松田 洋和

最終更新日時:2017/07/18 10:38:46

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
松田 洋和/マツダ ヒロカズ/Hirokazu Matsuda
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/応用生物科学専攻動物遺伝増殖学講座/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場
連絡先電話番号
種別 番号
職場
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(農学) 新潟大学
博士(学術) 新潟大学
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
プロフィール
(日本語)
1993年岐阜県立岐山高等学校卒業、1993年新潟大学農学部農業生産科学科入学、1997年同学科卒業、1997年新潟大学大学院自然科学研究科博士前期課程入学、2002年同博士後期課程修了、2003年バージニア工科大学バージニアバイオインフォマティクス研究所博士研究員。2004年より東北化学薬品株式会社生命システム情報研究所主任研究員、解析技術評価係長。2010年より京都大学農学部助教、農学研究科助教、現在に至る。
研究テーマ
(日本語)
システム遺伝学を用いた遺伝的評価法の開発
研究概要
(日本語)
近年、生命科学の分野における計測技術の発展により、ゲノム配列の変異や特定の組織・細胞に関する遺伝子発現の網羅的測定が可能となっている。量的形質に関連する遺伝子の同定、表現型の予測、形質の分子レベルでの理解のために、遺伝現象の全体像をシステムとして捉え、上記のようなタイプの異なるデータを統合的に扱う遺伝的評価法の開発に取り組んでいる。
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
動物遺伝育種学
統計遺伝学
QTL
マイクロアレイ
パスウェイ
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
応用動物科学
論文 > 論文
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
T. Watanabe; H. Matsuda; A. Arakawa; T. Yamada; H. Iwaisaki; S. Nishimura; Y. Sugimoto Estimation of variance components for carcass traits in Japanese Black cattle using 50K SNP genotype data Animal Science Journal,85,1,1-7 2014 英語
Y. Taniguchi; H. Matsuda; T. Yamada; T. Sugiyama; K. Homma; Y. Kaneko; S. Yamagishi; H. Iwaisaki Genome-Wide SNP and STR Discovery in the Japanese Crested Ibis and Genetic Diversity among Founders of the Japanese Population PLoS ONE,8,8 2013/08/21 英語
K. Urano; K. Tsubono; Y. Taniguchi; H. Matsuda; T. Yamada; T. Sugiyama; K. Homma; Y. Kaneko; S. Yamagishi; H. Iwaisaki Genetic diversity and structure in the sado captive population of the Japanese crested ibis Zoological Science,30,6,432-438 2013/06 英語
H. Matsuda; Y. Taniguchi; H. Iwaisaki QTL/microarray approach using pathway information Algorithms for Molecular Biology,7,1 2012 英語
Iwaisaki H, Arakawa A, Matsuda H Genomic selection Jpn J Anim Breed Res 18: 17-49 2011 英語
H. Matsuda; H. Iwaisaki A comparison of interval mapping procedures including the QTL-cluster mapping Genes and Genetic Systems,80,1,71-77 2005 英語
H. Matsuda; H. Iwaisaki A recursive procedure to compute the gametic relationship matrix and its inverse for marked QTL clusters Genes and Genetic Systems,77,2,123-130 2002 英語
H. Matsuda; H. Iwaisaki The genetic variance for multiple linked quantitative trait loci conditional on marker information in a crossed population Heredity,88,1,2-7 2002 英語
H. Matsuda; H. Iwaisaki Prediction of additive genetic effects for the QTL-cluster on the basis of data on surrounding markers in outbred populations Journal of Applied Genetics,43,2,193-207 2002 英語
H. Matsuda; H. Iwaisaki A mixed model method to predict QTL-cluster effects using trait and marker information in a multi-group population Genes and Genetic Systems,76,2,81-88 2001 英語
H. Matsuda A model to accommodate heterogeneous means and variances among genetic groups and covariance between a cluster of QTLs marked by flanking markers and polygenes in the base population Asian-Australasian Journal of Animal Sciences,13,SUPPL. C,259- 2000 英語
S. Saito; H. Matsuda; H. Iwaisaki Best linear unbiased prediction of additive genetic merit using a combined-merit sire and dam model for marker-assisted selection Genes and Genetic Systems,73,1,65-69 1998 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
学会発表等 > 学会発表等
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
松田洋和・髙城雄・谷口幸雄・祝前博明 ゲノム育種価予測における発現QTL解析に基づくグラフ情報の利用 日本畜産学会第116回大会 2013 日本語
松田洋和・谷口幸雄・勝田智博・大山憲二・祝前博明 大容量データによる黒毛和種雌牛の繁殖形質についての遺伝率および反復率の推定 肉用牛研究会報,92 2012/01/28 日本語
松田洋和・谷口幸雄・祝前博明 タンパク質間相互作用ネットワーク情報を利用したゲノム育種価予測法 日本畜産学会第115回大会 2012 日本語
松田洋和・小川伸一郎・谷口幸雄・渡邊敏夫・田淵一郎 西村翔太・高須賀晶子・杉本喜憲・祝前博明 黒毛和種集団を対象とした遺伝子領域内SNPの情報に基づくゲノム育種価予測の検討 日本動物遺伝育種学会第13回大会 2012 日本語
松田洋和・谷口幸雄・祝前博明 パスウェイ情報を利用したQTL/マイクロアレイアプローチ 日本畜産学会第113回大会 2011 日本語
松田洋和・谷口幸雄・祝前博明・渡邊敏夫・杉本喜憲 ゲノムワイドSNP情報に基づく黒毛和種における選抜の痕跡の探索 日本動物遺伝育種学会第12回大会 2011 日本語
講演等 > 招待講演
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
家畜育種におけるゲノム育種価評価と選抜の現状について 次世代育種に向けたゲノム研究の展開:アソシエーション解析とゲノミックセレクション 日本遺伝学会第83回大会 2011 日本語
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究B 代表 公共マイクロアレイデータを用いた家畜QTL候補遺伝子の探索システム 2013〜2015
若手研究(B) 代表 公共マイクロアレイデータを用いた家畜QTL候補遺伝子の探索システム 2013〜2015
若手研究(B) 代表 公共マイクロアレイデータを用いた家畜QTL候補遺伝子の探索システム (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
若手研究(B) 代表 公共マイクロアレイデータを用いた家畜QTL候補遺伝子の探索システム (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
動物遺伝育種学専攻実験 農学研究科 2011/04〜2012/03
動物遺伝育種学演習 農学研究科 2011/04〜2012/03
動物ゲノム学特論 Animal Genomics 前期 農学研究科 2013/04〜2014/03
動物遺伝育種学演習 Seminar in Animal Genetics and Breeding 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
動物遺伝育種学専攻実験 Laboratory Course in Animal Genetics and Breeding 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
動物遺伝育種学演習 Seminar in Animal Genetics and Breeding 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
動物遺伝育種学専攻実験 Laboratory Course in Animal Genetics and Breeding 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
動物ゲノム学特論 Animal Genomics 前期 農学研究科 2015/04〜2016/03
動物遺伝育種学専攻実験1 Laboratory Course in Animal Genetics and Breeding1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
動物遺伝育種学専攻実験 Laboratory Course in Animal Genetics and Breeding 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
動物遺伝育種学演習1 Seminar in Animal Genetics and Breeding1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
動物遺伝育種学演習 Seminar in Animal Genetics and Breeding 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
動物遺伝育種学専攻実験1 Laboratory Course in Animal Genetics and Breeding1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
動物遺伝育種学専攻実験2 Laboratory Course in Animal Genetics and Breeding2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
動物遺伝育種学専攻実験 Laboratory Course in Animal Genetics and Breeding 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
動物遺伝育種学演習1 Seminar in Animal Genetics and Breeding1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
動物遺伝育種学演習2 Seminar in Animal Genetics and Breeding2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
動物遺伝育種学演習 Seminar in Animal Genetics and Breeding 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
動物ゲノム学特論 Animal Genomics 前期 農学研究科 2017/04〜2018/03
動物遺伝育種学専攻実験1 Laboratory Course in Animal Genetics and Breeding1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
動物遺伝育種学専攻実験2 Laboratory Course in Animal Genetics and Breeding2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
動物遺伝育種学専攻実験 Laboratory Course in Animal Genetics and Breeding 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
動物遺伝育種学演習1 Seminar in Animal Genetics and Breeding1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
動物遺伝育種学演習2 Seminar in Animal Genetics and Breeding2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
動物遺伝育種学演習 Seminar in Animal Genetics and Breeding 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03

  • <<
  • >>
  • 表示