仲村 匡司

Last Update: 2017/07/08 12:50:01

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
仲村 匡司/ナカムラ マサシ/Masashi Nakamura
Primary department(Org1/Org2/Org3/Job title)
農学研究科/森林科学専攻生物材料工学講座/准教授
Faculty
Org1 Org2 Org3 Job title
農学部
E-mail address
メールアドレス
nakamasa @ kais.kyoto-u.ac.jp
Affiliated academic organization(s) (Japanese)
Organization name(Japanese) Organization name(English)
日本木材学会 Japan Wood Research Society
日本木材加工技術協会 Wood Technological Association of Japan
日本生理人類学会 Japan Society of Pysiological Anthropology
日本インテリア学会 Japan Society for Interior Studies
日本材料学会 The Society of Materials Science, Japan
Academic degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
農学修士 京都大学
博士(農学) 京都大学
Graduate school
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(Japanese) Major(English) Degree
京都大学 大学院農学研究科修士課程林産工学専攻 修了
University
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(s)(Japanese) Major(s)(English) Degree
京都大学 農学部林産工学科 卒業
Work Experience
Period Organization(Japanese) Organization(English) Job title(Japanese) Job title(English)
1991-1995 京都大学 Kyoto University 助手 Assistant Professor
1995-2012 京都大学 Kyoto University 講師 Lecturer
2012- 京都大学 Kyoto University 准教授 Associate Professor
Personal Profile
(Japanese)
1987年京都大学農学部林産工学科卒業,同年京都大学大学院農学研究科林産工学専攻修士課程入学,1989年同修士課程修了および同博士課程進学.1990年より京都大学農学部林産工学科助手,1995年より京都大学大学院農学研究科森林科学専攻講師,2012年より京都大学大学院農学研究科森林科学専攻准教授,現在に至る.
Research Topics
(Japanese)
木材の画像的特徴の抽出;木材および木質環境がヒトの心身に及ぼす影響の把握(Wood and Human Relations研究)
(English)
Quantitative analysis for visual characteristics of wood; Psychological and/or physiological effect of wood on human (Study of wood and human relations)
Overview of your research
(Japanese)
木材は建築物を支えるハードウェアとして用いられると同時に,その見た目や手触りなどを通して居住者にプラスαをもたらすソフトウェアとしても機能する.この木材のソフトウェア的機能に着目して,木材の「見え」を数値化するとともに,これらがヒトの心身に及ぼす影響について定量的な解析を行っている.
(English)
Wood functions as the hardware supporting various buildings and as the software which brings human the plus alpha effect through its appearance and tactile sense. To make clear the property of wood as the software, we try to compute the appearance of wood using image analyses, and evaluate the psychological and/or physiological effect of the appearance of wood on human.
Fields of research (key words)
Key words(Japanese) Key words(English)
木材 wood
木質環境 wooden environment
木目模様 wood grain pattern
主観評価 sensory evaluation
生理応答 physiological response
Fields of research (kaken code)
Kaken code
Timber production science/wood engineering
Physiological anthropology
Published Papers > Published Papers
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language
米山菜乃花,仲村匡司,片岡厚,杉山真樹 塗装による木理のコントラスト変化が材面の誘目性に及ぼす影響 木材学会誌,62,6,293-300 2016 Refereed Japanese
加藤茉里子,仲村匡司 ヴァイオリン杢の光反射特性と誘目性の関係―視線追跡および画像解析による評価― 木材学会誌,62,6,284-292 2016 Refereed Japanese
吉田美音,仲村匡司,菊地由衣 木質壁面パネルが観察者の眼球停留関連電位,眼球運動,および視覚印象に及ぼす影響 木材学会誌,62,6,275-283 2016 Refereed Japanese
Azuma, K., Kouda, K., Nakamura, M., Fujita, S., Tsujino, Y., Uebori, M., Inoue, S., Kawai, S. Effects of inhalation of emissions from cedar timber on psychological and physiological factors in an indoor environment Environments,3,37 2016 Refereed English
仲村匡司,齋藤あかね,岡田直樹 木質床材の外観特性を記述する画像特徴量および印象評価との対応 木材学会誌,64,4,108-118 2016 Refereed Japanese
Nakamura, M., Nakagawa, S., Nakano, T. Evaluation of visual impact of multiple image characteristics observed in edge-grain patterns Journal of Wood Science,61,1,19-27 2015 Refereed English
田代智子,仲村匡司 イメージング分光法による材色分布の特徴抽出 材料,62(4),258-253 2013 Refereed Japanese
上田茉由,仲村匡司,北守顕久,小松幸平 乾燥条件の異なるスギ正角材表面の精密測色(第1報)辺心材ならびに早晩材を区別した精密測色 木材学会誌,59 (6),339-345 2013 Refereed Japanese
仲村匡司,上田茉由 乾燥条件の異なるスギ正角材表面の精密測色(第2報)色の三属性に基づいた材色変化の比較 木材学会誌,59 (6),346-352 2013 Refereed Japanese
Nakamura, M., Miyake, Y., Nakano, T. Effect of image characteristics of edge-grain patterns on visual impressions Journal of Wood Science,58,6,505-512 2012 Refereed English
仲村匡司 木材の見えと木質内装 木材学会誌,58 (1) ,1-10 2012 Refereed Japanese
佐藤舞葉,仲村匡司 ヒノキまさ目面の光沢特性:変角光沢測定と画像解析の対応 材料,60 (4), 282-287 2011 Refereed Japanese
Taguchi, A., Murata, K., Nakamura, M., Nakano, T Scale effect in the anisotropic deformation change of tracheid cells during water adsorption Holzforschung, 64 (2) 2011 Refereed English
Masashi Nakamura, Miyuki Matsuo, Takato Nakano Determination of the change in appearance of lumber surfaces illuminated from various directions Holzforschung, 64 (2), 251-257 2010 Refereed English
Nakamura, M, Kondo, T Quantification of visual inducement of knots by eye-tracking Journal of Wood Science, 54 (1), 22-27 2008 Refereed English
Masashi Nakamura Prospect of Manufacturing and Designing Based on Physiological Polymorphism Journal of Physiological Anthropology, 26, 507-511 2007 Refereed English
Masashi Nakamura, Takayuki Kondo Characterization of Distribution Pattern of Eye Fixation Pauses in Observation of Knotty Wood Panel Images Journal of Physiological Anthropology, 26, 129-133 2007 Refereed English
永井博昭,村田功二,仲村匡司 曲げたわみ分布曲線を用いた有節材の欠点の検出 材料,56 (4), 326-331 2007 Refereed Japanese
仲村 匡司 インテリア構成要素の組み合わせと和・洋のイメージ 日本インテリア学会論文報告集,No.15, 19-24 2005 Refereed Japanese
仲村 匡司 住宅内装における木質部材の存在形態と量が心理的イメージに与える影響 木材学会誌,50/6, 376-383 2004 Refereed Japanese
仲村 匡司 木質内装材料の質感と材質識別に影響を及ぼす視覚的要因 日本インテリア学会論文報告集,13, 21-29 2003 Refereed Japanese
仲村 匡司 心理イメージと視覚物理量の関係の数式化―「派手な」「落ち着きのある」「感じのよい」イメージと色彩の関係― 日本インテリア学会論文報告集,No.12,27-35 2002 Refereed Japanese
仲村 匡司 木材の見た目の「かたさ」に影響する因子の抽出 材料,51(4),398-403 2002 Refereed Japanese
仲村 匡司 心理イメージと視覚物理量の関係の数式化「派手な」「感じのよい」イメージと画像特徴量の関係 日本インテリア学会論文報告集,/11,1-6 2001 Refereed Japanese
仲村 匡司,増田 稔 住宅内装画像における木材領域の自動抽出(第2報)主観的木材率および学生居室の木材率 木材学会誌,46/6,566-572 2000 Refereed Japanese
Nakamura, M., Masuda, M., Shinohara, K. Multiresolutional Image Analysis of Wood and Other Materials Journal of Wood Science,45/1, 10-18 1999 Refereed English
仲村 匡司,増田 稔 住宅内装画像における木材領域の自動抽出 木材学会誌,45/3,222 1999 Refereed Japanese
仲村 匡司 室内空間における木材率及び広さがイメージに与える影響-ログハウスのロフトにおける実験- 森林研究,70,19-27 1998 Refereed Japanese
仲村 匡司 木林はなぜ人にやさしい、和んだ感じを与えるのか 繊維製品消費科学,39/5,21-26 1998 Japanese
山根 力,増田 稔,仲村匡司 色彩の心理イメージ効果-縞の2色の組み合わせとイメージの関係- 森林研究,70,29-33 1998 Refereed Japanese
仲村 匡司 木材と感性 木材保存,23/3,2-10 1997 Refereed Japanese
仲村 匡司 木目の魅力はどこにある AFF,28/5,54-55 1997 Japanese
仲村 匡司 木材の視覚的粗滑感,軽重感などに関与する因子の抽出と表現 木材学会誌,42/12,1177-1189 1996 Refereed Japanese
仲村 匡司 まさ目パターンの濃淡むらの視覚特性 木材学会誌,41/3,301-308 1995 Refereed Japanese
仲村 匡司 イメージ調査データの簡易処理法 木材工業,50/1,18-21 1995 Refereed Japanese
仲村 匡司 木材および自然石の素材イメージに寄与する視覚的要因 木材学会誌,40/4,364-371 1994 Refereed Japanese
仲村 匡司 木質壁面パネルの心理的イメージに及ぼす節およびグルーブの影響 日本木材学会誌,39/2,152-160 1993 Refereed Japanese
仲村 匡司 壁面パネルのグルーブが心理的イメージに与える影響(第2報) 木材学会誌,37/5 1991 Refereed Japanese
仲村 匡司 壁面パネルのグルーブが心理的イメージに与える影響(第1報) 木材学会誌,36/11 1990 Refereed Japanese
仲村 匡司 木質内装空間における木材率とイメージ(第2報) 京都大学農学部演習林報告,62,297-303 1990 Refereed Japanese
仲村 匡司 パネルのイメージに及ぼす節の影響 京都大学農学部演習林報告,59,273-282 1987 Refereed Japanese

  • <<
  • >>
Conference Presentation > Conference Presentation
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language
吉田美音,仲村匡司,木村彰孝 実大木質壁面の観察が眼球運動および眼球停留関連電位に及ぼす影響 日本生理人類学会第73回大会 2016/06
堀田修吾,仲村 匡司,鴻池 孝宏,山内 活也 画像解析による木材の触感評価Ⅱ 視覚が木材の触り心地に及ぼす影響 第66回日本木材学会大会 2016
米山菜乃花,仲村匡司 ,片岡 厚、杉山真樹 木目模様のコントラストが材面の誘目性に及ぼす影響 第66回日本木材学会大会 2016
加藤茉里子,仲村匡司 視線追跡及び画像解析によるヴァイオリン杢の審美的特性の評価 第66回日本木材学会大会 2016
森川陽平,仲村匡司 天然・太陽熱・中温乾燥されたスギ・ヒノキ材の精密測色 第66回日本木材学会大会 2016
仲村匡司,吉田美音,木村彰孝 節の有無および材の向きが異なる木質壁面の観察がヒトに及ぼす影響 1. 見た目の印象に関する主観評価の変化 第66回日本木材学会大会 2016
吉田美音,仲村匡司,木村彰孝 節の有無および材の向きが異なる木質壁面の観察がヒトに及ぼす影響 2. 眼球運動および眼球停留関連電位の変化 第66回日本木材学会大会 2016
木村彰孝,仲村匡司,吉田美音 節の有無および材の向きが異なる木質壁面の観察がヒトに 及ぼす影響 3. 自律神経活動および気分の変化 第66回日本木材学会大会 2016
菊池悠里,仲村匡司,鴻池孝宏,苅谷健司,中野隆人 画像解析による木材の触感評価 第65回日本木材学会大会 2015
菊地由衣,仲村匡司,木村彰孝,中野隆人 表面加飾および木材量の異なる木質壁面デザインがヒトの心身に与える影響1 第65回日本木材学会大会 2015
木村彰孝,仲村匡司,菊地由衣 表面加飾および木材量の異なる木質壁面デザインがヒトの心身に与える影響2 第65回日本木材学会大会 2015
仲村匡司,菊地由衣,木村彰孝,八木佳子,末宗浩一,中野隆人 木材による単純な壁面デザインがヒトの心身に及ぼす影響 1.主観的木材率の変化 第64回日本木材学会大会 2014
木村彰孝,仲村匡司,菊地由衣 木材による単純な壁面デザインがヒトの心身に及ぼす影響 2.自律神経活動および気分・感情への影響 第64回日本木材学会大会 2014
菊地由衣,仲村匡司,木村彰孝,八木佳子,末宗浩一,中野隆人 木材による単純な壁面デザインがヒトの心身に及ぼす影響 3.眼球停留関連電位(EFRP)の変化 第64回日本木材学会大会 2014
菊地由衣,仲村匡司,中野隆人,八木佳子 木材による単純な壁面デザインが眼球停留関連電位(EFRP)に及ぼす影響 2013年度日本生理人類学会研究奨励発表会 2014
菊地由衣,仲村匡司,木村彰孝,八木佳子,中野隆人 壁面デザインが眼球停留関連電位および印象評価に及ぼす影響 第70回日本生理人類学会大会 2014
木村彰孝,仲村匡司,川井秀一 配置と向きの異なるスギ材パネルの観察がヒトに及ぼす影響Ⅰ.自律神経活動および気分・感情の変化について 第63回日本木材学会大会 2013
仲村匡司,木村彰孝,川井秀一 配置と向きの異なるスギ材パネルの観察がヒトに及ぼす影響Ⅱ.視線移動および主観評価について 第63回日本木材学会大会 2013
菊地由衣,仲村匡司,八木佳子,中野隆人 木材による壁面デザインが主観的木材量に与える影響 第63 回日本木材学会大会 2013
田代智子,仲村匡司 木目に学ぶ不揃いなパターンのデザイン原理:材面に分布する木材色の特徴抽出 第1回ネイチャー・インダストリー・アワード 2012/11
木村彰孝,仲村匡司,藤田佐枝子,川井秀一 スリット加工が施されたスギ材の観察がヒトに及ぼす影響Ⅰ.自律神経活動および気分・感情の変化について 第62 回日本木材学会全国大会 2012
仲村匡司,木村彰孝,藤田佐枝子,川井秀一 スリット加工が施されたスギ材の観察がヒトに及ぼす影響Ⅱ.視線移動および主観評価に及ぼす影響 第62 回日本木材学会全国大会 2012
仲村匡司 塗装による材面の「見え」と主観評価の対応 第61回日本木材学会大会 2011 Japanese
仲村匡司 イメージング分光器による材色解析 第61回日本木材学会大会 2011 Japanese
仲村匡司 木質内装の誘目性と視覚的快適感~内装画像を用いた検討~ 第61回日本木材学会大会 2011 Japanese
仲村匡司 イメージング分光器による木材表面の画像解析 日本木材加工技術協会第28回年次大会 2010 Japanese
仲村匡司 居住空間におけるスギ材の心理的及び生理的効果に関する研究 平成22年度室内環境学会学術大会 2010 Japanese
Azuma, K., Koda, K., Nakamura, M., Fujita, S., Tsujino, Y., Uebori, M., Kusaki, J., Inoue, S., Kawai, S. Effects of Emissions from Cedar Timber on Psychological and Physiological Factors in Indoor Environment ISEE2010 (第22回国際環境疫学会) 2010 Refereed English
仲村匡司 まさ目模様の画像的特徴と意匠性-画像特徴量と印象の対応- 第60回日本木材学会大会 2010 Japanese
仲村匡司 偏光画像を用いた木材光沢の抽出 第60回日本木材学会大会 2010 Japanese
仲村匡司 木材表面の塗装方法による「見え」の変化の画像解析 第60回日本木材学会大会 2010 Japanese
仲村匡司 木材塗装の接触感と物理量及び手のひら性状の関係~キリ材及びオーク材の乾湿感,滑り感,凹凸感について~ 第60回日本木材学会大会 2010 Japanese
仲村匡司 木材の色彩分布の特徴抽出-多重解像度LBP 解析の適用- 第59回日本木材学会大会 2009 Japanese
仲村匡司 木材の「見え」とヒトのコントラスト感度曲線の類似 日本生理人類学会第60回大会 2009 Japanese
仲村匡司 まさ目模様の画像的特徴と意匠性-CGまさ目を用いた検討- 第59回日本木材学会大会 2009 Japanese
仲村匡司 建築設計・施工者の木造利用実態調査(5)設計・施工業者の居住性に関する意向分析 第59回日本木材学会大会 2009 Japanese
仲村匡司 画像解析によるヒノキまさ目面の光沢特性の抽出 第59回日本木材学会大会 2009 Japanese
仲村匡司 塗装木材の触り心地と手のひら性状~高齢者と若年者を被験者として~ 第59回日本木材学会大会 2009 Japanese
仲村匡司 塗装を施したキリ材およびチーク材の接触温冷感 ~世代、手のひら性状をふまえた検討~ 第59回日本木材学会大会 2009 Japanese
仲村匡司 ヒノキまさ目面の光沢特性-変角光沢測定と画像解析の対応- 日本木材加工技術協会第26回年次大会 2008 Japanese

  • <<
  • >>
Conference Presentation > International Society
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language
Hotta, S., Kikuchi, Y., Nakamura, M., Konoike, T., Yamauchi, K. Estimation of the sensory roughness of coated wood surfaces using image analysis Second International symposium wood science and craftmanchip 2016/09 Refereed English
Kato, M., Nakamura, M. How do we gaze at fiddleback figures? Second International symposium wood science and craftmanchip 2016/09 Refereed English
Komeyama, N., Nakamura, M., Kataoka, Y., Sugiyama, M. Quantitive evaluation of appearance of coated wood surfaces Second International symposium wood science and craftmanchip 2016/09 Refereed English
Yoshida, M., Nakamura, M., Kimura, A., Kikuchi, Y. Measurement of cognitive responses of humans observing wooden wall panels Second International symposium wood science and craftmanchip 2016/09 Refereed English
Nakamura, M., Kimura, A., Kikuchi, Y., Yoshida, M. Visual preference for and pleasantness of full-scale wooden walls with relatively simple design Second International symposium wood science and craftmanchip 2016/09 Refereed English
Kikuchi, Y., Nakamura, M., Yagi, Y., Kimura, A., Nakano, T Effects of wooden wall designs on perceived wood ratio IAWPS2015 2015 Refereed English
Nakamura, M., Kimura, A., Kikuchi Evaluation of visual impression of full-size wooden wall decorated by Sugi timber IAWPS2015 2015 Refereed English
Nakamura, M., Nakagawa, S. Miyake, Y Determination of Visual and Aesthetic Properties of Edge-grain Pattern by Multiresolution Contrast Analysis Wood Culture and Science Kyoto 2011 2011 Refereed English
Nakamura, M Analysis of Visual Attraction of Wood The 8th International Congress of Physiological Anthropology 2006 Refereed English
Nakamura, M Preconceptions to Wood as Hints for the Study of Wood and Human Relations IAWPS2005 2005 English
Nakamura, M Where of Wood Grain Patterns are We Looking at? IAWPS2005 2005 Refereed English

  • <<
  • >>
Conference Presentation > Domestic Society
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language
米山菜乃花,仲村匡司,片岡厚 面的測色による塗装木材の経時的な材色変化の追跡 日本木材保存協会第33回年次大会 2017/05 Japanese
出垣奈生子,仲村匡司,片岡厚,杉山真樹,何昕,大木博成 彩色された材面を観察するときの瞳孔反応の測定 第67回日本木材学会大会 2017/03 Japanese
堀田 修吾,仲村 匡司,山内活也 浮造り加工された木材の触感と材面の画像特徴量との関係 第67回日本木材学会大会 2017/03 Japanese
加藤茉里子,仲村匡司,澤田豊 照りの移動が生じる材面の試作とその光反射特性の評価 第67回日本木材学会大会 2017/03 Japanese
今西真佑奈,仲村匡司 様々なコントラストを有する木質フロアパターンの視覚効果 第67回日本木材学会大会 2017/03 Japanese
吉田美音,仲村匡司 木質壁面パネルのデザインが観察者の視覚認知反応および主観評価に及ぼす影響 第67回日本木材学会大会 2017/03 Japanese
武呂美和子,村田功二,仲村匡司,畑俊充 熱処理による 熱伝導率低下に影響する細胞実質の変化 第67回日本木材学会大会 2017/03 Japanese
米山菜乃花,仲村匡司,片岡厚 促進耐候性試験に供された塗装木材の経時的精密測色 第67回日本木材学会大会 2017/03 Japanese
米山菜乃花,仲村匡司,片岡厚,杉山真樹,何昕,大木博成 木目模様のコントラストが材面の誘目性に及ぼす影響Ⅱ ―コントラストと「好ましさ」の関係― 第67回日本木材学会大会 2017/03 Japanese
小川桂範,仲村匡司,澤田豊,藤井義久 コントラバス-床系の振動伝達特性と奏者の体感との関係 第67回日本木材学会大会 2017/03 Japanese
山田範彦,仲村匡司 コナラフローリング材の多重解像度コントラスト解析と印象評価 第67回日本木材学会大会 2017/03 Japanese
吉田美音,仲村匡司 木材の真贋判定における眼球停留関連電位の測定 日本生理人類学会第74回大会 2016/10 Japanese
仲村匡司,田代智子,上田茉由,中野隆人 イメージング分光法による材の精密測色と材色分布の評価 第57回日本学術会議材料工学連合講演会 2013/11 Japanese
田代智子,仲村匡司,中野隆人 材色変化の評価および主観表との対応 第63回日本木材学会大会 2013/03 Japanese

  • <<
  • >>
Lectures > Invited Lectures
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
Title Conference name Organization name Date Language
木材の誘目性:木が目立つことはいいことか 日本木材学会居住性研究会2010年度ワークショップ 日本木材学会居住性研究会 2011 Japanese
誘目性の功罪-見るヒト,見られるヒト- 日本生理人類学会第62回大会シンポジウムⅠ 日本生理人類学会 2010 Japanese
画像解析による木目模様の特徴抽出 日本食品工学会2008年度秋期講演会 日本食品工学会 2008 Japanese
Lectures > Panels
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
Title Conference name Organization name Date Language
木材のパターンと次元 第5回木質科学シンポジウム 2012
木材利用の快適度評価指標 木材需要拡大戦略セミナー“消費者ニーズとは” 2011
Lectures > Public Talks
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
Title Conference name Organization name Date Language
住まい手の感性をくすぐる木材 in 福岡 人にやさしい家を考える会H28年度工務店に役立つ木材の知識 2016/12/07 Japanese
木材が人に及ぼすプラスの効果とデザイン [招待あり] 産総研コンソーシアム持続性木質資源工業技術研究会 第34回研究会「デザインに関わる基礎・応用・実用化」 2016/07/08 Japanese
住まい手の感性をくすぐる木材 JBN H27年度工務店の実務に役立つ木材の知識シリーズ 2016/03/14 Japanese
イメージング分光法による精密測色 2014年度日本木材学会「木材と水研究会」講演会 2015
たかが木目,されど木目 セルロース学会関西支部 第11回若手セミナー2015 2015
信州産無垢床材の市場性調査-実物サンプルによる嗜好調査- 木材利用システム研究会研究発表会 2014
施主が感銘する木材の使い方・見せ方 JBN工務店サポートセンターセミナー 2011
人は木材のどこを見ているのか~木目・デザイン・感性~ 岐阜県生活技術研究所研究成果発表会・講演会 2010
木材の性質~人と木材の関わりの観点から~ 大阪林業土木協会JAFEE研修会 2010
木材とデザイン 全日本木工機械商業組合人材育成研修会 2009
たかが木目,されど木目 第30回全国有料突板展示大会記念行事全国業者大会講演 2008

  • <<
  • >>
Publications > Books
Authors Title Publisher Date Language
仲村匡司 自然セラピーの科学 朝倉書店 2016
仲村 匡司 人間科学の百科事典 丸善出版 2015
仲村匡司 木力検定②もっと木を学ぶ100問 海青社 2013 Japanese
仲村匡司 新・木質構造建築読本-ティンバーエンジニアリングの実践と展開 井上書院 2012 Japanese
仲村匡司 Cool Wood Japan 海青社 2012 Japanese
仲村匡司 木力検定①木を学ぶ100問 海青社 2012 Japanese
仲村匡司 住み心地のよい家を建てる・「最新データによる木材・木造住宅のQ&A」 木構造振興,pp.21-45 2011 Japanese
仲村匡司 最新データによる木材・木造住宅のQ&A 木材振興 2011 Japanese
仲村匡司 木材と住環境-木肌の温もりって何?-・「木材の魅力・体力・底力」 日本木材加工技術協会関西支部,pp.17-32 2010 Japanese
仲村匡司(日本生理人類学会編) 誘目性の功罪・「カラダの百科事典」 丸善,pp.209-213 2009 Japanese
仲村 匡司 「木質の物理(日本木材学会編)」(共著) 文永堂出版,236-245 2007 Japanese
仲村 匡司 101 Tips for delightful woody-life "jointly worked" Japan Forest Technology Association,54-55 2001 English
仲村 匡司 「ウッディライフを楽しむ101のヒント(日本林業技術協会編)」(共著) 日本林業技術協会,54-55 2001 Japanese
仲村 匡司 「木質科学実験マニュアル(日本木材学会編)」(共著) 文永堂出版,178-181 2000 Japanese

  • <<
  • >>
Publications > Other
Authors Title Publisher Date Language
仲村匡司 人は木材のどこを見ているのか・「木とひとの感性・生理応答」-木を生かした快適な住空間の想像とその総合的評価- 日本木材学会第10期研究分科会報告書第3分科会,pp.76-90 2009 Japanese
仲村匡司 画像解析による木目模様の特徴抽出 日本食品工学会2008年度秋季講演会「食品の機能を支える構造を見る」,pp.1-6 2009 Japanese
仲村匡司 シンポジウム「木と竹を住まいに活かす」 木材工業,63 (5),pp.230-233 2008 Japanese
Patents
Right holders Title Stage Patent number Date
仲村匡司,齋藤あかね,岡田直樹 木質材料の外観分析方法およびそのための外観分析装置 特許公開 特開2016-148560 2016/08/18
Awards
Title(Japanese) Title(English) Organization name(Japanese) Organization name(English) Date
2008年日本木材学会論文賞受賞 JWRS Best Paper Award 2008 日本木材学会 The Japan Wood Research Society 2008
社団法人日本材料学会木質材料部門委員会業績賞 日本材料学会木質材料部門委員会 2013/01/28
External funds, competitive funds and Grants-in-Aid for Scientific Research(kaken)
Type Position Title(Japanese) Title(English) Period
科学研究費,基盤研究(C) Assignment 居住空間におけるスギ材の心理的および生理的効果に関する研究 2011-2013
科学研究費基盤研究B Representative 木材の誘目性が視覚ストレスに及ぼす影響の究明 2012-2014
基盤研究(B) Representative 木材の誘目性が視覚ストレスに及ぼす影響の究明                   2012-2014
基盤研究(B) Representative 木材の誘目性が視覚ストレスに及ぼす影響の究明                   2012/04/01-2015/03/31
基盤研究(B) Representative 木材の誘目性が視覚ストレスに及ぼす影響の究明 (平成26年度分) 2014/04/01-2015/03/31
基盤研究(B) Representative 誘目性制御による木材の高意匠化技術の創成 (平成27年度分) 2015/04/01-2016/03/31
基盤研究(B) Representative 誘目性制御による木材の高意匠化技術の創成 (平成28年度分) 2016/04/01-2017/03/31
Non-external, competitive funds or grants other than grants-in-aid for Scientific research (kaken)
System Main person Title(Japanese) Title(English) Period
木材の視覚特性 Visual Characteristics of Wood -
Teaching subject(s)
Name(Japanese) Name(English) Term Department Period
学部:木構造学,コンピュータ利用と森林科学,森林科学実習III,森林物理学実験および実験法,木材工学実験および実験法 -
大学院:生物材料設計学II -
木構造学 後期 農学部 2011/04-2012/03
コンピュータ利用と森林科学 後期 農学部 2011/04-2012/03
森林科学実習III 後期 農学部 2011/04-2012/03
木材工学実験及び実験法 後期 農学部 2011/04-2012/03
建築設計・製図実習 前期 農学部 2011/04-2012/03
森林物理学実験及び実験法 前期 農学部 2011/04-2012/03
生物材料設計学専攻実験 農学研究科 2011/04-2012/03
生物材料設計学演習 農学研究科 2011/04-2012/03
生物材料設計学Ⅱ 農学研究科 2011/04-2012/03
コンピュータ利用と森林科学 Information Technology in Forest and Biomaterials Science 後期 農学部 2012/04-2013/03
建築設計・製図実習 Architectural Design and Drawing 前期 農学部 2012/04-2013/03
木材工学実験及び実験法 Laboratory Course in Wood Technology 後期 農学部 2012/04-2013/03
木構造学 Timber Construction 後期 農学部 2012/04-2013/03
森林物理学実験及び実験法 Laboratory Course in Physics of Forest and Biomaterials 前期 農学部 2012/04-2013/03
森林科学実習III Laboratory Course in Forest and Biomaterials Science III 後期 農学部 2012/04-2013/03
木構造学 Timber Construction 後期 農学部 2013/04-2014/03
コンピュータ利用と森林科学 Information Technology in Forest and Biomaterials Science 後期 農学部 2013/04-2014/03
森林科学実習III Laboratory Course in Forest and Biomaterials Science III 後期 農学部 2013/04-2014/03
森林物理学実験及び実験法 Laboratory Course in Physics of Forest and Biomaterials 前期 農学部 2013/04-2014/03
木材工学実験及び実験法 Laboratory Course in Wood Technology 後期 農学部 2013/04-2014/03
生物材料設計学 II Biomaterials Design II 後期 農学研究科 2013/04-2014/03
生物材料設計学演習 Seminar in Biomaterials Design 通年 農学研究科 2013/04-2014/03
生物材料設計学専攻実験 Laboratory Course in Biomaterials Design 通年 農学研究科 2013/04-2014/03
木構造学 Timber Construction 後期 農学部 2014/04-2015/03
コンピュータ利用と森林科学 Information Technology in Forest and Biomaterials Science 後期 農学部 2014/04-2015/03
森林科学実習III Laboratory Course in Forest and Biomaterials Science III 後期 農学部 2014/04-2015/03
森林物理学実験及び実験法 Laboratory Course in Physics of Forest and Biomaterials 前期 農学部 2014/04-2015/03
木材工学実験及び実験法 Laboratory Course in Wood Technology 後期 農学部 2014/04-2015/03
生物材料設計学演習 Seminar in Biomaterials Design 通年 農学研究科 2014/04-2015/03
生物材料設計学専攻実験 Laboratory Course in Biomaterials Design 通年 農学研究科 2014/04-2015/03
住環境学 Environmental Engineering of Architecture 後期 農学部 2015/04-2016/03
コンピュータ利用と森林科学 Information Technology in Forest and Biomaterials Science 後期 農学部 2015/04-2016/03
木材工学実験及び実験法 Laboratory Course in Wood Technology 後期 農学部 2015/04-2016/03
森林基礎科学III Basic Science for Forest and Biomaterials III 後期 農学部 2015/04-2016/03
森林物理学実験及び実験法 Laboratory Course in Physics of Forest and Biomaterials 前期 農学部 2015/04-2016/03
森林科学実習III Laboratory Course in Forest and Biomaterials Science III 後期 農学部 2015/04-2016/03
生物材料物性学 Properties of Biomaterials 前期 農学部 2015/04-2016/03
生物材料設計学 II Biomaterials Design II 後期 農学研究科 2015/04-2016/03
生物材料設計学専攻実験1 Laboratory Course in Biomaterials Design1 通年 農学研究科 2015/04-2016/03
生物材料設計学専攻実験 Laboratory Course in Biomaterials Design 通年 農学研究科 2015/04-2016/03
生物材料設計学演習1 Seminar in Biomaterials Design1 通年 農学研究科 2015/04-2016/03
生物材料設計学演習 Seminar in Biomaterials Design 通年 農学研究科 2015/04-2016/03
住環境学 Environmental Engineering of Architecture 後期 農学部 2016/04-2017/03
コンピュータ利用と森林科学 Information Technology in Forest and Biomaterials Science 後期 農学部 2016/04-2017/03
木材工学実験及び実験法 Laboratory Course in Wood Technology 後期 農学部 2016/04-2017/03
森林物理学実験及び実験法 Laboratory Course in Physics of Forest and Biomaterials 前期 農学部 2016/04-2017/03
森林科学実習III Laboratory Course in Forest and Biomaterials Science III 後期 農学部 2016/04-2017/03
生物材料物性学 Properties of Biomaterials 前期 農学部 2016/04-2017/03
生物材料設計学専攻実験1 Laboratory Course in Biomaterials Design1 通年 農学研究科 2016/04-2017/03
生物材料設計学専攻実験2 Laboratory Course in Biomaterials Design2 通年 農学研究科 2016/04-2017/03
生物材料設計学専攻実験 Laboratory Course in Biomaterials Design 通年 農学研究科 2016/04-2017/03
生物材料設計学演習1 Seminar in Biomaterials Design1 通年 農学研究科 2016/04-2017/03
生物材料設計学演習2 Seminar in Biomaterials Design2 通年 農学研究科 2016/04-2017/03
生物材料設計学演習 Seminar in Biomaterials Design 通年 農学研究科 2016/04-2017/03
住環境学 Environmental Engineering of Architecture 後期 農学部 2017/04-2018/03
コンピュータ利用と森林科学 Information Technology in Forest and Biomaterials Science 後期 農学部 2017/04-2018/03
木材工学実験及び実験法 Laboratory Course in Wood Technology 後期 農学部 2017/04-2018/03
森林基礎科学D Basic Science for Forest and Biomaterials D 前期 農学部 2017/04-2018/03
森林物理学実験及び実験法 Laboratory Course in Physics of Forest and Biomaterials 前期 農学部 2017/04-2018/03
生物材料物性学II Properties of Biomaterials II 前期 農学部 2017/04-2018/03
生物材料物性学I Properties of Biomaterials I 後期 農学部 2017/04-2018/03
生物材料設計学専攻実験1 Laboratory Course in Biomaterials Design1 通年 農学研究科 2017/04-2018/03
生物材料設計学専攻実験2 Laboratory Course in Biomaterials Design2 通年 農学研究科 2017/04-2018/03
生物材料設計学専攻実験 Laboratory Course in Biomaterials Design 通年 農学研究科 2017/04-2018/03
生物材料設計学演習1 Seminar in Biomaterials Design1 通年 農学研究科 2017/04-2018/03
生物材料設計学演習2 Seminar in Biomaterials Design2 通年 農学研究科 2017/04-2018/03
生物材料設計学演習 Seminar in Biomaterials Design 通年 農学研究科 2017/04-2018/03
生物材料設計学特論2 Biomaterials Design 2 後期 農学研究科 2017/04-2018/03

  • <<
  • >>
Awards won by your students
Student name Award title Giver Date
佐藤舞葉 第60回日本木材学会大会優秀ポスター賞 日本木材学会 2010/03/19
田代智子 第63回日本木材学会大会優秀ポスター賞 日本木材学会 2013/03/29
堀田修吾 第66回日本木材学会大会優秀ポスター賞 日本木材学会 2016/03/29
吉田美音 日本生理人類学会第73回大会ポスター部門優秀発表賞 日本生理人類学会 2016/06/05
出垣奈生子 第67回日本木材学会大会優秀ポスター賞 日本木材学会 2017/03/19
米山菜乃花 日本木材保存協会第33回年次大会優秀ポスター賞 日本木材保存協会 2017/05/23
Part-time lecturer (outside KU)
Cource name(Japanese) Cource name(English) Term University Department Period
材料学5(京都市立芸術大学) -
School management (title, position)
Title Period
情報環境機構オープンコースウェア運用委員会 委員 2012/05/01-2014/03/31
生存圏研究所木質材料実験棟全国国際共同利用専門委員会 委員 2010/04/01-2012/03/31
生存圏研究所木質材料実験棟全国国際共同利用専門委員会 委員 2012/04/01-2014/03/31
生存圏研究所木質材料実験棟全国国際共同利用専門委員会 委員 2014/04/01-2016/03/31
Faculty management (title, position)
Title Period
情報セキュリティ・システム委員会 委員 2013/04/01-2019/03/31
環境・安全・衛生委員会 委員 2015/04/01-2017/03/31