太田 至

Last Update: 2018/11/26 17:02:20

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
太田 至/オオタ イタル/Itaru Ohta
Primary department(Org1/Job title)
Graduate Schools Asian and African Area Studies/Professor
Secondary departments to which you belong
Org1 Job title
Center for African Area Studies (CAAS)
Contact address
Type Address(Japanese) Address(English)
Office 〒606-8501 京都市左京区吉田下阿達町46 46 Shimoadachi-cho, Yoshida, Sakyo-ku, Kyoto 606-8501, Japan
Phone
Type Number
Office 075-753-7802
Affiliated academic organization(s) (Japanese)
Organization name(Japanese) Organization name(English)
日本アフリカ学会 Japan Association for African Studies
日本文化人類学会 Japanese Society of Cultural Anthropology
日本ナイル・エチオピア学会 Japanese Association for Nilo-Ethiopian Studies
生態人類学会 Society for Ecological Anthropology
Academic degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
理学修士 Master of Science 京都大学 Kyoto University
理学博士 Ph.D., Science 京都大学 Kyoto University
Graduate school
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(Japanese) Major(English) Degree
京都大学 Kyoto University 大学院理学研究科修士課程動物学専攻 Graduate School of Science 修了
京都大学 Kyoto University 大学院理学研究科博士後期課程動物学専攻 Graduate School of Science 修了
University
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(s)(Japanese) Major(s)(English) Degree
京都大学 Kyoto University 理学部 Faculty of Science 卒業
Highschool
Highschool Kana
長野県立長野高等学校
Work Experience
Period Organization(Japanese) Organization(English) Job title(Japanese) Job title(English)
1986/04/-1989/06/ 京都大学 Kyoto University 助手 Assistant Professor
1989/07/-2004/03/ 京都大学 Kyoto University 助教授 Associate Professor
2004/04/- 京都大学 Kyoto University 教授 Professor
Personal Profile
(Japanese)
アフリカに関する地域研究をしています。教育に関しては、できるかぎり大学院生の調査地に一緒にでかけて行き、現場でともに問題を考えることをによって、フィールドワークのなかから研究課題を発見し、それを育ててゆくための支援をしています。また、学術研究の成果を社会に還元するために、公開講座などを活用するように心がけています。大学の運営、教育研究のための環境改善にも努力しています。
(English)
I am conducting research on African Area Studies. As for education, I make it my motto to visit research field of graduate students as far as possible, and explore research topics there together with the students, so that I can assist them to learn how to cultivate their researches independently. In order to return research products to society, I participate and utilize open lectures. I also take part in several committees and work diligently toward the improvement of the environment of the university.
Personal website address
URL
http://jambo.africa.kyoto-u.ac.jp/africa_division/ohta-itaru
http://jambo.africa.kyoto-u.ac.jp/member/ohta.html
Research Topics
(Japanese)
アフリカ牧畜社会研究、家畜と人間の相互関係、家畜管理方法、家畜の所有と利用をめぐる社会関係、難民と地元民の関係、暴力的対立や紛争と共存
(English)
Studies on African pastoral societies, Livestock herding and husbandry, Livestock ownership and social relations, Refugees and their host population, Conflict and coexistence
Fields of research (key words)
Key words(Japanese) Key words(English)
アフリカ地域研究 African Area Studies
人類学 Anthropology
Fields of research (kaken code)
Kaken code
Area studies
Cultural anthropology/folklore studies
Published Papers
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
太田 至 太田 至 「アフリカ潜在力」に関する研究プロジェクトの成果と展望 「アフリカ潜在力」に関する研究プロジェクトの成果と展望 アフリカ研究, 90, 93-95 アフリカ研究, 90, 93-95 , 90, 93-95 2016 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
安藤和雄・荒木茂・池野旬・小杉泰・太田至・杉島敬志・鈴木玲治 安藤和雄・荒木茂・池野旬・小杉泰・太田至・杉島敬志・鈴木玲治 特集にあたって 特集にあたって 『アジア・アフリカ地域研究』6(2): 171、京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科, 6, 2, 171-171 『アジア・アフリカ地域研究』6(2): 171、京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科, 6, 2, 171-171 , 6, 2, 171-171 2007 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
太田 至 太田 至 家畜の個体性と商品化--東アフリカの牧畜民は資本主義者か 家畜の個体性と商品化--東アフリカの牧畜民は資本主義者か アジア・アフリカ地域研究, 2, 306-317 アジア・アフリカ地域研究, 2, 306-317 , 2, 306-317 2002 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
太田 至 太田 至 カオコランドから見た『部族主義』と『人種差別』 カオコランドから見た『部族主義』と『人種差別』 月刊アフリカ, 37, 10, 18-23 月刊アフリカ, 37, 10, 18-23 , 37, 10, 18-23 1997 Refereed Japanese Research paper(bulletin of university, research institution) Disclose to all
太田 至 太田 至 ナミビア北西部のカオコランドに住むヘレロとヒンバのエスニックバウンダリーの動態 ナミビア北西部のカオコランドに住むヘレロとヒンバのエスニックバウンダリーの動態 アフリカ研究, 48, 115-131 アフリカ研究, 48, 115-131 , 48, 115-131 1996 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
太田 至 太田 至 フィールドワークについて思うこと-経験・表現・方法- フィールドワークについて思うこと-経験・表現・方法- 季刊人類学, 20, 3, 78-91 季刊人類学, 20, 3, 78-91 , 20, 3, 78-91 1989 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
太田 至 太田 至 1988年の雨季、そして『文明』の足音-ケニア北西部のトゥルカナ地方- 1988年の雨季、そして『文明』の足音-ケニア北西部のトゥルカナ地方- アフリカ研究, 33, 89-92 アフリカ研究, 33, 89-92 , 33, 89-92 1988 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
太田 至 太田 至 人間と生業対象のかかわり方の意味 人間と生業対象のかかわり方の意味 季刊人類学, 19, 2, 17-25 季刊人類学, 19, 2, 17-25 , 19, 2, 17-25 1988 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
太田 至 太田 至 牧畜民による家畜放牧の成立機構--トゥルカナ族のヤギ放牧の事例より 牧畜民による家畜放牧の成立機構--トゥルカナ族のヤギ放牧の事例より 季刊人類学, 13, 4, 18-56 季刊人類学, 13, 4, 18-56 , 13, 4, 18-56 1982 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
太田至 太田至 トゥルカナ族の家畜所有集団と遊動集団 トゥルカナ族の家畜所有集団と遊動集団 アフリカ研究, 1980, 19, 63-81 アフリカ研究, 1980, 19, 63-81 , 1980, 19, 63-81 1980 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
OHTA Itaru OHTA Itaru Marriage and bridewealth negotiations among the Turkana in northwestern Kenya Marriage and bridewealth negotiations among the Turkana in northwestern Kenya African study monographs. Supplementary issue., 37, 3-26 , 37, 3-26 African study monographs. Supplementary issue., 37, 3-26 2007 Refereed English Research paper(scientific journal) Disclose to all
Ohta Itaru Ohta Itaru English-Turkana texts of a case of bridewealth negotiations in northwestern Kenya English-Turkana texts of a case of bridewealth negotiations in northwestern Kenya African study monographs. Supplementary issue., 37, 29-152 , 37, 29-152 African study monographs. Supplementary issue., 37, 29-152 2007 Refereed English Disclose to all
Ohta Itaru Ohta Itaru Bridewealth negotiations among the Turkana in northwestern Kenya (DVD Documentary work) Bridewealth negotiations among the Turkana in northwestern Kenya (DVD Documentary work) African study monographs. Supplementary issue., 37 , 37 African study monographs. Supplementary issue., 37 2007 Refereed English Disclose to all
Ohta Itaru Ohta Itaru Motivations, negotiations, and animal individuality: Livestock exchange of the Turkana in northwestern Kenya. Motivations, negotiations, and animal individuality: Livestock exchange of the Turkana in northwestern Kenya. Nilo-Ethiopian Studies, 7, 45-61 , 7, 45-61 Nilo-Ethiopian Studies, 7, 45-61 2001 Refereed English Disclose to all
OHTA Itaru (with H. Terashima and M. Ichikawa) OHTA Itaru (with H. Terashima and M. Ichikawa) Aflora catalog of useful plants of Tropical Africa, Part 1: Forest Areas Aflora catalog of useful plants of Tropical Africa, Part 1: Forest Areas African Study Monographs, Supplementary Issue,, 16, 1-195 , 16, 1-195 African Study Monographs, Supplementary Issue,, 16, 1-195 1991 Refereed English Research paper(scientific journal) Disclose to all
OHTA Itaru OHTA Itaru A Classified Vocabulary of the Turkana in Northwestern Kenya A Classified Vocabulary of the Turkana in Northwestern Kenya African study monographs. Supplementary issue., 10, 1-104 , 10, 1-104 African study monographs. Supplementary issue., 10, 1-104 1989 Refereed English Disclose to all
OHTA Itaru OHTA Itaru Livestock Individual Identification among the Turkana: The Animal Classification and Naming in the Pastoral Livestock Management Livestock Individual Identification among the Turkana: The Animal Classification and Naming in the Pastoral Livestock Management African Study Monographs, 8, 1, 1-69 , 8, 1, 1-69 African Study Monographs, 8, 1, 1-69 1987 Refereed English Disclose to all
OHTA Itaru OHTA Itaru Symptoms are Classified into Diagnostic Categories; Turkana's View of Livestock Diseases Symptoms are Classified into Diagnostic Categories; Turkana's View of Livestock Diseases African study monographs. Supplementary issue., 3, 71-93 , 3, 71-93 African study monographs. Supplementary issue., 3, 71-93 1984 Refereed English Disclose to all
OHTA Itaru OHTA Itaru Man-Animal Interaction Complex in Coat Herding of the Pastoral Turkana Man-Animal Interaction Complex in Coat Herding of the Pastoral Turkana African study monographs. Supplementary issue., 1, 13-41 , 1, 13-41 African study monographs. Supplementary issue., 1, 13-41 1982 Refereed English Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
Misc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
OHTA Itaru OHTA Itaru Individual Amity and Collective Enmity: Social Relationships between the Turkana and Refugees in Kakuma Area, Northwestern Kenya Individual Amity and Collective Enmity: Social Relationships between the Turkana and Refugees in Kakuma Area, Northwestern Kenya Individual Amity and Collective Enmity: Social Relationships between the Turkana and Refugees in Kakuma Area, Northwestern Kenya A paper presented at the 110th Annual Meeting of the American Anthropological Association, November 16-20, 2011, Montreal, Canada A paper presented at the 110th Annual Meeting of the American Anthropological Association, November 16-20, 2011, Montreal, Canada A paper presented at the 110th Annual Meeting of the American Anthropological Association, November 16-20, 2011, Montreal, Canada 2011 Refereed English Summary of the papers read (international conference) Disclose to all
OHTA Itaru OHTA Itaru Human Ability to Build Spontaneous Social Relationship Human Ability to Build Spontaneous Social Relationship Human Ability to Build Spontaneous Social Relationship (Comments): An International Symposium on “Constructing ‘Ordinary Life’: Lessons from Peace Building Practices in Africa" National Museum of Ethnology, Japan (Comments): An International Symposium on “Constructing ‘Ordinary Life’: Lessons from Peace Building Practices in Africa" National Museum of Ethnology, Japan (Comments): An International Symposium on “Constructing ‘Ordinary Life’: Lessons from Peace Building Practices in Africa" National Museum of Ethnology, Japan 2011 English Summary of the papers read (international conference) Disclose to all
OHTA Itaru OHTA Itaru Multiple Socio-Economic Relationships Improvised between the Turkana and Refugees in Kakuma area, Northwestern Kenya Multiple Socio-Economic Relationships Improvised between the Turkana and Refugees in Kakuma area, Northwestern Kenya Multiple Socio-Economic Relationships Improvised between the Turkana and Refugees in Kakuma area, Northwestern Kenya Paper presented at a symposium, "Multidimensionality of Displacement Risks in Africa," held at Kyoto, 2-3 November 2002 Paper presented at a symposium, "Multidimensionality of Displacement Risks in Africa," held at Kyoto, 2-3 November 2002 Paper presented at a symposium, "Multidimensionality of Displacement Risks in Africa," held at Kyoto, 2-3 November 2002 2002 English Summary of the papers read (international conference) Disclose to all
OHTA Itaru OHTA Itaru Reconstruction of Cattle Herds after the Drought of Early 1980s among the Kaokolanders in Northwestern Namibia Reconstruction of Cattle Herds after the Drought of Early 1980s among the Kaokolanders in Northwestern Namibia Reconstruction of Cattle Herds after the Drought of Early 1980s among the Kaokolanders in Northwestern Namibia Paper Presented at the symposium on "People, Cattle and Land: A Symposium on the Culture, History and Economy of Otjiherero Speaking People" held at Siegburg, Germany on Sept. 14-17, 1997 Paper Presented at the symposium on "People, Cattle and Land: A Symposium on the Culture, History and Economy of Otjiherero Speaking People" held at Siegburg, Germany on Sept. 14-17, 1997 Paper Presented at the symposium on "People, Cattle and Land: A Symposium on the Culture, History and Economy of Otjiherero Speaking People" held at Siegburg, Germany on Sept. 14-17, 1997 1997 English Summary of the papers read (international conference) Disclose to all
OHTA Itaru OHTA Itaru Simultaneous Yet Contradictory Relationships between the Turkana and Refugees in Kakuma Area, Northwestern Kenya. Paper presented at the 56th annual meeting of African Studies Association, November 21-24, Baltimore, USA. Simultaneous Yet Contradictory Relationships between the Turkana and Refugees in Kakuma Area, Northwestern Kenya. Paper presented at the 56th annual meeting of African Studies Association, November 21-24, Baltimore, USA. 2013 Refereed English Summary of the papers read (international conference) Disclose to all
Ohta Itaru Ohta Itaru African Potentials, Customary Knowledge and Institutions, and Persistent Face-to-face Interactions. African Potentials, Customary Knowledge and Institutions, and Persistent Face-to-face Interactions. A paper presented at the international symposium on “Conflict Resolution and Coexistence through Reassessment and Utilization of ‘African Potentials’,” December 3-4, 2011, Nairobi, Kenya. A paper presented at the international symposium on “Conflict Resolution and Coexistence through Reassessment and Utilization of ‘African Potentials’,” December 3-4, 2011, Nairobi, Kenya. 2011 Refereed English Summary of the papers read (international conference) Disclose to all
Ohta. I Ohta. I Positive Socio-Cultural Practices among the East African Pastoral Peoples: The Local Turkana’s Relationship with the Kakuma Refugee Camp in Northwestern Kenya. Positive Socio-Cultural Practices among the East African Pastoral Peoples: The Local Turkana’s Relationship with the Kakuma Refugee Camp in Northwestern Kenya. An International Workshop on “Pastoral Societies in Africa: New Possibilities for Sustainable Development through the Interaction of Scientific Researchers and Development Workers.” JSPS Research Center, Nairobi. September 4, 2008. An International Workshop on “Pastoral Societies in Africa: New Possibilities for Sustainable Development through the Interaction of Scientific Researchers and Development Workers.” JSPS Research Center, Nairobi. September 4, 2008. 2008 Refereed English Disclose to all
K. Tachiiri; I. Ohta K. Tachiiri; I. Ohta Assessing impact of a large-sized refugee camp on the local vegetation condition with remote sensing : A case study of Kakuma, Kenya Assessing impact of a large-sized refugee camp on the local vegetation condition with remote sensing : A case study of Kakuma, Kenya International Geoscience and Remote Sensing Symposium (IGARSS), 3, 1547-1550 , 3, 1547-1550 International Geoscience and Remote Sensing Symposium (IGARSS), 3, 1547-1550 2004 Refereed English Disclose to all
OHTA Itaru OHTA Itaru How the Turkana Coped with the Emergence of a Refugee Camp in Kakuma, Northwestern Kenya How the Turkana Coped with the Emergence of a Refugee Camp in Kakuma, Northwestern Kenya Paper presented at a symposium, "Socio-Economic Interactions between Pastoralists and Other Groups," held in a Inter-Congress of the International Union of Anthropological and Ethnological Sciences (IUAES) 2002, Tokyo, September 22-27, 2002 Paper presented at a symposium, "Socio-Economic Interactions between Pastoralists and Other Groups," held in a Inter-Congress of the International Union of Anthropological and Ethnological Sciences (IUAES) 2002, Tokyo, September 22-27, 2002 2002 Refereed English Disclose to all
Title language:
Books etc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Publisher Publisher(Japanese) Publisher(English) Publication date Language Type Disclose
OHTA Itaru OHTA Itaru African Virtues in the Pursuit of Conviviality: Exploring Local Solutions in Light of Global Prescriptions African Virtues in the Pursuit of Conviviality: Exploring Local Solutions in Light of Global Prescriptions African Virtues in the Pursuit of Conviviality: Exploring Local Solutions in Light of Global Prescriptions Bamanda: Langaa RPCIG. Xvi+432pp. Bamanda: Langaa RPCIG. Xvi+432pp. Bamanda: Langaa RPCIG. Xvi+432pp. 2017 Joint Editor Disclose to all
OHTA Itaru OHTA Itaru The Power to Speak, Listen, and Negotiate in the Local Meetings of Africa: The Palaver of the Bakongo, Clan Gathering of the Borana, and Bridewealth Negotiation of the Turkana. The Power to Speak, Listen, and Negotiate in the Local Meetings of Africa: The Palaver of the Bakongo, Clan Gathering of the Borana, and Bridewealth Negotiation of the Turkana. The Power to Speak, Listen, and Negotiate in the Local Meetings of Africa: The Palaver of the Bakongo, Clan Gathering of the Borana, and Bridewealth Negotiation of the Turkana. In (Y. Gebre, I. Ohta and M. Matsuda, eds.) African Virtues in the Pursuit of Conviviality: Exploring Local Solutions in Light of Global Prescriptions. Bamanda: Langaa RPCIG, pp. 249-274. In (Y. Gebre, I. Ohta and M. Matsuda, eds.) African Virtues in the Pursuit of Conviviality: Exploring Local Solutions in Light of Global Prescriptions. Bamanda: Langaa RPCIG, pp. 249-274. In (Y. Gebre, I. Ohta and M. Matsuda, eds.) African Virtues in the Pursuit of Conviviality: Exploring Local Solutions in Light of Global Prescriptions. Bamanda: Langaa RPCIG, pp. 249-274. 2017 Single Work Disclose to all
OHTA Itaru OHTA Itaru Introduction: Achieving Peace and Coexistence through African Potentials Introduction: Achieving Peace and Coexistence through African Potentials Introduction: Achieving Peace and Coexistence through African Potentials In (Y. Gebre, I. Ohta and M. Matsuda, eds.) African Virtues in the Pursuit of Conviviality: Exploring Local Solutions in Light of Global Prescriptions. Bamanda: Langaa RPCIG, pp. 3-37 In (Y. Gebre, I. Ohta and M. Matsuda, eds.) African Virtues in the Pursuit of Conviviality: Exploring Local Solutions in Light of Global Prescriptions. Bamanda: Langaa RPCIG, pp. 3-37 In (Y. Gebre, I. Ohta and M. Matsuda, eds.) African Virtues in the Pursuit of Conviviality: Exploring Local Solutions in Light of Global Prescriptions. Bamanda: Langaa RPCIG, pp. 3-37 2017 Joint Work Disclose to all
太田 至 太田 至 アフリカ潜在力・シリーズ全5巻(総編集) アフリカ潜在力・シリーズ全5巻(総編集) 京都大学学術出版会 京都大学学術出版会 2016 Supervisor Disclose to all
太田 至 太田 至 「アフリカ潜在力」の探究―紛争解決と共生の実現にむけて― 「アフリカ潜在力」の探究―紛争解決と共生の実現にむけて― 松田素二・平野(野元)美佐[共編]『紛争をおさめる文化―不完全性とブリコラージュの実践―』、pp. i-xxii 松田素二・平野(野元)美佐[共編]『紛争をおさめる文化―不完全性とブリコラージュの実践―』、pp. i-xxii 2016 Single Work Disclose to all
太田 至 太田 至 アフリカのローカルな会合における「語る力」「聞く力」「交渉する力」―コンゴのパラヴァー・ボラナのクラン集会・トゥルカナの婚資交渉― アフリカのローカルな会合における「語る力」「聞く力」「交渉する力」―コンゴのパラヴァー・ボラナのクラン集会・トゥルカナの婚資交渉― 松田素二・平野(野元)美佐[共編]『紛争をおさめる文化―不完全性とブリコラージュの実践―』、pp. 129-163 松田素二・平野(野元)美佐[共編]『紛争をおさめる文化―不完全性とブリコラージュの実践―』、pp. 129-163 2016 Single Work Disclose to all
太田 至 太田 至 アフリカ紛争・共生データアーカイブ 第2巻 アフリカ紛争・共生データアーカイブ 第2巻 京都大学アフリカ地域研究資料センター、111ページ 京都大学アフリカ地域研究資料センター、111ページ 2015 Editor Disclose to all
太田 至 太田 至 アフリカ紛争・共生データアーカイブ第1巻 アフリカ紛争・共生データアーカイブ第1巻 京都大学アフリカ地域研究資料センター、121ページ 京都大学アフリカ地域研究資料センター、121ページ 2014 Editor Disclose to all
OHTA Itaru OHTA Itaru Conflict Resolution and Coexistence: Realizing African Potentials Conflict Resolution and Coexistence: Realizing African Potentials Conflict Resolution and Coexistence: Realizing African Potentials African Study Monographs, Supplementary Issue, No. 50. Kyoto: Kyoto University, 205pp. African Study Monographs, Supplementary Issue, No. 50. Kyoto: Kyoto University, 205pp. African Study Monographs, Supplementary Issue, No. 50. Kyoto: Kyoto University, 205pp. 2014 Joint Editor Disclose to all
OHTA Itaru OHTA Itaru African Potentials 2013 African Potentials 2013 African Potentials 2013 Proceedings of International Symposium on Conflict Resolution and Coexistence, October 5-6, 2013, Kyoto: Kyoto University., xxiii+201pp. Proceedings of International Symposium on Conflict Resolution and Coexistence, October 5-6, 2013, Kyoto: Kyoto University., xxiii+201pp. Proceedings of International Symposium on Conflict Resolution and Coexistence, October 5-6, 2013, Kyoto: Kyoto University., xxiii+201pp. 2013 Joint Editor Disclose to all
太田 至 太田 至 東日本大震災とフクシマ、そしてアフリカ地域研究:アルトゥーロ・エスコバルのポリティカル・エコロジー論 東日本大震災とフクシマ、そしてアフリカ地域研究:アルトゥーロ・エスコバルのポリティカル・エコロジー論 島田周平教授退職記念事業実行委員会(編)『多様性・流動性・不確実性』京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科、pp.78-82 島田周平教授退職記念事業実行委員会(編)『多様性・流動性・不確実性』京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科、pp.78-82 2012 Single Work Disclose to all
太田 至 太田 至 家畜とともに生きることを学ぶ-牧童L君の一日 家畜とともに生きることを学ぶ-牧童L君の一日 松田素二・津田みわ(編)『ケニアを知るための55章』pp. 254-256、明石書店 松田素二・津田みわ(編)『ケニアを知るための55章』pp. 254-256、明石書店 2012 Single Work Disclose to all
太田 至 太田 至 難民と地元住民のあいだの多元的で錯綜した関係:カクマ難民キャンプと地元民トゥルカナ 難民と地元住民のあいだの多元的で錯綜した関係:カクマ難民キャンプと地元民トゥルカナ 松田素二・津田みわ(編)『ケニアを知るための55章』pp. 232-236、明石書店 松田素二・津田みわ(編)『ケニアを知るための55章』pp. 232-236、明石書店 2012 Single Work Disclose to all
太田 至 太田 至 東アフリカ牧畜民の生活と文化 東アフリカ牧畜民の生活と文化 『新版アフリカを知る事典』平凡社、pp.9-12 『新版アフリカを知る事典』平凡社、pp.9-12 2010 Single Work Disclose to all
太田 至 太田 至 家畜が伝えること 家畜が伝えること 日本文化人類学会(編)『文化人類学事典』、丸善、pp.290-291. 日本文化人類学会(編)『文化人類学事典』、丸善、pp.290-291. 2009 Disclose to all
太田 至 太田 至 Bridewealth negotiations among the Turkana in northwestern Kenya (DVD documentary work) Bridewealth negotiations among the Turkana in northwestern Kenya (DVD documentary work) African Study Monographs, Supplementary Issue, No. 37: DVD Attachment African Study Monographs, Supplementary Issue, No. 37: DVD Attachment 2007 Single Work Disclose to all
太田 至 太田 至 English-Turkana texts of a case of bridewealth negotiations in northwestern Kenya English-Turkana texts of a case of bridewealth negotiations in northwestern Kenya African Study Monographs, Supplementary Issue, No. 37: 3-26 African Study Monographs, Supplementary Issue, No. 37: 3-26 2007 Single Work Disclose to all
太田 至 太田 至 Marriage and bridewealth negotiations among the Turkana in northwestern Kenya Marriage and bridewealth negotiations among the Turkana in northwestern Kenya African Study Monographs, Supplementary Issue, No. 37: 3-26 African Study Monographs, Supplementary Issue, No. 37: 3-26 2007 Single Work Disclose to all
OHTA Itaru 太田 至 OHTA Itaru Multiple Socio-Economic Relationships Improvised between the Turkana and Refugees in Kakuma Area, Northwestern Kenya. Multiple Socio-Economic Relationships Improvised between the Turkana and Refugees in Kakuma Area, Northwestern Kenya Multiple Socio-Economic Relationships Improvised between the Turkana and Refugees in Kakuma Area, Northwestern Kenya. In (I. Ohta and Y. D. Gebre, eds.) Displacement Risks in Africa, pp. 315-337. Kyoto: Kyoto University Press In (I. Ohta and Y. D. Gebre, eds.) Displacement Risks in Africa, pp. 315-337. Kyoto: Kyoto University Press 2005 English Single Work Disclose to all
OHTA Itaru 太田至 OHTA Itaru Introduction: Displacement in Africa - Conceptual and practical concerns - Introduction: Displacement in Africa - Conceptual and Practical Concerns - . Introduction: Displacement in Africa - Conceptual and practical concerns - In (I. Ohta and Y. D. Gebre, eds.) Displacement Risks in Africa, pp. 1-14. Kyoto: Kyoto University Press In (I. Ohta and Y. D. Gebre, eds.) Displacement Risks in Africa, pp. 1-14. Kyoto: Kyoto University Press. In (I. Ohta and Y. D. Gebre, eds.) Displacement Risks in Africa, pp. 1-14. Kyoto: Kyoto University Press 2005 Japanese Joint Work Disclose to all
太田 至 太田 至 家畜という資源:等価性と外部性を考える端緒として 家畜という資源:等価性と外部性を考える端緒として 文部科学省科学研究費補助金・特定領域研究『資源人類学』総括班(編)『資源の分配と共有に関する人類学的統合領域の構築-象徴系と生態系の連関をとおして(中間成果論集)』資源人類学総括班、pp.324-328 文部科学省科学研究費補助金・特定領域研究『資源人類学』総括班(編)『資源の分配と共有に関する人類学的統合領域の構築-象徴系と生態系の連関をとおして(中間成果論集)』資源人類学総括班、pp.324-328 2004 Single Work Disclose to all
太田 至 太田 至 トゥルカナ社会における婚資の交渉 トゥルカナ社会における婚資の交渉 田中二郎・佐藤俊・菅原和孝・太田至(共編)『遊動民-アフリカに生きる』昭和堂,pp.363-392 田中二郎・佐藤俊・菅原和孝・太田至(共編)『遊動民-アフリカに生きる』昭和堂,pp.363-392 2004 Japanese Disclose to all
太田 至 太田 至 牧畜社会研究のおもしろさ 牧畜社会研究のおもしろさ 田中二郎・佐藤俊・菅原和孝・太田至(共編)『遊動民(ノマッド)−アフリカに生きる』昭和堂、pp.271-288, 田中二郎・佐藤俊・菅原和孝・太田至(共編)『遊動民(ノマッド)−アフリカに生きる』昭和堂、pp.271-288, 2004 Japanese Disclose to all
太田至 太田至 家畜と貨幣―牧畜民トゥルカナ社会における家畜の交換― 家畜と貨幣―牧畜民トゥルカナ社会における家畜の交換― 佐藤俊(編)『遊牧民の世界』京都大学学術出版会、pp. 223-266. 佐藤俊(編)『遊牧民の世界』京都大学学術出版会、pp. 223-266. 2002 Japanese Disclose to all
太田 至 太田 至 「われわれ」意識の乖離と重なり―ナミビアにおけるヒンバとヘレロの民族間関係― 「われわれ」意識の乖離と重なり―ナミビアにおけるヒンバとヘレロの民族間関係― 和田正平(編)『現代アフリカの民族関係』明石書店、pp.164-187., 和田正平(編)『現代アフリカの民族関係』明石書店、pp.164-187., 2001 Japanese Disclose to all
太田 至 太田 至 アフリカの牧畜民社会における開発援助と社会変容 アフリカの牧畜民社会における開発援助と社会変容 高村泰雄・重田真義(共編)『アフリカ農業の諸問題』京都大学学術出版会、pp.287-318., 高村泰雄・重田真義(共編)『アフリカ農業の諸問題』京都大学学術出版会、pp.287-318., 1998 Japanese Disclose to all
太田至 太田至 規則と折衝−トゥルカナにおける家畜の所有をめぐって− 規則と折衝−トゥルカナにおける家畜の所有をめぐって− 田中二郎他(共編)『続・自然社会の人類学』アカデミア出版会、pp. 175-213. 田中二郎他(共編)『続・自然社会の人類学』アカデミア出版会、pp. 175-213. 1996 Japanese Disclose to all
太田至 太田至 続・自然社会の人類学 続・自然社会の人類学 田中二郎、掛谷誠、市川光雄と共編著、アカデミア出版会 441ページ 田中二郎、掛谷誠、市川光雄と共編著、アカデミア出版会 441ページ 1996 Japanese Joint Editor Disclose to all
太田 至 太田 至 家畜の群れ管理における「自然」と「文化の接点 家畜の群れ管理における「自然」と「文化の接点 福井勝義(編)『地球に生きる:自然と人間の芝生』雄山閣、pp.193-223., 福井勝義(編)『地球に生きる:自然と人間の芝生』雄山閣、pp.193-223., 1995 Japanese Disclose to all
太田 至 太田 至 (翻訳)『豚と精霊』 (翻訳)『豚と精霊』 どうぶつ社, どうぶつ社, 1993 Japanese Disclose to all
太田 至 太田 至 トゥルカナの家畜をめぐる病気観 トゥルカナの家畜をめぐる病気観 田中二郎・掛谷誠(共編)『ヒトの自然誌』平凡社、pp.295-321., 田中二郎・掛谷誠(共編)『ヒトの自然誌』平凡社、pp.295-321., 1991 Japanese Disclose to all
太田 至 太田 至 環境の過剰利用が旱魃をひきおこした・砂漠化 環境の過剰利用が旱魃をひきおこした・砂漠化 米山俊直編『アフリカ人間読本』pp. 172-174、河出書房新社 米山俊直編『アフリカ人間読本』pp. 172-174、河出書房新社 1987 Disclose to all
太田 至 太田 至 家畜の「個体性」の認知、およびその意味についての試論 家畜の「個体性」の認知、およびその意味についての試論 和田正平(編)『アフリカ-民族学的研究-』同朋舎、pp. 817-827., 和田正平(編)『アフリカ-民族学的研究-』同朋舎、pp. 817-827., 1987 Japanese Disclose to all
太田 至 太田 至 トゥルカナ族の家畜分類とそれにともなうハズバンドリ-の諸相 トゥルカナ族の家畜分類とそれにともなうハズバンドリ-の諸相 和田正平(編)『アフリカ-民族学的研究-』同朋舎、pp. 731-769., 和田正平(編)『アフリカ-民族学的研究-』同朋舎、pp. 731-769., 1987 Japanese Disclose to all
太田 至 太田 至 牧畜民による家畜群の構造的把握法―北ケニアのトゥルカナ族の事例より― 牧畜民による家畜群の構造的把握法―北ケニアのトゥルカナ族の事例より― 和田正平(編)『アフリカ-民族学的研究-』同朋舎、pp. 771-786., 和田正平(編)『アフリカ-民族学的研究-』同朋舎、pp. 771-786., 1987 Japanese Disclose to all
太田 至 太田 至 人-動物間の相互交渉としての家畜管理―隠岐西ノ島における家畜飼養の事例から― 人-動物間の相互交渉としての家畜管理―隠岐西ノ島における家畜飼養の事例から― 福井勝義・谷泰(共編)『牧畜文化の原像-生態・社会・歴史-』日本放送出版協会、pp. 283-330。, 福井勝義・谷泰(共編)『牧畜文化の原像-生態・社会・歴史-』日本放送出版協会、pp. 283-330。, 1987 Japanese Disclose to all
太田 至 太田 至 家畜の個体名はいかに付与されるか―北ケニアの牧畜民トゥルカナ族の事例より― 家畜の個体名はいかに付与されるか―北ケニアの牧畜民トゥルカナ族の事例より― 和田正平(編)『アフリカ-民族学的研究-』同朋舎、pp. 787-816., 和田正平(編)『アフリカ-民族学的研究-』同朋舎、pp. 787-816., 1987 Japanese Disclose to all
太田 至 太田 至 トゥルカナ族の互酬性-ベッキング(物乞い)の場面の分析から- トゥルカナ族の互酬性-ベッキング(物乞い)の場面の分析から- 伊谷純一郎・田中二郎編『自然社会の人類学』アカデミア出版会、pp. 181-215., 伊谷純一郎・田中二郎編『自然社会の人類学』アカデミア出版会、pp. 181-215., 1986 Japanese Disclose to all
OHTA Itaru OHTA Itaru Property unit and nomadic unit of the Turkana Property unit and nomadic unit of the Turkana Property unit and nomadic unit of the Turkana In (J. Tanaka, ed.), A Study of Ecological Anthropology on Pastoral and Agrico-Pastoral Peoples in Northern Kenya, pp. 55-77, Kyoto University Primate Research Institute, Inuyama In (J. Tanaka, ed.), A Study of Ecological Anthropology on Pastoral and Agrico-Pastoral Peoples in Northern Kenya, pp. 55-77, Kyoto University Primate Research Institute, Inuyama In (J. Tanaka, ed.), A Study of Ecological Anthropology on Pastoral and Agrico-Pastoral Peoples in Northern Kenya, pp. 55-77, Kyoto University Primate Research Institute, Inuyama 1980 Single Work Disclose to all
OHTA Itaru OHTA Itaru Displacement Risks in Africa: Refugees, Resettlers and Their Host Population. Displacement Risks in Africa: Refugees, Resettlers and Their Host Population. Kyoto: Kyoto University Press., Kyoto: Kyoto University Press., 2005 English Joint Editor Disclose to all
OHTA Itaru OHTA Itaru Coexisting with Cultural 'Others': Social Relationships between the Turkana and the Reugees at Kakuma, Northwest Kenya. Coexisting with Cultural 'Others': Social Relationships between the Turkana and the Reugees at Kakuma, Northwest Kenya. In (K. Ikeya and E. Fratkin, eds.) Pastoralists and Their Neighbors in Asia and Africa, pp. 227-239. Senri Ethnological Studies, No. 69 In (K. Ikeya and E. Fratkin, eds.) Pastoralists and Their Neighbors in Asia and Africa, pp. 227-239. Senri Ethnological Studies, No. 69 2005 English Disclose to all
OHTA Itaru OHTA Itaru Drought and Mureti's Grave: The 'We/Us' Boundaries between Kaokolanders and the People of Okakarara Area in the Early 1980's. Drought and Mureti's Grave: The 'We/Us' Boundaries between Kaokolanders and the People of Okakarara Area in the Early 1980's. In (M. Bollig and J. Gewald, eds) People, Cattle and Land: Transformations of a Pastoral Society in Southwestern Africa. Rudiger Koppe Verlag, Cologne, pp. 299-317., In (M. Bollig and J. Gewald, eds) People, Cattle and Land: Transformations of a Pastoral Society in Southwestern Africa. Rudiger Koppe Verlag, Cologne, pp. 299-317., 2000 English Single Work Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
External funds, competitive funds and Grants-in-Aid for Scientific Research(kaken)
Type Position Title(Japanese) Title(English) Period
基盤研究(A) Representative 変容するアフリカ牧畜社会の問題解決にみる内在的論理の人類学的研究 Anthropological studies on the inherent logic among African pastoral societies 1997/04/-2000/03/
基盤研究(A) Representative アフリカ牧畜社会におけるローカル・プラクティスの復権/活用による開発研究の新地平 Utilization of local practices in the development of pastoral societies in Africa 2007/04/-2011/03/
基盤研究(S) Representative アフリカの潜在力を活用した紛争解決と共生の実現に関する総合的地域研究 Conflict Resolution and Coexistence through Reassessment and Utilization of “African Potentials” 2011/04/-2016/03/
基盤研究 (C) Representative 多国籍企業の石油開発がケニア地元民に与える不利益に関する研究:土地収奪と地域紛争 Negative impacts of oil industry on local Turkana society in Kenya 2016/04/01-2019/03/31
Non-external, competitive funds or grants other than grants-in-aid for Scientific research (kaken)
System Main person Title(Japanese) Title(English) Period
トヨタ財団 太田至 難民と地域住民の共存をめざして-ケニア共和国の経験からの提言- In pursuit of refugees’ coexistence with local people and environments: A proposal from experiences of Republic of Kenya 2001/11/-2003/10/
Other research activities
Title Location Misc Period
「ケニア北部乾燥地域における遊牧民、農牧民の生態人類学的研究」 ケニア共和国 フィールドワーク 1978-1979
「熱帯アフリカにおける比較生態人類学的研究」 ケニア共和国 フィールドワーク 1980-1981
NHK番組製作「アフリカの旱魃と飢餓」 ケニア共和国 現地撮影への協力 1981-1981
「乾燥帯アフリカにおけるヒトの行動と適応に関する研究」 ケニア共和国 フィールドワーク 1982-1983
日本学術振興会海外地域研究センター派遣研究員 ケニア共和国 フィールドワーク 1986-1987
「北ケニア牧畜民の社会・生態学的適応機構に関する比較研究」 ケニア共和国 フィールドワーク 1991/05-1991/06/
「東アフリカ農牧民社会の近代化と社会変容に関する人類学的研究」 ケニア共和国 フィールドワーク 1992/05/-1991/07/
「東アフリカ北部における生業牧畜と地域商業網に関する人類学的研究」 ケニア共和国 フィールドワーク 1993/07/-1993/12/
「北ケニア牧畜民の『近代化』にともなう社会変容の人類学的研究」 ケニア共和国、ナミビア共和国 フィールドワーク 1994/09/-1994/11/
「北ケニア牧畜民の『近代化』にともなう社会変容の人類学的研究」 ケニア共和国、ナミビア共和国 フィールドワーク 1995/09/-1995/10/
「カラハリ砂漠とその植生移行帯における民族多様性に関する生態人類学的研究」 ケニア共和国 フィールドワーク 1996/03/-1996/06/
「カラハリ砂漠とその植生移行帯における民族多様性に関する生態人類学的研究」 ナミビア共和国、南アフリカ共和国 フィールドワーク 1997/08/-1997/12/
「カラハリ砂漠とその植生移行帯における民族多様性に関する生態人類学的研究」 ナミビア、南アフリカ フィールドワーク 1998/11/-1998/12/
「変容するアフリカ牧畜社会の問題解決に見る内在的論理の人類学的研究」 ケニア共和国、ナミビア共和国 フィールドワーク 1997-1997
放送大学「HUMAN:その起源をさぐる」 ケニア共和国、ウガンダ共和国 現地撮影への協力 2000/08/-2000/08/
「変容するアフリカ牧畜社会の問題解決に見る内在的論理の人類学的研究」 ナミビア共和国 フィールドワーク 2000/10/-2000/12/
「変容するアフリカ牧畜社会の問題解決に見る内在的論理の人類学的研究」 ケニア共和国 フィールドワーク 2001/02/-2001/03/
放送大学「HUMAN:その紀元をさぐる」 ケニア共和国 現地撮影と番組製作 2001/08/-2001/09/
「アフリカの農村貧困問題に関する社会経済史的研究」 ケニア共和国、ウガンダ共和国 フィールドワーク 2002/07/-2002/09/
「東アフリカ遊牧社会の変化と生態的持続性に関する人類学的研究」 ケニア共和国 フィールドワーク 2004/06/-2004/06/
「アジア・アフリカにおける地域編成 - 原型・変容・転成 -」 エチオピア連邦民主共和国 フィールドワーク 2003/02/-2003/03/
「アフリカの農村貧困問題に関する社会経済史的研究」 ケニア共和国 フィールドワーク 2003/07/-2003/09/
「難民と地域住民の共存をめざして-ケニア共和国からの提言-」 スイス、ケニア、イギリス フィールドワーク 2004/07/-2004/09/9
「世界を先導する総合的地域研究拠点の形成」 ケニア、エチオピア フィールドワーク 2005/03/-2005/03/
「難民と地域住民の共存をめざして-ケニア共和国からの提言-」 ケニア共和国 フィールドワーク 2005/08/-2005/09/
「アフリカ型生業システムの環境保全機能に関する地域研究 エチオピア連邦民主共和国 フィールドワーク 2006/11/-2006/11/
「世界を先導する総合的地域研究拠点の形成」 ケニア共和国 フィールドワーク 2007/07/-2007/10/
「海外学術調査・フィールドワークの手法に関する総合調査研究」 ケニア共和国 フィールドワーク 2008/09/-2008/09/
「スーダンにおける戦後復興と平和構築の研究」 ケニア、スーダン フィールドワーク 2008/02/-2008/02/
「世界を先導する総合的地域研究拠点の形成」 ケニア共和国 フィールドワーク 2009/08/-2009/08/
「アフリカ牧畜社会におけるローカル・プラクティスの復権/活用による開発研究の新地平」 ケニア共和国、ウガンダ共和国 フィールドワーク 2010/08/-2010/09/
「アフリカ牧畜社会におけるローカル・プラクティスの復権/活用による開発研究の新地平」 ケニア共和国 フィールドワーク 2008-2008
「地域研究のためのフィールド活用型現地語教育」 ケニア共和国 現地教育 1998/08/-1998/09/
「アフリカ牧畜社会におけるローカル・プラクティスの復権/活用による開発研究の新地平」 ケニア共和国 フィールドワーク 1999/02/-1999/03/
放送大学「HUMAN:その起源をさぐる」 ケニア共和国 フィールドワーク 2010-2010
「アフリカ牧畜社会におけるローカル・プラクティスの復権/活用による開発研究の新地平」 ケニア共和国 フィールドワーク 2010/12/-2011/01/
「アフリカの潜在力を活用した紛争解決と共生の実現に関する総合的地域研究」 ケニア共和国 フィールドワーク 2011/08/-2011/09/
「アフリカの潜在力を活用した紛争解決と共生の実現に関する総合的地域研究」 ケニア フィールドワーク 2012/02/-2012/03/
「アフリカの潜在力を活用した紛争解決と共生の実現に関する総合的地域研究」 ケニア、ウガンダ、ジンバブウェ フィールドワーク 2012/08/-2012/09/
「アフリカの潜在力を活用した紛争解決と共生の実現に関する総合的地域研究」 ジンバブウェ 国際会議、フィールドワーク 2012/11/-2012/12/
「アフリカの潜在力を活用した紛争解決と共生の実現に関する総合的地域研究」 ケニア フィールドワーク 2013/02/-2013/02/
「アフリカの潜在力を活用した紛争解決と共生の実現に関する総合的地域研究」 ケニア、南スーダン フィールドワーク 2013/08/-2013/09/
「アフリカの潜在力を活用した紛争解決と共生の実現に関する総合的地域研究」 南スーダン 国際会議、フィールドワーク 2013/12/-2013/12/
独立行政法人国際協力機構「アフリカの角干ばつ対応事業」 ケニア 現地視察 2014/02/-2014/03/
「アフリカの潜在力を活用した紛争解決と共生の実現に関する総合的地域研究」 ウガンダ、ケニア、南アフリカ フィードワーク 2014/08/-2014/09/
「アフリカの潜在力を活用した紛争解決と共生の実現に関する総合的地域研究」 カメルーン 国際会議、フィールドワーク 2014/11/-2014/12/
「アフリカの潜在力を活用した紛争解決と共生の実現に関する総合的地域研究」 ケニア フィールドワーク 2015/08/-2015/08/
「アフリカの潜在力を活用した紛争解決と共生の実現に関する総合的地域研究」 エチオピア 国際会議、フィールドワーク 2015/10/-2015/11/
「多国籍企業の石油開発がケニア地元民に与える不利益に関する研究:土地収奪と地域紛争」 ケニア フィールドワーク 2016/08/-2016/08/
「「アフリカ潜在力」と現代世界の困難の克服:人類の未来を展望する総合的地域研究」 ウガンダ 国際会議 2016/12/-2016/12/
多国籍企業の石油開発がケニア地元民に与える不利益に関する研究:土地収奪と地域紛争 ケニア フィールドワーク -

  • <<
  • >>
Teaching subject(s)
Name(Japanese) Name(English) Term Department Period
社会動態論1 -
地域動態論研究演習1,2,3,4 -
アフリカ論課題研究1,2,3 -
生態人類学基礎論 -
生態人類学基礎論(A群) An Introduction to Ecological Anthropology 前期 全学共通科目 2011/04-2012/03
生態人類学基礎論(B群) An Introduction to Ecological Anthropology 前期 全学共通科目 2011/04-2012/03
社会動態論Ⅰ 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2011/04-2012/03
アフリカ地域研究ゼミナール(A群) Seminar on African Area Studies 前期 全学共通科目 2011/04-2012/03
アフリカ地域研究ゼミナール(A群) Seminar on African Area Studies 前期 全学共通科目 2012/04-2013/03
社会動態論Ⅰ Social and Cultural Dynamics I 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2012/04-2013/03
地域動態論研究演習Ⅰ Research Seminar on Historical Ecology I 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2013/04-2014/03
地域動態論研究演習Ⅱ Research Seminar on Historical Ecology II 後期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2013/04-2014/03
地域動態論研究演習Ⅲ Research Seminar on Historical Ecology III 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2013/04-2014/03
地域動態論研究演習Ⅳ Research Seminar on Historical Ecology IV 後期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2013/04-2014/03
アフリカ地域研究ゼミナール Seminar on African Area Studies 前期 全学共通科目 2013/04-2014/03
社会動態論Ⅰ Social and Cultural Dynamics I 後期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2014/04-2015/03
地域動態論研究演習Ⅰ Research Seminar on Historical Ecology I 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2014/04-2015/03
地域動態論研究演習Ⅱ Research Seminar on Historical Ecology II 後期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2014/04-2015/03
地域動態論研究演習Ⅲ Research Seminar on Historical Ecology III 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2014/04-2015/03
地域動態論研究演習Ⅳ Research Seminar on Historical Ecology IV 後期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2014/04-2015/03
生態人類学 Ecological Anthropology 前期 全学共通科目 2014/04-2015/03
アフリカ地域研究ゼミナール Seminar on African Area Studies 前期 全学共通科目 2014/04-2015/03
地域動態論研究演習Ⅲ Research Seminar on Historical Ecology III 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2015/04-2016/03
地域動態論研究演習Ⅱ Research Seminar on Historical Ecology II 後期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2015/04-2016/03
地域動態論研究演習Ⅳ Research Seminar on Historical Ecology IV 後期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2015/04-2016/03
地域動態論研究演習Ⅰ Research Seminar on Historical Ecology I 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2015/04-2016/03
アフリカ地域研究ゼミナール Seminar on African Area Studies 前期 全学共通科目 2015/04-2016/03
生態人類学 Ecological Anthropology 前期 全学共通科目 2015/04-2016/03
社会動態論Ⅰ Social and Cultural Dynamics I 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2015/04-2016/03
地域動態論研究演習Ⅲ Research Seminar on Historical Ecology III 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2016/04-2017/03
地域動態論研究演習Ⅱ Research Seminar on Historical Ecology II 後期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2016/04-2017/03
地域動態論研究演習Ⅳ Research Seminar on Historical Ecology IV 後期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2016/04-2017/03
地域動態論研究演習Ⅰ Research Seminar on Historical Ecology I 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2016/04-2017/03
社会動態論Ⅰ Social and Cultural Dynamics I 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2016/04-2017/03
地域動態論研究演習Ⅲ Research Seminar on Historical Ecology III 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2017/04-2018/03
地域動態論研究演習Ⅱ Research Seminar on Historical Ecology II 後期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2017/04-2018/03
地域動態論研究演習Ⅳ Research Seminar on Historical Ecology IV 後期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2017/04-2018/03
地域動態論研究演習Ⅰ Research Seminar on Historical Ecology I 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2017/04-2018/03
地域研究概論:アフリカ Introduction to Area Studies: Africa 前期 全学共通科目 2017/04-2018/03
社会動態論Ⅰ Social and Cultural Dynamics I 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2017/04-2018/03
地域潜在力論 African Potentials 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2018/04-2019/03
地域研究概論:アフリカ Introduction to Area Studies: Africa 前期 全学共通科目 2018/04-2019/03

  • <<
  • >>
Participation to Ph.D Defense
Acquirer Title Position Date
山口 哲由 中国雲南省の山地環境におけるチベット人の農牧複合と移動牧畜に関する研究 Sub 2006/03/23
風戸 真理 モンゴル国牧畜地域における政治経済変化と遊動的牧畜:社会主義から市場経済への移行のなかで Sub 2006/11/24
中村 香子 ケニア・サンブル社会における年齢体系の変容動態に関する研究   -青年期にみられる集団性とその個人化に注目してー Chief 2008/03/24
加藤 太 氾濫原における土地利用の多元性と在来稲作の展開  ータンザニア、キロンベロ谷の事例ー Sub 2008/03/24
岡本 雅博 ザンベジ川上流域の氾濫原における生業複合の可塑性と持続性  -西部ザンビアのロジ社会を事例としてー Sub 2008/03/24
丸山 淳子 ポスト狩猟採集社会への移行に関する研究 -ボツワナにおけるサンの再定住と社会関係の再編ー Sub 2008/03/24
アサンテ ベル Community Engagement in Cultural Heritage Management: Case Studies of Museums in Harar and Addis Ababa, Ethiopia (地域住民による文化遺産管理の取り組み-エチオピアのハラールとアジスアベバにおける博物館活動の事例-) Sub 2008/03/24
内藤 直樹 北ケニア牧畜民アリアールの開発・移動性・アイデンティティに関する民族誌的研究 Chief 2009/03/23
佐藤 靖明 アフリカ農耕民の生活世界の編成に関する研究-ウガンダ中央部ガンダにおけるバナナのエスノサイエンス- Sub 2009/03/23
佐川 徹 東アフリカ牧畜社会における戦争と平和の動態-エチオピア西南部ダサネッチの民族間関係- Chief 2009/03/23
村尾 るみこ 紛争国周辺地域(ザンビア西部州)の農村における生計維持の動態 Sub 2009/09/24
川瀬 慈 アフリカにおける創発的な映像表象の地域研究 Sub 2010/03/23
坂井 紀公子 ケニアの地方都市マチャコスにおける女性商人の営業実践に関する研究-公設マーケットの整備と農産物流通に注目して- Chief 2010/03/23
神田 靖範 タンザニア半乾燥地における農耕体系の変容と開発実践-ボジ県ウソチェ村での水田稲作の拡大をめぐって- Sub 2010/09/24
白石 壮一郎 東アフリカ農村社会における農業の商業化と共同性の再構築に関する人類学的研究 -ウガンダ、サビニ社会の事例- Sub 2011/03/23
ムトゥア チャールズ ムシオキ Human-Wildlife Conflict in Kenya: Crop Raiding by Elephants and Other Wildlife in Mahiga 'B' Village of Nyeri District (ケニヤにおける野生動物保護と住民生活の軋轢:ニエリ県マヒガ村におけ象などの野生動物による農作物被害) Chief 2007/03/23
宮脇 幸生 辺境の構築   一エチオピア国家支配に抗する少数民族 ホールの生存戦略 一 Sub 2006/03/23
湖中 真哉 牧畜社会における生業経済と市場経済の併存的複合化に関する研究                 -ケニア中北部のサンブル社会を事例として- Chief 2006/03/23
Dilu SHALEKA Teshome Projecting Continuity, Embracing Diversity: The Experience of Religious Change by Sidama People of Ethiopia(連続性を見据え多様性を受け入れる人びと ―エチオピア・シダマ人による宗教的変化の経験―) Sub 2012/03/26
山本 佳奈 季節湿地における土地利用の変容と住民の対立 ―タンザニア・ボジ高原の事例― Sub 2012/03/26
久田 信一郎 エチオピア農村におけるP3DM(参加型立体地形モデル手法)による実践的地域研究 ―空間情報を活用したインターフェイス開発の試み― Sub 2012/03/26
波佐間 逸博 北東ウガンダ東ナイロート社会における牧畜家畜と人間の共生的関係に関する研究 A Study on the Livestock-Human Co-living among the Eastern Nilotes in Northeastern Uganda Chief 2013/03/25
大門 碧 アフリカ現代都市のショー・パフォーマンスにおける若者たちの社会関係_x000d_―出会いの場としてのウガンダ・カンパラの「カリオキ」― Chief 2013/07/23
田中 利和 アフリカ在来犂農耕の地域研究 ―エチオピア中央高原に暮らすオロモの人びとによる牛耕の潜在力― Sub 2014/03/24
泉 直亮 土地を求めて移住した農牧民の社会・経済変容と地元住民との共存に関する研究―タンザニア・ルクワ湖畔におけるスクマの事例― Chief 2014/11/25
Samuel Tefera Alemu Re-harmonizing the Changes in Livestock Mobility, Land Use and Sedentarization in Hamer, Southwestern Ethiopia(エチオピア西南部ハマルにおける家畜の移動性、土地利用、定住化に関する変化の再調和) Sub 2015/03/23
山根 裕美 ケニア、ナイロビ国立公園とその周辺に生息する野生ヒョウの保全生態学 Sub 2015/09/24
シ ゲンギン Co-shaping the Image of China:Social Interactions at China Shops in Botswana(中国イメージの共同構築-ボツワナのチャイナショップにおける社会的インタラクション-) Sub 2016/03/23
田 暁潔 Regeneration of Ethno-biological Knowledge in Children's Daily Practices: With Special Focus on Pastoral Maasai in Southern Kenya(子どもの日常実践における民族生物学的知識の生成-ケニア南部に住む牧畜民マサイの事例から-) Chief 2017/03/23
原 将也 ザンビア北西部の多民族農村における移住と生業からみた社会関係の連鎖 Sub 2017/09/25
楠 和樹 ケニア北部乾燥地域における家畜の国家統制と牧畜民の統治-植民地期から現在まで- Chief 2018/03/26

  • <<
  • >>
Participation to Ph.D Defense outside KU
Acquirer Title University Country Position Date
目黒紀夫 「『コミュニティ主体の保全』を通じた地元住民と野生動物の共存可能性:ケニア南部アンボセリ生態系に暮らすマサイの事例から」 東京大学 日本 Sub 2011/07/
Awards won by your students
Student name Award title Giver Date
佐川徹 日本ナイル・エチオピア学会研究奨励賞 日本ナイル・エチオピア学会 2011/03/
School management (title, position)
Title Period
吉田キャンパス整備専門委員会委員会 委員 2008/04/01-2010/03/31
大学評価委員会 委員 2009/04/01-2010/03/31
大学評価委員会 点検・評価実行委員会 委員 2009/10/01-2010/03/31
教育制度委員会 委員 2014/04/01-2016/03/31
教育研究評議会 評議員 2014/04/01-2016/03/31
点検・評価実行委員会 委員 2014/04/01-2015/03/31
大学評価委員会点検・評価実行委員会 委員 2014/04/01-
教育制度委員会:教務情報システム検討WG 委員 2014/04/01-2015/03/31
教育制度委員会WG1 委員 2014/04/01-2015/03/31
教育制度委員会WG2 委員 2015/04/01-2016/03/31
教育研究評議会 評議員 2014/04/01-2018/03/31
部局長会議 2016/04/01-2018/03/31
研究科長部会 2016/04/01-2018/03/31
基金運営委員会 委員 2016/04/01-2016/09/30
アジア・アフリカ地域研究研究科 研究科長 2016/04/01-2018/03/31
大学評価委員会点検・評価実行委員会 委員 2014/04/01-2016/03/31
国際展開委員会 委員 2016/04/01-2016/09/30
全学情報セキュリティ委員会 委員 2016/04/01-2018/03/31
博士課程教育リーディングプログラム運営会議 委員 2016/04/01-2018/03/31
京都大学研究公正委員会 委員 2016/04/01-
国際展開委員会 委員 2016/10/01-2018/03/31
京都大学情報環境整備委員会 委員 2016/04/01-2018/03/31
基金運営委員会 委員 2016/10/01-2018/09/30
施設整備委員会 2号委員 2017/04/01-2018/03/31
アフリカ地域研究資料センター センター長 2008/04/01-2010/03/31
研究公正委員会 委員 2016/04/01-2018/03/31
国際高等教育院 大学院共通・横断教育基盤協議会 協議員 2017/04/01-2018/03/31
教育研究評議会 評議員 2016/04/01-2018/03/31

  • <<
  • >>