足立 誠

最終更新日時: 2019/06/17 21:12:49

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
足立 誠/アダチ マコト/Adachi, Makoto
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
医学研究科/医学専攻分子生体統御学講座分子細胞情報学/助教
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
医学部
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 〒606−8501 京都市左京区吉田近衛町 京都大学大学院医学研究科 分子細胞情報学 Department of Cell Biology, Graduate School of Medicine, Kyoto University, Yoshidakonoe-chou, Sakyo-ku, Kyoto 606-8501
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-753-4389
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
修士(理学) 京都大学
博士(理学) 京都大学
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
〜2001/04/01 日本学術振興会 Japan Society for the Promotion of Science 特別研究員(PD) Research Fellow (PD)
2001/07/01〜2007/03/31 京都大学大学院医学研究科 Graduate School of Medicine, Kyoto University 助手 Research Associate
2007/04/01〜 京都大学大学院医学研究科 Graduate School of Medicine, Kyoto University 助教 Assistant Professor
現在に至る
researchmap URL
https://researchmap.jp/read0095902
研究テーマ
(日本語)
細胞の分裂と増殖を制御する新たな分子制御機構の解明
(英語)
Elucidation of novel molecular mechanisms that regulate cell division and cell proliferation
研究概要
(日本語)
 IQGAPファミリー分子は、哺乳類においてIQGAP1,2,3から成る細胞内シグナル伝達分子である。この分子群は細胞内の他の機能因子と相互作用し、様々な役割を果たしていると考えられている。 また、その機能異常は癌などの疾患との関連も強く疑われている。  IQGAPファミリーの中でIQGAP3は最も解析が進んでおらず、その機能はもちろん作用機序についてもその多くが明らかにされていない。 私たちは以前の研究において、IQGAP3が特に細胞の増殖や分裂過程において重要な役割を担っていることを明らかにした。またこれらの機能を果たすために必要となるエフェクター分子の候補も複数同定している。しかしながらIQGAP3のこれらの分子に対する作用の分子メカニズムの詳細は明らかにできていない。  この点を明らかにする上でこれら分子の構造を理解することは非常に重要であると考えられる。そこでIQGAP3やエフェクター分子の組換え蛋白質を発現精製し、その複合体の構造解析を行なうことでIQGAP3の分子機能の作用機序を構造レベルで明らかにすることを目的とし研究を進めている。  私たちはこのように、細胞生物学的解析から得られた知見をもとに、シグナル伝達分子の興味深い分子機能について、そのメカニズムを立体構造レベルで解明したいと考えている。 最近の私たちの研究で、IQGAPファミリー分子が上記以外にもさらに新たな機能を持っていることが明らかになってきた。またその機能を果たす上でIQGAPが直接結合してその制御を行なっている、エフェクターとなる因子を同定することにも成功している。そこで現在、この制御メカニズムを明らかにするため、 両者の複合体の形成・制御機構について細胞生物学・生化学的な解析を行なうとともに、並行して両者の組換え蛋白質を発現精製し、それらの複合体の構造解析を進めている。  これらの研究を通じ、IQGAPの多様な分子機能をさまざまな観点から明らかにすることを目指している。
(英語)
IQGAP family proteins, comprised of IQGAP1, 2 and 3 in mammals, are known to be involved in diverse cellular functions. Among them IQGAP3 is the least studied to date, and our previous studies have clarified that this protein is important for cell proliferation and cell division. We have identified its functional effectors, but the molecular mechanisms with which IQGAP3 exerts its function are still poorly understood. It is very important to understand the structure of these molecules in order to clarify this point. Therefore, in our research we express and purify the recombinant proteins of IQGAP3 and its effector molecules, and analyze the structure of the complex, so that we can understand the mechanisms of action of IQGAP3 at the structural level. In this way, we want to elucidate the mechanisms of molecular functions of the signaling molecules at the three-dimensional structure level, based on the findings obtained from cell biological analyses. Recent studies have revealed that IQGAP family molecules have additional interesting functions. We have succeeded in identifying the effectors that directly bind to and control IQGAP in performing its function. To clarify the mechanism of this regulation, we are currently conducting cell biological and biochemical analyses of the mechanism of the formation and regulation of these complexes, as well as conducting structural analyses of these complexes by expressing and purifying recombinant proteins. Through these studies, we want to elucidate molecular functions of IQGAP proteins.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
細胞生物学 Cell Biology
分子生物学 Molecular Biology
細胞内シグナル伝達 Intracellular Cell Signalling
構造生物化学 Structural Chemical Biology
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
足立 誠、川崎麻実、野島久、西田栄介、月田早智子 足立 誠、川崎麻実、野島久、西田栄介、月田早智子 Adachi M, Kawasaki A, Nojima H, Nishida E, Tsukita S. Involvement of IQGAP family proteins in the regulation of mammalian cell cytokinesis Involvement of IQGAP family proteins in the regulation of mammalian cell cytokinesis Involvement of IQGAP family proteins in the regulation of mammalian cell cytokinesis Genes to Cells, 19, 11, 803-820 Genes to Cells, 19, 11, 803-820 Genes to Cells, 19, 11, 803-820 2014/11 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Y. Hirate; S. Hirahara; K.-I. Inoue; A. Suzuki; V.B. Alarcon; K. Akimoto; T. Hirai; T. Hara; M. Adachi; K. Chida; S. Ohno; Y. Marikawa; K. Nakao; A. Shimono; H. Sasaki Y. Hirate; S. Hirahara; K.-I. Inoue; A. Suzuki; V.B. Alarcon; K. Akimoto; T. Hirai; T. Hara; M. Adachi; K. Chida; S. Ohno; Y. Marikawa; K. Nakao; A. Shimono; H. Sasaki Polarity-dependent distribution of angiomotin localizes hippo signaling in preimplantation embryos Polarity-dependent distribution of angiomotin localizes hippo signaling in preimplantation embryos Current Biology, 23, 13, 1181-1194 , 23, 13, 1181-1194 Current Biology, 23, 13, 1181-1194 2013 英語 公開
T. Yano; Y. Yamazaki; M. Adachi; K. Okawa; P. Fort; M. Uji; S. Tsukita; S. Tsukita T. Yano; Y. Yamazaki; M. Adachi; K. Okawa; P. Fort; M. Uji; S. Tsukita; S. Tsukita Tara up-regulates E-cadherin transcription by binding to the Trio RhoGEF and inhibiting Rac signaling Tara up-regulates E-cadherin transcription by binding to the Trio RhoGEF and inhibiting Rac signaling Journal of Cell Biology, 193, 2, 319-332 , 193, 2, 319-332 Journal of Cell Biology, 193, 2, 319-332 2011/04/18 英語 公開
M. Adachi; Y. Hamazaki; Y. Kobayashi; M. Itoh; S. Tsukita; M. Furuse; S. Tsukita M. Adachi; Y. Hamazaki; Y. Kobayashi; M. Itoh; S. Tsukita; M. Furuse; S. Tsukita Similar and distinct properties of MUPP1 and patj, two homologous PDZ domain-containing tight-junction proteins Similar and distinct properties of MUPP1 and patj, two homologous PDZ domain-containing tight-junction proteins Molecular and Cellular Biology, 29, 9, 2372-2389 , 29, 9, 2372-2389 Molecular and Cellular Biology, 29, 9, 2372-2389 2009/05/01 英語 公開
H. Nojima; M. Adachi; T. Matsui; K. Okawa; S. Tsukita; S. Tsukita H. Nojima; M. Adachi; T. Matsui; K. Okawa; S. Tsukita; S. Tsukita IQGAP3 regulates cell proliferation through the Ras/ERK signalling cascade IQGAP3 regulates cell proliferation through the Ras/ERK signalling cascade Nature Cell Biology, 10, 8, 971-978 , 10, 8, 971-978 Nature Cell Biology, 10, 8, 971-978 2008/08 英語 公開
M. Matsuda; Y. Kobayashi; S. Masuda; M. Adachi; T. Watanabe; J.K. Yamashita; E. Nishi; S. Tsukita; M. Furuse M. Matsuda; Y. Kobayashi; S. Masuda; M. Adachi; T. Watanabe; J.K. Yamashita; E. Nishi; S. Tsukita; M. Furuse Identification of adherens junction-associated GTPase activating proteins by the fluorescence localization-based expression cloning Identification of adherens junction-associated GTPase activating proteins by the fluorescence localization-based expression cloning Experimental Cell Research, 314, 5, 939-949 , 314, 5, 939-949 Experimental Cell Research, 314, 5, 939-949 2008/03/10 英語 公開
Y. Sugihara-Mizuno; M. Adachi; Y. Kobayashi; Y. Hamazaki; M. Nishimura; T. Imai; M. Furuse; S. Tsukita Y. Sugihara-Mizuno; M. Adachi; Y. Kobayashi; Y. Hamazaki; M. Nishimura; T. Imai; M. Furuse; S. Tsukita Molecular characterization of angiomotin/JEAP family proteins: Interaction with MUPP1/Patj and their endogenous properties Molecular characterization of angiomotin/JEAP family proteins: Interaction with MUPP1/Patj and their endogenous properties Genes to Cells, 12, 4, 473-486 , 12, 4, 473-486 Genes to Cells, 12, 4, 473-486 2007/04 英語 公開
M. Adachi; A. Inoko; M. Hata; K. Furuse; K. Umeda; M. Itoh; S. Tsukita M. Adachi; A. Inoko; M. Hata; K. Furuse; K. Umeda; M. Itoh; S. Tsukita Normal establishment of epithelial tight junctions in mice and cultured cells lacking expression of ZO-3, a tight-junction MAGUK protein Normal establishment of epithelial tight junctions in mice and cultured cells lacking expression of ZO-3, a tight-junction MAGUK protein Molecular and Cellular Biology, 26, 23, 9003-9015 , 26, 23, 9003-9015 Molecular and Cellular Biology, 26, 23, 9003-9015 2006/12 英語 公開
M. Adachi; E. Nishida M. Adachi; E. Nishida Subcellular localization of MAPKs. Subcellular localization of MAPKs. Methods in molecular biology (Clifton, N.J.), 250, 145-154 , 250, 145-154 Methods in molecular biology (Clifton, N.J.), 250, 145-154 2004 英語 公開
6. Mizuno, T., Hisamoto, N., Terada, T., Kondo, T., Adachi, M., Nishida, E., Kim, D.H., Ausubel, F.M. and Matsumoto, K. 6. Mizuno, T., Hisamoto, N., Terada, T., Kondo, T., Adachi, M., Nishida, E., Kim, D.H., Ausubel, F.M. and Matsumoto, K. The Caenorhabditis elegans MAPK phosphatase VHP-1 mediates a novel JNK-like signaling pathway in stress response. EMBO J. 23:2226-2234. The Caenorhabditis elegans MAPK phosphatase VHP-1 mediates a novel JNK-like signaling pathway in stress response. EMBO J. 23:2226-2234. 2004 英語 公開
T. Tanoue; R. Maeda; M. Adachi; E. Nishida T. Tanoue; R. Maeda; M. Adachi; E. Nishida Identification of a docking groove on ERK and p38 MAP kinases that regulates the specificity of docking interactions Identification of a docking groove on ERK and p38 MAP kinases that regulates the specificity of docking interactions EMBO Journal, 20, 3, 466-479 , 20, 3, 466-479 EMBO Journal, 20, 3, 466-479 2001 英語 公開
7. Gotoh, I.*, Adachi, M.* and Nishida, E. 7. Gotoh, I.*, Adachi, M.* and Nishida, E. Identification and characterization of a novel MAP kinase kinase kinase, MLTK. J. Biol. Chem. 276:4276-4286. (*equal contribution) Identification and characterization of a novel MAP kinase kinase kinase, MLTK. J. Biol. Chem. 276:4276-4286. (*equal contribution) 2001 英語 公開
M. Adachi; M. Fukuda; E. Nishida M. Adachi; M. Fukuda; E. Nishida Nuclear export of MAP kinase (ERK) involves a MAP kinase kinase (MEK)-dependent active transport mechanism Nuclear export of MAP kinase (ERK) involves a MAP kinase kinase (MEK)-dependent active transport mechanism Journal of Cell Biology, 148, 5, 849-856 , 148, 5, 849-856 Journal of Cell Biology, 148, 5, 849-856 2000/03/06 英語 公開
9. Tanoue, T.*, Adachi, M.*, Moriguchi, T. and Nishida, E. 9. Tanoue, T.*, Adachi, M.*, Moriguchi, T. and Nishida, E. A conserved docking motif in MAP kinases common to substrates, activators and regulators. Nat. Cell Biol. 2:110-116. (*equal contribution) A conserved docking motif in MAP kinases common to substrates, activators and regulators. Nat. Cell Biol. 2:110-116. (*equal contribution) 2000 英語 公開
I. Gotoh; M. Fukuda; M. Adachi; E. Nishida I. Gotoh; M. Fukuda; M. Adachi; E. Nishida Control of the cell morphology and the S phase entry by mitogen- activated protein kinase kinase: A regulatory role of its N-terminal region Control of the cell morphology and the S phase entry by mitogen- activated protein kinase kinase: A regulatory role of its N-terminal region Journal of Biological Chemistry, 274, 17, 11874-11880 , 274, 17, 11874-11880 Journal of Biological Chemistry, 274, 17, 11874-11880 1999 英語 公開
10. Adachi, M., Fukuda, M. and Nishida, E. 10. Adachi, M., Fukuda, M. and Nishida, E. Two co-existing mechanisms for nuclear import of MAP kinase: passive diffusion of a monomer and active transport of a dimer. EMBO J. 18:5347-5358. Two co-existing mechanisms for nuclear import of MAP kinase: passive diffusion of a monomer and active transport of a dimer. EMBO J. 18:5347-5358. 1999 英語 公開
M. Fukuda; S. Asano; T. Nakamura; M. Adachi; M. Yoshida; M. Yanagida; E. Nishida M. Fukuda; S. Asano; T. Nakamura; M. Adachi; M. Yoshida; M. Yanagida; E. Nishida CRM1 is responsible for intracellular transport mediated by the nuclear export signal CRM1 is responsible for intracellular transport mediated by the nuclear export signal Nature, 390, 6657, 308-311 , 390, 6657, 308-311 Nature, 390, 6657, 308-311 1997 英語 公開
M. Fukuda; I. Gotoh; M. Adachi; Y. Gotoh; E. Nishida M. Fukuda; I. Gotoh; M. Adachi; Y. Gotoh; E. Nishida A novel regulatory mechanism in the mitogen-activated protein (MAP) kinase cascade. Role of nuclear export signal of MAP kinase kinase A novel regulatory mechanism in the mitogen-activated protein (MAP) kinase cascade. Role of nuclear export signal of MAP kinase kinase Journal of Biological Chemistry, 272, 51, 32642-32648 , 272, 51, 32642-32648 Journal of Biological Chemistry, 272, 51, 32642-32648 1997 英語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
Misc
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
足立誠, 河嵜麻実, 野島久, 西田栄介, 月田早智子 足立誠, 河嵜麻実, 野島久, 西田栄介, 月田早智子 ADACHI MAKOTO, KAWASAKI ASAMI, NOJIMA HISASHI, NISHIDA EISUKE, TSUKITA SACHIKO 哺乳類細胞における細胞質分裂へのIQGAPファミリー分子の関与 哺乳類細胞における細胞質分裂へのIQGAPファミリー分子の関与 哺乳類細胞における細胞質分裂へのIQGAPファミリー分子の関与 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 36th, 3P-0434 (WEB ONLY) 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 36th, 3P-0434 (WEB ONLY) 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 36th, 3P-0434 (WEB ONLY) 2013 日本語 公開
矢野智樹, 山崎裕自, 足立誠, 大川克也, FORT Philippe, 月田承一郎, 月田早智子 矢野智樹, 山崎裕自, 足立誠, 大川克也, FORT Philippe, 月田承一郎, 月田早智子 YANO TOMOKI, YAMAZAKI YUJI, ADACHI MAKOTO, OKAWA KATSUYA, FORT PHILIPPE, TSUKITA SHOICHIRO, TSUKITA SACHIKO Rac1を介したE‐cadherin転写制御因子としてのadherens junction構成タンパク質Tara/TRIOBP1の機能解析 Rac1を介したE‐cadherin転写制御因子としてのadherens junction構成タンパク質Tara/TRIOBP1の機能解析 Rac1を介したE‐cadherin転写制御因子としてのadherens junction構成タンパク質Tara/TRIOBP1の機能解析 生化学, ROMBUNNO.2T10P-16 生化学, ROMBUNNO.2T10P-16 生化学, ROMBUNNO.2T10P-16 2011 日本語 公開
河嵜麻実, 足立誠, 野島久, 国本晃司, 山崎裕自, 田村淳, 月田早智子 河嵜麻実, 足立誠, 野島久, 国本晃司, 山崎裕自, 田村淳, 月田早智子 KAWASAKI ASAMI, ADACHI MAKOTO, NOJIMA HISASHI, KUNIMOTO KOUSHI, YAMASAKI YUJI, TAMURA ATSUSHI, TSUKITA SACHIKO 細胞質分裂におけるIQGAP3の関与 細胞質分裂におけるIQGAP3の関与 細胞質分裂におけるIQGAP3の関与 生化学, ROMBUNNO.4P-0658 生化学, ROMBUNNO.4P-0658 生化学, ROMBUNNO.4P-0658 2010 日本語 公開
矢野智樹, 山崎裕自, 足立誠, 大川克也, 月田承一郎, 月田早智子 矢野智樹, 山崎裕自, 足立誠, 大川克也, 月田承一郎, 月田早智子 YANO TOMOKI, YAMAZAKI YUJI, ADACHI MAKOTO, OKAWA KATSUYA, TSUKITA SHOICHIRO, TSUKITA SACHIKO Rac‐GEF結合性Taraは接合周辺リングにおいてE‐カドヘリン/アンキリン/スペクトリンの枠組みを構築する Rac‐GEF結合性Taraは接合周辺リングにおいてE‐カドヘリン/アンキリン/スペクトリンの枠組みを構築する Rac-GEF-binding Tara builds E-cadherin/Ankyrin/Spectrin frameworks in the junctional circunferential ring. 生化学, ROMBUNNO.2P-695 生化学, ROMBUNNO.2P-695 生化学, ROMBUNNO.2P-695 2009/09/25 日本語 公開
足立誠, 浜崎洋子, 小林由佳, 月田早智子, 古瀬幹夫, 月田承一郎 足立誠, 浜崎洋子, 小林由佳, 月田早智子, 古瀬幹夫, 月田承一郎 ADACHI MAKOTO, HAMAZAKI YOKO, KOBAYASHI YUKA, TSUKITA SACHIKO, FURUSE MIKIO, TSUKITA SHOICHIRO タイトジャンクションに局在する2つの類似したPDZドメイン含有分子MUPP1とPatjの解析 タイトジャンクションに局在する2つの類似したPDZドメイン含有分子MUPP1とPatjの解析 タイトジャンクションに局在する2つの類似したPDZドメイン含有分子MUPP1とPatjの解析 生化学, 2P-0396 生化学, 2P-0396 生化学, 2P-0396 2007 日本語 公開
近藤邦生, 足立誠, 砂留一範, 西田栄介 近藤邦生, 足立誠, 砂留一範, 西田栄介 KONDO KUNIO, ADACHI MAKOTO, SUNADOME KAZUNORI, NISHIDA EISUKE MKP‐1を介したMAPキナーゼ経路とNotch経路のクロストークの解析 MKP‐1を介したMAPキナーゼ経路とNotch経路のクロストークの解析 MKP‐1を介したMAPキナーゼ経路とNotch経路のクロストークの解析 日本分子生物学会年会講演要旨集, 28th, 621 日本分子生物学会年会講演要旨集, 28th, 621 日本分子生物学会年会講演要旨集, 28th, 621 2005/11/25 日本語 公開
水野智亮, 久本直毅, 寺田敬, 近藤多恵, 足立誠, 西田栄介, 松本邦弘 水野智亮, 久本直毅, 寺田敬, 近藤多恵, 足立誠, 西田栄介, 松本邦弘 MIZUNO TOMOAKI, HISAMOTO NAOKI, TERADA TAKASHI, KONDO TAE, ADACHI MAKOTO, NISHIDA EISUKE, MATSUMOTO KUNIHIRO 線虫MAPキナーゼホスファターゼVHP‐1はストレス応答において新規JNK様シグナル伝達経路を制御する 線虫MAPキナーゼホスファターゼVHP‐1はストレス応答において新規JNK様シグナル伝達経路を制御する 線虫MAPキナーゼホスファターゼVHP‐1はストレス応答において新規JNK様シグナル伝達経路を制御する 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 27th, 584 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 27th, 584 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 27th, 584 2004/11/25 日本語 公開
近藤邦生, 足立誠, 西田栄介 近藤邦生, 足立誠, 西田栄介 KONDO KUNIO, ADACHI MAKOTO, NISHIDA EISUKE NotchによるMKP‐1の誘導とC2C12細胞の筋分化 NotchによるMKP‐1の誘導とC2C12細胞の筋分化 NotchによるMKP‐1の誘導とC2C12細胞の筋分化 日本細胞生物学会大会講演要旨集, 56th, 55 日本細胞生物学会大会講演要旨集, 56th, 55 日本細胞生物学会大会講演要旨集, 56th, 55 2003 日本語 公開
後藤勇, 足立誠, 西田栄介 後藤勇, 足立誠, 西田栄介 GOTO ISAMU, ADACHI MAKOTO, NISHIDA EISUKE 新規MAPKKKの同定,活性化機構および機能の解析 新規MAPKKKの同定,活性化機構および機能の解析 新規MAPKKKの同定,活性化機構および機能の解析 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 23rd, 553 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 23rd, 553 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 23rd, 553 2000/11/25 日本語 公開
足立誠, 西田栄介 足立誠, 西田栄介 ADACHI MAKOTO, NISHIDA EISUKE 情報伝達研究の最前線 情報伝達の基本経路 MAPキナーゼファミリー 情報伝達研究の最前線 情報伝達の基本経路 MAPキナーゼファミリー 情報伝達研究の最前線 情報伝達の基本経路 MAPキナーゼファミリー 医学のあゆみ, 194, 5, 277-281 医学のあゆみ, 194, 5, 277-281 医学のあゆみ, 194, 5, 277-281 2000/07/29 日本語 公開
田ノ上拓自, 足立誠, 森口徹生, 西田栄介 田ノ上拓自, 足立誠, 森口徹生, 西田栄介 TANOUE TAKUJI, ADACHI MAKOTO, MORIGUCHI TETSUO, NISHIDA EISUKE MAPキナーゼファミリーの分子認識機構の解析 MAPキナーゼファミリーの分子認識機構の解析 MAPキナーゼファミリーの分子認識機構の解析 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 22nd, 427 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 22nd, 427 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 22nd, 427 1999/11/22 日本語 公開
足立誠, 福田真, 西田栄介 足立誠, 福田真, 西田栄介 ADACHI MAKOTO, FUKUDA MAKOTO, NISHIDA EISUKE MAPキナーゼの核移行および核外移行の制御機構 MAPキナーゼの核移行および核外移行の制御機構 MAPキナーゼの核移行および核外移行の制御機構 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 22nd, 427 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 22nd, 427 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 22nd, 427 1999/11/22 日本語 公開
足立誠, 福田真, 西田栄介 足立誠, 福田真, 西田栄介 ADACHI MAKOTO, FUKUDA MAKOTO, NISHIDA EISUKE MAPキナーゼ シグナル伝達の鍵分子 核内・核外移行からみたMAPキナーゼカスケードのシグナル制御 MAPキナーゼ シグナル伝達の鍵分子 核内・核外移行からみたMAPキナーゼカスケードのシグナル制御 Regulation of the nucleocytoplasmic transport of MAP kinases. 実験医学, 17, 2, 100-104 実験医学, 17, 2, 100-104 実験医学, 17, 2, 100-104 1999/02 日本語 公開
西田栄介, 福田真, 後藤勇, 麻野四郎, 足立誠, 渡辺未奈 西田栄介, 福田真, 後藤勇, 麻野四郎, 足立誠, 渡辺未奈 NISHIDA EISUKE, FUKUDA MAKOTO, GOTO ISAMU, ASANO SHIRO, ADACHI MAKOTO, WATANABE MINA MAPキナーゼキナーゼとMAPキナーゼの核・細胞質間輸送の分子機構 MAPキナーゼキナーゼとMAPキナーゼの核・細胞質間輸送の分子機構 Molecular mechanisms of nucleocytoplasmic transport of MAP kinase kinase and MAP kinase. 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 20th, 221 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 20th, 221 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 20th, 221 1997/12 日本語 公開
足立誠, 福田真, 西田栄介 足立誠, 福田真, 西田栄介 ADACHI MAKOTO, FUKUDA MAKOTO, NISHIDA EISUKE MAPキナーゼの細胞質‐核間移行の制御 MAPキナーゼの細胞質‐核間移行の制御 Regulation of Nucleocytoplasmic Transport of MAP kinase. 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 20th, 460 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 20th, 460 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 20th, 460 1997/12 日本語 公開
福田真, 後藤勇, 麻野四郎, 足立誠, 西田栄介 福田真, 後藤勇, 麻野四郎, 足立誠, 西田栄介 FUKUDA MAKOTO, GOTO ISAMU, ASANO SHIRO, ADACHI MAKOTO, NISHIDA EISUKE MAPキナーゼキナーゼの核外移行シグナル(NES)の役割および核外移行の分子機構の解析 MAPキナーゼキナーゼの核外移行シグナル(NES)の役割および核外移行の分子機構の解析 MAPキナーゼキナーゼの核外移行シグナル(NES)の役割および核外移行の分子機構の解析 日本細胞生物学会大会講演要旨集, 50th, 31 日本細胞生物学会大会講演要旨集, 50th, 31 日本細胞生物学会大会講演要旨集, 50th, 31 1997 日本語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
若手研究(B) 代表 上皮細胞間の接着構造に局在する新規因子の機能解析 2007/04/01〜2009/03/31
若手研究(B) 代表 細胞の分裂増殖を制御する新たなシグナル伝達ネットワークの解析 2011/04/01〜2013/03/31
基盤研究(C) 代表 細胞質分裂を制御する新たなシグナル伝達経路の解明(平成25年度分) 2013/04/01〜2014/03/31
基盤研究(C) 代表 細胞質分裂を制御する新たなシグナル伝達経路の解明 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
若手研究(B) 代表 上皮細胞の極性形成に関与するaPKCの生理的基質の探索 2002/04/01〜2004/03/31
基盤研究(C) 代表 細胞質分裂を制御する新たなシグナル伝達経路の解明 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
基盤研究(C) 代表 細胞の増殖分裂制御に関わる新たなシグナル伝達機構の解明 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
基盤研究(C) 代表 細胞の増殖分裂制御に関わる新たなシグナル伝達機構の解明 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
基盤研究(C) 代表 細胞の増殖分裂制御に関わる新たなシグナル伝達機構の解明 (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
外部資金:競争的資金・科学研究費補助金以外
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
足立 誠 上皮細胞間の接着構造に局在する新規因子の機能解析 Functional analysis of novel components that localize to cell-cell adhesion structure in epithelial cells
部局運営(役職等)
役職名 期間
安全衛生委員会(委員)
化学物質管理運営委員会(委員)
図書委員委員(委員)
医学図書館図書連絡委員会 〜2019/03/31