植田 和光

最終更新日時: 2019/06/04 11:00:28

印刷する

氏名(漢字/フリガナ/アルファベット表記)
植田 和光/ウエダ カズミツ/Ueda, Kazumitsu
所属部署・職名(部局/所属/講座等/職名)
高等研究院/物質-細胞統合システム拠点/特定教授
学部兼担
部局 所属 講座等 職名
農学部
学内兼務
部局 所属 講座等 職名
農学研究科 応用生命科学専攻 応用生化学講座 協力教員(教授)
連絡先住所
種別 住所(日本語) 住所(英語)
職場 606-8502 京都府京都市左京区北白川 Laboratory of Cellular Biochemistry,Division of Applied Life Sciences,Graduate School of Agriculture, Kyoto University,Kitasirakawa, Sakyo-ku,Kyoto 606-8502, Japan
連絡先電話番号
種別 番号
職場 075-753-6124
所属学会(国内)
学会名(日本語) 学会名(英語)
日本農芸化学会
日本生化学会
日本分子生物学会
取得学位
学位名(日本語) 学位名(英語) 大学(日本語) 大学(英語) 取得区分
農学修士 京都大学
農学博士 京都大学
出身大学院・研究科等
大学名(日本語) 大学名(英語) 研究科名(日本語) 研究科名(英語) 専攻名(日本語) 専攻名(英語) 修了区分
京都大学 大学院農学研究科修士課程 修了
出身学校・専攻等
大学名(日本語) 大学名(英語) 学部名(日本語) 学部名(英語) 学科名(日本語) 学科名(英語) 卒業区分
京都大学 農学部農芸化学科 卒業
職歴
期間 組織名(日本語) 組織名(英語) 職名(日本語) 職名(英語)
使用言語
言語名(japanese) 言語名(english) コード
英語
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0003-2980-6078
researchmap URL
https://researchmap.jp/read0013041
研究テーマ
(日本語)
ABC蛋白質の分子メカニズムの解明 HDL産生機構の解明
(英語)
Molecular mechanism of ABC proteins Mechanism of HDL formation
研究概要
(日本語)
私たちの身体は、約60兆個の細胞でできています。それらのうち、数千億個の細胞が毎日死に、新しい細胞に置き換わっています。つまり、私たちの身体の細胞は、半年もするとほぼすべて新しい細胞に置き換わるのです。それらの新しい細胞は、私たちが毎日食べている食物中の肉や穀物に含まれているアミノ酸、糖類や脂質をもとにして作られます。肉や穀物は消化されたのち、アミノ酸、糖、脂質として小腸から吸収され、肝臓に運ばれた後、全身の細胞へと血流に乗って運ばれ私たちの身体となります。私たちが健康を保つためには、吸収された栄養素が全身の細胞へと運ばれる仕組みがきちんと働く必要があります。 脂質のひとつであるコレステロールは、一般に悪者のように言われますが、実は細胞を作る上で非常に重要な栄養素のひとつです。しかし、コレステロールが過剰にたまると細胞が死んでしまうため、悪者のように言われています。コレステロールを過剰にため込んだ細胞が動脈壁に沈着し血液が流れにくくなる動脈硬化は、先進国の死因の約4分の1を占めるのです。 全身の細胞で過剰になったコレステロールは、善玉コレステロールと呼ばれるHDL粒子として血流を介して肝臓へ戻されます。一方、悪玉コレステロールLDLは、肝臓から全身の細胞へコレステロールを届けるためにあります。どちらも体にとっては必要なものですが、LDLが多いと動脈硬化になりやすいため、悪玉と呼ばれます。 私たちは、HDLが産生されるメカニズムを研究しています。私たちは、脂溶性物質が体の中で運ばれる仕組みを30年前に世界で初めて明らかにしました。それ以来、脂溶性物質やコレステロールが運ばれる仕組みを研究しています。HDLが多い人は動脈硬化になりにくいことがわかっています。私たちの研究でHDLの産生機構が明らかになれば、動脈硬化を予防できると期待されます。
(英語)
Our body is made of 60 trillion cells and hundreds of billions of the cells die and are renewed with fresh ones every day. The fresh cells are constructed by using amino acids, carbohydrates and lipids contained in daily diet. Meat, grains and other food are digested, and the nutrients are absorbed from intestine. They are first delivered to liver and then transported to all the body cells to be used as materials for the cells. To maintain our life and health, absorbed nutrients should be transported properly via bloodstream to all the body cells. Cholesterol, one of lipids, is also a very important nutrient to construct cells. However, it has a bad reputation, because its over-accumulation destroys cells. Buildup of dead cells, in which cholesterol is over-accumulated, in artery wall hampers blood flow and causes atherosclerosis. Cholesterol is delivered from liver to all the body cells through bloodstream as LDL particles, so-called bad cholesterol, and excess cholesterol in body cells are reversely transported to liver through bloodstream as HDL particles, so-called good cholesterol. While both LDL and HDL particles are necessary for us, people with high LDL in blood have high risk of atherosclerosis. It is why LDL particles are called bad cholesterol. 30 years ago, we discovered the mechanism by which lipophilic compounds are transported in our body for the first time. When our body has some defects in transporting lipophilic compounds including cholesterol, we suffer from various diseases, such as atherosclerosis, Alzheimer’s disease, skin diseases, eye diseases. Ueda group is trying to reveal the mechanism of lipid transport and HDL generation and to find ways to prevent and cure various diseases which trouble us.
研究分野(キーワード)
キーワード(日本語) キーワード(英語)
農芸化学,脂質生化学, 分子細胞生物学 Lipid biochemistry, Molecular Cell Biology, Agricultural Chemistry
論文
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 書誌情報等 書誌情報等(日本語) 書誌情報等(英語) 出版年月 査読の有無 記述言語 掲載種別 公開
Ogasawara, F. Kano, F. Murata, M. Kimura, Y. Kioka N. and Ueda, K. Ogasawara, F. Kano, F. Murata, M. Kimura, Y. Kioka N. and Ueda, K. Changes in the asymmetric distribution of cholesterol in the plasma membrane influence streptolysin O pore formation. Changes in the asymmetric distribution of cholesterol in the plasma membrane influence streptolysin O pore formation. Changes in the asymmetric distribution of cholesterol in the plasma membrane influence streptolysin O pore formation. Scientific Reports, 9, 4548 Scientific Reports, 9, 4548 Scientific Reports, 9, 4548 2019 英語 研究論文(学術雑誌) 公開
Ishigami M, Ogasawara F, Nagao K, Hashimoto H, Kimura Y, Kioka N, Ueda K Ishigami M, Ogasawara F, Nagao K, Hashimoto H, Kimura Y, Kioka N, Ueda K Ishigami M, Ogasawara F, Nagao K, Hashimoto H, Kimura Y, Kioka N, Ueda K Temporary sequestration of cholesterol and phosphatidylcholine within extracellular domains of ABCA1 during nascent HDL generation. Temporary sequestration of cholesterol and phosphatidylcholine within extracellular domains of ABCA1 during nascent HDL generation. Temporary sequestration of cholesterol and phosphatidylcholine within extracellular domains of ABCA1 during nascent HDL generation. Scientific reports, 8, 1, 6170 Scientific reports, 8, 1, 6170 Scientific reports, 8, 1, 6170 2018/04 公開
Perea A, Manzano JI, Kimura Y, Ueda K, Castanys S, Gamarro F Perea A, Manzano JI, Kimura Y, Ueda K, Castanys S, Gamarro F Perea A, Manzano JI, Kimura Y, Ueda K, Castanys S, Gamarro F <i>Leishmania</i> LABCG2 transporter is involved in ATP-dependent transport of thiols. <i>Leishmania</i> LABCG2 transporter is involved in ATP-dependent transport of thiols. <i>Leishmania</i> LABCG2 transporter is involved in ATP-dependent transport of thiols. The Biochemical journal, 475, 1, 87-97 The Biochemical journal, 475, 1, 87-97 The Biochemical journal, 475, 1, 87-97 2018/01 公開
Ichikawa T, Kita M, Matsui TS, Nagasato AI, Araki T, Chiang SH, Sezaki T, Kimura Y, Ueda K, Deguchi S, Saltiel AR, Kioka N Ichikawa T, Kita M, Matsui TS, Nagasato AI, Araki T, Chiang SH, Sezaki T, Kimura Y, Ueda K, Deguchi S, Saltiel AR, Kioka N Ichikawa T, Kita M, Matsui TS, Nagasato AI, Araki T, Chiang SH, Sezaki T, Kimura Y, Ueda K, Deguchi S, Saltiel AR, Kioka N Vinexin family (SORBS) proteins play different roles in stiffness-sensing and contractile force generation. Vinexin family (SORBS) proteins play different roles in stiffness-sensing and contractile force generation. Vinexin family (SORBS) proteins play different roles in stiffness-sensing and contractile force generation. Journal of cell science, 130, 20, 3517-3531 Journal of cell science, 130, 20, 3517-3531 Journal of cell science, 130, 20, 3517-3531 2017/10 公開
Tomioka M, Toda Y, Mañucat NB, Akatsu H, Fukumoto M, Kono N, Arai H, Kioka N, Ueda K, Biochimica et biophysica acta, vol. 1862, no. 7, pp. 658-665 Tomioka M, Toda Y, Mañucat NB, Akatsu H, Fukumoto M, Kono N, Arai H, Kioka N, Ueda K, Biochimica et biophysica acta, vol. 1862, no. 7, pp. 658-665 Tomioka M, Toda Y, Mañucat NB, Akatsu H, Fukumoto M, Kono N, Arai H, Kioka N, Ueda K, Biochimica et biophysica acta, vol. 1862, no. 7, pp. 658-665 Lysophosphatidylcholine export by human ABCA7. Lysophosphatidylcholine export by human ABCA7. Lysophosphatidylcholine export by human ABCA7. , 1862, 7, 658-665 , 1862, 7, 658-665 , 1862, 7, 658-665 2017/07 公開
Nagasato AI, Yamashita H, Matsuo M, Ueda K, Kioka N, Bioscience, biotechnology, biochemistry, vol. 81, no. 6, pp. 1136-1147 Nagasato AI, Yamashita H, Matsuo M, Ueda K, Kioka N, Bioscience, biotechnology, biochemistry, vol. 81, no. 6, pp. 1136-1147 Nagasato AI, Yamashita H, Matsuo M, Ueda K, Kioka N, Bioscience, biotechnology, biochemistry, vol. 81, no. 6, pp. 1136-1147 The distribution of vinculin to lipid rafts plays an important role in sensing stiffness of extracellular matrix. The distribution of vinculin to lipid rafts plays an important role in sensing stiffness of extracellular matrix. The distribution of vinculin to lipid rafts plays an important role in sensing stiffness of extracellular matrix. , 81, 6, 1136-1147 , 81, 6, 1136-1147 , 81, 6, 1136-1147 2017/06 公開
Liu SL, Sheng R, Jung JH, Wang L, Stec E, O'Connor MJ, Song S, Bikkavilli RK, Winn RA, Lee D, Baek K, Ueda K, Levitan I, Kim KP, Cho W, Nature chemical biology, vol. 13, no. 3, pp. 268-274 Liu SL, Sheng R, Jung JH, Wang L, Stec E, O'Connor MJ, Song S, Bikkavilli RK, Winn RA, Lee D, Baek K, Ueda K, Levitan I, Kim KP, Cho W, Nature chemical biology, vol. 13, no. 3, pp. 268-274 Liu SL, Sheng R, Jung JH, Wang L, Stec E, O'Connor MJ, Song S, Bikkavilli RK, Winn RA, Lee D, Baek K, Ueda K, Levitan I, Kim KP, Cho W, Nature chemical biology, vol. 13, no. 3, pp. 268-274 Orthogonal lipid sensors identify transbilayer asymmetry of plasma membrane cholesterol. Orthogonal lipid sensors identify transbilayer asymmetry of plasma membrane cholesterol. Orthogonal lipid sensors identify transbilayer asymmetry of plasma membrane cholesterol. , 13, 3, 268-274 , 13, 3, 268-274 , 13, 3, 268-274 2017/03 公開
Kuroda M, Wada H, Kimura Y, Ueda K, Kioka N, Journal of cell science, vol. 130, no. 5, pp. 989-1002 Kuroda M, Wada H, Kimura Y, Ueda K, Kioka N, Journal of cell science, vol. 130, no. 5, pp. 989-1002 Kuroda M, Wada H, Kimura Y, Ueda K, Kioka N, Journal of cell science, vol. 130, no. 5, pp. 989-1002 Vinculin promotes nuclear localization of TAZ to inhibit ECM stiffness-dependent differentiation into adipocytes. Vinculin promotes nuclear localization of TAZ to inhibit ECM stiffness-dependent differentiation into adipocytes. Vinculin promotes nuclear localization of TAZ to inhibit ECM stiffness-dependent differentiation into adipocytes. , 130, 5, 989-1002 , 130, 5, 989-1002 , 130, 5, 989-1002 2017/03 公開
Mao D, Ando S, Sato SI, Qin Y, Hirata N, Katsuda Y, Kawase E, Kuo TF, Minami I, Shiba Y, Ueda K, Nakatsuji N, Uesugi M, Angewandte Chemie, International ed. in English), vol. 56, no. 7, pp. 1765-1770 Mao D, Ando S, Sato SI, Qin Y, Hirata N, Katsuda Y, Kawase E, Kuo TF, Minami I, Shiba Y, Ueda K, Nakatsuji N, Uesugi M, Angewandte Chemie, International ed. in English), vol. 56, no. 7, pp. 1765-1770 Mao D, Ando S, Sato SI, Qin Y, Hirata N, Katsuda Y, Kawase E, Kuo TF, Minami I, Shiba Y, Ueda K, Nakatsuji N, Uesugi M, Angewandte Chemie, International ed. in English), vol. 56, no. 7, pp. 1765-1770 A Synthetic Hybrid Molecule for the Selective Removal of Human Pluripotent Stem Cells from Cell Mixtures. A Synthetic Hybrid Molecule for the Selective Removal of Human Pluripotent Stem Cells from Cell Mixtures. A Synthetic Hybrid Molecule for the Selective Removal of Human Pluripotent Stem Cells from Cell Mixtures. , 56, 7, 1765-1770 , 56, 7, 1765-1770 , 56, 7, 1765-1770 2017/02 公開
Ueda K, Bioscience, biotechnology, biochemistry, vol. 81, no. 1, pp. 1-2 Ueda K, Bioscience, biotechnology, biochemistry, vol. 81, no. 1, pp. 1-2 Ueda K, Bioscience, biotechnology, biochemistry, vol. 81, no. 1, pp. 1-2 Celebrating Dr. Satoshi Ōmura, the recipient of the 2015 Nobel Prize in Physiology or Medicine. Celebrating Dr. Satoshi Ōmura, the recipient of the 2015 Nobel Prize in Physiology or Medicine. Celebrating Dr. Satoshi Ōmura, the recipient of the 2015 Nobel Prize in Physiology or Medicine. , 81, 1, 1-2 , 81, 1, 1-2 , 81, 1, 1-2 2017/01 公開
Omachi T, Ichikawa T, Kimura Y, Ueda K, Kioka N Omachi T, Ichikawa T, Kimura Y, Ueda K, Kioka N Omachi T, Ichikawa T, Kimura Y, Ueda K, Kioka N Vinculin association with actin cytoskeleton is necessary for stiffness-dependent regulation of vinculin behavior. Vinculin association with actin cytoskeleton is necessary for stiffness-dependent regulation of vinculin behavior. Vinculin association with actin cytoskeleton is necessary for stiffness-dependent regulation of vinculin behavior. PloS one, 12, 4, e0175324 PloS one, 12, 4, e0175324 PloS one, 12, 4, e0175324 2017 公開
Miyata K, Nakagawa Y, Kimura Y, Ueda K, Akamatsu M, Bioorganic, medicinal chemistry, vol. 24, no. 14, pp. 3184-3191 Miyata K, Nakagawa Y, Kimura Y, Ueda K, Akamatsu M, Bioorganic, medicinal chemistry, vol. 24, no. 14, pp. 3184-3191 Miyata K, Nakagawa Y, Kimura Y, Ueda K, Akamatsu M, Bioorganic, medicinal chemistry, vol. 24, no. 14, pp. 3184-3191 Structure-activity relationships of dibenzoylhydrazines for the inhibition of P-glycoprotein-mediated quinidine transport. Structure-activity relationships of dibenzoylhydrazines for the inhibition of P-glycoprotein-mediated quinidine transport. Structure-activity relationships of dibenzoylhydrazines for the inhibition of P-glycoprotein-mediated quinidine transport. , 24, 14, 3184-3191 , 24, 14, 3184-3191 , 24, 14, 3184-3191 2016/07 公開
Miyata K, Nakagawa Y, Kimura Y, Ueda K, Akamatsu M, Toxicology, applied pharmacology, vol. 298, pp. 40-47 Miyata K, Nakagawa Y, Kimura Y, Ueda K, Akamatsu M, Toxicology, applied pharmacology, vol. 298, pp. 40-47 Miyata K, Nakagawa Y, Kimura Y, Ueda K, Akamatsu M, Toxicology, applied pharmacology, vol. 298, pp. 40-47 In vitro and in vivo evaluations of the P-glycoprotein-mediated efflux of dibenzoylhydrazines. In vitro and in vivo evaluations of the P-glycoprotein-mediated efflux of dibenzoylhydrazines. In vitro and in vivo evaluations of the P-glycoprotein-mediated efflux of dibenzoylhydrazines. , 298, 40-47 , 298, 40-47 , 298, 40-47 2016/05 公開
Sano O, Tsujita M, Shimizu Y, Kato R, Kobayashi A, Kioka N, Remaley AT, Michikawa M, Ueda K, Matsuo M, PloS one, vol. 11, no. 5, pp. e0155400 Sano O, Tsujita M, Shimizu Y, Kato R, Kobayashi A, Kioka N, Remaley AT, Michikawa M, Ueda K, Matsuo M, PloS one, vol. 11, no. 5, pp. e0155400 Sano O, Tsujita M, Shimizu Y, Kato R, Kobayashi A, Kioka N, Remaley AT, Michikawa M, Ueda K, Matsuo M, PloS one, vol. 11, no. 5, pp. e0155400 ABCG1 and ABCG4 Suppress γ-Secretase Activity and Amyloid β Production. ABCG1 and ABCG4 Suppress γ-Secretase Activity and Amyloid β Production. ABCG1 and ABCG4 Suppress γ-Secretase Activity and Amyloid β Production. , 11, 5, e0155400 , 11, 5, e0155400 , 11, 5, e0155400 2016 公開
Nakato M, Matsuo M, Kono N, Arita M, Arai H, Ogawa J, Kioka N, Ueda K Nakato M, Matsuo M, Kono N, Arita M, Arai H, Ogawa J, Kioka N, Ueda K Nakato M, Matsuo M, Kono N, Arita M, Arai H, Ogawa J, Kioka N, Ueda K Neurite outgrowth stimulation by n3 and n6 polyunsaturated fatty acids of phospholipids in apolipoprotein E containing lipoproteins secreted from glial cells. Neurite outgrowth stimulation by n3 and n6 polyunsaturated fatty acids of phospholipids in apolipoprotein E containing lipoproteins secreted from glial cells. Neurite outgrowth stimulation by n3 and n6 polyunsaturated fatty acids of phospholipids in apolipoprotein E containing lipoproteins secreted from glial cells. Journal of lipid research Journal of lipid research Journal of lipid research 2015/08 公開
Yamauchi Y, Iwamoto N, Rogers MA, Abe-Dohmae S, Fujimoto T, Chang CC, Ishigami M, Kishimoto T, Kobayashi T, Ueda K, Furukawa K, Chang TY, Yokoyama S Yamauchi Y, Iwamoto N, Rogers MA, Abe-Dohmae S, Fujimoto T, Chang CC, Ishigami M, Kishimoto T, Kobayashi T, Ueda K, Furukawa K, Chang TY, Yokoyama S Yamauchi Y, Iwamoto N, Rogers MA, Abe-Dohmae S, Fujimoto T, Chang CC, Ishigami M, Kishimoto T, Kobayashi T, Ueda K, Furukawa K, Chang TY, Yokoyama S Deficiency in the lipid exporter ABCA1 impairs retrograde sterol movement and disrupts sterol sensing at the endoplasmic reticulum. Deficiency in the lipid exporter ABCA1 impairs retrograde sterol movement and disrupts sterol sensing at the endoplasmic reticulum. Deficiency in the lipid exporter ABCA1 impairs retrograde sterol movement and disrupts sterol sensing at the endoplasmic reticulum. The Journal of biological chemistry The Journal of biological chemistry The Journal of biological chemistry 2015/07 公開
Zhao Y, Ishigami M, Nagao K, Hanada K, Kono N, Arai H, Matsuo M, Kioka N, Ueda K Zhao Y, Ishigami M, Nagao K, Hanada K, Kono N, Arai H, Matsuo M, Kioka N, Ueda K Zhao Y, Ishigami M, Nagao K, Hanada K, Kono N, Arai H, Matsuo M, Kioka N, Ueda K ABCB4 exports phosphatidylcholine in a sphingomyelin-dependent manner. ABCB4 exports phosphatidylcholine in a sphingomyelin-dependent manner. ABCB4 exports phosphatidylcholine in a sphingomyelin-dependent manner. Journal of lipid research, 56, 3, 644-652 Journal of lipid research, 56, 3, 644-652 Journal of lipid research, 56, 3, 644-652 2015/03 公開
Itoh S, Nagao K, Kimura Y, Matsuo M, Kioka N, Ueda K Itoh S, Nagao K, Kimura Y, Matsuo M, Kioka N, Ueda K Itoh S, Nagao K, Kimura Y, Matsuo M, Kioka N, Ueda K Position 834 in TM6 plays an important role in cholesterol and phosphatidylcholine transport by ABCA1. Position 834 in TM6 plays an important role in cholesterol and phosphatidylcholine transport by ABCA1. Position 834 in TM6 plays an important role in cholesterol and phosphatidylcholine transport by ABCA1. Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 79, 5, 775-781 Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 79, 5, 775-781 Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 79, 5, 775-781 2015 公開
Omura R, Nagao K, Kobayashi N, Ueda K, Saito H Omura R, Nagao K, Kobayashi N, Ueda K, Saito H Omura R, Nagao K, Kobayashi N, Ueda K, Saito H Direct detection of ABCA1-dependent HDL formation based on lipidation-induced hydrophobicity change in apoA-I. Direct detection of ABCA1-dependent HDL formation based on lipidation-induced hydrophobicity change in apoA-I. Direct detection of ABCA1-dependent HDL formation based on lipidation-induced hydrophobicity change in apoA-I. Journal of lipid research, 55, 11, 2423-2431 Journal of lipid research, 55, 11, 2423-2431 Journal of lipid research, 55, 11, 2423-2431 2014/11 公開
Kuo TF, Mao D, Hirata N, Khambu B, Kimura Y, Kawase E, Shimogawa H, Ojika M, Nakatsuji N, Ueda K, Uesugi M Kuo TF, Mao D, Hirata N, Khambu B, Kimura Y, Kawase E, Shimogawa H, Ojika M, Nakatsuji N, Ueda K, Uesugi M Kuo TF, Mao D, Hirata N, Khambu B, Kimura Y, Kawase E, Shimogawa H, Ojika M, Nakatsuji N, Ueda K, Uesugi M Selective elimination of human pluripotent stem cells by a marine natural product derivative. Selective elimination of human pluripotent stem cells by a marine natural product derivative. Selective elimination of human pluripotent stem cells by a marine natural product derivative. Journal of the American Chemical Society, 136, 28, 9798-9801 Journal of the American Chemical Society, 136, 28, 9798-9801 Journal of the American Chemical Society, 136, 28, 9798-9801 2014/07 公開
Hirata N, Nakagawa M, Fujibayashi Y, Yamauchi K, Murata A, Minami I, Tomioka M, Kondo T, Kuo TF, Endo H, Inoue H, Sato S, Ando S, Kawazoe Y, Aiba K, Nagata K, Kawase E, Chang YT, Suemori H, Eto K, Nakauchi H, Yamanaka S, Nakatsuji N, Ueda K, Uesugi M Hirata N, Nakagawa M, Fujibayashi Y, Yamauchi K, Murata A, Minami I, Tomioka M, Kondo T, Kuo TF, Endo H, Inoue H, Sato S, Ando S, Kawazoe Y, Aiba K, Nagata K, Kawase E, Chang YT, Suemori H, Eto K, Nakauchi H, Yamanaka S, Nakatsuji N, Ueda K, Uesugi M N. Hirata; M. Nakagawa; Y. Fujibayashi; K. Yamauchi; A. Murata; I. Minami; M. Tomioka; T. Kondo; T.-F. Kuo; H. Endo; H. Inoue; S.-I. Sato; S. Ando; Y. Kawazoe; K. Aiba; K. Nagata; E. Kawase; Y.-T. Chang; H. Suemori; K. Eto; H. Nakauchi; S. Yamanaka; N. Nakatsuji; K. Ueda; M. Uesugi A chemical probe that labels human pluripotent stem cells. A chemical probe that labels human pluripotent stem cells. A Chemical Probe that Labels Human Pluripotent Stem Cells Cell reports, 6, 6, 1165-1174 Cell reports, 6, 6, 1165-1174 Cell Reports, 6, 6, 1165-1174 2014/03 英語 公開
Chiba T, Sakurada T, Watanabe R, Yamaguchi K, Kimura Y, Kioka N, Kawagishi H, Matsuo M, Ueda K Chiba T, Sakurada T, Watanabe R, Yamaguchi K, Kimura Y, Kioka N, Kawagishi H, Matsuo M, Ueda K Chiba T, Sakurada T, Watanabe R, Yamaguchi K, Kimura Y, Kioka N, Kawagishi H, Matsuo M, Ueda K Fomiroid A, a novel compound from the mushroom fomitopsis nigra, inhibits NPC1L1-mediated cholesterol uptake via a mode of action distinct from that of ezetimibe. Fomiroid A, a novel compound from the mushroom fomitopsis nigra, inhibits NPC1L1-mediated cholesterol uptake via a mode of action distinct from that of ezetimibe. Fomiroid A, a novel compound from the mushroom fomitopsis nigra, inhibits NPC1L1-mediated cholesterol uptake via a mode of action distinct from that of ezetimibe. PloS one, 9, 12, e116162 PloS one, 9, 12, e116162 PloS one, 9, 12, e116162 2014 公開
Sano O, Ito S, Kato R, Shimizu Y, Kobayashi A, Kimura Y, Kioka N, Hanada K, Ueda K, Matsuo M Sano O, Ito S, Kato R, Shimizu Y, Kobayashi A, Kimura Y, Kioka N, Hanada K, Ueda K, Matsuo M Sano O, Ito S, Kato R, Shimizu Y, Kobayashi A, Kimura Y, Kioka N, Hanada K, Ueda K, Matsuo M ABCA1, ABCG1, and ABCG4 are distributed to distinct membrane meso-domains and disturb detergent-resistant domains on the plasma membrane. ABCA1, ABCG1, and ABCG4 are distributed to distinct membrane meso-domains and disturb detergent-resistant domains on the plasma membrane. ABCA1, ABCG1, and ABCG4 are distributed to distinct membrane meso-domains and disturb detergent-resistant domains on the plasma membrane. PloS one, 9, 10, e109886 PloS one, 9, 10, e109886 PloS one, 9, 10, e109886 2014 公開
K. Ueda; K. Takahashi; A. Kobayashi; M. Matsuo K. Ueda; K. Takahashi; A. Kobayashi; M. Matsuo K. Ueda; K. Takahashi; A. Kobayashi; M. Matsuo ABC proteins move lipids ABC proteins move lipids ABC proteins move lipids Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme., 51, 4, 342-349 Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme., 51, 4, 342-349 Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme., 51, 4, 342-349 2006 日本語 公開
K. Ueda K. Ueda K. Ueda ABC proteins involved in lipid homeostasis ABC proteins involved in lipid homeostasis ABC proteins involved in lipid homeostasis Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society, 76, 6, 525-531 Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society, 76, 6, 525-531 Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society, 76, 6, 525-531 2004 日本語 公開
M. Matsuo; K. Ueda M. Matsuo; K. Ueda M. Matsuo; K. Ueda XYZ of ABC proteins?: where is the goal for the study of ABC protein structure? XYZ of ABC proteins?: where is the goal for the study of ABC protein structure? XYZ of ABC proteins?: where is the goal for the study of ABC protein structure? Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 47, 11, 1431-1438 Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 47, 11, 1431-1438 Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 47, 11, 1431-1438 2002 日本語 公開
植田和光 植田和光 植田和光 Molecular mechanism of multidrug transporter MDR 1: ABC in host-defense machinery. Molecular mechanism of multidrug transporter MDR 1: ABC in host-defense machinery. Molecular mechanism of multidrug transporter MDR 1: ABC in host-defense machinery. 蛋白質 核酸 酵素, 46, 5, 588-595 蛋白質 核酸 酵素, 46, 5, 588-595 蛋白質 核酸 酵素, 46, 5, 588-595 2001/04/01 日本語 公開
植田 和光 植田 和光 植田 和光 分子メカニズムと生体防御機構における役割 分子メカニズムと生体防御機構における役割 分子メカニズムと生体防御機構における役割 バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry, 58, 1, 24-27 バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry, 58, 1, 24-27 バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry, 58, 1, 24-27 2000/01/01 日本語 公開
植田 和光 植田 和光 植田 和光 ABCトランスポーター:医薬開発のターゲット ABCトランスポーター:医薬開発のターゲット ABCトランスポーター:医薬開発のターゲット バイオサイエンスとインダストリー,58/,23 バイオサイエンスとインダストリー,58/,23 バイオサイエンスとインダストリー,58/,23 2000 日本語 公開
植田 和光 植田 和光 植田 和光 環境有害物質に対する生物防御の分子メカニズム 環境有害物質に対する生物防御の分子メカニズム 環境有害物質に対する生物防御の分子メカニズム 農化,74/,791-794 農化,74/,791-794 農化,74/,791-794 2000 日本語 公開
K. Ueda; T. Amachi K. Ueda; T. Amachi K. Ueda; T. Amachi Molecular mechanism of defence to toxic substance Molecular mechanism of defence to toxic substance Molecular mechanism of defence to toxic substance Nippon Nogeikagaku Kaishi, 74, 7, 791-794 Nippon Nogeikagaku Kaishi, 74, 7, 791-794 Nippon Nogeikagaku Kaishi, 74, 7, 791-794 2000 日本語 公開
植田 和光 植田 和光 植田 和光 アプローチ:ABCタンパク質の多機能性と生体防御. アプローチ:ABCタンパク質の多機能性と生体防御. アプローチ:ABCタンパク質の多機能性と生体防御. 最新医学,54/,352-359 最新医学,54/,352-359 最新医学,54/,352-359 1999 日本語 公開
植田 和光 植田 和光 植田 和光 トランスポーター型ABCタンパク質P糖タンパク質 トランスポーター型ABCタンパク質P糖タンパク質 トランスポーター型ABCタンパク質P糖タンパク質 最新医学,54/,360-365 最新医学,54/,360-365 最新医学,54/,360-365 1999 日本語 公開
植田 和光 植田 和光 植田 和光 薬剤耐性の分子生物学的機序 薬剤耐性の分子生物学的機序 薬剤耐性の分子生物学的機序 炎症と免疫,7/,114-120 炎症と免疫,7/,114-120 炎症と免疫,7/,114-120 1999 日本語 公開
植田 和光 植田 和光 植田 和光 MDR1/P-糖タンパク質の薬剤輸送の分子機構. MDR1/P-糖タンパク質の薬剤輸送の分子機構. MDR1/P-糖タンパク質の薬剤輸送の分子機構. 蛋白質核酸酵素,42/8,1263 蛋白質核酸酵素,42/8,1263 蛋白質核酸酵素,42/8,1263 1997 日本語 公開
植田 和光 植田 和光 植田 和光 抗癌剤に対する膜輸送機構の変化を介した耐性獲得. 抗癌剤に対する膜輸送機構の変化を介した耐性獲得. 抗癌剤に対する膜輸送機構の変化を介した耐性獲得. 日本臨床,55/5,1024 日本臨床,55/5,1024 日本臨床,55/5,1024 1997 日本語 公開
植田 和光 植田 和光 植田 和光 生体異物排出ポンプMDR1/P-糖タンパク質の分子機構. 生体異物排出ポンプMDR1/P-糖タンパク質の分子機構. 生体異物排出ポンプMDR1/P-糖タンパク質の分子機構. 日本農芸化学会誌,71/8,785 日本農芸化学会誌,71/8,785 日本農芸化学会誌,71/8,785 1997 日本語 公開
植田 和光 植田 和光 植田 和光 生体異物排出ポンプP-糖蛋白質とMRPの構造と活性-分子標的としての重要性- 生体異物排出ポンプP-糖蛋白質とMRPの構造と活性-分子標的としての重要性- 生体異物排出ポンプP-糖蛋白質とMRPの構造と活性-分子標的としての重要性- 癌と化学療法,/,24 癌と化学療法,/,24 癌と化学療法,/,24 1997 日本語 公開
K. Ueda K. Ueda K. Ueda Molecular mechanisms for drug transport by MDR1/P-glycoprotein Molecular mechanisms for drug transport by MDR1/P-glycoprotein Molecular mechanisms for drug transport by MDR1/P-glycoprotein Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 42, 8, 1263-1272 Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 42, 8, 1263-1272 Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 42, 8, 1263-1272 1997 日本語 公開
K. Ueda K. Ueda K. Ueda MDR 1/P-glycoprotein : An efflux pump of lipophilic xenobiotics MDR 1/P-glycoprotein : An efflux pump of lipophilic xenobiotics MDR 1/P-glycoprotein : An efflux pump of lipophilic xenobiotics Nippon Nogeikagaku Kaishi, 71, 8, 785-788 Nippon Nogeikagaku Kaishi, 71, 8, 785-788 Nippon Nogeikagaku Kaishi, 71, 8, 785-788 1997 日本語 公開
植田和光 植田和光 植田和光 Family and super family of gene and proteins. Membrane transporter. ATP binding cassette transporter super family. Family and super family of gene and proteins. Membrane transporter. ATP binding cassette transporter super family. Family and super family of gene and proteins. Membrane transporter. ATP binding cassette transporter super family. 生体の科学, 46, 5, 596-598 生体の科学, 46, 5, 596-598 生体の科学, 46, 5, 596-598 1995/09 日本語 公開
植田和光 植田和光 植田和光 P glyco proteins and anticancer drug resistance. P glyco proteins and anticancer drug resistance. P glyco proteins and anticancer drug resistance. Bio Clin, 9, 14, 1063-1067 Bio Clin, 9, 14, 1063-1067 Bio Clin, 9, 14, 1063-1067 1994/12 日本語 公開
植田和光;駒野徹 植田和光;駒野徹 植田和光;駒野徹 Structure and function of multidrug resistance(MDR) gene. Structure and function of multidrug resistance(MDR) gene. Structure and function of multidrug resistance(MDR) gene. 医学のあゆみ, 167, 3, 147-149 医学のあゆみ, 167, 3, 147-149 医学のあゆみ, 167, 3, 147-149 1993/10/16 日本語 公開
植田 和光 植田 和光 植田 和光 [要修正] MDRI遺伝子の構造と機能 [要修正] MDRI遺伝子の構造と機能 [要修正] MDRI遺伝子の構造と機能 ,30,688-695 ,30,688-695 ,30,688-695 1993 日本語 公開
植田 和光 植田 和光 植田 和光 P-糖蛋白質 P-糖蛋白質 P-糖蛋白質 廣川タンパク質化学第2巻受容体タンパク質II,2,453-459 廣川タンパク質化学第2巻受容体タンパク質II,2,453-459 廣川タンパク質化学第2巻受容体タンパク質II,2,453-459 1993 日本語 公開
植田 和光 植田 和光 植田 和光 Pー糖蛋白質の遺伝子と機能 Pー糖蛋白質の遺伝子と機能 Pー糖蛋白質の遺伝子と機能 ,/10,8-14 ,/10,8-14 ,/10,8-14 1993 日本語 公開
植田 和光 植田 和光 植田 和光 多剤耐性遺伝子MDR1 多剤耐性遺伝子MDR1 多剤耐性遺伝子MDR1 化学と生物,/30,410-411 化学と生物,/30,410-411 化学と生物,/30,410-411 1992 日本語 公開
植田 和光 植田 和光 植田 和光 癌の多剤耐性に関与するヒトPー糖蛋白質の機能の解析 癌の多剤耐性に関与するヒトPー糖蛋白質の機能の解析 癌の多剤耐性に関与するヒトPー糖蛋白質の機能の解析 日本農芸化学会誌,/66,1617-1624 日本農芸化学会誌,/66,1617-1624 日本農芸化学会誌,/66,1617-1624 1992 日本語 公開
植田 和光 植田 和光 植田 和光 抗癌剤を細胞外に排出するPー糖蛋白質の本来の基質は何か 抗癌剤を細胞外に排出するPー糖蛋白質の本来の基質は何か 抗癌剤を細胞外に排出するPー糖蛋白質の本来の基質は何か 化学,/46,428-429 化学,/46,428-429 化学,/46,428-429 1991 日本語 公開
植田 和光 植田 和光 植田 和光 MDR1とPー糖蛋白質 MDR1とPー糖蛋白質 MDR1とPー糖蛋白質 ,/6,301-306 ,/6,301-306 ,/6,301-306 1990 日本語 公開
植田 和光 植田 和光 植田 和光 多剤耐性の分子機構 多剤耐性の分子機構 多剤耐性の分子機構 腫瘍と感染,/3,443-450 腫瘍と感染,/3,443-450 腫瘍と感染,/3,443-450 1990 日本語 公開
植田 和光 植田 和光 植田 和光 ヒト多剤耐性遺伝子を担うMDR1遺伝子の構造と機能 ヒト多剤耐性遺伝子を担うMDR1遺伝子の構造と機能 ヒト多剤耐性遺伝子を担うMDR1遺伝子の構造と機能 ファルマシア,/26,809-813 ファルマシア,/26,809-813 ファルマシア,/26,809-813 1990 日本語 公開
植田和光 植田和光 植田和光 癌の多剤耐性はMDR1遺伝子が担っているのか? 癌の多剤耐性はMDR1遺伝子が担っているのか? 癌の多剤耐性はMDR1遺伝子が担っているのか? 蛋白質 核酸 酵素, 33, 8, 1287-1299 蛋白質 核酸 酵素, 33, 8, 1287-1299 蛋白質 核酸 酵素, 33, 8, 1287-1299 1988/07 日本語 公開
植田 和光 植田 和光 植田 和光 [要修正] 多剤耐性遺伝子MDR1. [要修正] 多剤耐性遺伝子MDR1. [要修正] 多剤耐性遺伝子MDR1. 癌と化学療法,/15,2858-2862 癌と化学療法,/15,2858-2862 癌と化学療法,/15,2858-2862 1988 日本語 公開
植田 和光 植田 和光 植田 和光 多剤耐性遺伝子MDR1とその発見機構 多剤耐性遺伝子MDR1とその発見機構 多剤耐性遺伝子MDR1とその発見機構 細胞工学,/9,96-104 細胞工学,/9,96-104 細胞工学,/9,96-104 1988 日本語 公開
A. Fojo; M. Cornwell; C. Cardarelli; D.P. Clark; N. Richert; D.-w. Shen; K. Ueda; M. Willingham; M.M. Gottesman; I. Pastan A. Fojo; M. Cornwell; C. Cardarelli; D.P. Clark; N. Richert; D.-w. Shen; K. Ueda; M. Willingham; M.M. Gottesman; I. Pastan [要修正] [要修正] Molecular biology of drug resistance Breast Cancer Research and Treatment, 9, 1, 5-16 , 9, 1, 5-16 Breast Cancer Research and Treatment, 9, 1, 5-16 1987 英語 公開
植田 和光 植田 和光 [要修正] [要修正] ATP binding/hydrolysis by and phosphorylation of peroxisomal ABC proteins PMP70 (ABCD3) and ALDP (ABCD1). J. Biol. Chem. 277, 40142-40147 J. Biol. Chem. r,277, 40142-40147 J. Biol. Chem. r,277, 40142-40147 英語 公開

  • <<
  • >>
  • 表示
タイトル言語:
書籍等出版物
著者 著者(日本語) 著者(英語) タイトル タイトル(日本語) タイトル(英語) 出版社 出版社(日本語) 出版社(英語) 出版年月 記述言語 担当区分 公開
植田 和光 植田 和光 植田 和光 ABCトランスポーター-生体防御のABC-遺伝子から疾患まで. ABCトランスポーター-生体防御のABC-遺伝子から疾患まで. ABCトランスポーター-生体防御のABC-遺伝子から疾患まで. 診断と治療社, 診断と治療社, 診断と治療社, 2002 日本語 公開
植田 和光 植田 和光 植田 和光 ガン細胞の薬剤耐性機構 ガン細胞の薬剤耐性機構 ガン細胞の薬剤耐性機構 In動物細胞細胞工学ハンドブック:朝倉書店, In動物細胞細胞工学ハンドブック:朝倉書店, In動物細胞細胞工学ハンドブック:朝倉書店, 2001 日本語 公開
植田 和光 植田 和光 植田 和光 MDR1遺伝子を介した多剤耐性.In癌の薬剤耐性とその克服-基礎と臨床,大沼尚夫,and竹村譲eds. MDR1遺伝子を介した多剤耐性.In癌の薬剤耐性とその克服-基礎と臨床,大沼尚夫,and竹村譲eds. MDR1遺伝子を介した多剤耐性.In癌の薬剤耐性とその克服-基礎と臨床,大沼尚夫,and竹村譲eds. 宇宙堂八木書店,/,63-72 宇宙堂八木書店,/,63-72 宇宙堂八木書店,/,63-72 2001 日本語 公開
植田 和光 植田 和光 植田 和光 Cell volume regulation. The molecular mechanism and volume sensing machinery. (共著) Cell volume regulation. The molecular mechanism and volume sensing machinery. (共著) Cell volume regulation. The molecular mechanism and volume sensing machinery. (共著) Volume sesor anion channel., Volume sesor anion channel., Volume sesor anion channel., 1998 日本語 公開
植田 和光 植田 和光 植田 和光 How does P-gp recognize its substrates? (共著) How does P-gp recognize its substrates? (共著) How does P-gp recognize its substrates? (共著) Seminars in Cancer Biology, Seminars in Cancer Biology, Seminars in Cancer Biology, 1997 日本語 公開
植田 和光 植田 和光 植田 和光 多剤耐性の分子機構 多剤耐性の分子機構 多剤耐性の分子機構 羊土社 羊土社 羊土社 1994 日本語 公開
植田 和光 植田 和光 植田 和光 脂溶性酸化物のDNA損傷作用及び脂溶性有害物質排出ポンプPー糖蛋白質(共著) 脂溶性酸化物のDNA損傷作用及び脂溶性有害物質排出ポンプPー糖蛋白質(共著) 脂溶性酸化物のDNA損傷作用及び脂溶性有害物質排出ポンプPー糖蛋白質(共著) 食品の生体調節機能,/,319-330 食品の生体調節機能,/,319-330 食品の生体調節機能,/,319-330 1993 日本語 公開
植田 和光 植田 和光 植田 和光 ABCタンパク質:細胞のATPエンジン.In生体膜のエネルギー装置 ABCタンパク質:細胞のATPエンジン.In生体膜のエネルギー装置 ABCタンパク質:細胞のATPエンジン.In生体膜のエネルギー装置 バイオサイエンスの新世紀 共立出版,7 バイオサイエンスの新世紀 共立出版,7 バイオサイエンスの新世紀 共立出版,7 日本語 公開
タイトル言語:
学術賞等
賞の名称(日本語) 賞の名称(英語) 授与組織名(日本語) 授与組織名(英語) 年月
日本農芸化学会奨励賞 日本農芸化学会 1992
日本農芸化学会賞 日本農芸化学会 2010/03
科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞 2017/07/
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金)
種別 代表/分担 テーマ(日本語) テーマ(英語) 期間
基盤研究(S) 代表 脂質輸送に関与するABC蛋白質の生理的基質と機能の解明
基盤研究(S) 脂質輸送に関与するABC蛋白質の生理的基質と機能の解明 2008〜2012
基盤研究(A) 代表 HDL(善玉コレステロール)形成の鍵をにぎるABC蛋白質の作用機構解明 2013〜2015
基盤研究(S) 代表 コレステロール恒常性の鍵をにぎるABC蛋白質の作用機構解明 2013〜2017
基盤研究(S) 代表 コレステロール恒常性の鍵をにぎるABC蛋白質の作用機構解明 (平成26年度分) 2014/04/01〜2015/03/31
基盤研究(S) 代表 コレステロール恒常性の鍵をにぎるABC蛋白質の作用機構解明 (平成27年度分) 2015/04/01〜2016/03/31
基盤研究(S) 代表 コレステロール恒常性の鍵をにぎるABC蛋白質の作用機構解明 (平成28年度分) 2016/04/01〜2017/03/31
基盤研究(S) 代表 コレステロール恒常性の鍵をにぎるABC蛋白質の作用機構解明 (平成29年度分) 2017/04/01〜2018/03/31
基盤研究(S) 代表 脂質輸送型ABC蛋白質の謎に迫る Uncovering the secrets of lipid-transporting ABC protein 2018/61/1〜2022/33/1
基盤研究(S) 代表 脂質輸送型ABC蛋白質の謎に迫る (平成30年度分) 2018/04/01〜2019/03/31
外部資金:競争的資金 (科学研究費補助金以外)
制度名 代表者名 研究課題(日本語) 研究課題(英語) 期間
抗癌剤排出ポンプP-糖蛋白質の作用メカニズムの解明 Molecular mechanism of multidrug transporter P-glycoprotein
ATP感受性K<sup>+</sup>チャンネルの分子メカニズム Molecular mechanism of ATP sensitine K<sup>+</sup> channel
ABCタンパク質の分子メカニズム Molecular mechanism of ABC proteins
脂質ホメオスタシスに関与するABC蛋白質の分子基盤
担当科目
講義名(日本語) 講義名(英語) 開講期 学部/研究科 年度
応用生命科学入門III 後期 農学部 2011/04〜2012/03
分子生物学II 後期 農学部 2011/04〜2012/03
細胞生化学専攻実験 農学研究科 2011/04〜2012/03
細胞生化学専攻演習 農学研究科 2011/04〜2012/03
応用生命科学 Applied Life Sciences 後期 全学共通科目 2011/04〜2012/03
分子生物学Ⅱ Molecular BiologyII 後期 農学部 2012/04〜2013/03
応用生命科学 Applied Life Sciences 後期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
応用生命科学入門III Introduction to Applied Life Science III 後期 農学部 2012/04〜2013/03
細胞と物質をつなぐ科学 Integrated Cell-Material Sciences 後期 全学共通科目 2012/04〜2013/03
応用生命科学入門III Introduction to Applied Life Science III 後期 農学部 2013/04〜2014/03
分子生物学Ⅱ Molecular BiologyII 後期 農学部 2013/04〜2014/03
応用生命科学 III Applied Life Sciences III 前期集中 農学研究科 2013/04〜2014/03
細胞生化学講義 Cellular Biochemistry 後期集中 農学研究科 2013/04〜2014/03
細胞生化学専攻演習 Cellular Biochemistry Seminar 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
細胞生化学専攻実験 Experimental Course of Cellular Biochemistry 通年 農学研究科 2013/04〜2014/03
応用生命科学 Applied Life Sciences 後期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
細胞と物質をつなぐ科学 Integrated Cell-Material Sciences 後期 全学共通科目 2013/04〜2014/03
応用生命科学入門III Introduction to Applied Life Science III 後期 農学部 2014/04〜2015/03
分子生物学Ⅱ Molecular BiologyII 後期 農学部 2014/04〜2015/03
応用生命科学 III Applied Life Sciences III 前期集中 農学研究科 2014/04〜2015/03
細胞生化学講義 Cellular Biochemistry 前期集中 農学研究科 2014/04〜2015/03
Advanced Applied Biochemistry Advanced Applied Biochemistry 後期集中 農学研究科 2014/04〜2015/03
細胞生化学専攻演習 Cellular Biochemistry Seminar 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
細胞生化学専攻実験 Experimental Course of Cellular Biochemistry 通年 農学研究科 2014/04〜2015/03
応用生命科学 Applied Life Sciences 後期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
細胞と物質をつなぐ科学 Integrated Cell-Material Sciences 後期 全学共通科目 2014/04〜2015/03
分子生物学Ⅱ Molecular BiologyII 後期 農学部 2015/04〜2016/03
応用生命科学 III Applied Life Sciences III 前期集中 農学研究科 2015/04〜2016/03
応用生命科学入門III Introduction to Applied Life Science III 後期 農学部 2015/04〜2016/03
細胞と物質をつなぐ科学 Integrated Cell-Material Sciences 後期 全学共通科目 2015/04〜2016/03
細胞生化学専攻実験1 Experimental Course of Cellular Biochemistry1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
細胞生化学専攻実験 Experimental Course of Cellular Biochemistry 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
細胞生化学専攻演習1 Cellular Biochemistry Seminar1 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
細胞生化学専攻演習 Cellular Biochemistry Seminar 通年 農学研究科 2015/04〜2016/03
細胞生化学講義 Cellular Biochemistry 前期集中 農学研究科 2015/04〜2016/03
Advanced Applied Biochemistry Advanced Applied Biochemistry 後期集中 農学研究科 2016/04〜2017/03
分子生物学Ⅱ Molecular BiologyII 後期 農学部 2016/04〜2017/03
応用生命科学 III Applied Life Sciences III 前期集中 農学研究科 2016/04〜2017/03
細胞生化学専攻実験1 Experimental Course of Cellular Biochemistry1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
細胞生化学専攻実験2 Experimental Course of Cellular Biochemistry2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
細胞生化学専攻実験 Experimental Course of Cellular Biochemistry 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
細胞生化学専攻演習1 Cellular Biochemistry Seminar1 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
細胞生化学専攻演習2 Cellular Biochemistry Seminar2 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
細胞生化学専攻演習 Cellular Biochemistry Seminar 通年 農学研究科 2016/04〜2017/03
細胞生化学講義 Cellular Biochemistry 前期集中 農学研究科 2016/04〜2017/03
分子生物学II Molecular BiologyII 後期 農学部 2017/04〜2018/03
応用生命科学 III Applied Life Sciences III 前期集中 農学研究科 2017/04〜2018/03
細胞生化学専攻実験1 Experimental Course of Cellular Biochemistry1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
細胞生化学専攻実験2 Experimental Course of Cellular Biochemistry2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
細胞生化学専攻実験 Experimental Course of Cellular Biochemistry 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
細胞生化学専攻演習1 Cellular Biochemistry Seminar1 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
細胞生化学専攻演習2 Cellular Biochemistry Seminar2 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
細胞生化学専攻演習 Cellular Biochemistry Seminar 通年 農学研究科 2017/04〜2018/03
細胞生化学講義 Cellular Biochemistry 前期集中 農学研究科 2017/04〜2018/03
Advanced Applied Biochemistry Advanced Applied Biochemistry 後期集中 農学研究科 2018/04〜2019/03
分子生物学II Molecular BiologyII 後期 農学部 2018/04〜2019/03
応用生命科学III Applied Life Sciences III 前期集中 全学共通科目 2018/04〜2019/03
応用生命科学 III Applied Life Sciences III 前期集中 農学研究科 2018/04〜2019/03
生理化学概論 Outline of Physiological Chemistry 後期集中 全学共通科目 2018/04〜2019/03
細胞生化学専攻実験1 Experimental Course of Cellular Biochemistry1 通年 農学研究科 2018/04〜2019/03
細胞生化学専攻実験2 Experimental Course of Cellular Biochemistry2 通年 農学研究科 2018/04〜2019/03
細胞生化学専攻演習1 Cellular Biochemistry Seminar1 通年 農学研究科 2018/04〜2019/03
細胞生化学専攻演習2 Cellular Biochemistry Seminar2 通年 農学研究科 2018/04〜2019/03
細胞生化学講義 Cellular Biochemistry 前期集中 農学研究科 2018/04〜2019/03

  • <<
  • >>
  • 表示
全学運営(役職等)
役職名 期間
大学入試センター試験実施委員会 委員 2017/04/01〜2019/03/31
部局運営(役職等)
役職名 期間
PI議長 2014/04/01〜2015/03/31
農学研究科学部教務委員会 委員 2016/04/01〜2018/03/31
農学研究科研究活動推進委員会 委員 2016/04/01〜2018/03/31
学会活動:学会役員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) 役職名(日本語) 役職名(英語) 期間
日本農芸化学会 会長 President 2015/05/01〜2017/04/30
日本生化学会 常任理事 2008/04/01〜2010/03/31
日本生化学会 理事 2017/11/21〜2019/11/20
日本農芸化学会 財務委員長 2017/05/01〜2019/04/31
日本農学会 監事 2016/05/01〜2018/04/31
日本脂質生化学会 幹事 2015/05/01〜
学会活動:編集委員歴
学会名(日本語) 学会名(英語) ジャーナル名(日本語) ジャーナル名(英語) 役職名 期間
日本農芸化学会 Japan Society forBioscience, Biotechnology, and Agrochemistry Bioscience Biotechnology and Biochemistry Bioscience Biotechnology and Biochemistry 編集委員長 2013/05/01〜2014/12/31
その他活動:国・地方公共団体での活動
委員会名(日本語) 委員会名(英語) 役職名 公共団体の名称 期間
学術システム研究センター 主任研究員 日本学術振興会 2015/04/01〜2018/03/31
学術システムセンター 主任研究員 日本学術振興会 2018/04/01〜2019/03/31