石川 時郎

最終更新日時: 2018/06/28 23:52:05

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
石川 時郎/イシカワ トキロウ/Ishikawa, Tokiro
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
理学研究科/生物科学専攻情報分子細胞学講座/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
理学部
電子メールアドレス
メールアドレス
tishikawa @ upr.biophys.kyoto-u.ac.jp
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本生化学会
日本分子生物学会
日本細胞生物学会
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(理学) 京都大学
博士(理学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院理学研究科修士課程生物科学専攻 修了
京都大学 大学院理学研究科博士後期課程生物科学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 理学部 卒業
出身高等学校
高等学校名 ふりがな
大阪府立三国丘高等学校 おおさかふりつみくにがおかこうとうがっこう
ORCID ID
orcid.org/0000-0003-1718-6764
研究テーマ
(日本語)
小型魚類メダカを用いた小胞体ストレス応答の生理的意義の解析
研究概要
(日本語)
遺伝子の改変(遺伝子破壊・遺伝子導入)を容易に行うことができるモデル生物メダカを用いて、細胞内小器官・小胞体の恒常性を維持する機構である小胞体ストレス応答の生理的な役割を解析しています。
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
小胞体ストレス応答 the Unfolded Protein Response
小胞体 the Endoplasmic Reticulum
メダカ Medaka Fish
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
細胞生物学
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Ishikawa T, Ansai S, Kinoshita M, Mori K Ishikawa T, Ansai S, Kinoshita M, Mori K Ishikawa T, Ansai S, Kinoshita M, Mori K A Collection of Transgenic Medaka Strains for Efficient Site-Directed Transgenesis Mediated by phiC31 Integrase. A Collection of Transgenic Medaka Strains for Efficient Site-Directed Transgenesis Mediated by phiC31 Integrase. A Collection of Transgenic Medaka Strains for Efficient Site-Directed Transgenesis Mediated by phiC31 Integrase. G3 (Bethesda, Md.) G3 (Bethesda, Md.) G3 (Bethesda, Md.) 2018/05 公開
Sugimoto Takehiro, Ninagawa Satoshi, Yamano Shimpei, Ishikawa Tokiro, Okada Tetsuya, Takeda Shunichi, Mori Kazutoshi Sugimoto Takehiro, Ninagawa Satoshi, Yamano Shimpei, Ishikawa Tokiro, Okada Tetsuya, Takeda Shunichi, Mori Kazutoshi Sugimoto Takehiro, Ninagawa Satoshi, Yamano Shimpei, Ishikawa Tokiro, Okada Tetsuya, Takeda Shunichi, Mori Kazutoshi SEL1L-dependent Substrates Require Derlin2/3 and Herp1/2 for Endoplasmic Reticulum-associated Degradation. SEL1L-dependent Substrates Require Derlin2/3 and Herp1/2 for Endoplasmic Reticulum-associated Degradation. SEL1L-dependent Substrates Require Derlin2/3 and Herp1/2 for Endoplasmic Reticulum-associated Degradation. Cell structure and function, 42, 2, 81-94 Cell structure and function, 42, 2, 81-94 Cell structure and function, 42, 2, 81-94 2017 公開
Ishikawa Tokiro, Toyama Takuya, Nakamura Yuki, Tamada Kentaro, Shimizu Hitomi, Ninagawa Satoshi, Okada Tetsuya, Kamei Yasuhiro, Ishikawa-Fujiwara Tomoko, Todo Takeshi, Aoyama Eriko, Takigawa Masaharu, Harada Akihiro, Mori Kazutoshi Ishikawa Tokiro, Toyama Takuya, Nakamura Yuki, Tamada Kentaro, Shimizu Hitomi, Ninagawa Satoshi, Okada Tetsuya, Kamei Yasuhiro, Ishikawa-Fujiwara Tomoko, Todo Takeshi, Aoyama Eriko, Takigawa Masaharu, Harada Akihiro, Mori Kazutoshi Ishikawa Tokiro, Toyama Takuya, Nakamura Yuki, Tamada Kentaro, Shimizu Hitomi, Ninagawa Satoshi, Okada Tetsuya, Kamei Yasuhiro, Ishikawa-Fujiwara Tomoko, Todo Takeshi, Aoyama Eriko, Takigawa Masaharu, Harada Akihiro, Mori Kazutoshi UPR transducer BBF2H7 allows export of type II collagen in a cargo- and developmental stage-specific manner UPR transducer BBF2H7 allows export of type II collagen in a cargo- and developmental stage-specific manner UPR transducer BBF2H7 allows export of type II collagen in a cargo- and developmental stage-specific manner Journal of Cell Biology, 216, 6, 1761-1774 Journal of Cell Biology, 216, 6, 1761-1774 Journal of Cell Biology, 216, 6, 1761-1774 2017 公開
Ishikawa Tokiro, Kashima Makoto, Nagano Atsushi J, Ishikawa-Fujiwara Tomoko, Kamei Yasuhiro, Todo Takeshi, Mori Kazutoshi Ishikawa Tokiro, Kashima Makoto, Nagano Atsushi J, Ishikawa-Fujiwara Tomoko, Kamei Yasuhiro, Todo Takeshi, Mori Kazutoshi Ishikawa Tokiro, Kashima Makoto, Nagano Atsushi J, Ishikawa-Fujiwara Tomoko, Kamei Yasuhiro, Todo Takeshi, Mori Kazutoshi Unfolded protein response transducer IRE1-mediated signaling independent of XBP1 mRNA splicing is not required for growth and development of medaka fish. Unfolded protein response transducer IRE1-mediated signaling independent of XBP1 mRNA splicing is not required for growth and development of medaka fish. Unfolded protein response transducer IRE1-mediated signaling independent of XBP1 mRNA splicing is not required for growth and development of medaka fish. eLife, 6 eLife, 6 eLife, 6 2017 公開
Ninagawa S, Okada T, Sumitomo Y, Horimoto S, Sugimoto T, Ishikawa T, Takeda S, Yamamoto T, Suzuki T, Kamiya Y, Kato K, Mori K. Ninagawa S, Okada T, Sumitomo Y, Horimoto S, Sugimoto T, Ishikawa T, Takeda S, Yamamoto T, Suzuki T, Kamiya Y, Kato K, Mori K. Ninagawa S, Okada T, Sumitomo Y, Horimoto S, Sugimoto T, Ishikawa T, Takeda S, Yamamoto T, Suzuki T, Kamiya Y, Kato K, Mori K. Forcible destruction of severely misfolded mammalian glycoproteins by the non-glycoprotein ERAD pathway Forcible destruction of severely misfolded mammalian glycoproteins by the non-glycoprotein ERAD pathway Forcible destruction of severely misfolded mammalian glycoproteins by the non-glycoprotein ERAD pathway Journal of Cell Biology, 211, 4, 775-784 Journal of Cell Biology, 211, 4, 775-784 Journal of Cell Biology, 211, 4, 775-784 2015 公開
Ninagawa S, Okada T, Sumitomo Y, Kamiya Y, Kato K, Horimoto S, Ishikawa T, Takeda S, Sakuma T, Yamamoto T, Mori K. Ninagawa S, Okada T, Sumitomo Y, Kamiya Y, Kato K, Horimoto S, Ishikawa T, Takeda S, Sakuma T, Yamamoto T, Mori K. Ninagawa S, Okada T, Sumitomo Y, Kamiya Y, Kato K, Horimoto S, Ishikawa T, Takeda S, Sakuma T, Yamamoto T, Mori K. EDEM2 initiates mammalian glycoprotein ERAD by catalyzing the first mannose trimming step EDEM2 initiates mammalian glycoprotein ERAD by catalyzing the first mannose trimming step EDEM2 initiates mammalian glycoprotein ERAD by catalyzing the first mannose trimming step Journal of Cell Biology, 206, 3, 347-356 Journal of Cell Biology, 206, 3, 347-356 Journal of Cell Biology, 206, 3, 347-356 2014 公開
Ishikawa T, Okada T, Ishikawa-Fujiwara T, Todo T, Kamei Y, Shigenobu S, Tanaka M, Saito T.L, Yoshimura J, Morishita S, Toyoda A, Sakaki Y, Taniguchi Y, Takeda S, Mori K. Ishikawa T, Okada T, Ishikawa-Fujiwara T, Todo T, Kamei Y, Shigenobu S, Tanaka M, Saito T.L, Yoshimura J, Morishita S, Toyoda A, Sakaki Y, Taniguchi Y, Takeda S, Mori K. T. Ishikawa; T. Okada; T. Ishikawa-Fujiwara; T. Todo; Y. Kamei; S. Shigenobu; M. Tanaka; T.L. Saito; J. Yoshimura; S. Morishita; A. Toyoda; Y. Sakaki; Y. Taniguchi; S. Takeda; K. Mori ATF6α/β-mediated adjustment of ER chaperone levels is essential for development of the notochord in medaka fish ATF6α/β-mediated adjustment of ER chaperone levels is essential for development of the notochord in medaka fish ATF6α/β-mediated adjustment of ER chaperone levels is essential for development of the notochord in medaka fish Molecular Biology of the Cell, 24, 9, 1387-1395 Molecular Biology of the Cell, 24, 9, 1387-1395 Molecular Biology of the Cell, 24, 9, 1387-1395 2013 英語 公開
Ishikawa T, Taniguchi Y, Okada T, Takeda S, Mori K. Ishikawa T, Taniguchi Y, Okada T, Takeda S, Mori K. T. Ishikawa; Y. Taniguchi; T. Okada; S. Takeda; K. Mori Vertebrate unfolded protein response: mammalian signaling pathways are conserved in Medaka fish. Vertebrate unfolded protein response: mammalian signaling pathways are conserved in Medaka fish. Vertebrate unfolded protein response: mammalian signaling pathways are conserved in Medaka fish. Cell structure and function, 36, 2, 247-259 Cell structure and function, 36, 2, 247-259 Cell structure and function, 36, 2, 247-259 2011 英語 公開
タイトル言語:
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
ポスター賞準大賞 The 3rd International Symposium on Protein Community The 3rd International Symposium on Protein Community 2010/09/15
ポスター賞大賞 Quality Control: Folding and Degradation of Proteins in the ER Quality Control: Folding and Degradation of Proteins in the ER 2011/09/16
ポスター賞 第 45 回発生生物学会/第 64 回細胞生物学会合同大会 2012/05/30
優秀発表賞 第 60 回日本生化学会近畿支部例会 2013/05/18
若手優秀発表賞 第 66 回日本細胞生物学会大会 2014/06/12
記事報道
発表タイトル メディア名 掲載欄/番組名 年月日
背骨発生に「小胞体」が関与 京大研究班が一端解明 京都新聞 2017/05/13
「小胞体の異常」改善の仕組み解明 産経新聞 2017/05/13
骨作る仕組み解明 メダカのタンパク質で解明 日経新聞 2017/05/13
小胞体ストレスセンサー タンパク質の整列補助 日刊工業新聞 2017/05/15
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 代表 メダカ一倍体を用いた小胞体ストレス応答発動因子ATF6輸送開始因子の探索 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
若手研究(B) 代表 メダカ一倍体を用いた小胞体ストレス応答発動因子ATF6輸送開始因子の探索 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
若手研究(B) 代表 小胞体ストレス応答破綻による双頭を伴う発生初期異常誘導機構の解析 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
生物学実習A Laboratory work in Biological Science A 前期 理学部 2013/04〜2014/03
生物学セミナ−B Seminars in Biological Science B 後期 理学部 2013/04〜2014/03
生物科学課題研究17 Special Study CourseII(Biological Sciences) 17 通年 理学部 2013/04〜2014/03
生物学実習A Laboratory work in Biological Science A 前期 理学部 2014/04〜2015/03
生物学セミナ-B Seminars in Biological Science B 後期 理学部 2014/04〜2015/03
生物科学課題研究17 Special Study CourseII(Biological Sciences) 17 通年 理学部 2014/04〜2015/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIA Seminar on Expression of Genomic Information IA 前期 理学研究科 2014/04〜2015/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIB Seminar on Expression of Genomic Information IB 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIC Seminar on Expression of Genomic Information IC 前期 理学研究科 2014/04〜2015/03
ゲノム情報発現学ゼミナールID Seminar on Expression of Genomic Information ID 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIIA Seminar on Expression of Genomic Information IIA 前期 理学研究科 2014/04〜2015/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIIB Seminar on Expression of Genomic Information IIB 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIIC Seminar on Expression of Genomic Information IIC 前期 理学研究科 2014/04〜2015/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIID Seminar on Expression of Genomic Information IID 後期 理学研究科 2014/04〜2015/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIA Seminar on Expression of Genomic Information IA 前期 理学研究科 2015/04〜2016/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIB Seminar on Expression of Genomic Information IB 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIC Seminar on Expression of Genomic Information IC 前期 理学研究科 2015/04〜2016/03
ゲノム情報発現学ゼミナールID Seminar on Expression of Genomic Information ID 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIIA Seminar on Expression of Genomic Information IIA 前期 理学研究科 2015/04〜2016/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIIB Seminar on Expression of Genomic Information IIB 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIIC Seminar on Expression of Genomic Information IIC 前期 理学研究科 2015/04〜2016/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIID Seminar on Expression of Genomic Information IID 後期 理学研究科 2015/04〜2016/03
生物学セミナ-B Seminars in Biological Science B 後期 理学部 2015/04〜2016/03
生物学実習A Laboratory work in Biological Science A 前期 理学部 2015/04〜2016/03
生物科学課題研究17 Special Study CourseII(Biological Sciences) 17 通年 理学部 2015/04〜2016/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIA Seminar on Expression of Genomic Information IA 前期 理学研究科 2016/04〜2017/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIB Seminar on Expression of Genomic Information IB 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIC Seminar on Expression of Genomic Information IC 前期 理学研究科 2016/04〜2017/03
ゲノム情報発現学ゼミナールID Seminar on Expression of Genomic Information ID 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIIA Seminar on Expression of Genomic Information IIA 前期 理学研究科 2016/04〜2017/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIIB Seminar on Expression of Genomic Information IIB 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIIC Seminar on Expression of Genomic Information IIC 前期 理学研究科 2016/04〜2017/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIID Seminar on Expression of Genomic Information IID 後期 理学研究科 2016/04〜2017/03
生物学セミナ-B Seminars in Biological Science B 後期 理学部 2016/04〜2017/03
生物学実習A Laboratory work in Biological Science A 前期集中 理学部 2016/04〜2017/03
生物科学課題研究17 Special Study CourseII(Biological Sciences) 17 通年 理学部 2016/04〜2017/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIA Seminar on Expression of Genomic Information IA 前期 理学研究科 2017/04〜2018/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIB Seminar on Expression of Genomic Information IB 後期 理学研究科 2017/04〜2018/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIC Seminar on Expression of Genomic Information IC 前期 理学研究科 2017/04〜2018/03
ゲノム情報発現学ゼミナールID Seminar on Expression of Genomic Information ID 後期 理学研究科 2017/04〜2018/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIIA Seminar on Expression of Genomic Information IIA 前期 理学研究科 2017/04〜2018/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIIB Seminar on Expression of Genomic Information IIB 後期 理学研究科 2017/04〜2018/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIIC Seminar on Expression of Genomic Information IIC 前期 理学研究科 2017/04〜2018/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIID Seminar on Expression of Genomic Information IID 後期 理学研究科 2017/04〜2018/03
生物学セミナ-B Seminars in Biological Science B 後期 理学部 2017/04〜2018/03
生物学実習A Laboratory work in Biological Science A 前期集中 理学部 2017/04〜2018/03
生物科学課題研究17 Special Study CourseII(Biological Sciences) 17 通年 理学部 2017/04〜2018/03
基礎生物学実験II Experimental Course of Fundamental Biology II 後期集中 理学部 2018/04〜2019/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIA Seminar on Expression of Genomic Information IA 前期 理学研究科 2018/04〜2019/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIB Seminar on Expression of Genomic Information IB 後期 理学研究科 2018/04〜2019/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIC Seminar on Expression of Genomic Information IC 前期 理学研究科 2018/04〜2019/03
ゲノム情報発現学ゼミナールID Seminar on Expression of Genomic Information ID 後期 理学研究科 2018/04〜2019/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIIA Seminar on Expression of Genomic Information IIA 前期 理学研究科 2018/04〜2019/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIIB Seminar on Expression of Genomic Information IIB 後期 理学研究科 2018/04〜2019/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIIC Seminar on Expression of Genomic Information IIC 前期 理学研究科 2018/04〜2019/03
ゲノム情報発現学ゼミナールIID Seminar on Expression of Genomic Information IID 後期 理学研究科 2018/04〜2019/03
生物学セミナ-B Seminars in Biological Science B 後期 理学部 2018/04〜2019/03
生物学実習A Laboratory work in Biological Science A 前期集中 理学部 2018/04〜2019/03
生物科学課題研究17 Special Study CourseII(Biological Sciences) 17 通年 理学部 2018/04〜2019/03

  • <<
  • >>
  • 表示
部局運営(役職等)
役職名 期間
理学研究科セミナーハウス管理運営委員会委員 2014/04/01〜2015/03/31
理学研究科セミナーハウス管理運営委員会委員 2015/04/01〜2016/03/31
理学研究科セミナーハウス管理運営委員会委員 2016/04/01〜2017/03/31
その他活動:国・地方公共団体での活動
委員会名(日本語) 委員会名(英語) 役職名 公共団体の名称 期間
メダカバイオリソース向上委員会 委員 2015/03/24〜