稲葉 カヨ

Last Update: 2017/01/26 13:17:19

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
稲葉 カヨ/イナバ カヨ/Inaba, Kayo
Primary Affiliation(Org1/Job title)
京都大学/理事
Faculty
Org1 Job title
理学部
Concurrent Affiliation
Org1 Job title
Graduate Schools Biostudies Professor
Academic Organizations You are Affiliated to in Japan
Organization name(Japanese) Organization name(English)
日本免疫学会 Japanese Society of Immunology
日本がん学会 Japanese Cancer Association
マクロファージ分子生物学会 Society for molecular biology of macrophages
樹状細胞研究会 Japanese Dendritic Cell Society
Academic Degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
理学修士 京都大学
理学博士 京都大学
Language of Instruction
Language(japanese) Language(english) Code
英語
researchmap URL
https://researchmap.jp/read0013367
Research Topics
(Japanese)
免疫、応答制御、樹状細胞、マクロファージ、C型レクチン
(English)
Immune responses, regulation, dendritic cells, macrophages, C-type lectins
Overview of the research
(Japanese)
自然免疫応答ならびに適応免疫応答の制御における樹状細胞ならびにマクロファージの機能に注目し、研究を行ってきた。共に、C型レクチンをはじめとする種々のレセプターを発現して侵襲性微生物を認識して細胞応答を開始するが、樹状細胞は抗原提示細胞として適応免疫応答の強度と質を制御していることが明らかとなってきた。現在は、種々の応答におけるこれらの細胞およびそのサブセットの分化と機能についての解析を行っている。
(English)
I have been studied on the functions of dendritic cells and macrophages in the innate and adaptive immunity. In particular, dendritic cells are shown to be the most potent antigen-presenting cells. Both cells consist of several subsets, express various types of receptors recognizing pathogen-associated molecular pattern and are involved in the regulation of magnitude and quality of immune responses. Current interests are to reveal the differentiation and functions of these cell types and their subsets.
Fields of research (key words)
Key words(Japanese) Key words(English)
免疫学 Immunology
樹状細胞 Dendritic cells
マクロファージ Macrophages
自然免疫 Innate immunity
免疫応答制御 Immune regulation
Published Papers
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
K. Minamino; K. Takahara; T. Adachi; K. Nagaoka; T. Iyoda; S. Taki; K. Inaba K. Minamino; K. Takahara; T. Adachi; K. Nagaoka; T. Iyoda; S. Taki; K. Inaba K. Minamino; K. Takahara; T. Adachi; K. Nagaoka; T. Iyoda; S. Taki; K. Inaba IRF-2 regulates B-cell proliferation and antibody production through distinct mechanisms IRF-2 regulates B-cell proliferation and antibody production through distinct mechanisms IRF-2 regulates B-cell proliferation and antibody production through distinct mechanisms International Immunology, 24, 9, 573-581 International Immunology, 24, 9, 573-581 International Immunology, 24, 9, 573-581 2012/09 Refereed Japanese Disclose to all
K. Takahara; T. Arita; S. Tokieda; N. Shibata; Y. Okawa; H. Tateno; J. Hirabayashi; K. Inabaa K. Takahara; T. Arita; S. Tokieda; N. Shibata; Y. Okawa; H. Tateno; J. Hirabayashi; K. Inabaa K. Takahara; T. Arita; S. Tokieda; N. Shibata; Y. Okawa; H. Tateno; J. Hirabayashi; K. Inabaa Difference in fine specificity to polysaccharides of Candida albicans: Mannoprotein between mouse SIGNR1 and human DC-SIGN Difference in fine specificity to polysaccharides of Candida albicans: Mannoprotein between mouse SIGNR1 and human DC-SIGN Difference in fine specificity to polysaccharides of Candida albicans: Mannoprotein between mouse SIGNR1 and human DC-SIGN Infection and Immunity, 80, 5, 1699-1706 Infection and Immunity, 80, 5, 1699-1706 Infection and Immunity, 80, 5, 1699-1706 2012/05 Refereed Japanese Disclose to all
S. Nakajima; B.Z. Igyártó; T. Honda; G. Egawa; A. Otsuka; M. Hara-Chikuma; N. Watanabe; S.F. Ziegler; M. Tomura; K. Inaba; Y. Miyachi; D.H. Kaplan; K. Kabashima S. Nakajima; B.Z. Igyártó; T. Honda; G. Egawa; A. Otsuka; M. Hara-Chikuma; N. Watanabe; S.F. Ziegler; M. Tomura; K. Inaba; Y. Miyachi; D.H. Kaplan; K. Kabashima S. Nakajima; B.Z. Igyártó; T. Honda; G. Egawa; A. Otsuka; M. Hara-Chikuma; N. Watanabe; S.F. Ziegler; M. Tomura; K. Inaba; Y. Miyachi; D.H. Kaplan; K. Kabashima Langerhans cells are critical in epicutaneous sensitization with protein antigen via thymic stromal lymphopoietin receptor signaling Langerhans cells are critical in epicutaneous sensitization with protein antigen via thymic stromal lymphopoietin receptor signaling Langerhans cells are critical in epicutaneous sensitization with protein antigen via thymic stromal lymphopoietin receptor signaling Journal of Allergy and Clinical Immunology, 129, 4, 1048-U564 Journal of Allergy and Clinical Immunology, 129, 4, 1048-U564 Journal of Allergy and Clinical Immunology, 129, 4, 1048-U564 2012/04 Refereed Japanese Disclose to all
K. Takahara; S. Tokieda; K. Nagaoka; K. Inaba K. Takahara; S. Tokieda; K. Nagaoka; K. Inaba K. Takahara; S. Tokieda; K. Nagaoka; K. Inaba Efficient capture of Candida albicans and zymosan by SIGNR1 augments TLR2-dependent TNF-α production Efficient capture of Candida albicans and zymosan by SIGNR1 augments TLR2-dependent TNF-α production Efficient capture of Candida albicans and zymosan by SIGNR1 augments TLR2-dependent TNF-α production International Immunology, 24, 2, 89-+ International Immunology, 24, 2, 89-+ International Immunology, 24, 2, 89-+ 2012/02 Refereed Japanese Disclose to all
M. Kanamori; Y. Tasumi; T. Iyoda; M. Ushida; K. Inaba M. Kanamori; Y. Tasumi; T. Iyoda; M. Ushida; K. Inaba M. Kanamori; Y. Tasumi; T. Iyoda; M. Ushida; K. Inaba Sulfatide inhibits α-galactosylceramide presentation by dendritic cells Sulfatide inhibits α-galactosylceramide presentation by dendritic cells Sulfatide inhibits α-galactosylceramide presentation by dendritic cells International Immunology, 24, 2, 129-136 International Immunology, 24, 2, 129-136 International Immunology, 24, 2, 129-136 2012 Refereed Japanese Disclose to all
T. Iyoda; K. Inaba T. Iyoda; K. Inaba T. Iyoda; K. Inaba Immune regulation by dendritic cells Immune regulation by dendritic cells Immune regulation by dendritic cells Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 47, 16 Suppl, 2133-2138 Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 47, 16 Suppl, 2133-2138 Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 47, 16 Suppl, 2133-2138 2002 Refereed Japanese Disclose to all
Title language:
Conference Activities & Talks
Title Title(Japanese) Title(English) Conference Conference(Japanese) Conference(English) Promotor Promotor(Japanese) Promotor(English) Date Language Assortment Disclose
樹状細胞研究 -基礎から臨床への架け橋 樹状細胞研究 -基礎から臨床への架け橋 樹状細胞研究 -基礎から臨床への架け橋 第10回日本免疫治療学研究会 第10回日本免疫治療学研究会 第10回日本免疫治療学研究会 日本免疫治療学研究会 日本免疫治療学研究会 2013/02 Japanese Oral presentation(invited, special) Disclose to all
樹状細胞研究の道 樹状細胞研究の道 樹状細胞研究の道 第25回日本バイオセラピー学会 第25回日本バイオセラピー学会 第25回日本バイオセラピー学会 日本バイオセラピー学会 日本バイオセラピー学会 2012/12/13 Japanese Oral presentation(invited, special) Disclose to all
樹状細胞による免疫応答の始動と調節 樹状細胞による免疫応答の始動と調節 樹状細胞による免疫応答の始動と調節 第49回小児アレルギー学会 第49回小児アレルギー学会 第49回小児アレルギー学会 小児アレルギー学会 小児アレルギー学会 2012/09/16 Japanese Oral presentation(invited, special) Disclose to all
ノーベル賞にいたる樹状細胞研究の発展 ノーベル賞にいたる樹状細胞研究の発展 ノーベル賞にいたる樹状細胞研究の発展 第22回日本樹状細胞研究会 第22回日本樹状細胞研究会 第22回日本樹状細胞研究会 日本樹状細胞研究会 日本樹状細胞研究会 2012/06/15 Japanese Oral presentation(keynote) Disclose to all
樹状細胞研究の歴史と今後 樹状細胞研究の歴史と今後 樹状細胞研究の歴史と今後 愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所 平成23年度 公開セミナー 愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所 平成23年度 公開セミナー 愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所 平成23年度 公開セミナー 愛知県心身障害者コロニー 愛知県心身障害者コロニー 2012/02/10 Japanese Oral presentation(invited, special) Disclose to all
Title language:
Books etc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Publisher Publisher(Japanese) Publisher(English) Publication date Language Type Disclose
稲葉カヨ 稲葉カヨ 稲葉カヨ 炎症と免疫応答における樹状細胞 炎症と免疫応答における樹状細胞 炎症と免疫応答における樹状細胞 『日本臨床』 Vol.71, 増刊号1,567-574 『日本臨床』 Vol.71, 増刊号1,567-574 『日本臨床』 Vol.71, 増刊号1,567-574 2013/01/10 Japanese Disclose to all
稲葉カヨ 稲葉カヨ 稲葉カヨ 樹状細胞の同定と獲得免疫におけるその役割の発見 樹状細胞の同定と獲得免疫におけるその役割の発見 樹状細胞の同定と獲得免疫におけるその役割の発見 『炎症と免疫』Vol. 20, No. 6, pp615-620 『炎症と免疫』Vol. 20, No. 6, pp615-620 『炎症と免疫』Vol. 20, No. 6, pp615-620 2012/12/01 Japanese Disclose to all
稲葉カヨ 稲葉カヨ 稲葉カヨ 2011年度ノーベル生理学・医学賞 樹状細胞 –免疫応答の指揮官–  2011年度ノーベル生理学・医学賞 樹状細胞 –免疫応答の指揮官–  2011年度ノーベル生理学・医学賞 樹状細胞 –免疫応答の指揮官–  『科学』Vol.82, No.1, pp.26-31, 2012. 『科学』Vol.82, No.1, pp.26-31, 2012. 『科学』Vol.82, No.1, pp.26-31, 2012. 2012 Japanese Disclose to all
稲葉カヨ 稲葉カヨ 稲葉カヨ 2011年ノーベル医学・生理学賞を読み解く 樹状細胞による免疫応答の制御 2011年ノーベル医学・生理学賞を読み解く 樹状細胞による免疫応答の制御 2011年ノーベル医学・生理学賞を読み解く 樹状細胞による免疫応答の制御 『化学』Vol.67, No.1, pp.21-25, 2012. 『化学』Vol.67, No.1, pp.21-25, 2012. 『化学』Vol.67, No.1, pp.21-25, 2012. 2012 Japanese Disclose to all
稲葉カヨ 稲葉カヨ 稲葉カヨ 樹状細胞発見の歴史と研究の展開 樹状細胞発見の歴史と研究の展開 樹状細胞発見の歴史と研究の展開 『感染・炎症・免疫』 Vol.41, No.4, pp.300-311, 2012. 『感染・炎症・免疫』 Vol.41, No.4, pp.300-311, 2012. 『感染・炎症・免疫』 Vol.41, No.4, pp.300-311, 2012. 2012 Japanese Disclose to all
稲葉カヨ 稲葉カヨ 稲葉カヨ 解説 ノーベル医学・生理学賞 つながった生体防御機構 -自然免疫応答と適応免疫応答のクロストーク- 解説 ノーベル医学・生理学賞 つながった生体防御機構 -自然免疫応答と適応免疫応答のクロストーク- 解説 ノーベル医学・生理学賞 つながった生体防御機構 -自然免疫応答と適応免疫応答のクロストーク- 『現代科学』 No.489, pp.38-41, 2011. 『現代科学』 No.489, pp.38-41, 2011. 『現代科学』 No.489, pp.38-41, 2011. 2011 Japanese Disclose to all
稲葉カヨ 稲葉カヨ 稲葉カヨ 2011年ノーベル医学生理学賞:Ralph M Steinman博士 2011年ノーベル医学生理学賞:Ralph M Steinman博士 2011年ノーベル医学生理学賞:Ralph M Steinman博士 『実験医学』Vol.29, No.19, pp.3126-3128, 2011. 『実験医学』Vol.29, No.19, pp.3126-3128, 2011. 『実験医学』Vol.29, No.19, pp.3126-3128, 2011. 2011 Japanese Disclose to all
稲葉カヨ 稲葉カヨ 稲葉カヨ 樹状細胞研究のトピックス 樹状細胞研究のトピックス 樹状細胞研究のトピックス 『炎症と免疫』特集I編集 先端医学社、編集 『炎症と免疫』特集I編集 先端医学社、編集 『炎症と免疫』特集I編集 先端医学社、編集 2010 Japanese Disclose to all
稲葉カヨ 稲葉カヨ 稲葉カヨ 免疫と生体防御 免疫と生体防御 免疫と生体防御 『医学のための細胞生物学』南江堂 p208-221 『医学のための細胞生物学』南江堂 p208-221 『医学のための細胞生物学』南江堂 p208-221 2009 Japanese Disclose to all
稲葉カヨ 稲葉カヨ 稲葉カヨ 樹状細胞による免疫制御と臨床応用  樹状細胞による免疫制御と臨床応用  樹状細胞による免疫制御と臨床応用  羊土社 羊土社 羊土社 2008 Japanese Disclose to all
稲葉 カヨ 稲葉 カヨ 稲葉 カヨ Dendritic cells(共著) Dendritic cells(共著) Dendritic cells(共著) Lung macrophages and dendritic cells in health and disease Marcel Dekker, Inc., Lung macrophages and dendritic cells in health and disease Marcel Dekker, Inc., Lung macrophages and dendritic cells in health and disease Marcel Dekker, Inc., 1997 Japanese Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
Awards
Title(Japanese) Title(English) Organization name(Japanese) Organization name(English) Date
ロレアルユネスコ女性科学賞 L'oreal-Unesco Award for Women in Science ロレアル財団 L'oreal Fundation 2014/03/19
日本免疫学会女性研究者賞 日本免疫学会 Japanese Society for Immunology 2014/12/11
2015年度武田医学賞 武田医学振興財団 2015/11/
紫綬褒章 Medal with Purple Ribbon 2016/11/
External funds: competitive funds and Grants-in-Aid for Scientific Research (Kakenhi)
Type Position Title(Japanese) Title(English) Period
特定領域研究 Representative 免疫寛容の誘導・維持と破綻における樹状細胞の機能と作用メカニズムの解析 Studies on the differentiation and functional maturation of dendritic cells 2001-2005
基盤研究(B) Representative 樹状細胞サブセットの免疫応答の制御における機能解析 2004-2005
特定領域研究 Assignment マウスレクチンSIGNR1の微生物認識およびTLR4との相互作用 2004-2005
基盤研究(B) Representative マウスレクチン受容体の機能 2006-2007
特定領域研究 Assignment 微生物におけるSIGNR1の働き 2007-2008
基盤研究(C) Assignment 免疫系細胞に発現するC-型レクチンによる微生物認識とTLR応答への関与 2007-2009
基盤研究(B) Representative ミエロイドレクチンレセプターの機能 2008-2010
挑戦的萌芽研究 Representative ナノ物質に対する細胞応答性とその差異の検討 2008-2009
特定領域研究 Representative 免疫担当細胞間クロストークによる応答制御 2008-2009
基盤研究(C) Assignment レクチン分子の発現を指標としたマクロファージサブセットの生体内動態 2009-2011
特定領域研究 Assignment 糖鎖認識におけるSIGNR1と他のファミリー分子における差異の解析 2009-2010
挑戦的萌芽 Representative ナノ粒子の生物学的サイズ効果の検討 2011-2012
挑戦的萌芽 Representative 生物内不溶物によるサイズ依存的なIL−1β産生経路の存在 2013-2014
基盤研究(C) Assignment C型レクチンを介した微生物多糖による免疫応答制御 2013-2015
挑戦的萌芽研究 Representative 生体内不溶物質によるサイズ依存的なIL-1β産生経路の存在 2013-2014
挑戦的萌芽研究 Representative 生体内不溶物質によるサイズ依存的なIL-1β産生経路の存在 (平成26年度分) 2014/04/01-2015/03/31

  • <<
  • >>
External funds: other than those above
System Main person Title(Japanese) Title(English) Period
樹状細胞の分化・増殖と細胞機能の成熟に関する研究 Studies on the function of dendritic cells in the immune response -
免疫寛容の誘導・維持と破綻における樹状細胞の機能と作用メカニズムの解析 Studies on the differentiation and functional maturation of dendritic cells 2001-2005
樹状細胞による獲得免疫と自然免疫の調節機構の解析 2001-2005
免疫監視・制御細胞としての樹状細胞機能の解析 Studies on the activation of macrophage function 2002-2003
樹状細胞サブセットの免役応答の制御における機能解析 2004-2005
内藤記念科学振興財団 稲葉カヨ パターン認識受容体TLRsとレクチンの微生物認識における協同作用 2006-2007
Teaching subject(s)
Name(Japanese) Name(English) Term Department Period
ジェンダー入門I -
生命科学への招待 -
免疫生物学 -
生物学セミナー -
性差を科学する-自然科学の視点から- Sciences on Gender/Sex Differences(Natural Scientific 後期 全学共通科目 2011/04-2012/03
免疫生物学 -
生物学実習D (2) 後期 理学部 2011/04-2012/03
生物学セミナ-B (5) 後期 理学部 2011/04-2012/03
生物科学課題研究7 通年 理学部 2011/04-2012/03
免疫生物学 前期 理学部 2011/04-2012/03
生命科学概論B Perspectives on Life Science B 後期 全学共通科目 2011/04-2012/03
免疫生物学 Immunobiology 前期 理学部 2012/04-2013/03
性差を科学する-自然科学の視点から- Sciences on Gender/Sex Differences(Natural Scientific Viewpoints) 後期 全学共通科目 2012/04-2013/03
生命科学概論B Perspectives on Life Science B 後期 全学共通科目 2012/04-2013/03
生物学セミナ-B Seminars in Biological Science B 後期 理学部 2012/04-2013/03
生物学実習D Laboratory work in Biological Science D 後期 理学部 2012/04-2013/03
生物科学課題研究7 Special Study CourseII(Biological Sciences) 7 通年 理学部 2012/04-2013/03
免疫生物学 Immunobiology 前期 理学部 2013/04-2014/03
生物学実習D Laboratory work in Biological Science D 後期 理学部 2013/04-2014/03
生物学セミナ−B Seminars in Biological Science B 後期 理学部 2013/04-2014/03
生物科学課題研究7 Special Study CourseII(Biological Sciences) 7 通年 理学部 2013/04-2014/03
疾患・免疫生命科学特論 Advanced Course in Immunology and Human Disorders 前期集中 生命科学研究科 2013/04-2014/03
特別実習及び演習第1 Practical Course and Seminar of Science Communication, Bioethics and History of Bioscience 1 通年集中 生命科学研究科 2013/04-2014/03
特別実習及び演習第2 Practical Course and Seminar of Science Communication, Bioethics and History of Bioscience 2 通年集中 生命科学研究科 2013/04-2014/03
性差を科学するII Sciences on Gender/Sex Differences II 後期 全学共通科目 2013/04-2014/03
免疫生物学 Immunobiology 前期 理学部 2014/04-2015/03
生物学実習D Laboratory work in Biological Science D 後期 理学部 2014/04-2015/03
生物学セミナ-B Seminars in Biological Science B 後期 理学部 2014/04-2015/03
生物科学課題研究7 Special Study CourseII(Biological Sciences) 7 通年 理学部 2014/04-2015/03
疾患・免疫生命科学特論 Advanced Course in Immunology and Human Disorders 前期集中 生命科学研究科 2014/04-2015/03
特別実験及び演習第1 Experimental Course and Seminar l 通年 生命科学研究科 2014/04-2015/03
特別実験及び演習第2 Experimental Course and Seminar 2 通年 生命科学研究科 2014/04-2015/03
特別実習及び演習第1 Practical Course and Seminar of Science Communication, Bioethics and History of Bioscience 1 通年集中 生命科学研究科 2014/04-2015/03
特別実習及び演習第1 Practical Course and Seminar of Science Communication, Bioethics and History of Bioscience 1 通年 生命科学研究科 2014/04-2015/03
特別実習及び演習第2 Practical Course and Seminar of Science Communication, Bioethics and History of Bioscience 2 通年集中 生命科学研究科 2014/04-2015/03
特別実習及び演習第2 Practical Course and Seminar of Science Communication, Bioethics and History of Bioscience 2 後期前期 生命科学研究科 2014/04-2015/03
高次生命科学特別演習 Advanced Experiments in Systemic Life Sciences 通年 生命科学研究科 2014/04-2015/03
生体防御学概論 Introduction to Self-defense mechanisms 前期 総合生存学館 2014/04-2015/03
分子細胞生物学 Molecular and Cellular Biology 後期 総合生存学館 2014/04-2015/03
偏見・差別・人権 Prejudice,Discrimination, and Human Rights 後期 全学共通科目 2014/04-2015/03
偏見・差別・人権 Prejudice, Discrimination, and Human Rights 後期 全学共通科目 2015/04-2016/03
免疫生物学 Immunobiology 前期 理学部 2015/04-2016/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 前期不定 生命科学研究科 2015/04-2016/03
特別実験及び演習 Experimental Course and Seminar 後期不定 生命科学研究科 2015/04-2016/03
生体防御学概論 Introduction to Self-defense mechanisms 前期 総合生存学館 2015/04-2016/03
生命科学キャリアパス Career Paths in Life Sciences 前期集中 生命科学研究科 2015/04-2016/03
生物学のフロンティア Frontiers of Biology 前期 全学共通科目 2015/04-2016/03
生物学セミナ-B Seminars in Biological Science B 後期 理学部 2015/04-2016/03
生物学実習D Laboratory work in Biological Science D 後期 理学部 2015/04-2016/03
生物科学課題研究7 Special Study CourseII(Biological Sciences) 7 通年 理学部 2015/04-2016/03
疾患・免疫生命科学特論 Advanced Course in Immunology and Human Disorders 後期集中 生命科学研究科 2015/04-2016/03
高次生命科学特別演習 Advanced Experiments in Systemic Life Sciences 前期不定 生命科学研究科 2015/04-2016/03
高次生命科学特別演習 Advanced Experiments in Systemic Life Sciences 後期不定 生命科学研究科 2015/04-2016/03

  • <<
  • >>
School management (title, position)
Title Period
女性研究者支援センターセンター長 2010/09/05-2010/90/4
理事補 2008/11/01-2012/09/30
広報委員会委員 -
男女共同参画室副室長 -
人権委員会 委員 2008/11/01-2011/03/31
大学評価委員会 委員 2009/04/01-2011/03/31
広報委員会 委員 2009/04/01-2011/03/31
大学評価委員会 点検・評価実行委員会 委員 2010/04/01-
企画委員会 委員 2010/10/01-2011/03/31
人権委員会 委員 2011/04/01-2013/03/31
企画委員会 委員 2011/04/01-2013/03/31
全学情報セキュリティ委員会 委員 2011/04/01-2013/03/31
大学評価委員会 委員 2011/04/01-2013/03/31
大学評価委員会点検・評価実行委員会 委員 2011/04/01-2012/03/31
拡大役員懇談会 2011/04/01-2013/03/31
京都大学優秀女性研究者賞選考委員会 委員 2012/04/01-2013/03/01
大学評価委員会 点検・評価実行委員会 委員 2012/04/01-2013/03/31
京都大学優秀女性研究者選考委員会 委員 2013/04/01-2014/03/31
人権委員会 委員 2013/04/01-2015/03/31
大学評価委員会 委員 2013/08/01-2014/09/30
全学情報セキュリティ委員会 委員 2007/10/01-2014/09/30
副学長 2013/08/01-2014/09/30
吉田寮整備委員会委員 2014/04/01-2014/09/30
研究科長部会 2013/08/01-2014/09/30
部局長会議 2013/08/01-2014/09/30
広報委員会 委員長 -
理事 2014/10/01-2016/09/30
国際教育プログラム委員会委員 2号委員 2014/10/01-2016/09/30
京都大学安全保障輸出管理委員会 委員 2014/10/01-2016/09/30
国際交流委員会 委員 2014/10/01-2016/09/30
海外拠点運営専門委員会 委員長 2014/10/01-2016/09/30
国際戦略委員会 委員長 2014/10/01-2016/09/30
京都大学国際交流推進機構協議会 協議員 2014/10/01-2016/03/31
京都大学国際交流推進機構協議会 協議員 2014/10/01-2016/09/30
京都大学国際交流推進機構協議会幹事会 協議員 2014/10/01-2016/03/31
教育研究評議会 評議員 2014/10/01-2016/09/30
京都大学経営協議会 2014/10/01-2016/09/30
研究科長部会 2014/10/01-2016/09/30
部局長会議 2014/10/01-2016/09/30
役員会 2014/10/01-2016/09/30
全学情報セキュリティ委員会 委員 2015/04/01-
教員表彰選考委員会 委員 2015/11/01-2016/03/31
国際展開委員会 委員長 2016/04/01-2016/09/30
全学情報セキュリティ委員会 委員 2016/04/01-
国際戦略本部運営協議会 協議員/議長 2016/04/01-2016/09/30
国際戦略本部 全学海外拠点運営専門部会 部会長 2016/05/25-2016/09/30
国際戦略委員会 委員長 2014/10/01-2016/06/03
国際戦略委員会 海外拠点運営専門委員会 委員長 2014/10/01-2016/06/03
京都大学研究公正委員会 委員 2016/04/01-2018/03/31

  • <<
  • >>
Faculty management (title, position)
Title Period
研究科長 2003/04/01-2005/03/31
中期目標・中期計画検討委員会 2004/04/01-
人権問題委員会 2005/04/-
将来像検討委員会 2006/01/-
自己評価委員会 2005/04/-
雇用検討委員会 2005/04/-
女性研究者支援センター長 2010/09/05-2012/09/04
人権委員会 2005/04/01-
将来像検討委員会 2006/01/01-
生命科学研究科長 2003/04/01-2005/03/31
自己評価委員会 2005/04/01-
雇用検討委員会 2005/04/01-

  • <<
  • >>
Academic organizaions (other)
Organization name(Japanese) Organization name(English) Misc(Japanese) Misc(English) Period
第38回日本免疫学会総会・学術集会 38th Annual meeting of Japanese Society of Immunology 学術集会会長 2008-
第11回マクロファージ分子細胞生物学国際シンポジウム 11th International Sympojiumu on Molecular Cell Biology of Macrophages シンポジウム開催会長 2000-
第8回ランゲルハンス細胞国際ワークショップ 8th International Workshop on Langerhans Cells 組織委員 Local Organizing Committee 2003-
第10回国際樹状細胞シンポジウム 10th International Symposium on Dendritic cells 副会長 vice presudebt 2008-
第10回国際樹状細胞シンポジウム 10th International Sympisium on Dendritic cells プログラム委員会委員長 Scientific Program Chair 2008-
第14回ランゲルハンス細胞国際ワークショップ 14th International Workshop on Langerhans cells 大会会長 President 2015/11/07-2015/11/10
Other activities (awards)
Award name Organization name Date
第2回京都大学孜孜賞 京都大学 2014/07/
第26回京都府あけぼの賞 京都府 2014/11/
Other activities (public organizations)
Committee(Japanese) Committee(English) Title Organization name Period
公益財団 法人京都市男女共同参画推進協会 代表理事 2015/06/18-
日本学術会議 連携会員 2014/10/-
日本ユネスコ国内委員会 委員 -