市村 賢士郎

最終更新日時: 2019/06/22 14:07:16

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
市村 賢士郎/イチムラ ケンシロウ/Ichimura, Kenshiro
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
国際高等教育院/国際高等教育院附属データ科学イノベーション教育研究センター/ /特定助教
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(教育学) 京都大学
博士(教育学) 京都大学
プロフィール
(日本語)
人間の学習における動機づけについて研究している。教育では、知識の伝達だけでなく、実践で生きる思考力を身につけさせることを目指している。教育IRに関する業務も行っている。
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0002-5863-9945
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000023083
研究テーマ
(日本語)
動機づけ
(英語)
Motivation
研究概要
(日本語)
動機づけとは,行動の生起,活性化,維持,方向づけ,終結のすべてを含む一連のプロセスを指す。動機づけはどのように維持・促進されるのか,なぜ低下するか,適切な測定・評価方法は何かといった多角的な問いに取り組んでいる。個人の研究だけでなく,学内外や異分野の研究者との共同研究も行っている。
(英語)
Motivation is a series of processes that involve all of the action initiation, activation, maintenance, orientation, and termination. I am tackling various questions such as how motivation is maintained and promoted, why it lowers, and what are appropriate measurement and evaluation methods.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
動機づけ motivation
教育心理学 Educational Psychology
認知心理学 Cognitive Psychology
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
市村 賢士郎, 楠見 孝 市村 賢士郎, 楠見 孝 Kenshiro Ichimura, Takashi Kusumi 課題への取り組みの持続性に及ぼす諦め行動と介入のタイミングの影響 課題への取り組みの持続性に及ぼす諦め行動と介入のタイミングの影響 The influence of giving up and the timing of intervention on task persistence 心理学研究, 90, 1, 1-10 心理学研究, 90, 1, 1-10 The Japanese journal of psychology, 90, 1, 1-10 2019 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
市村 賢士郎, 河村 悠太, 高橋 雄介, 楠見 孝 市村 賢士郎, 河村 悠太, 高橋 雄介, 楠見 孝 Kenshiro Ichimura, Yuta Kawamura, Yusuke Takahashi, Takashi Kusumi ラーニングコモンズの環境要因と創造性課題の成績との関連 ラーニングコモンズの環境要因と創造性課題の成績との関連 Relationships between Environmental Factors of the Learning Commons and Creativity Task Performance 日本教育工学会論文誌, 42, 1, 55-64 日本教育工学会論文誌, 42, 1, 55-64 Japan Journal of Educational Technology, 42, 1, 55-64 2018 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
後藤 崇志, 川口 秀樹, 野々宮 英二, 市村 賢士郎, 楠見 孝, 子安 増生 後藤 崇志, 川口 秀樹, 野々宮 英二, 市村 賢士郎, 楠見 孝, 子安 増生 Takayuki Goto, Hideki Kawaguchi, Eiji Nonomiya, Kenshiro Ichimura, Takashi Kusumi, Masuo Koyasu 自律的動機づけと動機づけ調整方略の双方向的関係 自律的動機づけと動機づけ調整方略の双方向的関係 Reciprocal influences between autonomous motivation and the use of motivational regulation strategies 心理学研究, 88, 2, 197-202 心理学研究, 88, 2, 197-202 The Japanese journal of psychology, 88, 2, 197-202 2017/06 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
市村 賢士郎, 上田 祥行, 楠見 孝 市村 賢士郎, 上田 祥行, 楠見 孝 Kenshiro Ichimura, Yoshiyuki Ueda, Takashi Kusumi 清音ひらがな5文字のアナグラムデータベースの作成 清音ひらがな5文字のアナグラムデータベースの作成 Development of a database of five-letter <i>hiragana</i> anagrams 心理学研究, 88, 3, 241-250 心理学研究, 88, 3, 241-250 The Japanese journal of psychology, 88, 3, 241-250 2017 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
市村 賢士郎, 上田 祥行, 楠見 孝 市村 賢士郎, 上田 祥行, 楠見 孝 Kenshiro Ichimura, Yoshiyuki Ueda, Takashi Kusumi 課題動機づけにおける困難度情報が課題努力に及ぼす影響 課題動機づけにおける困難度情報が課題努力に及ぼす影響 The task motivational influences of task difficulty information on task effort 心理学研究, 87, 3, 262-272 心理学研究, 87, 3, 262-272 The Japanese journal of psychology, 87, 3, 262-272 2016 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
Takayuki Goto, Kenshiro Ichimura, Ryunosuke Oka, Yuta Kawamura, Takashi Kusumi Takayuki Goto, Kenshiro Ichimura, Ryunosuke Oka, Yuta Kawamura, Takashi Kusumi Trait‐Related Concepts Activate Stereotypically Consistent Concepts on the Same Stereotype Dimension, But May not Spread to the Other Stereotype Dimension Trait‐Related Concepts Activate Stereotypically Consistent Concepts on the Same Stereotype Dimension, But May not Spread to the Other Stereotype Dimension Japanese Psychological Research, 61, 2, 83-93 , 61, 2, 83-93 Japanese Psychological Research, 61, 2, 83-93 2019/04 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
市村 賢士郎 市村 賢士郎 市村 賢士郎 米国における自律性の醸成と尊重 米国における自律性の醸成と尊重 Fostering and respecting autonomy in the United States. デザイン学論考 = Discussions on studies of design, 8, 13-17 デザイン学論考 = Discussions on studies of design, 8, 13-17 デザイン学論考 = Discussions on studies of design, 8, 13-17 2016/12 日本語 公開
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
仕事における目標・動機づけが働きがいに及ぼす影響 仕事における目標・動機づけが働きがいに及ぼす影響 日本心理学会第82回大会 日本心理学会第82回大会 2018/09 日本語 ポスター発表 公開
課題遂行場面における動機づけの変化 課題遂行場面における動機づけの変化 日本心理学会第82回大会 日本心理学会第82回大会 2018/09 日本語 公開講演、セミナー、チュートリアル、講習、講義 公開
大学における自己調整学習の経験と社会的スキルとの関連 大学における自己調整学習の経験と社会的スキルとの関連 日本教育工学会第34回全国大会 日本教育工学会第34回全国大会 2018/09 日本語 ポスター発表 公開
課題取り組みの持続性に及ぼす諦め行動の影響 課題取り組みの持続性に及ぼす諦め行動の影響 日本心理学会第81回大会 日本心理学会第81回大会 2017/09 日本語 ポスター発表 公開
動機づけの量的側面の動的変化を捉える実験パラダイムの提案 動機づけの量的側面の動的変化を捉える実験パラダイムの提案 A new experimental paradigm assessing dynamic change in motivational intensity 日本認知心理学会発表論文集 日本認知心理学会発表論文集 Proceedings of the Japanese Society for Cognitive Psychology 2017 日本語 公開
アナグラム課題の困難度と語彙特性の関連 アナグラム課題の困難度と語彙特性の関連 Relationship between the difficulty of the anagram task and word characteristics 日本認知心理学会発表論文集 日本認知心理学会発表論文集 Proceedings of the Japanese Society for Cognitive Psychology 2016 日本語 公開
PH019 ジェンダーステレオタイプによる性格特性語の虚再認 : 社会的認知の教材作成に向けた予備的検討(社会,ポスター発表H) PH019 ジェンダーステレオタイプによる性格特性語の虚再認 : 社会的認知の教材作成に向けた予備的検討(社会,ポスター発表H) 日本教育心理学会総会発表論文集 日本教育心理学会総会発表論文集 2015 日本語 公開
PF055 総合評価ツールを用いた中高生の学習の縦断的検討(1) : 自律的動機づけと動機づけ方略の相互関係(教授・学習・認知,ポスター発表F) PF055 総合評価ツールを用いた中高生の学習の縦断的検討(1) : 自律的動機づけと動機づけ方略の相互関係(教授・学習・認知,ポスター発表F) 日本教育心理学会総会発表論文集 日本教育心理学会総会発表論文集 2014 日本語 公開
PF056 総合評価ツールを用いた中高生の学習の縦断的検討(2) : テスト成績に及ぼす学習方略と学習志向性の影響(教授・学習・認知,ポスター発表F) PF056 総合評価ツールを用いた中高生の学習の縦断的検討(2) : テスト成績に及ぼす学習方略と学習志向性の影響(教授・学習・認知,ポスター発表F) 日本教育心理学会総会発表論文集 日本教育心理学会総会発表論文集 2014 日本語 公開
PA031 課題の取り組みに及ぼす難易度情報提示の影響 : 学習動機づけの個人差からの検討(教授・学習・認知,ポスター発表A) PA031 課題の取り組みに及ぼす難易度情報提示の影響 : 学習動機づけの個人差からの検討(教授・学習・認知,ポスター発表A) 日本教育心理学会総会発表論文集 日本教育心理学会総会発表論文集 2014 日本語 公開
学習環境の選択に及ぼす物理的要因の明確化の効果 学習環境の選択に及ぼす物理的要因の明確化の効果 The effect of information about physical environmental condition on learner's room choice 日本認知心理学会発表論文集 日本認知心理学会発表論文集 Proceedings of the Japanese Society for Cognitive Psychology 2014 公開
PA-003 自己調整学習における目標設定に及ぼす平均成績情報の影響(教授・学習,ポスター発表) PA-003 自己調整学習における目標設定に及ぼす平均成績情報の影響(教授・学習,ポスター発表) 日本教育心理学会総会発表論文集 日本教育心理学会総会発表論文集 2013 日本語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
学術大会優秀発表賞 日本心理学会 2015/09/
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
研究活動スタート支援 代表 学習システムにおけるゲーミフィケーションの動機づけ効果の再考 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
心理学(特殊講義) Psychology (Special Lectures) 前期 文学研究科 2019/04〜2020/03
心理学(講義) Psychology (Lectures) 前期 文学部 2019/04〜2020/03
教育心理学コロキアムII Colloquium on Educational Psychology II 前期 教育学部 2019/04〜2020/03
教育心理学基礎演習II Undergraduate Seminar: Educational Psychology II 前期 教育学部 2019/04〜2020/03
教育認知心理学演習A Seminar on Cognitive Psychology in Education A 前期 教育学研究科 2019/04〜2020/03
教育認知心理学演習A Seminar on Cognitive Psychology in Education A 前期 教育学部 2019/04〜2020/03
教育認知心理学演習B Seminar on Cognitive Psychology in Education B 後期 教育学研究科 2019/04〜2020/03
教育認知心理学演習B Seminar on Cognitive Psychology in Education B 後期 教育学部 2019/04〜2020/03
データ科学展望III Perspectives in Data Science III 前期集中 全学共通科目 2019/04〜2020/03
データ科学展望IV Perspectives in Data ScienceIV 後期集中 全学共通科目 2019/04〜2020/03
データ科学概観 Overview of Data Science 前期集中 全学共通科目 2019/04〜2020/03
データ科学:理論から実用へ演習I Data Science :From Theory to Practical(Exercise) Use I 後期集中 全学共通科目 2019/04〜2020/03
データ科学:理論から実用へ演習II Data Science :From Theory to Practical(Exercise) Use II 後期集中 全学共通科目 2019/04〜2020/03
統計入門 Introductory Statistics 前期 全学共通科目 2019/04〜2020/03
統計入門 Introductory Statistics 後期 全学共通科目 2019/04〜2020/03
認知デザイン特論 Advanced Studies: Cognition and Design Studies 前期 教育学研究科 2019/04〜2020/03
認知デザイン特論 Advanced Studies: Cognition and Design Studies 前期 教育学部 2019/04〜2020/03

  • <<
  • >>
  • 表示
全学運営(役職等)
役職名 期間
アンケート検討部会 委員 2019/04/01〜