平井 啓久

最終更新日時:2016/07/15 11:29:50

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
平井 啓久/ヒライ ヒロヒサ/Hirohisa Hirai
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
霊長類研究所/ゲノム細胞研究部門/教授
協力講座
部局 所属 講座等 職名
理学研究科 生物科学専攻 霊長類学講座 教授
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒484-8506 愛知県犬山市官林41 41, Kanrin, Inuyama, Aichi, 484-8506, JAPAN
連絡先電話番号
種別 番号
職場 0568-63-0528
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本遺伝学会 The Genetics Society of Japan
国際霊長類学会 International Primatological Society
日本霊長類学会 Primate Society of Japan
染色体学会 The Society of Chromosome Research
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
農学修士 九州大学
医学博士 熊本大学
プロフィール
(日本語)
霊長類の分子細胞遺伝学および染色体進化の研究をおこなっている。霊長類を研究する前は寄生虫類の染色体を研究していた。特に住血吸虫のゲノム解析に携わっていた。1992年に霊長類研究所に赴任した。それ以来、おもにテナガザルやチンパンジーを中心に霊長類各種の染色体構造変化と生物進化の関わりを研究している。特に構成へテロクロマチンを基盤にした「ゲノム不毛地帯の進化と意義」ならびに「テナガザルの生物地理学」を主要テーマとして進めている。2007年から人類進化モデル研究センター、2009年から2011年まで副所長、2012年より所長を仰せつかっている。
個人ホームページ
URL
http://www.pri.kyoto-u.ac.jp/bunshi/idenshi/hirai_index.html
研究テーマ
(日本語)
霊長類の分子細胞遺伝学と染色体進化
(英語)
Molecular cytogenetics and Chromosome evolution of primates
研究概要
(日本語)
霊長類の分子細胞遺伝学および染色体進化の研究をおこなっている。霊長類を研究する前は寄生虫類の染色体を研究していた。特に住血吸虫のゲノム解析に携わっていた。1992年に霊長類研究所に赴任した。それ以来、おもにテナガザルやチンパンジーを中心に霊長類各種の染色体構造変化と生物進化の関わりを研究している。特に構成へテロクロマチンを基盤にした「ゲノム不毛地帯の進化と意義」ならびに「テナガザルの生物地理学」を主要テーマとして進めている。ゲノム不毛地帯(RCRO)はヒトとチンパンジーで大きく異なる染色体特性である。これがヒトとチンパンジーの相違を大きくした進化的要因の一つではないかと考えている。最近では行動をゲノムから解析する学際的プロジェクトを組織し、ヒトのモデルとなるサルの自然発生モデルの検出や人為的改変モデルの開発を推進する企画をおこなっている。サルモデルの開発は今後重要な課題となると考えている。
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
分子細胞遺伝学, 霊長類学, ゲノムマッピング, Molecular Cytogenetics, Primatology, Chromosome evolution, Genome mapping,
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
人類学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Rokusuke Yoishikawa, Munehiro Okamoto, Shoichi Sakaguchi, So Nakagawa, Tomoyuki Miura, Hirohisa Hirai, Takayuki Miyazawa Simian retrovirous 4 induces lethal acute thrombocytopenia in Japanese macaques. Journal of Virology,89,89,3965-3975 2015 英語
Okamoto M, Miyazawa T, Morikawa S, Ono F, Nakamura S, Sato E, Yoshida T, Yoshikawa R, Sakai K, Mizutani T, Nagata N, Takano J, Okabayashi S, Hamano M, Fujimoto K, Nakaya T, Iida T, Horri T, Miyabe-Nishiwaki T, Watanabe A, Kaneko A, Saito A, Matsui A, Hayakawa T, Suzuki J, Akari H, Matsuzawa T, Hirai H. Emergence of infectious malignant thrombocytopenia in Japanese macaques (Macaca fuscata) by SRV-4 after transmission to a novel host. Scientific Reports,5,8850-8850 2015 英語
Suzuki-Hashido N, Hayakawa T, Matsui A, Go Y, Ishimaru Y, Misaka T, Abe K, Hirai H, Satta Y, IMai H Rapid expansion of phenylthiocarbamide non-tasters among Japanese macaques PLOS ONE,10,7,e0132016 2015 英語
Penporn Sujiwattanarat, Watcharaporn Thapana, Kornsorn Srikulnath, Yuriko Hirai, Hirohisa Hirai & Akihiko Koga. Higher-order repeat structure in alpha satellite DNA occurs in New World monkeys and is not confined to hominoids. Scientific Reports,5,10315 2015 英語
Thapana W, Sujiwattanarat P, Srikulnath K, Hirai H, Koga A Reduction in the structural instability of cloned eukaryotic tandem-repeat DNA by low-temperature culturing of host bacteria. Genetics Resarch,96,e13 2014 英語
Yuri Choi, Yi-Deun Jung, Selvam Ayarpadikannan, Akihiko Koga, Hiroo Imai, Hirohisa Hirai, Christian Roos,and Heui-Soo Kim. Novel variable number of tandem repeats of gibbon MAOA gene and its evolutionary significance. Genome,57,8,427-432 2014 英語
Takao Oishi, Hiroo Imai, Yasuhiro Go, Masanori Imamura, Hirohisa Hirai, Masahiko Takada Sporadic premature aging in a Japanese monkey: a primate model for progeria. PLoS One,9,10,e111867 2014 英語
Hirohisa HIRAI Chromosomal differentiation of schistosomes: what is the message? Frontiers in GENETICS,5,301,301 2014 英語
Jungwoo Eo, Hee-Jae Cha, Hiroo Imai, Hirohisa Hirai, Heui-Soo Kim. Expression Profiles of Endogenous Retroviral Envelopes in Macaca Mulatta (Rhesus Monkey). AIDS Research and Human Retroviruses,30,996-1000 2014 英語
Koga A, Hirai Y, Terada S, Jahan I, Baicharoen S, Arsaithamkul V, Hirai H. Evolutionary Origin of Higher-Order Repeat Structure in Alpha-Satellite DNA of Primate Centromeres. DNA Research,21,4,407-415 2014 英語
Sudarasth Bicharoen, Takako Miyabe-Nishjiwaki, Visit Arsaithamkul, Yuriko Hirai, Kwanruen Duangsa-ard, Boripat Siriaroonrat, Hiroshi Domae, Kornsorn Srikulnath, Akihiko Koga, Hirohisa Hirai . Locational diversity of alpha satellite DNA and intergeneric hybridization aspects in the Nomascus and Hylobates genera of small apes. PLoS One,9,11,e109151 2014 英語
S. Terada; Y. Hirai; H. Hirai; A. Koga Higher-order repeat structure in alpha satellite DNA is an attribute of hominoids rather than hominids Journal of Human Genetics,58,11,752-754 2013/11 英語
O. Prakhongcheep; N. Chaiprasertsri; S. Terada; Y. Hirai; K. Srikulnath; H. Hirai; A. Koga Heterochromatin blocks constituting the entire short arms of acrocentric chromosomes of Azara\\'s owl monkey: Formation processes inferred from chromosomal locations DNA Research,20,5,461-470 2013/10 英語
I. Jahan; Y. Hirai; Z.M.M. Rahman; M.A. Islam; H. Hirai The first finding of chromosome variations in wild-born western hoolock gibbons Primates,54,4,335-340 2013/10 英語
O. Prakhongcheep; Y. Hirai; T. Hara; K. Srikulnath; H. Hirai; A. Koga Two types of alpha satellite DNA in distinct chromosomal locations in Azara\\'s owl monkey DNA Research,20,3,235-240 2013/06 英語
H. Hirai; Y. Hirai; P.T. LoVerde Evolution of sex chromosomes ZW of Schistosoma mansoni inferred from chromosome paint and BAC mapping analyses Parasitology International,61,4,684-689 2012/12 英語
T. Hara; Y. Hirai; I. Jahan; H. Hirai; A. Koga Tandem repeat sequences evolutionarily related to SVA-type retrotransposons are expanded in the centromere region of the western hoolock gibbon, a small ape Journal of Human Genetics,57,12,760-765 2012/12 英語
S. Baicharoen; V. Arsaithamkul; Y. Hirai; T. Hara; A. Koga; H. Hirai In situ hybridization analysis of gibbon chromosomes suggests that amplification of alpha satellite DNA in the telomere region is confined to two of the four genera Genome,55,11,809-812 2012/11 英語
A. Koga; Y. Hirai; T. Hara; H. Hirai Repetitive sequences originating from the centromere constitute large-scale heterochromatin in the telomere region in the siamang, a small ape Heredity,109,3,180-187 2012/09 英語
H. Imai; N. Suzuki; Y. Ishimaru; T. Sakurai; L. Yin; W. Pan; K. Abe; T. Misaka; H. Hirai Functional diversity of bitter taste receptor TAS2R16 in primates Biology Letters,8,4,652-656 2012/08 英語
T. Hara; Y. Hirai; S. Baicharoen; T. Hayakawa; H. Hirai; A. Koga A novel composite retrotransposon derived from or generated independently of the SVA (SINE/VNTR/Alu) transposon has undergone proliferationin gibbon genomes Genes and Genetic Systems,87,3,181-190 2012/06 英語
Hirai H, Hirai Y, LoVerde PT Evolution of sex chromosomes ZW of Scistosoma mansoni inferred from chromosome paint and BAC mapping analyses. Parasitology International,61,684-689 2012 英語
Koga A, Hirai Y, Hara T, and Hirai H Repetitive sequence originating from the centromere constitute large-scale heterochromatin in the telomere region in the siamang, small ape. Heredity,109,180-187 2012 英語
T. Hayakawa; T. Sugawara; Y. Go; T. Udono; H. Hirai; H. Imai Eco-geographical diversification of bitter taste receptor genes (TAS2Rs) among subspecies of chimpanzees (Pan troglodytes) PLoS ONE,7,8,e43277 2012 英語
I. Katoh; A. Mírová; S. Kurata; Y. Murakami; K. Horikawa; N. Nakakuki; T. Sakai; K. Hashimoto; A. Maruyama; T. Yonaga; N. Fukunishi; K. Moriishi; H. Hirai Activation of the long terminal repeat of human endogenous retrovirus K by melanoma-specific transcription factor MITF-M Neoplasia,13,11,1081-U133 2011/11 英語
K. Yoshida; Y. Terai; S. Mizoiri; M. Aibara; H. Nishihara; M. Watanabe; A. Kuroiwa; H. Hirai; Y. Hirai; Y. Matsuda; N. Okada B chromosomes have a functional effect on female sex determination in lake victoria cichlid fishes PLoS Genetics,7,8 2011/08 英語
T. Sugawara; Y. Go; T. Udono; N. Morimura; M. Tomonaga; H. Hirai; H. Imai Diversification of bitter taste receptor gene family in western chimpanzees Molecular Biology and Evolution,28,2,921-931 2011/02 英語
A. Koga; M. Notohara; H. Hirai Evolution of subterminal satellite (StSat) repeats in hominids Genetica,139,2,167-175 2011/02 英語
Takaki A, Yamazaki A. Maekawa T, Shibata H, Hirayama K, Kimura A, Hirai H, and Yasunami M. Positive selection of Toll-like receptor 2 polymorphisms in two closely related old world monkey species, rhesus and Japanese macaques Immunogenetics,64,1,15-29 2011 英語
S.P. Lawton; H. Hirai; J.E. Ironside; D.A. Johnston; D. Rollinson Genomes and geography: Genomic insights into the evolution and phylogeography of the genus Schistosoma Parasites and Vectors,4,1 2011 英語
N. Suzuki; T. Sugawara; A. Matsui; Y. Go; H. Hirai; H. Imai Identification of non-taster Japanese macaques for a specific bitter taste Primates,51,4,285-289 2010/10 英語
M. Iwase; Y. Satta; H. Hirai; Y. Hirai; N. Takahata Frequent gene conversion events between the X and y homologous chromosomal regions in primates BMC Evolutionary Biology,10,1 2010 英語
T. Hayakawa; N. Arisue; T. Udono; H. Hirai; J. Sattabongkot; T. Toyama; T. Tsuboi; T. Horii; K. Tanabe Identification of Plasmodium malariae, a human malaria parasite, in imported chimpanzees PLoS ONE,4,10 2009/10/12 英語
M. Berriman; B.J. Haas; P.T. Loverde; R.A. Wilson; G.P. Dillon; G.C. Cerqueira; S.T. Mashiyama; B. Al-Lazikani; L.F. Andrade; P.D. Ashton; M.A. Aslett; D.C. Bartholomeu; G. Blandin; C.R. Caffrey; A. Coghlan; R. Coulson; T.A. Day; A. Delcher; R. Demarco; A. Djikeng; T. Eyre; J.A. Gamble; E. Ghedin; Y. Gu; C. Hertz-Fowler; H. Hirai; Y. Hirai; R. Houston; A. Ivens; D.A. Johnston; D. Lacerda; C.D. MacEdo; P. McVeigh; Z. Ning; G. Oliveira; J.P. Overington; J. Parkhill; M. Pertea; R.J. Pierce; A.V. Protasio; M.A. Quail; M.-A. Rajandream; J. Rogers; M. Sajid; S.L. Salzberg; M. Stanke; A.R. Tivey; O. White; D.L. Williams; J. Wortman; W. Wu; M. Zamanian; A. Zerlotini; C.M. Fraser-Liggett; B.G. Barrell; N.M. El-Sayed The genome of the blood fluke Schistosoma mansoni Nature,460,7253,352-U65 2009/07 英語
H. Hohjoh; H. Akari; Y. Fujiwara; Y. Tamura; H. Hirai; K. Wada Molecular cloning and characterization of the common marmoset huntingtin gene Gene,432,1-2,60-66 2009/03 英語
C.D. Criscione; C.L.L. Valentim; H. Hirai; P.T. LoVerde; T.J.C. Anderson Genomic linkage map of the human blood fluke Schistosoma mansoni Genome Biology,10,6 2009 英語
S.S. Kantha; J. Suzuki; Y. Hirai; H. Hirai Behavioral sleep in captive owl monkey (Aotus azarae) and squirrel monkey (Saimiri boliviensis) Acta Neurobiologiae Experimentalis,69,4,537-544 2009 英語
Y. Maruta; N. Okayama; M. Hiura; Y. Suehiro; H. Hirai; Y. Hinoda Determination of ancestral allele for possible human cancer-associated polymorphisms Cancer Genetics and Cytogenetics,180,1,24-29 2008 英語
N. Koyama; M. Aimi; Y. Kawamoto; H. Hirai; Y. Go; S. Ichino; Y. Takahata Body mass of wild ring-tailed lemurs in Berenty Reserve, Madagascar, with reference to tick infestation: A preliminary analysis Primates,49,1,9-15 2008 英語
I.W. Chalmers; A.J. McArdle; R.M.R. Coulson; M.A. Wagner; R. Schmid; H. Hirai; K.F. Hoffmann Developmentally regulated expression, alternative splicing and distinct sub-groupings in members of the Schistosoma mansoni venom allergen-like (SmVAL) gene family BMC Genomics,9 2008 英語
E. Roger; C. Grunau; R.J. Pierce; H. Hirai; B. Gourbal; R. Galinier; R. Emans; I.M. Cesari; C. Cosseau; G. Mitta Controlled chaos of polymorphic mucins in a metazoan parasite (Schistosoma mansoni) interacting with its invertebrate host (Biomphalaria glabrata) PLoS Neglected Tropical Diseases,2,11 2008 英語
H.-S. Kim; D.-S. Kim; J.-W. Huh; J.-M. Yi; J.-R. Lee; H. Hirai; H.-G. Cho Chromosomal distribution, genomic feature and functional implication of the HERV-W family in humans Genes and Genomics,30,1,63-72 2008 英語
H. Hirai; Y. Hirai; H. Domae; Y. Kirihara A most distant intergeneric hybrid offspring (Larcon) of lesser apes, Nomascus leucogenys and Hylobates lar Human Genetics,122,5,477-483 2007/12 英語
T. Taguchi; Y. Hirai; P.T. LoVerde; A. Tominaga; H. Hirai DNA probes for identifying chromosomes 5, 6, and 7 of Schistosoma mansoni Journal of Parasitology,93,3,724-726 2007/06 英語
J.M. Fitzpatrick; Y. Hirai; H. Hirai; K.F. Hoffmann Schistosome egg production is dependent upon the activities of two developmentally regulated tyrosinases FASEB Journal,21,3,823-835 2007/03 英語
W. Wu; E.G. Niles; H. Hirai; P.T. LoVerde Identification and characterization of a nuclear receptor subfamily I member in the Platyhelminth Schistosoma mansoni (SmNR1) FEBS Journal,274,2,390-405 2007 英語
W. Wu; E.G. Niles; H. Hirai; P.T. LoVerde Evolution of a novel subfamily of nuclear receptors with members that each contain two DNA binding domains BMC Evolutionary Biology,7 2007 英語
B.J. Haas; M. Berriman; H. Hirai; G.G. Cerqueira; P.T. LoVerde; N.M. El-Sayed Schistosoma mansoni genome: Closing in on a final gene set Experimental Parasitology,117,3,225-228 2007 英語
Sri Kantha S, Suzuki J, Hirai Y, Hirai H Sleep parameters in captive female owl monkey (Aotus) hybrids. Neotropical Primates 14(3):141-144. 2007 英語
K. Ohira; K.J. Homma; H. Hirai; S. Nakamura; M. Hayashi TrkB-T1 regulates the RhoA signaling and actin cytoskeleton in glioma cells Biochemical and Biophysical Research Communications,342,3,867-874 2006 英語
H.-S. Kim; J.-M. Yi; H. Hirai; J.-W. Huh; M.-S. Jeong; S.-B. Jang; C.-G. Kim; N. Saitou; B.-H. Hyun; W.-H. Lee Human Endogenous Retrovirus (HERV)-R family in primates: Chromosomal location, gene expression, and evolution Gene,370,1-2,34-42 2006 英語
R.J. Pierce; W. Wu; H. Hirai; A. Ivens; L.D. Murphy; C. Noël; D.A. Johnston; F. Artiguenave; M. Adams; J. Cornette; E. Viscogliosi; M. Capron; G. Balavoine Evidence for a dispersed Hox gene cluster in the platyhelminth parasite Schistosoma mansoni Molecular Biology and Evolution,22,12,2491-2503 2005/12 英語
H. Wijayanto; Y. Hirai; Y. Kamanaka; A. Katho; D. Sajuthi; H. Hirai Patterns of C-heterochromatin and telomeric DNA in two representative groups of small apes, the genera Hylobates and Symphalangus Chromosome Research,13,7,717-724 2005/10 英語
Y. Go; G. Rakotoarisoa; Y. Kawamoto; T. Shima; N. Koyama; A. Randrianjafy; R. Mora; H. Hirai Characterization and evolution of major histocompatibility complex class II genes in the aye-aye, Daubentonia madagascariensis Primates,46,2,135-139 2005/04 英語
H. Hirai; H. Wijayanto; H. Tanaka; A.R. Mootnick; A. Hayano; D. Perwitasari-Farajallah; D. Iskandriati; D. Sajuthi A whole-arm translocation (WAT8/9) separating Sumatran and Bornean agile gibbons, and its evolutionary features Chromosome Research,13,2,123-133 2005/01 英語
K. Ohira; H. Kumanogoh; Y. Sahara; K.J. Homma; H. Hirai; S. Nakamura; M. Hayashi A truncated tropo-myosine-related kinase B receptor, T1, regulates glial cell morphology via Rho GDP dissociation inhibitor Journal of Neuroscience,25,6,1343-1353 2005 英語
H. Hirai; K. Matsubayashi; K. Kumazaki; A. Kato; N. Maeda; H.-S. Kim Chimpanzee chromosomes: Retrotransposable compound repeat DNA organization (RCRO) and its influence on meiotic prophase and crossing-over Cytogenetic and Genome Research,108,1-3,248-254 2005 英語
P.T. LoVerde; H. Hirai; J.M. Merrick; N.H. Lee; N. El-Sayed Schistosoma mansoni genome project: An update Parasitology International,53,2,183-192 2004 英語
A.K.Z. Guillén; Y. Hirai; T. Tanoue; H. Hirai Transcriptional repression mechanisms of nucleolus organizer regions (NORs) in humans and chimpanzees Chromosome Research,12,3,225-237 2004 英語
Y. Go; Y. Satta; Y. Kawamoto; G. Rakotoarisoa; A. Randrianjafy; N. Koyama; H. Hirai Frequent segmental sequence exchanges and rapid gene duplication characterize the MHC class I genes in lemurs Immunogenetics,55,7,450-461 2003/10 英語
H. Hirai; A.R. Mootnick; O. Takenaka; B. Suryobroto; T. Mouri; Y. Kamanaka; A. Katoh; N. Kimura; A. Katoh; N. Maeda Genetic mechanism and property of a whole-arm translocation (WAT) between chromosomes 8 and 9 of agile gibbons (Hylobates agilis) Chromosome Research,11,1,37-50 2003/01 英語
T. Taguchi; K. Akimaru; H. Hirai; Y. Hirai; J.M. Mwenda; K. Yuri A probe generated by chromosome microdissection, useful for analyzing Y chromosome evolution in Old World monkeys Chromosome Research,11,2,147-152 2003 英語
B.W. Foulk; G. Pappas; Y. Hirai; H. Hirai; D.L. Williams Adenylosuccinate lyase of Schistosoma mansoni: Gene structure, mRNA expression, and analysis of the predicted peptide structure of a potential chemotherapeutic target International Journal for Parasitology,32,12,1487-1495 2002/11 英語
Y. Go; Y. Satta; Y. Kawamoto; G. Rakotoarisoa; A. Randrianjafy; N. Koyama; H. Hirai Mhc-DRB genes evolution in lemurs Immunogenetics,54,6,403-417 2002/09 英語
H. Hirai; Y. Hirai; Y. Kawamoto; H. Endo; J. Kimura; W. Rerkamnuaychoke Cytogenetic differentiation of two sympatric tree shrew taxa found in the southern part of the Isthmus of Kra Chromosome Research,10,4,313-327 2002 英語
H. Hirai Relationship of telomere sequence and constitutive heterochromatin in the human and apes as detected by PRINS Methods in Cell Science,23,1-3,29-35 2001 英語
T. Taguchi; H. Hirai; S. Upatham; T. Agatsuma Sex chromosome differences among the three races (alpha, beta, gamma) of the snail intermediate host of Schistosoma mekongi, Neotricula aperta Parasitology International,49,4,267-272 2000/12 英語
G. Rakotoarisoa; Y. Hirai; Y. Go; Y. Kawamoto; T. Shima; N. Koyama; A. Randrianjafy; R. Mora; H. Hirai Chromosomal localization of 18S rDNA and telomere sequence in the aye-aye, Daubentonia madagascariensis Genes and Genetic Systems,75,5,299-303 2000/10 英語
H. Hirai; T. Taguchi; Y. Saitoh; M. Kawanaka; H. Sugiyama; S. Habe; M. Okamoto; M. Hirata; M. Shimada; W.U. Tiu; K. Lai; E.S. Upatham; T. Agatsuma Chromosomal differentiation of the Schistosoma japonicum complex International Journal for Parasitology,30,4,441-452 2000/04 英語
M.-C. Le Paslier; R.J. Pierce; F. Merlin; H. Hirai; W. Wu; D.L. Williams; D. Johnston; P.T. Loverde; D. Le Paslier Construction and characterization of a Schistosoma mansoni bacterial artificial chromosome library Genomics,65,2,87-94 2000/04 英語
Y. Go; G. Rakotoarisoa; Y. Kawamoto; A. Randrianjafy; N. Koyama; H. Hirai PRINS analysis of the telomeric sequence in seven lemurs Chromosome Research,8,1,57-65 2000 英語
H. Hirai; Y. Kawamoto; M.A. Suleman; J.M. Mwenda Variant centromere lacking specific molecular traits in the Sykes monkey Chromosome Research,8,4,357-359 2000 英語
H. Endo; I. Nishiumi; Y. Hayashi; W. Rerkamnuaychoke; Y. Kawamoto; H. Hirai; J. Kimura; A. Suyanto; J. Nabhitabhata; J. Yamada Osteometrical Skull Character in the Four Species of Tree Shrew Journal of Veterinary Medical Science,62,5,517-520 2000 英語
H. Endo; Y. Hayashi; W. Rerkamnuaychoke; N. Nadee; J. Nabhitabhata; Y. Kawamoto; H. Hirai; J. Kimura; T. Nishida; J. Yamada Sympatric Distribution of the Two Morphological Types of the Common Tree Shrew in Hat-Yai Districts (South Thailand) Journal of Veterinary Medical Science,62,7,759-761 2000 英語
H. Hirai; K. Umetsu Preferable mitogenicity of beetle lectin, Allo A, for the blood cell culture of macaques and its influence on apoptosis Primates,40,4,597-606 1999/10 英語
H.T. Imai; M.Y. Wada; H. Hirai; Y. Matsuda; K. Tsuchiya Cytological, genetic and evolutionary functions of chiasmata based on chiasma graph analysis Journal of Theoretical Biology,198,2,239-257 1999/05 英語
H. Hirai; T. Taguchi; A.K. Godwin Genomic differentiation of 18S ribosomal DNA and β-satellite DNA in the hominoid and its evolutionary aspects Chromosome Research,7,7,531-540 1999 英語
S.A. Williams; D.A. Johnston; M. Aslett; L. Bierwert; M.L. Blaxter; J. Daub; J. Foster; M. Ganatra; D. Guiliano; S. Haynes; K. Jayaraman; I.H. Kamal; K. Kannan; S.J. Laney; W. Li; M. Lizotte-Waniewski; W. Lu; N. Raghavan; R.M.R. Ramzy; R.V. Rao; L. Saunders; A.L. Scott; B. Slatko; T. Supali; J. Ware; V. Azevedo; P. Brindley; G. Correa De Oliviera; Z. Feng; G.R. Franco; H. Hirai; A. Karim; P.T. LoVerde; D. McManus; J. Merrick; R. Pierce; E. Rabelo; D. Rollinson; M. Saber; D.L. Williams Helminth genome analysis: The current status of the filarial and schistosome genome projects Parasitology,118,SUPPL.,S19-S38 1999 英語
H. Hirai; Y. Hasegawa; Y. Kawamoto; E. Tokita Tandem duplication of nucleolus organizer region (NOR) in the Japanese macaque, Macaca fuscata fuscata Chromosome Research,6,3,191-197 1998/04 英語
S. Yonezawa; S. Masaki; A. Hanai; T. Ono; S. Sonta; H. Hirai; M. Ichinose; K. Miki; K. Takahashi; T. Kaceyama Cathepsin E gene in mouse Biomedical Research,19,5,327-334 1998 英語
D. Blair; L. Van Herwerden; H. Hirai; T. Taguchi; S. Habe; M. Hirata; K. Lai; S. Upatham; T. Agatsuma Relationships between Schistosoma malayensis and other Asian schistosomes deduced from DNA sequences Molecular and Biochemical Parasitology,85,2,259-263 1997 英語
Kim, HS; Hirai, H; Takenaka, O Molecular features of the TSPY gene of gibbons and Old World monkeys CHROMOSOME RESEARCH,4,7,500-506 1996/11 英語
H. Hirai; M.-T. Yamamoto; R.W. Taylor; H.T. Imai Genomic dispersion of 28S rDNA during karyotypic evolution in the ant genus Myrmecia (Formicidae) Chromosoma,105,3,190-196 1996 英語
H. Hirai; M. Hirata; Y. Aoki; M. Tanaka; H.T. Imai Chiasma analyses of the parasite flukes, Schistosoma and Paragonimus (Trematoda), by using the chiasma distribution graph Genes and Genetic Systems,71,3,181-188 1996 英語
H. Hirai; P.T. LoVerde Identification of the telomeres on Schistosoma mansoni chromosomes by FISH Journal of Parasitology,82,3,511-512 1996 英語
H. Hirai; M.-T. Yamamoto; R.W. Taylor; H.T. Imai Erratum: Genomic dispersion of 28S rDNA during karyotypic evolution in the ant genus Myrmecia (Formicidae) (Chromosoma (1996) 105 (190-196)) Chromosoma,105,6,380-381 1996 英語
H. Hirai; P.T. LoVerde Fish techniques for constructing physical maps on schistosome chromosomes Parasitology Today,11,8,310-314 1995/08 英語
H. Mei; H. Hirai; M. Tanaka; Zhi Hong; D. Rekosh; P.T. Loverde Schistosoma mansoni: Cloning and characterization of a gene encoding cytosolic Cu/Zn superoxide dismutase Experimental Parasitology,80,2,250-259 1995/03 英語
M. Tanaka; H. Hirai; P.T. LoVerde; S. Nagafuchi; G.R. Franco; A.J.G. Simpson; S.D.J. Pena Yeast artificial chromosome (YAC) -based genome mapping of Schistosoma mansoni Molecular and Biochemical Parasitology,69,1,41-51 1995/01 英語
H. Hirai; M.-T. Yamamoto; K. Ogura; Y. Satta; M. Yamada; R.W. Taylor; H.T. Imai Multiplication of 28S rDNA and NOR activity in chromosome evolution among ants of the Myrmecia pilosula species complex Chromosoma,103,3,171-178 1994/06 英語
H. Hirai; W.S. Procunier; J.O. Ochoa; K. Uemoto A cytogenetic analysis of the Simulium ochraceum species complex (Diptera: Simuliidae) in Central America Genome,37,1,36-53 1994/02 英語
H. Hirai; M. Tanaka; P.T. LoVerde Schistosoma mansoni: Chromosomal localization of female-specific genes and a female-specific DNA element Experimental Parasitology,76,2,175-181 1993/03 英語
Agatsuma T, Lai K, Ow-Yang CK, Habe S, Sugiyama H, Hirai H Kawashima K Genetic differentiation between Malaysian and other Asian Paragonimus westermani (jointly worked) Tropical Biomedicine 10, 45-52,10,45-52 1993 英語
H. Hirai; S. Habe; T. Agatsuma; K. Kawashima Reciprocal translocation between the long arms of chromosomes four and six of Paragonimus westermani from the Philippines Journal of Parasitology,78,3,544-546 1992 英語
H. Hirai; I. Tada Morphological features of spermatozoa of Paragonimus ohirai (Trematoda: Platyhelminthes) examined by a silver nitrate staining technique Parasitology,103,103-110 1991/08 英語
H. Hirai; T. Agatsuma Triploidy in Paragonimus westermani Parasitology Today,7,1,19-21 1991/01 英語
L.D. Spotila; H. Hirai; D.M. Rekosh; P.T. LoVerde A retroposon-like short repetitive DNA element in the genome of the human blood fluke, Schistosoma mansoni Chromosoma,97,6,421-428 1989/05 英語
CONN, J; ROTHFELS, KH; PROCUNIER, WS; HIRAI, H THE SIMULIUM-METALLICUM SPECIES COMPLEX (DIPTERA, SIMULIIDAE) IN LATIN-AMERICA - A CYTOLOGICAL STUDY CANADIAN JOURNAL OF ZOOLOGY-REVUE CANADIENNE DE ZOOLOGIE,67,5,1217-1245 1989/05 英語
H. Hirai; L.D. Spotila; P.T. LoVerde Schistosoma mansoni: Chromosomal localization of DNA repeat elements by in situ hybridization using biotinylated DNA probes Experimental Parasitology,69,1,175-188 1989 英語
H. Hirai; P.T. LoVerde Triploid cells found in intramolluscan stages of Schistosoma mansoni Journal of Parasitology,75,5,800-802 1989 英語
H. Hirai; K. Matsuo; I. Tada Novel C-banding patterns in Paragonimus ohirai (Trematoda: Platyhelminthes) Journal of Parasitology,75,1,157-160 1989 英語
H. Hirai Paragonimus ohirai: Identification of nucleolar organizer regions (NORs) and silver nitrate staining pattern in spermatogenesis Experimental Parasitology,67,2,281-286 1988/12 英語
H. Hirai; I. Tada; H. Takahashi; B.E. Nwoke; G.O. Ufomadu Chromosomes of Onchocerca volvulus (Spirurida:Onchocercidae): A comparative study between Nigeria and Guatemala Journal of Helminthology,61,1,43-46 1987 英語
W.S. Procunier; H. Hirai The chromosomes of Onchocerca volvulus Parasitology Today,2,11,307-309 1986 英語
H. Hirai; Y. Sakaguchi; S. Habe; H.T. Imai C-banding analysis of six species of lung flukes, Paragonimus spp. (Trematoda: Platyhelminthes), from Japan and Korea Zeitschrift für Parasitenkunde Parasitology Research,71,5,617-629 1985 英語
H. Hirai; Y. Sakaguchi; I. Tada Chromosomes of Onchocerca volvulus and O. gutturosa Zeitschrift für Parasitenkunde Parasitology Research,71,1,135-139 1985 英語
S. Habe; T. Agatsuma; H. Hirai Evidence for metacercarial polymorphism in lung flukes, Paragonimus ohirai and Paragonimus iloktsuenensis Journal of Parasitology,71,6,820-827 1985 英語
Hirai H, Sakaguchi Y, Imai HT C-band polymorphism in a Japanese lung fluke Paragonimus ohirai (Trematoda : Platyhelminthes)(jointly worked) Heredity,47,249-252 1981 英語
HIRAI H, Moriwaki K, Uchida TA Comparative analysis of Japanese wood mice from the Oki islands and the Mainland of Japan based on biochemical genetics and cytogenetics J Faculty of agriculture, Kyushu University,25,1-8 1980 英語
Hashiguchi Y, HIRAI H Influence of immunosuppressants on the establishment of Paragonimus miyazakii in albinorats J Helminthol,51,87-94 1977 英語
Hashiguchi Y, Hirai H, Okura T, Hiraoka H Effect of bithionol against Paragonimus ohirai and Paragonimus miyazakii in diffusion chambers implanted intraperitoneally or subcutaneously in rats J Parasitol,62,146-147 1976 英語
Hashiguchi Y, Kono S, Hirai H Host-parasite relationships between Paragonimus ohirai and various crabs.I. Morphology of the metacercariae parasitic in Sesarma (Holometopus) dehaani and S. (H.) haematocheir J Helmintholo,50,178-179 1976 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
H. Hirai; Y. Hirai FISH mapping for helminth genome. Methods in molecular biology (Clifton, N.J.),270,379-394 2004 英語
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Hirai H, Hirai Y, Koga K Characteristics of owl monkey chromosomes: large-scale repetitive sequences constituting the short arms of acrocentrics and karyotypic variation observed in interspecies hybrids 2014/09 英語
HIRAI Hirohisa Chromosome segment 7q31 harboring FOXP2 forms a highly homologous synteny block from fowl to humans: consideration of its meanings 2014/08 英語
HIRAI Hirohisa INCREDIBLE GIBBON ALPHA-SATELLITE (III): APPLICATION TO ANALYSIS OF INTERGENERIC HYBRIDIZATION 2014/08 英語
平井啓久、平井百合子、古賀章彦(京都大・霊長研) ヨザルの種間雑種形成が原因と思われる染色体変異の分子細胞遺伝学的解析 第30回日本霊長類学会大会(214/7/5-7/6, 大阪) 2014/07
平井 啓久 Generation and analysis of non-human primate iPS cells for comparative studies. PWS Kickoff symposium 14 2014/03
9) 古賀章彦, オーン・プラコンチ, コンソン・シクルナト, 平井百合子, 平井啓久 ヨザルのセントロメアを構成する反復配列の急速な置換. 第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会 2013/09
平井啓久, オーン・プラコンチ, ナンペ・チャイパセルチ, 平井百合子, 古賀章彦 ヨザルのアクロセントリック染色体短腕にあるヘテロクロマチンの形成過程. 第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会 2013/09
寺田祥子, 平井百合子, 平井啓久, 古賀章彦 ヒト科とテナガザル科におけるセントロメア反復配列高次構造の起源. 第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会 2013/09
古賀章彦, 平井百合子, 寺田祥子, 平井啓久 セントロメアを構成する反復配列の高次構造はヒト科ではなくヒト上科の特性である. 日本遺伝学会第85回大会 2013/09
平井啓久, 岡本宗裕, 今井啓雄, 郷康広 ゲノムの網羅的種間比較と情感関連遺伝子の探索 平成24年度京都大学霊長類研究所 共同利用研究会 行動特性を支配するゲノム基盤と脳機能の解明(2013/03, 犬山, 愛知). 2013/03 日本語
Hara T, Hirai Y, Hirai H, Koga A Possible genomic impact of SVA retrotransposon in humans similar to that in gibbons Annulal Meeting of the American Society of Human Genetics (2012/11/08, San Francisco, CA, USA) 2012/11 英語
Hayakawa T, Sugawara T, Go Y, Udono T, Hirai H, Imai H Eco-Geographical Differences of the Sense of Bitter Taste in Chimpanzees The 1st International Seminar on Biodiversity and Evolution (2012/09/26, Kyoto). 2012/09 英語
今井啓雄, 鈴木南美, 桜井敬展, 石丸喜朗, 阿部啓子, 三坂巧, Yin Lijie, Pan Wenshi, 平井啓久 アミノ酸変異による苦味受容体 TAS2R16 機能の多様化 日本生物物理学会(2012/09/24, 名古屋) 2012/09 日本語
Hirai H SRV in macaques: Japanese macaques, long-tailed macaques and rhesus macaques The 3rd International Symposium on Southeast Asian Primates. (2012/08/29, Thailand). 2012/08 英語
寺田祥子, 平井百合子, 平井啓久, 古賀章彦 反復配列の増減を指標としたテナガザル科4属の系統関係推定の試み 第14回日本進化学会 (2012/08/ 21, 八王子市). 2012/08 日本語
早川卓志, 鈴木南美, 松井淳, 今井啓雄, 平井啓久, 郷康広 霊長類味覚受容体レパートリーの進化史 第28回日本霊長類学会大会(2012/07/07, 名古屋). 2012/07 日本語
Suzuki N, Matsui A, Go Y, Ishimaru Y, Misaka T, Abe K, Hirai H, Imai H Identification of PTC “non-taster” Japanese macaques caused by TAS2R38 dysfunction. XVI International Symposium on Olfaction and Taste (2012/06/23-27, Stockholm, Sweden). 2012/06 英語
Imai H, Suzuki N, Ishimaru Y, Sakurai T, Lijie Yin, Wenshi Pan, Abe K, Misaka T, Hirai H Functional diversity of bitter taste receptor TAS2R16 in primates to natural ligands. XVI International Symposium on Olfaction and Taste (2012/06/23-27, Stockholm, Sweden). 2012/06 英語
平井啓久 京都大学品川セミナー「霊長類の野外調査とゲノム研究」 京都大学東京オフィス、東京(2012/04/06) 2012/04 日本語
平井啓久 東京公開講座「チンパンジーにあってヒトにないゲノム不毛地帯の進化と意義」 日本科学未来館, 東京 2012 日本語
松井淳, 郷康広, 豊田敦, 会津智幸, 石崎比奈子, 今井啓雄, 藤山秋佐夫, 平井啓久, 新村芳人 Exomeデータを利用した霊長目の嗅覚受容体遺伝子の比較解析 第14回日本進化学会大会 (2012/08/21-22, 東京). 2012 日本語
鈴木南美,郷康広,松井淳,平井啓久,颯田葉子,今井啓雄 ニホンザル味多型はどのようにして集団中に拡がったか 第28回日本霊長類学会大会(2012/07/07、名古屋) 2012 日本語
Hirai H Evolution and biological meaning genomic wastelands (RCRO): Proposal of hypothesis. (Post-Genome Biology of Primates.) (ed. Hirai H, Imai H, Go Y) p.227-240 Springer.,227-240 2012 英語
今井啓雄, 鈴木南美, 桜井敬展, 石丸喜朗, 阿部啓子, 三坂巧, Yin Lijie, Pan Wenshi, 平井啓久 部位特異的変異体による霊長類苦味受容体 TAS2R16 の機能解析 第 28 回日本霊長類学会大会(2012/07/08, 名古屋). 2012 日本語
早川卓志, 鈴木南美, 松井淳, 今井啓雄, 平井啓久, 郷康広 真主齧類における苦味受容体の進化 日本進化学会第 14 回東京大会 (2012/08/21-22, 東京). 2012 日本語
早川卓志, 菅原了, 郷康広, 鵜殿俊史, 平井啓久, 今井啓雄 チンパンジーの苦味感覚の地域差 日本味と匂学会第 46 回大会 (2012/10/03, 大阪) 2012 日本語
古賀章彦, 平井百合子, オーン プラコンチ, 平井啓久 ヨザルのヘテロクロマチンを構成する切れやすそうな縦列反復配列:染色体構成の急速な変化への関与に関する仮説 日本遺伝学会第84回大会, ワークショップ (2012/09/26, 福岡市) 2012 日本語
原暢, 古賀章彦, スダラ バイシャルン, 平井百合子, 平井啓久 テナガザルにみられるトランスポゾンのゲノムへの影響:新規因子の形成と増幅 第 28 回日本霊長類学会大会 (2012/07/07, 名古屋市). 2012 日本語
平井啓久, 原暢, 平井百合子, 古賀章彦 テナガザルの染色体端部にある大規模ヘテロクロマチンの主成分. 第 28 回日本霊長類学会大会 (2012/07/07, 名古屋市). 2012 日本語
田中洋之, Wijayanto H, Mootnick A, Perwitasari-Farajallah D, Iskandriati D, Sajuthi D, 平井啓久 AFLP 分析によるボルネオシロヒゲテナガザルの遺伝的構成 第 28 回日本霊長類学会大会 (2012/07/07, 名古屋市). 2012 英語
Hayakawa T, Sugawara T, Go Y, Udono T, Hirai H, Imai H Geography and evolution of bitter taste receptor genes in chimpanzees 第 10 回国際シンポジウム「味覚嗅覚の分子神経機構」(2012/11/02-03, Fukuoka). 2012 英語
Matsui A, Jahan I, Islam MD, Rahman ZMM, Hirai H Molecular phylogeny and evolution of gibbons The 3rd International Symposium of Southeast Asian Primates features: Diversity and Evolution of Asian Primates (2012/08/27-29, Bangkok, Thailand). 2012 英語
早川卓志,菅原亨,郷康広,鵜殿俊史,平井啓久,今井啓雄 チンパンジーの味覚に地域差はあるか? ~分子遺伝学からの考察~ SAGA14 (2011/11/12, 熊本) 2011/11 日本語
Yoshida T, Okamoto M, Akari H, Suzuki J, Miyabe-Nishiwaki T, Hayakawa T, Imai H, Matsui A, Watanebe A, Kaneko A, Hirai H Simian retrovirus-4-associated infectious thrombocytopenia in Japanese macaques. The Unlimited World Microbes International Union of Microbiological Societies 2011 Congress XV International Congress of Virology. (2011/09, Sapporo, Japan). 2011/09 英語
郷康広,豊田敦,会津智幸,今井啓雄,藤山秋佐夫,平井啓久 ニホンザルエクソーム解析~実験動物化にむけた遺伝的バックグラウンドの解明 第27回日本霊長類学会大会 2011/07/16 日本語
明里宏文,鈴木樹理,岡本宗裕,宮部貴子,渡邉朗野,兼子明久,阿部政光,釜中慶朗,前田典彦,森本真弓,渡邉祥平,須田直子,平井啓久,松沢哲郎 ニホンザル血小板減少症の発生に関する経過概要 第152回日本獣医学会大会 (2011/10, 堺,大阪) 2011 日本語
吉田友教,岡本宗裕,明里宏文,今井啓雄,松井淳,早川敏之,生駒智子,伯川美穂,齋藤波子,渡邉朗野,兼子明久,宮部貴子,鈴木樹理,平井啓久 京大霊長研で見られたニホンザル血小板減少症(4):疫学調査 第58回日本実験動物学会 (2011/05, 東京) 2011 日本語
早川卓志,菅原亨,郷康広,鵜殿俊史,平井啓久,今井啓雄 チンパンジー3亜種における苦味受容体遺伝子ファミリーの分子進化 第27回日本霊長類学会大会 (2011/07/17, 犬山) 2011 日本語
平井啓久,平井百合子,古賀章彦,鵜殿俊史 チンパンジーにあってヒトにない染色体端部ゲノム不毛地帯:(1) 存在様式変異から推測される非相同染色体間末端組換え 第27回日本霊長類学会大会 (2011/07/16-18, 犬山市) 2011 日本語
平井啓久,平井百合子,古賀章彦,鵜殿俊史 チンパンジーにあってヒトにない染色体端部ゲノム不毛地帯:存在様式変異. 第62回染色体学会 (2011/11/11-13, 平塚) 2011 日本語
今井啓雄,郷康広,平井啓久 霊長類ゲノムスクリーニングによる自然発生的遺伝子変異モデルの探索 第34回日本神経科学会大会シンポジウム (2011/09/18, 横浜) 2011 日本語
今井啓雄,鈴木南美,松井淳,郷康広,石丸喜朗,三坂巧,阿部啓子,平井啓久 苦味受容体TAS2R16 感受性の種間差と分子機構 第27回日本霊長類学会大会 (2011/07/17, 犬山) 2011 日本語
鈴木南美,松井淳,郷康広,石丸喜朗,三坂巧,阿部啓子,平井啓久,今井啓雄 ニホンザルにおける地域特異的な苦味感受性変異. 日本進化学会第13回大会 (2011/07/30, 京都) 2011 日本語
Suzuki N, Matsui A, Go Y, Ishimaru Y, Misaka T, Abe K, Hirai H, Imai H Region specific dysfunction of bitter taste receptor TAS2R38 in Japanese macaques. The 9th International Symposium on Molecular and Neural Mechanisms of Taste and Olfactory Perception (2011/11/06, Fukuoka). 2011 英語
Tanaka M, Tanaka H, Hirai H Genetic structure of a brown lemur interspecific hybrid population in Berenty, Madagascar. International Primatological Society XXIII Congress Kyoto 2010 (2010/09, Kyoto). 2010/09 英語
N. Suzuki, T. Sugawara, A. Matsui, Y. Go, H. Hirai, H. Imai Region-specific distribution of non-taster Japanese macaques International Primatological Society XXIII Congress Kyoto 2010. 2010年9月,京都. 2010/09 英語
Go Y., Sugawara T., Suzuki N., Hayakawa T., Matsui A., Hirai H., Imai H. Evolutionary dynamics of bitter taste receptor gene repertoires in primates. (2010)European Chemoreception Research Organization XXth CONGRESS (2010/09, Avignon, France). 2010/09 英語
Koga A., Hirai H. Origin and evolution of retrotransposable compound repeat DNA organization. (2010) International Primatological Society XXIII Congress Kyoto 2010 (2010/09, Kyoto). 2010/09 英語
T. Hayakawa, T. Sugawara, Y. Go, T. Udono, H. Hirai, H. Imai Intrasubspecific polymorphisma and intersubspecific divergenece of bitter taste recepter genes in chimpanzees. International Primatological Society XXIII Congress Kyoto 2010.2010年9月,京都. 2010/09 英語
Imai H, Suzuki N, Sugawara T, Matsui A, Go Y, Hirai H Polymorphism in Bitter Taste Receptors of Primates Association for Chemoreception Sciences 2010 annual meeting (2010/04/22, St. Petersberg, USA). 2010/04 英語
菅原亨, 郷康広, 鵜殿俊史, 森村成樹, 友永雅己, 平井啓久, 今井啓雄 苦味受容体の多様性探索 分子研研究会 「拡がるロドプシンの仲間から"何がわかるか""何をもたらすか"」 (2010/03, 岡崎) 2010/03 日本語
今井啓雄,菅原亨,鈴木南美,早川卓志,松井 淳,郷 康広,平井啓久 霊長類苦味受容体の遺伝子・分子・行動解析 京阪奈生物学セミナー,2010年5月17日,京都 2010 日本語
早川卓志, 菅原亨, 郷康広, 鵜殿俊史, 平井啓久, 今井啓雄 チンパンジー亜種集団間における苦味受容体遺伝子配列の比較解 2010年8月2-5日,日本進化学会大会,東京 2010 日本語
鈴木南美,菅原亨,松井淳,郷康広,平井啓久,今井啓雄 苦味受容体遺伝子の多型解析による味覚変異ニホンザルの発見 2010年9月8-10日,日本味と匂い学会大会,北九州 2010 日本語
平井啓久 霊長類進化の科学:遺伝子以外のゲノムがもたらす生物の進化 日本薬学会 岡山コンベンションセンター 2010 日本語
田中美希子, 田中洋之, 平井啓久 チャイロキツネザル種間雑種個体群の遺伝分析 第56回日本生態学会大会 (2009/03, 岩手). 2009 日本語
古賀章彦, 平井啓久 霊長類の転移性反復配列複合体 (RCRO) の起源 日本遺伝学会第81回大会 (2009/09/18, 松本市). 2009 日本語
今井啓雄, 菅原亨, 郷康広, 松井淳, 西村理, 井上英治, 村山美穂, 平井啓久, 阿形清和, 松沢哲郎 霊長類感覚受容体の遺伝子多型解析とデータベースの構築 第32回日本神経科学大会 (2009/09, 名古屋). 2009 日本語
鈴木南美, 菅原亨, 松井淳, 郷康広, 平井啓久, 今井啓雄 ニホンザル・アカゲザルにおける苦味受容体遺伝子T2R38の多型解析 第25回日本霊長類学会 (2009/07, 各務原). 2009 日本語
鈴木南美, 菅原亨, 松井淳, 郷康広, 平井啓久, 今井啓雄 ニホンザルにおける苦味受容体遺伝T2R38の変異と苦味受容機能との関連 第12回 SAGA シンポジウム (2009/11, 福岡). 2009 日本語
鈴木南美, 菅原亨, 松井淳, 郷康広, 平井啓久, 今井啓雄 霊長類苦味受容体の多型解析 第47回日本生物物理学会年会 (2009/11, 徳島) 2009 日本語
菅原亨, 郷康広, 鵜殿俊史, 森村成樹, 友永雅己, 今井啓雄, 平井啓久 チンパンジー苦味受容体の種内変異解析 第25回日本霊長類学会大会 (2009/07, 各務原) 2009 日本語
Suzuki N, Sugawara T, Matsui A, Go Y, Hirai H, Imai H Polymorphism in the bitter taste receptor gene of Japanese and rhesus macaques. The 3rd International Symposium of the Biodiversity and Evolution Global COE project (2009/07, Kyoto). 2009 英語
Hirai H, Hayano A, Tanaka H, Mootnick AR, Wijayanto H, Perwitasari-Farajallah D Genetic differentiation of agile gibbons between Sumatra and Kalimantan in Indonesia. In The Gibbons: New perspectives on small ape socioecology and population biology (S Lappan, D Whittaker eds) Springer:37-49. 2009 英語
平井啓久 霊長類進化の科学 日本薬学会 遺伝子以外のゲノムがもたらす生物の進化, 霊長類の概説と研究内容の紹介 2009 日本語
Ichino S, Kawamoto Y, Miyamoto N, Hirai H, Koyama N Mating behavior and paternity determination using microsatellite markers in ring-tailed lemurs (Lemur catta) at Berenty Reserve, Madagascar. International Primatological Society XXII Congress (2008/08, Edinburgh). 2008/08 英語
Hirai H Chromosomology and genetic differentiation of small apes. Science seminar of Pusan National University Pusan, Korea(2008/07,Pusan) 2008/07 英語
Hirai H Evolution of ZW of Schistosoma mansoni. Schistosome genome meeting Hixton, (2008/06, UK). 2008/06 英語
Hirai H Genetic differentiation of agile gibbons in Indonesia Hoolock Gibbon Conservation in Bangladesh 2008/01, Dhaka, Bagladesh (2008) 2008/01 英語
平井啓久 遺伝学・ゲノム科学の視点から ―第24回日本霊長類学会大会公開シンポジウム「霊長類学はヒトの見方をどう変えたか」 日本の霊長類学60周年シンポジウム 東京. 2008 日本語
今井啓雄, 菅原亨, 松井淳, 郷康広, 平井啓久 チンパンジー苦味受容体の遺伝子多型解析 第42回日本味と匂学会大会 (2008/09, 富山). 2008 日本語
今井啓雄, 菅原亨, 松井淳, 郷康広, 平井啓久 霊長類G蛋白質共役型感覚受容体の遺伝子多型 日本動物学会第79回大会 (2008/09, 福岡) 2008 日本語
今井啓雄, 菅原亨, 松井淳, 郷康広, 平井啓久 霊長類感覚受容体の遺伝子多型 第24回日本霊長類学会大会 (2008/07, 東京). 2008 日本語
田中美希子, 田中洋之, 平井啓久 チャイロキツネザル種間雑種個体群のマイクロサテライトDNA分析 第54回日本生態学会大会 (2007年3月, 松山) 第54回日本生態学会大会講演要旨集 : 202 2007 日本語
平井啓久 テナガザル類の染色体進化. 大阪大学微生物病研究所マラリア学セミナー (2007年1月, 吹田). 2007 日本語
平井啓久 類人猿のヘテロクロマチン(RCRO)の進化と機能 第58回染色体学会・第17回染色体コロキアム2007年合同会―シンポジウムー「ゲノムと染色体・クロマチン研究の過去・現在・未来」 (2007/11, 葉山) 2007 日本語
平井啓久, 平井百合子, 森本真弓, 兼子明久, 釜中慶朗 ヨザルに見られた血液キメラ 第23回日本霊長類学会大会 (2007/07, 彦根) 2007 日本語
田中美希子, 田中洋之, 平井啓久 チャイロキツネザルの種間雑種集団の遺伝分析2 第23回日本霊長類学会大会 (2007/07, 彦根). 2007 日本語
市野進一郎, 川本芳, 宮本直美, 小山直樹, 平井啓久 マイクロサテライトDNAマーカーを用いたワオキツネザルの父子判定 第21回日本霊長類学会大会 (2005年7月, 倉敷) 霊長類研究 21(Suppl.): S8. 2007 日本語
平井啓久 アジルテナガザルの染色体分化 平成18年度共同利用研究会/流動部門中間評価発表会 (2007年3月, 犬山) 2007 日本語
Hirai H. Chromosome differentiation of agile gibbons. Symposium of Asian Primatology and Mammalogy. (Feb. 2007, Inuyama, Japan). 2007 英語
田中美希子, 田中洋之, 平井百合子, 平井啓久 チャイロキツネザル種間雑種個体群の染色体分析 第53回日本生態学会大会 (2006年3月, 新潟) 第53回日本生態学会大会講演要旨集 : 355. 2006 日本語
大平耕司, 本間光一, 平井啓久, 中村俊, 林基治 ラットグリオーマ細胞においてTrkB-T1はRhoAシグナリング経路とアクチン細胞骨格を制御する 第29回日本神経科学大会 (2006年7月, 京都) Neuroscience Researh 55(Supple 1): S177. 2006 日本語
平井啓久 染色体って何? 岐阜県本巣小中学校理科教育研究会 (2006年8月, 岐阜) 2006 日本語
田中洋之, Wijayanto H., Mootnick A., Perwitasari-Farajallah D., 早野あづさ, 平井啓久, Sajuthi D. アジルテナガザル(Hylobates agilis)の亜種間関係とその系統的位置づけ. 第22回日本霊長類学会 (2006年7月, 吹田) 霊長類研究 22(Supplement): S9-S10. 2006 英語
Hirai, H. Physical and chromosome mapping: BAC mapping. 2005, Joint FG/SG network meeting. (Sep. 2005, Bethesda, MD, USA) 2005/09 英語
平井啓久, 松林清明, Kim Heui-Soo チンパンジーの染色体特性がヒトとチンパンジーの表現型の相違を大きくする機序となるか? 第21回日本霊長類学会大会 (2005年7月, 倉敷市) 霊長類研究 21(Supplement): 14. 2005 日本語
平井啓久 チンパンジーのゲノム不毛地帯の機能 京都大学21世紀COEプログラム:生物多様性研究の統合のための拠点形成研究成果発表会(平成17年2月18日-19日,京都大学理学研究科) 2005 日本語
平井啓久, 平井百合子, アナ・カリナ・ザバラギレン, 田上哲也 ヒトとチンパンジーにおける核小体形成部位の不活性化機構. 第20回日本霊長類学会大会 (2004年7月,犬山) 霊長類研究 20(第20回日本霊長類学会大会プログラム・発表抄録集): 17. 2004 日本語
平井啓久, Wijayanto H., 田中洋之, Mootnick A.R., 早野あづさ, Perwitasari-Farajallah D., Iskandriati D., Sajuthi D スマトラおよびボルネオアジルテナガザルを区別する顕著な染色体標識 第76回日本遺伝学会大会 (2004年9月, 大阪). 2004 日本語
早野あづさ, 田中洋之, Wijayanto H., Perwitasari -Farajallah D., Mootnick A.R., 平井啓久 マイクロサテライト解析からみたアジルテナガザルおよびミューラーテナガザルの遺伝的組成 第20回日本霊長類学会大会. (2004年7月,犬山) 2004 日本語
Ohira K., Kumanogoh H., Sahara Y., Homma K., Hirai H., Nakamura S., Hayashi M. A truncated TrkB receptor, T1, regulates glial cell morphology via Rho GDI1. (2004) 第27回日本神経科学大会 第47回日本神経化学会大会合同大会 (Sep. 2004, 大阪, 日本) Neuroscience Research 50(Supplement 1): S51. 2004 英語
M. Iwase; Y. Satta; Y. Hirai; H. Hirai; H. Imai; N. Takahata The amelogenin loci span an ancient pseudoautosomal boundary in diverse mammalian species Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,100,9,5258-5263 2003/04/29 英語
Hirai H. Comprehensive analyses on subspeciation of agile gibbons: a whole arm translocation between chromosomes 8 and 9 (WAT8/9) in agile gibbons Journal Club of Primate Research Center, Bogor Agricultural University (Feb. 2003, Bogor, Indonesia). 2003/02 英語
川本芳, 平井啓久, 竹中修, Bambang, S ミトコンドリアDNA塩基配列から推定したlar-グループテナガザルの系統関係 第19回日本霊長類学会大会 (2003年7月, 仙台) 2003 日本語
劉成淑, 平井啓久, 平井百合子, 竹中修, 清水慶子, 伊藤麻里子, 野瀬俊明 ニホンザルの生殖細胞におけるVASA発現 分子生物学会大会 (2003年12月). 2003 日本語
平井啓久, Mootnick, A., 竹中修, Suryobroto, B., 毛利俊雄, 釜中慶朗, 加藤章, 木村直人, 加藤朗野, 前田典彦 アジルテナガザルに固有な染色体全腕転座 第18回日本霊長類学会大会 (2002年7月, 東京) 霊長類学研究 18(3): 364 2002 日本語
郷康広, 颯田葉子, 川本芳, Rakotoarisoa, G., Randrianjafy, A., 小山直樹, 平井啓久 MHC遺伝子からみたマダガスカル産原猿類の起原 第4回日本進化学会大会 (2002年8月, 東京) Program and Abstracts : 56 2002 日本語
郷康広, 颯田葉子, 平井啓久, 川本芳, Rakotoarisoa, G., Randrianjafy, A., 小川直樹 霊長類MhcクラスⅠ遺伝子群の進化~原猿類を中心に~ 第74回日本遺伝学会大会 (2002年10月, 福岡) Genes & Genetic Systems 77(6): 496 2002 日本語
Go Y., Satta Y., Kawamoto Y., Rakotoarisoa G., Randrianjafy A., Koyama N., Hirai H. High species-specificity and rapid turnover of Mhc class I genes in prosimians COE International Symposium, (Nov. 2002, Inuyama, Japan) Abstract: 69 2002 英語
Hirai H. Molecular cytogenetics on chromosomal differentiation in schistosomes. WHO/UNDP/WorldBank SchsitosomeGenome network meeting 2000 (Mar. 2000, Northampton, USA). 2000/03 英語
郷康広,平井啓久,川本芳,相見滿,小山直樹 マダガスカル国ベレンティ保護区におけるチャイロキツネザル2亜種混成群の細胞遺伝学的研究(予報) 第16回日本霊長類学会大会 (2000年7月,名古屋). 霊長類研究 16 (3) : 243 2000 日本語
平井啓久,竹中修,バンバン・スリョブロト,毛利俊雄 染色体44本テナガザル類における第8・9染色体の変異とその遺伝特性 第16回日本霊長類学会大会 (2000年7月, 名古屋). 霊長類研究 16 (3) : 244. 2000 日本語
Hirai H., Suzuki J., Miwa N., Maeda N., Kumazaki K., Katoh A., Tomonaga, M., Tanaka, M., Matsuzawa, T. Telomere dynamics between parents and offspring of the chimpanzee. The 3rd SAGA Symposium “Research, Care and Conservation of Great Apes; Current states and future directions” (Nov. 2000, Inuyama). 2000 英語
Hirai H., Kawamoto Y., Mwenda J.M. & Suleman M.A. Cytogenetic and molecular differentiation within three subspecies of the Kenyan Sykes monkey, Cercopithecus mitis. Inuyama Symposium “Adaptation and evolution of Cercopithecidae in Africa” (Jan. 1999, Inuyama). Abstracts p.16. 1999 英語
平井啓久,川本芳,Mwenda J.M.,Suleman M.A. ケニア産nictitans系グエノン3グループの遺伝学的研究 染色体変異. 第14回日本霊長類学会大会 (1998年6月, 岡山).霊長類研究 14 (3): 253. 1998 日本語
景山節,平井啓久,一瀬雅夫,三木一正, 花井敦子,正木茂夫,米澤敏 マウスカテプシンE遺伝子の構造 第68回日本動物学会 (1997年10月、奈良). Zool. Sci. 14 (suppl.): 48 1997 日本語
景山節,平井啓久,一瀬雅夫,三木一正, 花井敦子,正木茂夫,米澤敏 マウスカテプシンE遺伝子の構造と染色体局在 第70回日本生化学会 (1997年9月、金沢). 生化学69: 833 1997 日本語
東由香子,平井啓久 コモンマーモセットCallithrix jacchusにおけるリボソームDNAの染色体多型 第13 回日本霊長類学会大会 (1997年7月、札幌). 霊長類研究 13 (3): 239 1997 日本語
平井啓久,東 由香子,川本芳,後藤俊二 地獄谷野猿公苑のニホンザルに発見された核小体形成部位 (NOR)の縦列重複 第13回日本霊長類学会大会 (1997年7月、札幌). 霊長類研究 13 (3): 241 1997 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
古賀章彦、平井啓久 夜行性への移行に関与してと考えられるヨザルの大規模反復配列 霊長類研究,31,Supplement,57-57 2015/07 日本語
平井啓久、平井百合子 新世界ザルの染色体分化:クモザルの彩色プローブを用いたオマキザル科5属の解析 霊長類研究,31,Supplement,59-60 2015/07 日本語
鈴木ー橋戸南美、早川卓志、松井淳、郷康広、颯田葉子、今井啓雄平井啓久 ニホンザルにおけるPTC味盲多型の急速な拡がり 霊長類研究,31,Supplement,55-55 2015/07 日本語
学会発表等 > その他
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
H.-S. Kim; D.-S. Kim; J.-W. Huh; K. Ahn; J.-M. Yi; J.-R. Lee; H. Hirai Molecular characterization of the HERV-W Env gene in humans and primates: Expression, FISH, phylogeny, and evolution Molecules and Cells,26,1,53-60 2008 英語
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
Evolutionary change of entromere in primates [Invited] Summer School in Sun Yat-sen University, Guangzhou, China 2015/07/16 英語
チンパンジーにあってヒトにないゲノム不毛地帯の進化と意義 東京公開講座 日本科学未来館 2012/09/23 日本語
霊長類の野外調査とゲノム研究 京都大学品川セミナー 京都大学東京オフィス 2012/04/06 日本語
Chimpanzee chromosomes and gibbon oversea project [Invited] Seminar in Lincoln University, UK Linconl University, UK 2012/03/19 英語
Thrombocytopenia in the Japanese macaque [Invited] International Conference of Non-Human Primate Animal Model and Achievement Presentation of Non-HJuman Primate Experts Cultivation Project Taiwan 2011/04/28 英語
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
ゲノム:染色体研究の視点から 霊長類学フォーラム「人間の進化:こころ、からだ、くらし、ゲノム」 2013/09/23
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
Hirai H Evolution and biological meaning genomic wastelands (RCRO): Proposal of hypothesis. (Post-Genome Biology of Primates.) (ed. Hirai H, Imai H, Go Y) p.227-240 Springer. 2012 英語
平井 啓久 研究をささえるモデル動物 2009
Hirai H, Hayano A, Tanaka H, Mootnick AR, Wijayanto H, Perwitasari-Farajallah D The Gibbons Springer 2009 英語
平井啓久 サルの毛色の違いはどうして起きるの? 「新しい霊長類学」 (京都大学霊長類研究所編) p.330-334 講談社ブルーバックス. 2009 日本語
平井啓久 ヒトとサルの染色体はどう違うの? 「新しい霊長類学」 (京都大学霊長類研究所編) p.313-317 講談社ブルーバックス. 2009 日本語
平井 啓久 生き物たちのつづれ織り:京都大学グローバルCOEプログラム編 中村印刷 2008
平井啓久 染色体進化から見えること. 「霊長類進化の科学」 (京都大学霊長類研究所編)   p.425-440 京都大学学術出版会 2007 日本語
平井 啓久 Methods in Molecular Biology, Vol. 270: Parasite Genome Protocols Humana Press 2004
平井 啓久 病気の生物地理学ー病原・媒介動物の分布と種分化をめぐって:上本騏一・和田義人編 東海大学出版会 1989
著書等 > その他
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
Hirai H, Imai H, Go Y Post-Genome Biology of Primates, Primatology Monographs. Post-Genome Biology of Primates, Primatology Monographs. 2012 英語
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(B) 代表 アジルテナガザルの亜種分化に関する総合調査 Comprehensive Research on subspeciation of agile gobbons 2002〜2003
基盤研究(B) 代表 テナガザル類の多様性と系統生物地理学 Diversity and phylogenetic biogeography of the small ape 2008〜2011
基盤研究(A) 代表 ゲノム不毛地帯(RCRO)の進化と意義 Evoliution and meanings of genomic wastelands (RCRO) 2010〜2013
基盤研究(A) 代表 アジア霊長類と病原体の宿主寄生体関係史の探索 2012/04/01〜2016/03/31
奨励研究(A) 代表 大平肺吸虫グループにおける染色体多型の地理的分布に関する研究 1986/04/01〜1987/03/31
奨励研究(A) 代表 銀染色法に基づく精子形成の分析にようる二世吸虫類の種分化と進化に関する研究 1987/04/01〜1987/03/31
奨励研究(A) 代表 In situハイブリッド形成法による住血吸虫類の遺伝子マッピングと染色体進化 1989/04/01〜1990/03/31
厚生省日米医学協力研究会 代表 住血吸虫の遺伝子マッピングと減数分裂における染色体構造解析 1991〜1991
一般研究(C) 代表 住血吸類の染色体進化に関する分子細胞学的研究 1992/04/01〜1993/03/31
伊藤科学振興会研究助成 代表 ヒトおよび類人猿の染色体進化に関する分子細胞遺伝学的研究 1993/08/01〜1994/03/31
試験研究(B)(1) 代表 霊長類類の染色体進化研究への染色体顕微切断法の導入 1994/04/01〜1996/03/31
一般研究(C) 代表 ヒト上科の染色体進化に関する分子細胞遺伝学的研究 1994/04/01〜1995/03/31
WHO特別研究プロジェクト 代表 Molecular cytogenetics on chromosomal differentiation in schistosomes 1995/04/01〜1997/03/31
基盤研究(B) 代表 マンソン住血吸虫における全BACクローンの染色体マップの完成 2001/04/01〜2005/03/31
萌芽的研究 代表 染色体顕微切断によるカニクイザルとコモンマーモセットのゲノム解析へのアプローチ 1997/04/01〜2000/03/31
基盤研究(A) 代表 アジア霊長類と病原体の宿主寄生体関係史の探索 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
霊長類の染色体進化 Chromosome evolution of primates
寄生生物ゲノムプロジェクト Schistosome genome project
若手研究者戦略的海外派遣事業費補助金 平井啓久 人間らしさの霊長類的起源をさぐる戦略的国際共同先端研究 The Advanced International Collaboration on the Primate Origins of Humanities 2011〜2013
日本学術振興会 頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム 平井 啓久 The Advanced International Collaboration on the Primate Origins of Human Multipotency 2013〜2015
日本学術振興会 頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム 平井 啓久 人間の多能性の霊長類的起源を探る戦略的国際共同先端研究事業 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
日本学術振興会 戦略的国際研究交流推進事業費補助金 平井 啓久 人間の多能性の霊長類的起源を探る戦略的国際共同先端研究事業 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
霊長類ポストゲノム科学ゼミナールⅠA 前期 理学研究科 2011/04〜2012/03
霊長類ポストゲノム科学ゼミナールⅠB 後期 理学研究科 2011/04〜2012/03
霊長類ポストゲノム科学ゼミナールⅡA 前期 理学研究科 2011/04〜2012/03
霊長類ポストゲノム科学ゼミナールⅡB 後期 理学研究科 2011/04〜2012/03
霊長類ポストゲノム科学基礎論 前期 理学研究科 2011/04〜2012/03
霊長類ポストゲノム科学特論 後期 理学研究科 2011/04〜2012/03
ポストゲノム科学実習 前期集中 理学研究科 2011/04〜2012/03
ポストゲノム科学(A群) Post-Genome Science 前期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
ポストゲノム科学(B群) Post-Genome Science 前期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
ポストゲノム科学(B群) Post-Genome Science 前期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
ポストゲノム科学 Post-Genome Science 前期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
霊長類学のすすめ Topics in Primatology 前期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
霊長類ゲノム進化基礎論 Fundamental Primate Genome Evolution 前期 理学研究科 2014/04〜2015/03
霊長類ゲノム進化特論 Advanced Primate Genome Evolution 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
ゲノム進化実習 Practice on Genome Evolution 後期集中 理学研究科 2014/04〜2015/03
霊長類ゲノム進化ゼミナールⅠA Seminar on Primate Genome Evolution IA 前期 理学研究科 2014/04〜2015/03
霊長類ゲノム進化ゼミナールⅠB Seminar on Primate Genome Evolution IB 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
霊長類ゲノム進化ゼミナールⅡA Seminar on Primate Genome Evolution IIA 前期 理学研究科 2014/04〜2015/03
霊長類ゲノム進化ゼミナールⅡB Seminar on Primate Genome Evolution IIB 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
ポストゲノム科学 Post-Genome Science 前期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
ポストゲノム科学 Post-Genome Science 前期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
ゲノム進化実習 Practical on Genome Evolution 後期集中 理学研究科 2015/04〜2016/03
霊長類ゲノム進化ゼミナールⅠA Seminar on Primate Genome Evolution IA 前期 理学研究科 2015/04〜2016/03
霊長類ゲノム進化ゼミナールⅠB Seminar on Primate Genome Evolution IB 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
霊長類ゲノム進化ゼミナールⅡA Seminar on Primate Genome Evolution IIA 前期 理学研究科 2015/04〜2016/03
霊長類ゲノム進化ゼミナールⅡB Seminar on Primate Genome Evolution IIB 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
霊長類ゲノム進化基礎論 Fundamental Primate Genome Evolution 前期集中 理学研究科 2015/04〜2016/03
霊長類ゲノム進化特論 Advanced Primate Genome Evolution 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2016/04〜2017/03
ゲノム細胞学実習 Practical on Cellular and Molecular Biology 後期集中 理学研究科 2016/04〜2017/03
霊長類学総合ゼミナール Interdisciplinary Seminar on Primatology 後期集中 理学研究科 2016/04〜2017/03
霊長類ゲノム細胞基礎論 Fundamental Primate Cellular and Molecular Biology 前期集中 理学研究科 2016/04〜2017/03
霊長類ゲノム細胞学ゼミナールA Seminar on Primate Cellular and Molcular Biology A 前期 理学研究科 2016/04〜2017/03
霊長類ゲノム細胞学ゼミナールB Seminar on Primate Cellular and Molcular Biology B 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
霊長類ゲノム細胞学ゼミナールC Seminar on Primate Cellular and Molcular Biology C 前期 理学研究科 2016/04〜2017/03
霊長類ゲノム細胞学ゼミナールD Seminar on Primate Cellular and Molcular Biology D 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
霊長類ゲノム進化特論 Advanced Lectures in Primate Genome Evolution 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03

  • <<
  • >>
  • 表示
全学運営(役職等)
役職名 期間
京都大学研究資源アーカイブ運営委員会 委員 2012/03/16〜2014/03/15
評議員 2012/04/01〜2013/03/31
教育研究組織改革専門委員会(第5部会) 委員 2012/10/01〜2013/09/30
評議員 2012/04/01〜2014/03/31
企画委員会 委員 2014/04/01〜2014/09/30
全学情報セキュリティ委員会 委員 2012/04/01〜2016/03/31
吉田寮整備委員会委員 2014/02/05〜2016/03/31
大学評価委員会 委員 2012/04/01〜2016/03/31
教育研究評議会 評議員 2012/04/01〜2016/03/31
部局長会議 2012/04/01〜2016/03/31
霊長類研究所 所長 2012/04/01〜2016/03/31
霊長類研究所 所長 2012/04/01〜2016/03/31
部局長会議 2012/04/01〜2016/03/31
教育研究組織改革専門委員会 委員 2012/07/02〜2014/03/31
京都大学医学研究利益相反マネジメント委員会 2号委員 2014/09/01〜2016/08/31
企画委員会 委員 2014/10/01〜2016/03/31
京都大学研究公正委員会 委員 2015/03/01〜
全学情報セキュリティ委員会 委員 2015/04/01〜

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
霊長類研究所附属人類進化モデル研究センター長 2007/10/01〜2011/09/30
所長 2012/04/01〜2014/03/31
副所長 2010/04/01〜2012/03/31