細川 宗孝

最終更新日時:2015/06/30 17:06:09

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
細川 宗孝/ホソカワ ムネタカ/Munetaka Hosokawa
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/農学専攻園芸科学講座/准教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606-8502 京都市左京区北白川追分町 京都大学農学研究科蔬菜花卉園芸学研究室
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-753-6048
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本園芸学会
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(農学) 京都大学
博士(農学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院農学研究科修士課程農学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 農学部農学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1997.4-1997.9 日本学術振興会特別研究員
1997.10- 京都大学農学部助手
プロフィール
(日本語)
1988年東京芝浦工業大学付属高等学校卒業、1989年京都大学農学部農学科入学、1992年同学科卒業、京都大学農学研究科農学専攻修士課程入学、1994年同修士課程修了、博士課程進学。1997年京都大学助手、2009年より京都大学農学研究科准教授、現在に至る。植物の現象の発見とその解明の基づく新しい園芸技術の開発を行っている。趣味は熱帯魚観賞。
研究テーマ
(日本語)
園芸植物における新規現象の解明に基づく新しい園芸技術の開発
研究概要
(日本語)
世界の食糧生産はウイルスやウイロイドの感染によって不安定となり、また薬剤散布に頼らざるを得ないのが現状である。私は、この問題に対して3つの方法で取り組んでいる。1.完全フリー苗の供給:茎頂分裂組織は単独では培養できないが、キャベツの根端に接着させると生存し、植物体になる。そこで、本方法(超微小茎頂分裂組織培養法)に基づくウイロイドフリー植物の作出法を開発した。2.抵抗性品種の探索:超微小茎頂分裂組織培養法を用いたキクのウイロイド抵抗性をはじめて見出した。3.抗ウイルス・ウイロイド剤の開発:現在は感染予防剤の開発を行っている。
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
蔬菜花卉園芸学
茎頂分裂組織
ウイロイド
花色
突然変異
組織培養
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
園芸学・造園学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Y. Tanaka; H. Yoneda; M. Hosokawa; T. Miwa; S. Yazawa Application of marker-assisted selection in breeding of a new fresh pepper cultivar (Capsicum annuum) containing capsinoids, low-pungent capsaicinoid analogs Scientia Horticulturae,165,242-245 2014 英語
T. Nabeshima; M. Hosokawa; S. Yano; K. Ohishi; M. Doi Evaluation of chrysanthemum stunt viroid (CSVd) infection in newly-expanded leaves from CSVd-inoculated shoot apical meristems as a method of screening for CSVd-resistant chrysanthemum cultivars Journal of Horticultural Science and Biotechnology,89,1,29-34 2014 英語
S. Koeda; M. Hosokawa; H. Saito; M. Doi Temperature-sensitive phenotype caused by natural mutation in Capsicum latescent in two tropical regions Journal of Plant Research,126,5,675-684 2013/09 英語
S. Ohno; A. Deguchi; M. Hosokawa; F. Tatsuzawa; M. Doi A basic helix-loop-helix transcription factor DvIVS determines flower color intensity in cyanic dahlia cultivars Planta,238,2,331-343 2013/08 英語
M. Hosokawa; T. Yamauchi; M. Takahama; M. Goto; S. Mikano; Y. Yamaguchi; Y. Tanaka; S. Ohno; S. Koeda; M. Doi; S. Yazawa Phosphorus starvation induces post-transcriptional CHS gene silencing in Petunia corolla Plant Cell Reports,32,5,601-609 2013/05 英語
A. Deguchi; S. Ohno; M. Hosokawa; F. Tatsuzawa; M. Doi Endogenous post-transcriptional gene silencing of flavone synthase resulting in high accumulation of anthocyanins in black dahlia cultivars Planta,237,5,1325-1335 2013/05 英語
M. Doi; N. Nakamura; Y. Takizawa; M. Wakita; F. Shimizu; Y. Kitamura; M. Hosokawa Harvest characteristics of Canna×generalis L.H. Bailey leaves Scientia Horticulturae,150,441-447 2013 英語
S. Koeda; M. Hosokawa; B.-C. Kang; C. Tanaka; D. Choi; S. Sano; T. Shiina; M. Doi; S. Yazawa Defense response of a pepper cultivar cv. Sy-2 is induced at temperatures below 24°C Journal of Plant Research,125,1,137-145 2012/01 英語
F. Tatsuzawa; M. Hosokawa; N. Saito; T. Honda Three acylated anthocyanins and a flavone glycoside in violet-blue flowers of Saintpaulia \\'Thamires\\' South African Journal of Botany,79,71-76 2012 英語
S. Ohno; M. Hosokawa; M. Kojima; Y. Kitamura; A. Hoshino; F. Tatsuzawa; M. Doi; S. Yazawa Simultaneous post-transcriptional gene silencing of two different chalcone synthase genes resulting in pure white flowers in the octoploid dahlia Planta,234,5,945-958 2011/11 英語
M. Hosokawa; H. Suzue; T. Fudano; M. doi Determination of the origin of vigorous shoots generated from particle-bombarded chrysanthemum shoot tips Journal of the Japanese Society for Horticultural Science,80,4,461-468 2011/10 英語
S. Ohno; M. Hosokawa; A. Hoshino; Y. Kitamura; Y. Morita; K.-I. Park; A. Nakashima; A. Deguchi; F. Tatsuzawa; M. Doi; S. Iida; S. Yazawa A bHLH transcription factor, DvIVS, is involved in regulation of anthocyanin synthesis in dahlia (Dahlia variabilis) Journal of Experimental Botany,62,14,5105-5116 2011/10 英語
S. Koeda, M. Hosokawa, B-C, Kang, D. Choi, M. Doi, S. Yazawa Defense response of a pepper cultivar cv. Sy-2 is induced at temperatures below 24°C. J. Plant Res. 2011/09/01 日本語
M. Sato; M. Hosokawa; M. Doi Somaclonal variation is induced de novo via the tissue culture process: A study quantifying mutated cells in Saintpaulia PLoS ONE,6,8 2011/08/11 英語
S.Ohno, M.Hosokawa, A. Deguchi, A. Hoshino, M. Morita. K-I. Park, F. Tatsuzawa, S. Iida, M. Doi, S. Yazawa A bHLH transcription factor, DvIVS, is involved in regulation of anthocyanin synthesis in dahlia (Dahlia variabilis) J. Exp. Bot. 2011/06/01 英語
M. Sato; T. Kawabe; M. Hosokawa; F. Tatsuzawa; M. Doi Tissue culture-induced flower-color changes in Saintpaulia caused by excision of the transposon inserted in the flavonoid 3′, 5′ hydroxylase (F3′5′H) promoter Plant Cell Reports,30,5,929-939 2011/05 英語
S.-J. An; D. Pandeya; S.-W. Park; J. Li; J.-K. Kwon; S. Koeda; M. Hosokawa; N.-C. Paek; D. Choi; B.-C. Kang Characterization and genetic analysis of a low-temperature-sensitive mutant, sy-2, in Capsicum chinense Theoretical and Applied Genetics,122,3,459-470 2011/02 英語
Y. Tanaka; M. Hosokawa; T. Miwa; T. Watanabe; S. Yazawa Novel loss-of-function putative aminotransferase alleles cause biosynthesis of capsinoids, nonpungent capsaicinoid analogues, in mildly pungent chili peppers (Capsicum chinense). Journal of agricultural and food chemistry,58,22,11762-11767 2010/11/24 英語
土井元章;脇田牧子;細川宗孝 光酸素ストレスによるカンナ葉の収穫後の褐変障害 園芸学研究 別冊,9,2,571 2010/09/19 日本語
Y. Kitamura; M. Hosokawa; T. Uemachi; S. Yazawa Increase in the number of decorative florets in the inflorescence of Hydrangea through phytoplasma infection Scientia Horticulturae,124,1,134-138 2010/02/26 英語
Y. Tanaka; M. Hosokawa; T. Miwa; T. Watanabe; S. Yazawa Newly mutated putative-aminotransferase in nonpungent pepper (Capsicum annuum) results in biosynthesis of capsinoids, capsaicinoid analogues Journal of Agricultural and Food Chemistry,58,3,1761-1767 2010/02/10 英語
伊藤弘顕;西川久仁子;粟野達也;細川宗孝;矢澤進 ヘリクリサムをはじめとしたいくつかの植物の乾膜質な花葉においてみられた二次細胞壁 園芸学研究,9,1,19-23 (J-STAGE) 2010 日本語
Y. Kitamura; M. Hosokawa; T. Uemachi; S. Yazawa Selection of ABC genes for candidate genes of morphological changes in hydrangea floral organs induced by phytoplasma infection Scientia Horticulturae,122,4,603-609 2009/11/03 英語
S. Koeda; M. Hosokawa; B.-C. Kang; S. Yazawa Dramatic changes in leaf development of the native Capsicum chinense from the Seychelles at temperatures below 24°C Journal of Plant Research,122,6,623-631 2009/11 日本語
細川宗孝;大野翔;北村嘉邦;児島未沙;中島明子;星野敦;立澤文見;土井元章 ダリア花弁のアントシアニンおよびカルコン/オーロン発現に関わる花色遺伝子の探索 園芸学研究 別冊,8,2,528 2009/09/26 日本語
H. Suzue; M. Hosokawa; S. Yazawa A convenient method for exposing shoot apical meristems using compressed air HortScience,44,5,1501-1503 2009/08 英語
H. Omori; M. Hosokawa; H. Shiba; N. Shitsukawa; K. Murai; S. Yazawa Screening of chrysanthemum plants with strong resistance to chrysanthemum stunt viroid Journal of the Japanese Society for Horticultural Science,78,3,350-355 2009/07 英語
Y. Tanaka; M. Hosokawa; K. Otsu; T. Watanabe; S. Yazawa Assessment of capsiconinoid composition, nonpungent capsaicinoid analogues, in capsicum cultivars Journal of Agricultural and Food Chemistry,57,12,5407-5412 2009/06/24 英語
E. Kesumawati; M. Hosokawa; T. Kimata; T. Uemachi; S. Yazawa Flower greening in phytoplasma-infected Hydrangea macrophylla grown under different shading conditions Scientia Horticulturae,121,2,199-205 2009/06/17 英語
Y. Zhang; T. Hayashi; M. Hosokawa; S. Yazawa; Y. Li Metallic lustre and the optical mechanism generated from the leaf surface of Begonia rex Putz. Scientia Horticulturae,121,2,213-217 2009/06/17 英語
M. Hosokawa Leaf Primordia-Free Shoot Apical Meristem Culture: A New Method for Production of Viroid-Free Plants Journal of the Japanese Society for Horticultural Science,77,4,341-349 2008/10 英語
Y. Kitamura; M. Hosokawa; C. Tanaka; S. Yazawa Identification and sterilization of epiphytic bacterial flora near hydrangea shoot apical meristems Journal of the Japanese Society for Horticultural Science,77,4,418-425 2008/10 英語
K. Nishikawa; H. Ito; T. Awano; M. Hosokawa; S. Yazawa Characteristic thickened cell walls of the bracts of the \\'eternal flower\\' Helichrysum bracteatum Annals of Botany,102,1,31-37 2008/07 英語
Y. Zhang; T. Hayashi; M. Inoue; Y. Oyama; M. Hosokawa; S. Yazawa Flower color diversity and its optical mechanism Acta Horticulturae,766,469-476 2008 英語
M. Hosokawa; H. Shiba; T. Kawabe; A. Nakashima; S. Yazawa A simple and simultaneous detection method for two different viroids infecting Chrysanthemum by multiplex direct RT-PCR Journal of the Japanese Society for Horticultural Science,76,1,60-65 2007 英語
A. Nakashima; M. Hosokawa; S. Maeda; S. Yazawa Natural infection of Chrysanthemum stunt viroid in dahlia plants Journal of General Plant Pathology,73,3,225-227 2007 英語
M. Hosokawa; Y. Matsushita; H. Uchida; S. Yazawa Direct RT-PCR method for detecting two chrysanthemum viroids using minimal amounts of plant tissue Journal of Virological Methods,131,1,28-33 2006 英語
E. Kesumawati; T. Kimata; T. Uemachi; M. Hosokawa; S. Yazawa Correlation of phytoplasma concentration in Hydrangea macrophylla with green-flowering stability Scientia Horticulturae,108,1,74-78 2006 英語
J.Y. Soo; Y. Kitamura; M. Hosokawa; S. Yazawa Low temperature sensitivity enhanced by local wounding in Saintpaulia Journal of the Japanese Society for Horticultural Science,75,6,476-480 2006 英語
M. Hosokawa; Y. Matsushita; K. Ohishi; S. Yazawa Elimination of chrysanthemum chlorotic mottle viroid (CChMVd) recently detected in Japan by leaf-primordia free shoot apical meristem culture from infected cultivars Journal of the Japanese Society for Horticultural Science,74,5,386-391 2005 英語
M. Hosokawa; E. Ueda; K. Ohishi; A. Otake; S. Yazawa Chrysanthemum stunt viroid disturbs the photoperiodic response for flowering of chrysanthemum plants Planta,220,1,64-70 2004 英語
M. Hosokawa; A. Otake; Y. Sugawara; T. Hayashi; S. Yazawa Rescue of shoot apical meristems of chrysanthemum by culturing on root tips Plant Cell Reports,22,7,443-448 2004 英語
M. Hosokawa; A. Otake; K. Ohishi; E. Ueda; T. Hayashi; S. Yazawa Elimination of chrysanthemum stunt viroid from an infected chrysanthemum cultivar by shoot regeneration from a leaf primordium-free shoot apical meristem dome attached to a root tip Plant Cell Reports,22,11,859-863 2004 英語
S.J. Yang; M. Hosokawa; T. Hayashi; S. Yazawa Wounding enhances rapid-browning responsiveness of distal unwounded leaves to water stimulus in Ruellia macrantha Journal of the Japanese Society for Horticultural Science,72,4,286-291 2003 英語
S. Ahmed; E. Nawata; M. Hosokawa; Y. Domae; T. Sakuratani Alterations in photosynthesis and some antioxidant enzymatic activities of mungbean subjected to waterlogging Plant Science,163,1,117-123 2002/07 英語
E.U. Ahmed; T. Hayashi; Y. Zhu; M. Hosokawa; S. Yazawa Lower incidence of variants in Caladium bicolor Ait. plants propagated by culture of explants from younger tissue Scientia Horticulturae,96,1-4,187-194 2002 英語
J.Y. Soo; M. Hosokawa; T. Hayashi; S. Yazawa Leaf browning induced at sites distant from wounds in Acanthaceae and Gesneriaceae plants Journal of the Japanese Society for Horticultural Science,71,4,535-537 2002 英語
S.J. Yang; M. Hosokawa; Y. Mizuta; J.G. Yun; J. Mano; S. Yazawa Antioxidant capacity is correlated with susceptibility to leaf spot caused by a rapid temperature drop in Saintpaulia (African violet) Scientia Horticulturae,88,1,59-69 2001/03/30 英語
細川 宗孝 Particle-Gun Wounding of Explants with and without Plant-Growth Regulators Effectively Induces Shoot Formation in African Violet Plant Tissue Culture and Biotechnology,4/1,35 1998 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国際学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国内学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Munetaka Hosokawa Gene expression during dramatic developmental changes of a Capsicum chinense cultivar native to the Seychelles at temperatures below 24˚C 29nd International Horticultural Congress 2010 日本語
Munetaka Hosokawa Toward the control of odor emission from florets of gypsophyla using genetic transformation 29nd International Horticultural Congress 2010 英語
Munetaka Hosokawa Root zone restriction and phosphorus deficiency associated with flower colour expression in bicolour-flowering dahlia 29st International Horticultural Congress 2010 英語
Munetaka Hosokawa Repair of partially wounded chrysanthemum shoot apical meristems after bombardment 29th International Horticultural Congress 2010 英語
Munetaka Hosokawa Capsinoid biosynthesis of nonpungent pepper cultivars is caused by loss-of-function mutations in a putative aminotransferase gene 29th International Horticultural Congress 2010 英語
細川宗孝 セントポーリア‘タミレス’の培養変異を検出する遺伝子マーカーの作出 園芸学会平成22年度春季大会 2010 日本語
Munetaka Hosokawa Postharvest photooxidative disorders in canna leaves 29th International Horticultural Congress 2010 英語
細川宗孝 ダリアの白色花弁化に関与する2つの異なるメカニズム 園芸学会平成22年度春季大会 2010 日本語
細川宗孝 ダリア花弁のアントシアニン合成制御にはbHLH様転写因子DvIVSが関与する 園芸学会平成22年度春季大会 2010 日本語
細川宗孝 花弁斑をもつセントポーリア‘タミレス’の葉身上に存在する変異細胞率の定量 園芸学会平成22年度秋季大会 2010 日本語
細川宗孝 ダリア純白花弁における2種類のCHSの転写後抑制 園芸学会平成22年度秋季大会 2010 日本語
細川宗孝 ヘリクリサム(Helichrysum bracteatum)をはじめとしたいくつかの乾膜質な花葉組織の中性糖分析 園芸学会平成21年度秋季大会 2009 日本語
細川宗孝 花弁に斑を有するセントポーリアの組織培養後代における花色変異の発生に関わるトランスポゾン 園芸学会平成21年度秋季大会 2009 日本語
細川宗孝 トウガラシ果実における新規機能性物質カプシノイドの合成にはp-AMT遺伝子の変異が関与する 園芸学会平成21年度秋季大会 2009 日本語
細川宗孝 生育適温下で生じるセーシェル産トウガラシの生育障害に関与する遺伝子の探索 園芸学研究. 別冊, 園芸学会大会研究発表要旨,7,1 2008/03/28 日本語
細川宗孝 キクわい化ウイロイドに強い抵抗性を持つキク植物体の選抜 園芸学研究. 別冊, 園芸学会大会研究発表要旨,7,1 2008/03/28 日本語
細川宗孝 キクわい化ウイロイド(CSVd)に対する抵抗性を異にするキクの茎頂部でのCSVdの分布 園芸学会平成20年度秋季大会 2008 日本語
細川宗孝 圧縮空気を利用した茎頂分裂組織の露出装置の開発 園芸学会平成20年度春季大会 2008 日本語
細川宗孝 ヘリクリサムをはじめとした様々な植物の乾膜質な花葉組織における二次的な細胞壁の形成 園芸学会平成20年度春季大会 2008 日本語
細川宗孝 ファイトプラズマ感染によるアジサイ花器官の形態変化に関わる遺伝子群の発現解析 園芸学会平成20年度秋季大会 2008 日本語
細川 宗孝 花卉園芸で活躍するバイオテクノロジー 化学と生物,36,8,512-522 1998/08/25 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国際学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > その他
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 基調講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 訳書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > その他
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語

  • <<
  • >>
  • 表示
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月

  • <<
  • >>
  • 表示
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
園芸学会奨励賞 2008
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(B) ウイロイドに隠された園芸学的に重要な高度機能性RNA配列の探索 2008〜2010
挑戦的萌芽研究 抗変異原性物質を用いた組織培養突然変異の発生抑制 2009〜2011
基盤研究(B) 25℃遺伝子スイッチ:微小温度差を環境応答に利用する熱帯地域在来ナス科植物の探索 2010〜2012
挑戦的萌芽研究 代表 生体内移動性mRNAの開発に向けたウイロイド結合タンパク質の同定と機能解析 2012〜2014
基盤研究(B) 代表 トウガラシに見出された強力な二本鎖RNA分解酵素の同定と生体内での役割解明 2013〜2015
挑戦的萌芽研究 代表 生体内移動性mRNAの開発に向けたウイロイド結合タンパク質の同定と機能解析 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
特別研究員奨励費 代表 指標遺伝子アッセイ系による植物抗ウイルス・ウイロイド剤のスクリーニング (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(B) 代表 トウガラシに見出された強力な二本鎖RNA分解酵素の同定と生体内での役割解明 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(B) 代表 赤道恒温性気候帯において温帯性木本植物が四季咲き化する環境因子の同定 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
人工キメラ植物の作出に関する実験 Study on breeding of synthetic chimera
植物におけるウイロイドの感染と抵抗性の分子生物学 Molecular Biology of Viroid infection and resistance of plants 1998〜
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
園芸科学演習 通年 農学部 2011/04〜2012/03
花卉園芸学 後期 農学部 2011/04〜2012/03
資源生物科学専門外書講義I 前期 農学部 2011/04〜2012/03
資源生物科学専門外書講義I 後期 農学部 2011/04〜2012/03
蔬菜花卉園芸学専攻実験 農学研究科 2011/04〜2012/03
蔬菜花卉園芸学演習 農学研究科 2011/04〜2012/03
園芸科学演習 Seminar in Horticultural Science 通年 農学部 2012/04〜2013/03
生活の中の野菜(見る,作る,食べる,考える) Vegetables in Daily Life 前期集中 全学共通科目 2012/04〜2013/03
花卉園芸学 Ornamental Plant Science 後期 農学部 2012/04〜2013/03
花卉園芸学 Ornamental Plant Science 後期 農学部 2013/04〜2014/03
園芸科学演習 Seminar in Horticultural Science 通年 農学部 2013/04〜2014/03
蔬菜花卉園芸学演習 Vegetable and Ornamental Horticulture Seminar 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
蔬菜花卉園芸学専攻実験 Special Laboratory Work in Vegetable and Ornamental Horticulture 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
花卉園芸学 Ornamental Plant Science 後期 農学部 2014/04〜2015/03
園芸科学演習 Seminar in Horticultural Science 通年 農学部 2014/04〜2015/03
園芸生産環境調節論 Environmental Control for Horticulture 後期 農学研究科 2014/04〜2015/03
蔬菜花卉園芸学演習 Vegetable and Ornamental Horticulture Seminar 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
蔬菜花卉園芸学専攻実験 Special Laboratory Work in Vegetable and Ornamental Horticulture 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
園芸科学演習 Seminar in Horticultural Science 通年 農学部 2015/04〜2016/03
花卉園芸学 Ornamental Plant Science 後期 農学部 2015/04〜2016/03
蔬菜花卉園芸学専攻実験1 Special Laboratory Work in Vegetable and Ornamental Horticulture1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
蔬菜花卉園芸学専攻実験 Special Laboratory Work in Vegetable and Ornamental Horticulture 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
蔬菜花卉園芸学演習1 Vegetable and Ornamental Horticulture Seminar1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
蔬菜花卉園芸学演習 Vegetable and Ornamental Horticulture Seminar 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03

  • <<
  • >>
  • 表示