末盛 博文

Last Update: 2019/10/01 16:44:45

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
末盛 博文/スエモリ ヒロフミ/Suemori, Hirofumi
Primary Affiliation(Org1/Job title)
Institute for Frontier Life and Medical Sciences/Associate Professor
Affiliated programs (koza)
Org1 Job title
Graduate Schools Medicine Associate Professor
Graduate Schools Medicine Associate Professor
Concurrent Affiliation
Org1 Job title
物質・細胞統合システム拠点 連携准教授
Contact Address
Type Address(Japanese) Address(English)
Office 606-8507 京都府京都市左京区聖護院川原町53
Phone
Type Number
Office 075-751-3821
E-mail Address
E-mail address
hsuemori @ infront.kyoto-u.ac.jp
Academic Organizations You are Affiliated to in Japan
Organization name(Japanese) Organization name(English)
発生生物学会 JAPANESE SOCIETY of DEVELOPMENTAL BIOLOGISTS
分子生物学会 Molecular Biology Society of Japan
日本再生医療学会 Japanese Society for Regenerative Medicine
日本炎症・再生医学会 Japanese Society of Inflammation and Regeneration
Academic Degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
理学博士 名古屋大学
Undergraduate School / Major(s)
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(s)(Japanese) Major(s)(English) Degree
京都大学 理学部 卒業
Work Experience
Period Organization(Japanese) Organization(English) Job title(Japanese) Job title(English)
1984/09/01-1993/03/31 明治乳業研究員 Meiji Milk Products Co Ltd. 研究員 Reserch Scientist
1993/04/01-1998/03/31 神奈川科学技術アカデミー研究員 Kanagawa Academy of Science and Technology 研究員 Reserch Scientist
1998/04/01-2000/06/30 明治乳業研究員 Meiji Milk Products Co Ltd. 研究員 Reserch Scientist
2000/07/01-2002/04/30 京都大学再生医科学研究所 発生分化研究分野 Frontier Medical Sciences, Kyoto Univ.  リサーチアソシエイト Research Associate
2002/05/01-2002/03/31 再生医科学研究所附属幹細胞医学研究センター Frontier Medical Sciences, Kyoto Univ. 助教授 Associate Professor
2003/04/01-2012/03/31 再生医科学研究所附属幹細胞医学研究センター Frontier Medical Sciences, Kyoto Univ. 准教授 Associate Professor
2012/04/01- 再生医科学研究所胚性幹細胞研究分野 Department of embryonic stem cell resarch,Frontier Medical Sciences, Kyoto Univ 准教授 Associate Professor
Language of Instruction
Language
English
researchmap URL
https://researchmap.jp/read0069835
Research Topics
(Japanese)
ヒト多能性幹細胞、ヒトES細胞の特性解析研究
(English)
human ES/iPS cell, pluripotency, differentiation
Overview of the research
(Japanese)
 胚性幹細胞研究分野ではヒトES細胞の医療応用を目指した基盤研究を行っている。これまでに5株のヒトES細胞株を樹立しうち3株は2004年3月から、2株は2009年4月から分配を行っている。これまでに50件以上の研究計画に対して細胞株を分配し多くの研究成果が上げられている。また、未分化維持や細胞分化の分子機構の解析の他、安全性の高い培養法の開発などの将来の医療応用において不可欠の技術開発研究をおこなっている。2018年5月には日本で始めて臨床研究に使用可能なヒトES細胞株の樹立に成功した。
(English)
Human ES cell lines are considered to have great potential of ES cells in medical research and application such as cell transplantation therapy and drug discovery. We established human ES cell lines at a high efficiency and analyzed their characters in detail. We derived 5 ES cell lines, named KhES-1, KhES-2, KhES-3, KhES-4 and KhES-5, are distributed to over 50 research projects in Japan. We are also performing researches on molecular mechanisms of self-renewal and differentiation of human ES cells, and developing techniques for genetic manipulation of hES cells. In 2018 May,we established a clinical-grade human ES cell line first in Japan.
Fields of research (key words)
Key words(Japanese) Key words(English)
ヒトES/iPS細胞、幹細胞、多能性、細胞分化 human ES/iPS cells, stem cell, pluripotency, differentiation,
Published Papers
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
Yamauchi K, Li J, Morikawa K, Liu L, Shirayoshi Y, Nakatsuji N, Elliott DA, Hisatome I, Suemori H. Yamauchi K, Li J, Morikawa K, Liu L, Shirayoshi Y, Nakatsuji N, Elliott DA, Hisatome I, Suemori H. Yamauchi K, Li J, Morikawa K, Liu L, Shirayoshi Y, Nakatsuji N, Elliott DA, Hisatome I, Suemori H. Isolation and characterization of ventricular-like cells derived from NKX2-5eGFP/w and MLC2vmCherry/w double knock-in human pluripotent stem cells. Isolation and characterization of ventricular-like cells derived from NKX2-5eGFP/w and MLC2vmCherry/w double knock-in human pluripotent stem cells. Isolation and characterization of ventricular-like cells derived from NKX2-5eGFP/w and MLC2vmCherry/w double knock-in human pluripotent stem cells. Biochem Biophys Res Commun., 495, 1, 1278-1284 Biochem Biophys Res Commun., 495, 1, 1278-1284 Biochem Biophys Res Commun., 495, 1, 1278-1284 2018/01 Refereed Disclose to all
ISCBI: Thomas Allison, Peter Andrews, Yishai Avior, Ivana Barbaric, Nissim Benvenisty, Christoph Bock, Jennifer Brehm, Oliver Brüstle, Ivan Damjanov, Andrew Elefanty, Daniel Felkner, Paul Gokhale, Florian Halbritter, Lyn Healy, Tim Xiaoming Hu, Barbara Knowles, Jeanne Loring, Tenneille Ludwig, Robyn Mayberry, Jameelah S. Mohamed, Suzanne Miacallef, Franz-Josef Müller, Christine Mummery, Norio Nakatsuji, Elizabeth Ng, Steve K. W. Oh, Orla O'Shea, Martin Pera, Benjamin Reubinoff, Paul Robson, Janet Rossant, Bernhard Schuldt, Davor Solter, Koula Sourris, Glyn Stacey, Edouard Stanley, Hirofumi Suemori, Kazutoshi Takahashi, and Shinya Yamanaka ISCBI: Thomas Allison, Peter Andrews, Yishai Avior, Ivana Barbaric, Nissim Benvenisty, Christoph Bock, Jennifer Brehm, Oliver Brüstle, Ivan Damjanov, Andrew Elefanty, Daniel Felkner, Paul Gokhale, Florian Halbritter, Lyn Healy, Tim Xiaoming Hu, Barbara Knowles, Jeanne Loring, Tenneille Ludwig, Robyn Mayberry, Jameelah S. Mohamed, Suzanne Miacallef, Franz-Josef Müller, Christine Mummery, Norio Nakatsuji, Elizabeth Ng, Steve K. W. Oh, Orla O'Shea, Martin Pera, Benjamin Reubinoff, Paul Robson, Janet Rossant, Bernhard Schuldt, Davor Solter, Koula Sourris, Glyn Stacey, Edouard Stanley, Hirofumi Suemori, Kazutoshi Takahashi, and Shinya Yamanaka Assessment of established techniques to determine developmental and malignant potential of human pluripotent stem cells. Assessment of established techniques to determine developmental and malignant potential of human pluripotent stem cells. Assessment of established techniques to determine developmental and malignant potential of human pluripotent stem cells. Nature Communications, 9 Nature Communications, 9 Nature Communications, 9 2018 Refereed Disclose to all
Shin-ya Yasuda, Tatsuhiko Ikeda, Hosein Shahsavarani, Noriko Yoshida, Bhavana Nayer, Motoki Hino, Neha Vartak-Sharma, Hirofumi Suemori, Kouichi Hasegawa Shin-ya Yasuda, Tatsuhiko Ikeda, Hosein Shahsavarani, Noriko Yoshida, Bhavana Nayer, Motoki Hino, Neha Vartak-Sharma, Hirofumi Suemori, Kouichi Hasegawa Chemically defined and growth-factor-free culture system for the expansion and derivation of human pluripotent stem cells. Chemically defined and growth-factor-free culture system for the expansion and derivation of human pluripotent stem cells. Chemically defined and growth-factor-free culture system for the expansion and derivation of human pluripotent stem cells. Nature Biomedical Engineering, 2, 173-182 Nature Biomedical Engineering, 2, 173-182 Nature Biomedical Engineering, 2, 173-182 2018 Refereed Disclose to all
Yamauchi K, Li J, Morikawa K, Liu L, Shirayoshi Y, Nakatsuji N, Elliott DA, Hisatome I, Suemori H. Yamauchi K, Li J, Morikawa K, Liu L, Shirayoshi Y, Nakatsuji N, Elliott DA, Hisatome I, Suemori H. Yamauchi K, Li J, Morikawa K, Liu L, Shirayoshi Y, Nakatsuji N, Elliott DA, Hisatome I, Suemori H. Isolation and characterization of ventricular-like cells derived from NKX2-5eGFP/w and MLC2vmCherry/w double knock-in human pluripotent stem cells. Isolation and characterization of ventricular-like cells derived from NKX2-5eGFP/w and MLC2vmCherry/w double knock-in human pluripotent stem cells. Isolation and characterization of ventricular-like cells derived from NKX2-5eGFP/w and MLC2vmCherry/w double knock-in human pluripotent stem cells. Biochem Biophys Res Commun., 495, 1, 1278-1284 Biochem Biophys Res Commun., 495, 1, 1278-1284 Biochem Biophys Res Commun., 495, 1, 1278-1284 2017/11 Refereed Disclose to all
Tanase JI, Yokoo T, Matsumura Y, Kinoshita M, Kikuchi Y, Suemori H, Ohyama T. Tanase JI, Yokoo T, Matsumura Y, Kinoshita M, Kikuchi Y, Suemori H, Ohyama T. Magnesium chloride and polyamine can differentiate mouse embryonic stem cells into trophectoderm or endoderm. Magnesium chloride and polyamine can differentiate mouse embryonic stem cells into trophectoderm or endoderm. Magnesium chloride and polyamine can differentiate mouse embryonic stem cells into trophectoderm or endoderm. Biochem Biophys Res Commun., 482, 4, 764-770 Biochem Biophys Res Commun., 482, 4, 764-770 Biochem Biophys Res Commun., 482, 4, 764-770 2017/01 Refereed Disclose to all
SUEMORI Hirofumi Miyazaki T, Isobe T, Nakatsuji N, Suemori H. SUEMORI Hirofumi Efficient Adhesion Culture of Human Pluripotent Stem Cells Using Laminin Fragments in an Uncoated Manner. Efficient Adhesion Culture of Human Pluripotent Stem Cells Using Laminin Fragments in an Uncoated Manner. Efficient Adhesion Culture of Human Pluripotent Stem Cells Using Laminin Fragments in an Uncoated Manner. Sci Rep., 7 Sci Rep., 7 Sci Rep., 7 2017/01 Refereed Disclose to all
Park SJ, Komiyama Y, Suemori H, Umezawa A, Nakai K. Park SJ, Komiyama Y, Suemori H, Umezawa A, Nakai K. Park SJ, Komiyama Y, Suemori H, Umezawa A, Nakai K. OpenTein: a database of digital whole-slide images of stem cell-derived teratomas. OpenTein: a database of digital whole-slide images of stem cell-derived teratomas. OpenTein: a database of digital whole-slide images of stem cell-derived teratomas. Nucleic Acids Res., 44 Nucleic Acids Res., 44 Nucleic Acids Res., 44 2016/01 Refereed Disclose to all
Park SJ, Komiyama Y, Suemori H, Umezawa A, Nakai K. Park SJ, Komiyama Y, Suemori H, Umezawa A, Nakai K. a database of digital whole-slide images of stem cell-derived teratomas. a database of digital whole-slide images of stem cell-derived teratomas. a database of digital whole-slide images of stem cell-derived teratomas. Nucleic Acids Res., 44, D1, 1000-1004 Nucleic Acids Res., 44, D1, 1000-1004 Nucleic Acids Res., 44, D1, 1000-1004 2016/01 Refereed Disclose to all
Miyazaki T, Suemori H. Miyazaki T, Suemori H. Slow Cooling Cryopreservation Optimized to Human Pluripotent Stem Cells. Slow Cooling Cryopreservation Optimized to Human Pluripotent Stem Cells. Slow Cooling Cryopreservation Optimized to Human Pluripotent Stem Cells. Adv Exp Med Biol., 951, 57-65 Adv Exp Med Biol., 951, 57-65 Adv Exp Med Biol., 951, 57-65 2016 Refereed Disclose to all
Konagaya S, Ando T, Yamauchi T, Suemori H, Iwata H. Konagaya S, Ando T, Yamauchi T, Suemori H, Iwata H. Long-term maintenance of human induced pluripotent stem cells by automated cell culture system. Long-term maintenance of human induced pluripotent stem cells by automated cell culture system. Long-term maintenance of human induced pluripotent stem cells by automated cell culture system. Sci Rep., 5 Sci Rep., 5 Sci Rep., 5 2015/11 Refereed Disclose to all
Noda A, Suemori H, Hirai Y, Hamasaki K, Kodama Y, Mitani H, Landes RD, Nakamura N. Noda A, Suemori H, Hirai Y, Hamasaki K, Kodama Y, Mitani H, Landes RD, Nakamura N. Creation of Mice Bearing a Partial Duplication of HPRT Gene Marked with a GFP Gene and Detection of Revertant Cells In Situ as GFP-Positive Somatic Cells. Creation of Mice Bearing a Partial Duplication of HPRT Gene Marked with a GFP Gene and Detection of Revertant Cells In Situ as GFP-Positive Somatic Cells. Creation of Mice Bearing a Partial Duplication of HPRT Gene Marked with a GFP Gene and Detection of Revertant Cells In Situ as GFP-Positive Somatic Cells. PLoS One., 10, 8 PLoS One., 10, 8 PLoS One., 10, 8 2015/08 Refereed Disclose to all
Miyazaki T, Suemori H. Miyazaki T, Suemori H. Cryopreservation of human pluripotent stem cells: a general protocol. Cryopreservation of human pluripotent stem cells: a general protocol. Cryopreservation of human pluripotent stem cells: a general protocol. Methods Mol Biol., 1235, 97-104 Methods Mol Biol., 1235, 97-104 Methods Mol Biol., 1235, 97-104 2015 Refereed Disclose to all
Andrews PW, Baker D, Benvinisty N, Miranda B, Bruce K, Brustle O, Choi M, Choi YM, Crook JM, de Sousa PA, Dvorak P, Freund C, Firpo M, Furue MK, Gokhale P, Ha HY, Han E, Haupt S, Healy L, Hei DJ, Hovatta O, Hunt C, Hwang SM, Inamdar MS, Isasi RM, Jaconi M, Jekerle V, Kamthorn P, Kibbey MC, Knezevic I, Knowles BB, Koo SK, Laabi Y, Leopoldo L, Liu P, Lomax GP, Loring JF, Ludwig TE, Montgomery K, Mummery C, Nagy A, Nakamura Y, Nakatsuji N, Oh S, Oh SK, Otonkoski T, Pera M, Peschanski M, Pranke P, Rajala KM, Rao M, Ruttachuk R, Reubinoff B, Ricco L, Rooke H, Sipp D, Stacey GN, Suemori H, Takahashi TA, Takada K, Talib S, Tannenbaum S, Yuan BZ, Zeng F, Zhou Q. Andrews PW, Baker D, Benvinisty N, Miranda B, Bruce K, Brustle O, Choi M, Choi YM, Crook JM, de Sousa PA, Dvorak P, Freund C, Firpo M, Furue MK, Gokhale P, Ha HY, Han E, Haupt S, Healy L, Hei DJ, Hovatta O, Hunt C, Hwang SM, Inamdar MS, Isasi RM, Jaconi M, Jekerle V, Kamthorn P, Kibbey MC, Knezevic I, Knowles BB, Koo SK, Laabi Y, Leopoldo L, Liu P, Lomax GP, Loring JF, Ludwig TE, Montgomery K, Mummery C, Nagy A, Nakamura Y, Nakatsuji N, Oh S, Oh SK, Otonkoski T, Pera M, Peschanski M, Pranke P, Rajala KM, Rao M, Ruttachuk R, Reubinoff B, Ricco L, Rooke H, Sipp D, Stacey GN, Suemori H, Takahashi TA, Takada K, Talib S, Tannenbaum S, Yuan BZ, Zeng F, Zhou Q. Points to consider in the development of seed stocks of pluripotent stem cells for clinical applications: International Stem Cell Banking Initiative (ISCBI). Points to consider in the development of seed stocks of pluripotent stem cells for clinical applications: International Stem Cell Banking Initiative (ISCBI). Points to consider in the development of seed stocks of pluripotent stem cells for clinical applications: International Stem Cell Banking Initiative (ISCBI). Regen Med., 10, 1-44 Regen Med., 10, 1-44 Regen Med., 10, 1-44 2015 Refereed Disclose to all
N. Hirata; M. Nakagawa; Y. Fujibayashi; K. Yamauchi; A. Murata; I. Minami; M. Tomioka; T. Kondo; T.-F. Kuo; H. Endo; H. Inoue; S.-I. Sato; S. Ando; Y. Kawazoe; K. Aiba; K. Nagata; E. Kawase; Y.-T. Chang; H. Suemori; K. Eto; H. Nakauchi; S. Yamanaka; N. Nakatsuji; K. Ueda; M. Uesugi N. Hirata; M. Nakagawa; Y. Fujibayashi; K. Yamauchi; A. Murata; I. Minami; M. Tomioka; T. Kondo; T.-F. Kuo; H. Endo; H. Inoue; S.-I. Sato; S. Ando; Y. Kawazoe; K. Aiba; K. Nagata; E. Kawase; Y.-T. Chang; H. Suemori; K. Eto; H. Nakauchi; S. Yamanaka; N. Nakatsuji; K. Ueda; M. Uesugi A Chemical Probe that Labels Human Pluripotent Stem Cells A Chemical Probe that Labels Human Pluripotent Stem Cells. A Chemical Probe that Labels Human Pluripotent Stem Cells Cell Reports, 6, 6, 1165-1174 Cell Rep., 6, 6, 1165-1174 Cell Reports, 6, 6, 1165-1174 2014/03 Refereed English Disclose to all
Kuo T-F, Mao D, Hirata N, Khambu B, Kimura Y, Kawase E, Shimogawa H, Ojika M, Nakatsuji N, Ueda K, Uesugi M. Kuo T-F, Mao D, Hirata N, Khambu B, Kimura Y, Kawase E, Shimogawa H, Ojika M, Nakatsuji N, Ueda K, Uesugi M. Selective elimination of human pluripotent stem cells by a marine natural product derivative. Selective elimination of human pluripotent stem cells by a marine natural product derivative. Selective elimination of human pluripotent stem cells by a marine natural product derivative. Journal of the American Chemical Society, 136, 9798-97801 Journal of the American Chemical Society, 136, 9798-97801 Journal of the American Chemical Society, 136, 9798-97801 2014/03 Refereed Disclose to all
Igawa K, Kokubu C, Yusa K, Horie K, Yoshimura Y, Yamauchi K, Suemori H, Yokozeki H, Toyoda M, Kiyokawa N, Okita H, Miyagawa Y, Akutsu H, Umezawa A, Katayama I, Takeda J. Igawa K, Kokubu C, Yusa K, Horie K, Yoshimura Y, Yamauchi K, Suemori H, Yokozeki H, Toyoda M, Kiyokawa N, Okita H, Miyagawa Y, Akutsu H, Umezawa A, Katayama I, Takeda J. Removal of reprogramming transgenes improves the tissue reconstitution potential of keratinocytes generated from human induced pluripotent stem cells. Removal of reprogramming transgenes improves the tissue reconstitution potential of keratinocytes generated from human induced pluripotent stem cells. Removal of reprogramming transgenes improves the tissue reconstitution potential of keratinocytes generated from human induced pluripotent stem cells. Stem Cells Transl Med., 3, 9, 992-1001 Stem Cells Transl Med., 3, 9, 992-1001 Stem Cells Transl Med., 3, 9, 992-1001 2014 Refereed English Disclose to all
SUEMORI Hirofumi SUEMORI Hirofumi Down syndrome-associated haematopoiesis abnormalities created by chromosome transfer and genome editing technologies. Down syndrome-associated haematopoiesis abnormalities created by chromosome transfer and genome editing technologies. Down syndrome-associated haematopoiesis abnormalities created by chromosome transfer and genome editing technologies. Sci Rep., 27, 4 Sci Rep., 27, 4 Sci Rep., 27, 4 2014 Refereed Disclose to all
T. Miyazaki; N. Nakatsuji; H. Suemori T. Miyazaki; N. Nakatsuji; H. Suemori Optimization of slow cooling cryopreservation for human pluripotent stem cells Optimization of slow cooling cryopreservation for human pluripotent stem cells. Optimization of slow cooling cryopreservation for human pluripotent stem cells Genesis, 52, 1, 49-55 Genesis, 52, 1, 49-55 Genesis, 52, 1, 49-55 2014 Refereed English Disclose to all
M. Hatori; N. Shimozawa; L. Yasmin; H. Suemori; N. Nakatsuji; A. Ogura; K.-I. Yagami; T. Sankai M. Hatori; N. Shimozawa; L. Yasmin; H. Suemori; N. Nakatsuji; A. Ogura; K.-I. Yagami; T. Sankai Role of retinoic acid and fibroblast growth factor 2 in neural differentiation from cynomolgus monkey (Macaca fascicularis) embryonic stem cells Role of retinoic acid and fibroblast growth factor 2 in neural differentiation from cynomolgus monkey (macaca fascicularis) embryonic stem cells. Role of retinoic acid and fibroblast growth factor 2 in neural differentiation from cynomolgus monkey (Macaca fascicularis) embryonic stem cells Comparative Medicine, 64, 2, 140-147 Comp Med., 64, 2, 140-147 Comparative Medicine, 64, 2, 140-147 2014 Refereed English Disclose to all
H. Takeuchi; N. Nakatsuji; H. Suemori Takeuchi H, Nakatsuji N, Suemori H. H. Takeuchi; N. Nakatsuji; H. Suemori Endodermal differentiation of human pluripotent stem cells to insulin-producing cells in 3D culture Endodermal differentiation of human pluripotent stem cells to insulin-producing cells in 3D culture. Endodermal differentiation of human pluripotent stem cells to insulin-producing cells in 3D culture Scientific Reports, 27, 4, 4488 Sci Rep., 27, 4, 4488 Scientific Reports, 27, 4, 4488 2014 Refereed English Disclose to all
H. Kumagai; H. Suemori; M. Uesugi; N. Nakatsuji; E. Kawase H. Kumagai; H. Suemori; M. Uesugi; N. Nakatsuji; E. Kawase Identification of small molecules that promote human embryonic stem cell self-renewal Identification of small molecules that promote human embryonic stem cell self-renewal. Identification of small molecules that promote human embryonic stem cell self-renewal Biochemical and Biophysical Research Communications, 434, 4, 710-716 Biochem Biophys Res Commun., 434, 4, 710-716 Biochemical and Biophysical Research Communications, 434, 4, 710-716 2013/05/17 Refereed English Disclose to all
Miyazaki T, Nakatsuji N, Suemori H. Miyazaki T, Nakatsuji N, Suemori H. Optimization of slow cooling cryopreservation for human pluripotent stem cells. Optimization of slow cooling cryopreservation for human pluripotent stem cells. Optimization of slow cooling cryopreservation for human pluripotent stem cells. Genesis Genesis Genesis 2013 Refereed Disclose to all
T. Sumi; N. Tsuneyoshi; N. Nakatsuji; H. Suemori T. Sumi; N. Tsuneyoshi; N. Nakatsuji; H. Suemori T. Sumi; N. Tsuneyoshi; N. Nakatsuji; H. Suemori Defining early lineage specification of human embryonic stem cells by the orchestrated balance canonical Wnt/β-catenin, activin/Nodal and BMP signaling Defining early lineage specification of human embryonic stem cells by the orchestrated balance canonical Wnt/β-catenin, activin/Nodal and BMP signaling Defining early lineage specification of human embryonic stem cells by the orchestrated balance canonical Wnt/β-catenin, activin/Nodal and BMP signaling Development, 135, 17, 2969-2979 Development, 135, 17, 2969-2979 Development, 135, 17, 2969-2979 2008/09/01 Refereed Japanese Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
Misc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
末盛 博文 末盛 博文 末盛 博文 ES細胞の基礎 ES細胞の基礎 ES細胞の基礎 第一回 幹細胞を用いた化学物質リスク情報共有化コンソーシアム研究会 第一回 幹細胞を用いた化学物質リスク情報共有化コンソーシアム研究会 第一回 幹細胞を用いた化学物質リスク情報共有化コンソーシアム研究会 2018/02 Disclose to all
末盛 博文 末盛 博文 末盛 博文 ヒトES細胞の培養技術開発と臨床利用の最近の動向について ヒトES細胞の培養技術開発と臨床利用の最近の動向について ヒトES細胞の培養技術開発と臨床利用の最近の動向について 信州大学医学部 ヒトES細胞研究に関する研修会 信州大学医学部 ヒトES細胞研究に関する研修会 信州大学医学部 ヒトES細胞研究に関する研修会 2017/02/16 Disclose to all
末盛 博文 末盛 博文 末盛 博文 再生医療製品の中間体としてのES/iPS細胞とその製造関連材料の品質 再生医療製品の中間体としてのES/iPS細胞とその製造関連材料の品質 再生医療製品の中間体としてのES/iPS細胞とその製造関連材料の品質 バイオロジクスフォーラム第11回学術集会 バイオロジクスフォーラム第11回学術集会 バイオロジクスフォーラム第11回学術集会 2014/01 Disclose to all
末盛博文 末盛博文 末盛博文 「初めてのヒトES 細胞.培養と分化誘導」 「初めてのヒトES 細胞.培養と分化誘導」 「初めてのヒトES 細胞.培養と分化誘導」 第8 回核ダイナミクス研究会・企画ワークショップ「遺伝 情報場に迫る多角的アプローチ」(2009.6.18-20 伊豆市) 第8 回核ダイナミクス研究会・企画ワークショップ「遺伝 情報場に迫る多角的アプローチ」(2009.6.18-20 伊豆市) 第8 回核ダイナミクス研究会・企画ワークショップ「遺伝 情報場に迫る多角的アプローチ」(2009.6.18-20 伊豆市) 2009 Japanese Disclose to all
高田圭;末盛博文;中辻憲夫 高田圭;末盛博文;中辻憲夫 高田圭;末盛博文;中辻憲夫 第1章  基礎生物医学の発展  ヒト胚性幹細胞 第1章  基礎生物医学の発展  ヒト胚性幹細胞 第1章  基礎生物医学の発展  ヒト胚性幹細胞 ティッシュエンジニアリング, 2007, 24-29 ティッシュエンジニアリング, 2007, 24-29 ティッシュエンジニアリング, 2007, 24-29 2007/06 Japanese Disclose to all
服部奈緒子,末盛博文,平林啓司,八木慎太郎,Wei Li,Xiaole Shirley Liu,大鐘潤,田中智,中辻憲夫,塩 田邦郎 服部奈緒子,末盛博文,平林啓司,八木慎太郎,Wei Li,Xiaole Shirley Liu,大鐘潤,田中智,中辻憲夫,塩 田邦郎 服部奈緒子,末盛博文,平林啓司,八木慎太郎,Wei Li,Xiaole Shirley Liu,大鐘潤,田中智,中辻憲夫,塩 田邦郎 ヒトES 細胞のエピジェノム解析 ヒトES 細胞のエピジェノム解析 ヒトES 細胞のエピジェノム解析 第1 回日本エピジェネティクス研究会(大阪6/15-16, 2007) 第1 回日本エピジェネティクス研究会(大阪6/15-16, 2007) 第1 回日本エピジェネティクス研究会(大阪6/15-16, 2007) 2007 Japanese Disclose to all
末盛博文 末盛博文 末盛博文 「ヒトES 細胞株の樹立と医学研究への展開」 「ヒトES 細胞株の樹立と医学研究への展開」 「ヒトES 細胞株の樹立と医学研究への展開」 国立成育医療センター2007.4.10 国立成育医療センター2007.4.10 国立成育医療センター2007.4.10 2007 Japanese Disclose to all
末盛博文 末盛博文 末盛博文 「ヒトES 細胞:基礎研究から臨床応用へ」 「ヒトES 細胞:基礎研究から臨床応用へ」 「ヒトES 細胞:基礎研究から臨床応用へ」 病理学会ワークショップ2007.3.13 病理学会ワークショップ2007.3.13 病理学会ワークショップ2007.3.13 2007 Refereed Japanese Disclose to all
末盛博文 末盛博文 末盛博文 「ヒトES 細胞とその医学・創薬研究への応用」 「ヒトES 細胞とその医学・創薬研究への応用」 「ヒトES 細胞とその医学・創薬研究への応用」 セルセラピーセミナー2007.6.8 セルセラピーセミナー2007.6.8 セルセラピーセミナー2007.6.8 2007 Japanese Disclose to all
末盛博文 末盛博文 末盛博文 ES 細胞の医療利用へ向けての課題 ES 細胞の医療利用へ向けての課題 ES 細胞の医療利用へ向けての課題 信州大学医学部臓器発生制御医学講座セミナー 信州大学医学部臓器発生制御医学講座セミナー 信州大学医学部臓器発生制御医学講座セミナー Japanese Disclose to all
末盛博文 末盛博文 末盛博文 再生 医学とES 細胞 再生 医学とES 細胞 再生 医学とES 細胞 近畿大学21 世紀COE プログラム「食資源動物分子工学研究拠点」(和歌山) 第4 回COE セミナー「再生 医学とES 細胞」 近畿大学21 世紀COE プログラム「食資源動物分子工学研究拠点」(和歌山) 第4 回COE セミナー「再生 医学とES 細胞」 近畿大学21 世紀COE プログラム「食資源動物分子工学研究拠点」(和歌山) 第4 回COE セミナー「再生 医学とES 細胞」 Japanese Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
Conference Activities & Talks
Title Title(Japanese) Title(English) Conference Conference(Japanese) Conference(English) Promotor Promotor(Japanese) Promotor(English) Date Language Assortment Disclose
臨床用ヒトES細胞:作る、使う 臨床用ヒトES細胞:作る、使う 臨床用ヒトES細胞:作る、使う 再生医療学会 再生医療学会 再生医療学会 2019/03/22 Japanese Symposium workshop panel(nominated) Disclose to all
Derivation of clinical-grade hESC in Japan 臨床用ヒトES細胞の樹立 Derivation of clinical-grade hESC in Japan Cell Therapy Asia 2018 Cell Therapy Asia 2018 Cell Therapy Asia 2018 2018/12/06 English Symposium workshop panel(nominated) Disclose to all
A simplified protocol for subculture of hPSC lines by seeding cells with laminin fragments in a growth medium designed for use with clinical grade cell lines. 簡便かつ高効率なES/iPS細胞の培養法 A simplified protocol for subculture of hPSC lines by seeding cells with laminin fragments in a growth medium designed for use with clinical grade cell lines. ISCBI workshop ISCBI workshop ISCBI workshop 2018/06/25 English Symposium workshop panel(nominated) Disclose to all
簡便かつ高効率なES/iPS細胞の培養法[Invited] 簡便かつ高効率なES/iPS細胞の培養法 [Invited] 簡便かつ高効率なES/iPS細胞の培養法 [Invited] 第19回日本再生医療学会総会 第19回日本再生医療学会総会 第19回日本再生医療学会総会 2018/03/23 Disclose to all
臨床用ヒトES細胞の樹立とQuality Control[Invited] 臨床用ヒトES細胞の樹立とQuality Control [Invited] 臨床用ヒトES細胞の樹立とQuality Control [Invited] 第19回日本再生医療学会総会 第19回日本再生医療学会総会 第19回日本再生医療学会総会 2018/03/22 Disclose to all
京都大学 ウイルス・再生医科学研究所における臨床用ヒトES細胞の樹立とストック作製の進捗状況 京都大学 ウイルス・再生医科学研究所における臨床用ヒトES細胞の樹立とストック作製の進捗状況 京都大学 ウイルス・再生医科学研究所における臨床用ヒトES細胞の樹立とストック作製の進捗状況 第19回日本再生医療学会総会 第19回日本再生医療学会総会 第19回日本再生医療学会総会 2018/03/21 Disclose to all
臨床用ヒトES細胞株の樹立及びバンキングに向けた細胞調製施設の構築 臨床用ヒトES細胞株の樹立及びバンキングに向けた細胞調製施設の構築 臨床用ヒトES細胞株の樹立及びバンキングに向けた細胞調製施設の構築 第19回日本再生医療学会総会 第19回日本再生医療学会総会 第19回日本再生医療学会総会 2018/03/21 Disclose to all
Monitoring of the cardiac developmental process using a Nkx2-5eGFP / MLV2vmCherry human embryonic stem cell line. Monitoring of the cardiac developmental process using a Nkx2-5eGFP / MLV2vmCherry human embryonic stem cell line. Monitoring of the cardiac developmental process using a Nkx2-5eGFP / MLV2vmCherry human embryonic stem cell line. 12th ISSCR 12th ISSCR 12th ISSCR 2014/06/18 English Disclose to all
High frequency of intracellular ice formation during slow cooling in colonies of human embryonic stem cells and induced pluripotent stem cells: comparison with single dissociated cells. High frequency of intracellular ice formation during slow cooling in colonies of human embryonic stem cells and induced pluripotent stem cells: comparison with single dissociated cells. High frequency of intracellular ice formation during slow cooling in colonies of human embryonic stem cells and induced pluripotent stem cells: comparison with single dissociated cells. 12th ISSCR 12th ISSCR 12th ISSCR 2014/06/18 Disclose to all
Validation of clinical grade human embryonic stem cells produced under GMP. Validation of clinical grade human embryonic stem cells produced under GMP. Validation of clinical grade human embryonic stem cells produced under GMP. 12th ISSCR 12th ISSCR 12th ISSCR 2014/06/18 Disclose to all
A new method for the detection of residual mouse feeder cells contaminated in the products of human plulipotent stem cells. A new method for the detection of residual mouse feeder cells contaminated in the products of human plulipotent stem cells. A new method for the detection of residual mouse feeder cells contaminated in the products of human plulipotent stem cells. 12th ISSCR 12th ISSCR 12th ISSCR 2014/06/18 Disclose to all
ヒトES/iPS細胞における凍結保存の解析:コロニーの高頻度の細胞内氷晶形成 ヒトES/iPS細胞における凍結保存の解析:コロニーの高頻度の細胞内氷晶形成 ヒトES/iPS細胞における凍結保存の解析:コロニーの高頻度の細胞内氷晶形成 第13回日本再生医療学会総会 第13回日本再生医療学会総会 第13回日本再生医療学会総会 2014/03/04 Disclose to all
ヒトES/iPS細胞調製における残存マウスフィーダー細胞の測定法の開発 ヒトES/iPS細胞調製における残存マウスフィーダー細胞の測定法の開発 ヒトES/iPS細胞調製における残存マウスフィーダー細胞の測定法の開発 第13回日本再生医療学会総会 第13回日本再生医療学会総会 第13回日本再生医療学会総会 2014/03/04 Disclose to all
高効率なヒト多能性幹細胞の緩慢凍結法 高効率なヒト多能性幹細胞の緩慢凍結法 高効率なヒト多能性幹細胞の緩慢凍結法 第13回日本再生医療学会総会 第13回日本再生医療学会総会 第13回日本再生医療学会総会 2014/03/03 Disclose to all
既存株クリーンアップによる臨床用ヒトES細胞株バンキングの構築 既存株クリーンアップによる臨床用ヒトES細胞株バンキングの構築 既存株クリーンアップによる臨床用ヒトES細胞株バンキングの構築 第13回日本再生医療学会総会 第13回日本再生医療学会総会 第13回日本再生医療学会総会 2014/03 Disclose to all
ヒトES, 及びiPS細胞の緩慢凍結法のためのポリ-L-リジン誘導体凍結保存剤の開発 ヒトES, 及びiPS細胞の緩慢凍結法のためのポリ-L-リジン誘導体凍結保存剤の開発 ヒトES, 及びiPS細胞の緩慢凍結法のためのポリ-L-リジン誘導体凍結保存剤の開発 第12回日本再生医療学会総会 第12回日本再生医療学会総会 第12回日本再生医療学会総会 2013/03 Disclose to all
ヒト多能性幹細胞からインスリン産生細胞への分化誘導方法の構築 ヒト多能性幹細胞からインスリン産生細胞への分化誘導方法の構築 ヒト多能性幹細胞からインスリン産生細胞への分化誘導方法の構築 第12回日本再生医療学会総会 第12回日本再生医療学会総会 第12回日本再生医療学会総会 2013/03 Disclose to all
ラミニンE8フラグメントを用いたヒトES/iPS細胞の単一分散培養法 ラミニンE8フラグメントを用いたヒトES/iPS細胞の単一分散培養法 ラミニンE8フラグメントを用いたヒトES/iPS細胞の単一分散培養法 第12回日本再生医療学会総会 第12回日本再生医療学会総会 第12回日本再生医療学会総会 2013/03 Disclose to all
ES 細胞医療の実現にむけて ES 細胞医療の実現にむけて ES 細胞医療の実現にむけて 「ES 細胞医療の実現にむけて」再生医科学研究所末盛博文准教授 「再生医学・再生医療の先端融合的共同研究拠点」 第7 回公開講演会 2012 年7 月14 日(土) 「ES 細胞医療の実現にむけて」再生医科学研究所末盛博文准教授 「再生医学・再生医療の先端融合的共同研究拠点」 第7 回公開講演会 2012 年7 月14 日(土) 「ES 細胞医療の実現にむけて」再生医科学研究所末盛博文准教授 「再生医学・再生医療の先端融合的共同研究拠点」 第7 回公開講演会 2012 年7 月14 日(土) 2012 Japanese Disclose to all
蛍光プローブ(KP-1)のES/iPS 細胞特異的蓄積におけるABC タンパク質の関与 蛍光プローブ(KP-1)のES/iPS 細胞特異的蓄積におけるABC タンパク質の関与 蛍光プローブ(KP-1)のES/iPS 細胞特異的蓄積におけるABC タンパク質の関与 第85 回日本生化学会年会2012 年12 月14-16 日(福岡) 第85 回日本生化学会年会2012 年12 月14-16 日(福岡) 第85 回日本生化学会年会2012 年12 月14-16 日(福岡) 2012 Japanese Disclose to all
マウス生殖幹細胞のゲノムーエピゲノム解析 マウス生殖幹細胞のゲノムーエピゲノム解析 マウス生殖幹細胞のゲノムーエピゲノム解析 日本遺伝学会第84 回大会(2012.9.26, 福岡) 日本遺伝学会第84 回大会(2012.9.26, 福岡) 日本遺伝学会第84 回大会(2012.9.26, 福岡) 2012 Japanese Disclose to all
多能性幹細胞の培養とその利用 多能性幹細胞の培養とその利用 多能性幹細胞の培養とその利用 公開シンポジウム:再生医療と細胞の足場:培養の立場,材料の立場2/15,Annual Report 2010 公開シンポジウム:再生医療と細胞の足場:培養の立場,材料の立場2/15,Annual Report 2010 公開シンポジウム:再生医療と細胞の足場:培養の立場,材料の立場2/15,Annual Report 2010 2010 Japanese Disclose to all
クロマチンの活性化はヒトES/iPS 細胞由来心筋細胞の成熟化を促進する クロマチンの活性化はヒトES/iPS 細胞由来心筋細胞の成熟化を促進する クロマチンの活性化はヒトES/iPS 細胞由来心筋細胞の成熟化を促進する 第33 回日本分子生物学会年会(12/7-10 神戸) 第33 回日本分子生物学会年会(12/7-10 神戸) 第33 回日本分子生物学会年会(12/7-10 神戸) 2010 Japanese Disclose to all
ヒトES/iPS 細胞からの試験管内造血系を用いた分化過程の解析 ヒトES/iPS 細胞からの試験管内造血系を用いた分化過程の解析 ヒトES/iPS 細胞からの試験管内造血系を用いた分化過程の解析 第9 回日本再生医療医学会総会 (2010.3.19 広島) 第9 回日本再生医療医学会総会 (2010.3.19 広島) 第9 回日本再生医療医学会総会 (2010.3.19 広島) 2010 Japanese Disclose to all
「ES・iPS 細胞の医療応用に向けて」『社会の要求に応える動物生命工学の実践教育』 「ES・iPS 細胞の医療応用に向けて」『社会の要求に応える動物生命工学の実践教育』 「ES・iPS 細胞の医療応用に向けて」『社会の要求に応える動物生命工学の実践教育』 第2回学術シン ポジウム「動物生命工学の新潮流」(2008.3.20.大阪) 第2回学術シン ポジウム「動物生命工学の新潮流」(2008.3.20.大阪) 第2回学術シン ポジウム「動物生命工学の新潮流」(2008.3.20.大阪) 2008 Japanese Disclose to all
「多能性幹細胞を用いた細胞分化誘導系は発生分化過程におけるクロマチン機能解析のモデルになる か?」 「多能性幹細胞を用いた細胞分化誘導系は発生分化過程におけるクロマチン機能解析のモデルになる か?」 「多能性幹細胞を用いた細胞分化誘導系は発生分化過程におけるクロマチン機能解析のモデルになる か?」 第31回日本分子生物学会(2008.12.10.神戸) 第31回日本分子生物学会(2008.12.10.神戸) 第31回日本分子生物学会(2008.12.10.神戸) 2008 Japanese Disclose to all
胆管癌における癌幹細胞として のAFP 産生細胞 胆管癌における癌幹細胞として のAFP 産生細胞 胆管癌における癌幹細胞として のAFP 産生細胞 第7回再生医療学会(2008.3.13-14.名古屋 第7回再生医療学会(2008.3.13-14.名古屋 第7回再生医療学会(2008.3.13-14.名古屋 2008 Japanese Disclose to all
未分化ヒトES 細胞特異的に発現している因子 の解析 未分化ヒトES 細胞特異的に発現している因子 の解析 未分化ヒトES 細胞特異的に発現している因子 の解析 第31回日本分子生物学会(2008.12.9.神戸) 第31回日本分子生物学会(2008.12.9.神戸) 第31回日本分子生物学会(2008.12.9.神戸) 2008 Japanese Disclose to all
「ES 細胞医療の実現に向けて」 「ES 細胞医療の実現に向けて」 「ES 細胞医療の実現に向けて」 第81回日本組織培養学会(2008.5.19-20) 第81回日本組織培養学会(2008.5.19-20) 第81回日本組織培養学会(2008.5.19-20) 2008 Japanese Disclose to all
マウスES 細胞由来内胚葉細胞を用いた細胞移植 マウスES 細胞由来内胚葉細胞を用いた細胞移植 マウスES 細胞由来内胚葉細胞を用いた細胞移植 第107 回日本外科学会学術集会(大阪,4/11-4/13,2007) 第107 回日本外科学会学術集会(大阪,4/11-4/13,2007) 第107 回日本外科学会学術集会(大阪,4/11-4/13,2007) 2007 Japanese Disclose to all
リコンビナント細胞外マトリックスタンパク質を用いたカニクイザルES 細胞の未分化維持培養 リコンビナント細胞外マトリックスタンパク質を用いたカニクイザルES 細胞の未分化維持培養 リコンビナント細胞外マトリックスタンパク質を用いたカニクイザルES 細胞の未分化維持培養 第6 回日本再生医療学会(横浜,3/14-3/15, 2007) 第6 回日本再生医療学会(横浜,3/14-3/15, 2007) 第6 回日本再生医療学会(横浜,3/14-3/15, 2007) 2007 Japanese Disclose to all
ヒトES 細胞研究の現状と展望 ヒトES 細胞研究の現状と展望 ヒトES 細胞研究の現状と展望 附属幹細胞医学研究センター 霊長類胚性幹細胞研究領域助教授末盛博文 京都大学再生医科学研究所平成18年度学術講演会 (2006.10.11 芝蘭会館稲盛ホール) 附属幹細胞医学研究センター 霊長類胚性幹細胞研究領域助教授末盛博文 京都大学再生医科学研究所平成18年度学術講演会 (2006.10.11 芝蘭会館稲盛ホール) 附属幹細胞医学研究センター 霊長類胚性幹細胞研究領域助教授末盛博文 京都大学再生医科学研究所平成18年度学術講演会 (2006.10.11 芝蘭会館稲盛ホール) 2006 Japanese Disclose to all
ヒトES 細胞リソースとしての現状と将来 ヒトES 細胞リソースとしての現状と将来 ヒトES 細胞リソースとしての現状と将来 第78 回日本遺伝学会ナショナルバイオリソースシンポジウム2006.9.27 第78 回日本遺伝学会ナショナルバイオリソースシンポジウム2006.9.27 第78 回日本遺伝学会ナショナルバイオリソースシンポジウム2006.9.27 2006 Japanese Disclose to all
ヒトES 細胞研究の現状と課題 ヒトES 細胞研究の現状と課題 ヒトES 細胞研究の現状と課題 第15 回硬組織再生生物学会(特別講演)京都市2006.9.16. 第15 回硬組織再生生物学会(特別講演)京都市2006.9.16. 第15 回硬組織再生生物学会(特別講演)京都市2006.9.16. 2006 Japanese Disclose to all
細胞ソースとしてのヒトES 細胞株の樹立 細胞ソースとしてのヒトES 細胞株の樹立 細胞ソースとしてのヒトES 細胞株の樹立 第44回日本生体医工学会大会シンポジウム「再生医療工学~その最前線とさらなるブレークスルーのための提言」4/25(筑波) 第44回日本生体医工学会大会シンポジウム「再生医療工学~その最前線とさらなるブレークスルーのための提言」4/25(筑波) 第44回日本生体医工学会大会シンポジウム「再生医療工学~その最前線とさらなるブレークスルーのための提言」4/25(筑波) 2005 Japanese Disclose to all
霊長類ES 細胞におけるNanog の機能 霊長類ES 細胞におけるNanog の機能 霊長類ES 細胞におけるNanog の機能 第28 回日本分子生物学会年会(2005.12.7-10. 福岡) 第28 回日本分子生物学会年会(2005.12.7-10. 福岡) 第28 回日本分子生物学会年会(2005.12.7-10. 福岡) 2005 Japanese Disclose to all
ヒトES 細胞,その医療応用に必要なこと ヒトES 細胞,その医療応用に必要なこと ヒトES 細胞,その医療応用に必要なこと 第23回日本ヒト細胞学会大会市民公開シンポジウム「ヒ トの臓器はどこまで再生できるか」8/27(筑波) 第23回日本ヒト細胞学会大会市民公開シンポジウム「ヒ トの臓器はどこまで再生できるか」8/27(筑波) 第23回日本ヒト細胞学会大会市民公開シンポジウム「ヒ トの臓器はどこまで再生できるか」8/27(筑波) 2005 Japanese Disclose to all
ヒト間葉系幹細胞の順化培養液を用いたカニクイザルES 細胞の未分化維持培養 ヒト間葉系幹細胞の順化培養液を用いたカニクイザルES 細胞の未分化維持培養 ヒト間葉系幹細胞の順化培養液を用いたカニクイザルES 細胞の未分化維持培養 第4回日本再生医療学会総会3/1-3/2 大阪 第4回日本再生医療学会総会3/1-3/2 大阪 第4回日本再生医療学会総会3/1-3/2 大阪 2005 Japanese Disclose to all
Pdx1 遺伝子を導入したカニクイザルES 細胞からインスリン産生細胞への分化誘導 Pdx1 遺伝子を導入したカニクイザルES 細胞からインスリン産生細胞への分化誘導 Pdx1 遺伝子を導入したカニクイザルES 細胞からインスリン産生細胞への分化誘導 第28回日本分子生物学会総会(2005. 12. 7-10 福岡) 第28回日本分子生物学会総会(2005. 12. 7-10 福岡) 第28回日本分子生物学会総会(2005. 12. 7-10 福岡) 2005 Japanese Disclose to all
霊長類ES 細胞における遺伝子発現制御系の構築 霊長類ES 細胞における遺伝子発現制御系の構築 霊長類ES 細胞における遺伝子発現制御系の構築 第28 回日本分子生物学会年会12/8-12/10(福岡) 第28 回日本分子生物学会年会12/8-12/10(福岡) 第28 回日本分子生物学会年会12/8-12/10(福岡) 2005 Japanese Disclose to all
ガラス化法を用いた簡便で効率よい霊長類ES 細胞の凍結保 存法の検討 ガラス化法を用いた簡便で効率よい霊長類ES 細胞の凍結保 存法の検討 ガラス化法を用いた簡便で効率よい霊長類ES 細胞の凍結保 存法の検討 第28回日本分子生物学会年会12/8-12/10(福岡) 第28回日本分子生物学会年会12/8-12/10(福岡) 第28回日本分子生物学会年会12/8-12/10(福岡) 2005 Japanese Disclose to all
カニクイザルES 細胞からの樹状細胞分化誘導法の開発 カニクイザルES 細胞からの樹状細胞分化誘導法の開発 カニクイザルES 細胞からの樹状細胞分化誘導法の開発 (第13 回日本組織適合性学会2004.9.23-25. 豊 中) (第13 回日本組織適合性学会2004.9.23-25. 豊 中) (第13 回日本組織適合性学会2004.9.23-25. 豊 中) 2004 Japanese Disclose to all
転写因子Nanog に制御される胚性幹細胞の未分化性 転写因子Nanog に制御される胚性幹細胞の未分化性 転写因子Nanog に制御される胚性幹細胞の未分化性 日本分子生物学会第27 回大会(2004.12.8-11. 神戸) 日本分子生物学会第27 回大会(2004.12.8-11. 神戸) 日本分子生物学会第27 回大会(2004.12.8-11. 神戸) 2004 Japanese Disclose to all
カニクイザルES 細 胞を用いた霊長類ES 細胞用フィーダー細胞系の開発 カニクイザルES 細 胞を用いた霊長類ES 細胞用フィーダー細胞系の開発 カニクイザルES 細 胞を用いた霊長類ES 細胞用フィーダー細胞系の開発 (第3 回日本再生医療学会2004.3.23-25. 千葉) (第3 回日本再生医療学会2004.3.23-25. 千葉) (第3 回日本再生医療学会2004.3.23-25. 千葉) 2004 Japanese Disclose to all
Octamer/Sox 配列が Nanog の転写を制御する Octamer/Sox 配列が Nanog の転写を制御する Octamer/Sox 配列が Nanog の転写を制御する 日本分子生物学会第27 回大会(2004.12.8-11. 神戸) 日本分子生物学会第27 回大会(2004.12.8-11. 神戸) 日本分子生物学会第27 回大会(2004.12.8-11. 神戸) 2004 Japanese Disclose to all
未分化性維持因子Nanog の転写制御機構 未分化性維持因子Nanog の転写制御機構 未分化性維持因子Nanog の転写制御機構 日本遺伝学会第76 回大会(2004.9.27-29. 大阪) 日本遺伝学会第76 回大会(2004.9.27-29. 大阪) 日本遺伝学会第76 回大会(2004.9.27-29. 大阪) 2004 Japanese Disclose to all
霊長類ES 細胞におけるSTAT3 非依存的な未分化維持制御 霊長類ES 細胞におけるSTAT3 非依存的な未分化維持制御 霊長類ES 細胞におけるSTAT3 非依存的な未分化維持制御 (第27 回日本分子生物学会2004.12.8-11. 神戸) (第27 回日本分子生物学会2004.12.8-11. 神戸) (第27 回日本分子生物学会2004.12.8-11. 神戸) 2004 Japanese Disclose to all
カニクイザルES 細胞からインスリン産生細胞への分化誘導 カニクイザルES 細胞からインスリン産生細胞への分化誘導 カニクイザルES 細胞からインスリン産生細胞への分化誘導 第7 回日本組織工学会(2004. 7.1-2. 東京) 第7 回日本組織工学会(2004. 7.1-2. 東京) 第7 回日本組織工学会(2004. 7.1-2. 東京) 2004 Japanese Disclose to all
新規コモンマーモセット胚性幹細胞株の樹立とその細胞特性 新規コモンマーモセット胚性幹細胞株の樹立とその細胞特性 新規コモンマーモセット胚性幹細胞株の樹立とその細胞特性 (第27 回日本分子生物学会2004.12.8-11. 神 戸) (第27 回日本分子生物学会2004.12.8-11. 神 戸) (第27 回日本分子生物学会2004.12.8-11. 神 戸) 2004 Japanese Disclose to all
AN EFFECTIVE VERIFICATION OF ANTIFREEZE POLYAMINO-ACID FOR A SLOW CRYOPRESERVATION OF HUMAN iPS CELL AND ES CELL AN EFFECTIVE VERIFICATION OF ANTIFREEZE POLYAMINO-ACID FOR A SLOW CRYOPRESERVATION OF HUMAN iPS CELL AND ES CELL AN EFFECTIVE VERIFICATION OF ANTIFREEZE POLYAMINO-ACID FOR A SLOW CRYOPRESERVATION OF HUMAN iPS CELL AND ES CELL 11th ISSCR 11th ISSCR 11th ISSCR Disclose to all
ヒトES 細胞:移植医療への応用に向けての課題 ヒトES 細胞:移植医療への応用に向けての課題 ヒトES 細胞:移植医療への応用に向けての課題 第9 回関東甲信越セロトニン研究会学術集会特別講演 (東京) 第9 回関東甲信越セロトニン研究会学術集会特別講演 (東京) 第9 回関東甲信越セロトニン研究会学術集会特別講演 (東京) Japanese Disclose to all
ヒトES 細胞からの原条形成過程におけるクロマチン修飾因子の発現解析 ヒトES 細胞からの原条形成過程におけるクロマチン修飾因子の発現解析 ヒトES 細胞からの原条形成過程におけるクロマチン修飾因子の発現解析 第33 回日本分子生物学会 年会ワークショップ(12/7-10 神戸) 第33 回日本分子生物学会 年会ワークショップ(12/7-10 神戸) 第33 回日本分子生物学会 年会ワークショップ(12/7-10 神戸) Japanese Disclose to all
ヒトES/iPS 細胞の特性から見たその医療応用での問題点 ヒトES/iPS 細胞の特性から見たその医療応用での問題点 ヒトES/iPS 細胞の特性から見たその医療応用での問題点 6th Chiba Neuroresearch Meeting 特別講演7/24 6th Chiba Neuroresearch Meeting 特別講演7/24 6th Chiba Neuroresearch Meeting 特別講演7/24 Japanese Disclose to all
ヒトES 細胞の未分化性維持因子の探索を目的としたhigh content analysis(HCA) ヒトES 細胞の未分化性維持因子の探索を目的としたhigh content analysis(HCA) ヒトES 細胞の未分化性維持因子の探索を目的としたhigh content analysis(HCA) 第34 回日本分子生物学会年会 (12/13-16、横浜) 第34 回日本分子生物学会年会 (12/13-16、横浜) 第34 回日本分子生物学会年会 (12/13-16、横浜) Japanese Disclose to all
ヒトES 細胞からdefinitive endoderm への高率な誘導方法の構築 ヒトES 細胞からdefinitive endoderm への高率な誘導方法の構築 ヒトES 細胞からdefinitive endoderm への高率な誘導方法の構築 第34 回日本分子生物学会年会 (12/13-16、横浜) 第34 回日本分子生物学会年会 (12/13-16、横浜) 第34 回日本分子生物学会年会 (12/13-16、横浜) Japanese Disclose to all
ヒトES 細胞から見た多能性幹細胞の特性 ヒトES 細胞から見た多能性幹細胞の特性 ヒトES 細胞から見た多能性幹細胞の特性 第9 回日本再生医療学会総会シンポジウム「ES·iPS 細胞 の特性・未分化性維持」(3/18-19 広島) 第9 回日本再生医療学会総会シンポジウム「ES·iPS 細胞 の特性・未分化性維持」(3/18-19 広島) 第9 回日本再生医療学会総会シンポジウム「ES·iPS 細胞 の特性・未分化性維持」(3/18-19 広島) Japanese Disclose to all
ヒトES 細胞と再生医療 ヒトES 細胞と再生医療 ヒトES 細胞と再生医療 遺伝子・デリバリー研究会第4 回シンポジウム(京都) 招待講演 遺伝子・デリバリー研究会第4 回シンポジウム(京都) 招待講演 遺伝子・デリバリー研究会第4 回シンポジウム(京都) 招待講演 Japanese Disclose to all
クロマチン制御によるヒトES/iPS 細胞由来心筋細胞の成熟化 クロマチン制御によるヒトES/iPS 細胞由来心筋細胞の成熟化 クロマチン制御によるヒトES/iPS 細胞由来心筋細胞の成熟化 第10 回日本再生医療学会総会 (3/1-2、東京) 第10 回日本再生医療学会総会 (3/1-2、東京) 第10 回日本再生医療学会総会 (3/1-2、東京) Japanese Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
Books etc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Publisher Publisher(Japanese) Publisher(English) Publication date Language Type Disclose
中辻 憲夫、 末盛 博文 中辻 憲夫、 末盛 博文 中辻 憲夫、 末盛 博文 ES・iPS細胞実験スタンダード〜再生・創薬・疾患研究のプロトコールと臨床応用の必須知識 (実験医学別冊) ES・iPS細胞実験スタンダード〜再生・創薬・疾患研究のプロトコールと臨床応用の必須知識 (実験医学別冊) ES・iPS細胞実験スタンダード〜再生・創薬・疾患研究のプロトコールと臨床応用の必須知識 (実験医学別冊) 2014/02 Disclose to all
Title language:
Industrial Property Rights (Patent)
Inventor(s) Inventor(s) (Japanese) Inventor(s) (English) Title Title(Japanese) Title(English) Stage Patent number Date Disclose
末盛 博文 末盛 博文 末盛 博文 ラミニンフラグメント含有培地を用いる細胞培養方法 ラミニンフラグメント含有培地を用いる細胞培養方法 ラミニンフラグメント含有培地を用いる細胞培養方法 特許公開 特開2017-85963 2017/05/25 Disclose to all
末盛 博文 末盛 博文 末盛 博文 多能性細胞を選別するための方法 多能性細胞を選別するための方法 多能性細胞を選別するための方法 特許公表 特表2015-505240 2015/02/19 Disclose to all
Title language:
External funds: competitive funds and Grants-in-Aid for Scientific Research (Kakenhi)
Type Position Title(Japanese) Title(English) Period
新学術領域研究 Representative 発生・分化におけるクロマチン高次構造の解析 2008-2012
難病・がん等の疾患分野の医療の実用化研究事業 Representative 2013-2017
再生医療実用化研究事業 Representative 2014/04/01-2015/03/31
External funds: other than those above
System Main person Title(Japanese) Title(English) Period
厚生労働省科学研究費補助金 早川堯夫 ES細胞の特性解析再生医療実用化加速に資する評価基準ミニマム・コンセンサス・パッケージ策定に関する研究 2009/04/01-2012/03/31
厚生労働省科学研究費補助金 梅澤明弘 ヒト胚性幹細胞をドナー細胞とする再生医療の汎用性向上のための基盤技 術の創成 2011/04/01-2014/03/31
厚生労働省 革新的医薬品・医療機器・再生医療製品実用化促進事業 末盛 博文 2012-2016
厚生労働省 革新的医薬品・医療機器・再生医療等製品実用化促進事業 末盛 博文 再生医療分野(加工細胞の品質評価法) (平成26年度分) 2014/04/01-2015/03/31
厚生労働省 医薬品等審査迅速化事業費補助金 末盛 博文 再生医療分野(加工細胞の品質評価法) (平成27年度分) 2015/04/01-2016/03/31
医薬品等審査迅速化事業費補助金 末盛 博文 再生医療分野(加工細胞の品質評価法) (平成28年度分) 2016/04/01-2017/03/31
Teaching subject(s)
Name(Japanese) Name(English) Term Department Period
発生再生ゼミナール Seminar on developmental biology and regenerative medicine 前期 全学共通科目 2011/04-2012/03
発生再生ゼミナール Seminar on developmental biology and regenerative medicine 前期 全学共通科目 2012/04-2013/03
発生再生ゼミナール Seminar on Developmental Biology and Regenerative Medicine 前期 全学共通科目 2013/04-2014/03
発生再生ゼミナール Seminar on Developmental Biology and Regenerative Medicine 前期 全学共通科目 2014/04-2015/03
発生再生ゼミナール Seminar on Developmental Biology and Regenerative Medicine 前期 全学共通科目 2015/04-2016/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2019/04-2020/03
School management (title, position)
Title Period
広報委員会 委員 2011/04/01-2013/03/31
広報委員会 紅萠編集専門部会 2011/04/01-2013/03/31
広報委員会 委員 2015/04/01-2017/03/31
広報委員会 ホームページ企画専門部会 2015/04/01-2017/03/31
広報委員会 ホームページ企画専門部会 2015/04/01-2017/03/31
Faculty management (title, position)
Title Period
将来計画・評価委員会 委員 -
予算委員会 委員 -
広報委員会 委員 -
兼業・利益相反審査委員会 委員 2016/10/01-
ヒトES細胞株樹立・分配事業検討委員会 委員 2016/10/01-2019/09/30
動物実験委員会 委員 -
再生医科学動物実験専門委員会 委員 2016/10/01-
化学物質管理委員会 委員 2016/10/01-
兼業・利益相反審査委員会 委員 2016/10/01-
再生医学・再生医療の先端融合的共同研究拠点専門委員会 2016/04/01-