河井 重幸

最終更新日時:2017/07/20 19:21:00

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
河井 重幸/カワイ シゲユキ/Shigeyuki Kawai
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/食品生物科学専攻食品生産工学講座/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本農芸化学会
日本生物工学会
日本ビタミン学会
C-P化合物研究会
日本生化学会
酵素工学研究会
酵母研究会
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(農学) 京都大学
博士(農学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院農学研究科修士課程食品工学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 農学部食品工学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
プロフィール
(日本語)
1990年 京都府立西舞鶴高等学校 卒業、同年 京都大学農学部食品工学科入学、1994年京都大学大学院農学研究科 食品工学専攻 修士課程進学、1996年 同博士課程進学、1998年 同退学、1998年 京都大学 食糧科学研究所 助手、2001年 京都大学大学院 農学研究科 助手、2007年 同 助教〜現在に至る。この間、2002年 学位取得、2008年度 スイス連邦ジュネーブ大学に研究留学(1年間)。2017年度 京都女子大学非常勤講師。
研究テーマ
(日本語)
食品微生物、特に酵母の有効利活用とNADPの生物学
(英語)
Utilization of the food microbe, especially yeast. Biology of NADP.
研究概要
(日本語)
日本の国土は広くありませんが、広大な海域を有します。そこで、海の資源に着目し、海洋性バイオマス(大型褐藻類由来アルギン酸、マンニトール)を原料とした、特にパン酵母を用いた有用C4化合物(特に天然ガスやシェールガスからは合成が困難な合成ゴム原料2,3-ブタンジオールや代替ガソリン・イソブタノールなど)生産系の開発を進めています。一方、NADPという分子に着目し、ヒトや酵母におけるNADP合成酵素の制御機序の解明も目指しています。
(英語)
Because Japan is surrounded on all sides by ocean, we have access to an enormous quantity of marine biomass (e.g., brown macroalgae). My study aims to develop a practical technology that enables production of valuable C4 chemicals, in particular 2,3-butanediol (a material for a synthetic rubber) and isobutanol (an alternate gasoline) that are difficult to synthesize from natural gas and shale gas, from brown macroalgae (mannitol and especially alginate) by utilizing a specific bioengineered baker’s yeast (Saccharomyces cerevisiae). Moreover, I want to elucidate the mechanism underlying the regulation of NADP-biosynthetic enzyme in human and yeast.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
応用微生物学 Applied microbiology
海性バイオマス Marine biomass
NAD(P) NAD(P)
NADキナーゼ NAD kinase
パン酵母 Saccharomyces cerevisiae
アルギン酸 alginate
マンニトール mannitol
大型褐藻 Brown macroalgae
リン酸化 Phosphorylation
ホワイトバイオテクノロジー White biotechnology
食品微生物 Food microbiology

  • <<
  • >>
  • 表示
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
応用微生物学
応用生物化学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Matsuoka F, Hirayama M, Kashihara T, Tanaka H, Hashimoto W, Murata K, Kawai S Crucial role of 4-deoxy-L-erythro-5-hexoseulose uronate reductase for alginate utilization revealed by adaptive evolution in engineered Saccharomyces cerevisiae. Scientific reports,1,4206 2017/06 英語
河井 重幸 酵母による海藻(褐藻、紅藻)糖質発酵へ向けて 酵素工学ニュース,77,4,12-16 2017/04 日本語
Yamashiro T, Murata K, Kawai S Extremely high intracellular concentration of glucose-6-phosphate and NAD(H) in Deinococcus radiodurans. Extremophiles : life under extreme conditions,21,2,399-407 2017/03
河井 重幸、村田 幸作 ミトコンドリアNADキナーゼ遺伝子(NADK2)欠損症の症例報告 ビタミン,91,3,204-206 2017/03 日本語
河井重幸, 村田幸作 酵母による褐藻糖質からのエタノール生産 バイオサイエンスとインダストリー,75,1,42‐43 2017/01 日本語
河井重幸 ヒトのミトコンドリアにおけるNADP<sup>+</sup>合成酵素のリン酸化によるNADP<sup>+</sup>合成制御の生理的役割 日本応用酵素協会誌,50,29-30 2016/06 日本語
Makoto Hirayama, Wataru Hashimoto, Kousaku Murata & Shigeyuki Kawai Comparative characterization of three bacterial exo-type alginate lyases. Int. J. Biol. Macromol.,86,519-524 2016/05 英語
Kawai S, Murata K Biofuel production based on carbohydrates from both brown and red macroalgae: Recent developments in key biotechnologies. Int. J. Mol. Sci.,17,2,doi: 10.3390/ijms17020145 2016/02 英語
河井重幸 次世代に輝く研究開発 海洋バイオマスを原料とした出芽酵母によるエタノールの生産 化学工業,67,1,15-19 2016/01/01 日本語
Kawabata Y, Murata K, Kawai S Significance of Ser-188 in human mitochondrial NAD kinase as determined by phosphomimetic and phosphoresistant amino-acid substitutions Biochem. Biophys. Res. Commun.,468,4,691-695 2015/12
Chujo M, Yoshida S, Ota A, Murata K, Kawai S Acquisition of the ability to assimilate mannitol by Saccharomyces cerevisiae through dysfunction of the general corepressor Tup1-Cyc8. Applied and environmental microbiology,81,1,9-16 2015/01
Shiori Yoshida, Hideki Tanaka, Makoto Hirayama, Kousaku Murata, Shigeyuki Kawai Production of pyruvate from mannitol by mannitol-assimilating pyruvate decarboxylase-negative Saccharomyces cerevisiae. Bioengineered,2,6,347-350 2015 英語
河井重幸, 村田幸作 ヒトのミトコンドリアNADキナーゼの特定 人ごとではない脆弱な活性? 化学と生物,52,12,785-786 2014/12/01 日本語
Takase R, Mikami B, Kawai S, Murata K, Hashimoto W Structure-based conversion of the coenzyme requirement of a short-chain dehydrogenase/reductase involved in bacterial alginate metabolism. The Journal of biological chemistry,289,48,33198-33214 2014/11
Yoshioka A, Murata K, Kawai S Structural and mutational analysis of amino acid residues involved in ATP specificity of Escherichia coli acetate kinase. Journal of bioscience and bioengineering,118,5,502-507 2014/11
Idogawa N, Amamoto R, Murata K, Kawai S Phosphate enhances levan production in the endophytic bacterium Gluconacetobacter diazotrophicus Pal5. Bioengineered,5,3,173-179 2014/05
Fujii M, Yoshida S, Murata K, Kawai S Regulation of pH attenuates toxicity of a byproduct produced by an ethanologenic strain of Sphingomonas sp. A1 during ethanol fermentation from alginate. Bioengineered,5,1,38-44 2014/01
河井重幸 最先端グリーンイノベーションの創成 海洋バイオマス(大型褐藻類)からのエタノールとピルビン酸の生産 化学工業,64,12,924-928,948 2013/12/01 日本語
黒田 浩一, 村上 一馬, 村井 正俊, 水重 貴文, 河井 重幸, 浦野 信行, 松尾 道憲, 伊福 健大郎, 小林 敬, 川本 純 日本農芸化学会大会 バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry,71,4,349-358 2013/07/01 日本語
Nakamichi Y, Yoshioka A, Kawai S, Murata K Conferring the ability to utilize inorganic polyphosphate on ATP-specific NAD kinase. Scientific reports,3,2632 2013
河井 重幸 学会見聞記 日本農芸化学会 微生物(細胞・遺伝子) バイオサイエンスとインダストリー,71,4,352-353 2013
河井重幸 キノリン酸の利用ならびに合成に着目した出芽酵母の新規NAD合成経路 Inst Ferment Osaka Res Commun,26,195-196 2012/12/25 日本語
河井重幸 DNAレベルでの有害菌の検出 : PCRプライマー設計の試み 化学と生物,48,1,68-70 2010/01 日本語
河井 重幸 スイス連邦ジュネーブ大学での留学生活. 出芽酵母のTORシグナリングに関する研究. 化学と生物,48,4,281-284 2010 日本語
河井重幸, 福田知加子, 村田幸作 NADP(H)合成の鍵酵素,NADキナーゼの機能と構造 蛋白質 核酸 酵素,52,3,243-248 2007/03/01 日本語
KAWAI SHIGEYUKI Establishment of &quot;Highly Efficient&quot; Transformation Method of Saccharomyces cerevisiae Based on Molecular Basis for Yeast's Competence Rep Noda Inst Sci Res,49,89-91 2006/02 英語
河井重幸, 村田幸作 5,000株のスクリーニングが語る酵母の形質転換機構 エンドサイトーシスが鍵を握る? 化学と生物,42,8,503-505 2004/08/25 日本語
河井重幸 液胞の正しい輸送・配置方法 化学と生物,42,2,116-117 2004/02/25 日本語
村田幸作, 橋本渉, 河井重幸 特定疾患の微生物学的原因究明に関する研究 10.慢性肺疾患における細菌の関与とその治療法の開発 特定疾患の微生物学的原因究明に関する研究 平成15年度 総括・分担研究報告書,55-59 2004 日本語
河井 重幸, 森 茂太郎, 村田 幸作 微生物のポリリン酸/ATP-NADキナーゼはNADHキナーゼ反応を触媒する ビタミン,77,5,265-270 2003/06/25 日本語
河井重幸, 村田幸作 微生物がもつ2種類のNADキナーゼの構造と機能 タンパク質の分子進化の解明とポリリン酸利用型キナーゼの創出に期待 化学と生物,41,5,280-282 2003/05/25 日本語
河井重幸, 森茂太郎, 村田幸作 微生物のポリリン酸/ATP‐NADキナーゼはNADHキナーゼ反応を触媒する ビタミン,77,5/6,265-270 2003/05 日本語
河井重幸、三上文三、橋本渉、村田幸作 微生物のポリリン酸/ATP-NADキナーゼとATP-NADキナーゼ 応用微生物学研究,1,1,18-25 2003 日本語
南海浩一、河井重幸、橋本渉、三上文三、村田幸作 Bacillus sp. GL1におけるキサンタン分解系の酵素学的・遺伝学的解析、及びキサンタンリアーゼのX線結晶構造解析 応用微生物学研究,1,1,26-34 2003 日本語
三島由美子、門間敬子、河井重幸、橋本 渉、三上文三、村田幸作 Sphingomonas sp. A1 株由来アルギン酸結合タンパク質の構造生物学的研究 応用微生物学研究,1,2,115-122 2003 日本語
葉山善幸、福田泰樹、河井重幸、橋本渉、村田幸作 グルタチオンと対数期初期細胞を用いる酵母Saccharomyces cerevisiaeの簡便、迅速、高効率形質転換法 ビタミン,77,1,25-26 2003 日本語
河井重幸, 村田幸作 微生物NADキナーゼの酵素科学的・遺伝学的研究とその応用 ビタミン,76,12,583-594 2002/12 日本語
河井重幸, 村田幸作 酵母の“自然”形質転換現象とその利用 バイオサイエンスとインダストリー,60,11,751-752 2002/11/01 日本語
村田 幸作, 河井 重幸 細菌を用いたリン酸除去による環境浄化 (第11回「地球環境財団研究奨励金」研究成果報告書(2)) 地球環境研究,53,187-201 2002/03 日本語
村田幸作, 河井重幸 細菌を用いたリン酸除去による環境浄化 地球環境研究,53,187-201 2002/03 日本語
Jun Sato, Shigeyuki Kawai, Wataru Hashimoto, Kousaku Murata, Keiichi Goto & Fumio Nanjo Identification of an antifungal substance derived from the oil-based extract of licorice Biocontrol Sci.,6,2,113-118 2001 英語
河井重幸 腸管病原性大腸菌(EPEC)の細胞接着機構 化学と生物,35,4,297-298 1997/04 日本語
S. Kawai; K. Ohashi; S. Yoshida; M. Fujii; S. Mikami; N. Sato; K. Murata Bacterial pyruvate production from alginate, a promising carbon source from marine brown macroalgae Journal of Bioscience and Bioengineering,117,3,269-274 2014 英語
H. Fujiwara; S. Kawai; K. Murata Significance of sulfiredoxin/peroxiredoxin and mitochondrial respiratory chain in response to and protection from 100% O<sub>2</sub> in Saccharomyces cerevisiae Mitochondrion,13,1,52-58 2013 英語
K. Ohashi; S. Kawai; K. Murata Secretion of quinolinic acid, an intermediate in the kynurenine pathway, for utilization in NAD<sup>+</sup> biosynthesis in the yeast Saccharomyces cerevisiae Eukaryotic Cell,12,5,648-653 2013 英語
A. Ota; S. Kawai; H. Oda; K. Iohara; K. Murata Production of ethanol from mannitol by the yeast strain Saccharomyces paradoxus NBRC 0259 Journal of Bioscience and Bioengineering,116,3,327-332 2013 英語
M. Yanagisawa; S. Kawai; K. Murata Strategies for the production of high concentrations of bioethanol from seaweeds Bioengineered,4,4,224-235 2013 英語
K. Ohashi; S. Kawai; K. Murata Identification and characterization of a human mitochondrial NAD kinase Nature Communications,3 2012 英語
H. Takeda; F. Yoneyama; S. Kawai; W. Hashimoto; K. Murata Bioethanol production from marine biomass alginate by metabolically engineered bacteria Energy and Environmental Science,4,7,2575-2581 2011/07 英語
T.A. Pham; S. Kawai; E. Kono; K. Murata The role of cell wall revealed by the visualization of Saccharomyces cerevisiae transformation Current Microbiology,62,3,956-961 2011/03 英語
T.A. Pham; S. Kawai; K. Murata Visualization of the synergistic effect of lithium acetate and single-stranded carrier DNA on Saccharomyces cerevisiae transformation Current Genetics,57,4,233-239 2011 英語
K. Ohashi; S. Kawai; M. Koshimizu; K. Murata NADPH regulates human NAD kinase, a NADP <sup>+</sup>-biosynthetic enzyme Molecular and Cellular Biochemistry,355,1-2,57-64 2011 英語
T. Ando; K. Ohashi; A. Ochiai; B. Mikami; S. Kawai; K. Murata Structural determinants of discrimination of NAD <sup>+</sup> from NADH in yeast mitochondrial NADH kinase Pos5 Journal of Biological Chemistry,286,34,29984-29992 2011 英語
S. Kawai; J. Urban; M. Piccolis; N. Panchaud; C. de Virgilio; R. Loewith Mitochondrial Genomic Dysfunction Causes Dephosphorylation of Sch9 in the Yeast Saccharomyces cerevisiae <sup>∇</sup> Eukaryotic Cell,10,10,1367-1369 2011 英語
S. Kawai; W. Hashimoto; K. Murata Transformation of Saccharomyces cerevisiae and other fungi: methods and possible underlying mechanism. Bioengineered bugs,1,6,395-403 2010 英語
W. Hashimoto; S. Kawai; K. Murata Bacterial supersystem for alginate import/metabolism and its environmental and bioenergy applications Bioengineered Bugs,1,2,97-109 2010 英語
H. Miyagi; S. Kawai; K. Murata Two sources of mitochondrial NADPH in the yeast Saccharomyces cerevisiae Journal of Biological Chemistry,284,12,7553-7560 2009/03/20 英語
S. Kawai; A.P. Tuan; E. Kono; K. Harada; C. Okai; E. Fukusaki; K. Murata Transcriptional and metabolic response in yeast Saccharomyces cerevisiae cells during polyethylene glycol-dependent transformation Journal of Basic Microbiology,49,1,73-81 2009/02 英語
S. Kawai; K. Murata Structure and function of NAD kinase and NADP phosphatase: Key enzymes that regulate the intracellular balance of NAD(H) and NADP(H) Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,72,4,919-930 2008/04 英語
K. Murata; S. Kawai; B. Mikami; W. Hashimoto Superchannel of bacteria: Biological significance and new horizons Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,72,2,265-277 2008/02 英語
C. Fukuda; S. Kawai; K. Murata NADP(H) phosphatase activities of archaeal inositol monophosphatase and eubacterial 3′-phosphoadenosine 5′-phosphate phosphatase Applied and Environmental Microbiology,73,17,5447-5452 2007 英語
S. Kawai; C. Fukuda; K. Murata Function and structure of NAD kinase: the key enzyme for biosynthesis of NADP (H) Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme,52,3,243-248 2007 英語
Y. Aso; Y. Miyamoto; K.M. Harada; K. Momma; S. Kawai; W. Hashimoto; B. Mikami; K. Murata Engineered membrane superchannel improves bioremediation potential of dioxin-degrading bacteria Nature Biotechnology,24,2,188-189 2006/02 英語
S. Mori; M. Yamasaki; Y. Maruyama; K. Momma; S. Kawai; W. Hashimoto; B. Mikami; K. Murata NAD-binding mode and the significance of intersubunit contact revealed by the crystal structure of Mycobacterium tuberculosis NAD kinase-NAD complex Biochemical and Biophysical Research Communications,327,2,500-508 2005/02/11 英語
S. Kawai; T. Mukai; S. Mori; B. Mikami; K. Murata Hypothesis: Structures, evolution, and ancestor of glucose kinases in the hexokinase family Journal of Bioscience and Bioengineering,99,4,320-330 2005 英語
S. Mori; S. Kawai; F. Shi; B. Mikami; K. Murata Molecular conversion of NAD kinase to NADH kinase through single amino acid residue substitution Journal of Biological Chemistry,280,25,24104-24112 2005 英語
F. Shi; S. Kawai; S. Mori; E. Kono; K. Murata Identification of ATP-NADH kinase isozymes and their contribution to supply of NADP(H) in Saccharomyces cerevisiae FEBS Journal,272,13,3337-3349 2005 英語
S. Kawai; C. Fukuda; T. Mukai; K. Murata MJ0917 in archaeon Methanococcus jannaschii is a novel NADP phosphatase/NAD kinase Journal of Biological Chemistry,280,47,39200-39207 2005 英語
S. Mori; M. Yamasaki; Y. Maruyama; K. Momma; S. Kawai; W. Hashimoto; B. Mikami; K. Murata Crystallographic studies of Mycobacterium tuberculosis polyphosphate/ATP- NAD kinase complexed with NAD Journal of Bioscience and Bioengineering,98,5,391-393 2004/11 英語
S. Kawai; T.A. Pham; H.T. Nguyen; H. Nankai; T. Utsumi; Y. Fukuda; K. Murata Molecular insights on DNA delivery into Saccharomyces cerevisiae Biochemical and Biophysical Research Communications,317,1,100-107 2004/04/23 英語
A. Ochiai; S. Mori; S. Kawai; K. Murata Overexpression, purification, and characterization of ATP-NAD kinase of Sphingomonas sp. A1 Protein Expression and Purification,36,1,124-130 2004 英語
S. Kawai; S. Mori; T. Mukai; K. Murata Cytosolic NADP phosphatases I and II from Arthrobacter sp. strain KM: Implication in regulation of NAD<sup>+</sup>/NADP<sup>+</sup> balance Journal of Basic Microbiology,44,3,185-196 2004 英語
T. Mukai; S. Kawai; S. Mori; B. Mikami; K. Murata Crystal structure of bacterial inorganic polyphosphate/ATP- glucomannokinase: Insights into kinase evolution Journal of Biological Chemistry,279,48,50591-50600 2004 英語
T. Mukai; S. Kawai; H. Matsukawa; Y. Matuo; K. Murata Characterization and molecular cloning of a novel enzyme, inorganic polyphosphate/ATP-glucomannokinase, of Arthrobacter sp. strain KM Applied and Environmental Microbiology,69,7,3849-3857 2003 英語
T. Mukai; S. Kawai; S. Mori; B. Mikami; K. Murata Crystallization and preliminary X-ray analysis of inorganic polyphosphate/ATP-glucomannokinase from Arthrobacter sp. strain KM Acta Crystallographica - Section D Biological Crystallography,59,9,1662-1664 2003 英語
S. Kawai; S. Mori; K. Murata Primary structure of inorganic polyphosphate/ATP-NAD kinase from Micrococcus flavus, and occurrence of substrate inorganic polyphosphate for the enzyme Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,67,8,1751-1760 2003 英語
H. Yoshiyuki; F. Yasuki; K. Shigeyuki; H. Wataru; M. Kousaku Extremely simple, rapid, and highly efficient transformation method for the yeast Saccharomyces cerevisiae using glutathione and early log phase cells Journal of Bioscience and Bioengineering,94,2,166-171 2002/08 英語
S. Kawai; S. Mori; T. Mukai; H. Matsukawa; Y. Matuo; K. Murata Establishment of a mass-production system for NADP using bacterial inorganic polyphosphate/ATP-NAD kinase Journal of Bioscience and Bioengineering,92,5,447-452 2001/11 英語
S. Mori; S. Kawai; B. Mikami; K. Murata Crystallization and preliminary X-ray analysis of NAD kinase from Mycobacterium tuberculosis H37Rv Acta Crystallographica Section D: Biological Crystallography,57,1319-1320 2001/09 英語
S. Kawai; S. Mori; T. Mukai; W. Hashimoto; K. Murata Molecular characterization of escherichia coli NAD kinase European Journal of Biochemistry,268,15,4359-4365 2001/08 英語
S. Kawai; S. Suzuki; S. Mori; K. Murata Molecular cloning and identification of UTR1 of a yeast Saccharomyces cerevisiae as a gene encoding an NAD kinase FEMS Microbiology Letters,200,2,181-184 2001/06/25 英語
J. Sato; K. Goto; F. Nanjo; S. Kawai; K. Murata Antifungal activity of plant extracts against Arthrinium sacchari and Chaetomium funicola Journal of Bioscience and Bioengineering,90,4,442-446 2000/10 英語
S. Kawai; S. Mori; T. Mukai; S. Suzuki; T. Yamada; W. Hashimoto; K. Murata Inorganic polyphosphate/ATP-NAD kinase of Micrococcus flavus and Mycobacterium tuberculosis H37Rv Biochemical and Biophysical Research Communications,276,1,57-63 2000/09/16 英語
K. Momma; W. Hashimoto; H.-J. Yoon; S. Ozawa; Y. Fukuda; S. Kawai; F. Takaiwa; S. Utsumi; K. Murata Safety Assessment of Rice Genetically Modified with Soybean Glycinin by Feeding Studies on Rats Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,64,9,1881-1886 2000/09 英語
W. Hashimoto; O. Miyake; K. Momma; S. Kawai; K. Murata Molecular identification of oligoalginate lyase of Sphingomonas sp. strain A1 as one of the enzymes required for complete depolymerization of alginate Journal of Bacteriology,182,16,4572-4577 2000/08 英語
K. Momma; W. Hashimoto; O. Miyake; H.-J. Yoon; S. Kawai; Y. Mishima; B. Mikami; K. Murata Special cell surface structure, and novel macromolecule transport/depolymerization system of Sphingomonas sp A1 Journal of Industrial Microbiology and Biotechnology,23,4-5,425-435 1999/10 英語
W. Hashimoto; E. Kobayashi; H. Nankai; N. Sato; T. Miya; S. Kawai; K. Murata Unsaturated glucuronyl hydrolase of Bacillus sp. GL1: Novel enzyme prerequisite for metabolism of unsaturated oligosaccharides produced by polysaccharide lyases Archives of Biochemistry and Biophysics,368,2,367-374 1999/08/15 英語
W. Hashimoto; H. Nankai; N. Sato; S. Kawai; K. Murata Characterization of α-L-rhamnosidase of Bacillus sp. GL1 responsible for the complete depolymerization of gellan Archives of Biochemistry and Biophysics,368,1,56-60 1999/08/01 英語
H. Nankai; W. Hashimoto; H. Miki; S. Kawai; K. Murata Microbial system for polysaccharide depolymerization: Enzymatic route for xanthan depolymerization by Bacillus sp. strain GL1 Applied and Environmental Microbiology,65,6,2520-2526 1999/06 英語
K. Momma; W. Hashimoto; S. Ozawa; S. Kawai; T. Katsube; F. Takaiwa; M. Kito; S. Utsumi; K. Murata Quality and safety evaluation of genetically engineered rice with soybean glycinin: Analyses of the grain composition and digestibility of glycinin in transgenic rice Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,63,2,314-318 1999/02 英語
W. Hashimoto; K. Momma; H. Miki; Y. Mishima; E. Kobayashi; O. Miyake; S. Kawai; H. Nankai; B. Mikami; K. Murata Enzymatic and genetic bases on assimilation, depolymerization, and transport of heteropolysaccharides in bacteria Journal of Bioscience and Bioengineering,87,2,123-136 1999/02 英語
W. Hashimoto; H. Miki; H. Nankai; N. Sato; S. Kawai; K. Murata Molecular cloning of two genes for β-D-glucosidase in Bacillus sp. GL1 and identification of one as a gellan-degrading enzyme Archives of Biochemistry and Biophysics,360,1,1-9 1998/12/01 英語
S. Kawai; H. Suzuki; K. Yamamoto; H. Kumagai Characterization of the L-malate permease gene (maeP) of Streptococcus bovis ATCC 15352 Journal of Bacteriology,179,12,4056-4060 1997/06 英語
S. Kawai; H. Suzuki; K. Yamamoto; M. Inui; H. Yukawa; H. Kumagai Purification and characterization of a malic enzyme from the ruminal bacterium Streptococcus bovis ATCC 15352 and cloning and sequencing of its gene Applied and Environmental Microbiology,62,8,2692-2700 1996/08 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国際学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
KAWAI Shigeyuki, MURATA Kousaku et al. When yeast meets mannitol: Tup1-Cyc8, prion, and biorefinery. 14th International Congress on Yeasts 2016/09 英語
MATSUOKA Fumiya, MURATA Kousaku, KAWAI Shigeyuki et al. Toward the production of ethanol from alginate by engineered Saccharomyces cerevisiae: mechanisms underlying DEH-assimilation and adaptive evolutions 14th International Congress on Yeasts 2016/09 英語
KASHIHARA Takayuki, MURATA Kousaku, KAWAI Shigeyuki et al. Productions of 2,3-butanediol and isobutanol by engineered Saccharomyces cerevisiae from marine macroalgal carbon source 14th International Congress on Yeasts 2016/09 英語
KAWAI Shigeyuki, MURATA Kousaku Productions of Fuels and Chemicals from Alginate and Mannitol, Promising Carbon Sources in Brown Macroalgae Metabolic Engineering 11 2016/06 英語
KAWAI Shigeyuki The NAD kinase and NAADP synthesis. Procedings of “2016 Jeju CD38 and NAD meeting (Jeju, Korea)”,20-21 2016/02 英語
KAWAI Shigeyuki Acquisition of the Ability to Assimilate Mannitol by Saccharomyces cerevisiae by Spontaneous Mutation in the Genes Encoding the General Corepressor Tup1–Cyc8. Yeast,32 (Supl.),S264 2015 英語
KAWAI Shigeyuki Phosphomimetic human mitochondrial NAD kinase implies that some phosphorylation events downregulate this enzyme in mitochondria. Procedings of “FASEB Science Research Conference, NAD Metabolism & Signaling (Timmendorfer Strand, Germany) 2015 英語
KAWAI Shigeyuki NAD(H) kinase: the key enzyme for NAD(H) & NADP(H) cross-talk. Procedings of “FASEB Science Research Conference, NAD Metabolism & Signaling (Eaglewood Resort & Spa, Chicago, IL, USA)” 2013 英語
KAWAI Shigeyuki, MURATA Kousaku et al. Production of the third generation bioethanol from mannitol, a promising renewable carbon source in marine biomass International Union of Microbiological Societies 2011 Congress (IUMS2011) 2011/09 英語
KAWAI Shigeyuki, MURATA Kousaku The transformation mechanism of yeast Saccharomyces cerevisiae The 2nd Kyoto U.-Korea U. Joint Symposium on Microbiology and Biotechnology 2007 英語
OHASHI Kazuto, KAWAI Shigeyuki, MURATA Kousak Novel pathways of NAD biosynthesis in budding yeast Saccharomyces cerevisiae. The 2nd Kyoto U.-Korea U. Joint Symposium on Microbiology and Biotechnology 2007 英語
FUKUDA Chuikako, KAWAI Shigeyuki, MURATA Kousaku Does homolog of inositol-1-phosphatase or fructose-1,6-bisphosphatase function as NADP(H) phosphatase in procaryotes and eucaryotes ? 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology,186-186 2006 英語
EMI Kono, KAWAI Shigeyuki, MURATA Kousaku Essential region of Pan1p required for endocytosis and transformation in Saccharomyces cerevisiae. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology,371 2006 英語
KAWAI Shigeyuki, MURATA Kousaku et al. NADP Phosphatase in Archaea and Eubacteria. Japan-Korea Joint Seminar on Microbial and Plant Biotechnology,14 2006 英語
KAWAI Shigeyuki, MURATA Kousaku et al. Identification and characterization of a novel enzyme: inorganic polyphosphate/ATP-NAD kinase of Micrococcus flavus. Fifth International Symposium on Environmental Biotechnology,153-153 2000 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
論文 > 国内学会
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
河井 重幸 微生物による海藻由来糖質からの有用化合物の生産:その背景と研究の現状 一般財団法人日本水産油脂協会 第27回水産油脂技術懇話会記録,1-15 2016 日本語
論文 > その他
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
KAWAI Shigeyuki Enzymatic and genetic studies on microbial NAD kinase and its application Kyoto University 2002/01 英語
KAWAI Shigeyuki Studies of the Streptococcus bovis malic enzyme and its related genes Kyoto University 1996/03 英語
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
河井重幸 出芽酵母Saccharomyces cerevisiaeにおけるキノリン酸の合成と細胞外分泌の分子機序 日本ビタミン学会第62回大会 2010 日本語
安藤卓哉, 落合秋人, 大橋一登, 三上文三, 河井重幸, 村田幸作 出芽酵母Pos5が強力なNADHキナーゼ活性を示し得る構造要因 生化学,ROMBUNNO.2T6P-17 2009/09/25 日本語
Shigeyuki Kawai Mitochondrial dysfunction downregulates TORC1 signaling in the yeast Saccharomyces cerevisiae 第82回日本生化学会大会 2009 英語
学会発表等 > 国内学会
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
河井 重幸 大型褐藻を原料とした酵母発酵へ向けて:褐藻多糖アルギン酸由来モノウロン酸DEH資化能の適応進化による向上 日本農芸化学会2017年度大会 2017/03 日本語
松岡史也, 柏原貴幸, 平山誠, 田中秀樹, 佐薙潤季, 橋本渉, 村田幸作, 河井重幸 出芽酵母における褐藻類由来糖質(アルギン酸とマンニトール)の代謝機序 日本生物工学会大会講演要旨集,68th,296 2016/08 日本語
田中秀樹, 村田幸作, 河井重幸 プリオンが新しい栄養環境での酵母細胞の生存を可能にする 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2016,2F054 (WEB ONLY) 2016/03 日本語
平山誠, 田中秀樹, 柏原貴幸, 松岡史也, 村田幸作, 河井重幸 褐藻類主要成分アルギン酸とマンニトールを原料とした出芽酵母を用いた有用化合物生産系の構築 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,493rd,15 2016/02 日本語
高木哲史, 松山明加, 佐藤優太, 早川享志, 河井重幸, 村田幸作, 奥公秀, 由里本博也, 阪井康能, 中川智行 出芽酵母のアセトアルデヒド耐性におけるNADPH供給系の役割 日本生物工学会大会講演要旨集,67th,289 2015/09 日本語
山代卓未, 河井重幸 放射線・紫外線耐性細菌Deinococcus radioduransのNAD(P)<sup>+</sup>還元活性 日本生物工学会大会講演要旨集,67th,283 2015/09 日本語
平山誠, 松岡史也, 村田幸作, 河井重幸 出芽酵母での細胞外発現を指向したエキソ型アルギン酸リアーゼの比較解析 日本生物工学会大会講演要旨集,67th,220 2015/09 日本語
田中秀樹, 柏原貴幸, 村田幸作, 河井重幸 出芽酵母によるマンニトールからのL‐乳酸の生産 日本生物工学会大会講演要旨集,67th,290 2015/09 日本語
川畑豊, 村田幸作, 河井重幸 ヒトのミトコンドリアNADキナーゼの活性に対する翻訳後リン酸化修飾の影響 ビタミン,89,4,250 2015/04 日本語
高木哲史, 松山明加, 佐藤優太, 早瀬未来, 早川享志, 河井重幸, 村田幸作, 奥公秀, 由里本博也, 阪井康能, 中川智行 出芽酵母のNADPH供給系はアセトアルデヒドストレス耐性機構において重要な役割を持つ 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2015,2A37A13 (WEB ONLY) 2015/03 日本語
川畑豊, 村田幸作, 河井重幸 ヒトのミトコンドリアNADキナーゼの細胞外環境に応答したリン酸化修飾 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2015,2F12P01 (WEB ONLY) 2015/03 日本語
川畑豊, 阪井裕貴, 村田幸作, 河井重幸 ヒトのミトコンドリアNADキナーゼのリン酸化修飾による活性制御 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,487th,6 2014/12 日本語
中條萌絵子, 村田幸作, 河井重幸 出芽酵母のCyc8‐Tup1転写コリプレッサーへの自然変異がマンニトール資化能獲得と耐塩性に与える影響 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2014,WEB ONLY 2A01A05 2014/03 日本語
高瀬隆一, 河井重幸, 橋本渉, 村田幸作 細菌のアルギン酸代謝に関わる新規なNADH要求性α‐ケト酸還元酵素 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,481st,52 2013/09 日本語
三上真一, 高瀬隆一, 村田幸作, 河井重幸 出芽酵母Saccharomyces cerevisiaeによるアルギン酸からのエタノールの生産 日本生物工学会大会講演要旨集,65th,139 2013/08 日本語
藤井麻理, 吉田志織, 村田幸作, 河井重幸 アルギン酸からのエタノール生産過程で分泌される毒性物質 日本生物工学会大会講演要旨集,65th,139 2013/08 日本語
吉岡彩, 村田幸作, 河井重幸 酢酸キナーゼのリン酸供与体選択性を決定する要因 日本生物工学会大会講演要旨集,65th,120 2013/08 日本語
吉田志織, 三上真一, 織田浩司, 村田幸作, 河井重幸 海洋バイオマス主成分アルギン酸からのピルビン酸生産性の向上 日本生物工学会大会講演要旨集,65th,139 2013/08 日本語
川畑豊, 大橋一登, 村田幸作, 河井重幸 ヒト由来ミトコンドリア局在性NADキナーゼ(C5orf33)の生理機能 ビタミン,87,4,212 2013/04 日本語
川畑 豊, 大橋 一登, 村田 幸作, 河井 重幸 1-IV-1 ヒト由来ミトコンドリア局在性NADキナーゼ(C5orf33)の生理機能(一般演題要旨,第65回大会講演要旨) ビタミン,87,4 2013/04 日本語
河井重幸, 中道優介, 吉岡彩, 村田幸作 リン酸化酵素の先祖返り~化石ポリマー(ポリリン酸)利用能の産業への応用~ 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2013,WEB ONLY 4SY06-1 2013/03 日本語
河井重幸, 大橋一登, 吉田志織, 藤井麻理, 佐藤信行, 村田幸作 マリンバイオリファイナリー:Sphingomonas sp.A1株によるアルギン酸からのピルビン酸の生産 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2013,WEB ONLY 2C11A09 2013/03 日本語
川畑豊, 大橋一登, 河井重幸, 村田幸作 ヒト由来ミトコンドリア局在性NADキナーゼ遺伝子のノックダウンの影響 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2013,WEB ONLY 2A37A08 2013/03 日本語
吉田志織, 藤井麻理, 大橋一登, 三上真一, 河井重幸, 村田幸作 エタノール生産性Sphingomonas sp.A1によるアルギン酸からのエタノール生産に対する溶存酸素濃度の影響 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2013,WEB ONLY 2C11A08 2013/03 日本語
中條萌絵子, 村田幸作, 河井重幸 出芽酵母コリプレッサーTup1のマンニトール資化能獲得における役割 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web),36th,WEB ONLY 1P-0296 2013 日本語
川畑豊, 村田幸作, 河井重幸 ヒトのNADキナーゼのグルタチオン化 日本生化学会大会(Web),86th,WEB ONLY 2P-156 2013 日本語
河井重幸, 大橋一登, 川畑豊, 村田幸作 ヒトのミトコンドリアNADP<sup>+</sup>合成酵素発見のインパクト 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,476th,39 2012/09 日本語
藤井 麻理, 吉田 志織, 柳澤 満則, 河井 重幸, 村田 幸作 4Ip05 エタノール生産性Sphingomonas sp. A1によるアルギン酸からのエタノール生産過程で生成する生育阻害物質(バイオマス,資源,エネルギー工学,一般講演) 日本生物工学会大会講演要旨集,64 2012/09 日本語
高瀬 隆一, 橋本 渉, 河井 重幸, 村田 幸作 4Ip04 NAD(H)駆動型エタノール生産性Sphingomonas属細菌A1株の構築(バイオマス,資源,エネルギー工学,一般講演) 日本生物工学会大会講演要旨集,64 2012/09 日本語
河井 重幸, 太田 安里, 三上 真一, 村田 幸作 3Ip09 出芽酵母のCyc8-Tup1転写コリプレッサー成分Tup1への一塩基変異がマンニトール資化能とフロキュレーション能の自然獲得を引き起こす(醸造学,醸造工学/ペプチド工学,一般講演) 日本生物工学会大会講演要旨集,64 2012/09 日本語
井戸川 奈生, 河井 重幸, 村田 幸作 3Dp21 植物内生窒素固定酢酸菌Gluconacetobacter diazotrophicusが合成する細胞外多糖様物質(遺伝子工学,一般講演) 日本生物工学会大会講演要旨集,64 2012/09 日本語
吉岡 彩, 河井 重幸, 村田 幸作 3Cp18 酢酸キナーゼのエネルギー担体利用性(酵素学,酵素工学,一般講演) 日本生物工学会大会講演要旨集,64 2012/09 日本語
中道 優介, 河井 重幸, 村田 幸作 3Cp17 一残基のアミノ酸がNADP^+合成酵素のポリリン酸利用能を決定する(酵素学,酵素工学,一般講演) 日本生物工学会大会講演要旨集,64 2012/09 日本語
河井 重幸, 大橋 一登, 村田 幸作 2-V-8 ヒト由来新規ミトコンドリア局在性NADキナーゼC5orf33の機能(一般演題要旨,日本ビタミン学会第64回大会講演要旨) ビタミン,86,4 2012/04 日本語
藤井麻理, 柳澤満則, 河井重幸, 村田幸作 エタノール生産性Sphingomonas sp.A1株によるアルギン酸からのバイオエタノール生産過程 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2012,WEB ONLY 4B03A04 2012/03 日本語
河井重幸, 太田安里, 柳澤満則, 村田幸作 出芽酵母のマンニトール資化能とフロキュレーション能の自然獲得 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2012,WEB ONLY 4B03A05 2012/03 日本語
吉岡彩, 河井重幸, 村田幸作 アメーバ由来新規ピロリン酸依存酢酸キナーゼ:アセチルリン酸の生産とATP再生系構築への展望 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),2012,WEB ONLY 2C23P17 2012/03 日本語
河井重幸, 大橋一登, 川畑豊, 村田幸作 ミトコンドリアの還元力供給の鍵酵素:ヒトのミトコンドリア局在性NADP<sup>+</sup>合成酵素の同定 日本生化学会大会(Web),85th,WEB ONLY 2T07-10 2012 日本語
河井重幸, 大橋一登, 村田幸作 出芽酵母によるNAD<sup>+</sup>合成系中間体キノリン酸の分泌と再利用 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,471st,64 2011/10 日本語
大橋一登, 河井重幸, 村田幸作 出芽酵母NADHキナーゼPos5がNADHとNAD<sup>+</sup>を識別する構造要因 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,471st,43 2011/10 日本語
大橋 一登, 吉岡 彩, 河井 重幸, 村田 幸作 2Da06 ヒト新奇NADキナーゼ候補C5orf33の生理機能(酵素学・酵素工学,一般講演) 日本生物工学会大会講演要旨集,63 2011/08 日本語
河井重幸, PHAM Tuan Anh, 村田幸作 酢酸リチウムと一本鎖DNAが出芽酵母の形質転換へ及ぼす相乗効果の可視化 日本生物工学会大会講演要旨集,63rd,46 2011/08 日本語
大橋一登, 吉岡彩, 河井重幸, 村田幸作 ヒト新奇NADキナーゼ候補C5orf33の生理機能 日本生物工学会大会講演要旨集,63rd,133 2011/08 日本語
藤原広樹, 河井重幸, 村田幸作 出芽酵母の高濃度酸素防御におけるTsa1とミトコンドリア呼吸鎖の重要性 日本生物工学会大会講演要旨集,63rd,67 2011/08 日本語
天本隆太, 井戸川奈生, 河井重幸, 村田幸作 エンドファイティック窒素固定酢酸菌Gluconacetobacter diazotorophicusのリン酸依存的生育挙動 日本生物工学会大会講演要旨集,63rd,152 2011/08 日本語
太田安里, 藤井麻里, 河井重幸, 村田幸作 酵母によるマンニトールからのバイオエタノールの生産 日本生物工学会大会講演要旨集,63rd,114 2011/08 日本語
河井重幸, 大橋一登, 村田幸作 出芽酵母によるキノリン酸の細胞外への分泌とその再利用の生理的意義 ビタミン,85,4,222 2011/04 日本語
竹田浩之;米山史紀;河井重幸;橋本渉;佐藤信行;村田幸作 体腔形成細菌の分子育種による海洋バイオマスアルギン酸からのエタノール生産 日本農芸化学会大会講演要旨集,2011,169 2011/03 日本語
太田安里, 河井重幸, 村田幸作 マンニトールからエタノールを生産する酵母の探索 日本農芸化学会大会講演要旨集,2011,170 2011/03 日本語
大橋一登, 河井重幸, 村田幸作 ヒト機能未知タンパク質C5orf33の機能解析 日本農芸化学会大会講演要旨集,2011,40 2011/03 日本語
天本隆太, 河井重幸, 村田幸作 エンドファイティック窒素固定酢酸菌Gluconacetobacter diazotorophicusの窒素源非含有固体培地における生育挙動 日本農芸化学会大会講演要旨集,2011,107 2011/03 日本語
藤原広樹, 河井重幸, 村田幸作 高濃度酸素ガスへの応答と防御における出芽酵母Srx1/Tsa1の役割 日本農芸化学会大会講演要旨集,2011,266 2011/03 日本語
河井重幸, 安藤卓哉, 大橋一登, 落合秋人, 三上文三, 村田幸作 出芽酵母Pos5が高いNADHキナーゼ活性を示す構造要因 日本農芸化学会大会講演要旨集,2011,40 2011/03 日本語
河井重幸 出芽酵母de novo NAD+合成系の新規な側面 日本生物工学会平成22年度大会(第62回) 2010 日本語
河井重幸 出芽酵母の高濃度酸素ガスに対する応答機序 日本農芸化学会2010年度大会 2010 日本語
河井重幸 出芽酵母によるNAD+合成系中間体キノリン酸の細胞外への分泌 日本農芸化学会2010年度大会 2010 日本語
河井重幸 ヒトNADキナーゼの還元型補酵素による活性制御 日本農芸化学会2010年度大会 2010 日本語
大橋一登, 河井重幸, 村田幸作 出芽酵母Saccharomyces cerevisiaeのNAD合成系における新規キノリン酸利用経路 ビタミン,83,4,181 2009/04 日本語
加畑倫子, 河井重幸, 村田幸作 出芽酵母の窒素ガスおよび高濃度酸素ガス応答のマイクロアレイ解析 日本農芸化学会大会講演要旨集,2009,245 2009/03 日本語
宮城光, 河井重幸, 村田幸作 出芽酵母Saccharomyces cerevisiaeのミトコンドリアNADPH合成系 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,458th,10 2009 日本語
大橋一登, 輿水麻里, 河井重幸, 村田幸作 ヒトNADキナーゼの発現系の構築と機能解析 日本農芸化学会大会講演要旨集,2008,47 2008/03 日本語
宮城光, 河井重幸, 村田幸作 出芽酵母のミトコンドリアNADPH供給系の解析 日本農芸化学会大会講演要旨集,2008,89 2008/03 日本語
輿水麻里, 大橋一登, 河井重幸, 村田幸作 ヒトNADキナーゼの性質および活性制御 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,453rd,1 2008 日本語
河井重幸 出芽酵母Saccharomyces cerevisiaeの新規salvage経路とそのサイレンシングへの影響 日本生物工学会平成20年度大会(第60回) 2008 日本語
河井重幸, 村田幸作 出芽酵母の形質転換における細胞壁の重要性 日本生物工学会大会講演要旨集,59th,116 2007/08 日本語
大橋一登, 河井重幸, 村田幸作 出芽酵母Saccharomyces cerevisiaeにおける新規なNAD生合成系路 日本生物工学会大会講演要旨集,59th,153 2007/08 日本語
河野惠美, 河井重幸, 村田幸作 酵母Saccharomyces cerevisiaeエンドサイトーシス関連タンパクPan1pのin vivoにおける機能解析 日本農芸化学会大会講演要旨集,2007,173 2007/03 日本語
宮城光, 河井重幸, 村田幸作 NADHキナーゼ活性は生理的に必須か否か? 日本農芸化学会大会講演要旨集,2007,39 2007/03 日本語
大橋一登, 河井重幸, 村田幸作 酵母Saccharomyces cerevisiaeの呼吸欠損株の同定 日本農芸化学会大会講演要旨集,2007,180 2007/03 日本語
河井重幸 微生物NADキナーゼの構造と機能に関する研究 日本農芸化学会大会講演要旨集,2007,JU23-JU24 2007/03 日本語
福田知加子, 河井重幸, 村田幸作 大腸菌のNADP(H)フォスファターゼ候補遺伝子cysQ変異株の解析 日本農芸化学会大会講演要旨集,2007,39 2007/03 日本語
宮城光, 河井重幸, 村田幸作 酵母Saccharomyces cerevisiaeにおけるNADHキナーゼ活性の必須性 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,451st,57 2007 日本語
河井重幸, 河野惠美, 村田幸作 電子顕微鏡による酵母の形質転換(DNAの取り込みと核への輸送)過程の観察 日本生物工学会大会講演要旨集,58th,136 2006/08 日本語
福田知加子, 河井重幸, 村田幸作 イノシトールモノフォスファターゼ・フルクトース‐1,6‐ビスフォスファターゼ関連タンパク質はNADP(H)フォスファターゼ活性を示すか? 日本生物工学会大会講演要旨集,58th,112 2006/08 日本語
福田知加子, 河井重幸, 森茂太郎, 三上文三, 村田幸作 イノシトールモノフォスファターゼ/フルクトース‐1,6‐ビスフォスファターゼ/NADPフォスファターゼの祖先タンパク質:古細菌Methanococcus jannaschii由来MJ0109の構造と機能 日本農芸化学会大会講演要旨集,2006,297 2006/03 日本語
河井重幸, 河野惠美, 村田幸作 酵母Saccharomyces cerevisiaeの形質転換過程の可視化 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,2006,34 2006 日本語
河井重幸, 福田知加子, 村田幸作 超好熱性古細菌と真正細菌由来NADPフォスファターゼの構造・進化相関 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,444th,3 2006 日本語
河井 重幸, 森 茂太郎, 史 鋒, 三上 文三, 村田 幸作 1E14-5 NADキナーゼの構造とリン酸受容体特異性との相関(生物化学工学,一般講演) 日本生物工学会大会講演要旨集,17 2005/09 日本語
内海孝昭, 河井重幸, 河野恵美, PHAM Tuan Anh, 村田幸作 酵母の形質転換機構:pde2,spf1,pmr1の解析 日本生物工学会大会講演要旨集,2005,58 2005/09 日本語
河野恵美, 河井重幸, 内海孝昭, PHAM Tuan anh, 村田幸作 酵母Pan1pの形質転換とエンドサイトーシスにおける機能 日本生物工学会大会講演要旨集,2005,58 2005/09 日本語
福田知加子, 河井重幸, 村田幸作 Methanococcus jannaschii由来新規NADPフォスファターゼ/NADキナーゼ融合タンパク質MJ0917の機能解析 日本生物工学会大会講演要旨集,2005,147 2005/09 日本語
河井重幸, 森茂太郎, SHI Feng, 三上文三, 村田幸作 NADキナーゼの構造とリン酸受容体特異性との相関 日本生物工学会大会講演要旨集,2005,146 2005/09 日本語
PHAM Tuan anh, KAWAI Shigeyuki, KONO Emi, UTSUMI Takaaki, MURATA Kousaku 2A09-3 Study on transformation of yeast Saccharomyces cerevisiae by a fluorescent visualization of DNA/YOYO-1 complex 日本生物工学会大会講演要旨集,17 2005/09 英語
河野恵美, 河井重幸, 内海孝昭, PHAM Tuan Anh, 村田幸作 酵母Saccharomyces cerevisiaeの形質転換機構:Pan1pの形質転換とエンドサイトーシスにおける役割 日本農芸化学会大会講演要旨集,2005,55 2005/03 日本語
内海孝昭, 河井重幸, 河野恵美, PHAM Tuan Anh, 村田幸作 高い形質転換能を示す酵母の分子育種 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,2005,45 2005 日本語
河野恵美, 河井重幸, 内海孝昭, PHAM Tuan Anh, 村田幸作 酵母の形質転換とエンドサイトーシスにおけるPan1pの機能 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,2005,45 2005 日本語
森茂太郎, 河井重幸, 史峰, 三上文三, 村田幸作 立体構造情報に基づくNADキナーゼからNADHキナーゼへの機能変換 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,439th,7 2005 日本語
森茂太郎, 河井重幸, 三上文三, 村田幸作 結核菌由来ポリリン酸/ATP‐NADキナーゼの構造機能相関 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,2004,50 2004/10 日本語
向井貴子, 河井重幸, 森茂太郎, 三上文三, 村田幸作 ポリリン酸/ATP‐グルコマンノキナーゼの高次構造とキナーゼの進化 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,2004,50 2004/10 日本語
森茂太郎, 河井重幸, 三上文三, 村田幸作 結核菌由来NAD kinaseの高次構造決定 日本生物工学会大会講演要旨集,2004,125 2004/08 日本語
向井貴子, 河井重幸, 森茂太郎, 三上文三, 村田幸作 細菌由来ポリリン酸/ATP‐グルコマンノキナーゼのX線結晶構造解析 日本生物工学会大会講演要旨集,2004,125 2004/08 日本語
河井重幸, PHAM Tuan Anh, 内海孝昭, 河野恵美, 村田幸作 酵母はエンドサイトーシスによりDNAを取り込むのか? 日本生物工学会大会講演要旨集,2004,139 2004/08 日本語
PHAM TUAN ANH, KAWAI SHIGEYUKI, UTSUMI TAKAAKI, KONO EMI, MURATA KOUSAKU Function of polyethylene glycol in yeast transformation 日本生物工学会大会講演要旨集,2004,139 2004/08 英語
SHI FENG, KAWAI SHIGEYUKI, MURATA KOUSAKU Three NAD kinases of Saccharomyces cerevisiae 日本生物工学会大会講演要旨集,2004,125 2004/08 英語
河井重幸, PHAM T A, 内海孝昭, 村田幸作 酵母の形質転換機構 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,434th,5 2004/05 日本語
向井貴子, 森茂太郎, 河井重幸, 三上文三, 村田幸作 細菌ポリリン酸/ATP‐グルコマンノキナーゼの立体構造 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,434th,4 2004/05 日本語
河井重幸, TUAN A P, HA T N, 南海浩一, 福田泰樹, 村田幸作 酵母Saccharomyces cerevisiaeは如何にしてDNAを取り込むか?:約5,000株の網羅的解析で分かったこと 日本農芸化学会大会講演要旨集,2004,174 2004/03 日本語
森茂太郎, 河井重幸, 井上文三, 村田幸作 結核菌由来ポリリン酸/ATP‐NADキナーゼの高次構造と機能の解析 日本農芸化学会大会講演要旨集,2004,114 2004/03 日本語
森茂太郎, 河井重幸, 落合秋人, 三上文三, 村田幸作 結核菌NADキナーゼの高次構造決定と機能との相関 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,2003,55 2003/10 日本語
森茂太郎, 河井重幸, 向井貴子, 三上文三, 村田幸作 結核菌由来NADキナーゼの構造機能相関 日本生物工学会大会講演要旨集,2003,54 2003/08 日本語
葉山善幸, 南海浩一, 福田泰樹, 河井重幸, 橋本渉, 村田幸作 酵母形質転換機構: DNA取り込みタンパク質と遺伝子の解析 日本農芸化学会大会講演要旨集,2003,177 2003/03 日本語
向井貴子, 松川寛和, 松尾雄志, 河井重幸, 村田幸作 Arthrobacter sp. strain KM株由来新規ポリリン酸依存グルコマンノキナーゼの機能,一次構造,及び大量発現 日本農芸化学会大会講演要旨集,2003,185 2003/03 日本語
橋本渉, 三島由美子, 三宅統, 岡本雅子, いん恵珍, 門間敬子, 河井重幸, 三上文三, 村田幸作 Sphingomonas sp. Alのゲノム(染色体・プラスミド)の全塩基配列 日本農芸化学会大会講演要旨集,2003,159 2003/03 日本語
河井重幸, 村田幸作 Arthrobacter sp. KM株のNADP分解系: 新規NADP特異的フォスファターゼの精製と性質 日本農芸化学会大会講演要旨集,2003,186 2003/03 日本語
河井重幸, 葉山善幸, 福田泰樹, 南海浩一, 橋本渉, 村田幸作 酵母の新規形質転換法と形質転換現象の解析 日本生物工学会大会講演要旨集,2002,59 2002/09 日本語
向井貴子, 河井重幸, 橋本渉, 村田幸作 生化学エネルギーの進化と代謝 Arthrobacter属細菌KM株由来新規ポリリン酸グルコキナーゼとポリリン酸マンノキナーゼの諸性質 日本農芸化学会大会講演要旨集,2002,301 2002/03 日本語
葉山善幸, 河井重幸, 福田泰樹, 橋本渉, 村田幸作 酵母の自然形質転換現象の解析と高効率形質転換法の確立 日本農芸化学会大会講演要旨集,2002,288 2002/03 日本語
河井重幸, 森茂太郎, 向井貴子, 松川寛和, 松尾雄志, 村田幸作 細菌由来新規ポリリン酸/ATP‐NADキナーゼを用いたNADP生産の工業化 日本生物工学会大会講演要旨集,2001,255 2001/09 日本語
河井重幸, 森茂太郎, 向井貴子, 三上文三, 村田幸作 ポリリン酸/ATP‐NADキナーゼの特性,構造,進化 日本農芸化学会誌,75,8,928 2001/08 日本語
鈴木佐知子, 森茂太郎, 向井貴子, 河井重幸, 村田幸作 大腸菌・酵母のNADキナーゼとその遺伝子 日本農芸化学会誌,75,4,525-526 2001/04 日本語
河井重幸, 森茂太郎, 向井貴子, 村田幸作 ATP及びポリリン酸依存型NADキナーゼの構造と性質 日本農芸化学会誌,75,303 2001/03 日本語
河井重幸, 森茂太郎, 村田幸作 細菌のリン酸重合体依存酵素の機能解析によるタンパク質とエネルギー担体の進化 日本農芸化学会誌,75,1,111-112 2001/01 日本語
鈴木佐知子, 森茂太郎, 向井貴子, 河井重幸, 村田幸作 大腸菌・酵母のNADキナーゼとその遺伝子 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,416th,33 2000/10 日本語
山本憲二, 河井重幸, 樫内賀子, 和田潤, 熊谷英彦 ラクトバチルス属乳酸菌は表層タンパク質を介して糖鎖に接着する 日本生物工学会大会講演要旨集,2000,372 2000/07 日本語
河井重幸, 森茂太郎, 村田幸作 タンパク質・遺伝子・エネルギー担体の進化 NADキナーゼとグルコキナーゼ 日本生物工学会大会講演要旨集,2000,10 2000/07 日本語
河井重幸, 森茂太郎, 村田幸作 細菌のリン酸重合体依存酵素の機能解析によるタンパク質とエネルギー担体の進化 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,414th,3 2000/05 日本語
河井重幸, 森茂太郎, 橋本渉, 村田幸作 ポリリン酸はATPに代わり得るか? Micrococcus flavusの新規NADキナーゼについて ビタミン,74,4,224 2000/04 日本語
橋本渉, 三宅統, 門間敬子, 河井重幸, 村田幸作 Sphingomonas sp.A1の高分子資化 アルギン酸低分子化に関わる新規酵素(不飽和アルゴアルギン酸リアーゼ)の諸性質 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,411th,52 1999/10 日本語
南海浩一, 三木照, 河井重幸, 橋本渉, 村田幸作 キサンタン分解に関わるBacillus sp.GL1のα‐D‐マンノシダーゼの特異構造と遺伝子 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,409th,6 1999/05 日本語
門間敬子, 三島由美子, 河井重幸, 橋本渉, 村田幸作 Sphingomonas sp.A1の細胞表層構造と新規高分子取り込み機構(ABCトランスポーター) 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,409th,5 1999/05 日本語
門間敬子, 岡本雅子, 三島由美子, 河井重幸, 橋本渉, 村田幸作 高分子取り込みに関与する細菌の新規なABCトランスポーター 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集,21st,487 1998/11 日本語
橋本渉, 三宅統, 河井重幸, 久野智弘, 榊原裕之, 鈴木健彦, 村田幸作 細菌(Sphingomonas sp.A1)アルギン酸リアーゼのタンパク質工学と免疫化学的特性 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,406th,42 1998/10 日本語
橋本渉, 小林英子, 河井重幸, 村田幸作 不飽和ウロン酸に作用するBacillus sp.GL1の新規グリコシダーゼ 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,406th,49 1998/10 日本語
河井重幸, 橋本渉, 村田幸作 ATPとリン酸重合体を基質とするMicrococcus flavus由来のキナーゼ 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,406th,42 1998/10 日本語
南海浩一, 三木照, 河井重幸, 橋本渉, 村田幸作 Bacillus sp.GL1のキサンタン分離に関わるマンノシダーゼの性質と遺伝子 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,406th,49 1998/10 日本語
橋本 渉, 小林 英子, 佐藤 信行, 河井 重幸, 村田 幸作 1077 Bacillus sp. GL1が生産するゲランの完全分解に関わる全酵素・遺伝子群の解析 日本生物工学会大会講演要旨集,10 1998/08 日本語
山本 憲二, 河井 重幸, 樫内 賀子, 嶋村 恭子, 熊谷 英彦 S64 糖鎖を介した乳酸菌の細胞接着と菌体表層タンパク質 日本生物工学会大会講演要旨集,10 1998/08 日本語
河井 重幸, 鈴木 秀之, 山本 憲二, 熊谷 英彦 1.Streptococcus bovisのMalate Permeaseの機能解析 : ビタミンB研究委員会第359回会議研究発表要旨 ビタミン,71,10,497-498 1997/10 日本語
河井 重幸, 鈴木 秀之, 山本 憲二, 熊谷 英彦 ルーメンバクテリアStreptococcus bovis の malic enzyme と malate permease 日本乳酸菌学会誌 = Journal of Japan Society for Lactic Acid Bacteria,8,1 1997/09 日本語
山本 憲二, 河井 重幸, 嶋村 恭子, 三輪 拓也, 熊谷 英彦 212 Lactobacillus属乳酸菌の糖脂質に対する接着と細胞表層に存在する糖鎖受容タンパク質 日本生物工学会大会講演要旨集,9 1997/09 日本語
鈴木 秀之, 河井 重幸, 山本 憲二, 乾 将行, 湯川 英明, 熊谷 英彦 乳酸菌Streptococcus bovis のリンゴ酸酵素遺伝子の上流遺伝子の解析 : 微生物 日本農藝化學會誌,70,0 1996/03 日本語
鈴木秀之, 河井重幸, 山本憲二, 乾将行, 湯川英明, 熊谷英彦 Streptococcus bovis由来のmalic enzyme遺伝子のクローニングと構造解析 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集,391st,42 1995/10 日本語
河井 重幸, 鈴木 秀之, 山本 憲二, 熊谷 英彦 乳酸菌Streptococcus bovis由来リンゴ酸酵素の分岐ケト酸還元活性 : 微生物 日本農藝化學會誌,69,0 1995/07 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
The NAD kinase and NAADP synthesis. [Invited] 2016 Jeju CD38 and NAD meeting 2016/02/17 英語
ATP再生系基質アセチルリン酸の高生産を指向した酢酸キナーゼへのピロリン酸利用能の賦与 [招待あり] 天野エンザイム株式会社 第15回酵素応用シンポジウム 2014/06/13 日本語
巨大褐藻類を原料とする有用バルクケミカル発酵生産技術の開発 [招待あり] 日本農芸化学会2014年度大会2014年度産学官学術交流委員会フォーラム 第11回  農芸化学研究企画賞受賞者研究企画発表会 2014/03 日本語
NAD(H) kinase: the key enzyme for NAD(H) & NADP(H) cross-talk [Invited] FASEB Science Research Conference FASEB 2013/07/15 英語
微生物NADキナーゼの構造と機能に関する研究 [招待あり] 日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集 2007 日本語
The transformation mechanism of yeast Saccharomyces cerevisiae. [Invited] The 2nd Kyoto U.-Korea U. Joint Symposium on Microbiology and Biotechnology 2007 英語
NADP Phosphatase in Archaea and Eubacteria [Invited] Japan-Korea Joint Seminar on Microbial and Plant Biotechnology 2006/07/03 英語
酵母は如何にしてDNAを取り込むか? [招待あり] 第16回 酵母合同シンポジウム 2004/06/04 日本語
酵母Saccharomyces cerevisiaeの新規形質転換法 [招待あり] 第58回酵母研究会 2003/03/06 日本語
講演等 > パネル
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
酸化還元系制御細菌による海洋バイオマスからの実用的エタノール生産 [招待あり] FIRST シンポジウム「科学技術が拓く2030 年」 2014/03/01 日本語
リン酸化酵素の先祖返り 〜化石ポリマー(ポリリン酸)利用能の産業への応用〜 [招待あり] 日本農芸化学会2013年度大会 シンポジウム グリーンポリマー関連酵素における分子機能創出の方法と応用 2013/03/27 日本語
講演等 > 一般講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
微生物による海藻由来糖質からの有用化合物の生産:その背景と研究の現状 [招待あり] 第27回水産油脂技術懇話会 2016/06/24 日本語
When yeast meets mannitol: Tup1-Cyc8, prion, and biorefinery. 14th International Congress on Yeasts 2016/06 英語
巨大褐藻類を原料とする有用バルクケミカル発酵生産技術の開発 [招待あり] 日本農芸化学会2016年度大会2016年度 産学官学術交流委員会フォーラム 2016/03 日本語
巨大褐藻類を原料とする有用バルクケミカル発酵生産技術の開発 [招待あり] 日本農芸化学会2015年度大会2015年度産学官学術交流委員会フォーラム 第11回 農芸化学研究企画賞受賞者中間報告会 2015/03 日本語
最先端の「海の幸」 京都大学アカデミックデイ-京都大学の研究者とあなたで語り合う日- 2013/12/21 日本語
海洋バイオマスからの有用物質ピルビン酸の生産 ネイチャー・インダストリー・アワード〜若手研究者からの発信〜 2013/11/20 日本語
海洋バイオマスからのバイオエタノールの生産戦略 [招待あり] 京都大学農学研究科 2012シーズ発表会(農林水産技術会議事務局筑波事務所) 2012/11/30 日本語
海洋バイオマスからの実用的エタノール生産 ネイチャー・インダストリー・アワード〜若手研究者からの発信〜 2012/11/20 日本語
微生物のちからで海藻から燃料をつくる 京都大学アカデミックデイ-みんなで対話する京都大学の日- 2012/09/02 日本語
キノリン酸の利用ならびに合成に着目した出芽酵母の新規NAD合成経路 [招待あり] 公益財団法人 発酵研究所 第6回助成研究報告会 2012/06/07 日本語
海藻からバイオ燃料を大量につくる 科学・技術フェスタin京都2011 2011/12/16 日本語
酵母Saccharomyces cerevisiaeの形質転換機構 生研機構中間討論会 細菌「超チャネル」の構造生物学的解析と環境浄化型「スーパー細菌」の創製 2003/09/19 日本語
構造生物学的アプローチに基づいたポリリン酸の物質生産への応用 京都大学IICフェア 2002/11/26 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
著書等 > 著書
著者名 タイトル 出版社等 年月 言語
河井 重幸 第5章 代謝 1. 代謝と化学エネルギー 応用微生物学 第3版(横田 篤,大西康夫,小川 順 編) 文永堂出版 2016/07
Shigeyuki Kawai & Kousaku Murata Transformation of Saccharomyces cerevisiae: spheroplast method. Genetic transformation systems in fungi, Volume 1 (Marco A. van den Berg, Karunakaran Maruthachalam eds.), Springer 2015 英語
Shigeyuki Kawai & Kousaku Murata Transformation of intact cells of Saccharomyces cerevisiae: original and modified lithium methods, and possible underlying mechanism. Genetic transformation systems in fungi, Volume 1 (Marco A. van den Berg, Karunakaran Maruthachalam eds.), Springer 2015 英語
河井重幸、村田幸作 大型海藻(褐藻類)からのエタノール生産 リサイクルバイオテクノロジーの最前線(植田充美 監修)シーエムシー出版, 東京, 43-49 2013
河井重幸 ポリリン酸の良い話 未来をつくるバイオ 酒づくりから再生医療まで60話 (社団法人 日本生物工学会 編) 学新出版, 大阪, 114-115 2008 日本語
村田幸作、橋本 渉、 河井重幸 4章 微生物の細胞構造 遺伝子から見た応用微生物学 (熊谷英彦、加藤暢夫、村田幸作、阪井康能編)朝倉書店, 東京, 55-77 2008 日本語
河井重幸、村田幸作 発酵生産. 培養法. 農芸化学の事典(鈴木昭憲、荒井綜一 編集) 朝倉書店朝倉書店, 東京, 579-580 2003 日本語
特許
発明者名 タイトル 審査の段階 番号 年月
村田 幸作, 河井 重幸, 佐藤 信行 アルギン酸からのピルビン酸の生産法 特許登録 特許第5820441号 2015/10/09
村田 幸作, 河井 重幸, 織田 浩司, 庵原 啓司 酵母を用いたマンニトールからのエタノール生産 特許登録 特許US 8,765,427 B2 2014/07/01
村田 幸作, 橋本 渉, 河井 重幸, 織田 浩司, 庵原 啓司, 三上 文三, 竹田 浩之, 米山 史紀, 落合 秋人 海洋バイオマスからのエタノール生産 特許登録 特許第4845070号 2011/10/21
河井 重幸, 村田 幸作, 松川 寛和, 冨迫 昭一, 安藤 与志夫, 松尾 雄志 ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸(NADP)の製造方法 特許登録 特許第4088251号 2008/02/29
村田 幸作, 橋本 渉, 河井 重幸, 葉山 善幸, 福田 泰樹 酵母の形質転換方法 特許登録 特許3682530 2005/06/03
村田 幸作, 河井 重幸, 南条 文雄, 深井 克彦 無菌充填包装される飲食品の製造方法 特許登録 特許第3331336号 2002/07/19
村田 幸作, 河井 重幸, 中道 優介, 内田 浩二, 野々部 昌継 ATP依存キナーゼにポリリン酸利用能を付与する方法 特許公開 特開2014-135930 2014/07/28
村田 幸作, 橋本 渉, 河井 重幸, 織田 浩司, 庵原 啓司, 三上 文三, 竹田 浩之, 米山 史紀, 落合 秋人 海洋バイオマスからのエタノール生産 特許公開 WO2011-024858 2011/03/03
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
第10回 論文賞 日本生物工学会 2002/10/
第6回 酵素応用シンポジウム研究奨励賞 酵素応用シンポジウム 2005/06/
農芸化学奨励賞 日本農芸化学会 2007/03/
2011年度大会 トピックス賞 日本農芸化学会 2011/03/
2012年度大会 トピックス賞 日本農芸化学会 2012/03/
2013年度大会 トピックス賞 日本農芸化学会 2013/03/
第11回農芸化学研究企画賞 日本農芸化学会 2014/03/
第15回 酵素応用シンポジウム研究奨励賞 酵素応用シンポジウム 2014/06/
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
奨励A 代表 コリネ型細菌におけるリン酸重合体依存キナーゼの役割とその構造・機能相関の解明 Elucidation of the role and structure-function relationship of inorganic polyphosphate-dependent kinase in Coryneform bacteria 1999〜2000
特定領域研究(A) 分担 細菌細胞表層における体腔形成機構と体腔の高分子輸送機構 Mechanism underlying the establishment of Pit structure on bacterial cellular surface and the transport of macromolecules 1999〜1999
基盤研究(B) 分担 多触媒中心酵素の生合成と構造・機能相関に基づく遺伝情報多重性の解析 Structure/function analysis of abundance and transmission mechanism of genetic information involved in the biosynthesis of multi-catalytic site enzyme 1999〜2001
萌芽 分担 DNA分子の戦略的生存システムの解析と応用 Analysis and application of the system for strategical survival of DNA 2000〜2001
奨励A 代表 NADPの合成と分解に関わる細菌酵素の性状とその進化過程の解析 Analysis of the properties of bacterial enzymes for biosynthesis and degradation of NADP and its evolution 2001〜2002
若手B 代表 微生物におけるエネルギー代謝酵素の進化と構造機能相関解析 Evolution and structure-function analysis for energy metabolizing-enzyme in microbes 2003〜2005
萌芽研究 分担 酵母の形質転換(DNA輸送)機構の解明 Elucidation of the mechanism underlying transformation, a delivery of DNA, of yeast 2004〜2005
若手研究(B) 代表 細胞外環境に応答したNADP(H)/NAD(H)比制御の分子機構と生理的意義 Molecular mechanism and physiological function of the regulation of NAD(H) and NADP(H) corresponding to the extracellular environment 2007〜2007
若手研究(B) 代表 出芽酵母におけるNADP(H)合成および分解系の制御機構 The mechanism underlying the regulation of biosynthesis and degradation of NADP(H) in Saccharomyces cerevisiae 2009〜2010
挑戦的萌芽研究 分担 窒素輸送タンパク質の同定による細菌の窒素固定反応制御機構の解析 Analysis of the mechanism underlying the regulation of bacterial nitrogen-fixation through identification of nitrogen-transporter 2010〜2011
基盤研究(C) 分担 細胞質とミトコンドリアのNADP(H)濃度の制御を司るNADキナーゼの翻訳後修飾 The post-translational modification of NAD kinase governing the regulation of concentrations of cytosolic and mitochondrial NADP(H) 2015〜2017
基盤研究(C) 代表 細胞質とミトコンドリアのNADP(H)濃度の制御を司るNADキナーゼの翻訳後修飾 (平成27年度分) The post-translational modification of NAD kinase governing the regulation of concentrations of cytosolic and mitochondrial NADP(H) 2015/04/01〜2016/03/31
基盤研究(C) 代表 細胞質とミトコンドリアのNADP(H)濃度の制御を司るNADキナーゼの翻訳後修飾 (平成28年度分) The post-translational modification of NAD kinase governing the regulation of concentrations of cytosolic and mitochondrial NADP(H) 2016/04/01〜2017/03/31

  • <<
  • >>
  • 表示
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
独立行政法人 科学技術振興機構平成18年度シーズ発掘試験 河井重幸 未利用資源ポリリン酸依存型酵素の開発と脱ATP型物質生産系への応用 Development of non-utilized source, inorganic polyphosphate-dependent enzyme and its application to production system requiring no ATP 2006〜2006
最先端・次世代研究開発支援プログラム 河井重幸 酸化還元系制御細菌による海洋バイオマスからの実用的エタノール生産 Establishment of the practical ethanol-production system from marine biomass by utilizing the bacterium with regulated oxidation –reduction system 2010〜2013
科学技術振興機構 (JST) 研究成果最適展開支援プログラム A-STEP FSステージ 河井重幸 国産海洋バイオマス巨大褐藻類の主要成分からのガソリン代替燃料イソブタノールの生産 Production of isobutanol, a gasoline-alternate fuel, from domestic marine resources (macroalgae) 2014〜2015
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
微生物学実験及び実験法 後期 農学部 2011/04〜2012/03
生物機能変換学専攻演習 農学研究科 2011/04〜2012/03
応用微生物学実験及び実験法 Laboratory Course in Applied Microbiology 後期 農学部 2012/04〜2013/03
応用微生物学実験及び実験法 Laboratory Course in Applied Microbiology 後期 農学部 2013/04〜2014/03
生物機能変換学専攻演習 Molecular Biotechnology Seminar 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
生物機能変換学専攻実験 Experimental Course in Molecular Biotechnology 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
応用微生物学実験及び実験法 Laboratory Course in Applied Microbiology 後期 農学部 2014/04〜2015/03
生物機能変換学専攻演習 Molecular Biotechnology Seminar 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
生物機能変換学専攻実験 Experimental Course in Molecular Biotechnology 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
応用微生物学実験及び実験法 Laboratory Course in Applied Microbiology 後期 農学部 2015/04〜2016/03
生物機能変換学専攻実験1 Experimental Course in Molecular Biotechnology1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
生物機能変換学専攻実験 Experimental Course in Molecular Biotechnology 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
生物機能変換学専攻演習1 Molecular Biotechnology Seminar1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
生物機能変換学専攻演習 Molecular Biotechnology Seminar 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
応用微生物学実験及び実験法 Laboratory Course in Applied Microbiology 後期 農学部 2016/04〜2017/03
生物機能変換学専攻実験1 Experimental Course in Molecular Biotechnology1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生物機能変換学専攻実験2 Experimental Course in Molecular Biotechnology2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生物機能変換学専攻実験 Experimental Course in Molecular Biotechnology 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生物機能変換学専攻演習1 Molecular Biotechnology Seminar1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生物機能変換学専攻演習2 Molecular Biotechnology Seminar2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
生物機能変換学専攻演習 Molecular Biotechnology Seminar 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
基礎化学実験 Fundamental Chemical Experiments 前期 全学共通科目 2017/04〜2018/03
応用微生物学実験及び実験法 Laboratory Course in Applied Microbiology 後期 農学部 2017/04〜2018/03
生物機能変換学専攻実験1 Experimental Course in Molecular Biotechnology1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生物機能変換学専攻実験2 Experimental Course in Molecular Biotechnology2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生物機能変換学専攻演習1 Molecular Biotechnology Seminar1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
生物機能変換学専攻演習2 Molecular Biotechnology Seminar2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示
全学運営(役職等)
役職名 期間
宇治キャンパス公開2013実行委員会 委員 2013/01/01〜2015/03/31
部局運営(役職等)
役職名 期間
京都大学宇治キャンパス公開2013実行委員会 2013/01/01〜2013/12/31