栗山 浩一

Last Update: 2017/09/23 15:51:03

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
栗山 浩一/クリヤマ コウイチ/Koichi Kuriyama
Primary department(Org1/Org2/Org3/Job title)
農学研究科/生物資源経済学専攻国際農林経済学講座/教授
Faculty
Org1 Org2 Org3 Job title
農学部
Contact address
Type Address(Japanese) Address(English)
Office 〒606-8502 京都市左京区北白川追分町 京都大学農学研究科生物資源経済学専攻 Division of Natural Resource Economics, Graduate School of Agriculture, Kyoto University Oiwake-cho, Kitashirakawa, Sakyo-ku, Kyoto 606-8502, JAPAN
Phone
Type Number
Office 075-753-6192
E-mail address
メールアドレス
kkuri @ kais.kyoto-u.ac.jp
Affiliated academic organization(s) (Japanese)
Organization name(Japanese) Organization name(English)
環境経済・政策学会 Society for Environmental Economics and Policy Studies
日本経済学会 Japanese Economic Association
日本森林学会 Japanese Forest Society
林業経済学会 Japanese Forest Economic Society
Affiliated academic organization(s) (overseas)
Organization name Country
Association of Environmental and Resource Economists アメリカ
European Association of Environmental and Resource Economists
Academic degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
修士(農学) 京都大学
博士(農学) 京都大学
Graduate school
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(Japanese) Major(English) Degree
京都大学 大学院農学研究科修士課程農林経済学専攻 修了
University
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(s)(Japanese) Major(s)(English) Degree
京都大学 農学部農林経済学科 卒業
Work Experience
Period Organization(Japanese) Organization(English) Job title(Japanese) Job title(English)
1994/04/01-1999/03/31 北海道大学農学部森林科学科 Hokkaido University 助手 Instructor
1999/04/01-2001/03/31 早稲田大学政治経済学部 Waseda University 専任講師 Assistant Professor
2001/04/01-2006/03/31 早稲田大学政治経済学部 Waseda University 助教授 Associate Professor
2006/04/01-2009/08/31 早稲田大学政治経済学術院 Waseda University 教授 Professor
2009/09/01- 京都大学農学研究科 Kyoto University 教授 Professor
Personal Profile
(Japanese)
1988年京都大学農学部農林経済学科入学,1992年同学科卒業,1992年京都大学農学研究科農林経済学専攻修士課程入学,1994年同修士課程修了。1994年より北海道大学助手,1999年より早稲田大学専任講師,助教授,教授。2009年より京都大学農学研究科教授,現在に至る。専門は環境経済学。自然環境の経済評価,生物多様性の保全政策,国立公園の管理,森林や河川の流域管理政策,企業の環境対策の評価など幅広い分野で研究を行っている。
Personal website address
URL
http://kkuri.eco.coocan.jp/
Research Topics
(Japanese)
森林などの自然資源の環境価値を金銭単位で評価する手法の開発および政策への適用可能性についての研究
(English)
Developing non-market valuation methods for natural resources and application to environmental policy
Overview of your research
(Japanese)
自然環境の経済評価,生物多様性の保全政策,国立公園の管理,森林や河川の流域管理政策,企業の環境対策の評価など幅広い分野で研究を行っている。
(English)
non-market valuation, conservation policy of biodiversity, national park management, watershed management, valuing environmental management
Fields of research (key words)
Key words(Japanese) Key words(English)
環境経済学 environmental economics
環境評価 non-market valuation
生物多様性 biodiversity
国立公園 national park
流域管理 watershed management
森林政策 forest policy
環境経営 environmental management
Fields of research (kaken code)
Kaken code
Environmental impact assessment/environmental policy
Applied economics
Published Papers > Published Papers
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language
Ito, Nobuyuki and Koichi Kuriyama Averting Behaviors of Very Small Radiation Exposure via Food Consumption after the Fukushima Nuclear Power Station Accident American Journal of Agricultural Economics,99,1,55-72 2017 Refereed English
栗山 浩一 自然資源管理における市民の視点 林業経済研究,62,1,28-39 2016 Refereed
Yamaura, Y., Shoji, Y., Mitsuda, Y., Utsugi, H., Tsuge, T., Kuriyama, K., & Nakamura, F How many broadleaved trees are enough in conifer plantations? The economy of land sharing, land sparing and quantitative targets Journal of Applied Ecology 2016 Refereed
Norihiro Itsubo, Kayo Murakami, Koichi Kuriyama, Kentaro Yoshida, Koji Tokimatsu, Atsushi Inaba Development of weighting factors for G20 countries—explore the difference in environmental awareness between developed and emerging countries The International Journal of Life Cycle Assessment,1-15 2015 Refereed English
Kuriyama, Koichi, James Hilger and Michael Hanemann A Random Parameter Model with Onsite Sampling for Recreation Site Choice: An Application to Southern California Shoreline Sportfishing Environmental and Resource Economics 2013 Refereed English
Itsubo, Norihiro, Masaji Sakagami, Koichi Kuriyama and Atsushi Inaba Statistical analysis for the development of national average weighting factors—visualization of the variability between each individual's environmental thoughts The International Journal of Life Cycle Assessment, Volume 17, Number 4, 488-498 2012 Refereed Japanese
柘植隆宏・庄子康・栗山浩一 トラベルコスト法の研究動向 環境経済・政策研究,vol.4, no.2, 46-68 2011 Refereed Japanese
栗山浩一 生物多様性を経済社会システムに組み込む 農業と経済,81-47,Vol. 76, No. 10, 2010年9月号 2010 Japanese
Kuriyama, Koichi, W. Michael Hanemann and James R. Hilger A latent segmentation approach to a Kuhn–Tucker model: An application to recreation demand Journal of Environmental Economics and Management, 60(3), 209-220 2010 Refereed Japanese
西澤由隆・栗山浩一 面接調査におけるSocial Desirability Bias-その軽減へのfull-scale CASIの試み レヴァイアサン,46号,51-74 2010 Refereed Japanese
Hoshino, Tadao, and Koichi Kuriyama Measuring the Benefits of Neighborhood Park Amenities: Application and Comparison of Spatial Hedonic Approaches Environmental and Resource Economics, Vol.45, No.3, 429-444 2010 Refereed English
Ito, N., K. Takeuchi, K. Kuriyama, Y. Shoji, T. Tsuge, and Y. Mitani The Influence of Decision-making Rules on Individual Preferences for Ecological Restoration: Evidence from an Experimental Survey Ecological Economics, Volume 68, Issues 8-9, 2426-2431 2009 Refereed English
栗山浩一・岸本充生・金本良嗣 死亡リスク削減の経済的評価-スコープテストによる仮想評価法の検証 環境経済・政策研究,Vol.2,No.2,48-63 2009 Refereed Japanese
Kuriyama, Koichi Environmental and Economic Values of World Heritage Sites in Japan Harvard Asia Quarterly, Vol.XI, No.4, 32-40 2009 English
栗山浩一 表明選好法におけるバイアスの経済分析 環境経済・政策研究,Vol.1,No.2,51-63 2009 Refereed Japanese
栗山浩一 環境負荷の金銭換算:LCAと経済評価 日本LCA学会誌,149-157, Vol. 5 2009 Japanese
MITANI, Yohei, Yasushi SHOJI, and Koichi KURIYAMA Estimating Economic Values of Vegetation Restoration with Choice Experiments: A Case Study of Endangered Species in Lake Kasumigaura, Japan Landscape and Ecological Engineering, No. 4, 103-113 2008 Refereed English
栗山浩一・庄子康 協力金が訪問行動に及ぼす影響の経済分析―屋久島におけるCVM による実証研究 環境科学会誌,21(4),307-316 2008 Refereed Japanese
庄子康・八巻一成・三谷羊平・柘植隆宏・栗山浩一 選択型実験による北海道の国立公園に対する目的地選択の把握 ランドスケープ研究,71(5),635-638 2008 Refereed Japanese
SHOJI, Yasushi, Yohei MITANI, Taro MIENO, and Koichi KURIYAMA Providing quality recreation experiences in Japan Economics Bulletin, Vol. 17, No. 7, 1-11 2008 Refereed English

  • <<
  • >>
Conference Presentation > Conference Presentation
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language
Kuriyama, Koichi, Yasushi Shoji, and Takahiro Tsuge The Value of Leisure Time of Weekends and Long Holidays: The Multiple Discrete–Continuous Extreme Value (MDCEV) Choice Model with Triple Constraints 日本経済学会 2017/06
栗山浩一・庄子 康・柘植隆宏 国立公園利用と時間価値─週末と長期休暇の訪問行動分析 日本森林学会 2017/03
Kubo, T., Shoji, Y., Tsuge, T., Kuriyama, K Voluntary contributions to maintenance for hiking trail: Evidence from a natural field experiment in Japan 実験社会科学カンファレンス 2016/10
栗山浩一・柘植隆宏 アンケート調査の実施例,チュートリアル「アンケート調査でどんな研究ができるか,調査票をどう作成するか」 環境経済・政策学会 2016/09
栗山浩一・庄子康・柘植隆宏 世界遺産登録の経済分析−疑似実験アプローチによる評価− 日本森林学会大会 2016/03
栗山浩一・庄子康・柿澤宏昭・小野理 保残伐をどう普及させるか:社会経済学的視点から 日本生態学会第63回全国大会 2016/03
Kuriyama, K., Shoji, Y., Tsuge, T. Policy Evaluation of Inscription on World Heritage List: Quasi-Experiment Approach 実験社会科学カンファレンス 2015/11
栗山浩一 ・ 庄子康 ・ 柘植隆宏 全国の国立公園の環境価値評価 日本森林学会 2015/03/28 Japanese
栗山 浩一 生物多様性保全と自然保護地域の管理 環境経済・政策学会 2014 Japanese
栗山 浩一 選択型実験のプロファイルデザイン 環境経済・政策学会 2013 Japanese
Koichi Kuriyama, Yasushi Shoji Takahiro Tsuge Estimating the value of mortality risk reduction in outdoor recreation: An application of the Kuhn-Tucker demand model 19th Annual Conference, European Association of Environmental and Resource Economists, Prague 2012/06/28 Refereed English
栗山浩一・伊藤伸幸・佐藤真行・吉田友美 放射性物質と食品選択行動-選択実験による分析- 特別セッション「食品を介した放射性物質の健康影響を市民/消費者はどう受け止めたか」,日本農業経済学会 2012 Japanese
栗山浩一・吉田謙太郎 生物多様性保全政策の経済評価―選択実験による評価― 林業経済学会 2011/11 Japanese
栗山浩一・吉田謙太郎 全国における生物多様性保全政策の経済評価-選択実験による評価- 環境経済・政策学会 2011/09 Japanese
Koichi Kuriyama, Yasushi Shoji, Takahiro Tsuge Estimating Value of Mortality Risk Reduction Using the Kuhn-Tucker Model: An Application to Recreation Demand Inaugural Summer Conference, Association of Environmental and Resource Economists, Seattle 2011/06/10 Refereed English
栗山浩一・庄子康・柘植隆宏 北海道における自然公園の訪問行動と山岳遭難リスクの影響-クーン・タッカーモデルによる分析- 林業経済学会 2010/11 Japanese
栗山 浩一 温暖化対策のコスト分析と森林政策 日本森林学会 2010 Japanese
Koichi Kuriyama A Spatial Kuhn-Tucker Model: An Application to Recreation Demand 日本経済学会 2010 English
栗山 浩一 CASI調査のプログラミングについて 統計関連学会連合大会 2010 Japanese
栗山 浩一 水環境政策の経済評価と経済的手段の適応可能性 環境経済・政策学会 2010 Japanese
栗山 浩一 経済実験の実際 環境経済・政策学会 2010 Japanese
栗山 浩一 生態系サービスの経済価値評価 環境経済・政策学会 2010 Japanese
栗山 浩一 表明選好アプローチの最新テクニック 環境経済・政策学会 2009 Japanese
栗山 浩一 湿原再生における森林の役割とその経済的評価-釧路湿原国立公園における実証研究- 日本森林学会 2009 Japanese
Koichi Kuriyama A Latent Segmentation Approach to a Kuhn-Tucker Model: An Application to Recreation Demand Association of Environmental and Resource Economists 2009 Refereed English
Koichi Kuriyama Multi Attributes Project Evaluation of Ecological Restoration: An Economic Experiment in Kushiro wetland, Japan European Conference on Ecological Restoration 2009 English
栗山 浩一 釧路湿原における自然再生事業の経済評価 環境経済・政策学会 2008 Japanese
Koichi Kuriyama How Decision-making Rule Influences Citizens' Preference for Ecological Restoration: Evidence from Experimental Survey in Kushiro, Japan International Society for Ecological Economics 2008 English
栗山 浩一 トラベルコスト法における異質性の分析-クーン・タッカーモデルへの応用 環境経済・政策学会 2008 Japanese
Koichi Kuriyama Measuring the Benefits of Neighbourhood Park Amenities: Application and Comparison of Spatial Hedonic Approaches 環境経済・政策学会 2008 English
栗山 浩一 北海道における自然公園の訪問行動と山岳遭難リスクの影響-クーン・タッカーモデルによる分析- 日本経済学会 2008 Japanese

  • <<
  • >>
Lectures > Invited Lectures
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
Title Conference name Organization name Date Language
生物多様性の価値と環境政策 環境経済・政策学会 2010 Japanese
Lectures > Keynote Lectures
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
Title Conference name Organization name Date Language
経済学的分析に基づいた生態系の価値評価 [招待あり] 第11回日本LCA学会講演会「生態系への影響評価とLCAにおける取り扱いを考える」 2011/12/26 Japanese
Lectures > Panels
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
Title Conference name Organization name Date Language
生態系サービスの経済価値評価 [招待あり] 公開シンポジウム-生物多様性と生態系サービスの経済学- 2012/01/18 Japanese
Environmental Valuation of Biodiversity in Japan [Invited] International Conference on Science and Technology for Sustainability 2010 - Conservation and Sustainable Use of Biodiversity. Science Council of Japan 2010/12/16 English
Lectures > Public Talks
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
Title Conference name Organization name Date Language
国立公園と経済実験 フィールド実験と疑似実験による分析 [招待あり] 早稲田大学現代政治経済研究所セミナー,経済理論・実験研究部会 2017/01/27
自然資源管理における市民の視点 [招待あり] 林業経済学会春季大会シンポジウム 2016/03
環境価値評価と実験経済学 [招待あり] 高知工科大学制度設計工学研究センター 2015/06/17 Japanese
「森里川海」の経済的価値と都市・地方の連携 [招待あり] 環境省森里川海プロジェク 2015/05/12 Japanese
生物多様性の経済価値 [招待あり] 京と地球の共生府民会議 環境連続セミナー 2015/03/15 Japanese
環境政策・公共事業の経済的評価について ~自然資本の評価を中心に~ [招待あり] 平成 26 年度 政策・事業評価専門委員会セミナー 2014/10/22 Japanese
環境価値の経済評価について [招待あり] 環境と経営セミナー 2014/09/12 Japanese
琵琶湖の価値と保全 [招待あり] 琵琶湖森林づくり県民フォーラム 2014/05/24 Japanese
富士山入山料の効果 [招待あり] 自然公園研究会 2013/09/19 Japanese
生物多様性の総合評価 [招待あり] 自然共生社会を拓くプロジェクトデザイン:文理協働による統域科学のキックオフ,生物多様性・生態系分野における社会科学と自然科学の連携に関する研究会 2013/04/23 Japanese
死亡リスクの経済評価-表明選好と顕示選好アプローチ [招待あり] 東北大学 環境・資源経済学ワークショップ 2012/10/15 Japanese
生態系サービスの経済評価 [招待あり] 生物多様性・生態系分野における社会科学と自然科学の連携に関する研究会 2012/08/31 Japanese
生物多様性の経済評価-選択実験による評価- [招待あり] 総合地球環境学研究所研究セミナー 2011/11/15 Japanese
日本における生物多様性・生態系の価値を認識する!? [招待あり] COP10社会と学術の対話フォーラム「生物多様性を主流に」 2010/09/05 Japanese
自然再生と地域再生-生物多様性保全は地域経済を再生できるか- [招待あり] 森林・林業形成研究会 2010/05/14 Japanese
The Intertemporal Substitution of Recreation Demand A Dynamic Kuhn-Tucker Model [招待あり] 滋賀大学環境総合研究センター第38回公開研究会 2009/12/07 Japanese
Environmental Valuation and Natural Resource Damage Assessment [招待あり] 京都大学環境経済学セミナー 2009/10/16 Japanese

  • <<
  • >>
Publications > Books
Authors Title Publisher Date Language
Managi, S. and K. Kuriyama Environmental Economics Routledge 2016
栗山 浩一 地域自然資産法の意義 ぎょうせい 2015/10
栗山 浩一 データに基づいた富士山入山料の多角的分析 観光文化 2015/07
栗山 浩一 環境の価値はどうやって測ればいいのでしょう? 経済セミナー 2015/04
Yohei Mitani, Koichi Kuriyama, and Takahiro Kubo Effect of the announcement of conservation area and financial targets on charitable giving for forest conservation: A natural field experiment study in East Asia," Chapter 18 in The Routledge Handbook of Environmental Economics in Asia edited by Shunsuke Routledge 2015
栗山 浩一 生物多様性とビジネス 農業と経済臨時増刊号『放射性物質の食品・健康リスク』 2014/10
栗山 浩一 森林の多面的価値をどう測る 農業と経済臨時増刊号『放射性物質の食品・健康リスク』 2014/04
栗山 浩一 バイオマス政策 馬奈木俊介編著『エネルギー経済学』73-88,中央経済社 2014/03
栗山 浩一 琵琶湖集水域の水質改善の便益評価 西澤栄一郎編『農業環境政策の経済分析』175-187,日本評論社 2014/03
栗山 浩一 富士山の入山料 導入によって保全は実現できるのか? グリーンパワー,森林文化協会 2014/01
栗山 浩一 富士山入山料の効果とは-トラベルコスト法による評価 学士会会報 2014/01
栗山 浩一 日本の森林資源のポテンシャル 農業と経済臨時増刊号『放射性物質の食品・健康リスク』 2013/12
栗山 浩一 包括的生産性の観点から環境経済の課題に挑む-書評 馬奈木俊介著『環境と効率の経済分析』 経済セミナー 2013/08
荒井紀一郎・栗山浩一・西澤由隆 プログラミング:WCASIシステムの開発と調査画面の作成 田中愛治監修『世論調査の新しい地平-CASI方式世論調査』69-91,勁草書房 2013/07
佐藤真行・栗山浩一 東日本大震災後の食品選択行動 馬奈木俊介編著『災害の経済学』159-172,中央経済社 2013/04 Japanese
栗山浩一・柘植隆宏・庄子 康 初心者のための環境評価入門 勁草書房 2013/02 Japanese
栗山 浩一 放射性物質と食品購買行動-選択実験による分析から 農業と経済臨時増刊号『放射性物質の食品・健康リスク』 2012/01
Kuriyama, K., Y. Shoji and T. Tsuge The Value of Biodiversity and Recreation Demand Models: A Spatial Kuhn-Tucker Model Managi, S. (Eds.) The Economics of Biodiversity and Ecosystem Services. Routledge, New York, USA, pp.37-52 2012 English
栗山浩一 生態系サービスの経済的評価 寺西俊一,石田信隆編著『自然資源経済論入門2 農林水産業の再生を考える』215-231,中央経済社 2011/11 Japanese
柘植隆宏・栗山浩一・三谷羊平編著 環境評価の最新テクニック: 表明選好法・顕示選好法・実験経済学 勁草書房 2011/11 Japanese
栗山浩一 生態系サービスの経済価値評価の応用 馬奈木俊介・地球環境戦略研究機関編『生物多様性の経済学-経済評価と制度分析』p35-52,昭和堂 2011/10 Japanese
栗山 浩一 コンジョイント分析による環境負荷の金銭評価 日本LCA学会誌 2011/07
栗山 浩一 水質保全の経済分析 季刊環境研究 2011/05
栗山 浩一 生物多様性を経済社会システムに組み込む 農業と経済 2010/09
栗山浩一 生物多様性の経済価値評価 林希一郎編著『生物多様性・生態系と経済の基礎知識』,中央法規,147-170 2010 Japanese
坂上雅治・栗山浩一 エコシステムサービスの環境価値-経済評価の試み- 坂上雅治・栗山浩一編著『エコシステムサービスの環境価値-経済評価の試み-』,晃洋書房 2009 Japanese
栗山浩一 図解入門ビジネス 最新環境経済学の基本と仕組みがよーくわかる本 栗山浩一『図解入門ビジネス 最新環境経済学の基本と仕組みがよーくわかる本』,秀和システム 2008 Japanese
栗山浩一・馬奈木俊介 環境経済学をつかむ 栗山浩一・馬奈木俊介.『環境経済学をつかむ』有斐閣 2008 Japanese

  • <<
  • >>
Publications > Translations
Authors Title Publisher Date Language
庄子康,柘植隆宏,栗山浩一 入門 自然資源経済学 日本評論社 2016/09
Publications > Other
Authors Title Publisher Date Language
愛甲哲也,庄子康,栗山浩一 自然保護と利用のアンケート調査 2016/07
大沼 あゆみ,栗山 浩一 生物多様性を保全する,環境政策の新地平 岩波書店 2015
栗山浩一・馬奈木俊介 環境はタダでは守れない-『環境経済学をつかむ』を刊行して 有斐閣書斎の窓,37-41,2008年6月号 2012/12 Japanese
Awards
Title(Japanese) Title(English) Organization name(Japanese) Organization name(English) Date
日本林学会賞 日本林学会 2001/04/
External funds, competitive funds and Grants-in-Aid for Scientific Research(kaken)
Type Position Title(Japanese) Title(English) Period
基盤研究(B) Representative 世界遺産における観光利用と保全政策の経済評価−フィールド実験による分析 2009-2011
萌芽研究 Assignment 地域共有資源の開発・利用・保全と環境調和型農林業システムの構築に関する計量分析 2010-2012
基盤研究(S) Assignment 食品リスク認知とリスクコミュニケーション、食農倫理とプロフェッションの確立 2010-2014
基盤(B) Representative 生物多様性保全を目的とした森林管理の実現と経済的インセンティブ政策に関する研究  2012-2014
挑戦的萌芽研究 Representative 放射線汚染に関する「除染取引市場」の創設と被災地復興の経済効果に関する研究 2012-2013
挑戦的萌芽研究 Representative 放射線汚染に関する「除染取引市場」の創設と被災地復興の経済効果に関する研究 2012-2013
基盤研究(B) Representative 生物多様性保全を目的とした森林管理の実現と経済的インセンティブ政策に関する研究  2012-2014
基盤研究(B) Representative 生物多様性保全を目的とした森林管理の実現と経済的インセンティブ政策に関する研究  2012/04/01-2015/03/31
挑戦的萌芽研究 Representative 「登山権取引市場」の創設による登山者管理と世界遺産保全の経済効果に関する研究 (平成26年度分) 2014/04/01-2015/03/31
基盤研究(B) Representative 生物多様性保全を目的とした森林管理の実現と経済的インセンティブ政策に関する研究 (平成26年度分) 2014/04/01-2015/03/31
基盤研究(B) Representative 生物多様性の価値評価における熟議の役割と保全政策への応用 2015/04/01-2018/03/31
基盤研究(B) Assignment 社会が支える森林管理を実現する手法開発のための基礎研究 2015/04/01-2019/03/31
基盤研究(B) Representative 生物多様性の価値評価における熟議の役割と保全政策への応用 (平成27年度分) 2015/04/01-2016/03/31
挑戦的萌芽研究 Representative 「登山権取引市場」の創設による登山者管理と世界遺産保全の経済効果に関する研究 (平成27年度分) 2015/04/01-2016/03/31
挑戦的萌芽研究 Representative 「登山権取引市場」の創設による登山者管理と世界遺産保全の経済効果に関する研究 (平成28年度分) 2016/04/01-2017/03/31
基盤研究(B) Representative 生物多様性の価値評価における熟議の役割と保全政策への応用 (平成28年度分) 2016/04/01-2017/03/31
基盤研究(B) Representative 生物多様性の価値評価における熟議の役割と保全政策への応用 (平成28年度分) 2016/04/01-2017/03/31

  • <<
  • >>
Non-external, competitive funds or grants other than grants-in-aid for Scientific research (kaken)
System Main person Title(Japanese) Title(English) Period
環境省環境経済の政策研究 栗山浩一(京都大学) 水分野における経済的手法を含めたポリシーミックスの効果と社会影響に関する研究 2009/04/01-2012/03/31
環境省環境経済の政策研究 栗山浩一(京都大学) 我が国における効果的な生物多様性の経済価値評価手法及び経済価値評価結果の普及・活用方策に関する研究 2012/04/01-2015/03/31
三井物産環境基金 大塚直 「持続可能性とWell-Being ~4種の資本概念とその限界~」 2014/04/01-2017/03/31
環境省環境研究総合推進費 土屋 俊幸(東京農工大学) 持続的地域社会構築の核としての自然保護地域の評価・計画・管理・合意形成手法の開発 サブテーマ:国立公園の多面的価値の経済的評価手法の確立 2014/04/01-2017/03/31
環境省環境経済の政策研究 栗山浩一(京都大学) 環境経済の政策研究「我が国における自然環境施策の社会経済への影響評価分析に関する研究」 2015/04/01-2018/03/31
農水省 栗山浩一(京都大学) 農山村地域における生物多様性保全活動の価値評価および企業やNPO等との連携による経済効果の分析手法開発に関する研究 2015/04/01-2018/03/31
Teaching subject(s)
Name(Japanese) Name(English) Term Department Period
林業政策学 前期 農学部 2011/04-2012/03
林業政策学演習I 後期 農学部 2011/04-2012/03
林業政策学演習II 前期 農学部 2011/04-2012/03
林業政策学演習III 後期 農学部 2011/04-2012/03
環境経済学入門 Introduction to environmental economics 後期 全学共通科目 2011/04-2012/03
世界の食料・農業・環境 Food, Agriculture and Environment in the World; 後期 全学共通科目 2011/04-2012/03
林業政策学専攻演習Ⅰ 農学研究科 2011/04-2012/03
林業政策学Ⅰ 農学研究科 2011/04-2012/03
林業政策学 Forestry Policy 前期 農学部 2012/04-2013/03
林業政策学演習I Forestry Policy I 後期 農学部 2012/04-2013/03
林業政策学演習II Forestry Policy II 前期 農学部 2012/04-2013/03
林業政策学演習III Forestry Policy III 後期 農学部 2012/04-2013/03
環境経済論 Environmental Economics 前期 経済学部 2012/04-2013/03
食料・環境経済学概論I Introduction of Food and Environmental Economics I 前期 農学部 2012/04-2013/03
環境経済論 Environmental Economics 前期 経済学部 2013/04-2014/03
森林政策学 Forest Policy 前期 農学部 2013/04-2014/03
森林経済政策学演習I Forest Economics And PolicyI 後期 農学部 2013/04-2014/03
森林経済政策学演習II Forest Economics And PolicyII 前期 農学部 2013/04-2014/03
森林経済政策学演習III Forest Economics And PolicyIII 後期 農学部 2013/04-2014/03
森林政策学 I Forest Policy I 通年 農学研究科 2013/04-2014/03
森林政策学 II Forest Policy II 通年 農学研究科 2013/04-2014/03
森林経済政策学専攻演習 I Advanced Seminar on Forestry Policy and Economics I 通年 農学研究科 2013/04-2014/03
森林経済政策学専攻演習 II Advanced Seminar on Forestry Policy and Economics II 通年 農学研究科 2013/04-2014/03
世界の食料・農業・環境 Food, Agriculture and Environment in the World: For the Sustainable World 後期 全学共通科目 2013/04-2014/03
特殊講義-実験経済学 Experimental Economics 後期 経済学部 2014/04-2015/03
食料・環境経済学概論I Introduction of Food and Environmental Economics I 前期 農学部 2014/04-2015/03
森林政策学 Forest Policy 前期 農学部 2014/04-2015/03
森林経済政策学演習I Forest Economics And PolicyI 後期 農学部 2014/04-2015/03
森林経済政策学演習II Forest Economics And PolicyII 前期 農学部 2014/04-2015/03
森林経済政策学演習III Forest Economics And PolicyIII 後期 農学部 2014/04-2015/03
森林政策学 I Forest Policy I 通年 農学研究科 2014/04-2015/03
森林政策学 II Forest Policy II 通年 農学研究科 2014/04-2015/03
森林経済政策学専攻演習 I Advanced Seminar on Forestry Policy and Economics I 通年 農学研究科 2014/04-2015/03
森林経済政策学専攻演習 II Advanced Seminar on Forestry Policy and Economics II 通年 農学研究科 2014/04-2015/03
世界の食料・農業・環境 Food, Agriculture and Environment in the World: For the Sustainable World 後期 全学共通科目 2015/04-2016/03
森林政策学1A Forest Policy1A 前期 農学研究科 2015/04-2016/03
森林政策学2A Forest Policy2A 前期 農学研究科 2015/04-2016/03
森林政策学1B Forest Policy1B 後期 農学研究科 2015/04-2016/03
森林政策学2B Forest Policy2B 後期 農学研究科 2015/04-2016/03
森林政策学 Forest Policy 前期 農学部 2015/04-2016/03
森林政策学 I Forest Policy I 通年 農学研究科 2015/04-2016/03
森林政策学 II Forest Policy II 通年 農学研究科 2015/04-2016/03
森林経済政策学専攻演習1 Advanced Seminar on Forestry Policy and Economics1 通年 農学研究科 2015/04-2016/03
森林経済政策学専攻演習 I Advanced Seminar on Forestry Policy and Economics I 通年 農学研究科 2015/04-2016/03
森林経済政策学専攻演習 II Advanced Seminar on Forestry Policy and Economics II 通年 農学研究科 2015/04-2016/03
森林経済政策学演習I Forest Economics And PolicyI 後期 農学部 2015/04-2016/03
森林経済政策学演習II Forest Economics And PolicyII 前期 農学部 2015/04-2016/03
森林経済政策学演習III Forest Economics And PolicyIII 後期 農学部 2015/04-2016/03
環境経済論 Environmental Economics 後期 経済学部 2015/04-2016/03
森林政策学1A Forest Policy1A 前期 農学研究科 2016/04-2017/03
森林政策学2A Forest Policy2A 前期 農学研究科 2016/04-2017/03
森林政策学1B Forest Policy1B 後期 農学研究科 2016/04-2017/03
森林政策学2B Forest Policy2B 後期 農学研究科 2016/04-2017/03
森林政策学 Forest Policy 前期 農学部 2016/04-2017/03
森林政策学 I Forest Policy I 通年 農学研究科 2016/04-2017/03
森林政策学 II Forest Policy II 通年 農学研究科 2016/04-2017/03
森林経済政策学専攻演習1 Advanced Seminar on Forestry Policy and Economics1 通年 農学研究科 2016/04-2017/03
森林経済政策学専攻演習2 Advanced Seminar on Forestry Policy and Economics2 通年 農学研究科 2016/04-2017/03
森林経済政策学専攻演習 I Advanced Seminar on Forestry Policy and Economics I 通年 農学研究科 2016/04-2017/03
森林経済政策学専攻演習 II Advanced Seminar on Forestry Policy and Economics II 通年 農学研究科 2016/04-2017/03
森林経済政策学演習I Forest Economics And PolicyI 後期 農学部 2016/04-2017/03
森林経済政策学演習II Forest Economics And PolicyII 前期 農学部 2016/04-2017/03
森林経済政策学演習III Forest Economics And PolicyIII 後期 農学部 2016/04-2017/03
環境経済論 Environmental Economics 前期 経済学部 2016/04-2017/03
食料環境基礎社会・経済論 Basic Sociology and Economics for Food and Environment 後期 農学部 2016/04-2017/03
森林政策学1A Forest Policy1A 前期 農学研究科 2017/04-2018/03
森林政策学2A Forest Policy2A 前期 農学研究科 2017/04-2018/03
森林政策学1B Forest Policy1B 後期 農学研究科 2017/04-2018/03
森林政策学2B Forest Policy2B 後期 農学研究科 2017/04-2018/03
森林政策学 Forest Policy 前期 農学部 2017/04-2018/03
森林政策学 I Forest Policy I 通年 農学研究科 2017/04-2018/03
森林政策学 II Forest Policy II 通年 農学研究科 2017/04-2018/03
森林経済政策学専攻演習1 Advanced Seminar on Forestry Policy and Economics1 通年 農学研究科 2017/04-2018/03
森林経済政策学専攻演習2 Advanced Seminar on Forestry Policy and Economics2 通年 農学研究科 2017/04-2018/03
森林経済政策学専攻演習 I Advanced Seminar on Forestry Policy and Economics I 通年 農学研究科 2017/04-2018/03
森林経済政策学専攻演習 II Advanced Seminar on Forestry Policy and Economics II 通年 農学研究科 2017/04-2018/03
森林経済政策学演習I Forest Economics And PolicyI 後期 農学部 2017/04-2018/03
森林経済政策学演習II Forest Economics And PolicyII 前期 農学部 2017/04-2018/03
森林経済政策学演習III Forest Economics And PolicyIII 後期 農学部 2017/04-2018/03
環境経済論 Environmental Economics 前期 経済学部 2017/04-2018/03
生存基盤食料学 Sustainable Food Production Systems 前期 農学研究科 2017/04-2018/03
食料・環境経済学概論II Introduction of Food and Environmental Economics 2 前期 農学部 2017/04-2018/03

  • <<
  • >>
Participation to Ph.D Defense
Acquirer Title Position Date
草処 基 不確実性下の生産技術とリスク回避的農家の最適生産行動-トルコ共和国アダナ県の小麦生産を事例として- Sub 2011/01/24
藤野 正也 我が国林業に適合した計量分析手法に関する実証研究 Chief 2011/01/24
坂本 朋美 日本における森林認証制度の展開と課題 Sub 2011/03/23
鬼頭 弥生 食品由来リスクに対する態度の構造―日本の消費者を中心として― Sub 2011/03/23
王 新艶 農業面源汚染の規定要因とその抑制政策に関する研究-中国太湖流域を事例として- Sub 2011/11/24
山口 道利 家畜疾病のコントロール・デザインにおける補償制度の研究―公的補償と民間レベルの損失軽減メカニズムの検討― Sub 2012/03/26
STEVEN MCGREEVY Revitalizing Sustainable Socio-ecological LandscapesAn Examination of Organic Farming, Renewable Energy, and Carbon Sequestration Activities in Rural Japan(持続的な社会生態的ランドスケープの復興—日本の農村地域における有機農業、再生エネルギー、炭素貯留活動に関する調査研究) Sub 2012/05/23
Luch Likanan The Economic Impacts of Migration and Remittances on Sources of Income, Variations in Income, and Children’s Education: Case Studies of Rural Cambodia(出稼ぎと仕送りが源泉所得、所得変動、および子供の教育に及ぼす経済的影響について—カンボジア農村を事例に—) Sub 2012/09/24
山口 治子 食品安全のためのリスクアナリシスにおける情報ニーズと科学的助言の提供に関する研究 Sub 2012/11/26
茹仙古麗 吾甫尓 中国における森林資源の最適管理と政策効果に関する計量分析 Sub 2013/09/24
佐々木 宏樹 農業環境政策の制度設計ーモデルと行動分析による接近ー Sub 2013/11/25
久保 雄広 Essays on wildlife management in protected areas using econometric approaches (計量経済学アプローチを用いた保護区における野生動物管理に関する研究) Chief 2015/03/23
杉本 史生 食文化と里山をめぐる環境教育の教材・プログラム開発の基礎研究 ―教科書における農業の外部効果と農用林に関する記述分析を中心として― Sub 2015/03/23
望月 政志 我が国の水産資源管理と地域漁業に関する経営・経済学的研究 Sub 2015/11/24
森下 丈二 海洋生物資源の保存管理における科学と国際政治の役割に関する研究:捕鯨問題と公海生物資源管理問題を巡る議論の矛盾と現実 Sub 2016/03/23
山野 薫 社会貢献型農産物に対する消費者の品質情報認識および商品評価に関する研究 Sub 2017/03/23
鈴木 康平 Essays on Voluntary Mechanisms for Private Land Conservation and Management(私有地保全及び管理における自発的メカニズムの研究) Chief 2017/03/23

  • <<
  • >>
Awards won by your students
Student name Award title Giver Date
久保 雄広 育志賞 日本学術振興会 2015/03/16
School management (title, position)
Title Period
学生総合支援センター管理運営委員会 委員 2015/04/01-2017/03/31
人権委員会 委員 2017/04/01-2019/03/31
Faculty management (title, position)
Title Period
将来構想検討委員会 委員 2014/04/01-2015/03/31
情報セキュリティ・システム委員会 委員 2013/04/01-2017/03/31
FD委員会 委員 2014/04/01-2015/03/31
学部教務委員会 委員 2014/04/01-2016/03/31
研究科教務委員会 委員 2014/04/01-2016/03/31
将来構想検討委員会 委員 2015/08/01-2017/03/31
生物資源経済学専攻 専攻長 2017/04/01-2018/03/31
評価委員会 委員 2017/04/01-2018/03/31
防火・防災委員会 委員 2017/04/01-2018/03/31
人権問題対策委員会 2017/04/01-2019/03/31
Academic organizations (administrative title, position)
Organization name(Japanese) Organization name(English) Title(Japanese) Title(English) Period
環境経済・政策学会 理事 2001-2009
環境経済・政策学会 環境経済・政策研究編集長 2012-2017
環境経済・政策学会 常務理事 2012-2017
Academic organizations (editor, editing team)
Organization name(Japanese) Organization name(English) Journal name(Japanese) Journal name(English) Title Period
環境経済・政策学会 編集委員 2008-2015
環境経済・政策学会 編集委員長 2012-2017
Other activities (public organizations)
Committee(Japanese) Committee(English) Title Organization name Period
林野庁 費用便益分析手法検討会委員 林野庁 2009-2009
内閣官房 地球温暖化問題に関する閣僚委員会 タスクフォース会合専門委員 内閣官房 2009-2009
農林水産省 バイオマス活用推進専門家会議委員 農林水産省 2009-2009
国土交通省 エコロジカル・ネットワーク形成の推進に関する調査専門委員 国土交通省 2009-2009
環境省 地球温暖化対策に係る中長期ロードマップ調査検討会農山村ワーキンググループ専門委員 環境省 2009-2009
国土交通省 六甲山地砂防施設景観整備効果評価検討会委員 国土交通省 2009-2009
国土交通省 交通事故損失の評価手法に関する研究委員 国土交通省 2009-2009
環境省 費用対効果分析手法検討会検討委員 環境省 2010-2010
国土交通省 琵琶湖の総合的な保全のための計画検討調査委員会委員 国土交通省 2010-2010
滋賀県 造林公社経営計画検討委員会委員長 滋賀県 2010-2017
内閣府 交通事故の被害・損失の経済分析に関する調査検討会 内閣府 2010-2010
農林水産省 バイオマス活用推進専門家会議委員 農林水産省 2010-2010
農林水産省 農山漁村の生物多様性保全支援スキーム検討会 農林水産省 2011-2011
環境省 生物多様性の経済的価値の評価に関する検討会 環境省 2012-2012
環境省 社会税制全体のグリーン化推進検討会 環境省 2012-2013
環境省 湿地が有する生態系サービスの経済価値評価検討会 環境省 2013-2013
環境省 「つなげよう森里川海」プロジェクトチーム外部アドバイザー 環境省 2014-2014
環境省 経済的手法を用いた生物多様性の価値の主流化に関する検討委員 環境省 2014-2015
環境省 生態系を活用した防災・減災に関する検討会検討委員 環境省 2014-2016
環境省 税制全体のグリーン化推進検討会 環境省 2015-2017
滋賀県 生態系サービス利用モデル構築事業検討会 滋賀県 2015-2015
農水省 生物多様性の経済的連携のスキーム研究会 農林水産省 2015-2015
環境省 自然公園等事業における事業評価の便益改善に係る検討委員会 環境省 2015-2015
農水省 世界農業遺産等専門家委員会委員 農林水産省 2016-2017
林野庁 森林整備保全事業の費用対効果分析手法検討調査事業検討委員会,新たな分析手法分科会委員 林野庁 2016-2016
経済産業省 国内投資拡大タスクフォース委員 経済産業省 2016-2016
環境省 企業の生物多様性保全活動の経済価値評価に係る技術的検討会委員 環境省 2016-2016
環境省 地域循環共生圏の構築に向けた有識者会議委員 環境省 2016-2016

  • <<
  • >>