松田 素二

Last Update: 2015/07/13 18:00:01

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
松田 素二/マツダ モトジ/Matsuda, Motoji
Primary department(Org1/Job title)
Graduate Schools Letters/Professor
Faculty
Org1 Job title
文学部
Contact address
Type Address(Japanese) Address(English)
Office 京都市左京区吉田本町 Yoshidahonmachi Sakyo-ku, Kyoto
Phone
Type Number
Office
Academic degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
文学修士 京都大学
M.A ナイロビ大学
博士(文学) 京都大学
Work Experience
Period Organization(Japanese) Organization(English) Job title(Japanese) Job title(English)
-
Research Topics
(Japanese)
アフリカにおける人種・民族関係の再編成、東紀州地域社会の変容
Overview of your research
(Japanese)
1.アフリカ都市社会論 2.地域のエスノヒストリー的研究 3.エスニシティ研究 4.フィールドワークの方法論をめぐる研究
Fields of research (key words)
Key words(Japanese) Key words(English)
アフリカ
ケニア
都市化
人種・民族関係
紛争
Fields of research (kaken code)
Kaken code
Cultural anthropology/folklore studies
Published Papers > Published Papers
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language
松田 素二 現代世界における人類学的実践の困難と可能性 文化人類学,78,1,1-25 2013 Refereed Japanese
MATSUDA Motoji The Difficulties and Potentials of Anthropological Practice in a Globalized World Japanese Review of Cultural Anthropology ,14,1-29 2013 Refereed English
松田 素二 地域研究的想像力に向けて:アフリカ潜在力の視点 学術の動向,7月,62-66 2013 Refereed Japanese
松田 素二 アフリカ系の人びとのための国際年にあたって考えること ヒューマンライツ,283,1-9 2011 Refereed Japanese
松田 素二 理不尽な集合暴力は誰がどのように裁くことができるかーケニア選挙後暴動の事例から  フォーラム現代社会学,10,37-49 2011 Refereed Japanese
松田 素二 グローバル化時代における共同体の再想像に向けて 哲学研究,585,1-35 2008 Refereed Japanese
松田 素二 変異する共同体 文化人類学研究,59,2,247-270 2004 Refereed Japanese
松田 素二 アフリカ研究と社会学 アフリカ研究,59,27-30 2001 Refereed Japanese
松田 素二 共同体の正義と和解ー過去の償いはいかにして可能か 現代思想,28,13,122-144 2000 Japanese

  • <<
  • >>
Published Papers > International Society
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language

  • <<
  • >>
Published Papers > Domestic Society
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language
MATSUDA Motoji Articulative Knowledge of Global Discourse and Local Practice GLOBAL DISCOURSES AND LOCAL PRACTICES: TOWARDS A CREATIVE AND ARTICULATIVE KNOWLEDGE,2014,6-10 2014/11 English
MATSUDA Motoji Local Knowledge embedded in Global Discourse: Conflict Resolutions through “African Potentials GLOBAL DISCOURSES AND LOCAL PRACTICES: TOWARDS A CREATIVE AND ARTICULATIVE KNOWLEDGE,2014 ,25-32 2013/11 English

  • <<
  • >>
Published Papers > Other
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language

  • <<
  • >>
Conference Presentation > Conference Presentation
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language

  • <<
  • >>
Conference Presentation > International Society
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language

  • <<
  • >>
Conference Presentation > Domestic Society
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language

  • <<
  • >>
Conference Presentation > Other
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language

  • <<
  • >>
Lectures > Invited Lectures
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
Title Conference name Organization name Date Language
『地域に学ぶ』プロジェクトの18年-大学生による地域調査実習の記録 [招待あり] 高野山大学人間学科開設記念シンポジウム 2015/02/21 Japanese
紛争解決と和解過程におけるアフリカの社会・文化的潜在力:インターフェイス機能の視点から 日本アフリカ学会第 51 回学術大会 2014/05/24 Japanese
現代世界における人類学的実践の困難と可能性 [招待あり] 日本文化人類学会第46回研究大会 2012/06 Japanese
暴力に引き裂かれた社会はいかに癒されるか   ―アフリカにおける大量殺戮後の社会的和解の可能性― [招待あり] 関西社会学会第61回大会 シンポジウム 2010/05/30 Japanese
How the collective violence judged, the justice of victims restored, the strife-riven society reconciled? [Invited] JSPS International Symposium Contextualizing Post-Reconciliation Violence:Glovalization,Politics and Identities in Africa 2010/01/20 English
Beyond the Africa-Schema [Invited] Japan Africa Journalist Conference 2009/05/04 English

  • <<
  • >>
Lectures > Keynote Lectures
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
Title Conference name Organization name Date Language
アフリカから多文化・多民族共生の技法を学ぶ- 地域研究の醍醐味 [招待あり] 日本学術会議公開シンポジウム『地域研究の「粋」を味わう』 2012/12/19 Japanese

  • <<
  • >>
Lectures > Panels
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
Title Conference name Organization name Date Language

  • <<
  • >>
Lectures > Public Talks
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
Title Conference name Organization name Date Language
Towards African potentials for coexistence in urban context IUAES 2014 with JASCA 2014/05/16 English

  • <<
  • >>
Publications > Books
Authors Title Publisher Date Language
松田 素二 身体化の人類学 世界思想社 2012
松田 素二 日常人類学宣言 世界思想社 2008
松田 素二 呪医の末裔―東アフリカ・オデニョ一族の二○世紀 講談社 2003
松田 素二 人類学的実践の再構築ポストコローニアル転回以後 世界思想社 2001
松田 素二 現代アフリカの紛争: 歴史と主体 アフリカ経済研究所 2000
松田 素二 抵抗する都市: ナイロビ 移民の世界から 岩波書店 1999
松田 素二 アフリカ入門 新書館 1999

  • <<
  • >>
Publications > Translations
Authors Title Publisher Date Language

  • <<
  • >>
Publications > Other
Authors Title Publisher Date Language
松田 素二 アフリカ社会を学ぶ人のために 世界思想社 2014
松田 素二 コリアンディアスポラと東アジア社会 京都大学学術出版会 2013
松田 素二 ケニアを知るための55章 明石書店 2012
松田 素二 文化人類学事典 丸善 2009
松田 素二 『興亡の世界史』第20巻 講談社 2009
松田 素二 ミクロ人類学の実践 世界思想社 2005
松田 素二 観光と環境の社会学 新曜社 2003
松田 素二 アフリカの都市的世界 世界思想社 2001

  • <<
  • >>
Patents
Right holders Title Stage Patent number Date

  • <<
  • >>
Awards
Title(Japanese) Title(English) Organization name(Japanese) Organization name(English) Date
第14回NIRA東畑精一記念賞 総合研究開発機構 1998
第28回大同生命地域研究奨励賞 大同生命 2007
第7回日本文化人類学会賞受賞 日本文化人類学会 2012
External funds, competitive funds and Grants-in-Aid for Scientific Research(kaken)
Type Position Title(Japanese) Title(English) Period
基盤研究(B) Representative 水界と森界の変容と創造に関する比較環境人類学的研究  2006-2008
基盤研究(A) Representative 新自由主義の時代における生活世界が生成する新たな共同性に関する生活人類学的研究 2009-2012
基盤研究(B) Representative 創造的接合知生成のための日常人類学的研究-グローバル言説とローカルな実践 2013-2015
基盤研究(B) Representative 創造的接合知生成のための日常人類学的研究-グローバル言説とローカルな実践 (平成26年度分) 2014/04/01-2015/03/31
基盤研究(B) Representative 創造的接合知生成のための日常人類学的研究-グローバル言説とローカルな実践 (平成26年度分) 2014/04/01-2015/03/31
基盤研究(B) Representative 地域環境保全システムと環境政策の人類学的研究 2000-2002
基盤研究(B) Representative 生活世界の環境倫理と環境政策に関する人類学的研究 2003-2005
Teaching subject(s)
Name(Japanese) Name(English) Term Department Period
社会学(特殊講義) 通年 文学研究科 2011/04-2012/03
社会学(演習) 通年 文学研究科 2011/04-2012/03
修士論文(社会学) 通年集中 文学研究科 2011/04-2012/03
社会学(演習II) 後期 文学部 2011/04-2012/03
社会学(卒論演習) 通年 文学部 2011/04-2012/03
社会学(実習) 通年 文学部 2011/04-2012/03
異文化理解ゼミナール Seminar on Other Cultures/Selves 前期 全学共通科目 2011/04-2012/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2012/04-2013/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2012/04-2013/03
社会学(卒論演習) Sociology (Seminars) 通年 文学部 2012/04-2013/03
社会学(実習) Sociology (Seminars) 通年 文学部 2012/04-2013/03
社会学(演習II) Sociology (Seminars) 通年 文学部 2012/04-2013/03
社会学(演習) Sociology (Seminars) 通年 文学研究科 2012/04-2013/03
社会学(特殊講義) Sociology (Special Lectures) 通年 文学研究科 2012/04-2013/03
社会学(演習II) Sociology (Seminars) 後期 文学部 2013/04-2014/03
社会学(卒論演習) Sociology (Seminars) 通年 文学部 2013/04-2014/03
社会学(実習) Sociology (Seminars) 通年 文学部 2013/04-2014/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2013/04-2014/03
社会学(特殊講義) Sociology (Special Lectures) 通年 文学研究科 2013/04-2014/03
社会学(演習) Sociology (Seminars) 通年 文学研究科 2013/04-2014/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2013/04-2014/03
異文化理解入門 Introduction to Cross-cultural Understanding 前期 全学共通科目 2013/04-2014/03
社会学(特殊講義) Sociology (Special Lectures) 前期 文学部 2014/04-2015/03
社会学(演習II) Sociology (Seminars) 後期 文学部 2014/04-2015/03
社会学(卒論演習) Sociology (Seminars) 通年 文学部 2014/04-2015/03
社会学(実習) Sociology (Seminars) 通年 文学部 2014/04-2015/03
社会学講義II Sociology II 前期 教育学部 2014/04-2015/03
社会学(特殊講義) Sociology (Special Lectures) 前期 文学研究科 2014/04-2015/03
社会学(特殊講義) Sociology (Special Lectures) 通年 文学研究科 2014/04-2015/03
社会学(演習) Sociology (Seminars) 通年 文学研究科 2014/04-2015/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2014/04-2015/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2014/04-2015/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2015/04-2016/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2015/04-2016/03
異文化理解入門 Introduction to Cross-cultural Understanding 前期 全学共通科目 2015/04-2016/03
社会学(卒論演習) Sociology (Seminars) 通年 文学部 2015/04-2016/03
社会学(実習) Sociology (Seminars) 通年 文学部 2015/04-2016/03
社会学(演習II) Sociology (Seminars) 後期 文学部 2015/04-2016/03
社会学(演習) Sociology (Seminars) 通年 文学研究科 2015/04-2016/03
社会学(特殊講義) Sociology (Special Lectures) 通年 文学研究科 2015/04-2016/03
行動・環境文化学系ゼミナール Relay Seminars for Undergraduate Students (Seminars) 前期 文学部 2015/04-2016/03
行動・環境文化学系ゼミナール Relay Seminars for Undergraduate Students (Seminars) 後期 文学部 2015/04-2016/03

  • <<
  • >>
Faculty management (title, position)
Title Period
専修主任 2014/04/01-2016/03/31
第2委員会委員 2015/04/01-2016/03/31
Other activities (public organizations)
Committee(Japanese) Committee(English) Title Organization name Period
滋賀県多文化共生推進プラン検討懇話会 2014-
しが多文化共生推進会議 座長 2007/11/-2009/11
豊中市人権まちづくりセンター運営協議会 2003-2005