35. 2013 日本語
堀裕亮・藤田和生・尾崎太寿・伊藤慎一・山田善光・戸崎晃明・Kim, H-S.・眞鍋昇・井上-村山美穂 ウマにおけるオキシトシン受容体遺伝子の多型解析. 2013 「DNA多型」(東洋書店), Vol.21, 35-38. 2013 日本語
Anderson JR, Kuroshima H, Takimoto A, Fujita K Third-party social evaluation of humans by monkeys. Nature communications,4,1561 2013
Hori Y, Ozaki T, Yamada Y, Tozaki T, Kim HS, Takimoto A, Endo M, Manabe N, Inoue-Murayama M, Fujita K Breed Differences in Dopamine Receptor D4 Gene (DRD4) in Horses. Journal of equine science / Japanese Society of Equine Science,24,3,31-36 2013 英語
Fujita K, Morisaki A, Takaoka A, Maeda T, Hori Y Incidental memory in dogs (Canis familiaris): adaptive behavioral solution at an unexpected memory test. Animal cognition,15,6,1055-1063 2012/11 英語
Miyata H, Fujita K Further tests of pigeons' (Columba livia) planning behavior using a computerized plus-shaped maze task. Perceptual and motor skills,115,1,27-42 2012/08 英語
Morimoto Y, Fujita K Capuchin monkeys (Cebus apella) use conspecifics' emotional expressions to evaluate emotional valence of objects. Animal cognition,15,3,341-347 2012/05 英語
Tsutsumi S, Ushitani T, Tomonaga M, Fujita K Infant monkeys' concept of animacy: the role of eyes and fluffiness. Primates; journal of primatology,53,2,113-119 2012/04 英語
Miyata H, Fujita K Acquisition of a same-different discrimination task by pigeons (Columba livia). Psychological reports,110,1,251-262 2012/02
Nakamura N, Watanabe S, Betsuyaku T, Fujita K Do bantams (Gallus gallus domesticus) amodally complete partly occluded lines? An analysis of line classification performance. Journal of comparative psychology (Washington, D.C. : 1983),125,4,411-419 2011/11 英語
Miyata H, Fujita K Flexible route selection by pigeons (Columba livia) on a computerized multi-goal navigation task with and without an "obstacle". Journal of comparative psychology (Washington, D.C. : 1983),125,4,431-435 2011/11 英語
Takimoto A, Fujita K I acknowledge your help: capuchin monkeys' sensitivity to others' labor. Animal cognition,14,5,715-725 2011/09 英語
Morimoto Y, Fujita K Capuchin monkeys (Cebus apella) modify their own behaviors according to a conspecific's emotional expressions. Primates; journal of primatology,52,3,279-286 2011/07 英語
Watanabe S, Nakamura N, Fujita K Pigeons perceive a reversed Zöllner illusion. Cognition,119,1,137-141 2011/04
Adachi I, Anderson JR, Fujita K Reverse-reward learning in squirrel monkeys (Saimiri sciureus): retesting after 5 years, and assessment on qualitative transfer. Journal of comparative psychology (Washington, D.C. : 1983),125,1,84-90 2011/02 英語
Fujita K, Sato Y, Kuroshima H Learning and generalization of tool use by tufted capuchin monkeys (Cebus apella) in tasks involving three factors: reward, tool, and hindrance. Journal of experimental psychology. Animal behavior processes,37,1,10-19 2011/01 英語
Nakamura N, Watanabe S, Betsuyaku T, Fujita K Do birds (pigeons and bantams) know how confident they are of their perceptual decisions? Animal cognition,14,1,83-93 2011/01
Miyata H, Gajdon GK, Huber L, Fujita K How do keas (Nestor notabilis) solve artificial-fruit problems with multiple locks? Animal cognition,14,1,45-58 2011/01
藤田和生 宇宙,心身,いのち  動物はこころが読めるか 環境と健康,23,4,439-448 2010/12/01 日本語
Miyata H, Fujita K Route selection by pigeons (Columba livia) in "traveling salesperson" navigation tasks presented on an LCD screen. Journal of comparative psychology (Washington, D.C. : 1983),124,4,433-446 2010/11 英語
Nakamura N, Watanabe S, Betsuyaku T, Fujita K Do bantams (Gallus gallus domesticus) experience amodal completion? An analysis of visual search performance. Journal of comparative psychology (Washington, D.C. : 1983),124,3,331-335 2010/08 英語
Anderson JR, Kuroshima H, Hattori Y, Fujita K Flexibility in the use of requesting gestures in squirrel monkeys (Saimiri sciureus). American journal of primatology,72,8,707-714 2010/08
Anderson JR, Kuroshima H, Fujita K Delay of gratification in capuchin monkeys (Cebus apella) and squirrel monkeys (Saimiri sciureus). Journal of comparative psychology (Washington, D.C. : 1983),124,2,205-210 2010/05 英語
Takimoto A, Kuroshima H, Fujita K Capuchin monkeys (Cebus apella) are sensitive to others' reward: an experimental analysis of food-choice for conspecifics. Animal cognition,13,2,249-261 2010/03 英語
Hattori Y, Kuroshima H, Fujita K Tufted capuchin monkeys (Cebus apella) show understanding of human attentional states when requesting food held by a human. Animal cognition,13,1,87-92 2010/01
Nakamura N, Watanabe S, Fujita K Further analysis of perception of the standard Müller-Lyer figures in pigeons (Columba livia) and humans (Homo sapiens): effects of length of brackets. Journal of comparative psychology (Washington, D.C. : 1983),123,3,287-294 2009/08 英語
Fujita K Metamemory in tufted capuchin monkeys (Cebus apella). Animal cognition,12,4,575-585 2009/07
Adachi I, Kuwahata H, Fujita K, Tomonaga M, Matsuzawa T Plasticity of ability to form cross-modal representations in infant Japanese macaques. Developmental science,12,3,446-452 2009/04
Matsuno T, Fujita K A comparative psychophysical approach to visual perception in primates. Primates; journal of primatology,50,2,121-130 2009/04
Anderson JR, Awazu S, Fujita K Colour versus quantity as cues in reverse-reward-competent squirrel monkeys (Saimiri sciureus). Quarterly journal of experimental psychology (2006),62,4,673-680 2009/04
Nakamura N, Watanabe S, Fujita K Further analysis of perception of reversed Müller-Lyer figures for pigeons (Columba livia). Perceptual and motor skills,108,1,239-250 2009/02 英語
Miyata H, Itakura S, Fujita K Planning in human children (Homo sapiens) assessed by maze problems on the touch screen. Journal of comparative psychology (Washington, D.C. : 1983),123,1,69-78 2009/02 英語
Anderson JR, Kuroshima H, Paukner A, Fujita K Capuchin monkeys (Cebus apella) respond to video images of themselves. Animal cognition,12,1,55-62 2009/01
藤田和生 「メタ記憶の進化」 清水寛之(編)『メタ記憶-記憶のモニタリングとコントロール』、 北大路書房、2009 年、pp. 173-199 2009 日本語
藤田和生 「動物の幸福と人の幸福」 子安増生(編)『心が活きる教育に向かって-幸福感を紡ぐ心 理学・教育学-』、ナカニシヤ出版、2009 年、pp. 146-166 2009 日本語
藤田和生 「欺き・協力・優しさ・ねたみ―フサオマキザルの社会的知性―」 『関西実験動物研究会 会報』31、2009 年、pp. 39-48 2009 日本語
藤田和生 「内的表象操作の比較認知科学」 『思考の脳内メカニズム』報告書(研究代表者・波多野 誼余夫)、国際高等研究所、2009 年、pp. 43-60 2009 日本語
Anderson JR, Hattori Y, Fujita K Quality before quantity: rapid learning of reverse-reward contingency by capuchin monkeys (Cebus apella). Journal of comparative psychology (Washington, D.C. : 1983),122,4,445-448 2008/11 英語
Kuroshima H, Kuwahata H, Fujita K Learning from others' mistakes in capuchin monkeys (Cebus apella). Animal cognition,11,4,599-609 2008/10 英語
Nakamura N, Watanabe S, Fujita K Pigeons perceive the Ebbinghaus-Titchener circles as an assimilation illusion. Journal of experimental psychology. Animal behavior processes,34,3,375-387 2008/07
Miyata H, Fujita K Pigeons (Columba livia) plan future moves on computerized maze tasks. Animal cognition,11,3,505-516 2008/07
藤田 和生;高岡 祥子;古見 昌宏 イヌ(Canis familiaris)新生児における母親の匂い弁別 動物心理学研究,57,2,89-94 2007/12/25 日本語
Anderson JR, Kuwahata H, Fujita K Gaze alternation during "pointing" by squirrel monkeys (Saimiri sciureus)? Animal cognition,10,2,267-271 2007/04
Hattori Y, Kuroshima H, Fujita K I know you are not looking at me: capuchin monkeys' (Cebus apella) sensitivity to human attentional states. Animal cognition,10,2,141-148 2007/04 英語
Adachi I, Fujita K Cross-modal representation of human caretakers in squirrel monkeys. Behavioural processes,74,1,27-32 2007/01
Adachi I, Kuwahata H, Fujita K Dogs recall their owner's face upon hearing the owner's voice. Animal cognition,10,1,17-21 2007/01 英語
藤田和生 「感情の進化」 藤田和生(編著)『感情科学』、京都大学学術出版会、2007 年、pp. 211-234 2007 日本語
Miyata H, Ushitani T, Adachi I, Fujita K Performance of pigeons (Columba livia) on maze problems presented on the LCD screen: in search for preplanning ability in an avian species. Journal of comparative psychology (Washington, D.C. : 1983),120,4,358-366 2006/11 英語
Adachi I, Kuwahata H, Fujita K, Tomonaga M, Matsuzawa T Japanese macaques form a cross-modal representation of their own species in their first year of life. Primates; journal of primatology,47,4,350-354 2006/10
Nakamura N, Fujita K, Ushitani T, Miyata H Perception of the standard and the reversed Müller-Lyer figures in pigeons (Columba livia) and humans (Homo sapiens). Journal of comparative psychology (Washington, D.C. : 1983),120,3,252-261 2006/08
Paukner A, Anderson JR, Fujita K Redundant food searches by capuchin monkeys (Cebus apella): a failure of metacognition? Animal cognition,9,2,110-117 2006/04 英語
服部裕子, 友永雅己, 藤田和生 チンパンジーにおける自発的な要求行動と他者の視線状態の認識 京都大学霊長類研究所2006年度共同利用研究会「自己と他者を理解する―比較認知発達的アプローチ―」 (2006年8月, 犬山). 2006 日本語
藤田 和生 ハトにおけるヒトの「顔」と「顔以外の身体部位」のカテゴリー弁別 動物心理学研究,55,2,49-57 2005/12/25 日本語
Saito A, Kawamura S, Mikami A, Ueno Y, Hiramatsu C, Koida K, Fujita K, Kuroshima H, Hasegawa T Demonstration of a genotype-phenotype correlation in the polymorphic color vision of a non-callitrichine New World monkey, capuchin (Cebus apella). American journal of primatology,67,4,471-485 2005/12
Saito A, Mikami A, Kawamura S, Ueno Y, Hiramatsu C, Widayati KA, Suryobroto B, Teramoto M, Mori Y, Nagano K, Fujita K, Kuroshima H, Hasegawa T Advantage of dichromats over trichromats in discrimination of color-camouflaged stimuli in nonhuman primates. American journal of primatology,67,4,425-436 2005/12
Anderson JR, Kuroshima H, Hattori Y, Fujita K Attention to combined attention in new world monkeys (Cebus apella, Saimiri sciureus). Journal of comparative psychology (Washington, D.C. : 1983),119,4,461-464 2005/11
Fujita K, Giersch A What perceptual rules do capuchin monkeys (Cebus apella) follow in completing partly occluded figures? Journal of experimental psychology. Animal behavior processes,31,4,387-398 2005/10
石川 悟;黒島 妃香;藤田 和生 フサオマキザルにおける階層的概念獲得とシンボル間関係の理解 (特集 動物の認知) 認知科学,12,3,142-152 2005/09 日本語
Hattori Y, Kuroshima H, Fujita K Cooperative problem solving by tufted capuchin monkeys (Cebus apella): spontaneous division of labor, communication, and reciprocal altruism. Journal of comparative psychology (Washington, D.C. : 1983),119,3,335-342 2005/08 英語
Ushitani T, Fujita K Pigeons do not perceptually complete partly occluded photos of food: an ecological approach to the "pigeon problem". Behavioural processes,69,1,67-78 2005/04 英語
Fujita K, Ushitani T Better living by not completing: a wonderful peculiarity of pigeon vision? Behavioural processes,69,1,59-66 2005/04 英語
Anderson JR, Kuwahata H, Kuroshima H, Leighty KA, Fujita K Are monkeys aesthetists? Rensch (1957) revisited. Journal of experimental psychology. Animal behavior processes,31,1,71-78 2005/01
Anderson JR, Kuroshima H, Kuwahata H, Fujita K Do squirrel monkeys (Saimiri sciureus) and capuchin monkeys (Cebus apella) predict that looking leads to touching? Animal cognition,7,3,185-192 2004/07
Paukner A, Anderson JR, Fujita K Reactions of capuchin monkeys (Cebus apella) to multiple mirrors. Behavioural processes,66,1,1-6 2004/04
Anderson JR, Awazu S, Fujita K Squirrel monkeys (Saimiri sciureus) choose smaller food arrays: long-term retention, choice with nonpreferred food, and transposition. Journal of comparative psychology (Washington, D.C. : 1983),118,1,58-64 2004/03 英語
藤田 和生 21世紀の心理学に向けて――多様性心理学の展開―― 基礎心理学研究,22(2), 193-199. 2004 日本語
藤田 和生 新世界ザルにおける「こころ」の理解(共著) 哲学研究,578、23-60. 2004 日本語
藤田 和生 知性の輝く舞台 発達,98 (Vol.25), 104-112. 2004 日本語
Kuroshima H, Fujita K, Adachi I, Iwata K, Fuyuki A A Capuchin monkey (Cebus apella) recognizes when people do and do not know the location of food. Animal cognition,6,4,283-291 2003/12
Fujita K, Kuroshima H, Asai S How do tufted capuchin monkeys (Cebus apella) understand causality involved in tool use? Journal of experimental psychology. Animal behavior processes,29,3,233-242 2003/07 英語
藤田 和生 ラット(Rattus norveaicus)における視覚刺激に対する推移的反応(Transitive Responding) 動物心理学研究,53,1,17-22 2003/06/25 日本語
Kuroshima H, Fujita K, Fuyuki A, Masuda T Understanding of the relationship between seeing and knowing by tufted capuchin monkeys (Cebus apella). Animal cognition,5,1,41-48 2002/03
Fujita K, Kuroshima H, Masuda T Do tufted capuchin monkeys (Cebus apella) spontaneously deceive opponents? A preliminary analysis of an experimental food-competition contest between monkeys. Animal cognition,5,1,19-25 2002/03
藤田 和生 動物の心を探る : 見えないものの認識を通して 哲學研究,574,39-88 2002 日本語
藤田 和生 知性の起源(霊長類の比較発達心理学69) 発達,90(23), 105-112 2002 日本語
藤田 和生 霊長類における社会的対象認知の発達(共著) 心理学評論,45(3), 367-381. 2002 日本語
藤田 和生 ヒトは特別な存在か――比較認知科学からのメッセージ 科学,71(4/5), 484-487 2001 日本語
藤田和生,石川悟,桑畑裕子,友永雅己,松沢哲郎 霊長類乳児における生物学的運動と物体の一体性の認識 文部科学省科学研究費補助金特定領域研究 (A)「心の発達:認知的成長の機構」平成12年度研究成果報告書 pp. 97-104. 2001 日本語
藤田 和生 霊長類における形の認識 学術月報,53/10,1074-1081 2000 日本語
藤田 和生 動物のあいさつ行動 (特集 あいさつことばとコミュニケーション) -- (あいさつことばとコミュニケーション) 国文学 解釈と教材の研究,44,6,34-41 1999/05 日本語
藤田 和生 社会的関係がラットの食物伝達に与える影響 動物心理学研究,48,2,183-190 1998/12/15 日本語
藤田 和生 マカカ属の種間で見られる同種への好み 遺伝,48/8,35-41 1994 日本語
藤田 和生 比較認知科学--霊長類から見た世界 (化学者のための一般教養講座--現代科学いまどうなっている?<特集>) 化学,48,11,758-762 1993/11 日本語
藤田 和生 実験的なチンパンジーの行動研究が取り組むべき将来の課題 霊長類研究,9/3,159-164 1993 日本語
藤田 和生 サルの言葉とサルの心 日経サイエンス、原著:Seyfarth, R. M., & Cheney, D. L. (1992). Meaning and mind in monkeys. Scientific American, December, 78-84.,23(2), 76-85 1993 日本語
藤田 和生 サルはどのようにして「種」を見分けるようになるか-霊長類における社会的認知の発達- 発達,48(12), 62-71 1991 日本語
藤田 和生 チンパンジーの記憶 情報処理,32/11,1166-1174 1991 日本語
藤田 和生 CRTディスプレイに累積記録を描く 行動分析学研究,3,51-60 1989/03/31 日本語
藤田 和生 マカックザルの種の認知 生物科学,41/1,1-12 1989 日本語
藤田 和生 チンパンジーとヒトの表象能力の比較-短期記憶再生と心的回転- 霊長類研究,5/1,58-74 1989 日本語
藤田 和生 霊長類における種の認知 心理学評論,32/1 1989 日本語
藤田 和生 サルはどのようにして仲間を見分けているか(前編) モンキー,32(5) (No.223), 10-17 1988 日本語
藤田 和生 A研究所における欧文ワードプロセッサ使用行動の普及過程 心理学研究,56(1), 48-51 1985 日本語
藤田 和生 ニホンザル幼児における感覚性強化の行動分析--時間配分の観点から 心理学研究,51,6,351-355 1981 日本語
藤田 和生 異種見本合わせ課題によるニホンザルの概念学習の実験的分析 心理学研究,52,2,92-98 1981 日本語
Y. Hattori; K. Leimgruber; K. Fujita; F.B.M. De Waal Food-related tolerance in capuchin monkeys (Cebus apella) varies with knowledge of the partner\\'s previous food-consumption Behaviour,149,2,171-185 2012 英語
Fujita K., Nakamura N., Sakai A., Watanabe S., & Ushitani T. Amodal completion and illusory perception in birds and primates (Chapter 7). Lazareva, O., Shimizu, T., & Wasserman, E. (eds.), How animals see the world: Comparative behavior, biology, and evolution of vision. New York, Oxford University Press. (pp. 101-116). (book received in March 2012) 2012 英語
Fujita K., Nakamura N., Iwasaki S., & Watanabe S. Are birds metacognitive? Beran M., Brandl, J. L., Perner, J., & Proust, J. (eds.), Foundations of metacognition. Oxford, UK: Oxford University Press. pp.50-61 2012 英語
Y. Hattori; M. Tomonaga; K. Fujita Chimpanzees (Pan troglodytes) show more understanding of human attentional states when they request food in the experimenter\\'s hand than on the table Interaction Studies,12,3,418-429 2011 英語
S. Tsutsumi; T. Ushitani; K. Fujita Arithmetic-like reasoning in wild vervet monkeys: A demonstration of cost-benefit calculation in foraging International Journal of Zoology 2011 英語
K. Fujita Editorial for the special issue Psychologia,54,4,175-177 2011 英語
Hori Y, Takaoka A, Morisaki A, Inoue-Murayama M, Fujita K Cultural differences between dog owners: guestionnaire survey in Japan, Germany, and Ghana. Special Seminar: Conservation and Sustainable Use of Ghanaian Wildlife: Research REport and Plan for This Year. (2011/6, Kyoto) 2011 英語
Hori Y, Kishi H, Inoue-Murayama M, Fujita K Individual variability in response to human facial expressions among dogs Canine Science Forum (2010/08, Vienna) 2010 英語
Watanabe S, Tomonaga M, Fujita K Motion judgment in infant Japanese macaques (Macacafuscata). XXIII Congress of the International Promatological Society (2010/09/12-18, Kyoto). 2010 英語
NAKAMURA Noriyuki;WATANABE Sota;BETSUYAKU Toru;FUJITA Kazuo Do bantams amodally complete partly occluded figures?(Summary of Awarded Presentation at the 27th Annual Meeting) 基礎心理学研究,28,1,169-170 2009/09/30 英語
D. Kosugi; H. Ishida; C. Murai; K. Fujita Nine- to 11-month-old infants reasoning about causality in anomalous human movements Japanese Psychological Research,51,4,246-257 2009 英語
藤田和生(文学研究科教授) 動物たちの心をさぐる 平成19年9 月22日(土) 2009 英語
藤田和生 “Perceptual logics in a comparative perspective: the case of amodal completion.” (共著)Watanabe, S., Blaisdell, A. P., Huber, L., & Young, A. (eds.), Rational animals, irrational humans. Keio University Press. 2009. pp. 201-214. 2009 英語
S. Itakura; K. Fujita Preface Origins of the Social Mind: Evolutionary and Developmental Views,V-VI 2008 英語
S. Itakura; K. Fujita Origins of the social mind: Evolutionary and developmental views Origins of the Social Mind: Evolutionary and Developmental Views,1-211 2008 英語
K. Fujita; H. Kuroshima; Y. Hattori; M. Takahashi Social intelligence in capuchin monkeys (Cebus apella) Origins of the Social Mind: Evolutionary and Developmental Views,3-20 2008 英語
M. Takahashi; T. Ushitani; K. Fujita Inference based on transitive relation in tree shrews (Tupaia belangeri) and rats (Rattus norvegicus) on a spatial discrimination task Psychological Record,58,2,215-227 2008 英語
藤田和生 “Learning form other’s mistakes in capuchin monkeys (Cebus apella).” (共著)Animal Cognition 11 (4). 2008. pp. 599-609. 2008 英語
Hattori Y, Kuroshima H, Fujita K Cognitive background of reciprocal altruism in tufted capuchin monkeys. The 22nd Congress of International Primatological Society (IPS) (2008/08, Edinburgh, UK). 2008 英語
S. Awazu; K. Fujita Transfer from "edible" categorization training to feeding behavior in pigeons (Columba Iivia) Japanese Psychological Research,48,1,27-33 2006 英語
K. Fujita How do nonhuman animals perceptually integrate figural fragments? Japanese Psychological Research,46,3,154-169 2004/09 英語
T. Ushitani; K. Fujita; A. Sato Perceptual organization of motions in pigeons (Columba livia) Japanese Psychological Research,46,3,170-181 2004/09 英語
H. Kuwahata; I. Adachi; K. Fujita; M. Tomonaga; T. Matsuzawa Development of schematic face preference in macaque monkeys Behavioural Processes,66,1,17-21 2004/04/30 英語
藤田 和生 Squirrel monkeys (Saimiri sciureus) point to smaller food arrays: Assessment of long-term retention, choice with non-preferred food and transposition.(共著) Journal of Comparative Psychology,118(1), 58–64. 2004 英語
D. Kosugi; H. Ishida; K. Fujita 10-month-old infants\\' inference of invisible agent: Distinction in causality between object motion and human action Japanese Psychological Research,45,1,15-24 2003/03 英語
藤田 和生 A capuchin monkey (Cebus apella) understands when people do and do not know the location of food.(共著) Animal Cognition,6, 283-291. 2003 英語
D. Kosugi; K. Fujita How do 8-month-old infants recognize causality in object motion and that in human action? Japanese Psychological Research,44,2,66-78 2002/05 英語
J.R. Anderson; H. Kuroshima; H. Kuwahata; K. Fujita; S.-J. Vick Training squirrel monkeys (Saimiri sciureus) to deceive: Acquisition and analysis of behavior toward cooperative and competitive trainers Journal of Comparative Psychology,115,3,282-293 2001/09 英語
D. Kosugi; K. Fujita Infants\\' recognition of causality: Discrimination between inanimate objects and people Psychologia,44,1,31-45 2001/03 英語
K. Fujita Perceptual completion in rhesus monkeys (Macaca mulatta) and pigeons (Columba livia) Perception and Psychophysics,63,1,115-125 2001/01 英語
T. Ushitani; K. Fujita; R. Yamanaka Do pigeons (Columba livia) perceive object unity? Animal Cognition,4,3-4,153-161 2001 英語
Ishikawa S., Fujita K., Kuwahata H., Tomonaga M. & Matsuzawa T. Perception of biological motion in infant macaques: The effects of rearing conditions. The XVIIIth Congress of the International Primatological Society (Jan. 2001, Adelaide, Australia) 2001 英語
Awazu Shunji;Fujita Kazuo Influence of dominance on food transmission in rats (社会的学習・行動) 動物心理学研究,50,1,119-123 2000/06/15 英語
Awazu Shunji;Fujita Kazuo Influence of dominance on food transmission in rats (社会的学習・行動) 動物心理学研究,50,1,119-123 2000/06/15 英語
J.R. Anderson; S. Awazu; K. Fujita Can squirrel monkeys (Saimiri sciureus) learn self-control? A study using food array selection tests and reverse-reward contingency Journal of Experimental Psychology: Animal Behavior Processes,26,1,87-97 2000/01 英語
2000 その他外国語
藤田和生 比較認知研究から見た擬人主義 動物心理学研究,48,2,209-215 1998/12 英語
Y. Ueno; K. Fujita Spontaneous Tool Use by a Tonkean Macaque (Macaca tonkeana) Folia Primatologica,69,5,318-324 1998/09 英語
A. Silberberg; J.J. Widholm; D. Bresler; K. Fujita; J.R. Anderson Natural choice in nonhuman primates Journal of Experimental Psychology: Animal Behavior Processes,24,2,215-228 1998/04 英語
藤田 和生 Influence of social relationship on food transmission in rats. Japanese Journal of Animal Psychology,48/2,183-190 1998 英語
A. Sato; S. Kanazawa; K. Fujita Perception of object unity in a chimpanzee (Pan troglodytes) Japanese Psychological Research,39,3,191-199 1997/09 英語
K. Fujita; K. Watanabe; T.H. Widarto; B. Suryobroto Discrimination of macaques by macaques: The case of Sulawesi species Primates,38,3,233-245 1997/07 英語
K. Fujita Perception of the Ponzo illusion by rhesus monkeys, chimpanzees, and humans: Similarity and difference in the three primate species Perception and Psychophysics,59,2,284-292 1997/02 英語
K. Fujita Linear perspective and the Ponzo illusion: A comparison between rhesus monkeys and humans Japanese Psychological Research,38,3,136-145 1996/09 英語
A. Silberberg; K. Fujita Pointing at smaller food amounts in an analogue of Boysen and Berntson\\'s (1995) procedure Journal of the Experimental Analysis of Behavior,66,1,143-147 1996/07 英語
FUJITA, K; WATANABE, K VISUAL PREFERENCE FOR CLOSELY-RELATED SPECIES BY SULAWESI MACAQUES AMERICAN JOURNAL OF PRIMATOLOGY,37,3,253-261 1995 英語
藤田 和生 Preference for their own species in macaques. The Genetics,48/8,35-41 1994 英語
K. Fujita Role of some physical characteristics in species recognition by pigtail monkeys Primates,34,2,133-140 1993/04 英語
K. Fujita Development of visual preference for closely related species by infant and juvenile macaques with restricted social experience Primates,34,2,141-150 1993/04 英語
K. Fujita; D.S. Blough; P.M. Blough Effects of the inclination of context lines on perception of the Ponzo illusion by pigeons Animal Learning & Behavior,21,1,29-34 1993/02 英語
藤田 和生 What should experimental studies of chimpanzee behavior aim at in the future? 霊長類研究,9,2,159-164 1993 英語
藤田 和生 Comparative cognitive science : views from nonhuman primates Chemistry,48/11,758-762 1993 英語
A. Mikami; K. Fujita Development of the ability to detect visual motion in infant macaque monkeys. Developmental Psychobiology,25,5,345-354 1992/07 英語
藤田和生 チンパンジーの認知と言語 チンパンジーの記憶 情報処理,32,11,1166-1174 1991/11 英語
K. Fujita; D.S. Blough; P.M. Blough Pigeons see the Ponzo illusion Animal Learning & Behavior,19,3,283-293 1991/08 英語
M. Tomonaga; T. Matsuzawa; K. Fujita; J. Yamamoto Emergence of symmetry in a visual conditional discrimination by chimpanzees (Pan troglodytes) Psychological Reports,68,1,51-60 1991/02 英語
FUJITA, K; MATSUZAWA, T DELAYED FIGURE RECONSTRUCTION BY A CHIMPANZEE (PAN-TROGLODYTES) AND HUMANS (HOMO-SAPIENS) JOURNAL OF COMPARATIVE PSYCHOLOGY,104,4,345-351 1990/12 英語
K. Fujita Species preference by infant macaques with controlled social experience International Journal of Primatology,11,6,553-573 1990/12 英語
N. Masataka; K. Fujita Vocal learning of Japanese and rhesus monkeys Behaviour,109,191-199 1989/06 英語
藤田 和生 Comparison of the Representational Abilities of Chimpanzees and Humans:Short-term Memory Reproduction and Mental Rotation 霊長類研究,5,1,58-74 1989 英語
藤田 和生 Species recognition by macaques Biological Science,41/1,1-12 1989 英語
藤田 和生 Species recognition in non-human prinates. Japanese Psychological Review,32/1 1989 英語
K. Fujita Species recognition by five macaque monkeys Primates,28,3,353-366 1987 英語
藤田 和生 Effects of reinforcement schedules on stimulus control of discriminated operants. Mexican Journal of Behavior Analysis,13(3), 287-303. 1987 英語
K. Fujita; T. Matsuzawa A new procedure to study the perceptual world of animals with sensory reinforcement: Recognition of humans by a chimpanzee Primates,27,3,283-291 1986/07 英語
FUJITA, K EFFECTS OF RATIO REINFORCEMENT SCHEDULES ON DISCRIMINATION PERFORMANCE BY JAPANESE MONKEYS JOURNAL OF THE EXPERIMENTAL ANALYSIS OF BEHAVIOR,43,2,225-234 1985 英語
FUJITA, K ACQUISITION AND TRANSFER OF A HIGHER-ORDER CONDITIONAL DISCRIMINATION PERFORMANCE IN THE JAPANESE MONKEY JAPANESE PSYCHOLOGICAL RESEARCH,25,1,1-8 1983 英語
K. Fujita Formation of the sameness-difference concept by Japanese monkeys from a small number of color stimuli. Journal of the experimental analysis of behavior,40,3,289-300 1983 英語
FUJITA, K AN ANALYSIS OF STIMULUS-CONTROL IN 2-COLOR MATCHING-TO-SAMPLE BEHAVIORS OF JAPANESE MONKEYS (MACACA-FUSCATA-FUSCATA) JAPANESE PSYCHOLOGICAL RESEARCH,24,3,124-135 1982 英語
Fujita K., Nakamura N., & Watanabe S. Visual illusion in a comparative perspective. Arthur Shapiro and Dejan Todorovic (eds.), The Oxford compendium of visual illusions. Oxford University Press, in press. 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国際学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国内学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
幡地祐哉, 大瀧翔, 藤田和生 ニワトリ(Gallus gallus domesticus)における歩行時頭部運動の視覚性制御の検討 基礎心理学研究,33,2,215 2015/03/30 日本語
松野響, 藤田和生 フサオマキザルとヒトにおける生体力学的に可能な身体姿勢と不可能な身体姿勢の視知覚弁別 基礎心理学研究,33,2,218 2015/03/30 日本語
大瀧翔, BUCHER Benoit, 幡地祐哉, 藤田和生 ハトのプラッド運動知覚に及ぼす空間周波数・コントラスト分化の効果 基礎心理学研究,33,2,227 2015/03/30 日本語
渡辺創太, 藤田和生, 石田雅人 セキセイインコとヒトにおけるミュラー・リヤー錯視知覚 日本心理学会大会発表論文集,78th,565 2014/08 日本語
堀裕亮, 堀裕亮, 藤田和生, 瀧本彩加, 瀧本彩加, 坪山佳織, 沓掛展之, 井上(村山)美穂, 井上(村山)美穂 御崎馬におけるドーパミン受容体D4遺伝子の多型解析 DNA多型,22,1,42-44 2014/07/31 日本語
藤田和生 感情を科学する 感情の進化―新世界ザルの感情機能― 最新精神医学,19,4,295-302 2014/07/25 日本語
渡辺創太, 西本祐樹, 藤田和生, 石田雅人 セキセイインコはミュラー・リヤー錯視を知覚する 基礎心理学研究,32,2,242-243 2014/03/30 日本語
幡地祐哉, 大瀧翔, 藤田和生 ハトは両眼情報を統合して知覚する 基礎心理学研究,32,2,257 2014/03/30 日本語
渡辺創太, 西本祐樹, 藤田和生, 石田雅人 セキセイインコのミュラー・リヤー錯視知覚 日本動物心理学会大会プログラム,73rd,50 2013/08/20 日本語
堀裕亮, 田所和樹, 瀧本彩加, 藤田和生 ウマにおけるヒトに対する選好形成の実験的検討 日本動物心理学会大会プログラム,73rd,49 2013/08/20 日本語
藤田和生 フサオマキザルのメタ記憶―形と位置の複合見本合わせ課題による検討― 日本動物心理学会大会プログラム,73rd,57 2013/08/20 日本語
千々岩眸, 黒島妃香, 堀裕亮, 高木佐保, 藤田和生 他者の行為をもとにしたコンパニオンアニマル(イヌ,ネコ)の推理 日本動物心理学会大会プログラム,73rd,50 2013/08/20 日本語
幡地祐哉, 大瀧翔, 藤田和生 ハトは両眼情報を統合して知覚する 日本動物心理学会大会プログラム,73rd,51 2013/08/20 日本語
別役透, 大瀧翔, 角野祐志, 千々岩眸, 藤田和生 デグーにおける他個体のにおいの弁別の検討 日本動物心理学会大会プログラム,73rd,48 2013/08/20 日本語
岩崎純衣, 黒島妃香, 藤田和生 ヒト幼児における将来に向けた情報希求行動 日本動物心理学会大会プログラム,73rd,53 2013/08/20 日本語
堀裕亮, 藤田和生, 尾崎太寿, 伊藤愼一, 山田善光, 戸崎晃明, KIM Heui‐Soo, 眞鍋昇, 井上(村山)美穂 動物のDNA多型 6.ウマにおけるオキシトシン受容体遺伝子の多型解析 DNA多型,21,35-38 2013/05/30 日本語
大瀧翔, 渡辺創太, 藤田和生 レチノトピー非依存のヒト・レチノトピー依存のハト 基礎心理学研究,31,2,237 2013/03/30 日本語
別役透, 藤田和生 シリアンハムスターにおける幾何学情報と垂直次元情報を用いた空間探索の検討 動物心理学研究,62,2,196 2013/01/25 日本語
高岡祥子, 寺本智保, 堀祐亮, 李奕錦, 鍋岡紫, 藤田和生 イヌにおけるヒトの意図の認識 動物心理学研究,62,2,221 2013/01/25 日本語
千々岩眸, 藤田和生 ネコにおける自己と環境の認識 動物心理学研究,62,2,198 2013/01/25 日本語
藤田和生, 梁井友里江, 高岡祥子, 堀裕亮 イヌは匂いから飼い主を思い浮かべるか 動物心理学研究,62,2,197 2013/01/25 日本語
岩崎純衣, 渡辺創太, 藤田和生 ハトにおける予見的メタ認知の検討―系列学習課題を用いて― 動物心理学研究,62,2,195 2013/01/25 日本語
渡辺創太, 岩崎純衣, 中村哲之, 藤田和生 ハトにおける傾き錯視知覚の検討 動物心理学研究,62,2,234 2013/01/25 日本語
堀裕亮, 岸尚代, 井上(村山)美穂, 藤田和生 イヌにおけるヒト注視行動とドーパミン受容体D4遺伝子の関連 動物心理学研究,62,2,189 2013/01/25 日本語
大瀧翔, 渡辺創太, 藤田和生 非レチノトピー・ベースのヒトとレチノトピー・ベースのハト 動物心理学研究,62,2,193 2013/01/25 日本語
角野祐志, 松野響, 藤田和生 音楽の繰り返し聴取がリスザルの音楽選好に及ぼす影響 動物心理学研究,62,2,193 2013/01/25 日本語
鍋岡紫, 藤田和生, 高岡祥子, 堀裕亮, 李奕錦 イヌにおける第三者としての感情認識―夫婦ゲンカをイヌは食わないのか 動物心理学研究,62,2,198 2013/01/25 日本語
瀧本彩加, ANDERSON James R., 黒島妃香, 藤田和生 フサオマキザルにおける第3者の互恵性やその違反の認識 動物心理学研究,62,2,232 2013/01/25 日本語
別役透, 都築茉奈, 岩崎純衣, 岡村淳, 藤田和生 シリアンハムスターにおける偶発的記憶の検討 日本動物行動学会大会発表要旨集,32nd,45 2013 日本語
平松千尋, 藤田和生 オマキザルにおける質感のカテゴリカル知覚 日本バーチャルリアリティ学会研究報告,18,VRpsy01,59-60 2013 日本語
渡辺創太, 友永雅己, 藤田和生 ニホンザル乳児は目標刺激の運動認知時に周囲刺激運動を関連付けない 日本心理学会大会発表論文集,76th,652 2012/08 日本語
渡辺創太, 岩崎純衣, 中村哲之, 藤田和生 ハトにおける傾き錯視知覚の検討 日本動物心理学会大会プログラム,72nd,70 2012/04/18 日本語
別役透, 藤田和生 シリアンハムスターにおける幾何学情報と垂直次元情報を用いた空間探索の検討 日本動物心理学会大会プログラム,72nd,45 2012/04/18 日本語
堀裕亮, 岸尚代, 井上(村山)美穂, 藤田和生 イヌにおけるヒト注視行動とドーパミン受容体D4遺伝子の関連 日本動物心理学会大会プログラム,72nd,40 2012/04/18 日本語
大瀧翔, 渡辺創太, 藤田和生 非レチノトピー・ベースのヒトとレチノトピー・ベースのハト 日本動物心理学会大会プログラム,72nd,42 2012/04/18 日本語
鍋岡紫, 藤田和生 イヌにおける第三者としての感情認識―夫婦ゲンカをイヌは食わないのか 日本動物心理学会大会プログラム,72nd,46 2012/04/18 日本語
岩崎純衣, 渡辺創太, 藤田和生 ハトにおける予見的メタ認知の検討―系列学習課題を用いて― 日本動物心理学会大会プログラム,72nd,44 2012/04/18 日本語
藤田和生, 梁井友里江, 高岡祥子, 堀裕亮 イヌは匂いから飼い主を思い浮かべるか 日本動物心理学会大会プログラム,72nd,45 2012/04/18 日本語
角野祐志, 松野響, 藤田和生 音楽の繰り返し聴取がリスザルの音楽選好に及ぼす影響 日本動物心理学会大会プログラム,72nd,43 2012/04/18 日本語
瀧本彩加, ANDERSON James R., 黒島妃香, 藤田和生 フサオマキザルにおける第3者の互恵性やその違反の認識 日本動物心理学会大会プログラム,72nd,69 2012/04/18 日本語
高岡祥子, 寺本智保, 堀裕亮, 李奕錦, 鍋岡紫, 藤田和生 イヌにおけるヒトの意図の認識 日本動物心理学会大会プログラム,72nd,62 2012/04/18 日本語
千々岩眸, 藤田和生 ネコにおける自己と環境の認識 日本動物心理学会大会プログラム,72nd,46 2012/04/18 日本語
平松千尋, 藤田和生 オマキザルにおける素材質感知覚 基礎心理学研究,30,2,222 2012/03/31 日本語
渡辺創太, 友永雅己, 藤田和生 ニホンザル乳児は目標刺激の運動認知時に周囲刺激運動を関連付けない 日本心理学会第 76 回大会 (2012/09/13, 専修大学) 2012 日本語
鈴木慎太郎, 稲垣照美, 藤田和生 マイクロバブルによる水圏環境改善に関する研究 日本機械学会関東支部・精密工学会・茨城大学茨城講演会講演論文集,19th,59-60 2011/08/26 日本語
別役透, 中村哲之, 藤田和生 ハムスターの空間探索における利用方略の柔軟性:標識・位置情報を用いた検討 基礎心理学研究,29,2,206-207 2011/03/31 日本語
藤田和生 比較メタ認知研究の動向 心理学評論,53,3,270-294 2011/01/12 日本語
渡辺創太, 岩崎純衣, 中村哲之, 藤田和生 ハトは鋭角を過小知覚するか 日本動物心理学会大会プログラム,71st,29 2011 日本語
藤田和生, 森崎礼子, 高岡祥子, 前田朋美, 堀裕亮 イヌにおける偶発的記憶―whatとwhereの利用 日本動物心理学会大会プログラム,71st,30-31 2011 日本語
堀裕亮, 瀧本彩加, 藤田和生 ウマにおけるヒト参照行動の品種比較 日本動物心理学会大会プログラム,71st,66 2011 日本語
瀧本彩加, 堀裕亮, 藤田和生 ウマにおける認知研究の現状と展望 動物心理学研究,61,2,141-153 (J-STAGE) 2011 日本語
宮田裕光, 藤田和生 ヒト以外の動物におけるプランニング能力 ―霊長類と鳥類を中心に― 動物心理学研究,61,1,69-82 (J-STAGE) 2011 日本語
瀧本彩加, 堀裕亮, 藤田和生 ウマにおけるヒトの情動の認識―物体選択課題を用いた検討― 日本動物心理学会大会プログラム,71st,66 2011 日本語
高岡祥子, 藤田和生 イヌにおけるヒトの“信頼性”の認識 日本動物心理学会大会プログラム,71st,65-66 2011 日本語
玉井智之, 藤田和生 シリアンハムスターのナビゲーション~ランドマークの価値の違いが探索に与える影響~ 日本動物心理学会大会プログラム,71st,62 2011 日本語
岩崎純衣, 渡辺創太, 藤田和生 ハトは自身の知識状態に応じた情報希求を行うか 日本動物心理学会大会プログラム,71st,55 2011 日本語
森崎礼子, 藤田和生 イヌにおける飼い主の表情認識と社会的参照 日本動物心理学会大会プログラム,71st,65 2011 日本語
宮田裕光, 藤田和生 LCDモニター上の十字形迷路によるハトのプランニング―追加テストからの示唆 日本動物心理学会大会プログラム,71st,54 2011 日本語
大瀧翔, 藤田和生 ハトとヒトの視覚探索に刺激の3次元性が及ぼす影響 日本動物心理学会大会プログラム,71st,92 2011 日本語
鍋岡紫, 藤田和生 イヌにおけるヒトの感情の認識について 日本動物心理学会大会プログラム,71st,26-27 2011 日本語
高橋真, 別役透, 玉井貴之, 谷内通, 藤田和生 ハムスターはクロスモーダルを知覚するか? 日本動物心理学会大会プログラム,71st,53 2011 日本語
宮田裕光, GAJDON Gyula, HUBER Ludwig, 藤田和生 複数の操作を必要とする鍵開け課題におけるキーア(ミヤマオウム)のプランニング 日本動物心理学会大会プログラム,71st,54 2011 日本語
別役透, 藤田和生 シリアンハムスターの空間探索における段差情報と幾何学情報の利用の検討 日本動物心理学会大会プログラム,71st,62 2011 日本語
平松千尋, 瀧本彩加, 藤田和生 リスザルとオマキザルにおける抑制制御の行動学的評価 日本動物心理学会大会プログラム,71st,54 2011 日本語
李奕錦, 藤田和生 イヌにおける数の認識 日本動物心理学会大会プログラム,71st,55 2011 日本語
藤田和生 宇宙,心身,いのち 動物はこころが読めるか 環境と健康,23,4,439-448 2010/12/01 日本語
森崎礼子, 藤田和生 ストレンジシチュエーションテストによるイヌの性格の分類 日本動物心理学会大会プログラム,70th,67 2010/07/26 日本語
瀧本彩加, 堀裕亮, 藤田和生 ウマにおけるヒトの注意状態の認識―食物要求場面を用いた検討― 日本動物心理学会大会プログラム,70th,51-52 2010/07/26 日本語
高岡祥子, 藤田和生 イヌにおける物体選択課題を用いたヒトの指差しの理解 日本動物心理学会大会プログラム,70th,52 2010/07/26 日本語
後藤和宏, 渡辺茂, 藤田和生 ハトとフサオマキザルにおけるパターン優位性効果の検討 日本動物心理学会大会プログラム,70th,50 2010/07/26 日本語
高橋真, 谷内通, 藤田和生 ラットはクロスモーダル知覚をするか? 日本動物心理学会大会プログラム,70th,54 2010/07/26 日本語
藤田和生, 栗山香織, 森崎礼子, 高岡祥子, 堀裕亮, 前田朋美 イヌは足音から飼い主がわかるか 日本動物心理学会大会プログラム,70th,51 2010/07/26 日本語
岩崎純衣, 渡辺創太, 藤田和生 ハトにおけるヒント希求課題を用いたメタ認知の検討 日本動物心理学会大会プログラム,70th,44 2010/07/26 日本語
玉井智之, 中村哲之, 別役透, 藤田和生 シリアンハムスターのナビゲーション~手がかり物体と目標の位置関係が探索に及ぼす効果~ 日本動物心理学会大会プログラム,70th,43-44 2010/07/26 日本語
李奕錦, 藤田和生 イヌにおける他者の知識の認識 日本動物心理学会大会プログラム,70th,57 2010/07/26 日本語
堀裕亮, 瀧本彩加, 藤田和生 ウマにおける他者参照行動 日本動物心理学会大会プログラム,70th,51 2010/07/26 日本語
前田朋美, 藤田和生 イヌにおける身体認識 日本動物心理学会大会プログラム,70th,50-51 2010/07/26 日本語
渡辺創太, 藤田和生 ハトにおける線分長判断および判断経験が他次元判断に与える影響 日本動物心理学会大会プログラム,70th,44 2010/07/26 日本語
別役透, 中村哲之, 藤田和生 シリアンハムスターの空間探索における手がかり利用の柔軟性―標識情報および位置情報の再検討― 日本動物心理学会大会プログラム,70th,44 2010/07/26 日本語
前田朋美, 森崎礼子, 藤田和生 イヌ乳児の知覚・運動能力の発達:Visual Cliffによる縦断的観察 基礎心理学研究,28,2,271 2010/03/31 日本語
中村哲之, 渡辺創太, 別役透, 藤田和生 2種の鳥類(ハト・ニワトリ)を用いたメタ認知研究―自身の選択行動に対する自信度の認知― 基礎心理学研究,28,2,273 2010/03/31 日本語
渡辺創太, 中村哲之, 藤田和生 ハトはツェルナー錯視図形に対しヒトと逆傾向の錯視知覚をする 動物心理学研究,59,2,240 2010/01/25 日本語
藤田和生, 森崎礼子, 高岡祥子 イヌにおける一回起性事象のエピソード記憶的想起 動物心理学研究,59,2,233 2010/01/25 日本語
高橋真, 谷内通, 藤田和生 ラットは視覚と聴覚刺激の共通性を知覚するか? 動物心理学研究,59,2,277 2010/01/25 日本語
森崎礼子, 高岡祥子, 前田朋美, 堀裕亮, 藤田和生 イヌにおけるヒトの感情状態の認識について 動物心理学研究,59,2,272 2010/01/25 日本語
岸尚代, 今野晃嗣, 高岡祥子, 前田朋美, 堀裕亮, 森崎礼子, 藤田和生, 井上(村山)美穂 イヌにおける行動特性と遺伝子型との関連解析 動物心理学研究,59,2,232 2010/01/25 日本語
別役透, 中村哲之, 藤田和生 シリアンハムスターの空間探索における手がかり利用の柔軟性―標識情報および空間位置情報の検討― 動物心理学研究,59,2,241 2010/01/25 日本語
中村哲之, 渡辺創太, 別役透, 藤田和生 ハト(Columba livia)とチャボ(Gallus gallus domesticus)における自身の選択行動に対する自信度の認知 動物心理学研究,59,2,239 2010/01/25 日本語
前田朋美, 藤田和生 イヌにおけるボディ・イメージ 動物心理学研究,59,2,231 2010/01/25 日本語
瀧本彩加, 藤田和生 フサオマキザルにおける他者の労力に応じた報酬分配―役割分担の有無とその経験が報酬分配に及ぼす影響― 動物心理学研究,59,2,244 2010/01/25 日本語
高岡祥子, 藤田和生 イヌにおけるヒトの指差しに対する反応 動物心理学研究,59,2,231 2010/01/25 日本語
堀裕亮, 藤田和生 イヌにおけるヒトの表情の認識 動物心理学研究,59,2,232 2010/01/25 日本語
玉井智之, 別役透, 中村哲之, 藤田和生 手がかり物体と目標の位置関係がシリアンハムスターの空間表象に及ぼす効果 動物心理学研究,59,2,276 2010/01/25 日本語
森本陽, 藤田和生 フサオマキザルは他個体の表出の原因を特定できるか? 動物心理学研究,59,2,233 2010/01/25 日本語
中村哲之, 渡辺創太, 別役透, 藤田和生 ニワトリにおけるアモーダル延長の検討 Vision,22,1,91-92 2010/01/20 日本語
岸尚代, 今野晃嗣, 高岡祥子, 前田朋美, 堀裕亮, 森 崎礼子, 藤田和生, 井上-村山美穂 イヌに おける行動特性と遺伝子型との関連解析. 日本動物 心理学会大会第73 回大会 (2009/09, 岐阜). 2009 日本語
藤田和生 フサオマキザルの社会的知性 動物心理学研究,59,1,117-130 (J-STAGE) 2009 日本語
宮田裕光, 藤田和生 2‐3個の目標を設けたPC画面上の巡回セースルマン問題における,ハトの経路方略 日本動物行動学会大会発表要旨集,28th,75 2009 日本語
高岡祥子, 森崎礼子, 藤田和生 イヌはヒトの音声からその性別を認識するか? 動物心理学研究,58,2,178 2008/12/25 日本語
森崎礼子, 高岡祥子, 藤田和生 イヌにおけるヒトの感情認識―飼い主の行動とイヌの注視の関係― 動物心理学研究,58,2,192 2008/12/25 日本語
森本陽, 藤田和生 フサオマキザルば他個体の表出の原因に情動価を付与するか? 動物心理学研究,58,2,181 2008/12/25 日本語
渡辺創太, 藤田和生 ハトは相対判断と絶対判断いずれの精度がより高いのか 動物心理学研究,58,2,185 2008/12/25 日本語
松野響, 藤田和生 フサオマキザルによる身体姿勢の視知覚 動物心理学研究,58,2,182 2008/12/25 日本語
上垣恵一, 高橋真, 藤田和生 フサオマキザルにおける左右対称性の認識 動物心理学研究,58,2,188 2008/12/25 日本語
瀧本彩加, 黒島妃香, 藤田和生 視覚的交渉の遮断がフサオマキザルの他者への食物分配に与える影響 動物心理学研究,58,2,171 2008/12/25 日本語
高橋真, 藤田和生 ラットは他個体の知識状態を推論できるか 動物心理学研究,58,2,189 2008/12/25 日本語
服部裕子, 藤田和生 フサオマキザルにおける相互的利他行動実験―事前の協力およびその観察が「お返し」に与える影響について― 動物心理学研究,58,2,171 2008/12/25 日本語
中村哲之, 渡辺創太, 藤田和生 チャボ(Gallus gallus domesticus)におけるアモーダル補間知覚の検討―視覚探索課題を用いて― 動物心理学研究,58,2,184 2008/12/25 日本語
藤田和生 比較認知の視点から人と動物の比較の意味を問う―鳥類,鯨類,霊長類の研究 フサオマキザルの社会的知性 日本動物心理学会大会プログラム,68th,15 2008/08/26 日本語
森本陽, 藤田和生, PETRINI Ana Silvia Q., LOPES Monica P., COELHO Camila G., OTTONI Eduardo B. フサオマキザルのスクリーム音声が他個体に与える情動的な影響 霊長類研究,24,Supplement,S.32 2008/07/01 日本語
服部裕子, 藤田和生 フサオマキザルにおける相互的利他行動実験 ―事前の協力およびその観察が「お返し」に与える影響について― 日本動物心理学会第68回大会 (2008/09, 水戸) 2008 日本語
服部裕子, 藤田和生 フサオマキザルにおける相互的利他行動実験 ―誰が協力したかは後のお返しに影響を与えるか?― 日本心理学会第72回大会 (2008/09, 札幌) 2008 日本語
宮田裕光, GAJDON Gyula K., HUBER Ludwig, 藤田和生 鍵開け人工果実課題によるKea(Nestor notabilis)の事前プランニング 日本動物行動学会大会発表要旨集,27th,54 2008 日本語
藤田和生, 高岡祥子, 古見昌宏 イヌ(Canis familiaris)新生児における母親の匂い弁別 動物心理学研究,57,2,89-94 2007/12/25 日本語
松野響, 藤田和生 オマキザルの形態知覚における統合過程についての検討 日本動物心理学会大会プログラム,67th,40 2007/09/14 日本語
宮田裕光, 藤田和生 複数の目標を設けた空間移動課題における,ハトの経路選択方略 日本動物心理学会大会プログラム,67th,49 2007/09/14 日本語
藤田和生, 寺岡彩, 高岡祥子, 森崎礼子 イヌにおける物理的推論 日本動物心理学会大会プログラム,67th,46 2007/09/14 日本語
高橋真, 上野吉一, 藤田和生 ニホンザルの推論における文脈の効果 日本動物心理学会大会プログラム,67th,38 2007/09/14 日本語
上垣恵一, 高橋真, 藤田和生 ツパイにおける左右対称性の認識 日本動物心理学会大会プログラム,67th,64 2007/09/14 日本語
高岡祥子, 森崎礼子, 藤田和生 イヌにおけるマルチモーダル概念 日本動物心理学会大会プログラム,67th,46 2007/09/14 日本語
酒井歩, 藤田和生 新世界ザルにおける絵画的奥行き知覚―キャストシャドーの効果 日本動物心理学会大会プログラム,67th,39 2007/09/14 日本語
瀧本彩加, 黒島妃香, 藤田和生 フサオマキザルの餌分配に関する実験的分析―サルは他者との不公平な餌分配に敏感か?― 日本動物心理学会大会プログラム,67th,39 2007/09/14 日本語
渡辺創太, 藤田和生, 中村哲之, 上垣恵一 ハトにおけるツェルナー錯視知覚研究 2―平行か否かの弁別課題を用いて― 日本動物心理学会大会プログラム,67th,50 2007/09/14 日本語
森崎礼子, 高岡祥子, 藤田和生 イヌにおけるヒトの感情認識 日本動物心理学会大会プログラム,67th,57 2007/09/14 日本語
服部裕子, 藤田和生 事前の協力は「お返し」に影響をあたえるか?―フサオマキザルにおける相互的利他行動実験― 日本動物心理学会大会プログラム,67th,64 2007/09/14 日本語
中村哲之, 渡辺創太, 藤田和生 チャボにおけるエビングハウス錯視図形の知覚 日本動物心理学会大会プログラム,67th,49 2007/09/14 日本語
森本陽, 藤田和生 フサオマキザルは他個体の情動表出の原因を理解しているか? 日本動物行動学会大会発表要旨集,26th,70 2007 日本語
宮田裕光, 藤田和生 LCDモニター上の巡回セールスマン課題におけるハトの経路方略 日本動物行動学会大会発表要旨集,26th,46 2007 日本語
高橋真,牛谷智一,上野吉一,藤田和生 ツパイとラットは社会的文脈の推論課題を解決できない 日本心理学会第70回大会 (2006年11月, 福岡) 2006 日本語
服部裕子, 友永雅己, 藤田和生 チンパンジーにおける自発的な身振りの生成と視線認識 日本心理学会第70回大会 (2006年11月, 福岡) 2006 日本語
服部裕子, 友永雅己, 藤田和生 チンパンジーにおける自発的な身振りと他者の視線認識 第9回SAGAシンポジウム (2006年11月, 名古屋) 2006 日本語
高岡祥子, 藤田和生 イヌにおけるヒトの音声と性別の関係認識 日本動物心理学会大会プログラム,66th (CD-ROM),OD-9 2006 日本語
渡辺創太, 藤田和生, 中村哲之, 上垣恵一 ハトはツェルナー錯視を知覚するのか? 日本動物心理学会大会プログラム,66th (CD-ROM),OB-2 2006 日本語
酒井歩, 藤田和生 3次元視におけるテクスチャ勾配手がかりの利用に関する比較認知科学的検討 日本動物心理学会大会プログラム,66th (CD-ROM),OB-4 2006 日本語
藤田和生, 高岡祥子, 古見昌宏 イヌ新生児における母親の匂い弁別 日本動物心理学会大会プログラム,66th (CD-ROM),P1-27 2006 日本語
明和政子, 黒島妃香, 服部裕子, 藤田和生 フサオマキザルにおける遅延させた自己像の認知 日本動物心理学会大会プログラム,66th (CD-ROM),OD-2 2006 日本語
堤清香, 堤清香, 高橋真, 藤田和生 カラス,サル,ヒト:他者のこころの中の他者 日本動物心理学会大会プログラム,66th (CD-ROM),P1-23 2006 日本語
宮田裕光, 藤田和生 ハトColumba liviaは空間移動課題でプランニングをするか? 日本動物行動学会大会発表要旨集,25th,68 2006 日本語
宮田裕光, 藤田和生 ハトは十字迷路の遂行中に先の1手をプランニングする 日本動物心理学会大会プログラム,66th (CD-ROM),OB-9 2006 日本語
森本陽, 藤田和生 フサオマキザルにおける他者の情動の意味の理解 日本動物心理学会大会プログラム,66th (CD-ROM),OD-4 2006 日本語
上垣恵一, 高橋真, 藤田和生 ツパイにおける系列学習研究 日本動物心理学会大会プログラム,66th (CD-ROM),P2-21 2006 日本語
服部裕子, 藤田和生 よりコストを払ったパートナーに「お返し」をするのか?―フサオマキザルにおける相互的利他行動実験― 日本動物心理学会大会プログラム,66th (CD-ROM),OD-3 2006 日本語
中村哲之, 藤田和生, 渡辺創太, 宮田裕光, 牛谷智一 ハトとヒトにおける順ミュラー・リヤー錯視図形の知覚―極大の法則についての比較検討― 日本動物心理学会大会プログラム,66th (CD-ROM),OB-1 2006 日本語
高橋真, 上野吉一, 牛谷智一, 藤田和生 フサオマキザルにおける社会的文脈の推論 日本動物心理学会大会プログラム,66th (CD-ROM),OD-5 2006 日本語
佐藤 義明;黒島 妃香;藤田 和生 OD-08 フサオマキザルの道具使用に見られる因果認識(3) : 3項目関係の理解とその限界(日本動物心理学会第65回大会発表要旨) 動物心理学研究,55,2 2005/12/25 日本語
足立幾磨, 藤田和生 ハトにおけるヒトの「顔」と「顔以外の身体部位」のカテゴリー弁別 動物心理学研究,55,2,49-57 2005/12/25 日本語
石川悟, 黒島妃香, 藤田和生 動物の認知 フサオマキザルにおける階層的概念獲得とシンボル間関係の理解 認知科学,12,3,142-152 2005/09/01 日本語
松沢哲郎, アレックス・カチェルニック, 藤田和生, 渡辺茂 物に関わる知性の進化:鳥類と霊長類の比較 日本心理学会第69回大会 (2005年9月, 東京). 2005 日本語
佐藤義明, 黒島妃香, 藤田和生 フサオマキザルの道具使用に見られる因果認識 ―妨害環境を含む課題を用いて示された柔軟性と限界― 第8回SAGAシンポジウム(2005年11月, 大阪) 2005 日本語
足立幾磨, 藤田和生, 友永雅己, 松沢哲郎 ニホンザル乳児における感覚横断概念の分析 8回SAGAシンポジウム (2005年11月, 大阪芸術大学). \n 2005 日本語
足立幾磨, 藤田和生, 友永雅己, 松沢哲郎 ニホンザル乳児における感覚統合的概念の分析 日本動物心理学会第65回大会 (2005年10月, 千葉) 動物心理学研究 55: 124. 2005 日本語
足立幾磨, KUERBISCH K, HUBER L, 藤田和生 コモンマーモセットにおけるマルチモーダルなヒト表象 日本心理学会大会発表論文集,68th,742 2004/08 日本語
堤清香, 牛谷智一, 藤田和生 1ひく1は1? 野生のベルベットモンキーは採食時に計算をする 日本心理学会大会発表論文集,68th,885 2004/08 日本語
藤田和生, 牛谷智一 ハトにおける切り欠き図形の視覚探索 日本心理学会大会発表論文集,68th,492 2004/08 日本語
黒島妃香, 桑畑裕子, 藤田和生 フサオマキザルは他者のふり見て我がふりなおす 日本心理学会大会発表論文集,68th,738 2004/08 日本語
服部裕子, 黒島妃香, 藤田和生 フサオマキザルにおける視線認識とポインティングの機能 日本心理学会大会発表論文集,68th,722 2004/08 日本語
藤田和生 21世紀の心理学に向けて―多様性心理学の展開― 基礎心理学研究,22,2,193-199 2004/03/31 日本語
藤田 和生 動物のこころを知る 紅萌,第5号, 9-12. 2004 日本語
藤田 和生 放送大学ビデオ教材「ヒトの学習の特徴-生物学的基盤」[学習科学、第6回] [印刷教材:波多野誼余夫・大浦容子・大島純編(2004).学習科学.第6章 ヒトの学習の特徴:生物学的基盤.財団法人放送大学教育振興会],pp.71-84. 2004 日本語
齋藤慈子, 三上章允, 河村正二, 上野吉一, 平松千尋, Widayati K.A., Suryobroto B., 寺本研, 森裕介, 長野邦寿, 藤田和生, 黒島妃香, 長谷川寿一 霊長類における2色型色覚の有利性:カラーカモフラージュ図形の弁別から 日本進化学会第6回大会 (2004年8月, 東京) プログラム・講演要旨集 : 91 2004 日本語
服部裕子, 黒島妃香, 藤田和生 フサオマキザルは自発的に分業するか?:協力行動実験 日本動物行動学会大会発表要旨集,23rd,55 2004 日本語
足立 幾麿;桑畑 裕子;藤田 和生;友永 雅己;松沢 哲郎 OA09 ニホンザル乳児における種認識 動物心理学研究,53,2 2003/12/25 日本語
藤田和生 フサオマキザルにおけるテクスチャの補間 日本心理学会大会発表論文集,67th,478 2003/08 日本語
足立幾磨, 桑畑裕子, 藤田和生, 石川悟, 友永雅己, 加藤朗野, 釜中慶朗, 清水慶子, 松沢哲郎 マカクザル乳児における生物的運動の知覚 日本心理学会大会発表論文集,67th,761 2003/08 日本語
石川悟, 黒島妃香, 藤田和生 フサオマキザルにおける高次概念の獲得 日本心理学会大会発表論文集,67th,659 2003/08 日本語
高橋真, 藤田和生 ラット(Rattus norvegicus)における視覚刺激に対する推移的反応(Transitive Responding) 動物心理学研究,53,1,17-22 2003/06/25 日本語
藤田 和生 心の多様性 月刊「言語」,2003年11月号 pp.2-3. 2003 日本語
足立幾磨, 桑畑裕子, 藤田和生, 石川悟, 友永雅己, 加藤朗野, 釜中慶朗, 清水慶子, 松沢哲郎 マカクザル乳児における生物的運動の知覚 日本心理学会第67回大会 (2003年9月, 東京). 発表論文集 : 761 2003 日本語
黒島妃香, 藤田和生 フサオマキザル・リスザルは他者が見た物体に注意を向けるのか? 日本心理学会大会発表論文集,66th,549 2002/08 日本語
石川悟, 黒島妃香, 藤田和生 フサオマキザルにおける概念弁別 日本心理学会大会発表論文集,66th,677 2002/08 日本語
藤田和生 フサオマキザルにおける規則性による補間 日本心理学会大会発表論文集,66th,438 2002/08 日本語
桑畑裕子, 足立幾磨, 藤田和生, 友永雅己, 加藤朗野, 松林伸子, 釜中慶朗, 松沢哲郎 霊長類の乳児における顔図形認識の発達 (3) 日本心理学会大会発表論文集,66th,547 2002/08 日本語
足立幾磨, 桑畑裕子, 藤田和生 イヌにおける飼い主の認識 複数感覚様相からの情報の統合としての認識 日本心理学会大会発表論文集,66th,674 2002/08 日本語
藤田 和生 放送大学ビデオ教材「比較認知科学から見た学習の進化」[教授・学習過程論-学習の総合科学をめざして-.(人間行動の生物学的基盤)] [印刷教材:波多野誼余夫・永野重史・大浦容子編(2002).教授・学習過程論-学習の総合科学をめざして-.第2章.財団法人放送大学教育振興会],pp.18-32. 2002 日本語
藤田 和生 霊長類とヒトにおける物理的知識の発達 「心の発達:認知的成長の機構」文部省科学研究費補助金特定領域研究(A)平成9-12年度研究成果報告書,87-99 2002 日本語
桑畑裕子, 石川悟, 藤田和生 霊長類における社会的対象認知の発達 心理学評論,45,3,367-381 2002 日本語
黒島妃香, 桑畑裕子, ANDERSON J R, 藤田和生 サルは他者の視線を使って次の行動を予測することができるのか? 動物心理学研究,51,2,104 2001/12/25 日本語
足立幾磨, 藤田和生 ハトにおけるヒトの顔概念の形成 動物心理学研究,51,2,103 2001/12/25 日本語
桑畑裕子, 石川悟, 藤田和生, 明和政子, 友永雅己, 田中正之, 松沢哲郎 チンパンジー乳児における顔図形認識 動物心理学研究,51,2,103 2001/12/25 日本語
藤田和生 フサオマキザルにおけるゲシュタルト法則 知覚的補間による分析 日本心理学会大会発表論文集,65th,142 2001/10 日本語
長谷川寿一, 佐伯ゆたか, 柏木恵子, 森平奈津子, 亀田達也, 藤田和生, 平石界, 長谷川真理子 心理学における進化的アプローチ 日本心理学会大会発表論文集,65th,S10 2001/10 日本語
桑畑裕子, 藤田和生, 石川悟, 友永雅己, 松沢哲郎 霊長類の乳児における顔図形認識の発達 (2) 日本心理学会大会発表論文集,65th,357 2001/10 日本語
藤田和生 霊長類の知覚的「論理」 日本神経科学大会プログラム・抄録集,24th,157 2001/09/26 日本語
藤田和生 霊長類の知覚的「論理」 神経化学,40,2/3,213 2001/09/01 日本語
藤田和生 あなたが考える科学とは ヒトは特別な存在か 比較認知科学からのメッセージ 科学,71,4/5,484-487 2001/04 日本語
藤田 和生 21世紀の心理学に向かって――京都大学の現状と未来―― 藤田和生.京都大学心理学教官連絡会(編)ナカニシヤ出版,pp.40-43. 2001 日本語
藤田 和生 Learning what to eat: relationship between cognitive knowledge and behavioral experience in pigeons (Columba livia)(共著) 平成10-12年度文部省科学研究費補助金基盤研究(C)(2)「知覚の制約条件に関する比較認知科学的・比較発達学的研究」研究成果報告書,21-34 2001 日本語
藤田 和生 マカクの乳児における顔図形の認識(2)(共著) 文部省科学研究費補助金特定領域研究「心の発達:認知的成長の機構」平成12年度研究成果報告書,105-110 2001 日本語
藤田 和生 子供と動物は正直というけれど:社会的知性の進化と発達. 第16回「大学と科学」公開シンポジウム「心の発達、ことばの発達-子どもはなにをどのように学ぶのか」予稿集,pp.11-14 2001 日本語
藤田 和生 フサオマキザルにおける物体の一体性の認識 平成10-12年度文部省科学研究費補助金基盤研究(C)(2)「知覚の制約条件に関する比較認知科学的・比較発達学的研究」研究成果報告書,/,5-20 2001 日本語
牛谷智一, 藤田和生 ハトにおける知覚的補間の検討 動物心理学研究,50,2,282 2000/12/25 日本語
増田露香, 黒島妃香, 藤田和生 フサオマキザルの欺き行動に関する実験的分析 動物心理学研究,50,2,288 2000/12/25 日本語
黒島妃香, 桑畑裕子, 藤田和生, ANDERSON J R リスザル(Saimiri sciureus)は意図的な欺きができるのか? 動物心理学研究,50,2,287 2000/12/25 日本語
冬木晶, 藤田和生 ハトにおけるイメージを用いた動きの予測 動物心理学研究,50,2,281 2000/12/25 日本語
桑畑裕子, 藤田和生, FAGOT J ギニアヒヒにおける一部分が欠落した顔写真の認識 動物心理学研究,50,2,284 2000/12/25 日本語
藤田和生 霊長類研究の現状と今後の展望 霊長類における形の認識 学術月報,53,10,1074-1081 2000/10/15 日本語
藤田 和生 10ヶ月児における物体とヒトの因果性の理解(共著) 文部省科学研究費補助金特定領域研究「心の発達:認知的成長の機構」平成11年度研究成果報告書,/,72-79 2000 日本語
藤田 和生 ギニアヒヒにおける一部分が欠落した顔図形の認識(共著) 平成10-11年度文部省科学研究費補助金基盤研究(B)「認知機能の進化に関する比較心理学的・比較認知発達学的研究」研究成果報告書,/,19-29 2000 日本語
藤田 和生 解説.松沢哲郎「チンパンジーの心」 岩波現代文庫,pp.333-341. 2000 日本語
桑畑裕子・石川悟・藤田和生・明和政子・友永雅己・松沢哲郎 チンパンジー乳児における顔図形認識の発達 第3回サガ・シンポジウム「大型類人猿の研究・飼育・自然保護-現状と未来-」(2000年11月, 犬山) 2000 日本語
桑畑裕子,藤田和生,友永雅己,松沢哲郎 霊長類の乳児における顔図形認識の発達 日本心理学会第64回大会 (2000年11月, 京都). 発表論文集 p. 599. 2000 日本語
藤田和生,石川悟,友永雅己,松沢哲郎 マカクザル乳児における初期知識の発達 第16回日本霊長類学会大会 (2000年7月, 名古屋). 霊長類研究16 (3) : 273 2000 日本語
桑畑裕子, 藤田和生, 石川悟, 友永雅己, 松沢哲郎 霊長類の乳児における顔図形認識の発達 日本心理学会大会発表論文集,64th,599 2000 日本語
藤田和生 フサオマキザルにおける物体の一体性知覚 日本心理学会大会発表論文集,64th,394 2000 日本語
名倉啓太郎, 藤田和生, 竹下秀子, 中瀬惇, 松村暢隆, 藤永保 ヒト(人)への道を考える 生物的存在から社会的存在への発達のしくみ 日本心理学会大会発表論文集,64th,S58 2000 日本語
徳久愛花, 藤田和生 ハトには意味プライミングが見られるか? 動物心理学研究,49,1,104 1999/06/20 日本語
ANDERSON J R, 粟津俊二, 藤田和生 リスザルにおけるセルフコントロールの学習 動物心理学研究,49,1,103 1999/06/20 日本語
ANDERSON J R, 黒島妃香, 桑畑裕子, 藤田和生 リスザル(Saimiri sciureus)における欺き行動 動物心理学研究,49,1,102 1999/06/20 日本語
山中理恵, 藤田和生 ハトにおけるobject unityの知覚 動物心理学研究,49,1,105 1999/06/20 日本語
山下博志, 山内泉, 藤田和生 CRTを用いたハトの色カテゴリーの検討 動物心理学研究,49,1,105 1999/06/20 日本語
桑畑裕子, 藤田和生 リスザルにおける顔図形の認識 動物心理学研究,49,1,104 1999/06/20 日本語
藤田 和生 乳児における因果性の理解-コミュニケーションの基盤の観点から-(共著) 文部省科学研究費補助金特定領域研究「心の発達:認知的成長の機構」平成10年度研究成果報告書,67-74 1999 日本語
藤田 和生 霊長類乳児における初期知識の発達 文部省科学研究費補助金特定領域研究「心の発達:認知的成長の機構」平成10年度研究成果報告書,59-66 1999 日本語
粟津俊二, 藤田和生 社会的関係がラットの食物伝達に与える影響 動物心理学研究,48,2,183-190 1998/12 日本語
藤田 和生 ハトとアカゲザルの知覚的補間 平成8-9年度文部省科学研究費補助金基盤研究(C)「霊長類の知覚的補完に関する比較認知科学的・比較発達学的研究」研究成果報告書,/,3-9 1998 日本語
藤田 和生 種の認識から個体認識へ(共著) 文部省科学研究費補助金重点領域研究「心の発達:認知的成長の機構」平成9年度研究成果報告書,/,71-78 1998 日本語
藤田和生,石川悟,友永雅己,橋彌和秀,松沢哲郎 ニホンザル乳児の初期知識 第14回日本霊長類学会大会 (1998年6月, 岡山). 霊長類研究 14: 265. 1998 日本語
藤田 和生 大津氏の論文へのコメント (特集:言語の脳科学) 心理学評論,40,3,280-282 1997/09 日本語
藤田 和生 動物の心 以文,40、28-29. 1997 日本語
藤田 和生 行動実験における感覚性強化の利用について 平成5-8年度文部省科学研究費補助金重点領域研究「認知・言語の成立」論文集,/,179-187 1995 日本語
藤田和生 特集 ニホンザルのなかまと種の分化 マカカ属の種間でみられる同種への好み 生物の科学 遺伝,48,8,35-41 1994/08 日本語
藤田 和生 Review of K. R. Gibson & T. Ingold (Eds.), “Tools, language and cognition in human evolution.” Cambridge University Press. (1993) Primates,35(4), 523-525. 1994 日本語
藤田 和生 学習するチンパンジー 科学技術ジャーナル,3/5,12-13 1994 日本語
藤田 和生 ニホンザルにおける視覚探索 平成4-5年度文部省科学研究費補助金一般研究(C)「霊長類とヒトの図形知覚に関する比較認知科学的研究」研究成果報告書,/,12-20 1994 日本語
藤田和生 特集 化学者のための一般教養構座 現代科学いまどうなっている? 霊長類から見た世界 化学,48,11,758-762 1993/11 日本語
藤田 和生 書評 樋口義治著「ニホンザルの文化的行動-獲得と伝播:動物はどのようにして文化を持つか」川島書店(1992) 霊長類研究,9(1)、61-62. 1993 日本語
藤田 和生 運動視機能の発達過程の研究(共著) 運動昭和61-63年度文部省科学研究費補助金特定研究(1)「変動する社会の家族に見られる文化と身体の相互作用」研究成果報告書,Ⅲ-1-Ⅲ-8 1990 日本語
藤田和生 マカックザルにおける種の認知 生物科学,41,1,1-12 1989/02 日本語
藤田和生, 樋口義治 A研究所における欧文ワードプロセッサ使用行動の普及過程 心理学研究,56,1,48-51 1985/04 日本語
藤田和生 異種見本合わせ課題によるニホンザルの概念学習の実験的分析 心理学研究,52,2,92-98 1981/06 日本語
松沢哲郎, 藤田和生 ニホンザル幼児における感覚性強化の行動分析 時間配分の観点から 心理学研究,51,6,351-355 1981/02 日本語
Watanabe S, Tomonaga M, Fujita K Motion judgment in infant macaque monkeys (Macaca fuscata). 5th International Inuyama Comparative Social Cognition Symposium (2009/12, 犬山,京都大学霊長類研究所). 2009 英語
Adachi, I., Tomonaga, M., Matsuzawa, T., Fujita, K. Social categories in infant macaques. The 3rd International Workshop for Young Psychologists on “Evolution and Development of Cognition” (Oct. 2005, Kyoto, Japan). 2005 英語
Tsutsumi S., Tomonaga M., Fujita K. Infnat monkeys’ theory of animacy: The role of eyes and fluffiness. (2005) XXIX International Ethological Conference (Aug. 2005, Budapest, Hungary). 2005 英語
Sato Y., Kuroshima H., Fujita K. Capuchins' causal cognition in tool use tasks involving three-term relationship, reward - tool - hindrance. (2005)The 3rd International Workshop for Young Psychologists on Evolution and Development of Cognition (Oct. 2005, Kyoto, Japan). 2005 英語
藤田 和生 Exploring minds of nonhuman relatives Rakuyu, Kyoto University, 2004 英語
Tsutsumi S., Fujita K., Tomonaga M. Infant macaques' theory of animacy: The role of eyes and fluffiness. (2004) The 2nd International Workshop for Young Psychologists on Evolution and Development of Cognition (Nov. 2004, Kyoto, Japan). 2004 英語
Kuwahata H., Fujita K., Tomonaga M., Adachi I., Ishikawa S., Myowa-Yamakoshi M., Tanaka M., Matsuzawa T. Development of schematic face recognition by chimpanzees and macaque monkeys: Effects of whole and parts of faces COE International Symposium (Nov. 2002, Inuyama, Japan). 2002 英語
Fujita K. & Matsuzawa T. Spatiotemporal boundary formation in chimpanzees. International conference on “Development of mind” (Aug. 2000, Tokyo). Proceedings p. 131. 2001 英語
藤田 和生 Use of sensory reinforcement in behavioral experiments ,/,179-187 1995 英語
藤田 和生 Chimpanzee learns. Science & Technology Journal,3/5,12-13 1994 英語
藤田 和生 Perception of the Ponzo illusion by rhesus monkeys and chimpanzees. ,/,2-11 1994 英語
藤田 和生 Visual search in Japanese monkeys. ,/,12-20 1994 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国際学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > その他
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 基調講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
藤田 和生 動物たちは何を考えている? -動物心理学の挑戦- (知りたい! サイエンス) 技術評論社 2015/04/11
藤田 和生 『誤解だらけの〝イヌの気持ち〟』-『イヌのこころ』を科学する (zaiten Books) 財界展望新社 2015/03/24
中村 哲之, 渡辺 茂, 開 一夫, 藤田 和生 心の多様性: 脳は世界をいかに捉えているか 東京大学出版会 2014/06/09
藤田 和生 比較行動学―ヒト観の再構築 (放送大学教材) 放送大学教育振興会 2011/03
藤田和生 「 イヌ(Canis familiaris)新生児における母親の匂い弁別 」 日本動物心理学会 2007/12/25 日本語
藤田和生 『感情科学』 (編著)、2007、京都大学学術出版会 2007 日本語
藤田 和生 Diversity of cognition: Evolution, Development, Domestication, and Pathology Kyoto University Press, 2006/04 英語
藤田 和生 新・心理学の基礎知識 中島義明・繁桝算男・箱田裕司(編)(項目執筆) 有斐閣, 2005 日本語
藤田 和生 動物の錯視 錯視の科学.東京大学出版会,pp.284-296 2005 日本語
藤田 和生 動物のコミュニケーション 中島平三(編)現代言語の事典.朝倉書店,pp.517-541. 2005 日本語
藤田 和生 比較認知科学(第9章) 波多野誼余夫・大津由紀雄(編)認知科学への招待. 研究社,pp.122-140. 2004 日本語
藤田 和生 心の理論とマキャベリ的知性の進化論-新たなる展開(監訳) ナカニシヤ出版, 2004 日本語
藤田 和生 心の理論とマキャベリ的知性の進化論-ヒトはなぜ賢くなったか-(監訳) ナカニシヤ出版, 2004 日本語
藤田 和生 ヒトおよびニホンザル乳児における視聴覚情報に関する「初期知識」(共著) 友永雅己・田中正之・松沢哲郎(編著)「チンパンジーの認知と行動の発達」, 京都大学学術出版会,pp. 359-364. 2003 日本語
藤田 和生 マカクザル乳児における顔図形の認識(共著) 友永雅己・田中正之・松沢哲郎(編著)「チンパンジーの認知と行動の発達」, 京都大学学術出版会,pp. 337-342. 2003 日本語
藤田 和生 マカクザル乳児における生物的運動の知覚(共著) 友永雅己・田中正之・松沢哲郎(編著)「チンパンジーの認知と行動の発達」, 京都大学学術出版会,pp. 333-336 2003 日本語
藤田 和生 生物学的運動の知覚(共著) 友永雅己・田中正之・松沢哲郎(編著)「チンパンジーの認知と行動の発達」, 京都大学学術出版会,pp. 77-82. 2003 日本語
藤田 和生 動物ばんざい-比較認知科学のすすめ-. Kの会(編)「心理学の方法」, ナカニシヤ出版,pp. 89-107. 2002 日本語
藤田 和生 子供と動物は正直というけれど:社会的知性の進化と発達 第16回「大学と科学」公開シンポジウム講演収録集、『心の発達、ことばの発達-子どもはなにをどのように学ぶのか』クバプロ,22-34 2002 日本語
藤田 和生 情報学事典(項目執筆) 弘文堂, 2002 日本語
藤田 和生 記号学大事典(項目執筆) 柏書房, 2002 日本語
波多野 誼余夫, 斎木 潤, 藤田 和生, 入来 篤史, 岡ノ谷 一夫 コミュニケーションと思考 (認知科学の新展開 2) 岩波書店 2001/06/25
藤田 和生 霊長類のコミュニケーション 乾敏郎・安西祐一郎(編) 「認知科学の新展開2 コミュニケーションと思考」岩波書店(東京),79-114 2001 日本語
藤田 和生 21世紀の心理学に向かって-京都大学の現状と未来-(分担執筆) ナカニシヤ出版, 2001 日本語
藤田 和生 臨床心理学辞典(項目執筆) 八千代出版, 1999 日本語
藤田 和生 比較認知科学への招待-こころの進化学- ナカニシヤ出版, 1998/10 日本語
藤田 和生 動物コミュニケーション-行動のしくみから学習の遺伝子まで(共訳) 西村書店, 1998 日本語
藤田 和生 動物の光刺激選択と学習 光と人間の生活ハンドブック,/,350-356 1995 日本語
藤田 和生 発達心理学辞典(項目執筆)/ ミネルヴァ書房, 1995 日本語
藤田 和生 サル学なんでも小事典(分担執筆) 講談社ブルーバックス, 1992 日本語
藤田 和生 ヒトの知能はサルの知能よりすぐれているか? 「最新脳機械論(最新科学論シリーズ20)」学習研究社,64-73 1992 日本語
藤田 和生 野生チンパンジーの世界(分担訳) ミネルヴァ書房、原著:Goodall, J. (1986). "The chimpanzees of Gombe: Patterns of behavior" The Belknap Press of Harvard University Press., 1990 日本語
藤田 和生 比較認知(第6章) 心理学総合事典、朝倉書店, 日本語
藤田 和生 動物の感覚・知覚(視覚) 大山正・今井省吾・和気典二・菊池正(編)新編 感覚・知覚ハンドブック[増補版], 日本語
藤田 和生 かこみ記事「動物の学習」 人工知能事典, 日本語
藤田 和生 How do primates and birds recognize figures? Diversity of cognition: Evolution, development, domestication, and pathology. Kyoto, Kyoto University Press.,in press 2006 英語
藤田 和生 What you see is different from what I see: Species differences in visual perception. In Matsuzawa, T. (ed.), Primate origins of human cognition and behavior. Springer Verlag,pp. 29-54. (Chapter 2) 2001 英語
藤田 和生 What you see is different from what I see : Species differences in visual perception Primate origins of human cognition and behavior,/,29-54 2001 英語
藤田 和生 Species recognition by macaques measured by sensory reinforcement. In Matsuzawa, T. (ed.), Primate origins of human cognition and behavior. Springer Verlag,pp. 368-382. (Chapter 18) 2001 英語
藤田 和生 Species recognition by macaques measured by sensory reinforcement. Primate origins of human cognition and behavior,/,368-382 2001 英語
藤田 和生 Perception of geometric illusions by pigeons, monkeys, and apes. Emotion, memory and behavior : studies of human and nonhuman primates (Taniguchi Symposia on Brain Sciences, No.18),/,169-179 1995 英語
藤田 和生 Emotion, memory and behavior: studies of human and nonhuman primates Perception of geometric illusions by pigeons, monkeys, and apes.,169-179 1995 英語
藤田 和生 Choice of Lights and learning in animals. ,/,350-356 1995 英語
藤田 和生 Seeing what is not there: Illusion, completion, and spatio-temporal boundary formation in comparative perspective. In: Zentall, T. R., & Wasserman, E. A. (eds.), Comparative Cognition: Experimental Explorations of Animal Intelligence,Comparative Cognition: Experimental Explorations of Animal Intelligence 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 訳書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
マキャベリ的知性と心の理論の進化論〈2〉新たなる展開 ナカニシヤ出版 2004/10
マキャベリ的知性と心の理論の進化論―ヒトはなぜ賢くなったか ナカニシヤ出版 2004/06
動物コミュニケーション―行動のしくみから学習の遺伝子まで 西村書店 1998/08

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > その他
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
藤田和生 比較行動学-ヒト観の再構築 (編著)(2011). 放送大学教育振興会. 255pp. 3月20日刊行 2011/03/20 日本語
藤田和生 Origins of the social mind: Evolutionary and developmental views (共著)2008. Tokyo, Springer Verlag. 2008/08/01 英語
感情科学―Affective Science 京都大学学術出版会 2007/08

  • <<
  • >>
  • 表示
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月

  • <<
  • >>
  • 表示
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
日本心理学会研究奨励賞Outstanding Paper Award from Japanese Psychological Association 1997
日本心理学会研究奨励賞Outstanding Paper Award from Japanese Psychological Association 1998
パタン・錯覚・エラー研究会「今井賞」The Imai Award from the Society for the Study of Pattern, Illusion, and Error 2007
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(S) 代表 意識・内省・読心-認知的メタプロセスの発生と機能
基盤研究(S) 意識・内省・読心−認知的メタプロセスの発生と機能 2008〜2012
基盤研究(S) 代表 意識・内省・読心-認知的メタプロセスの発生と機能 2008/2012〜
基盤研究(A) 代表 認知的メタプロセスの進化と発達 2013〜2015
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
認知と思考に関する比較認知科学的・比較発達学的研究 Comparative study of cognition and thinking 1989〜
知性の進化に関する比較認知科学的研究 Study on the evolutin of intelligence 1998〜
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
心理学(特殊講義) 前期 文学研究科 2011/04〜2012/03
卒業論文(心理学) 通年集中 文学部 2011/04〜2012/03
認知心理学特論III 前期 教育学研究科 2011/04〜2012/03
比較心理学講義 前期 教育学部 2011/04〜2012/03
心理学(講義IIb) 前期 文学部 2011/04〜2012/03
修士論文(心理学) 通年集中 文学研究科 2011/04〜2012/03
心理学(実習III) 通年 文学部 2011/04〜2012/03
心理学(実習I) 通年 文学部 2011/04〜2012/03
心理学(演習) 通年 文学研究科 2011/04〜2012/03
心理学(演習I) 通年 文学部 2011/04〜2012/03
心理学(講義I) 通年 文学部 2011/04〜2012/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2012/04〜2013/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2012/04〜2013/03
心理学(実習III) Psychology (Seminars) 通年 文学部 2012/04〜2013/03
心理学(実習I) Psychology (Seminars) 通年 文学部 2012/04〜2013/03
心理学概論A Introduction to Psychology A 前期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
心理学(演習) Psychology (Seminars) 通年 文学研究科 2012/04〜2013/03
心理学(演習) Psychology (Seminars) 通年 文学部 2012/04〜2013/03
心理学(特殊講義) Psychology (Special Lectures) 前期 文学研究科 2012/04〜2013/03
心理学(講義) Psychology (Lectures) 前期 文学部 2012/04〜2013/03
心理学(講義) Psychology (Lectures) 通年 文学部 2012/04〜2013/03
文学部英語B English (Humanities)B 後期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
比較心理学講義 Comparative Psychology 前期 教育学部 2012/04〜2013/03
認知心理学特論I Advanced Studies: Cognitive Psychology I 前期 教育学研究科 2012/04〜2013/03
心理学(講義) Psychology (Lectures) 通年 文学部 2013/04〜2014/03
心理学(講義) Psychology (Lectures) 前期 文学部 2013/04〜2014/03
心理学(演習) Psychology (Seminars) 通年 文学部 2013/04〜2014/03
心理学(実習I) Psychology (Seminars) 通年 文学部 2013/04〜2014/03
心理学(実習III) Psychology (Seminars) 通年 文学部 2013/04〜2014/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2013/04〜2014/03
比較心理学講義 Comparative Psychology 前期 教育学部 2013/04〜2014/03
心理学(特殊講義) Psychology (Special Lectures) 前期 文学研究科 2013/04〜2014/03
心理学(演習) Psychology (Seminars) 通年 文学研究科 2013/04〜2014/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2013/04〜2014/03
認知心理学特論I Advanced Studies: Cognitive Psychology I 前期 教育学研究科 2013/04〜2014/03
心理学IA Psychology IA 前期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
心理学入門 Introduction to Psychology 後期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
心理学(講義) Psychology (Lectures) 通年 文学部 2014/04〜2015/03
心理学(講義) Psychology (Lectures) 前期 文学部 2014/04〜2015/03
心理学(演習) Psychology (Seminars) 通年 文学部 2014/04〜2015/03
心理学(実習I) Psychology (Seminars) 通年 文学部 2014/04〜2015/03
心理学(実習III) Psychology (Seminars) 通年 文学部 2014/04〜2015/03
比較心理学講義 Comparative Psychology 前期 教育学部 2014/04〜2015/03
心理学(特殊講義) Psychology (Special Lectures) 前期 文学研究科 2014/04〜2015/03
心理学(演習) Psychology (Seminars) 通年 文学研究科 2014/04〜2015/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2014/04〜2015/03
認知心理学特論I Advanced Studies: Cognitive Psychology I 前期 教育学研究科 2014/04〜2015/03
心理学IA Psychology IA 前期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
心理学研究法I Psychology Experiment I 前期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2014/04〜2015/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2015/04〜2016/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2015/04〜2016/03
心理学IA Psychology IA 前期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
心理学(実習III) Psychology (Seminars) 通年 文学部 2015/04〜2016/03
心理学(実習I) Psychology (Seminars) 通年 文学部 2015/04〜2016/03
心理学(演習) Psychology (Seminars) 通年 文学研究科 2015/04〜2016/03
心理学(演習) Psychology (Seminars) 通年 文学部 2015/04〜2016/03
心理学(特殊講義) Psychology (Special Lectures) 前期 文学研究科 2015/04〜2016/03
心理学研究法I Psychology Experiment I 前期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
心理学(講義) Psychology (Lectures) 前期 文学部 2015/04〜2016/03
心理学(講義) Psychology (Lectures) 通年 文学部 2015/04〜2016/03
比較心理学講義 Comparative Psychology 前期 教育学部 2015/04〜2016/03
認知心理学特論I Advanced Studies: Cognitive Psychology I 前期 教育学研究科 2015/04〜2016/03

  • <<
  • >>
  • 表示
全学運営(役職等)
役職名 期間
京都大学動物実験委員会 委員 2008/04/01〜2010/09/30
京都大学動物実験委員会 委員 2010/10/01〜2012/09/30
京都大学動物実験委員会 委員 2012/10/01〜2014/09/30
動物実験委員会 委員 2012/10/01〜2014/09/30
部局運営(役職等)
役職名 期間
専修主任 2015/04/01〜2016/03/31
動物実験委員会委員 2001/03/08〜2017/03/31
企画委員会委員 2015/04/01〜2016/03/31