海道 真典

Last Update: 2017/10/17 18:15:42

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
海道 真典/カイドウ マサノリ/Masanori Kaidou
Primary department(Org1/Org2/Org3/Job title)
農学研究科/応用生物科学専攻植物保護科学講座/助教
Faculty
Org1 Org2 Org3 Job title
農学部
Contact address
Type Address(Japanese) Address(English)
Office 〒606-8502京都市左京区北白川追分町京都大学大学院農学研究科植物病理学研究室 Laboratory of Plant Pathology Graduate School of Agriculture, Kyoto University, Sakyo-ku, Kyoto 6506-8502, Japan
Phone
Type Number
Office 075-753-6148
E-mail address
メールアドレス
kaido @ kais.kyoto-u.ac.jp
Affiliated academic organization(s) (Japanese)
Organization name(Japanese) Organization name(English)
日本植物病理学会 The Phytopathological Society of Japan
Academic degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
修士(農学) 京都大学
博士(農学) 京都大学
Graduate school
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(Japanese) Major(English) Degree
京都大学 大学院農学研究科博士後期課程農林生物学専攻 修了
京都大学 大学院農学研究科修士課程農林生物学専攻 修了
University
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(s)(Japanese) Major(s)(English) Degree
京都大学 農学部農林生物学科 卒業
Highschool
Highschool Kana
大阪府立高津高等学校 おおさかふりつこうづこうとうがっこう
Work Experience
Period Organization(Japanese) Organization(English) Job title(Japanese) Job title(English)
1996/07/-1999/06/ ウイスコンシン大学分子ウイルス学研究所 Institute for Molecular Virology, University of Wisconsin リサーチ・アソシエイト Research associate
Personal Profile
(Japanese)
1991年京都大学農学部卒業。1993年同大学院農学研究科修士課程修了。1996年同大学院博士課程修了。1996年7月から1999年6月まで米国ウィスコンシン大学分子ウイルス学研究所でポスドク。1999年7月から京都大学大学院農学研究科助手。現在に至る。
Research Topics
(Japanese)
植物RNAウイルスの細胞間移行メカニズムの解明
Overview of your research
(Japanese)
植物ウイルスは自身がコードする移行タンパク質(MP)の働きによって細胞間を繋ぐ通路である原形質連絡糸を改変し、隣接する非感染細胞へと移行する。これらの過程はMP単独ではなく宿主細胞がコードするタンパク質(宿主因子)との協調的な相互作用を通じて為される。MPの局在性および機能解析、およびMPと相互作用する宿主因子候補タンパク質(アフィニティー精製と質量分析によって多数同定した)の働きについて解析している。
Fields of research (key words)
Key words(Japanese) Key words(English)
植物病理学 Plant Pathology
RNAウイルス RNA virus
移行タンパク質 Movement protein
宿主因子 host factors
プラズモデスマータ plasmodesmata
複製酵素複合体 Virus replication complex
Fields of research (kaken code)
Kaken code
Plant pathology
Published Papers > Published Papers
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language
Y. Tajima; HO. Iwakawa; K. Hyodo; M. Kaido; K. Mise; T. Okuno Requirement for eukaryotic translation initiation factors in cap-independent translation differs between bipartite genomic RNAs of red clover necrotic mosaic virus. Virology,509,152-158 2017 Refereed English
K. Hyodo; T. Taniguchi; Y. Manabe; M. Kaido; K. Mise; T. Sugawara; H. Taniguchi; T. Okuno Phosphatidic acid produced by phospholipase D promotes RNA replication of a plant RNA virus PLoS Pathogens,e1004909 2015/05 Refereed English
M. Kaido; K. Abe; A. Mine; K. Hyodo; T. Taniguchi; H. Taniguchi; K. Mise; T. Okuno GAPDH-A recruites a plant virus movement protein to cortical virus replication complexes to facilitate viral cell-to-cell movement PLoS Pathogens,10,11,e1004505 2014/11 Refereed English
T. Narabayashi; M. Kaido; T. Okuno; K. Mise Base-paired structure in the 5' untranslated region is required for the efficient amplification of negative-strand RNA3 in the bromovirus melandrium yellow fleck virus Virus Research,188,162-169 2014 Refereed English
T. Kawai; A. Gonoi; M. Nitta; M. Kaido; N. Yamagishi; N. Yoshikawa; R. Tao Virus-induced gene silencing in apricot (Prunus armeniaca L.) and Japanese apricot (P. mume Siebold Journal of the Japanese Society for Horticultural Science,83,1,23-31 2014 Refereed English
K. Hyodo; M. Kaido; T. Okuno Traffic jam on the cellular secretory pathway generated by a replication protein from a plant virus Plant Signaling & Behavior,9,3,e28644 2014 Refereed English
K. Hyodo; A. Mine; T. Taniguchi; M. Kaido; K. Mise; H. Taniguchi; T. Okuno ADP ribosylation factor 1 plays an essential role in the replication of a plant RNA virus Journal of Virology,87,1,163-176 2013 Refereed English
A. Mine; K. Hyodo; Y. Tajima; K. Kusumanegara; T. Taniguchi; M. Kaido; K. Mise; H. Taniguchi; T. Okuno Differential roles of Hsp70 and Hsp90 in the assembly of the replicase complex of a positive-strand RNA plant virus Journal of Virology,86,22,12091-12104 2012/11 Refereed English
K. Kusumanegara; A. Mine; K. Hyodo; M. Kaido; K. Mise; T. Okuno Identification of domains in p27 auxiliary replicase protein essential for its association with the endoplasmic reticulum membranes in Red clover necrotic mosaic virus Virology,433,1,131-141 2012/11 Refereed English
H.-O. Iwakawa; Y. Tajima; T. Taniguchi; M. Kaido; K. Mise; Y. Tomari; H. Taniguchi; T. Okuno Poly(A)-binding protein facilitates translation of an uncapped/nonpolyadenylated viral rna by binding to the 3\\' untranslated region Journal of Virology,86,15,7836-7849 2012/08 Refereed English
Y. Tajima; H.-O. Iwakawa; M. Kaido; K. Mise; T. Okuno A long-distance RNA-RNA interaction plays an important role in programmed -1 ribosomal frameshifting in the translation of p88 replicase protein of Red clover necrotic mosaic virus Virology,417,1,169-178 2011/08 Refereed English
M. Kaido; N. Funatsu; Y. Tsuno; K. Mise; T. Okuno Viral cell-to-cell movement requires formation of cortical punctate structures containing Red clover necrotic mosaic virus movement protein Virology,413,2,205-215 2011/05 Refereed English
K. Hyodo; A. Mine; H.-O. Iwakawa; M. Kaido; K. Mise; T. Okuno Identification of amino acids in auxiliary replicase protein p27 critical for its RNA-binding activity and the assembly of the replicase complex in Red clover necrotic mosaic virus Virology,413,2,300-309 2011/05 Refereed English
H.-O. Iwakawa; A. Mine; K. Hyodo; M. An; M. Kaido; K. Mise; T. Okuno Template recognition mechanisms by replicase proteins differ between bipartite positive-strand genomic RNAs of a plant virus Journal of Virology,85,1,497-509 2011/01 Refereed English
A. Mine; K. Hyodo; A. Takeda; M. Kaido; K. Mise; T. Okuno Interactions between p27 and p88 replicase proteins of Red clover necrotic mosaic virus play an essential role in viral RNA replication and suppression of RNA silencing via the 480-kDa viral replicase complex assembly Virology,407,2,213-224 2010/11 Refereed English
M. An; H.-O. Iwakawa; A. Mine; M. Kaido; K. Mise; T. Okuno A Y-shaped RNA structure in the 3\\' untranslated region together with the trans-activator and core promoter of Red clover necrotic mosaic virus RNA2 is required for its negative-strand RNA synthesis Virology,405,1,100-109 2010/09 Refereed English
A. Mine; A. Takeda; T. Taniguchi; H. Taniguchi; M. Kaido; K. Mise; T. Okuno Identification and characterization of the 480-kilodalton template-specific RNA-dependent RNA polymerase complex of red clover necrotic mosaic virus Journal of Virology,84,12,6070-6081 2010/06 Refereed English
M. Kaido; Y. Tsuno; K. Mise; T. Okuno Endoplasmic reticulum targeting of the Red clover necrotic mosaic virus movement protein is associated with the replication of viral RNA1 but not that of RNA2 Virology,395,2,232-242 2009/12 Refereed English
T. Narabayashi; F. Iwahashi; M. Kaido; T. Okuno; K. Mise Melandrium yellow fleck bromovirus infects Arabidopsis thaliana and has genomic RNA sequence characteristics that are unique among bromoviruses Archives of virology,154,9,1381-1389 2009/09 Refereed English
S. Sarawaneeyaruk; H.-o. Iwakawa; H. Mizumoto; H. Murakami; M. Kaido; K. Mise; T. Okuno Host-dependent roles of the viral 5′ untranslated region (UTR) in RNA stabilization and cap-independent translational enhancement mediated by the 3′ UTR of Red clover necrotic mosaic virus RNA1 Virology,391,1,107-118 2009/08 Refereed Japanese
K. Fujisaki; F. Iwahashi; M. Kaido; T. Okuno; K. Mise Genetic analysis of a host determination mechanism of bromoviruses in Arabidopsis thaliana Virus Research,140,1-2,103-111 2009/03 Refereed English
H.-O. Iwakawa; H. Mizumoto; H. Nagano; Y. Imoto; K. Takigawa; S. Sarawaneeyaruk; M. Kaido; K. Mise; T. Okuno A viral noncoding RNA generated by cis-element-mediated protection against 5′→3′ RNA decay represses both cap-independent and cap-dependent translation Journal of Virology,82,20,10162-10174 2008/10 Refereed English
K. Okamoto; H. Nagano; H. Iwakawa; H. Mizumoto; A. Takeda; M. Kaido; K. Mise; T. Okuno cis-Preferential requirement of a - 1 frameshift product p88 for the replication of Red clover necrotic mosaic virus RNA1 Virology,375,1,205-212 2008/05 Refereed English
H.-o. Iwakawa; M. Kaido; K. Mise; T. Okuno cis-Acting core RNA elements required for negative-strand RNA synthesis and cap-independent translation are separated in the 3′-untranslated region of Red clover necrotic mosaic virus RNA1 Virology,369,1,168-181 2007/12 Refereed English
N. Akamatsu; A. Takeda; M. Kishimoto; M. Kaido; T. Okuno; K. Mise Phosphorylation and interaction of the movement and coat proteins of brome mosaic virus in infected barley protoplasts Archives of Virology,152,11,2087-2093 2007/10 Refereed English
M. Kaido; Y. Inoue; Y. Takeda; K. Sugiyama; A. Takeda; M. Mori; A. Tamai; T. Meshi; T. Okuno; K. Mise Downregulation of the NbNACa1 gene encoding a movement-protein-interacting protein reduces cell-to-cell movement of brome mosaic virus in Nicotiana benthamiana Molecular Plant-Microbe Interactions,20,6,671-681 2007/06 Refereed English
H. Mizumoto; H.-O. Iwakawa; M. Kaido; K. Mise; T. Okuno Cap-independent translation mechanism of Red clover necrotic mosaic virus RNA2 differs from that of RNA1 and is linked to RNA replication Journal of Virology,80,8,3781-3791 2006/04 Refereed English
M. Mori; H. Kitamura; A. Kondo; K. Dohi; M. Mori; M. Kaido; K. Mise; E. Shimojyo; Y. Hashimoto Expression of an enhancin gene from the Trichoplusia ni granulosis virus confers resistance to lepidopterous insect pests to rice Plant Biotechnology,23,1,55-61 2006 Refereed English
A. Takeda; M. Tsukuda; H. Mizumoto; K. Okamoto; M. Kaido; K. Mise; T. Okuno A plant RNA virus suppresses RNA silencing through viral RNA replication EMBO Journal,24,17,3147-3157 2005/09 Refereed English
F. Iwahashi; K. Fujisaki; M. Kaido; T. Okuno; K. Mise Synthesis of infectious in vitro transcripts from Cassia yellow blotch bromovirus cDNA clones and a reassortment analysis with other bromoviruses in protoplasts Archives of Virology,150,7,1301-1314 2005/07 Refereed English
N. Sasaki; M. Kaido; T. Okuno; K. Mise Coat protein-independent cell-to-cell movement of bromoviruses expressing brome mosaic virus movement protein with an adaptation-related amino acid change in the central region Archives of Virology,150,6,1231-1240 2005/06 Refereed English
A. Takeda; W. Nakamura; N. Sasaki; K. Goto; M. Kaido; T. Okuno; K. Mise Natural isolates of Brome mosaic virus with the ability to move from cell to cell independently of coat protein Journal of General Virology,86,1201-1211 2005/04 Refereed English
M. Tatsuta; H. Mizumoto; M. Kaido; K. Mise; T. Okuno The Red clover necrotic mosaic virus RNA2 trans-activator is also a cis-Acting RNA2 replication element Journal of Virology,79,2,978-986 2005/01 Refereed English
K. Fujisaki; F. Hagihara; Y. Azukawa; M. Kaido; T. Okuno; K. Mise Identification and characterization of the SSB1 locus involved in symptom development by Spring beauty latent virus infection in Arabidopsis thaliana Molecular Plant-Microbe Interactions,17,9,967-975 2004/09 Refereed English
A. Takeda; M. Kaido; T. Okuno; K. Mise The C terminus of the movement protein of Brome mosaic virus controls the requirement for coat protein in cell-to-cell movement and plays a role in long-distance movement Journal of General Virology,85,1751-1761 2004/06 Refereed English
N. Sasaki; M. Kaido; T. Okuno; K. Mise Effects of Artificial Codon Changes in the Movement Protein Gene on Adaptation of a Hybrid Bromovirus to Cowpea Microbiology and Immunology,48,2,131-135 2004 Refereed English
T. Hayakawa; Y. Hashimoto; M. Mori; M. Kaido; E. Shimojo; I. Furusawa; R.R. Granados Transgenic tobacco transformed with the Trichopusia ni granulovirus Enhancin gene affects insect development Biocontrol Science and Technology,14,2,211-214 2004 Refereed English
H. Mizumoto; M. Tatsuta; M. Kaido; K. Mise; T. Okuno Cap-Independent Translational Enhancement by the 3′ Untranslated Region of Red Clover Necrotic Mosaic Virus RNA1 Journal of Virology,77,22,12113-12121 2003/11 Refereed English
K. Fujisaki; M. Kaido; K. Mise; T. Okuno Use of Spring beauty latent virus to identify compatible interactions between bromovirus components required for virus infection Journal of General Virology,84,1367-1375 2003/06 Refereed English
N. Sasaki; M. Arimoto; H. Nagano; M. Mori; M. Kaido; K. Mise; T. Okuno The movement protein gene is involved in the virus-specific requirement of the coat protein in cell-to-cell movement of bromoviruses Archives of Virology,148,4,803-812 2003/04 Refereed English
K. Fujisaki; F. Hagihara; M. Kaido; K. Mise; T. Okuno Complete nucleotide sequence of spring beauty latent virus, a bromovirus infectious to Arabidopsis thaliana Archives of Virology,148,1,165-175 2003/01 Refereed English
M. Kaido; K. Sugiyama; K. Mise; T. Okuno Prospect of controlling plant virus multiplication and improving disease resistance PSJ Plant-Microbe Interactions Symposium Reports,39・7-15 2003 Refereed English
A. Takeda; K. Sugiyama; H. Nagano; M. Mori; M. Kaido; K. Mise; S. Tsuda; T. Okuno Identification of a novel RNA silencing suppressor, NSs protein of Tomato spotted wilt virus FEBS Letters,532,1-2,75-79 2002/12 Refereed English
J. Díez; M. Ishikawa; M. Kaido; P. Ahlquist Identification and characterization of a host protein required for efficient template selection in viral RNA replication Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,97,8,3913-3918 2000/04 Refereed English
T. Hayakawa; E.-I. Shimojo; M. Mori; M. Kaido; I. Furusawa; S. Miyata; Y. Sano; T. Matsumoto; Y. Hashimoto; R.R. Granados Enhancement of baculovirus infection in Spodoptera exigua (Lepidoptera: Noctuidae) larvae with Autographa californica nucleopolyhedrovirus or Nicotiana tabacum engineered with a granulovirus enhancin gene Applied Entomology and Zoology,35,1,163-170 2000 Refereed English
海道 真典 Brome Mosaic Virusの増殖に関与する宿主因子の研究 日本植物病理学会 平成12年度植物感染生理談話会論文集 ISSN 1345-8086,/36,113-122 2000 Refereed Japanese
海道 真典 イラクサキンウワバ顆粒病ウイルス(Trichoplusia ni granulosis virus)由来エンハンシンを発現する形質転換イネの作出とその形質転換イネが鱗翅目昆虫の成長に及ぼす影響 近畿中国農研,99/,8-14 2000 Refereed Japanese
海道 真典 リボザイム配列を含むブロムモザイクウイルスRNAを発現する形質転換タバコにおけるウイルスRNA蓄積の増高 日本植物病理學會報,63,2,95-98 1997/04/25 Refereed Japanese
M. Kaido; M. Mori; K. Mise; T. Okuno; I. Furusawa Auto-cleavable Ribozyme Sequence Attached to Brome Mosaic Virus cDNAs Enhances Accumulation of the Viral RNAs Transcribed In Vivo from the cDNAs Annals of the Phytopathoogical Society of Japan,63/2,95-98,63,95-98 1997/04 Refereed English
M. Kaido; M. Mori; K. Mise; T. Okuno; I. Furusawa Inhibition of brome mosaic virus (BMV) amplification in protoplasts from transgenic tobacco plants expressing replicable BMV RNAs Journal of General Virology,76,2827-2833 1995/11 Refereed English
M. Mori; M. Kaido; T. Okuno; I. Furusawa mRNA amplification system by viral replicase in transgenic plants FEBS Letters,336,1,171-174 1993/12 Refereed English
M. Mori; G.-H. Zhang; M. Kaido; T. Okuno; I. Furusawa Efficient production of human gamma interferon in tobacco protoplasts by genetically engineered brome mosaic virus RNAs Journal of General Virology,74,1255-1260 1993/07 Refereed English

  • <<
  • >>
Conference Presentation > Conference Presentation
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language
大矢卓明・新田浩志・徐銓・安田加奈子・寺石政義・海道真典・奥野哲郎・高野義孝・奥本裕・三瀬和之 Brome mosaic virus (BMV) 抵抗性に関わるNBS-LRR型イネ遺伝子の品種間比較 平成29年度日本植物病理学会大会 2017/04 Refereed
北尾晃一・三瀬和之・高野義孝・海道真典 Red clover necrotic mosaic virus (RCNMV) 移行タンパク質 (MP) のアラニン置換変異が細胞内局在とウイルスの細胞間移行に及ぼす影響の解析 平成29年度日本植物病理学会大会 2017/04 Refereed
KOSAKA Ayumi, BEDNAREK P., ISHIKAWA A., KAIDOU Masanori, MISE Kazuyuki, TAKANO Yoshitaka Studies on post-invasive nonhost resistance of Arabidopsis thaliana against a mulberry pathogen Colletotrichum gloeosporioides 平成29年度日本植物病理学会大会 2017/04 Refereed
SINGKARAVANIT-OGAWA Suthitar, NUR SABRINA Ahmad Azmi, IKEDA Kyoko, TANAKA Saeko, INOUE Yoshihiro, KAIDOU Masanori, MISE Kazuyuki, NARUSAKA Yoshihiro, TAKANO Yoshitaka Inappropriate expression of NLP effector impairs Colletotricum infection on cucurbits via recognition of its C-terminal region 平成29年度日本植物病理学会大会 2017/04 Refereed
尾崎紗恵・高野義孝・三瀬和之・奥野哲郎・海道真典 Red clover necrotic mosaic virus MP-GFP融合タンパク質を用いたMPと結合する宿主タンパク質の同定 平成28年度日本植物病理学会関西部会 2016/09 Refereed
大矢卓明・新田浩志・Xu Quan・安田加奈子・海道真典・奥野哲郎・高野義孝・奥本裕・三瀬和之 Brome mosaic virus (BMV) 抵抗性に関わるNBS-LRR型イネ遺伝子の単離 平成28年度日本植物病理学会関西部会 2016/09 Refereed
NUR DABRINA Ahmad Azmi, SINGKARAVANIT-OGAWA Suthitar, IKEDA Kyoko, KAIDOU Masanori, MISE Kazuyuki, TAKANO Yoshitaka Inappropriate expression of the NLP effector impairs the infection of Colletotricum orbiculare on cucumber 平成28年度日本植物病理学会関西部会 2016/09 Refereed
Conference Presentation > International Society
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language
KAIDOU Masanori Molecular mechanisms of intra- and intercellular movement of a dianthovirus PSJ Plant Virus Disease Workshop Report No.12 2016/03 Refereed English
M. Kaido; K. Abe; T. Taniguchi; H. Taniguchi; K. Mise; T. Okuno Chloroplastic glyceraldehyde 3-phosphate dehydrogenase (GAPDH-A) of Nicotiana benthamiana plays a positive role in cell-to-cell movement of Red clover necrotic mosaic virus XV International Congress of Virology 2011/09 Refereed English
T. Narabayashi, M. Kaido, T. Okuno, K. Mise Mutation in the 5' untranslated region of Melandrium yellow fleck bromovirus RNA3 affect translation of the coat protein gene American Society for Virology 29th Annual Meeting 2010/07 Refereed English
K.Hyodo, M. Kaido, K. Mise, T. Okuno RNA binding activity of Red clover necrotic mosaic virus replication protein p27 plays important roles in the early replication steps of viral genomic RNA2 American Society for Virology 29th Annual Meeting 2010/07 Refereed English
Y. Tajima, M. Kaido, K. Mise, T. Okuno Analysis of long-distance RNA-RNA interaction required for an efficient -1 ribosomal frameshifting in Red clover necrotic mosaic virus RNA1 American Society for Virology 29th Annual Meeting 2010/07 Refereed English
H. Iwakawa, M. An, M. Kaido, K. Mise, T. Okuno Identification of the recruiter of viral replication protein complexes in Red clover necrotic mosaic virus RNA2 using streptomycin-binding RNA aptamer American Society for Virology 28th Annual Meeting 2009/07 Refereed English
S. Sarawaneeyaruk, H. Iwakawa, M. Kaido, K. Mise, T. Okuno Roles of the 5' untranslated region of Red clover necrotic mosaic virus RNA1 in RNA replication and cap-independent translation American Society for Virology 28th Annual Meeting 2009/07 Refereed English
M. An, H. Iwakwa, A. Mine, M. Kaido, K. Mise, T. Okuno Novel cis-acting RNA elements required for negative-strand RNA synthesis of Red clover necrotic mosaic virus RNA2 American Society for Virology 28th Annual Meeting 2009/07 Refereed English
T. Narabayashi, M. Kaido, T. Okuno, K. Mise Melandrium yellow fleck virus infects Arabidopsis thaliana and has unique characteristics in genomic RNA sequences among bromoviruses American Society for Virology 28th Annual Meeting 2009/07 Refereed English
M. Kaido, Y. Tsuno, K. Mise, T. Okuno ER-targetig of Red clover necrotic mosaic virus movement protein is dependent on the viral RNA replication XIV. International Congress of Virology 2008 2008/08 Refereed English
A. Mine, M. Kaido, K. Mise, T. Okuno Interactions between p27 and p88 replicase proteins of Red clover necrotic mosaic virus are required for viral RNA replication and RNA silencing suppression XIV. International Congress of Virology 2008 2008/08 Refereed English
H. Iwakwa, M. Kaido, K. Mise, T. Okuno A viral non-coding RNA generated by cis-element-mediated protection against 5'→3' decay represses both cap-independent and dependent translation XIV. International Congress of Virology 2008 2008/08 Refereed English
M. Kaido, Y. Inoue, Y. Takeda, T. Okuno, K. Mise Downregulation of NbNACa1 gene encoding a movement protein-interacting protein reduces cell-to-cell movement of Brome mosaic virus in Nicotiana benthamiana XXVth Ammerican Society for Virology 2006/07 Refereed English

  • <<
  • >>
Conference Presentation > Domestic Society
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language
北坂公紀・三瀬和之・奥野哲郎・海道真典 Red clover necrotic mosaic virus (RCNMV)の各ゲノムRNAは単独で細胞間移行できる 平成28年度日本植物病理学会大会 2016/03 Refereed Japanese
河野早帆・三瀬和之・奥野哲郎・海道真典 Red clover necrotic mosaic virus移行タンパク質の機能ドメイン解析 平成28年度日本植物病理学会大会 2016/03 Refereed Japanese
中川沙耶・矢崎恵一・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 Brome mosaic virus (BMV)は3a移行タンパク質(MP)の発現制御によってDicer-like (DCL)遺伝子欠損シロイヌナズナに全身感染する 平成28年度日本植物病理学会大会 2016/03 Refereed Japanese
田島由理・Siriruk Sarawaneeyaruk・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virus RNA1のプラス鎖合成に必要な5'末端領域の塩基配列と構造 平成27年度日本植物病理学会大会 2015/03 Refereed Japanese
永井比加里・田島由理・兵頭究・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virus RNA2の5’UTRはプラス鎖とマイナス鎖合成いずれにも関与する 平成27年度日本植物病理学会大会 2015/03 Refereed Japanese
高橋佳奈・兵頭究・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 HMG-CoA synthaseはRed clover necrotic mosaic virusの複製に必要である 平成27年度日本植物病理学会大会 2015/03 Refereed Japanese
兵頭究・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 活性酸素種産生機構の転用による植物RNAウイルスの増殖戦略 平成27年度日本植物病理学会大会 2015/03 Refereed Japanese
河野早帆・三瀬和之・奥野哲郎・海道真典 Red clover necrotic mosaic virus(RCNMV)移行タンパク質の細胞内輸送経路の探索 平成27年度日本植物病理学会大会 2015/03 Refereed Japanese
中川沙耶・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 RNA3の5'非翻訳領域(UTR)のポリU配列伸長によってBrome mosaic virus(BMV)はDicer-like(DCL)遺伝子欠損シロイヌナズナに全身感染する 平成27年度日本植物病理学会大会 2015/03 Refereed Japanese
中林優貴・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 Nicotiana benthamianaにおけるRNA silencingの抑制に関与するCassia yellow blotch virus(CYBV)因子の探索 平成26年度日本植物病理学会関西部会 2014/09 Refereed Japanese
兵頭究・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 ダイアンソウイルスのゲノムRNA複製における宿主Phospholopase Dの機能解析 平成26年度日本植物病理学会大会 2014/06 Refereed Japanese
鷲津充彦・楢林大樹・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 イネとキノアにおいて壊死病班を誘導するBrome mosaic virus(BMV)因子の比較 平成26年度日本植物病理学会大会 2014/06 Refereed Japanese
海道真典・阿部一智・三瀬和之・奥野哲郎 GAPDH-AはRed clover necrotic mosaic virusのウイルス複製複合体形成を通じて細胞間移行に関与する 平成26年度日本植物病理学会大会 2014/06 Refereed Japanese
田島由理・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virus RNA1の翻訳にはeIF4Fが必要である 平成26年度日本植物病理学会大会 2014/06 Refereed Japanese
永井比加里・田島由理・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 ダイアンソウイルスゲノムRNA2の合成制御に関わる新規RNA因子 平成26年度日本植物病理学会大会 2014/06 Refereed Japanese
M. Kaido, T. Okuno Molecular mechanism of the cell-to-cell movement of a plant virus that is associated with translation and replication サテライトシンポジウム:平成26年度日本植物生理学会大会 2014/03 Refereed English
阪田星子・兵頭究・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virusの複製酵素タンパク質p27のアセチル化はウイルス感染に関与している 平成25年度日本植物病理学会関西部会 2013/09 Refereed Japanese
惠口奏・三瀬和之・奥野哲郎・海道真典 Germin-Like Protein(GLP)遺伝子はNicotiana benthamianaにおけるRed clover necrotic mosaic virus(RCNMV)感染に関与する 平成25年度日本植物病理学会大会 2013/03 Refereed Japanese
矢崎恵一・楢林大樹・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 2aタンパク質C末端非保存領域の2アミノ酸変異によってBrome mosaic virus(BMV)はDicer-like(DCL)遺伝子欠損シロイヌナズナに全身感染する 平成25年度日本植物病理学会大会 2013/03 Refereed Japanese
田島由理・岩川弘宙・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virusに二分節ゲノムRNAは翻訳に異なる翻訳開始因子を用いる 平成25年度日本植物病理学会大会 2013/03 Refereed Japanese
俵健二・兵頭究・峯彰・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virus感染のRNAサイレンシング関連遺伝子mRNA蓄積に及ぼす影響 平成24年度日本植物病理学会関西部会 2012/09 Refereed Japanese
陳輝・海道真典・出原健吾・園田麻衣・冨田麗子・厚見剛・関根健太郎・山岡直人・西口正通・奥野哲郎・小林括平 トバモウイルス抵抗性Lタンパク質による病原体認識に関わる補助因子の探索 平成24年度日本植物病理学会大会 2012/03 Refereed Japanese
兵頭究・峯彰・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 植物プラスセンスRNAウイルスのゲノム複製における宿主small GTPase ADP-ribosylation factor 1の機能解析 平成24年度日本植物病理学会大会 2012/03 Refereed Japanese
矢崎恵一・楢林大樹・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 RNA3のコードおよび非コード領域の1塩基置換変異によってブロムモザイクウイルス(BMV)はDCL遺伝子欠損シロイヌナズナに全身感染する 平成24年度日本植物病理学会大会 2012/03 Refereed Japanese
楢林大樹・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 Melandrium yellow fleck bromovirus(MYFV)RNAの5'非翻訳領域(UTR)に存在する2本鎖構造はRNA3のマイナス鎖合成に重要である 平成24年度日本植物病理学会大会 2012/03 Refereed Japanese
李春江・山岸紀子・磯貝雅道・海道真典・吉川信幸 外来ペプチド提示型リンゴ小球形潜在ウイルス(ALSV)ベクターの構築 平成24年度日本植物病理学会大会 2012/03 Refereed Japanese
峯彰・谷口貴子・海道真典・三瀬和之・谷口寿章・奥野哲郎 Heat shock protein 70 (Hsp70)はRed clover necrotic mosaic virus (RCNMV) のRNA複製酵素複合体形成を制御している 平成23年度日本植物病理学会大会 2011/03 Refereed Japanese
楢林大樹・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 ブロモウイルスにおけるゲノム-サブゲノム間相互作用による新規なウイルス遺伝子発現制御機構 平成23年度日本植物病理学会大会 2011/03 Refereed Japanese
新田浩志・鷲津充彦・楢林大樹・海道真典・奥野哲郎・奥本裕・三瀬和之 2a複製酵素タンパク質遺伝子内のミスセンス変異はBrome mosaic virus(BMV)のイネにおける全身感染能を付与する 平成23年度日本植物病理学会大会 2011/03 Refereed Japanese
K. Hyodo, A. Mine, H. Iwakawa, M. Kaido, K. Mise, T. Okuno Auxiliary replicase protein p27 of Red clover necrotic mosaic virus plays multiple roles in an early replication process 第33回日本分子生物学会年会 2010/12 Refereed English
Y. Tajima, M. Kaido, K. Mise, T. Okuno Kissing interaction across 2500 bases is required for efficient -1 ribosomal frameshifting in Red clover necrotic mosaic virus RNA1 第33回日本分子生物学会年会 2010/12 Refereed English
T. Narabayashi, M. Kaido, T. Okuno, K. Mise A novel regulation mechanism of viral gene expression via the interaction between genomic and subgenomic RNA 第33回日本分子生物学会年会 2010/12 Refereed English
楢林大樹・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 ゲノム−サブゲノム間相互作用による新規なウイルス遺伝子発現制御機構 第58会日本ウイルス学会学術集会 2010/11 Refereed Japanese
兵頭究・峯彰・岩川弘宙・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virus RNA複製酵素成分タンパク質p27はウイルスRNAの初期複製段階において様々な役割を担っている 第58会日本ウイルス学会学術集会 2010/11 Refereed Japanese
岩川弘宙・谷口貴子・谷口寿章・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Poly(A)結合タンパク質(PABP)はRed clover necrotic mosaic virus(RCNMV)RNA1の3'非翻訳領域(UTR)に結合しcap/poly(A)非依存的翻訳を促進する 平成22年度日本植物病理学会大会 2010/04 Refereed Japanese
峯彰・谷口貴子・谷口寿章・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virusのRNA合成を担う480kDa複合体の同定と性状解析 平成22年度日本植物病理学会大会 2010/04 Refereed Japanese
田島由理・岩川弘宙・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virus(RCNMV)RNA1の効率良い-1フレームシフト翻訳に必要なRNA-RNA長距離相互作用の解析 平成22年度日本植物病理学会大会 2010/04 Refereed Japanese
兵頭究・峯彰・岩川弘宙・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virus RNA複製酵素成分タンパク質p27のRNA結合活性はウイルスゲノムRNA2の複製初期段階に重要である 平成22年度日本植物病理学会大会 2010/04 Refereed Japanese
楢林大樹・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 Melandrium yellow fleck virus(MYFV)RNA3の5'非翻訳領域(UTR)の変異はウイルス外被タンパク質(CP)の翻訳に影響を与える 平成22年度日本植物病理学会大会 2010/04 Refereed Japanese
峯彰・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Heat shock protein 70はRed clover necrotic mosaic virusのRNA複製酵素複合体の形成に必要である 高知大学植物基礎医学シンポジウム 2010 Japanese
海道真典・築野靖子・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virus (RCNMV)移行タンパク質(MP)のER局在性は細胞間移行に影響する 平成21年度日本植物病理学会大会 2009/03 Refereed Japanese
S. Sarawaneeyaruk, H. Iwakawa, M. Kaido, K. Mise, T. Okuno Host-dependent roles of the 5' untranslated region (UTR) of Red clover necrotic mosaic virus (RCNMV) RNA1 in cap-independent translation mediated by its 3' UTR 平成21年度日本植物病理学会大会 2009/03 Refereed English
田島由理・岩川弘宙・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virus RNA1の3'端非翻訳領域における-1フレームシフトに必要なシス因子の同定 平成21年度日本植物病理学会大会 2009/03 Refereed Japanese
岩川弘宙・安夢楠・峯彰・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Strepto Tag法を用いたRed clover necrotic mosaic virus RNA2に存在する複製酵素リクルート因子の同定 平成21年度日本植物病理学会大会 2009/03 Refereed Japanese
楢林大樹・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 Melandrium yellow fleck virus(MYFV)RNA3の5'非翻訳領域に存在する短いopen reading frame (ORF)がウイルス感染に与える影響 平成21年度日本植物病理学会大会 2009/03 Refereed Japanese
峯彰・谷口貴子・谷口寿章・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virusのRNA複製酵素複合体の同定と性状解析 第57回日本ウイルス学会学術集会 2009 Refereed Japanese
岩川弘宙・安夢楠・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 分節ゲノムを持つRNAウイルスの複製酵素認識機構 RNAフロンティアミーティング2009 2009 Refereed Japanese
岩川弘宙・水本祐之・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virus RNA1に由来するノンコーディングRNA生成メカニズムと機能解析 平成20年度日本植物病理学会大会 2008/04 Refereed Japanese
峯彰・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virus の非構造タンパク質p27およびp88の相互作用はウイルス複製酵素複合体形成、RNA複製およびRNAサイレンシングの抑制に必要である 平成20年度日本植物病理学会大会 2008/04 Refereed Japanese
安夢楠・岩川弘宙・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 レッドクローバーネクロティックモザイクウイルスRNA2の3' UTRに存在する二つの新規なステムループ構造はRNA2の複製に重要である 平成20年度日本植物病理学会大会 2008/04 Refereed Japanese
永野秀昭・井本裕佳・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 カーネーションリングスポットウイルスのゲノムRNA3'末端配列のウイルス感染性における意義 平成20年度日本植物病理学会大会 2008/04 Refereed Japanese
S. Sarawaneeyaruk, H. Iwakawa, M. Kaido, K. Mise, T. Okuno Cap-independent translation mediated by the 3' translational enhancer element of Red clover necrotic mosaic virus RNA1 utilizes a ribosome scanning mechanism 平成20年度日本植物病理学会大会 2008/04 Refereed English
楢林大樹・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 Melandrium yellow fleck virus(MYFV)RNA3の5'非翻訳領域の反復配列はNicotiana benthamianaでの全身感染に必要ではないがウイルス感染競合に影響する 平成20年度日本植物病理学会大会 2008/04 Refereed Japanese
岩橋福松・林瑞恵・猿渡洋介・楢林大樹・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 Spring beauty latent virus(SBLV)感染シロイヌナズナに誘導される全身壊疽病徴発現への病害抵抗性経路の関与 平成20年度日本植物病理学会大会 2008/04 Refereed Japanese
築野靖子・三瀬和之・奥野哲郎・海道真典 Red clover necrotic mosaic virus RNAの複製は移行タンパク質の細胞内局在に影響する 平成20年度日本植物病理学会大会 2008/04 Japanese
岩川弘宙・安夢楠・峯彰・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 複製酵素タンパク質による膜画分へのRNAリクルートメントにおけるRed clover necrotic mosaic virusゲノムRNA2 3’UTRの役割 第56回日本ウイルス学会学術集会 2008 Refereed Japanese
峯彰・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 分節ゲノムを持つダイアンソウイルスのRNA複製制御機構 第56回日本ウイルス学会学術集会 2008 Refereed Japanese
赤松真子・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 Brome mosaic virus(BMV)の3a移行タンパク質のリン酸化と管状構造 平成19年度日本植物病理学会関西部会 2007/10 Refereed Japanese
猿渡洋介・岩橋福松・林瑞恵・藤崎恒喜・阿津川克仁・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 Spring beauty latent virus(SBLV)感染シロイヌナズナに誘導される全身えそ病徴には2種のTIR-NB-LRR遺伝子が関与する 平成19年度日本植物病理学会関西部会 2007/10 Refereed Japanese
岩川弘宙・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virusのマイナス鎖合成に小胞体膜は必要か? 平成19年度日本植物病理学会大会 2007/03 Refereed Japanese
峯彰・岩川弘宙・竹田篤史・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 共免疫沈降法を用いたRed clover necrotic mosaic virusの複製酵素成分タンパク質間の相互作用の解析 平成19年度日本植物病理学会大会 2007/03 Refereed Japanese
S. Sarawaneeyaruk, H. Iwakawa, H. Murakami, H. Muzumoto, M. Kaido, K. Mise, T. Okuno Roles of 5' untranslated region in cap-independent translation of Red clover necrotic mosaic virus RNA1 and subgenomic RNA1a 平成19年度日本植物病理学会大会 2007/03 Refereed English
楢林大樹・岩橋福松・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 Melandrium yellow fleck bromovirus(MYFV)はシロイヌナズナS96に無病徴感染し、他のブロモウイルスと異なる特徴的なゲノムRNA配列を持つ 平成19年度日本植物病理学会大会 2007/03 Refereed Japanese
猿渡洋介・林瑞恵・阿津川克仁・岩橋福松・藤崎恒喜・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 Spring beauty latent virus(SBLV)感染シロイヌナズナに誘導される全身えそ病徴の発現に関わる遺伝子座SSB1のファインマッピングと候補遺伝子のクローニングおよび構造解析 平成19年度日本植物病理学会大会 2007/03 Refereed Japanese
林瑞恵・岩橋福松・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 Spring beauty latent virus(SBLV)感染によって誘導される全身えそ病徴発現の軽減したシロイヌナズナS96変異体におけるSSB1候補遺伝子中のミスセンス変異の同定および発現経路の解析 平成19年度日本植物病理学会大会 2007/03 Refereed Japanese
岩橋福松・林瑞恵・猿渡洋介・楢林大樹・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 Spring beauty latent virus(SBLV)感染シロイヌナズナに誘導される全身えそ病徴の発現に関わるSSB1候補遺伝子の一過的発現による遺伝子機能解析 平成19年度日本植物病理学会大会 2007/03 Refereed Japanese
岩川弘宙・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 ダイアンソウイルスゲノムRNAの3'末端近傍に保存されている新規ステムループ構造は複製に必須である 平成18年度日本植物病理学会関西部会 2006/10 Refereed Japanese
岡本公如・佃美沙都・水本祐之・竹田篤史・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virusのRNA複製酵素成分タンパク質p88はRNA1の複製においてシスに機能する 平成18年度日本植物病理学会大会 2006/06 Refereed Japanese
岩川弘宙・村上裕美・水本祐之・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 BYL in vitro翻訳系を用いたRed clover necrotic mosaic virus RNA1の翻訳と複製のシス因子の解析 平成18年度日本植物病理学会大会 2006/06 Refereed Japanese
峯彰・岩川弘宙・竹田篤史・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virus(RCNMV)のRNA複製複合体に含まれる宿主植物因子の探索 平成18年度日本植物病理学会大会 2006/06 Refereed Japanese
岩橋福松・藤崎恒喜・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 Spring beauty latent virus(SBLV)感染シロイヌナズナに誘導される全身壊疽病徴発現機構の解析 平成18年度日本植物病理学会大会 2006/06 Refereed Japanese
林瑞恵・岩橋福松・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 シロイヌナズナのアクセッションS96変異体を用いたSpring beauty latent virus(SBLV)の増殖・病徴発現に関与する植物因子の探索 平成18年度日本植物病理学会大会 2006/06 Refereed Japanese
赤松真子・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 ブロモウイルス3aタンパク質に保存されているSer-36のリン酸化制御はBrome msoaic virus(BMV)の感染に重要である 平成18年度日本植物病理学会大会 2006/06 Refereed Japanese
築野靖子・宮武宏治・三瀬和之・奥野哲郎・海道真典 NbNACa1遺伝子はRed clover necrotic mosaic virusの細胞間移行に関与する宿主因子遺伝子である 平成18年度日本植物病理学会大会 2006/06 Refereed Japanese
井本裕佳・岡本公如・岩川弘宙・滝川業麿・水本祐之・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virus RNA1から転写される新規サブゲノムRNAプロモーターの解析 平成17年度日本植物病理学会関西部会 2005/09 Refereed Japanese
滝川業麿・水本祐之・岩川弘宙・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virus RNA1から転写される新規サブゲノムRNAのプロモーターは転写領域内に存在する 平成17年度日本植物病理学会大会 2005/03 Refereed Japanese
岩川弘宙・水本祐之・滝川業麿・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virus RNA1から転写されるサブゲノムRNA1bはRNA1の翻訳を抑制する 平成17年度日本植物病理学会大会 2005/03 Refereed Japanese
岡本公如・佃美沙都・水本祐之・竹田篤史・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virusのRNA複製酵素成分タンパク質はRNA1の複製をトランスにサポートできない 平成17年度日本植物病理学会大会 2005/03 Refereed Japanese
水本祐之・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virus(RCNMV)RNA2の翻訳活性はウイルスRNA複製と密接に関連している 平成17年度日本植物病理学会大会 2005/03 Refereed Japanese
赤松真子・竹田篤史・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 Brome mosaic virus外被タンパク質のリン酸化能を失わせるコドン変異は感染性に影響する 平成17年度日本植物病理学会大会 2005/03 Refereed Japanese
後藤覚・岩橋福松・藤崎恒喜・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 シロイヌナズナ細胞でのBrome mosaic virus(BMV)RNAの効率的な蓄積におけるRNA2翻訳領域の役割 平成17年度日本植物病理学会大会 2005/03 Refereed Japanese
辻修平・後藤覚・岩橋福松・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 Brome mosaic virus(BMV)PV180系統の完全長cDNAクローンの作製とシロイヌナズナ細胞における効率的なRNA蓄積に関与するウイルス因子の解析 平成17年度日本植物病理学会大会 2005/03 Refereed Japanese
後藤覚・岩橋福松・藤崎恒喜・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 シロイヌナズナ細胞でのBrome mosaic virus(BMV)RNAの効率的な蓄積におけるRNA2非翻訳領域の役割 平成16年度日本植物病理学会関西部会 2004/10 Refereed Japanese
佃美沙都・竹田篤史・水本祐之・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virusによるRNAサイレンシング抑制におけるゲノムRNA 3'非翻訳領域の役割 平成16年度日本植物病理学会関西部会 2004/10 Refereed Japanese
瓜生恵理子・宮武宏治・杉山量彦・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 VIGSを利用したダイアンソウイルス感染に関与する宿主植物遺伝子スクリーニング系の構築 平成16年度日本植物病理学会関西部会 2004/10 Refereed Japanese
岩橋福松・萩原文・藤崎恒喜・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 シロイヌナズナ変異体2433Bにおけるウイルス特異的な感染の遅延と原因遺伝子座の解析 平成16年度日本植物病理学会関西部会 2004/10 Refereed Japanese
滝川業麿・水本祐之・岩川弘宙・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virus RNA1から転写される新規サブゲノムRNA 平成16年度日本植物病理学会関西部会 2004/10 Refereed Japanese
村上裕美・水本祐之・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virus RNA1のcap非依存性翻訳機構における5'と3'非翻訳領域の役割 平成16年度日本植物病理学会関西部会 2004/10 Refereed Japanese
水本祐之・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virus RNA2の翻訳はウイルスの複製酵素成分によって活性化される 平成16年度日本植物病理学会大会 2004/03 Refereed Japanese
立田昌宏・水本祐之・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virus RNA2の遺伝子コード領域内に存在する複製に必要なシス配列の解析 平成16年度日本植物病理学会大会 2004/03 Refereed Japanese
海道真典・杉山量彦・奥野哲郎・三瀬和之 Nicotiana benthamianaのnascent polypeptide associated complex-αタンパク質はBrome mosaic virusの細胞間移行に関与する宿主因子である 平成16年度日本植物病理学会大会 2004/03 Refereed Japanese
佃美沙都・竹田篤史・水本祐之・カリスマ コロマ・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virusのRNAサイレンシング抑制遺伝子の探索 平成16年度日本植物病理学会大会 2004/03 Refereed Japanese
後藤覚・岩橋福松・藤崎恒喜・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 シロイヌナズナ細胞におけるBrome mosaic virus(BMV)RNAの効率的な蓄積に関与するウイルス因子の解析 平成16年度日本植物病理学会大会 2004/03 Refereed Japanese
萩原文・藤崎恒喜・阿津川克仁・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 Spring beauty latent virus(SBLV)感染時の病徴発現に関わるシロイヌナズナ遺伝子座SSB1の同定 平成16年度日本植物病理学会大会 2004/03 Refereed Japanese
藤崎恒喜・萩原文・阿津川克仁・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 Spring beauty latent virus(SBLV)感染シロイヌナズナにおける病徴発現機構の解析 平成16年度日本植物病理学会大会 2004/03 Refereed Japanese
萩原文・岩橋福松・藤崎恒喜・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 Spring beauty latent virus(SBLV)の感染が遅延するシロイヌナズナ変異体の解析 平成15年度日本植物病理学会関西部会 2003/10 Refereed Japanese
後藤覚・岩橋福松・藤崎恒喜・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 シロイヌナズナにおけるブロモウイルス感染機構の解析-Brome mosaic virus(BMV)M1とM2系統の感染性 平成15年度日本植物病理学会関西部会 2003/10 Refereed Japanese
杉山量彦・海道真典・高野義孝・三瀬和之・奥野哲郎 Virus-induced gene silencingを利用した病原体感染に関わる宿主遺伝子の探索 平成15年度日本植物病理学会関西部会 2003/10 Refereed Japanese
赤松真子・竹田篤史・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 ブロムモザイクウイルス(BMV)の外被タンパク質は感染プロトプラスト内でリン酸化される 平成15年度日本植物病理学会関西部会 2003/10 Refereed Japanese
赤松真子・岸本真幸・竹田篤史・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 ブロムモザイクウイルス(BMV)の3a移行タンパク質は感染プロトプラストでリン酸化される 平成15年度日本植物病理学会大会 2003/03 Refereed Japanese
藤崎恒喜・海道真典・奥野哲郎・三瀬和之 シロイヌナズナを用いたブロモウイルスの感染機構の解析(3)BMV感受性cpr5変異体の同定とその感染性機構の解析 平成15年度日本植物病理学会大会 2003/03 Refereed Japanese
井戸隆雄・滝川業麿・海道真典・高野義孝・三瀬和之・奥野哲郎 細胞死促進変異体シロイヌナズナ(acd2)プロトプラストでのトバモウイルス増殖の抑制 平成15年度日本植物病理学会大会 2003/03 Refereed Japanese
竹田篤史・杉山量彦・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 アラニン置換変異体を用いたトマト黄化えそウイルス(TSWV)NSsタンパク質の機能解析 平成15年度日本植物病理学会大会 2003/03 Refereed Japanese
水本祐之・立田昌宏・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virus RNA1の3'非翻訳領域はCap非依存的翻訳を活性化させる 平成15年度日本植物病理学会大会 2003/03 Refereed Japanese
立田昌宏・水本祐之・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virusの外被タンパク質翻訳においてトランスに作用するRNA配列の解析 平成15年度日本植物病理学会大会 2003/03 Refereed Japanese
水本祐之・立田昌宏・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virus RNA2のcap非依存的翻訳機構 平成15年度日本植物病理学会大会 2003/03 Refereed Japanese
藤崎恒喜・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 植物トランジェント系を利用したブロモウイルス複製酵素の解析 平成14年度日本植物病理学会関西部会 2002/09 Refereed Japanese
岩橋福松・藤崎恒喜・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Cassia yellow blotch virus(CYBV)の感染性cDNAクローンの全塩基配列の決定および他のブロモウイルスとのゲノム交換変異体を用いた解析 平成14年度日本植物病理学会関西部会 2002/09 Refereed Japanese
杉山量彦・海道真典・三瀬和之・石川雅之・奥野哲郎 VIGSによる宿主植物遺伝子の発現抑制はウイルス感染による病徴発現を遅延する 平成14年度日本植物病理学会大会 2002/04 Refereed Japanese
水本祐之・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virusカナダ株(RCNMV-Can)RNA1の3'末端に存在するstem-loop構造はRCNMV-Canの温度感受性に関与する 平成14年度日本植物病理学会大会 2002/04 Refereed Japanese
立田昌宏・水本祐之・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Red clover necrotic mosaic virus RNA2の複製に必要なシス配列の解析 平成14年度日本植物病理学会大会 2002/04 Refereed Japanese
佐々木信光・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 組み換えブロモウイルスの非宿主への適応に必要なコドン変異の偏りの発生機構 平成14年度日本植物病理学会大会 2002/04 Refereed Japanese
竹田篤史・三瀬和之・海道真典・奥野哲郎 Brome mosaic virus(BMV)は細胞間移行に粒子化を必要としない 平成14年度日本植物病理学会大会 2002/04 Refereed Japanese
萩原文・藤崎恒喜・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 シロイヌナズナを用いたブロモウイルスの感染機構の解析(1)ブロモウイルスのシロイヌナズナに対する感染性決定因子の探索 平成14年度日本植物病理学会大会 2002/04 Refereed Japanese
藤崎恒喜・萩原文・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 シロイヌナズナを用いたブロモウイルスの感染機構の解析(2)シロイヌナズナの89種のアクセッションに対するSpring beauty latent virus(SBLV)の感染性 平成14年度日本植物病理学会大会 2002/04 Refereed Japanese
中村和香子・佐々木信光・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Brome mosaic virus(BMV)の移行タンパク質のC端領域は細胞間移行における外被タンパク質(CP)要求性に関与している 平成13年度日本植物病理学会関西部会 2001/10 Refereed Japanese
岩橋福松・藤崎恒喜・海道真典・三瀬和之・奥野哲郎 Cassia yellow blotch virus(CYBV)の遺伝子操作系の確立 平成13年度日本植物病理学会関西部会 2001/10 Refereed Japanese
武田芳佳・海道真典・井上陽介・三瀬和之・奥野哲郎 Brome mosaic virus(BMV)移行タンパク質と相互作用するNicotiana benthamiana因子のFar-westernスクリーニング 平成13年度日本植物病理学会大会 2001/04 Refereed Japanese
竹田篤史・三瀬和之・海道真典・奥野哲郎 GFPを利用したbrome mosaic virus (BMV) 3aタンパク質アラニン置換変異体の細胞間移行に関する研究 平成13年度日本植物病理学会大会 2001/04 Refereed Japanese
鈴木絵理・三瀬和之・海道真典・奥野哲郎 Brome mosaic virus(BMV)外被タンパク質のC末端領域の役割解明ー粒子化の解析とChenopodium quinoaにおける感染性 平成13年度日本植物病理学会大会 2001/04 Refereed Japanese

  • <<
  • >>
External funds, competitive funds and Grants-in-Aid for Scientific Research(kaken)
Type Position Title(Japanese) Title(English) Period
基盤研究(C) Representative 非破壊定量システムを利用したダイアンソウイルス増殖関連宿主因子遺伝子の単離  -
基盤研究(C) ダイアンソウイルスの細胞間移行とゲノム複製機構との関連性の解明 2010-2012
基盤研究(C) Representative 植物ウイルス複製酵素複合体の輸送ハブ機能の解明 2013-2015
基盤研究(C) Representative 植物ウイルス複製酵素複合体の輸送ハブ機能の解明 (平成26年度分) 2014/04/01-2015/03/31
基盤研究(C) Representative 植物ウイルス複製酵素複合体の輸送ハブ機能の解明 (平成27年度分) 2015/04/01-2016/03/31
基盤研究(B) Representative 植物RNAウイルスの輸送ハブ形成過程と細胞間移行機構の解明(平成28年度分) 2016/04/01-2017/03/31
基盤研究(B) Representative 植物RNAウイルスの輸送ハブ形成過程と細胞間移行機構の解明 (平成28年度分) 2016/04/01-2017/03/31
Teaching subject(s)
Name(Japanese) Name(English) Term Department Period
植物病理学専攻演習 -
植物病理学専攻実験 -
資源生物科学基礎実験 -
資源生物科学専門外書講義 -
資源生物科学実験及び実験法 -
植物保護科学演習 通年 農学部 2011/04-2012/03
植物保護科学演習 Seminars in Plant Protection 通年 農学部 2012/04-2013/03
植物保護科学演習 Seminars in Plant Protection 通年 農学部 2013/04-2014/03
植物病理学専攻演習 Seminar in Plant Pathology 通年 農学研究科 2013/04-2014/03
植物病理学専攻実験 Research in Plant Pathology 通年 農学研究科 2013/04-2014/03
植物保護科学演習 Seminars in Plant Protection 通年 農学部 2014/04-2015/03
植物病理学専攻演習 Seminar in Plant Pathology 通年 農学研究科 2014/04-2015/03
植物病理学専攻実験 Research in Plant Pathology 通年 農学研究科 2014/04-2015/03
植物保護科学演習 Seminars in Plant Protection 通年 農学部 2015/04-2016/03
植物病理学専攻実験1 Research in Plant Pathology1 通年 農学研究科 2015/04-2016/03
植物病理学専攻実験 Research in Plant Pathology 通年 農学研究科 2015/04-2016/03
植物病理学専攻演習1 Seminar in Plant Pathology1 通年 農学研究科 2015/04-2016/03
植物病理学専攻演習 Seminar in Plant Pathology 通年 農学研究科 2015/04-2016/03
植物保護科学演習 Seminars in Plant Protection 通年 農学部 2016/04-2017/03
植物病理学専攻実験1 Research in Plant Pathology1 通年 農学研究科 2016/04-2017/03
植物病理学専攻実験2 Research in Plant Pathology2 通年 農学研究科 2016/04-2017/03
植物病理学専攻実験 Research in Plant Pathology 通年 農学研究科 2016/04-2017/03
植物病理学専攻演習1 Seminar in Plant Pathology1 通年 農学研究科 2016/04-2017/03
植物病理学専攻演習2 Seminar in Plant Pathology2 通年 農学研究科 2016/04-2017/03
植物病理学専攻演習 Seminar in Plant Pathology 通年 農学研究科 2016/04-2017/03
情報基礎演習[農学部] Practice of Basic Informatics (Faculty of Agriculture) 後期 全学共通科目 2017/04-2018/03
植物保護科学演習 Seminars in Plant Protection 通年 農学部 2017/04-2018/03
植物病理学専攻実験1 Research in Plant Pathology1 通年 農学研究科 2017/04-2018/03
植物病理学専攻実験2 Research in Plant Pathology2 通年 農学研究科 2017/04-2018/03
植物病理学専攻実験 Research in Plant Pathology 通年 農学研究科 2017/04-2018/03
植物病理学専攻演習1 Seminar in Plant Pathology1 通年 農学研究科 2017/04-2018/03
植物病理学専攻演習2 Seminar in Plant Pathology2 通年 農学研究科 2017/04-2018/03
植物病理学専攻演習 Seminar in Plant Pathology 通年 農学研究科 2017/04-2018/03

  • <<
  • >>
School management (title, position)
Title Period
安全衛生小委員会 -
無機廃液委員 -