河野 健一

最終更新日時: 2019/09/27 13:01:42

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
河野 健一/カワノ ケンイチ/Kawano, Kenichi
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
化学研究所/生体機能化学研究系/助教
協力講座
部局 所属 講座等 職名
薬学研究科 薬科学専攻 生体機能化学講座 助教
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本ペプチド学会 The Japanese Peptide Society
日本薬学会 The Pharmaceutical Society of Japan
日本生物物理学会 The Biophysical Society of Japan
日本化学会 生体機能関連化学部会 Division of Biofunctional Chemistry, The Chemical Society of Japan
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(薬学) 京都大学
博士(薬学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院薬学研究科修士課程創薬科学専攻 修了
京都大学 大学院薬学研究科博士後期課程創薬科学専攻 修了
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2014/04/01〜2015/06/30 京都大学 ウイルス研究所 附属新興ウイルス研究センター Institute for Virus Research, Kyoto University, Japan 特定助教 Limited-term Assistant Professor
2015/07/01〜2015/09/30 京都大学大学院 薬学研究科 薬品機能解析学分野 Department of Biophysical Chemistry, Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Kyoto University, Japan 博士研究員 Postdoctoral fellow
2015/09/01〜2016/03/31 京都大学 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS) 楠見研究室 Kusumi-lab, Institute for Integrated Cell-Material Sciences (iCeMS), Kyoto University, Japan 博士研究員 Postdoctoral fellow
2016/04/01〜 京都大学 化学研究所 生体機能設計化学研究領域 Biofunctional Design Chemistry, Institute for Chemical Research, Kyoto University, Japan 助教 Assistant Professor
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0003-1927-2922
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000009602
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Sakai T, Kawano K, Iino M, Takeuchi T, Imanishi M, Futaki S Sakai T, Kawano K, Iino M, Takeuchi T, Imanishi M, Futaki S Takayuki Sakai, Kenichi Kawano, Masatomo Iino, Toshihide Takeuchi, Miki Imanishi, and Shiroh Futaki Loosening of Lipid Packing by Cell Surface Recruitment of Amphiphilic Peptides by Coiled-coil Tethering Loosening of Lipid Packing by Cell Surface Recruitment of Amphiphilic Peptides by Coiled-coil Tethering Loosening of Lipid Packing by Cell Surface Recruitment of Amphiphilic Peptides by Coiled-coil Tethering ChemBioChem, 20, 16, 2151-2159 ChemBioChem, 20, 16, 2151-2159 ChemBioChem, 20, 16, 2151-2159 2019/08 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kenichi Kawano, Masaya Ogushi, Toshihiro Masuda, and Shiroh Futaki Kenichi Kawano, Masaya Ogushi, Toshihiro Masuda, and Shiroh Futaki Kenichi Kawano, Masaya Ogushi, Toshihiro Masuda, and Shiroh Futaki Development of a membrane curvature-sensing peptide based on a structure–activity correlation study. Development of a membrane curvature-sensing peptide based on a structure–activity correlation study. Development of a membrane curvature-sensing peptide based on a structure–activity correlation study. Chem. Pharm. Bull., 67, 10, 1131-1138 Chem. Pharm. Bull., 67, 10, 1131-1138 Chem. Pharm. Bull., 67, 10, 1131-1138 2019/07 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kawaguchi Y, Ise S, Azuma Y, Takeuchi T, Kawano K, Le TK, Ohkanda J, Futaki S Kawaguchi Y, Ise S, Azuma Y, Takeuchi T, Kawano K, Le TK, Ohkanda J, Futaki S Kawaguchi Y, Ise S, Azuma Y, Takeuchi T, Kawano K, Le TK, Ohkanda J, Futaki S Dipicolylamine/Metal Complexes that Promote Direct Cell-Membrane Penetration of Octaarginine. Dipicolylamine/Metal Complexes that Promote Direct Cell-Membrane Penetration of Octaarginine. Dipicolylamine/Metal Complexes that Promote Direct Cell-Membrane Penetration of Octaarginine. Bioconjugate chemistry, 30, 2, 454-460 Bioconjugate chemistry, 30, 2, 454-460 Bioconjugate chemistry, 30, 2, 454-460 2019/02 公開
Ryo Hirata, Ayame Torii, Kenichi Kawano, Shiroh Futaki, Ayumi Imayoshi, Kazunori Tsubaki Ryo Hirata, Ayame Torii, Kenichi Kawano, Shiroh Futaki, Ayumi Imayoshi, Kazunori Tsubaki Ryo Hirata, Ayame Torii, Kenichi Kawano, Shiroh Futaki, Ayumi Imayoshi, Kazunori Tsubaki Development of xanthene dyes containing arylacetylenes: - The role of acetylene linker and substituents on the aryl group Development of xanthene dyes containing arylacetylenes: - The role of acetylene linker and substituents on the aryl group Development of xanthene dyes containing arylacetylenes: - The role of acetylene linker and substituents on the aryl group Tetrahedron, 74, 27, 3608-3615 Tetrahedron, 74, 27, 3608-3615 Tetrahedron, 74, 27, 3608-3615 2018/07 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Koki Sakagami, Toshihiro Masuda, Kenichi Kawano, Shiroh Futaki Koki Sakagami, Toshihiro Masuda, Kenichi Kawano, Shiroh Futaki Koki Sakagami, Toshihiro Masuda, Kenichi Kawano, Shiroh Futaki Importance of Net Hydrophobicity in the Cellular Uptake of All-Hydrocarbon Stapled Peptides Importance of Net Hydrophobicity in the Cellular Uptake of All-Hydrocarbon Stapled Peptides Importance of Net Hydrophobicity in the Cellular Uptake of All-Hydrocarbon Stapled Peptides Mol. Pharm., 15, 15, 1332-1340 Mol. Pharm., 15, 15, 1332-1340 Molecular Pharmaceutics, 15, 15, 1332-1340 2018/03 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Akari Yamagami, Kenichi Kawano, Shiroh Futaki, Kouji Kuramochi, and Kazunori Tsubaki Akari Yamagami, Kenichi Kawano, Shiroh Futaki, Kouji Kuramochi, and Kazunori Tsubaki Akari Yamagami, Kenichi Kawano, Shiroh Futaki, Kouji Kuramochi, and Kazunori Tsubaki Syntheses and properties of second-generation V-shaped xanthene dyes with piperidino groups Syntheses and properties of second-generation V-shaped xanthene dyes with piperidino groups Syntheses and properties of second-generation V-shaped xanthene dyes with piperidino groups Tetrahedron, 73, 7061-7066 Tetrahedron, 73, 7061-7066 Tetrahedron, 73, 7061-7066 2017/12 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
河野 健一 河野 健一 ペプチド科学を基盤技術に用いた膜タンパク質と生体膜の研究 ペプチド科学を基盤技術に用いた膜タンパク質と生体膜の研究 Peptide News letter Japan, 106, 6-10 Peptide News letter Japan, 106, 6-10 , 106, 6-10 2017/11 日本語 研究論文(研究会、シンポジウム資料等) 公開
Murayama T, Masuda T, Afonin S, Kawano K, Takatani-Nakase T, Ida H, Takahashi Y, Fukuma T, Ulrich AS, Futaki S Murayama T, Masuda T, Afonin S, Kawano K, Takatani-Nakase T, Ida H, Takahashi Y, Fukuma T, Ulrich AS, Futaki S Murayama T, Masuda T, Afonin S, Kawano K, Takatani-Nakase T, Ida H, Takahashi Y, Fukuma T, Ulrich AS, Futaki S Loosening of Lipid Packing Promotes Oligoarginine Entry into Cells. Loosening of Lipid Packing Promotes Oligoarginine Entry into Cells. Loosening of Lipid Packing Promotes Oligoarginine Entry into Cells. Angew. Chem. Int Ed., 56, 26, 7644-7647 Angew. Chem. Int Ed., 56, 26, 7644-7647 Angew. Chem. Int Ed., 56, 26, 7644-7647 2017/06 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Tomo Murayama, Toshihiro Masuda, Sergii Afonin, Kenichi Kawano, Tomoka Takatani-Nakase, Hiroki Ida, Yasufumi Takahashi, Takeshi Fukuma, Anne S. Ulrich, and Shiroh Futaki Tomo Murayama, Toshihiro Masuda, Sergii Afonin, Kenichi Kawano, Tomoka Takatani-Nakase, Hiroki Ida, Yasufumi Takahashi, Takeshi Fukuma, Anne S. Ulrich, and Shiroh Futaki Tomo Murayama, Toshihiro Masuda, Sergii Afonin, Kenichi Kawano, Tomoka Takatani-Nakase, Hiroki Ida, Yasufumi Takahashi, Takeshi Fukuma, Anne S. Ulrich, and Shiroh Futaki Loosening of Lipid Packing Promotes Oligoarginine Entry into Cells. Loosening of Lipid Packing Promotes Oligoarginine Entry into Cells. Loosening of Lipid Packing Promotes Oligoarginine Entry into Cells. Angew. Chem. Int. Ed. Engl., 56, 26, 7644-7647 Angew. Chem. Int. Ed. Engl., 56, 26, 7644-7647 Angew. Chem. Int. Ed. Engl., 56, 26, 7644-7647 2017/06 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kenichi Kawano, Tetsuya Yagi, Nozomu Fukada, Yoshiaki Yano, and Katsumi Matsuzaki Kenichi Kawano, Tetsuya Yagi, Nozomu Fukada, Yoshiaki Yano, and Katsumi Matsuzaki Kenichi Kawano, Tetsuya Yagi, Nozomu Fukada, Yoshiaki Yano, and Katsumi Matsuzaki Stoichiometric analysis of oligomeric states of three class-A GPCRs, chemokine-CXCR4, dopamine-D2, and prostaglandin-EP1 receptors, on living cells. Stoichiometric analysis of oligomeric states of three class-A GPCRs, chemokine-CXCR4, dopamine-D2, and prostaglandin-EP1 receptors, on living cells. Stoichiometric analysis of oligomeric states of three class-A GPCRs, chemokine-CXCR4, dopamine-D2, and prostaglandin-EP1 receptors, on living cells. J. Pept. Sci., 23, 7-8, 650-658 J. Pept. Sci., 23, 7-8, 650-658 J. Pept. Sci., 23, 7-8, 650-658 2017/06 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Naoko Wakabayashi, Yoshiaki Yano, Kenichi Kawano, Katsumi Matsuzaki Naoko Wakabayashi, Yoshiaki Yano, Kenichi Kawano, Katsumi Matsuzaki Naoko Wakabayashi, Yoshiaki Yano, Kenichi Kawano, Katsumi Matsuzaki A pH‐dependent charge reversal peptide for cancer targeting. A pH‐dependent charge reversal peptide for cancer targeting. A pH‐dependent charge reversal peptide for cancer targeting. Eur. Biophys. J., 46, 46, 121-127 Eur. Biophys. J., 46, 46, 121-127 Eur. Biophys. J., 46, 46, 121-127 2016/06 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Yamashita H, Yano Y, Kawano K, Matsuzaki K. Yamashita H, Yano Y, Kawano K, Matsuzaki K. Yamashita H, Yano Y, Kawano K, Matsuzaki K. Oligomerization-function relationship of EGFR on living cells detected by the coiled-coil labeling and FRET microscopy. Oligomerization-function relationship of EGFR on living cells detected by the coiled-coil labeling and FRET microscopy. Oligomerization-function relationship of EGFR on living cells detected by the coiled-coil labeling and FRET microscopy. Biochim. Biophys. Acta., 1848, 6, 1359-1366 Biochim. Biophys. Acta., 1848, 6, 1359-1366 Biochim. Biophys. Acta., 1848, 6, 1359-1366 2015/03 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
矢野義明, 河野健一, 大前薫, 竹田有希, 松崎紗矢香, 松崎勝巳 矢野義明, 河野健一, 大前薫, 竹田有希, 松崎紗矢香, 松崎勝巳 Yano Y, Kawano K, Omae K, Takeda Y, Matsuzaki S, Matsuzaki K. 生細胞膜タンパク質の会合・内在化の可視化解析ツール:コイルドコイルラベル法 生細胞膜タンパク質の会合・内在化の可視化解析ツール:コイルドコイルラベル法 A visualization tool for oligomerization and internalization of membrane proteins in living cells: coiled-coil labeling method 薬学雑誌, 134, 4, 501-506 薬学雑誌, 134, 4, 501-506 Yakugaku Zasshi, 134, 4, 501-506 2014/11 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kenichi Kawano, Yoshiaki Yano, and Katsumi Matsuzaki Kenichi Kawano, Yoshiaki Yano, and Katsumi Matsuzaki Kenichi Kawano, Yoshiaki Yano, and Katsumi Matsuzaki A Dimer is the Minimal Proton-Conducting Unit of the Influenza A Virus M2 Channel A Dimer is the Minimal Proton-Conducting Unit of the Influenza A Virus M2 Channel A Dimer is the Minimal Proton-Conducting Unit of the Influenza A Virus M2 Channel J. Mol. Biol., 426, 14, 2679-2691 J. Mol. Biol., 426, 14, 2679-2691 J. Mol. Biol., 426, 14, 2679-2691 2014/07 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
河野 健一 河野 健一 Kenichi Kawano 新規小分子ラベル法とin-cell FRETを用いた膜タンパク質の会合状態の定量的解析 新規小分子ラベル法とin-cell FRETを用いた膜タンパク質の会合状態の定量的解析 Stoichiometric analysis of oligomerization of membrane proteins using coiled-coil labeling and in-cell spectroscopy 薬学雑誌, 134, 9, 931-937 薬学雑誌, 134, 9, 931-937 Yakugaku Zasshi, 134, 9, 931-937 2014/05 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
Kenichi Kawano, Yoshiaki Yano, Kaoru Omae, Sayaka Matsuzaki, and Katsumi Matsuzaki Kenichi Kawano, Yoshiaki Yano, Kaoru Omae, Sayaka Matsuzaki, and Katsumi Matsuzaki Kenichi Kawano, Yoshiaki Yano, Kaoru Omae, Sayaka Matsuzaki, and Katsumi Matsuzaki Stoichiometric Analysis of Oligomerization of Membrane Proteins on Living Cells Using Coiled-coil Labeling and Spectral Imaging. Stoichiometric Analysis of Oligomerization of Membrane Proteins on Living Cells Using Coiled-coil Labeling and Spectral Imaging. Stoichiometric Analysis of Oligomerization of Membrane Proteins on Living Cells Using Coiled-coil Labeling and Spectral Imaging. Anal. Chem., 85, 6, 3454-3461 Anal. Chem., 85, 6, 3454-3461 Anal. Chem., 85, 6, 3454-3461 2013/03 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Yoshiaki Yano, Kenichi Kawano, Kaoru Omae, and Katsumi Matsuzaki Yoshiaki Yano, Kenichi Kawano, Kaoru Omae, and Katsumi Matsuzaki Yoshiaki Yano, Kenichi Kawano, Kaoru Omae, and Katsumi Matsuzaki Coiled-Coil Tag–Probe Labeling Methods for Live-Cell Imaging of Membrane Receptors Coiled-Coil Tag–Probe Labeling Methods for Live-Cell Imaging of Membrane Receptors Coiled-Coil Tag–Probe Labeling Methods for Live-Cell Imaging of Membrane Receptors Methods Enzymol., 504, 355-370 Methods Enzymol., 504, 355-370 Methods Enzymol., 504, 355-370 2012 英語 研究論文(学術雑誌) 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
Induction and reversible control of phase separation on living cell membranes Induction and reversible control of phase separation on living cell membranes Induction and reversible control of phase separation on living cell membranes 第57回日本生物物理化学学会例会 第57回日本生物物理化学学会例会 The 57th Annual Meeting of The Biophysical Society of Japan 2019/09/24 英語 ポスター発表 公開
錯体脂質を用いた生細胞膜上における人工ドメイン構築 錯体脂質を用いた生細胞膜上における人工ドメイン構築 第13回バイオ関連化学シンポジウム2019 第13回バイオ関連化学シンポジウム2019 2019/09/04 日本語 ポスター発表 公開
生細胞膜上における相分離の誘発と可逆的制御 生細胞膜上における相分離の誘発と可逆的制御 第17回フィジカルファーマフォーラム 第17回フィジカルファーマフォーラム 2019/09/03 日本語 口頭発表(一般) 公開
膜曲率誘導によるオクタアルギニンの膜透過促進 膜曲率誘導によるオクタアルギニンの膜透過促進 第3回 統合物質創製化学研究推進機構(IRCCS) 若手の会 第3回 統合物質創製化学研究推進機構(IRCCS) 若手の会 2019/07/12 日本語 口頭発表(一般) 公開
ペプチドを用いた膜曲率センシング ペプチドを用いた膜曲率センシング 第14回ケミカルバイオロジー学会 第14回ケミカルバイオロジー学会 2019/06/12 日本語 ポスター発表 公開
ペプチドを用いた膜曲率センシング ペプチドを用いた膜曲率センシング 第66回日本生化学会近畿支部例会 第66回日本生化学会近畿支部例会 2019/05/25 日本語 口頭発表(一般) 公開
がん細胞由来のエクソソームを認識する曲率感知ペプチドの開発 がん細胞由来のエクソソームを認識する曲率感知ペプチドの開発 日本薬学会第139年会 日本薬学会第139年会 2019/03/21 日本語 口頭発表(一般) 公開
がん細胞由来のエクソソームを標的としたペプチドベースの認識ツール開発 -曲率感知ペプチドの選定と評価- がん細胞由来のエクソソームを標的としたペプチドベースの認識ツール開発 -曲率感知ペプチドの選定と評価- 第68回 日本薬学会近畿支部総会・大会 第68回 日本薬学会近畿支部総会・大会 2018/10/13 日本語 口頭発表(一般) 公開
高曲率小胞指向性を有する曲率感知ペプチドの開発 高曲率小胞指向性を有する曲率感知ペプチドの開発 高曲率小胞指向性を有する曲率感知ペプチドの開発 第2回統合物質創製化学研究推進機構(IRCCS)若手の会 第2回統合物質創製化学研究推進機構(IRCCS)若手の会 第2回統合物質創製化学研究推進機構(IRCCS)若手の会 2018/06/15 日本語 口頭発表(一般) 公開
脂質小胞を感知する曲率センターペプチドの開発 脂質小胞を感知する曲率センターペプチドの開発 脂質小胞を感知する曲率センターペプチドの開発 第65回日本生化学会近畿支部例会 第65回日本生化学会近畿支部例会 第65回日本生化学会近畿支部例会 2018/05/26 日本語 口頭発表(一般) 公開
ステープルドペプチドの細胞内移行における疎水性の重要性 ステープルドペプチドの細胞内移行における疎水性の重要性 日本薬学会第138年会 日本薬学会第138年会 2018/03/26 日本語 口頭発表(一般) 公開
Lipid packing loosening plays a key role in the direct membrane translocation of octaarginine Lipid packing loosening plays a key role in the direct membrane translocation of octaarginine Lipid packing loosening plays a key role in the direct membrane translocation of octaarginine The Second International Symposium on Biofunctional Chemistry 2017 The Second International Symposium on Biofunctional Chemistry 2017 The Second International Symposium on Biofunctional Chemistry 2017 2017/12/14 英語 ポスター発表 公開
Modification of Lipid Packing State by Amphipathic Peptides with Curvature Inducibility. Modification of Lipid Packing State by Amphipathic Peptides with Curvature Inducibility. Modification of Lipid Packing State by Amphipathic Peptides with Curvature Inducibility. 統合物質創製化学研究推進機構 第3回国内シンポジウム 統合物質創製化学研究推進機構 第3回国内シンポジウム 2017/10/30 日本語 ポスター発表 公開
曲率誘導性を有する両親媒性ヘリックスペプチド によるオクタアルギニンの膜透過促進 曲率誘導性を有する両親媒性ヘリックスペプチド によるオクタアルギニンの膜透過促進 第11回バイオ関連化学シンポジウム 第11回バイオ関連化学シンポジウム 2017/09/07 日本語 口頭発表(一般) 公開
曲率誘導性を有する両親媒性ヘリックスペプチドによるオクタアルギニンの膜透過促進 曲率誘導性を有する両親媒性ヘリックスペプチドによるオクタアルギニンの膜透過促進 統合物質創製化学研究推進機構 (IRCCS) 第一回若手の会 統合物質創製化学研究推進機構 (IRCCS) 第一回若手の会 2017/07/29 日本語 口頭発表(一般) 公開
曲率誘導性を有する両親媒性ヘリックスペプチドによるオクタアルギニンの膜透過促進 曲率誘導性を有する両親媒性ヘリックスペプチドによるオクタアルギニンの膜透過促進 Membrane-Remodeling Amphipathic Peptides Facilitate Direct Penetration of Octaarginine (R8) 日本薬学会第137年会 日本薬学会第137年会 2017/03/25 日本語 口頭発表(一般) 公開
G-タンパク質共役型受容体の典型例であるケモカインCXCR4、ドパミンD2、プロスタグランジンEP1受容体における会合状態の定量的解析 G-タンパク質共役型受容体の典型例であるケモカインCXCR4、ドパミンD2、プロスタグランジンEP1受容体における会合状態の定量的解析 STOICHIOMETRIC ANALYSIS OF OLIGOMERIC STATES OF THREE CLASS-A GPCRS, CHEMOKINE-CXCR4, DOPAMINE-D2, AND PROSTAGLANDIN-EP1 RECEPTORS, ON LIVING CELLS 第53回ペプチド討論会 第53回ペプチド討論会 The 53th Japanese Peptide Symposium 2016/10/27 日本語 ポスター発表 公開
Cell penetration of dipicolylamine-modified R8 facilitated by metal complex formation Cell penetration of dipicolylamine-modified R8 facilitated by metal complex formation Cell penetration of dipicolylamine-modified R8 facilitated by metal complex formation 34th European Peptide Symposium and 8th International Peptide Symposium 34th European Peptide Symposium and 8th International Peptide Symposium 34th European Peptide Symposium and 8th International Peptide Symposium 2016/09/08 英語 ポスター発表 公開
Facilitated cell penetration of dipicolylamine-modified R8 by metal complex formation Facilitated cell penetration of dipicolylamine-modified R8 by metal complex formation Facilitated cell penetration of dipicolylamine-modified R8 by metal complex formation The 14th Chinese International Peptide Symposium & the 5th Asia-pacific International Peptide Symposium The 14th Chinese International Peptide Symposium & the 5th Asia-pacific International Peptide Symposium The 14th Chinese International Peptide Symposium & the 5th Asia-pacific International Peptide Symposium 2016/07/05 英語 ポスター発表 公開
膜張力変化を介した細胞運動制御ペプチドの開発 膜張力変化を介した細胞運動制御ペプチドの開発 統合物質創製化学研究推進機構MEXT-IRCCS 統合物質創製化学研究推進機構MEXT-IRCCS 2016/06/23 日本語 ポスター発表 公開
新規小分子ラベル法とin-cell FRETを用いた膜タンパク質の会合状態の定量的解析 新規小分子ラベル法とin-cell FRETを用いた膜タンパク質の会合状態の定量的解析 第64回日本薬学会近畿支部総会・大会 第64回日本薬学会近畿支部総会・大会 2014/10/11 日本語 口頭発表(招待・特別) 公開
抗インフルエンザウイルス薬アマンタジン耐性M2 S31N変異株の生体膜中における会合状態 抗インフルエンザウイルス薬アマンタジン耐性M2 S31N変異株の生体膜中における会合状態 日本薬学会第134年会 日本薬学会第134年会 2014/03/28 日本語 口頭発表(一般) 公開
Dimer is a minimal functional unit for influenza A virus M2 channel on biomembrane Dimer is a minimal functional unit for influenza A virus M2 channel on biomembrane Dimer is a minimal functional unit for influenza A virus M2 channel on biomembrane 4th Asia-Pacific International Peptide Symposium 4th Asia-Pacific International Peptide Symposium 4th Asia-Pacific International Peptide Symposium 2013/11/06 英語 口頭発表(一般) 公開
新規小分子ラベル法とin-cell FRETを用いた膜タンパク質の会合状態の定量的解析 新規小分子ラベル法とin-cell FRETを用いた膜タンパク質の会合状態の定量的解析 第63回日本薬学会近畿支部総会・大会 第63回日本薬学会近畿支部総会・大会 2013/10/12 日本語 口頭発表(一般) 公開
インフルエンザAウィルスM2プロトンチャネルの生体膜中における会合状態 インフルエンザAウィルスM2プロトンチャネルの生体膜中における会合状態 第34回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム 第34回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム 2012/11/15 日本語 口頭発表(一般) 公開
インフルエンザAウィルスM2プロトンチャネルの抗ウィルス薬アマンタジン耐性メカニズム インフルエンザAウィルスM2プロトンチャネルの抗ウィルス薬アマンタジン耐性メカニズム Mechanism of antiviral Amantadine resistance of influenza A virus M2 proton channel 第49回ペプチド討論会 第49回ペプチド討論会 49th Japanese Peptide Symposium 2012/11/07 日本語 口頭発表(一般) 公開
インフルエンザAウィルスM2プロトンチャネルの抗ウィルス薬 アマンタジン耐性メカニズム インフルエンザAウィルスM2プロトンチャネルの抗ウィルス薬 アマンタジン耐性メカニズム 第10回次世代を担う若手のフィジカル・ファーマフォーラム(PPF2012) 第10回次世代を担う若手のフィジカル・ファーマフォーラム(PPF2012) 2012/08/06 日本語 口頭発表(一般) 公開
Stoichiometric analysis of oligomerization of membrane proteins on living cell surface Stoichiometric analysis of oligomerization of membrane proteins on living cell surface Stoichiometric analysis of oligomerization of membrane proteins on living cell surface The 7th Seoul-Kyoto-Osaka Joint Symposium on Pharmaceutical Sciences for Young Scientists The 7th Seoul-Kyoto-Osaka Joint Symposium on Pharmaceutical Sciences for Young Scientists The 7th Seoul-Kyoto-Osaka Joint Symposium on Pharmaceutical Sciences for Young Scientists 2012/05/24 英語 口頭発表(一般) 公開
M2プロトンチャネルのpH依存的会合状態の変化 M2プロトンチャネルのpH依存的会合状態の変化 日本薬学会第132年会 日本薬学会第132年会 2012/03/30 日本語 口頭発表(一般) 公開
Family A GPCRの受容体活性に会合体形成は本当に必要か Family A GPCRの受容体活性に会合体形成は本当に必要か 第33回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム 第33回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム 2011/11/24 日本語 口頭発表(一般) 公開
Family A GPCR の受容体活性に会合体形成は本当に必要か Family A GPCR の受容体活性に会合体形成は本当に必要か 第9回次世代を担う若手のフィジカル・ファーマフォーラム(PPF2011) 第9回次世代を担う若手のフィジカル・ファーマフォーラム(PPF2011) 2011/09/13 日本語 口頭発表(一般) 公開
新規小分子蛍光ラベル法を用いたβ2アドレナリン受容体の生体膜における会合状態の解析 新規小分子蛍光ラベル法を用いたβ2アドレナリン受容体の生体膜における会合状態の解析 日本ケミカルバイオロジー学会第6回年会 日本ケミカルバイオロジー学会第6回年会 2011/05/25 日本語 ポスター発表 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
第63回日本薬学会近畿支部奨励賞 日本薬学会近畿支部 2013/10/12
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
研究活動スタート支援 代表 新規可溶化剤と溶液NMRを用いた薬剤耐性S31N変異体M2チャネルの構造解析 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(B) 分担 新規蛍光ラベル法の開発と生細胞における膜タンパク質ヘテロオリゴマー検出技術の確立 2015/04/01〜2018/03/31
特別研究員奨励費(PD) 代表 【採択後辞退】炭疽菌毒素の細胞侵入機構:アクチン膜骨格とラフトの協働機構の1分子法による解明 2016/04/01〜2019/03/31
若手研究 代表 人工脂質ラフトを用いた膜透過性ペプチドの流入点発生機序の解明 2018/04/01〜2020/03/31
公益財団法人武田科学振興財団 2018年度薬学系研究助成 代表 􏱘􏱲􏱳􏱴􏱵􏱶􏰍􏱷􏱸􏱹􏱹􏰛􏱺􏰘􏱘􏱲􏱳􏱴􏱵􏱶􏰍􏱷􏱸􏱹􏱹􏰛􏱺􏰘がん細胞由来のエクソソームを標的としたペプチド転移診断薬の開発 2018/11/13〜2021/05/31
若手研究 代表 人工脂質ラフトを用いた膜透過性ペプチドの流入点発生機序の解明 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
基盤生体機能化学実習 Laboratory Practice in Basic Biofunctional Chemistry 通年不定 薬学研究科 2017/04〜2018/03
基盤生体機能化学実験 Research in Basic Biofunctional Chemistry 通年不定 薬学研究科 2017/04〜2018/03
基盤生体機能化学演習 Basic Biofunctional Chemistry Seminar 通年不定 薬学研究科 2017/04〜2018/03
基盤生体機能化学実習 Laboratory Practice in Basic Biofunctional Chemistry 通年不定 薬学研究科 2018/04〜2019/03
基盤生体機能化学実験 Research in Basic Biofunctional Chemistry 通年不定 薬学研究科 2018/04〜2019/03
基盤生体機能化学演習 Basic Biofunctional Chemistry Seminar 通年不定 薬学研究科 2018/04〜2019/03
基盤生体機能化学実習 Laboratory Practice in Basic Biofunctional Chemistry 通年不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
基盤生体機能化学実験 Research in Basic Biofunctional Chemistry 通年不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
基盤生体機能化学演習 Basic Biofunctional Chemistry Seminar 通年不定 薬学研究科 2019/04〜2020/03
部局運営(役職等)
役職名 期間
化学研究所情報システム技術委員会委員 2016/04/01〜2017/03/31
化学研究所安全衛生委員会委員 2017/04/01〜2018/03/31
化学研究所情報システム技術委員会委員 2017/04/01〜2018/03/31
2018/04/01〜2019/03/31
化学研究所情報システム技術委員会委員 2018/04/01〜2019/03/31
化学研究所情報システム技術委員会委員 2019/04/01〜2020/03/31