伊藤 達也

最終更新日時: 2018/06/26 19:08:19

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
伊藤 達也/イトウ タツヤ/Ito, Tatsuya
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学部附属病院/臨床研究総合センター/講師
学内兼務
部局 所属 講座等 職名
医学研究科 医学研究科 医学専攻
医学研究科 医学研究科 人間健康科学系専攻
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 京都市左京区聖護院川原町54 54, Syougoin-Kawaharacho, Sakyo-ku, Kyoto
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
レギュラトリーサイエンス学会 Society for Regulatory Science of Medical Products
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(薬学) 京都大学
博士(薬学) 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院薬学研究科修士課程薬品作用制御システム専攻 修了
京都大学 大学院薬学研究科博士後期課程医療薬科学専攻 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
岐阜薬科大学 薬学部製造薬学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
2000/04/01〜2002/06/30 京都大学医学部附属病院 薬剤部 Department of Pharmacy, Kyoto University Hospital 薬剤師 Pharmacist
2002/07/01〜2004/03/31 医薬品副作用被害救済・研究振興調査機構 治験指導部 Clinical Trial Guidance Department, The Organization for Pharmaceutical Safety and Research 主査 Cheif
2004/04/01〜2005/06/30 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 新薬審査第三部 Office of New Drugs Evaluation III, Pharmaceuticals and Medical Devices Agency 審査専門員 Reviewer
2005/07/01〜2007/01/15 京都大学医学部附属病院 薬剤部 Department of Pharmacy, Kyoto University Hospital 薬剤師 Pharmacist
2007/01/16〜2013/03/31 京都大学医学部附属病院 探索医療センター Translational Research Center, Kyoto University Hospital 助教 Assistant Professor
2013/04/01〜2015/09/30 京都大学医学部附属病院 臨床研究総合センター Institute for Advancement of Clinical and Translational Science 助教 Assistant Professor
2015/10/01〜 京都大学医学部附属病院 臨床研究総合センター Institute for Advancement of Clinical and Translational Science 講師 Senior Lecturer
研究テーマ
(日本語)
アカデミアにおける新規医薬品・医療機器の臨床開発に関する効率的開発方法の確立
(英語)
Establishment of efficient method for clinical development in academia.
研究概要
(日本語)
我国には、国際的に優れた基礎研究成果と整備された保険医療体制の環境下にも関わらず、基礎研究から臨床応用へと“橋渡し”をする開発環境は欧米と比較して遅れている。医薬品・医療機器等の開発の最終目標は、病気に苦しむ患者のもとへ医療を届けることであり、私は早期臨床応用のための“橋渡し研究”(トランスレーショナルリサーチ)に着目し、効率よく臨床開発できる方法やシステムの確立に関する研究を行っている。特に希少難病領域は患者数が限られ企業が積極的に開発を行わないため、治療方法の開発に着手されていないものが多く、アカデミアが主体となって治療方法を開発することが期待されている。また、医薬品・医療機器開発に関連する法律やガイドラインは非常に複雑であり、開発品目(研究シーズ)や疾患領域の特性からみた国内外の規制科学(レギュラトリーサイエンス)に関する研究も行っている。レギュラトリーサイエンスとは、医療開発分野での代表的な意味として、サイエンスに基づく医薬品等の有効性・安全性を評価することである。私はレギュラサイエンスの考えに基づき、アカデミアにおける研究シーズの効率的な臨床開発に結び付ける研究も行っている。
(英語)
Japan acquires internationally reputation of basic science and has well developed medical care system. However, translation environment from basic science to clinical application in Japan is still developing compared to that of US and EU. A goal of clinical development is to provide medical products with efficacy and safety to patients who suffer from intractable disorders. I focus on the translation for early clinical development. My research is to establish efficient translation methods in clinical study. And, Pharmaceutical companies hesitate to develop new treatment in an orphan disease area, which has a limited number of patients. Academia is really expected to develop new drugs, devices, diagnoses, new treatment in the orphan disease area, particularly. Then, Law and guideline, that regulate drugs and medical devices, is absolutely complicate. I am also working on regulatory science, which is a kind of methodology to assess efficacy and safety based on science.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
レギュラトリーサイエンス Regulatory Science
探索医療 Translational Research
研究分野(科研費分類コード)
科研費分類コード
応用薬理学
医療系薬学
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
伊藤 達也 伊藤 達也 Tatsuya Ito A case study comparing research integrity, governance and ethics frameworks to facilitate collaboration between Bristol and Kyoto University A case study comparing research integrity, governance and ethics frameworks to facilitate collaboration between Bristol and Kyoto University A case study comparing research integrity, governance and ethics frameworks to facilitate collaboration between Bristol and Kyoto University Clinical Ethics, 12, 4, 205-216 Clinical Ethics, 12, 4, 205-216 Clinical Ethics, 12, 4, 205-216 2017/12 英語 公開
Tatsuya Ito, Takashi Kaneta, Sue Sundstrom Tatsuya Ito, Takashi Kaneta, Sue Sundstrom Does university entrepreneurship work in Japan?: a comparison of industry-university research funding and technology transfer activities between the UK and Japan Does university entrepreneurship work in Japan?: a comparison of industry-university research funding and technology transfer activities between the UK and Japan Does university entrepreneurship work in Japan?: a comparison of industry-university research funding and technology transfer activities between the UK and Japan Journal of Innovation and Entrepreneurship, 5, 8, 1-21 Journal of Innovation and Entrepreneurship, 5, 8, 1-21 Journal of Innovation and Entrepreneurship, 5, 8, 1-21 2016/02 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Ito T. Ito T. Tatsuya Ito Differences in Investigator-Initiated Trials between Japan and Other Countries: Analyses of Clinical Trials Sponsored by Academia and Government in the ClinicalTrials.gov Registry and in the Three Japanese Registries Differences in Investigator-Initiated Trials between Japan and Other Countries: Analyses of Clinical Trials Sponsored by Academia and Government in the ClinicalTrials.gov Registry and in the Three Japanese Registries Differences in Investigator-Initiated Trials between Japan and Other Countries: Analyses of Clinical Trials Sponsored by Academia and Government in the ClinicalTrials.gov Registry and in the Three Japanese Registries PLOS ONE, 11, 2 PLOS ONE, 11, 2 PLOS ONE, 11, 2 2016/02 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
伊藤達也、多田春江、田中司朗、三浦和美、村山敏典、新美三由紀、海老原健、日下部徹、阿部恵、岩木一巳、陀安麻理子、高瀬英樹、入江潤一郎、伊藤裕、竹之下博正、田邉真紀人、柳瀬敏彦、手良向聡、横出正之、樋口修司、福島雅典、細田公則、中尾一和、清水章 伊藤達也、多田春江、田中司朗、三浦和美、村山敏典、新美三由紀、海老原健、日下部徹、阿部恵、岩木一巳、陀安麻理子、高瀬英樹、入江潤一郎、伊藤裕、竹之下博正、田邉真紀人、柳瀬敏彦、手良向聡、横出正之、樋口修司、福島雅典、細田公則、中尾一和、清水章 Tatsuya Ito 橋渡し研究支援組織における希少難病医薬品メトレレプチンの臨床開発 橋渡し研究支援組織における希少難病医薬品メトレレプチンの臨床開発 Clinical development of Metreleptin for lipodystrophy 臨床評価, 42, 1, 107-17 臨床評価, 42, 1, 107-17 Clinical Evaluation, 42, 1, 107-17 2014/07 日本語 研究論文(学術雑誌) 公開
Hiroyuki Ariyasu, Hiroshi Iwakura, Naoichiro Yukawa, Toshinori Murayama, Masayuki Yokode, Harue Tada, Kenichi Yoshimura, Satoshi Teramukai, Tatsuya Ito, Akira Shimizu, Atsushi Yonezawa, Kenji Kangawa, Tsuneyo Mimori, Takashi Akamizu Hiroyuki Ariyasu, Hiroshi Iwakura, Naoichiro Yukawa, Toshinori Murayama, Masayuki Yokode, Harue Tada, Kenichi Yoshimura, Satoshi Teramukai, Tatsuya Ito, Akira Shimizu, Atsushi Yonezawa, Kenji Kangawa, Tsuneyo Mimori, Takashi Akamizu Hiroyuki Ariyasu, Hiroshi Iwakura, Naoichiro Yukawa, Toshinori Murayama, Masayuki Yokode, Harue Tada, Kenichi Yoshimura, Satoshi Teramukai, Tatsuya Ito, Akira Shimizu, Atsushi Yonezawa, Kenji Kangawa, Tsuneyo Mimori, Takashi Akamizu Clinical effects of ghrelin on gastrointestinal involvement in patients with systemic sclerosis Clinical effects of ghrelin on gastrointestinal involvement in patients with systemic sclerosis Clinical effects of ghrelin on gastrointestinal involvement in patients with systemic sclerosis Endocrine Journal, 61, 7, 735-742 Endocrine Journal, 61, 7, 735-742 Endocrine Journal, 61, 7, 735-742 2014/04 英語 公開
N. Morimoto; K. Yoshimura; M. Niimi; T. Ito; R. Aya; J. Fujitaka; H. Tada; S. Teramukai; T. Murayama; C. Toyooka; K. Miura; S. Takemoto; N. Kanda; K. Kawai; M. Yokode; A. Shimizu; S. Suzuki N. Morimoto; K. Yoshimura; M. Niimi; T. Ito; R. Aya; J. Fujitaka; H. Tada; S. Teramukai; T. Murayama; C. Toyooka; K. Miura; S. Takemoto; N. Kanda; K. Kawai; M. Yokode; A. Shimizu; S. Suzuki Novel collagen/gelatin scaffold with sustained release of basic fibroblast growth factor: Clinical trial for chronic skin ulcers Novel collagen/gelatin scaffold with sustained release of basic fibroblast growth factor: Clinical trial for chronic skin ulcers Tissue Engineering - Part A, 19, 17-18, 1931-1940 , 19, 17-18, 1931-1940 Tissue Engineering - Part A, 19, 17-18, 1931-1940 2013/09 英語 公開
R. Asada; S. Shimizu; S. Ono; T. Ito; A. Shimizu; T. Yamaguchi R. Asada; S. Shimizu; S. Ono; T. Ito; A. Shimizu; T. Yamaguchi Analysis of new drugs whose clinical development and regulatory approval were hampered during their introduction in Japan Analysis of new drugs whose clinical development and regulatory approval were hampered during their introduction in Japan Journal of Clinical Pharmacy and Therapeutics, 38, 4, 309-313 , 38, 4, 309-313 Journal of Clinical Pharmacy and Therapeutics, 38, 4, 309-313 2013/08 英語 公開
N. Morimoto; K. Yoshimura; M. Niimi; T. Ito; H. Tada; S. Teramukai; T. Murayama; C. Toyooka; S. Takemoto; K. Kawai; M. Yokode; A. Shimizu; S. Suzuki N. Morimoto; K. Yoshimura; M. Niimi; T. Ito; H. Tada; S. Teramukai; T. Murayama; C. Toyooka; S. Takemoto; K. Kawai; M. Yokode; A. Shimizu; S. Suzuki An exploratory clinical trial for combination wound therapy with a novel medical matrix and fibroblast growth factor in patients with chronic skin ulcers: A study protocol An exploratory clinical trial for combination wound therapy with a novel medical matrix and fibroblast growth factor in patients with chronic skin ulcers: A study protocol American Journal of Translational Research, 4, 1, 52-59 , 4, 1, 52-59 American Journal of Translational Research, 4, 1, 52-59 2012 英語 公開
S. Fujibayashi; M. Takemoto; M. Neo; T. Matsushita; T. Kokubo; K. Doi; T. Ito; A. Shimizu; T. Nakamura S. Fujibayashi; M. Takemoto; M. Neo; T. Matsushita; T. Kokubo; K. Doi; T. Ito; A. Shimizu; T. Nakamura A novel synthetic material for spinal fusion: A prospective clinical trial of porous bioactive titanium metal for lumbar interbody fusion A novel synthetic material for spinal fusion: A prospective clinical trial of porous bioactive titanium metal for lumbar interbody fusion European Spine Journal, 20, 9, 1486-1495 , 20, 9, 1486-1495 European Spine Journal, 20, 9, 1486-1495 2011/09 英語 公開
Terada, T; Sawada, K; Ito, T; Saito, H; Hashimoto, Y; Inui, KI Terada, T; Sawada, K; Ito, T; Saito, H; Hashimoto, Y; Inui, KI Functional expression of novel peptide transporter in renal basolateral membranes Functional expression of novel peptide transporter in renal basolateral membranes AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-RENAL PHYSIOLOGY, 279, 5, F851-F857 , 279, 5, F851-F857 AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-RENAL PHYSIOLOGY, 279, 5, F851-F857 2000/11 英語 公開
T. Ito; I. Yano; Y. Hashimoto; K.-I. Inui T. Ito; I. Yano; Y. Hashimoto; K.-I. Inui Transepithelial transport of levofloxacin in the isolated perfused rat kidney Transepithelial transport of levofloxacin in the isolated perfused rat kidney Pharmaceutical Research, 17, 2, 236-241 , 17, 2, 236-241 Pharmaceutical Research, 17, 2, 236-241 2000/02 英語 公開
T. Ito; I. Yano; S. Masuda; Y. Hashimoto; K.-I. Inui T. Ito; I. Yano; S. Masuda; Y. Hashimoto; K.-I. Inui Distribution characteristics of levofloxacin and grepafloxacin in rat kidney Distribution characteristics of levofloxacin and grepafloxacin in rat kidney Pharmaceutical Research, 16, 4, 534-539 , 16, 4, 534-539 Pharmaceutical Research, 16, 4, 534-539 1999/04 英語 公開
H. Wakasugi; I. Yano; T. Ito; T. Hashida; T. Futami; R. Nohara; S. Sasayama; K.-I. Inui H. Wakasugi; I. Yano; T. Ito; T. Hashida; T. Futami; R. Nohara; S. Sasayama; K.-I. Inui Effect of clarithromycin on renal excretion of digoxin: Interaction with P-glycoprotein Effect of clarithromycin on renal excretion of digoxin: Interaction with P-glycoprotein Clinical Pharmacology and Therapeutics, 64, 1, 123-128 , 64, 1, 123-128 Clinical Pharmacology and Therapeutics, 64, 1, 123-128 1998/07 英語 公開
T. Ito; I. Yano; K. Tanaka; K.-I. Inui T. Ito; I. Yano; K. Tanaka; K.-I. Inui Transport of quinolone antibacterial drugs by human P-glycoprotein expressed in a kidney epithelial cell line, LLC-PK<sub>1</sub> Transport of quinolone antibacterial drugs by human P-glycoprotein expressed in a kidney epithelial cell line, LLC-PK<sub>1</sub> Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics, 282, 2, 955-960 , 282, 2, 955-960 Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics, 282, 2, 955-960 1997/08 英語 公開
I. Yano; T. Ito; M. Takano; K.-I. Inui I. Yano; T. Ito; M. Takano; K.-I. Inui Evaluation of renal tubular secretion and reabsorption of levofloxacin in rats Evaluation of renal tubular secretion and reabsorption of levofloxacin in rats Pharmaceutical Research, 14, 4, 508-511 , 14, 4, 508-511 Pharmaceutical Research, 14, 4, 508-511 1997/04 英語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
伊藤 達也、池田浩治、菅原岳史、伊師賢樹、山地学、植田康平、岡田潔、名井陽 伊藤 達也、池田浩治、菅原岳史、伊師賢樹、山地学、植田康平、岡田潔、名井陽 橋渡し支援拠点間連携としてのARO薬事専門家連絡会の活動 橋渡し支援拠点間連携としてのARO薬事専門家連絡会の活動 第1回RSのあり方研究会 第1回RSのあり方研究会 2017/06 日本語 公開
伊藤 達也 伊藤 達也 アカデミアにおける臨床開発支援 ~希少疾病薬レプチンの開発~ アカデミアにおける臨床開発支援 ~希少疾病薬レプチンの開発~ 第31回日本薬剤学会学術大会 第31回日本薬剤学会学術大会 2016/05 日本語 公開
Tatsuya Ito Tatsuya Ito Differences of characteristics in investigator-initiated trials between Japan and other countries Differences of characteristics in investigator-initiated trials between Japan and other countries Differences of characteristics in investigator-initiated trials between Japan and other countries 28th DIA Annual EuroMeeting 28th DIA Annual EuroMeeting 28th DIA Annual EuroMeeting 2016/04 英語 公開
伊藤 達也 伊藤 達也 Tatsuya Ito, Gillian Tallents, Liam McKervey, Rachel Davies, Jessica Bisset, Jake Harley, Diana Benton, Birgit Whitman Comparison of the research governance frameworks for research involving humans, their tissue and/or data in the UK and Japan Comparison of the research governance frameworks for research involving humans, their tissue and/or data in the UK and Japan Comparison of the research governance frameworks for research involving humans, their tissue and/or data in the UK and Japan 27th DIA Annual EuroMeeting 27th DIA Annual EuroMeeting 27th DIA Annual EuroMeeting 2015/04 英語 公開
伊藤達也、浅田隆太、清水章 伊藤達也、浅田隆太、清水章 臨床試験データベースを用いた研究者主導臨床試験と研究費に関する調査研究 臨床試験データベースを用いた研究者主導臨床試験と研究費に関する調査研究 第2回レギュラトリーサイエンス学会学術大会 第2回レギュラトリーサイエンス学会学術大会 2012/09/02 日本語 公開
伊藤達也、清水章 伊藤達也、清水章 京都大学病院探索医療センターにおける臨床試験支援とプロジェクトマネジメントの実践 京都大学病院探索医療センターにおける臨床試験支援とプロジェクトマネジメントの実践 第32回日本臨床薬理学会年会 第32回日本臨床薬理学会年会 2011/12/02 日本語 公開
伊藤達也、笠井宏委、新美三由紀、多田春江、池田隆文、海老原健、森本尚樹、鈴木茂彦、樋口修司、川上浩司、清水章 伊藤達也、笠井宏委、新美三由紀、多田春江、池田隆文、海老原健、森本尚樹、鈴木茂彦、樋口修司、川上浩司、清水章 新薬および新規医療機器を用いた医師主導治験における-マネジメントと品質管理活動の分析:プロジェクトマネジメント 新薬および新規医療機器を用いた医師主導治験における-マネジメントと品質管理活動の分析:プロジェクトマネジメント 第32回日本臨床薬理学会年会 第32回日本臨床薬理学会年会 2011/12/01 日本語 公開
タイトル言語:
講演・口頭発表等
タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 会議名 会議名(日本語) 会議名(英語) 主催者 主催者(日本語) 主催者(英語) 開催年月日 記述言語 会議種別 公開
アカデミアにおける臨床開発の実践 ~希少疾病薬レプチンの開発~[招待あり] アカデミアにおける臨床開発の実践 ~希少疾病薬レプチンの開発~ [招待あり] 長崎大学医歯薬学総合研究科アカデミア創薬ユニット 第1回アカデミア創薬シンポジウム 長崎大学医歯薬学総合研究科アカデミア創薬ユニット 第1回アカデミア創薬シンポジウム 2016/04/21 その他 公開
臨床中核病院事業における取り組み 臨床中核病院事業における取り組み 第15回CRC養成フォローアップ研修会プログラム 第15回CRC養成フォローアップ研修会プログラム 日本病院薬剤師会 日本病院薬剤師会 2013/03/01 日本語 その他 公開
京都大学病院における希少疾病薬開発 京都大学病院における希少疾病薬開発 第4回日本臨床試験研究会学術集会 第4回日本臨床試験研究会学術集会 日本臨床試験研究会 日本臨床試験研究会 2013/02/08 日本語 その他 公開
再生医療を早期に臨床応用へと繋ぐための橋渡し研究 再生医療を早期に臨床応用へと繋ぐための橋渡し研究 第2回DDS徐放化再生医療研究会 第2回DDS徐放化再生医療研究会 DD徐放化再生医療研究会 DD徐放化再生医療研究会 2012/12/22 日本語 その他 公開
高度医療評価制度下で実施する臨床試験の支援 -希少難治性疾患領域の臨床試験を支援する- 高度医療評価制度下で実施する臨床試験の支援 -希少難治性疾患領域の臨床試験を支援する- 研究者主導臨床試験の支援シリーズセミナー 研究者主導臨床試験の支援シリーズセミナー 日本臨床試験研究会 日本臨床試験研究会 2011/08/06 日本語 その他 公開
タイトル言語:
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
厚生労働科学研究費補助金 医療技術実用化総合研究事業 分担 スーパー特区における臨床試験の基盤形成と完遂を促進する教育プログラムの開発研究-アカデミアにおけるスポンサー機能の充実をめざして- 2010/04/01〜2012/03/31
厚生労働科学研究費補助金 医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業 代表 新規医薬品・医療機器開発の医師主導治験を促進するためのレギュラトリーサイエンスに関する研究 2010/04/01〜2012/03/31
厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 分担 Cryopyrin-assoicated periodic syndromeの治療薬としてアナキンラ承認を目指した医師主導治験に関する研究 2011/10/01〜2012/03/31
厚生労働科学研究費補助金 医療技術実用化総合研究事業 分担 食道がん化学放射線療法後局所遺残再発例に対するタラポルフィンナトリウム(レザフィリン)および半導体レーザ(PDレーザ)を用いた光線力学療法の医師主導治験 2012/04/01〜
厚生労働科学研究費補助金 医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業 分担 医師主導治験等の運用に関する研究 2012/04/01〜2013/03/31
厚生労働科学研究費補助金 医療技術実用化総合研究事業 分担 咽頭癌に対する経口的ロボット支援手術の安全性・有効性に関する多施設臨床試験 2013/04/01〜
日本医師会(治験推進研究事業) 分担 アンブロキソールによる神経型ゴーシェ病の治療法開発 2013/04/01〜
科学研究費助成事業 基盤研究(C) 代表 欧州の研究公正の制度的研究と日本の研究公正の環境構築 Legislation comparison of research integrity in Europe and development of research integrity in Japan 2017/04/01〜2020/03/31
科学研究費助成事業 基盤研究(C) 分担 価値共有の認知による信頼関係に基づく人由来検体・情報のガバナンス体制の構築 2017/04/01〜2020/03/31
基盤研究(C) 代表 欧州の研究公正の制度的研究と日本の研究公正の環境構築 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
学内非常勤講師
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科名 期間
細胞育成学 後期 医学研究科 2011/04/〜
その他活動:その他
活動名 内容 期間
一般社団法人ARO協議会 薬事専門家連絡会 世話人会 代表 2017/03/02〜2017/09/27
一般社団法人ARO協議会 薬事専門家連絡会 世話人会 副代表 2017/09/28〜
海外での滞在歴
滞在機関名 部署 研究テーマ 国名 期間
University of Bristol Research and Enterprise Development Establishment of efficient method in global clinical development UK 2014/01/13〜2015/07/31