小野 肇

最終更新日時:2013/06/14 15:00:48

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
小野 肇/オノ ハジメ/Hajime Ono
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
農学研究科/応用生命科学専攻応用生化学講座/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本応用動物昆虫学会 Japanese Society of Applied Entomology and Zoology
日本農芸化学会 Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry
日本動物学会 The Zoological Society of Japan
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(農学) 京都大学
博士(農学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院農学研究科農芸化学専攻農薬化学生物学講座修士課程 修了
京都大学 大学院農学研究科応用生命科学専攻応用生化学講座化学生態学分野博士後期課程 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
北海道大学 農学部農芸化学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
1997-2000 日本学術振興会 特別研究員 1997-2000 Research Fellowship of the Japan Society for the Promotion of Science for Young Scientists
2000 京都大学農学部 研修員 2000 Research Associate, Graduate School of Agriculture, Kyoto University
2000-2004  JT生命誌研究館 奨励研究員 2000-2004 Postdoctoral Fellow, JT Biohistory Research Hall
2004  京都大学生態学研究センター 研修員 2004 Research Associate, Center for Ecological Research, Kyoto University
2004  ミネソタ大学 遺伝学・細胞生物学・発生学部門 博士研究員 2004 Postdoctoral Associate, University of Minnesota
2004-2006 2004-2006 Howard Hughes Medical Institute at the University of Minnesota
ミネソタ大学 ハワードヒューズ研究所 博士研究員 2007 Kyoto University, Assistant Professor
2006 京都大学大学院 助手
2006 京都大学大学院 助教
プロフィール
(日本語)
略歴)1995年北海道大学農学部農芸化学科卒業、2000年京都大学大学院農学研究科応用生命科学専攻修了、農学博士、2000年-2004年JT生命誌研究館 奨励研究員、2004年-2006年 ミネソタ大学 ハワードヒュー(略歴)1995年北海道大学農学部農芸化学科卒業/2000年京都大学大学院農学研究科応用生命科学専攻修了、農学博士/2000年-2004年JT生命誌研究館 奨励研究員/2004年-2006年 ミネソタ大学 ハワードヒューズ研究所 博士研究員/2006年1月- 京都大学 農学研究科 助手/助教、現在に至る (研究テーマと抱負)昆虫のもつ不思議な機能を様々な手法を用いて明らかにしていきたい。(趣味)沢登り、ランニング、山スキー、昆虫採集
(英語)
研究テーマ
(日本語)
ステロイドホルモンによる昆虫の発生発育の制御機構の解明、ミバエ類のフェロモン生産および受容機構の解明
(英語)
研究概要
(日本語)
昆虫は環境に適応するために脱皮変態といった独特の生活環を発達させている。 いつ脱皮するか?いつ蛹になるか?といった発育のプログラムは昆虫ホルモンの作用によってされている。そこで、遺伝子操作が可能なショウジョウバエを材料に、ステロイドホルモン(エクジステロイド) の分泌を操作したり、合成したエクジステロイドを投与したりして、脱皮変態の発生運命決定の機構を追究している。
(英語)
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
昆虫生理学
化学生態学
エクダイソン
ショウジョウバエ
ミバエ
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
応用昆虫学
論文
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Ono H., Nishida R., Kuwahara Y. Oviposition stimulant for a Rutaceae-feeding swallowtail butterfly, Papilio bianor (Lepidoptera: Papilionidae): Hydroxycinnamic acid derivative from Orixa japonica. Applied Entomology and Zoology,35: 119-123 2000 英語
Ono H., Nishida R., Kuwahara Y. A dihydroxy-g-lactone as an Oviposition Stimulant for a Swallowtail Butterfly, Papilio bianor, from a Rutaceous Plant, Orixa japonica. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry,64: 1970-1973 2000 英語
Hajime Ono, Yasumasa Kuwahara, Ritsuo Nishida Hydroxybenzoic acid derivatives in a non-host Rutaceous plant, Orixa japonica, deter both oviposition and larval feeding in a Rutaceae-feeding swallowtail butterfly, Papilio xuthus L. Journal of Chemical Ecology,30: 287-301 2004 英語
Ono H, Yoshikawa H. Identification of amine receptors from a swallowtail butterfly, Papilio xuthus L.: Cloning and mRNA localization in foreleg chemosensory organ for recognition of host plants. Insect Molecular Biology and Biochemistry,34: 1247-1256 2004 英語
Ono H, Ozaki K, Yoshikawa H. Identification of cytochrome P450 and glutathion-S-transferase genes preferentially expressing in chemosensory organs of the swallowtail butterfly, Papilio xuthus L. Insect Molecular Biology and Biochemistry,35: 837-846 2005 英語
Ono H, Rewitz KF, Shinoda T, Itoyama K, Petryk A, Rybczynski R, Jarcho M, Warren JT, Marqués G, Shimell MJ, Gilbert LI, O'Connor MB. Spook and Spookier code for stage specific components of the ecdysone biosynthetic pathway in Diptera. Developmental Biology,298: 555-570 2006 英語
Tokushima I, Orankanok W, Tan KH, Ono H, Nishida R. Accumulation of phenylpropanoid and sesquiterpenoid volatiles in male rectal pheromonal glands of the guava fruit fly, Bactrocera correcta. J. Chem. Ecol. 36:1327-34. 2010 有り 英語
Tan KH, Tokushima I, Ono H, Nishida R. Comparison of phenylpropanoid volatiles in male rectal pheromone gland after methyl eugenol consumption, and molecular phylogenetic relationship of four global pest fruit fly species: Bactrocera invadens, B. dorsalis, B. correcta and B. zonata Chemoecology, 21:25-33 2011 有り 英語
小野 肇 Bactrocera属ミバエ類の直腸フェロモン腺成分およびDNA塩基配列による系統解析 昆虫DNA研究会ニュースレター 16, 16-18, 2012 無し 日本語
Hajime Ono, Sayo Morita, Ichiyoh Asakura, Ritsuo Nishida Conversion of 3-oxo steroids into ecdysteroids triggers molting and expression of 20E-inducible genes in Drosophila melanogaster. Biochemical and Biophysical Research Communications, 421, 561–566 2012 有り 英語
Zofeyah McBrayer, Hajime Ono, MaryJane Shimell, Jean-Philippe Parvy, Robert B. Beckstead, James T. Warren, Carl S. Thummel, Chantal Dauphin-Villemant, Lawrence I. Gilbert and Michael B. O'Connor Prothoracicotropic hormone regulates developmental timing and body size in Drosophila Developmental Cell, 13, 857-871 2007 有り 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
国際学会
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
Hajime Ono Ecdysone, not just 20-hydroxyecdysone, is essential for molting and metamorphosis to occur with correct timing in Drosophila melanogaster The 18th International Ecdysone Workshop 2010 英語
Hajime Ono Ecdysone has distinct roles from 20-hydroxyecdysone in regulating of developmental timing in Drosophila melanogaster 43rd Annual Meeting for the Japanese Society of Developmental Biologists 2010 英語

  • <<
  • >>
  • 表示
国内学会
著者名 タイトル 書誌情報等 年月 査読の有無 言語
小野 肇 ショウジョウバエにおけるecdysone 生合成経路Black Box 内の中間体の解析 第54回日本応用動物昆虫学会大会 2010 日本語

  • <<
  • >>
  • 表示
招待講演
タイトル 会合名 開催主体 年月 言語
ショウジョウバエにおける20Eとは異なるecdysoneによる発育制御 第54回日本応用動物昆虫学会大会 2010 日本語
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 内分泌撹乱法による昆虫ホルモン情報伝達ネットワークの解明 2009〜2012
若手研究(B) 内分泌撹乱法による昆虫ホルモン情報伝達ネットワークの解明 2009〜2012
若手研究(スタートアップ) 代表 ショウジョウバエにおけるホルモンの複合作用による発生プログラムの制御機構の解明 
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
ショウジョウバエにおけるホルモンの複合作用による発生プログラムの制御機構の解明 Functional roles of steroid hormones on development in Drosophila melanogaster 2007〜2010
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 期間
有機化学実験 Laboratory Course in Organic Chemistry
化学生態学専攻実験 農学研究科 2011/04〜2012/03
化学生態学専攻演習 農学研究科 2011/04〜2012/03
有機化学実験 Laboratory Course in Organic Chemistry 後期 農学部 2012/04〜2013/03
有機化学実験 Laboratory Course in Organic Chemistry 後期 農学部 2013/04〜2014/03
化学生態学専攻演習 Chemical Ecology Seminar 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
化学生態学専攻実験 Experimental Course of Chemical Ecology 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
有機化学実験 Laboratory Course in Organic Chemistry 後期 農学部 2014/04〜2015/03
化学生態学専攻演習 Chemical Ecology Seminar 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
化学生態学専攻実験 Experimental Course of Chemical Ecology 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
化学生態学専攻実験1 Experimental Course of Chemical Ecology1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
化学生態学専攻実験 Experimental Course of Chemical Ecology 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
化学生態学専攻演習1 Chemical Ecology Seminar1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
化学生態学専攻演習 Chemical Ecology Seminar 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
有機化学実験 Laboratory Course in Organic Chemistry 後期 農学部 2015/04〜2016/03

  • <<
  • >>
  • 表示