和田 勝行

Last Update: 2020/02/07 10:33:08

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
和田 勝行/ワダ カツユキ/Wada, Katsuyuki
Primary Affiliation(Org1/Job title)
Graduate Schools Law/Associate Professor
Faculty
Org1 Job title
法学部
Academic Organizations You are Affiliated to in Japan
Organization name(Japanese) Organization name(English)
日本私法学会 Japan Association of Private Law
Work Experience
Period Organization(Japanese) Organization(English) Job title(Japanese) Job title(English)
2009/04/01-2013/03/31 京都大学大学院法学研究科 Graduate School of Law, Kyoto University 助教
2013/04/01- 京都大学大学院法学研究科 Graduate School of Law, Kyoto University 准教授 Associate Professor
Personal Profile
(Japanese)
研究・教育に勤しみ、学生とともに自分をも高めていきたい。
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000008803
Research Topics
(Japanese)
将来債権を中心とする将来の財産の管理・処分、動産・債権を担保として利用することによる資金調達の法的取扱い、その他担保法と倒産法の交錯領域に係る諸問題を研究対象としている。
Overview of the research
(Japanese)
特に動産・債権を担保として利用した資金調達の法的取扱いについて研究している。この分野における国際的な法的ルールのあり方も視野に入れつつ、どのようなルールによって効率的な資金調達が可能となるかを明らかにしたいと考えている。
Published Papers
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
和田 勝行 和田 勝行 Digitale Registerpublizität im Recht der Mobiliarsicherheiten Digitale Registerpublizität im Recht der Mobiliarsicherheiten Zeitschrift für Japanisches Recht/Journal of Japanese Law, 24, 48, 79-91 Zeitschrift für Japanisches Recht/Journal of Japanese Law, 24, 48, 79-91 , 24, 48, 79-91 2019/11 Disclose to all
和田 勝行 和田 勝行 判例批評:売主所有権留保と集合動産譲渡担保の優劣(最判平成30年12月7日) 判例批評:売主所有権留保と集合動産譲渡担保の優劣(最判平成30年12月7日) 金融判例研究, 29, 37-40 金融判例研究, 29, 37-40 , 29, 37-40 2019/09 Disclose to all
和田 勝行 和田 勝行 債権譲渡の効果――二重譲渡の場合の優劣決定基準を中心に―― 債権譲渡の効果――二重譲渡の場合の優劣決定基準を中心に―― 民法研究第2集, 7, 21-47 民法研究第2集, 7, 21-47 , 7, 21-47 2019/08 Disclose to all
和田 勝行 和田 勝行 判例批評:土地の根抵当権者による真正な登記名義の回復を原因とする所有権移転登記請求権の代位行使(東京地判平成29年12月22日) 判例批評:土地の根抵当権者による真正な登記名義の回復を原因とする所有権移転登記請求権の代位行使(東京地判平成29年12月22日) 私法判例リマークス, 59, 26-29 私法判例リマークス, 59, 26-29 , 59, 26-29 2019/07 Disclose to all
和田 勝行 和田 勝行 判例批評:第三債務者が差押債務者に対する弁済後に差押債権者に対してした更なる弁済は、差押債務者が破産手続開始の決定を受けた場合、破産法一六二条一項の規定による否認権行使の対象とならないとした事例[最高裁平成29.12.19判決] 判例批評:第三債務者が差押債務者に対する弁済後に差押債権者に対してした更なる弁済は、差押債務者が破産手続開始の決定を受けた場合、破産法一六二条一項の規定による否認権行使の対象とならないとした事例[最高裁平成29.12.19判決] 判例時報, 2395, 168-173 判例時報, 2395, 168-173 , 2395, 168-173 2019/04 Disclose to all
Katsuyuki Wada 和田 勝行 Katsuyuki Wada Numerus clausus-Prinzip im japanischen Sachenrecht Numerus clausus-Prinzip im japanischen Sachenrecht Numerus clausus-Prinzip im japanischen Sachenrecht Zeitschrift fuer japanisches Recht/Journal of Japanese Law, Sonderheft Nr.14, 117-129 Zeitschrift fuer japanisches Recht/Journal of Japanese Law, Sonderheft Nr.14, 117-129 Zeitschrift fuer japanisches Recht/Journal of Japanese Law, Sonderheft Nr.14, 117-129 2019 German Disclose to all
和田 勝行 和田 勝行 債権譲渡の対抗要件としての債務者の承諾に関する覚書 債権譲渡の対抗要件としての債務者の承諾に関する覚書 法学論叢, 183, 6, 1-38 法学論叢, 183, 6, 1-38 , 183, 6, 1-38 2018/09 Disclose to all
和田 勝行 和田 勝行 物上代位における「差押え」の意義 物上代位における「差押え」の意義 法学教室, 456, 47-50 法学教室, 456, 47-50 , 456, 47-50 2018/09 Disclose to all
和田 勝行 和田 勝行 信用状取引における動産譲渡担保と間接占有者による占有改定――最二小決平成29.5.10の検討―― 信用状取引における動産譲渡担保と間接占有者による占有改定――最二小決平成29.5.10の検討―― 金融法務事情, 2091, 32-44 金融法務事情, 2091, 32-44 , 2091, 32-44 2018/06 Disclose to all
和田 勝行 和田 勝行 破産・民事再生手続における(第三者)所有権留保の取り扱いに関する一考察 破産・民事再生手続における(第三者)所有権留保の取り扱いに関する一考察 法学論叢, 180, 5・6, 690-731 法学論叢, 180, 5・6, 690-731 , 180, 5・6, 690-731 2017/03 Disclose to all
和田 勝行 和田 勝行 判例評釈:自動車割賦販売における第三者所有権留保において,登録所有名義を有しない留保所有権者が別除権を行使することの可否[札幌地裁平成28.5.30判決] 判例評釈:自動車割賦販売における第三者所有権留保において,登録所有名義を有しない留保所有権者が別除権を行使することの可否[札幌地裁平成28.5.30判決] 法学教室, 435, 64-70 法学教室, 435, 64-70 , 435, 64-70 2016/12 Disclose to all
和田 勝行 和田 勝行 詐害行為取消権 : 破産法上の否認権との比較から 詐害行為取消権 : 破産法上の否認権との比較から 法学セミナー, 61, 8, 20-25 法学セミナー, 61, 8, 20-25 , 61, 8, 20-25 2016/08 Disclose to all
和田 勝行 和田 勝行 判例研究 再生手続開始時点で自動車登録を具備していなかった信販会社による別除権行使の可否[最判平成22.6.4] 判例研究 再生手続開始時点で自動車登録を具備していなかった信販会社による別除権行使の可否[最判平成22.6.4] 法学論叢, 170, 1, 120-143 法学論叢, 170, 1, 120-143 , 170, 1, 120-143 2011/10 Japanese Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
Misc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
和田 勝行 和田 勝行 譲渡人倒産時における将来債権譲渡担保の効力―ドイツの法状況を参考にして 譲渡人倒産時における将来債権譲渡担保の効力―ドイツの法状況を参考にして 私法, 77, 151-158 私法, 77, 151-158 , 77, 151-158 2015/04 Japanese Disclose to all
Title language:
Conference Activities & Talks
Title Title(Japanese) Title(English) Conference Conference(Japanese) Conference(English) Promotor Promotor(Japanese) Promotor(English) Date Language Assortment Disclose
Reform des Rechts der Forderungsabtretung[Invited] Reform des Rechts der Forderungsabtretung [Invited] Symposium "Schuldrechtsmodernisierung in Japan aus rechtsvergleichender Perspektive" Symposium "Schuldrechtsmodernisierung in Japan aus rechtsvergleichender Perspektive" 2019/08/23 Disclose to all
Digitale Registerpublizitaet im Recht der Mobiliarsicherheiten[Invited] Digitale Registerpublizitaet im Recht der Mobiliarsicherheiten [Invited] Digitale Registerpublizitaet im Recht der Mobiliarsicherheiten [Invited] Ruhr-Universitaet Bochum Japan Science Days 2018 Schutzbeduerfnisse und Gestaltungsmoeglichkeiten im Recht der Society 5.0 Ruhr-Universitaet Bochum Japan Science Days 2018 Schutzbeduerfnisse und Gestaltungsmoeglichkeiten im Recht der Society 5.0 Ruhr-Universitaet Bochum Japan Science Days 2018 Schutzbeduerfnisse und Gestaltungsmoeglichkeiten im Recht der Society 5.0 2018/07/06 German Disclose to all
Numerus clausus-Prinzip im japanischen Recht 日本法における物権法定主義 Numerus clausus-Prinzip im japanischen Recht 京都大学大学院法学研究科・マックスプランク比較私法・国際私法研究所 二国間交流事業国際ワークショップ 京都大学大学院法学研究科・マックスプランク比較私法・国際私法研究所 二国間交流事業国際ワークショップ 2018/01/30 German Disclose to all
債権譲渡の効果 債権譲渡の効果 第7回東アジア民事法学国際シンポジウム 第7回東アジア民事法学国際シンポジウム 2017/12/16 Disclose to all
譲渡人倒産時における将来債権譲渡担保の効力―ドイツの法状況を参考にして 譲渡人倒産時における将来債権譲渡担保の効力―ドイツの法状況を参考にして 日本私法学会第78回(2014年度)大会 日本私法学会第78回(2014年度)大会 2014/10/11 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
Title language:
Books etc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Publisher Publisher(Japanese) Publisher(English) Publication date Language Type Disclose
鎌田 薫, 松岡久和, 松尾弘 鎌田 薫, 松岡久和, 松尾弘 新基本法コンメンタール 物権 (別冊法学セミナー no. 262) 新基本法コンメンタール 物権 (別冊法学セミナー no. 262) 日本評論社 日本評論社 2020/02/03 Contributor Disclose to all
和田 勝行 和田 勝行 『Law Practice 民法Ⅰ【総則・物権編】〔第4版〕』 『Law Practice 民法Ⅰ【総則・物権編】〔第4版〕』 商事法務 商事法務 2018/06 Contributor Disclose to all
和田 勝行 和田 勝行 『新・判例ハンドブック債権法Ⅰ』 『新・判例ハンドブック債権法Ⅰ』 日本評論社 日本評論社 2018/03 Contributor Disclose to all
和田 勝行 和田 勝行 『民法判例百選Ⅱ 債権[第8版]』 『民法判例百選Ⅱ 債権[第8版]』 有斐閣 有斐閣 2018/03 Contributor Disclose to all
和田 勝行 和田 勝行 『民法判例百選Ⅰ 総則・物権[第8版]』 『民法判例百選Ⅰ 総則・物権[第8版]』 有斐閣 有斐閣 2018/03 Contributor Disclose to all
和田 勝行 和田 勝行 『Before/After 民法改正』 『Before/After 民法改正』 弘文堂 弘文堂 2017/09 Contributor Disclose to all
和田 勝行 和田 勝行 『民法判例百選Ⅰ 総則・物権[第7版]』 『民法判例百選Ⅰ 総則・物権[第7版]』 有斐閣 有斐閣 2015/01 Contributor Disclose to all
和田 勝行 和田 勝行 『新・判例ハンドブック 親族・相続』 141~143事件 『新・判例ハンドブック 親族・相続』 141~143事件 日本評論社 日本評論社 2014/03 Contributor Disclose to all
和田 勝行 和田 勝行 将来債権譲渡担保と倒産手続 将来債権譲渡担保と倒産手続 有斐閣 有斐閣 2014/03 Single Work Disclose to all
Title language:
Awards
Title(Japanese) Title(English) Organization name(Japanese) Organization name(English) Date
平成26年度「倒産・再生法制研究奨励金」トリプルアイ・高木賞(一般個人部門) 公益財団法人民事紛争処理研究基金 2015/06/08
External funds: competitive funds and Grants-in-Aid for Scientific Research (Kakenhi)
Type Position Title(Japanese) Title(English) Period
基盤研究(A) Assignment 財産権の現代化と財産法制の再編 2012/04/01-2017/03/31
基盤研究(A) Assignment 新段階の情報化社会における私法上の権利保護のあり方 2017/04/01-
Teaching subject(s)
Name(Japanese) Name(English) Term Department Period
民法演習2 Civil Law II -Seminar 通年 法学研究科 2013/04/-2014/03
民法研究演習2 Civil Law II -Seminar 通年 法学研究科 2013/04-2014/03
法学部基礎演習 Basic Seminar on Law and Politics 後期 法学部 2014/04-2015/03
民法演習2 Civil Law II -Seminar 通年 法学研究科 2014/04-2015/03
民法研究演習2 Civil Law II -Seminar 通年 法学研究科 2014/04-2015/03
法学政治学英語I English(Law/Politics)I 前期 全学共通科目 2014/04-2015/03
法学部基礎演習 Basic Seminar on Law and Politics  後期 法学部 2013/04/-2014/03/
民法演習2 Civil Law II -Seminar 通年 法学研究科 2015/04-2016/03
民法研究演習2 Civil Law II -Seminar 通年 法学研究科 2015/04-2016/03
法学政治学英語I English(Law/Politics)I 前期 全学共通科目 2015/04-2016/03
外国文献講読(法・英)II-E1 Readings in Humanities and Social Sciences (Law, English)II-E1 後期 全学共通科目 2017/04-2018/03
民法演習1 Civil Law I -Seminar 通年 法学研究科 2017/04-2018/03
民法研究演習1 Civil Law I -Seminar 通年 法学研究科 2017/04-2018/03
法学部基礎演習 Basic Seminar on Law and Politics 後期 法学部 2017/04-2018/03
外国文献講読(法・英)I-E1 Readings in Humanities and Social Sciences (Law, English)I-E1 前期 全学共通科目 2018/04-2019/03
外国文献講読(法・英)II-E1 Readings in Humanities and Social Sciences (Law, English)II-E1 後期 全学共通科目 2018/04-2019/03
法学入門I Introduction to Law I 前期 法学部 2018/04-2019/03
法学部基礎演習 Basic Seminar on Law and Politics 後期 法学部 2018/04-2019/03
法律基礎科目演習A Legal Writing (Basic) A 通年 法学研究科(法科大学院) 2018/04-2019/03
財産法の基礎1 Civil Law (Basic) I 前期 法学研究科(法科大学院) 2018/04-2019/03
外国文献講読(法・英)I-E1 Readings in Humanities and Social Sciences (Law, English)I-E1 前期 全学共通科目 2019/04-2020/03
外国文献講読(法・英)II-E1 Readings in Humanities and Social Sciences (Law, English)II-E1 後期 全学共通科目 2019/04-2020/03
家族と法 Family and Law 前期 全学共通科目 2019/04-2020/03
家族と法 Family and Law 前期 法学部 2019/04-2020/03
民法3A Civil Law IIIA 前期 法学研究科 2019/04-2020/03
民法3B Civil Law IIIB 後期 法学研究科 2019/04-2020/03
民法理論演習 Seminar on Civil Law Theory 後期 法学研究科(法科大学院) 2019/04-2020/03
民法研究3A Civil Law IIIA 前期 法学研究科 2019/04-2020/03
民法研究3B Civil Law IIIB 後期 法学研究科 2019/04-2020/03
法学部基礎演習 Basic Seminar on Law and Politics 後期 法学部 2019/04-2020/03

  • <<
  • >>
Part-time lecturer (outside KU)
Cource name(Japanese) Cource name(English) Term University Department Period
民法の基礎2 秋学期(後期) 大阪女学院大学 国際・英語学部 2013/09/26-2014/03/31
民法の基礎2 秋学期(後期) 大阪女学院大学 国際・英語学部 2014/09/25-2015/03/31
Other activities (primary and secondary education)
Title Activity School Prefecture Date
三丘セミナー 高校生に大学での専門分野について模擬授業を行う 大阪府立三国丘高等学校 大阪府 2014/07/11