中川 尚史

Last Update: 2018/06/27 18:44:12

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
中川 尚史/ナカガワ ナオフミ/Naofumi Nakagawa
Primary department(Org1/Job title)
Graduate Schools Science/Professor
Faculty
Org1 Job title
理学部
Contact address
Type Address(Japanese) Address(English)
Office 〒606-8502 京都市左京区北白川追分町 Kitashirakawa-Oiwakecho, Sakyo-ku, Kyoto, Kyoto 606-8502 Japan
Phone
Type Number
Office 075-753-4084
E-mail address
E-mail address
nakagawa @ jinrui.zool.kyoto-u.ac.jp
Affiliated academic organization(s) (Japanese)
Organization name(Japanese) Organization name(English)
日本霊長類学会 Primate Society of Japan
日本動物行動学会 Japan Ethological Society
日本生態学会 The Ecological Soeicty of Japan
日本アフリカ学会 Japan Association of African Studies
日本人類学会・進化人類学分科会 The Anthropological Society of Nippon, Subcommittee meeting of Evolutional Anthropology
日本哺乳類学会 The Mammal Society of Japan
Affiliated academic organization(s) (overseas)
Organization name Country
The International Primatological Society 国際霊長類学会
Academic degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
理学修士 京都大学
理学博士 京都大学
Graduate school
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(Japanese) Major(English) Degree
京都大学 大学院理学研究科博士後期課程霊長類学専攻 修了
京都大学 大学院理学研究科修士課程動物学専攻 修了
University
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(s)(Japanese) Major(s)(English) Degree
京都大学 農学部畜産学科 卒業
Highschool
Highschool Kana
大阪府立豊中高等学校 おおさかふりつとよなかこうとうがっこう
Work Experience
Period Organization(Japanese) Organization(English) Job title(Japanese) Job title(English)
1989/04/01-1991/03/31 日本学術振興会 Japan Society for the Promotion of Science 特別研究員 (PD) Postdoctoral Fellow
1991/04/01-1996/03/31 シオン短期大学 Shion Junior College 助教授 Associate Professor
1997/04/01-2004/10/31 神戸市看護大学 Kobe City College of Nursing 助教授 Associate Professor
2004/11/01-2007/03/31 京都大学 Kyoto University 助教授 Associate Professor
2007/04/01-2015/07/31 京都大学 Kyoto University 准教授 Associate Professor
2015/08/01- 京都大学 Kyoto University 教授 Professor
Personal Profile
(Japanese)
私はもちろんわれわれ人類進化論研究室では、教員が研究課題を授けることはない。それぞれの学生が個々の関心に基づいて自由に課題を選び、研究をするというスタイルを貫いている。そして、課題を決めるにあたっては、先行研究を調べることも大切だが、まずは実際にフィールドで対象とする霊長類を観察してみることを勧めている。現場で課題を発見する、これがフィールドワークの醍醐味であるからだ。自ら課題を発見できた時の感動をぜひ味わってもらいたいし、そうすることで研究者としての自信にもつながっていく。もちろん修士課程に入ったばかりの学生が少し観察したくらいで、独創性、新奇性の高い課題を発見できるほど、研究は甘いものではない。そこで重要になってくるのが、教員含め研究室仲間とのコミュニケーションである。毎週金曜日午後に開催しているゼミは、今の時代絶滅危惧種とも言える長時間ゼミである。発表者は思いのたけを時間をかけて話し、その後質疑応答、議論を延々と繰り返す。議論は、さらにゼミ後必ず開かれる宴会に持ち越されることになる。こうした過程を経て、徐々に課題が洗練されていくのである。
(English)
The teaching staffs, including I, of our "Laboratoty of Human Evolution Studies" never provide research theme with our students. Each of our students freely choose the theme on a basis of their own interests and complete thier studies. At the time of deciding the theme, we recomend them to go to the field to observe the monkeys/apes first although it is important to survey the previous papers. I believed it to be real thrill for the field work that they find out thier own original theme in the field. I would like you to feel such kind of moment of inspriration. This experience would offer you true confidence as an independent researcher.
Personal website address
URL
http://jinrui.zool.kyoto-u.ac.jp/nakagawa/
Research Topics
(Japanese)
霊長類を対象とした採食生態学、社会生態学、行動生態学的研究
(English)
Feeding ecological, socio-ecological, behavioral ecologocal studies on non-human primates
Overview of your research
(Japanese)
採食速度(時間当たりの採食量、摂取エネルギー・栄養量)を独自のツールとして、主にニホンザルの採食生態、パタスモンキーとサバンナモンキーの比較採食生態学的研究を行ってきた。その後、これまで培ってきた素養をベースに生態学的要因が霊長類の社会に及ぼす影響を探る社会生態学的研究に研究関心がシフトし、現在では、他大学を含めた多くの研究者と一緒にニホンザル種内の性行動、社会行動の種内変異を、環境や遺伝子との関連で調べる研究プロジェクトを進行中である。具体的には、抱擁行動の有無、ならびに抱擁の型の地域変異を環境でも遺伝子でも説明できない文化的変異と解釈する一方で、1回の交尾に要するマウンティングの回数や時間長の地域変異が環境適応で説明できること、社会の持つ寛容性の地域変異が攻撃性と関わる遺伝子と関連があることが分かりつつある。また、ヒト属の進化の舞台であったアフリカのサバンナに住むパタスモンキーの生態研究から当時の人類に起こった幾つかの事象を探ったり、文献調査によりヒトの父系社会の系譜を探る試みも並行して行っている。
(English)
I have studied mainly on feeding ecology of Japanese macaques and comparative feeding ecology of patas monkyes and savannah monkeys, using feeding rate (i.e., food intake, and/or intake of energy/nutients per unit time) as an original research tool. Then, my research interest have shifted into socio-ecological studies. At present, I team up with many researchers including those belonging to other universities/institutions, and go on research project to examine intraspecific variation of sexual and social behaviours in Japanese macaques with special reference to environment and genes. I also look into several phenomena which occured during the course of human evolution on a basis of ecological view point of patas monkeys adapted to savannah environment and evolutional history of patrilineal society in modern human beings by literature survey.
Fields of research (key words)
Key words(Japanese) Key words(English)
霊長類 Non-human primates
採食生態 feeding ecology
社会生態学 socio-ecology
文化的行動 cultural behavior
交尾行動 Mating behavior
Fields of research (kaken code)
Kaken code
Anthropology
Ecology/environment
Published Papers
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
中川尚史 中川尚史 新版『霊長類研究』の研究 新版『霊長類研究』の研究 霊長類研究, 33, 2, 59-68 霊長類研究, 33, 2, 59-68 , 33, 2, 59-68 2017/12 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
中川尚史 中川尚史 書評『サルってさいこう!』(オーウェン・デイビー作,越智典子訳) 書評『サルってさいこう!』(オーウェン・デイビー作,越智典子訳) 霊長類研究, 33, 2, 106-107 霊長類研究, 33, 2, 106-107 , 33, 2, 106-107 2017/12 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
『霊長類研究』第14期編集委員会 『霊長類研究』第14期編集委員会 『霊長類研究』の今後について 『霊長類研究』の今後について 霊長類研究, 33, 1, 43-44 霊長類研究, 33, 1, 43-44 , 33, 1, 43-44 2017/06 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
中川尚史 中川尚史 “ふつう”のサルとヒトの平行進化―類人猿からは見えてこない人類進化論 “ふつう”のサルとヒトの平行進化―類人猿からは見えてこない人類進化論 現代思想, 44, 63-75 現代思想, 44, 63-75 , 44, 63-75 2016/12 Japanese Research paper(research society, symposium materials, etc.) Disclose to all
中川尚史 中川尚史 書評『ニホンカモシカ―行動と生態』(落合啓二著) 書評『ニホンカモシカ―行動と生態』(落合啓二著) 霊長類研究, 32, 2, 73-75 霊長類研究, 32, 2, 73-75 , 32, 2, 73-75 2016/12 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
中川尚史 中川尚史 書評『野生動物管理のためのフィールド調査法―哺乳類の痕跡判定からデータ解析まで』(關義和・江成広斗・小寺祐二・辻大和編) 書評『野生動物管理のためのフィールド調査法―哺乳類の痕跡判定からデータ解析まで』(關義和・江成広斗・小寺祐二・辻大和編) 霊長類研究, 31, 1, 75-78 霊長類研究, 31, 1, 75-78 , 31, 1, 75-78 2015/06 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
Nakagawa N, Matsubara M, Shimooka Y, Nishikawa M. 中川尚史, 松原幹, 下岡ゆき子, 西川真理 Nakagawa N, Matsubara M, Shimooka Y, Nishikawa M. Reply. Reply. Reply. Current Anthropology, 56, 117-118 Current Anthropology, 56, 117-118 Current Anthropology, 56, 117-118 2015 Refereed English Research paper(scientific journal) Disclose to all
中川尚史 中川尚史 霊長類の社会構造の種内多様性 (特集 霊長類野外研究の現在) 霊長類の社会構造の種内多様性 (特集 霊長類野外研究の現在) 生物科学, 64, 2, 105-113 生物科学, 64, 2, 105-113 , 64, 2, 105-113 2013/02 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
中川尚史,中道正之,山田一憲 中川尚史,中道正之,山田一憲 ニホンザルにおける稀にしか見られない行動に関するアンケート調査結果報告 ニホンザルにおける稀にしか見られない行動に関するアンケート調査結果報告 霊長類研究, 27, 2, 111-125 霊長類研究, 27, 2, 111-125 , 27, 2, 111-125 2011/12 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
中川尚史 中川尚史 霊長類学から見た人間性―類人猿中心主義批判― 霊長類学から見た人間性―類人猿中心主義批判― 人文科学研究センター年報, 2, 154-160 人文科学研究センター年報, 2, 154-160 , 2, 154-160 2011/08 Japanese Research paper(bulletin of university, research institution) Disclose to all
中道正之, 山田一憲, 中川尚史 中道正之, 山田一憲, 中川尚史 ニホンザルの稀な行動に関する情報の交換と集約 ニホンザルの稀な行動に関する情報の交換と集約 霊長類研究 = Primate research, 25, 1, 15-20 霊長類研究 = Primate research, 25, 1, 15-20 , 25, 1, 15-20 2009/06 Refereed Japanese Disclose to all
中川尚史 中川尚史 書評『日本の哺乳類学②中大型哺乳類・霊長類』(高槻成紀・山極寿一編)49:186-188 書評『日本の哺乳類学②中大型哺乳類・霊長類』(高槻成紀・山極寿一編)49:186-188 2009 Refereed Disclose to all
中川尚史 中川尚史 書評『日本の哺乳類学②中大型哺乳類・霊長類』(高槻成紀・山極寿一編)25:24-27 書評『日本の哺乳類学②中大型哺乳類・霊長類』(高槻成紀・山極寿一編)25:24-27 哺乳類科学 哺乳類科学 2009 Refereed Japanese Disclose to all
中川尚史 中川尚史 リプライ リプライ 霊長類研究, 24, 2, 144-147 霊長類研究, 24, 2, 144-147 , 24, 2, 144-147 2008/12 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
中川尚史 中川尚史 ニホンザルのオス・メス間の友達関係は何のため : 社会生態学の有効性と限界 ニホンザルのオス・メス間の友達関係は何のため : 社会生態学の有効性と限界 霊長類研究, 24, 2, 91-107 霊長類研究, 24, 2, 91-107 , 24, 2, 91-107 2008/12 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
中川尚史 中川尚史 『霊長類研究』の存在意義と和文総説執筆の奨め 『霊長類研究』の存在意義と和文総説執筆の奨め 霊長類研究, 19, 3, 265-269 霊長類研究, 19, 3, 265-269 , 19, 3, 265-269 2003/12 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
中川 尚史, 岡本暁子 中川 尚史, 岡本暁子 ヴァン・シャイックの社会生態学モデル : 積み重ねてきたものと積み残されてきたもの ヴァン・シャイックの社会生態学モデル : 積み重ねてきたものと積み残されてきたもの 霊長類研究, 19, 3, 243-264 霊長類研究, 19, 3, 243-264 , 19, 3, 243-264 2003/12 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
髭 夏代, 工藤 史穂, 中川 尚史 髭 夏代, 工藤 史穂, 中川 尚史 飼育下チンパンジーの挨拶行動:親密度と離別時間の影響 飼育下チンパンジーの挨拶行動:親密度と離別時間の影響 霊長類研究, 19, 2, 157-164 霊長類研究, 19, 2, 157-164 , 19, 2, 157-164 2003/09 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
安積陽子, 松森直美, 安達久美子,中川尚史,高田昌代, 蝦名美智子, 竹田丈子, 沖吉みどり, 梶浦とよ子 安積陽子, 松森直美, 安達久美子,中川尚史,高田昌代, 蝦名美智子, 竹田丈子, 沖吉みどり, 梶浦とよ子 本学における乳児を持つ母親に対する「赤ちゃんマッサージ講習会」の実践報告 本学における乳児を持つ母親に対する「赤ちゃんマッサージ講習会」の実践報告 神戸市看護大学紀要, 7, 39-44 神戸市看護大学紀要, 7, 39-44 , 7, 39-44 2003 Japanese Research paper(bulletin of university, research institution) Disclose to all
中川尚史 中川尚史 一通のお手紙を通じた交わりー伊谷純一郎先生への追悼文に代えて- 一通のお手紙を通じた交わりー伊谷純一郎先生への追悼文に代えて- 人間文化, 17, 135-138 人間文化, 17, 135-138 , 17, 135-138 2002/12 Japanese Research paper(bulletin of university, research institution) Disclose to all
中川尚史 中川尚史 書評『動物の「食」に学ぶ』(西田利貞著) 書評『動物の「食」に学ぶ』(西田利貞著) 生物科学, 54, 1, 57-57 生物科学, 54, 1, 57-57 , 54, 1, 57-57 2002 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
中川尚史 中川尚史 霊長類の食物選択 : 究極要因と至近要因 霊長類の食物選択 : 究極要因と至近要因 日本味と匂学会誌, 8, 1, 19-24 日本味と匂学会誌, 8, 1, 19-24 , 8, 1, 19-24 2001 Japanese Research paper(international conference proceedings) Disclose to all
中川尚史 中川尚史 ニホンザルの群れの「同心円二重構造モデル」再考 ニホンザルの群れの「同心円二重構造モデル」再考 神戸市看護大学紀要, 4, 1-5 神戸市看護大学紀要, 4, 1-5 , 4, 1-5 2000/03 Japanese Research paper(other science council materials etc.) Disclose to all
中川尚史 中川尚史 金華山のニホンザルの定量的食物品目リスト : 付記 : 霊長類の食性調査法と記載法の傾向 金華山のニホンザルの定量的食物品目リスト : 付記 : 霊長類の食性調査法と記載法の傾向 霊長類研究, 13, 1, 73-89 霊長類研究, 13, 1, 73-89 , 13, 1, 73-89 1997/05 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
中川尚史 中川尚史 霊長類の最適食物選択再考 霊長類の最適食物選択再考 日本生態学会誌, 46, 3, 291-307 日本生態学会誌, 46, 3, 291-307 , 46, 3, 291-307 1996/04 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
中川尚史 中川尚史 オリジナリティーのある研究とは? オリジナリティーのある研究とは? 霊長類研究, 8, 2, 153-157 霊長類研究, 8, 2, 153-157 , 8, 2, 153-157 1992/12 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
中川尚史 中川尚史 最適採食戦略の視点からみたニホンザルの採食行動 最適採食戦略の視点からみたニホンザルの採食行動 霊長類研究, 5, 1, 1-13 霊長類研究, 5, 1, 1-13 , 5, 1, 1-13 1989/06 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
太田英利, 前田喜四雄, 中川尚史, 大井徹 太田英利, 前田喜四雄, 中川尚史, 大井徹 屋久島からのコキクガシラコウモリ 屋久島からのコキクガシラコウモリ 哺乳動物学雑誌, 10, 1, 67-68 哺乳動物学雑誌, 10, 1, 67-68 , 10, 1, 67-68 1984/03 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
中川尚史, 崎原永輝, 島村均 中川尚史, 崎原永輝, 島村均 イシガキカグラコウモリの波照間島からの記録 イシガキカグラコウモリの波照間島からの記録 沖縄生物学会誌, 21, 3-5 沖縄生物学会誌, 21, 3-5 , 21, 3-5 1983/03 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
Nakagawa N, Matsubara M, Shimooka Y, Nishikawa M Nakagawa N, Matsubara M, Shimooka Y, Nishikawa M Embracing in a wild group of Yakushima Macaques (Macaca fuscata yakui) as an example of social customs. Embracing in a wild group of Yakushima Macaques (Macaca fuscata yakui) as an example of social customs. Current Anthropology, 56, 1, 104-120 , 56, 1, 104-120 Current Anthropology, 56, 1, 104-120 2015 Refereed English Research paper(scientific journal) Disclose to all
SHIMOOKA Yukiko, NAKAGAWA Naofumi SHIMOOKA Yukiko, NAKAGAWA Naofumi Functions of an unreported "rocking-embrace" gesture between female Japanese Macaques (Macaca fuscata) in Kinkazan Island, Japan Functions of an unreported "rocking-embrace" gesture between female Japanese Macaques (Macaca fuscata) in Kinkazan Island, Japan Primates, 55, 2, 327-335 , 55, 2, 327-335 Primates, 55, 2, 327-335 2014 Refereed English Research paper(scientific journal) Disclose to all
M. Shimada, T. Uno, N. Nakagawa, S. Fujita, K. Izawa M. Shimada, T. Uno, N. Nakagawa, S. Fujita, K. Izawa Case study of a one-sided attack by multiple troop members on a nontroop adolescent male and the death of japanese macaques (Macaca fuscata) Case study of a one-sided attack by multiple troop members on a nontroop adolescent male and the death of japanese macaques (Macaca fuscata) Aggressive Behavior, 35, 4, 334-341 , 35, 4, 334-341 Aggressive Behavior, 35, 4, 334-341 2009/07 Refereed English Research paper(scientific journal) Disclose to all
N. Nakagawa N. Nakagawa Feeding rate as valuable information in primate feeding ecology Feeding rate as valuable information in primate feeding ecology Primates, 50, 2, 131-141 , 50, 2, 131-141 Primates, 50, 2, 131-141 2009/04 Refereed English Disclose to all
N. Nakagawa N. Nakagawa Despotic wild patas monkeys (Erythrocebus patas) in Kala Maloue, Cameroon Despotic wild patas monkeys (Erythrocebus patas) in Kala Maloue, Cameroon American Journal of Primatology, 70, 3, 238-246 , 70, 3, 238-246 American Journal of Primatology, 70, 3, 238-246 2008/03 Refereed English Disclose to all
N. Nakagawa N. Nakagawa The scaling of feeding rate in wild primates: A preliminary analysis The scaling of feeding rate in wild primates: A preliminary analysis Mammal Study, 33, 4, 157-162 , 33, 4, 157-162 Mammal Study, 33, 4, 157-162 2008 Refereed English Research paper(scientific journal) Disclose to all
N. Nakagawa; H. Ohsawa; Y. Muroyama N. Nakagawa; H. Ohsawa; Y. Muroyama Life-history parameters of a wild group of West African patas monkeys (Erythrocebus patas patas) Life-history parameters of a wild group of West African patas monkeys (Erythrocebus patas patas) Primates, 44, 3, 281-290 , 44, 3, 281-290 Primates, 44, 3, 281-290 2003/07 Refereed English Research paper(scientific journal) Disclose to all
N. Nakagawa N. Nakagawa Difference in food selection between patas monkeys (Erythrocebus patas) and tantalus monkeys (Cercopithecus aethiops tantalus) in Kala Maloue National Park, Cameroon, in relation to nutrient content Difference in food selection between patas monkeys (Erythrocebus patas) and tantalus monkeys (Cercopithecus aethiops tantalus) in Kala Maloue National Park, Cameroon, in relation to nutrient content Primates, 44, 1, 3-11 , 44, 1, 3-11 Primates, 44, 1, 3-11 2003/01 Refereed English Research paper(scientific journal) Disclose to all
N. Nakagawa N. Nakagawa Seasonal, sex, and interspecific differences in activity time budgets and diets of patas monkeys (Erythrocebus patas) and tantalus monkeys (Cercopithecus aethiops tantalus), living sympatrically in Northern Cameroon Seasonal, sex, and interspecific differences in activity time budgets and diets of patas monkeys (Erythrocebus patas) and tantalus monkeys (Cercopithecus aethiops tantalus), living sympatrically in Northern Cameroon Primates, 41, 2, 161-174 , 41, 2, 161-174 Primates, 41, 2, 161-174 2000/04 Refereed English Disclose to all
N. Nakagawa N. Nakagawa Foraging energetics in patas monkeys (Erythrocebus patas) and tantalus monkeys (Cercopithecus aethiops tantalus): Implications for reproductive seasonality Foraging energetics in patas monkeys (Erythrocebus patas) and tantalus monkeys (Cercopithecus aethiops tantalus): Implications for reproductive seasonality American Journal of Primatology, 52, 4, 169-185 , 52, 4, 169-185 American Journal of Primatology, 52, 4, 169-185 2000 Refereed English Research paper(scientific journal) Disclose to all
N. Nakagawa N. Nakagawa Differential habitat utilization by patas monkeys (Erythrocebus patas) and tantalus monkeys (Cercopithecus aethiops tantalus) living sympatrically in northern Cameroon Differential habitat utilization by patas monkeys (Erythrocebus patas) and tantalus monkeys (Cercopithecus aethiops tantalus) living sympatrically in northern Cameroon American Journal of Primatology, 49, 3, 243-264 , 49, 3, 243-264 American Journal of Primatology, 49, 3, 243-264 1999/11 Refereed English Disclose to all
N. Agetsuma, N. Nakagawa N. Agetsuma, N. Nakagawa Effects of habitat differences on feeding behaviors of Japanese monkeys: Comparison between Yakushima and Kinkazan Effects of habitat differences on feeding behaviors of Japanese monkeys: Comparison between Yakushima and Kinkazan Primates, 39, 3, 275-289 , 39, 3, 275-289 Primates, 39, 3, 275-289 1998/07 Refereed English Disclose to all
N. Nakagawa N. Nakagawa Ecological determinants of the behavior and social structure of Japanese monkeys: A synthesis Ecological determinants of the behavior and social structure of Japanese monkeys: A synthesis Primates, 39, 3, 375-383 , 39, 3, 375-383 Primates, 39, 3, 375-383 1998/07 Refereed English Disclose to all
N. Nakagawa N. Nakagawa Indiscriminate Response to Infant Calls in Wild Patas Monkeys (Erythrocebus patas) Indiscriminate Response to Infant Calls in Wild Patas Monkeys (Erythrocebus patas) Folia Primatologica, 69, 2, 93-99 , 69, 2, 93-99 Folia Primatologica, 69, 2, 93-99 1998 Refereed English Research paper(scientific journal) Disclose to all
N. Nakagawa N. Nakagawa Determinants of the dramatic seasonal changes in the intake of energy and protein by Japanese monkeys in a cool temperate forest Determinants of the dramatic seasonal changes in the intake of energy and protein by Japanese monkeys in a cool temperate forest American Journal of Primatology, 41, 4, 267-288 , 41, 4, 267-288 American Journal of Primatology, 41, 4, 267-288 1997 Refereed English Research paper(scientific journal) Disclose to all
N. Nakagawa N. Nakagawa Reconsideration of optimal food selection in non-human primates Reconsideration of optimal food selection in non-human primates Japanese Journal of Ecology, 46, 3, 291-307 , 46, 3, 291-307 Japanese Journal of Ecology, 46, 3, 291-307 1996 Refereed English Disclose to all
Naofumi Nakagawa Naofumi Nakagawa A Case of Infant Kidnapping and Allomothering by Members of a Neighbouring Group in Patas Monkeys A Case of Infant Kidnapping and Allomothering by Members of a Neighbouring Group in Patas Monkeys Folia primatologica, 64, 1-2, 62-68 , 64, 1-2, 62-68 Folia primatologica, 64, 1-2, 62-68 1995 Refereed English Research paper(scientific journal) Disclose to all
N. Nakagawa N. Nakagawa Distribution of affiliative behaviors among adult females within a group of wild patas monkeys in a nonmating, nonbirth season Distribution of affiliative behaviors among adult females within a group of wild patas monkeys in a nonmating, nonbirth season International Journal of Primatology, 13, 1, 73-96 , 13, 1, 73-96 International Journal of Primatology, 13, 1, 73-96 1992/02 Refereed English Disclose to all
N. Nakagawa N. Nakagawa Decisions on time allocation to different food patches by Japanese monkeys (Macaca fuscata) Decisions on time allocation to different food patches by Japanese monkeys (Macaca fuscata) Primates, 31, 4, 459-468 , 31, 4, 459-468 Primates, 31, 4, 459-468 1990/10 Refereed English Research paper(scientific journal) Disclose to all
NAKAGAWA, N NAKAGAWA, N CHOICE OF FOOD PATCHES BY JAPANESE MONKEYS (MACACA-FUSCATA) CHOICE OF FOOD PATCHES BY JAPANESE MONKEYS (MACACA-FUSCATA) AMERICAN JOURNAL OF PRIMATOLOGY, 21, 1, 17-29 , 21, 1, 17-29 AMERICAN JOURNAL OF PRIMATOLOGY, 21, 1, 17-29 1990 Refereed English Research paper(scientific journal) Disclose to all
N. Nakagawa N. Nakagawa Feeding strategies of Japanese monkeys against deterioration of habitat quality Feeding strategies of Japanese monkeys against deterioration of habitat quality Primates, 30, 1, 1-16 , 30, 1, 1-16 Primates, 30, 1, 1-16 1989/01 Refereed English Research paper(scientific journal) Disclose to all
N. Nakagawa N. Nakagawa Activity budget and diet of patas monkeys in Kala Maloue National Park, Cameroon: A preliminary report Activity budget and diet of patas monkeys in Kala Maloue National Park, Cameroon: A preliminary report Primates, 30, 1, 27-34 , 30, 1, 27-34 Primates, 30, 1, 27-34 1989/01 Refereed English Research paper(scientific journal) Disclose to all
N. Nakagawa N. Nakagawa Bioenergetics of Japanese monkeys (Macaca fuscata) on Kinkazan Island during winter Bioenergetics of Japanese monkeys (Macaca fuscata) on Kinkazan Island during winter Primates, 30, 4, 441-460 , 30, 4, 441-460 Primates, 30, 4, 441-460 1989 Refereed English Research paper(scientific journal) Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
Misc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
中川尚史 中川尚史 書評『自然がほほえむとき』(伊沢紘生,松岡史朗著) 書評『自然がほほえむとき』(伊沢紘生,松岡史朗著) しんぶん赤旗 しんぶん赤旗 2016 Japanese Disclose to all
中川尚史 中川尚史 フィールドワークと思索 フィールドワークと思索 世界思想, 32, 50-53 世界思想, 32, 50-53 , 32, 50-53 2005 Japanese Research paper Disclose to all
中川尚史 中川尚史 サバンナで生きるために 日中に出産するパタスモンキー サバンナで生きるために 日中に出産するパタスモンキー アニマ, 243, 80-85 アニマ, 243, 80-85 , 243, 80-85 1992/12 Japanese Research paper Disclose to all
中川尚史 中川尚史 チンパンジーの知能と食生活 チンパンジーの知能と食生活 AJICO NEWS & INFORMATION, 157, 1-6 AJICO NEWS & INFORMATION, 157, 1-6 , 157, 1-6 1990/04 Japanese Research paper Disclose to all
Title language:
Conference Activities & Talks
Title Title(Japanese) Title(English) Conference Conference(Japanese) Conference(English) Promotor Promotor(Japanese) Promotor(English) Date Language Assortment Disclose
ニホンザルの抱擁行動-Updated by outdated data- ニホンザルの抱擁行動-Updated by outdated data- 第10回遺伝子の窓から研究会 第10回遺伝子の窓から研究会 2018/06/16 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
和歌山で野生化したタイワンザルの群れの根絶 和歌山で野生化したタイワンザルの群れの根絶 第62回プリマーテス研究会 第62回プリマーテス研究会 2018 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
パネラー自己紹介[Invited] パネラー自己紹介 [Invited] 日本哺乳類学会2017年度大会企画シンポジウム「次代の若手研究者・学生が目指すべき道~哺乳類学の先輩と語ろう~」 日本哺乳類学会2017年度大会企画シンポジウム「次代の若手研究者・学生が目指すべき道~哺乳類学の先輩と語ろう~」 2017/09/09 Japanese Symposium workshop panel(nominated) Disclose to all
霊長類が群れで生存できる極限の環境 霊長類が群れで生存できる極限の環境 人類社会の進化的基盤研究『生存・環境・極限』第5回研究会(河合香吏企画) 人類社会の進化的基盤研究『生存・環境・極限』第5回研究会(河合香吏企画) 2017/03/05 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
パタスモンキーの食性と長肢化 パタスモンキーの食性と長肢化 京都大学霊長類研究所共同利用研究会『霊長類の食性の進化』(半谷吾郎企画) 京都大学霊長類研究所共同利用研究会『霊長類の食性の進化』(半谷吾郎企画) 2017/02/04 Japanese Symposium workshop panel(nominated) Disclose to all
Similar but different: A comparative view on Laboratory and Japanese macaques[Invited] Similar but different: A comparative view on Laboratory and Japanese macaques [Invited] Similar but different: A comparative view on Laboratory and Japanese macaques [Invited] The 50th Anniversary Symposium of KUPRI : Past, present and future of primatology The 50th Anniversary Symposium of KUPRI : Past, present and future of primatology The 50th Anniversary Symposium of KUPRI : Past, present and future of primatology 2017/01/30 English Symposium workshop panel(nominated) Disclose to all
『霊長類研究』の研究(第2版) 『霊長類研究』の研究(第2版) 第33回日本霊長類学会大会 第33回日本霊長類学会大会 2017 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
ニホンザルのCOMT遺伝子の地域差と寛容性との関連 ニホンザルのCOMT遺伝子の地域差と寛容性との関連 行動2017(日本動物行動関連学会・研究会 合同大会) 行動2017(日本動物行動関連学会・研究会 合同大会) 2017 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
野生ニホンザルの社会的知性[Invited] 野生ニホンザルの社会的知性 [Invited] 第13回NBR公開シンポジウム『ニホンザルの“かしこさ”の基盤を探る』 第13回NBR公開シンポジウム『ニホンザルの“かしこさ”の基盤を探る』 2016/12/15 Japanese Symposium workshop panel(nominated) Disclose to all
ニホンザルにおける社会構造の個体群間変異:その遺伝的背景を探る ニホンザルにおける社会構造の個体群間変異:その遺伝的背景を探る 第8回遺伝子の窓から研究会 第8回遺伝子の窓から研究会 2016/12/10 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
企画趣旨 企画趣旨 日本哺乳類学会2016年度大会自由集会『申年記念企画:若手サル学者によるニホンザルの行動研究』 日本哺乳類学会2016年度大会自由集会『申年記念企画:若手サル学者によるニホンザルの行動研究』 2016/09/23 Japanese Other Disclose to all
ニホンザルの社会構造の個体群間変異 ニホンザルの社会構造の個体群間変異 第32回日本霊長類学会大会自由集会「ニホンザルにおける社会構造の個体群間変異と社会性の個体間変異:その遺伝的背景を探る」 第32回日本霊長類学会大会自由集会「ニホンザルにおける社会構造の個体群間変異と社会性の個体間変異:その遺伝的背景を探る」 2016/07/15 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
初期人類の重層社会についての新説:霊長類学の立場から 初期人類の重層社会についての新説:霊長類学の立場から 第32回日本霊長類学会大会自由集会「人類を含む霊長類の重層社会の形成をめぐって」 第32回日本霊長類学会大会自由集会「人類を含む霊長類の重層社会の形成をめぐって」 2016/07/15 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
なぜニホンザルの寛容性に地域差がみられるのか?-遺伝的多様性が示唆するもの なぜニホンザルの寛容性に地域差がみられるのか?-遺伝的多様性が示唆するもの 第32回日本霊長類学会大会 第32回日本霊長類学会大会 2016 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
ヒトはなぜ脚が長くなったのか―ホモ属進化のパタスモンキーモデル ヒトはなぜ脚が長くなったのか―ホモ属進化のパタスモンキーモデル 琉球大学理学部公開講演会 琉球大学理学部公開講演会 2015 Japanese Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others Disclose to all
ニホンザルの行動の地域変異研究―新展開に向けて― ニホンザルの行動の地域変異研究―新展開に向けて― 京都大学霊長類研究所共同利用研究会『ニホンザル研究のこれまでと、今後の展開を考える』 京都大学霊長類研究所共同利用研究会『ニホンザル研究のこれまでと、今後の展開を考える』 2015 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
メスからオスへのマウンティング・シリーズの事例 メスからオスへのマウンティング・シリーズの事例 第30回日本霊長類学会大会自由集会「ニホンザルの稀な行動に関する情報集約と公刊に向けて」 第30回日本霊長類学会大会自由集会「ニホンザルの稀な行動に関する情報集約と公刊に向けて」 2014 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
企画趣旨 企画趣旨 日本哺乳類学会2014年度大会自由集会「映像記録を用いた直接観察の困難な野生哺乳類の行動研究」 日本哺乳類学会2014年度大会自由集会「映像記録を用いた直接観察の困難な野生哺乳類の行動研究」 2014 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
ヤクシマザルは専制的でなく寛容的か?-infant handlingの観点から ヤクシマザルは専制的でなく寛容的か?-infant handlingの観点から 第30回日本霊長類学会大会 第30回日本霊長類学会大会 2014 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
ニホンザルにおける社会構造の個体群間変異:専制型と寛容型 ニホンザルにおける社会構造の個体群間変異:専制型と寛容型 日本哺乳類学会2014年度大会 日本哺乳類学会2014年度大会 2014 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
ニホンザルにおける寛容性に関わる候補遺伝子の個体群間比較 ニホンザルにおける寛容性に関わる候補遺伝子の個体群間比較 日本哺乳類学会2014年度大会 日本哺乳類学会2014年度大会 2014 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
Studies on intra-specific differences in the Japanese macaques by “acting multi-locally” Studies on intra-specific differences in the Japanese macaques by “acting multi-locally” Studies on intra-specific differences in the Japanese macaques by “acting multi-locally” PWS (the Leading Graduate Program of Primatology and Wildlife Sciences) kick-off symposium PWS (the Leading Graduate Program of Primatology and Wildlife Sciences) kick-off symposium PWS (the Leading Graduate Program of Primatology and Wildlife Sciences) kick-off symposium 2014 English Oral presentation(general) Disclose to all
反人類学から親人類学へ 環境か加齢か?[Invited] 反人類学から親人類学へ 環境か加齢か? [Invited] 人類学若手の会・第2回総合研究集会 人類学若手の会・第2回総合研究集会 2014 Japanese Oral presentation(invited, special) Disclose to all
これまでの経過 これまでの経過 第30回日本霊長類学会大会自由集会「ニホンザルの稀な行動に関する情報集約と公刊に向けて」 第30回日本霊長類学会大会自由集会「ニホンザルの稀な行動に関する情報集約と公刊に向けて」 2014 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
和歌山県北部のタイワンザル・ニホンザル交雑個体群の根絶確認モニタリングの現状 和歌山県北部のタイワンザル・ニホンザル交雑個体群の根絶確認モニタリングの現状 2013 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
植食者にとって採餌速度とは 植食者にとって採餌速度とは 第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会ミニシンポジウム「哺乳動物の食―探索から消化まで」 第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会ミニシンポジウム「哺乳動物の食―探索から消化まで」 2013 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
趣旨説明 趣旨説明 第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会ミニシンポジウム「野生動物の行動観察法―あなたの行動観察法はだいじょうぶ?」 第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会ミニシンポジウム「野生動物の行動観察法―あなたの行動観察法はだいじょうぶ?」 2013 Japanese Disclose to all
The recovery from the disaster of the Great East Japan Earthquake in Kinkazan The recovery from the disaster of the Great East Japan Earthquake in Kinkazan The recovery from the disaster of the Great East Japan Earthquake in Kinkazan XXIVth Congress of the International Primatological Society XXIVth Congress of the International Primatological Society XXIVth Congress of the International Primatological Society 2012 English Oral presentation(general) Disclose to all
ニホンザル(Macaca fuscata)におけるマウンティングパタンの戦略的・戦術的相違 ニホンザル(Macaca fuscata)におけるマウンティングパタンの戦略的・戦術的相違 日本哺乳類学会2012年度大会 日本哺乳類学会2012年度大会 2012 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
Rome was not built in a day: time to grasp information on plant feeding of wild Japanese macaques (Macaca fuscata) Rome was not built in a day: time to grasp information on plant feeding of wild Japanese macaques (Macaca fuscata) Rome was not built in a day: time to grasp information on plant feeding of wild Japanese macaques (Macaca fuscata) Joint Meeting of the 59th annual meeting of Ecological Society of Japan and the 5th EAFES International Congress Joint Meeting of the 59th annual meeting of Ecological Society of Japan and the 5th EAFES International Congress Joint Meeting of the 59th annual meeting of Ecological Society of Japan and the 5th EAFES International Congress 2012 English Oral presentation(general) Disclose to all
ニホンザルにおける抱擁行動の第3の型:下北で見つかった社会的慣習の新たな証拠 ニホンザルにおける抱擁行動の第3の型:下北で見つかった社会的慣習の新たな証拠 第28回日本霊長類学会大会 第28回日本霊長類学会大会 2012 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
島嶼のニホンザル個体群における個体群縮小の遺伝的影響 島嶼のニホンザル個体群における個体群縮小の遺伝的影響 第28回日本霊長類学会大会 第28回日本霊長類学会大会 2012 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
Strategic and tactical differences of mounting patterns in Japanese macaques (Macaca fuscata) Strategic and tactical differences of mounting patterns in Japanese macaques (Macaca fuscata) Strategic and tactical differences of mounting patterns in Japanese macaques (Macaca fuscata) XXIVth Congress of the International Primatological Society XXIVth Congress of the International Primatological Society XXIVth Congress of the International Primatological Society 2012 English Oral presentation(general) Disclose to all
霊長類における集団の機能と進化史—サルからヒトへ 霊長類における集団の機能と進化史—サルからヒトへ 日本哺乳類学会2011年度大会公開シンポジウム『哺乳動物の社会進化』 日本哺乳類学会2011年度大会公開シンポジウム『哺乳動物の社会進化』 日本哺乳類学会 日本哺乳類学会 2011/09 Japanese Oral presentation(invited, special) Disclose to all
メスは遺伝的に異なるオスと繁殖しているか? メスは遺伝的に異なるオスと繁殖しているか? 第26 回日本霊長類学会大会 第26 回日本霊長類学会大会 2011/07 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
金華山のニホンザルの生態学的特性:導入にかえて 金華山のニホンザルの生態学的特性:導入にかえて 日本哺乳類学会2011年度大会自由集会「長期継続研究から分かること:金華山島の研究から」 日本哺乳類学会2011年度大会自由集会「長期継続研究から分かること:金華山島の研究から」 2011 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
金華山のニホンザルオスの繁殖成功 金華山のニホンザルオスの繁殖成功 第27回日本霊長類学会大会 第27回日本霊長類学会大会 2011 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
ニホンザルのメスは遺伝的に異なるオスと繁殖しているか? ニホンザルのメスは遺伝的に異なるオスと繁殖しているか? 第27回日本霊長類学会大会 第27回日本霊長類学会大会 2011 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
金華山のニホンザルの遺伝的多様性 金華山のニホンザルの遺伝的多様性 第27回日本霊長類学会大会 第27回日本霊長類学会大会 2011 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
霊長類学から見た人間性 霊長類学から見た人間性 玉川大学学術研究所人文科学研究センター平成22年度第2回公開講演会 玉川大学学術研究所人文科学研究センター平成22年度第2回公開講演会 2010 Japanese Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others Disclose to all
Local differences in mating patterns in Japanese macaques (Macaca fuscata) Local differences in mating patterns in Japanese macaques (Macaca fuscata) Local differences in mating patterns in Japanese macaques (Macaca fuscata) XXIII rd Congress of the International Primatological Society XXIII rd Congress of the International Primatological Society XXIII rd Congress of the International Primatological Society 2010 English Oral presentation(general) Disclose to all
ニホンザルにおける稀にしか見られない行動に関する調査結果報告 ニホンザルにおける稀にしか見られない行動に関する調査結果報告 第25回日本霊長類学会自由集会「ニホンザルの稀な行動に関する情報の交換」 第25回日本霊長類学会自由集会「ニホンザルの稀な行動に関する情報の交換」 2009 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
ニホンザルにおける交尾パタンの地域変異 ニホンザルにおける交尾パタンの地域変異 第25回日本霊長類学会大会 第25回日本霊長類学会大会 2009 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
金華山の野生ニホンザルにおける複数個体によるワカモノオス1個体への一方的攻撃とその死 金華山の野生ニホンザルにおける複数個体によるワカモノオス1個体への一方的攻撃とその死 第25回日本霊長類学会大会 第25回日本霊長類学会大会 2009 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
ヒトとイルカの収斂進化:稀少な餌資源を巡る競合の回避がもたらした大脳の肥大 ヒトとイルカの収斂進化:稀少な餌資源を巡る競合の回避がもたらした大脳の肥大 日本人類学会進化人類学分科会第21回シンポジウム「霊長類の暴力とその解決法の進化」 日本人類学会進化人類学分科会第21回シンポジウム「霊長類の暴力とその解決法の進化」 2008 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
ニホンザルにおける緊張緩和行動の文化的変異 ニホンザルにおける緊張緩和行動の文化的変異 第23回日本霊長類学会自由集会「ニホンザルにおける社会行動の文化的変異:情報収集のためのネットワーク作り」 第23回日本霊長類学会自由集会「ニホンザルにおける社会行動の文化的変異:情報収集のためのネットワーク作り」 2008 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
The history and present condition of a hybrid population between Taiwanese and Japanese macaques in Wakayama, Japan The history and present condition of a hybrid population between Taiwanese and Japanese macaques in Wakayama, Japan The history and present condition of a hybrid population between Taiwanese and Japanese macaques in Wakayama, Japan Control Strategy of Invasive Alien Mammals 2008 (CSIAM2008) Committee Control Strategy of Invasive Alien Mammals 2008 (CSIAM2008) Committee Control Strategy of Invasive Alien Mammals 2008 (CSIAM2008) Committee 2008 English Oral presentation(general) Disclose to all
Local variation of a strange tension-reduction behaviour in Japanese macaques (Macaca fuscata) Local variation of a strange tension-reduction behaviour in Japanese macaques (Macaca fuscata) Local variation of a strange tension-reduction behaviour in Japanese macaques (Macaca fuscata) XXII nd Congress of the International Primatological Society XXII nd Congress of the International Primatological Society XXII nd Congress of the International Primatological Society 2008 English Oral presentation(general) Disclose to all
ニホンザルにおける交尾パタンの地域変異 ニホンザルにおける交尾パタンの地域変異 日本哺乳類学会2008年度大会 日本哺乳類学会2008年度大会 2008 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
Comments on “Social ecology and evolution of the Old World monkeys” Comments on “Social ecology and evolution of the Old World monkeys” Comments on “Social ecology and evolution of the Old World monkeys” 21st Pacific Science Congress 21st Pacific Science Congress 21st Pacific Science Congress 2007 English Disclose to all
雌雄の(旧)友達関係は何のため 雌雄の(旧)友達関係は何のため 第23回日本霊長類学会自由集会「社会の学としての霊長類学」 第23回日本霊長類学会自由集会「社会の学としての霊長類学」 2007 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
霊長類における社会構造と行動の種内変異―遺伝的変異を伴うか否か 霊長類における社会構造と行動の種内変異―遺伝的変異を伴うか否か 2007年度第3回「人類社会の進化史的基盤研究(1)」プロジェクト研究会 2007年度第3回「人類社会の進化史的基盤研究(1)」プロジェクト研究会 2007 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
ヤクシマザルにおける性交渉パタンの多様性(第1報) ヤクシマザルにおける性交渉パタンの多様性(第1報) 第23回日本霊長類学会大会 (2007/07, 彦根) 第23回日本霊長類学会大会 (2007/07, 彦根) 2007 Japanese Disclose to all
ヤクシマザルにおける性交渉パタンの多様性(予報) ヤクシマザルにおける性交渉パタンの多様性(予報) 第23回日本霊長類学会大会 第23回日本霊長類学会大会 2007 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
ヤクシマザルにおける交尾戦術:交尾パタンの分析から ヤクシマザルにおける交尾戦術:交尾パタンの分析から 日本哺乳類霊学会2007年度大会 日本哺乳類霊学会2007年度大会 2007 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
ニホンザル(Macaca fuscata)における風変わりな緊張緩和行動の地域変異 ニホンザル(Macaca fuscata)における風変わりな緊張緩和行動の地域変異 第26回日本動物行動学会大会 第26回日本動物行動学会大会 2007 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
ニホンザルにおける“ハグハグ”行動パタンの地域変異 ニホンザルにおける“ハグハグ”行動パタンの地域変異 第22回日本霊長類学会大会 第22回日本霊長類学会大会 2006 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
ヤクシマザル(Macaca fuscata yakui)で見つかった風変わりな緊張緩和行動 ヤクシマザル(Macaca fuscata yakui)で見つかった風変わりな緊張緩和行動 日本哺乳類学会2006年度大会 日本哺乳類学会2006年度大会 2006 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
霊長類の食物選択.ヒトの食性の種特異性と霊長類との連続性 霊長類の食物選択.ヒトの食性の種特異性と霊長類との連続性 第40回人類働態学会シンポジウム「なぜそれを食するのか」 第40回人類働態学会シンポジウム「なぜそれを食するのか」 人類働態学会 人類働態学会 2005/06 Japanese Oral presentation(invited, special) Disclose to all
無人ビデオ撮影によるタイワンザル交雑群のカウント成功例 無人ビデオ撮影によるタイワンザル交雑群のカウント成功例 第21回日本霊長類学会大会 第21回日本霊長類学会大会 2005 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
和歌山タイワンザルの現状報告 和歌山タイワンザルの現状報告 第21回日本霊長類学会大会 第21回日本霊長類学会大会 2005 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
和歌山県下の交雑タイワンザル集団の第5回調査報告(2004年9月)および今後の予測 和歌山県下の交雑タイワンザル集団の第5回調査報告(2004年9月)および今後の予測 第21回日本霊長類学会大会 第21回日本霊長類学会大会 2005 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
Feeding ecology of primates: adaptation to diets that is deviant for body size Feeding ecology of primates: adaptation to diets that is deviant for body size Feeding ecology of primates: adaptation to diets that is deviant for body size IXth International Mammalogical Congress, IXth International Mammalogical Congress IXth International Mammalogical Congress, 2005 English Oral presentation(general) Disclose to all
伊沢紘生のニホンザル観を斬る.先鋒:サルは本当に「さぼり屋」で「ぜいたく家」か 伊沢紘生のニホンザル観を斬る.先鋒:サルは本当に「さぼり屋」で「ぜいたく家」か 伊澤紘生退官記念研究会「伊澤紘生のニホンザル観」 伊澤紘生退官記念研究会「伊澤紘生のニホンザル観」 2005 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
Patas monkeys (Erythrocebus patas) are not Egalitarian in Kala Maloue, Cameroon? Patas monkeys (Erythrocebus patas) are not Egalitarian in Kala Maloue, Cameroon? Patas monkeys (Erythrocebus patas) are not Egalitarian in Kala Maloue, Cameroon? Kyoto Conference: “Delphinid and Primate Social Ecology:A Comparative Discussion” Kyoto Conference: “Delphinid and Primate Social Ecology:A Comparative Discussion” Kyoto Conference: “Delphinid and Primate Social Ecology:A Comparative Discussion” 2005 English Oral presentation(general) Disclose to all
霊長類における「集団」の機能と「集団」間関係 霊長類における「集団」の機能と「集団」間関係 2005年度第4回「人類社会の進化史的基盤研究(1)」プロジェクト研究会 2005年度第4回「人類社会の進化史的基盤研究(1)」プロジェクト研究会 2005 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
ニホンザルをめぐる外来種問題の現状と課題 ニホンザルをめぐる外来種問題の現状と課題 第21回日本霊長類学会大会 自由集会 (2005年7月, 倉敷) 霊長類研究 21(Supplement): x 第21回日本霊長類学会大会 自由集会 (2005年7月, 倉敷) 霊長類研究 21(Supplement): x 2005 Japanese Disclose to all
和歌山市周辺における交雑タイワンザル集団の現状と今後の予測 和歌山市周辺における交雑タイワンザル集団の現状と今後の予測 第20回日本霊長類学会大会 第20回日本霊長類学会大会 2004 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
The scaling of feeding rate in wild non-human primates The scaling of feeding rate in wild non-human primates The scaling of feeding rate in wild non-human primates ⅩⅩth Congress of the International Primatological Society ⅩⅩth Congress of the International Primatological Society ⅩⅩth Congress of the International Primatological Society 2004 English Oral presentation(general) Disclose to all
霊長類における社会進化:最近の理論の概要 霊長類における社会進化:最近の理論の概要 第20回日本霊長類学会自由集会「霊長類の社会構造論再訪」 第20回日本霊長類学会自由集会「霊長類の社会構造論再訪」 2004 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
カラマルエのパタスモンキーは平等主義者ではない? カラマルエのパタスモンキーは平等主義者ではない? 第20回日本霊長類学会大会 第20回日本霊長類学会大会 2004 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
カメルーン・サヘルのパタスモンキー:その高い繁殖率を支えるもの カメルーン・サヘルのパタスモンキー:その高い繁殖率を支えるもの 第40回日本アフリカ学会学術大会 第40回日本アフリカ学会学術大会 2003/05 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
野生霊長類における採食速度のスケーリング(予備的分析) 野生霊長類における採食速度のスケーリング(予備的分析) 第19回日本霊長類学会大会 第19回日本霊長類学会大会 2003 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
Population and social dynamics of patas monkeys in Kala Maloue National Park, northern Cameroon Population and social dynamics of patas monkeys in Kala Maloue National Park, northern Cameroon Population and social dynamics of patas monkeys in Kala Maloue National Park, northern Cameroon COE International Symposium “Research on long-lived animals –the past, present and future of longitudinal studies COE International Symposium “Research on long-lived animals –the past, present and future of longitudinal studies” COE International Symposium “Research on long-lived animals –the past, present and future of longitudinal studies Primate Research Institute, Kyoto University Primate Research Institute, Kyoto University 2002/01 English Oral presentation(invited, special) Disclose to all
パタスモンキーとタンタルスモンキーの資源利用分割 パタスモンキーとタンタルスモンキーの資源利用分割 京都大学霊長類研究所共同利用研究会「熱帯林における同所的霊長類の種間関係の多様性をさぐる」 京都大学霊長類研究所共同利用研究会「熱帯林における同所的霊長類の種間関係の多様性をさぐる」 2002 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
出産季節と出産時刻の究極要因(コメント) 出産季節と出産時刻の究極要因(コメント) 日本人類学会・進化人類学分科会・第7回シンポジウム「出産の進化と歴史−分娩をめぐる身体・他者・制度」 日本人類学会・進化人類学分科会・第7回シンポジウム「出産の進化と歴史−分娩をめぐる身体・他者・制度」 2002 Japanese Disclose to all
飼育下チンパンジーの挨拶行動~親密度と離別時間の影響 飼育下チンパンジーの挨拶行動~親密度と離別時間の影響 第18回日本霊長類学会大会 第18回日本霊長類学会大会 2002 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
Life history parameters of a wild group of West African Patas Monkeys (Etythorocebus patas patas) Life history parameters of a wild group of West African Patas Monkeys (Etythorocebus patas patas) Life history parameters of a wild group of West African Patas Monkeys (Etythorocebus patas patas) ⅩVⅢth Congress of the International Primatological Society ⅩVⅢth Congress of the International Primatological Society ⅩVⅢth Congress of the International Primatological Society 2001 English Oral presentation(general) Disclose to all
長い後肢がもたらした乾燥地における採食上のメリット:パタスモンキーとヒトのアナロジー 長い後肢がもたらした乾燥地における採食上のメリット:パタスモンキーとヒトのアナロジー 第17回日本霊長類学会大会・第55回日本人類学会大会連合大会 第17回日本霊長類学会大会・第55回日本人類学会大会連合大会 2001 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
「食べる速さ」の生態学 「食べる速さ」の生態学 日本咀嚼学会主催第6回咀嚼と健康ファミリーフォーラム 日本咀嚼学会主催第6回咀嚼と健康ファミリーフォーラム 日本咀嚼学会 日本咀嚼学会 2000/06 Japanese Oral presentation(keynote) Disclose to all
毛づくろいのエコロジー 毛づくろいのエコロジー 京都大学霊長類研究所共同利用研究会「パン属の毛づくろい」 京都大学霊長類研究所共同利用研究会「パン属の毛づくろい」 2000 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
霊長類の食物選択:化学成分と味覚 霊長類の食物選択:化学成分と味覚 第34回日本味と匂学会・シンポジウム 第34回日本味と匂学会・シンポジウム 日本味と匂学会 日本味と匂学会 2000 Japanese Oral presentation(invited, special) Disclose to all
パタスモンキーとタンタルスモンキーにおける採食速度の種差・性差 パタスモンキーとタンタルスモンキーにおける採食速度の種差・性差 第16回日本霊長類学会大会 第16回日本霊長類学会大会 2000 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
社会生態学は霊長類学を救えるか? 社会生態学は霊長類学を救えるか? 第15回日本霊長類学会自由集会「21世紀の霊長類学-どこへ行く 生態・社会・行動研究」 第15回日本霊長類学会自由集会「21世紀の霊長類学-どこへ行く 生態・社会・行動研究」 1999 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
カメルーンのパタスモンキーおよびタンタルスモンキーにおける活動時間配分の性差 カメルーンのパタスモンキーおよびタンタルスモンキーにおける活動時間配分の性差 第36回日本アフリカ学会学術大会 第36回日本アフリカ学会学術大会 1999 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
カメルーンのパタスモンキーおよびタンタルスモンキーの食物の性差 カメルーンのパタスモンキーおよびタンタルスモンキーの食物の性差 第36回日本アフリカ学会学術大会 第36回日本アフリカ学会学術大会 1999 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
ニホンザルの群れの社会構造再考 ニホンザルの群れの社会構造再考 第43回プリマーテス研究会 ニホンザルを見渡す 第43回プリマーテス研究会 ニホンザルを見渡す 1999 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
社会生態学の今後の展望-ニホンザルを例にして 社会生態学の今後の展望-ニホンザルを例にして 京都大学霊長類研究所共同利用研究会 ニホンザルの採食生態と社会関係に関する比較研究 京都大学霊長類研究所共同利用研究会 ニホンザルの採食生態と社会関係に関する比較研究 1999 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
パタスモンキー及びサバンナモンキーの栄養摂取量と出産季 パタスモンキー及びサバンナモンキーの栄養摂取量と出産季 第14回日本霊長類学会大会 第14回日本霊長類学会大会 1998 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
パタスモンキーとタンタルスモンキーの食物選択基準の違い パタスモンキーとタンタルスモンキーの食物選択基準の違い 第17回日本動物行動学会大会 第17回日本動物行動学会大会 1998 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
北カメルーン・サヘル地域の植生 北カメルーン・サヘル地域の植生 第34回日本アフリカ学会学術大会 第34回日本アフリカ学会学術大会 1997 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
パタスモンキーとサバンナモンキーの土地利用に及ぼす食物の影響 パタスモンキーとサバンナモンキーの土地利用に及ぼす食物の影響 第13回日本霊長類学会大会 第13回日本霊長類学会大会 1997 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
霊長類の餌選択:生態学的アプローチ 霊長類の餌選択:生態学的アプローチ 第30回日本味と匂学会・味と匂のセミナ- 第30回日本味と匂学会・味と匂のセミナ- 日本味と匂学会 日本味と匂学会 1996 Japanese Oral presentation(invited, special) Disclose to all
食物の質がニホンザルの活動時間配分を決定する 食物の質がニホンザルの活動時間配分を決定する 第12回日本霊長類学会大会 第12回日本霊長類学会大会 1996 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
霊長類の餌選択再考 霊長類の餌選択再考 第15回日本動物行動学会大会 第15回日本動物行動学会大会 1996 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
金華山と屋久島のニホンザルの採食様式の比較 金華山と屋久島のニホンザルの採食様式の比較 京都大学霊長類研究所共同利用研究会,ニホンザルの長期研究その1 京都大学霊長類研究所共同利用研究会,ニホンザルの長期研究その1 1996 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
冷温帯に生息するニホンザルにおいて、カロリー及び蛋白質摂取量の劇的な季節変化を引き起こす要因について 冷温帯に生息するニホンザルにおいて、カロリー及び蛋白質摂取量の劇的な季節変化を引き起こす要因について 第11回日本霊長類学会大会 第11回日本霊長類学会大会 1995 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
ニホンザルにおける採食競合と社会的促進効果 ニホンザルにおける採食競合と社会的促進効果 第42回日本生態学会大会 第42回日本生態学会大会 1995 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
パタスモンキーは近親者の赤ん坊の音声を聞き分けないのか? パタスモンキーは近親者の赤ん坊の音声を聞き分けないのか? 第14回日本動物行動学会大会 第14回日本動物行動学会大会 1995 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
パタスモンキーにおける他群の赤ん坊さらいとアロマザリング(事例報告) パタスモンキーにおける他群の赤ん坊さらいとアロマザリング(事例報告) 第10回日本霊長類学会大会 第10回日本霊長類学会大会 1994 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
冷温帯林に生息するニホンザルの栄養摂取量の季節変動 冷温帯林に生息するニホンザルの栄養摂取量の季節変動 第9回日本霊長類学会大会 第9回日本霊長類学会大会 1993 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
霊長類エナジェティクス研究の現状と展開 霊長類エナジェティクス研究の現状と展開 京都大学霊長類研究所共同利用研究会 霊長類の採食生態学の展開 京都大学霊長類研究所共同利用研究会 霊長類の採食生態学の展開 1993 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
霊長類における採食競合研究の現状と展開 霊長類における採食競合研究の現状と展開 京都大学霊長類研究所共同利用研究会 霊長類の採食生態学の展開 京都大学霊長類研究所共同利用研究会 霊長類の採食生態学の展開 1993 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
パタスモンキーとサバンナモンキーの土地利用パターンの比較 パタスモンキーとサバンナモンキーの土地利用パターンの比較 第29回日本アフリカ学会学術大会 第29回日本アフリカ学会学術大会 1992 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
ニホンザルの食物の質の地域変異と季節変異 ニホンザルの食物の質の地域変異と季節変異 第8回日本霊長類学会大会 第8回日本霊長類学会大会 1992 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
ニホンザルの食物の質の地域変異 ニホンザルの食物の質の地域変異 第36回プリマーテス研究会 食を考えるー霊長類を中心に 第36回プリマーテス研究会 食を考えるー霊長類を中心に 1992 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
Comparative Feeding Ecology of Patas and Tantalus Monkeys in Kala Maloue National Park, Cameroon (I): Patterns of Range Use Comparative Feeding Ecology of Patas and Tantalus Monkeys in Kala Maloue National Park, Cameroon (I): Patterns of Range Use Comparative Feeding Ecology of Patas and Tantalus Monkeys in Kala Maloue National Park, Cameroon (I): Patterns of Range Use ⅩⅢ th Congress of the International Primatological Society ⅩⅢ th Congress of the International Primatological Society ⅩⅢ th Congress of the International Primatological Society 1991 English Oral presentation(general) Disclose to all
A Study on the Choice of Food Patch by Japanese Monkeys (Macaca fuscata) A Study on the Choice of Food Patch by Japanese Monkeys (Macaca fuscata) A Study on the Choice of Food Patch by Japanese Monkeys (Macaca fuscata) ⅩⅢth Congress of the International Primatological Society ⅩⅢth Congress of the International Primatological Society ⅩⅢth Congress of the International Primatological Society 1991 English Oral presentation(general) Disclose to all
Life Styles of the Japanese monkeys on Kinkazan Island Life Styles of the Japanese monkeys on Kinkazan Island Life Styles of the Japanese monkeys on Kinkazan Island ⅩⅢth Congress of the International Primatological Society ⅩⅢth Congress of the International Primatological Society ⅩⅢth Congress of the International Primatological Society 1991 English Oral presentation(general) Disclose to all
Social Life of Patas Monkeys at Kala Maloue, Northern Cameroon Social Life of Patas Monkeys at Kala Maloue, Northern Cameroon Social Life of Patas Monkeys at Kala Maloue, Northern Cameroon ⅩⅢth Congress of the International Primatological Society ⅩⅢth Congress of the International Primatological Society ⅩⅢth Congress of the International Primatological Society 1991 English Oral presentation(general) Disclose to all
パタスモンキーの日中出産 パタスモンキーの日中出産 第7回日本霊長類学会大会 第7回日本霊長類学会大会 1991 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
西アフリカ・カメルーンにおけるパタスモンキーの社会関係 西アフリカ・カメルーンにおけるパタスモンキーの社会関係 第27回日本アフリカ学会学術大会 第27回日本アフリカ学会学術大会 1990 Oral presentation(general) Disclose to all
ニホンザルの食物パッチでの滞在時間配分と食物パッチからの立ち去り時刻決定 ニホンザルの食物パッチでの滞在時間配分と食物パッチからの立ち去り時刻決定 第9回日本動物行動学会大会 第9回日本動物行動学会大会 1990 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
金華山島における野生ニホンザルの冬季のエネルギー収支 金華山島における野生ニホンザルの冬季のエネルギー収支 第4回日本霊長類学会大会 第4回日本霊長類学会大会 1988 Oral presentation(general) Disclose to all
ニホンザルの採食行動ー最適採食戦略の視点からー ニホンザルの採食行動ー最適採食戦略の視点からー 京都大学霊長類研究所共同利用研究会 ニホンザル社会の再考(近縁種との比較を含む) 京都大学霊長類研究所共同利用研究会 ニホンザル社会の再考(近縁種との比較を含む) 1987/03 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
金華山島における野生ニホンザルのエネルギー収支と食物選択 金華山島における野生ニホンザルのエネルギー収支と食物選択 第34回日本生態学会大会 第34回日本生態学会大会 1987 Oral presentation(general) Disclose to all
カメルーンにおけるパタスモンキーの活動時間配分と食物 カメルーンにおけるパタスモンキーの活動時間配分と食物 第3回日本霊長類学会大会 第3回日本霊長類学会大会 1987 Oral presentation(general) Disclose to all
生息環境の質の低下に対するニホンザルの採食戦略 生息環境の質の低下に対するニホンザルの採食戦略 第2回日本霊長類学会大会 第2回日本霊長類学会大会 1986 Oral presentation(general) Disclose to all
Population explosion of Taiwanese macaques in Japan Population explosion of Taiwanese macaques in Japan 1: , Chulalongkorn University. International Symposium on Southeast Asian Primate Research (Oct. 2005, Bangkok, Thailand) The Natural History Journal of Chulalongkorn University Supplement(1): 55-60. 1: , Chulalongkorn University. International Symposium on Southeast Asian Primate Research (Oct. 2005, Bangkok, Thailand) The Natural History Journal of Chulalongkorn University Supplement(1): 55-60. 2005 English Disclose to all
Hybridization of introduced Taiwanese macaques with native Japanese macaques in Wakayama Prefecture, Japan. Hybridization of introduced Taiwanese macaques with native Japanese macaques in Wakayama Prefecture, Japan. International Symposium on Southeast Asian Primate Research (Oct. 2005, Bangkok, Thailand) The Natural History Journal of Chulalongkorn University Supplement(1): 94. International Symposium on Southeast Asian Primate Research (Oct. 2005, Bangkok, Thailand) The Natural History Journal of Chulalongkorn University Supplement(1): 94. 2005 English Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
Books etc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Publisher Publisher(Japanese) Publisher(English) Publication date Language Type Disclose
中川尚史 中川尚史 『世界で一番美しいサルの図鑑』(京都大学霊長類研究所編) 『世界で一番美しいサルの図鑑』(京都大学霊長類研究所編) エクスナレッジ エクスナレッジ 2017/11 Japanese Contributor Disclose to all
NAKAGAWA Naofumi 中川 尚史 NAKAGAWA Naofumi Mad About Monkeys サルって さいこう! Mad About Monkeys 偕成社 偕成社 2017/07 Japanese Supervisor Disclose to all
辻大和,中川尚史 辻大和,中川尚史 日本のサル―哺乳類学としてのニホンザル研究 日本のサル―哺乳類学としてのニホンザル研究 東京大学出版会 東京大学出版会 2017/05 Joint Editor Disclose to all
NAKAGAWA Naofumi 中川尚史 NAKAGAWA Naofumi International Encyclopedia of Primatology International Encyclopedia of Primatology International Encyclopedia of Primatology Wiley-Blackwell Wiley-Blackwell Wiley-Blackwell 2017 English Contributor Disclose to all
中川尚史 中川尚史 “ふつう”のサルが語るヒトの進化と起源 “ふつう”のサルが語るヒトの進化と起源 ぷねうま舎 ぷねうま舎 2015/11 Japanese Single Work Disclose to all
中川尚史,高柳敦,村上興生 中川尚史,高柳敦,村上興生 『京都府レッドデータブック2015―第1巻野生動物編』 『京都府レッドデータブック2015―第1巻野生動物編』 京都通信社 京都通信社 2015 Japanese Contributor Disclose to all
井上英治,中川尚史,南正人 井上英治,中川尚史,南正人 野生動物の行動観察法:実践 日本の哺乳類学 野生動物の行動観察法:実践 日本の哺乳類学 東京大学出版会 東京大学出版会 2013/08 Japanese Joint Work Disclose to all
NAKAGAWA Naofumi 中川尚史 NAKAGAWA Naofumi Mammals of Africa, vol. II, Primates Mammals of Africa, vol. II, Primates Mammals of Africa, vol. II, Primates Bloomsbury Publishing Bloomsbury Publishing Bloomsbury Publishing 2013 English Contributor Disclose to all
中川尚史,友永雅己,山極寿一 中川尚史,友永雅己,山極寿一 日本のサル学のあした:霊長類研究という「人間学」の可能性 日本のサル学のあした:霊長類研究という「人間学」の可能性 京都通信社 京都通信社 2012/12 Japanese Joint Editor Disclose to all
Huffman, M.A., Nakagawa, N., Go, Y., Imai, H., Tomonaga, M マイケル・A・ハフマン, 中川尚史, 郷康広, 今井啓雄, 友永雅己 Huffman, M.A., Nakagawa, N., Go, Y., Imai, H., Tomonaga, M Monkeys, Apes, and Humans: Primatology in Japan Monkeys, Apes, and Humans: Primatology in Japan Monkeys, Apes, and Humans: Primatology in Japan Springer Springer Springer 2012 Joint Work Disclose to all
Nakagawa, N.; Nakamichi, M., Sugiura, H. 中川尚史,中道正之,杉浦秀樹 Nakagawa, N.; Nakamichi, M., Sugiura, H. The Japanese Macaques The Japanese Macaques The Japanese Macaques Springer, Tokyo Springer Springer, Tokyo 2010/08 English Joint Editor Disclose to all
中川尚史 中川尚史 『集団―人類社会の進化』 『集団―人類社会の進化』 京都大学学術出版会 京都大学学術出版会 2009/12 Japanese Contributor Disclose to all
中川尚史 中川尚史 サバンナを駆けるサル-パタスモンキーの生態と社会 サバンナを駆けるサル-パタスモンキーの生態と社会 京都大学学術出版会、京都 京都大学学術出版会、京都 2007/04 Japanese Single Work Disclose to all
中川尚史 中川尚史 『遺伝子の窓から見た動物たちーフィールドと実験室をつないでー』 『遺伝子の窓から見た動物たちーフィールドと実験室をつないでー』 京都大学学術出版会 京都大学学術出版会 2006/04 Japanese Contributor Disclose to all
中川尚史 中川尚史 カメルーン・トラブル紀行 カメルーン・トラブル紀行 新風舎 新風舎 2003 Single Work Disclose to all
中川尚史 中川尚史 『霊長類生態学-環境と行動のダイナミズム』 『霊長類生態学-環境と行動のダイナミズム』 京都大学学術誌出版会 京都大学学術誌出版会 2000/09 Japanese Contributor Disclose to all
中川尚史 中川尚史 食べる速さの生態学 食べる速さの生態学 京都大学学術出版会 京都大学学術出版会 1999/06 Japanese Single Work Disclose to all
中川尚史 中川尚史 『霊長類学を学ぶ人のために』 『霊長類学を学ぶ人のために』 世界思想社 世界思想社 1999/02 Japanese Contributor Disclose to all
Nakagawa, N.; Iwamoto, T.; Yokota, N.; Soumah, A. G Nakagawa, N.; Iwamoto, T.; Yokota, N.; Soumah, A. G Evolution and ecology of macaque societies Evolution and ecology of macaque societies Evolution and ecology of macaque societies Cambridge University Press Cambridge University Press Cambridge University Press 1996 English Contributor Disclose to all
中川尚史 中川尚史 『サルの食卓 採食生態学入門』 『サルの食卓 採食生態学入門』 平凡社 平凡社 1994/05 Japanese Single Work Disclose to all
中川尚史, 正髙信男 中川尚史, 正髙信男 『ニホンザルの心を探る』, 『ニホンザルの心を探る』, 朝日新聞社 朝日新聞社 1992/11 Japanese Contributor Disclose to all
中川尚史 中川尚史 『人類以前の社会学-アフリカに霊長類を探る』 『人類以前の社会学-アフリカに霊長類を探る』 教育社 教育社 1990/04 Japanese Contributor Disclose to all
中川尚史, 杉山幸丸 中川尚史, 杉山幸丸 遊動のパターン(第9章)・採食(第10章)(分担執筆) 遊動のパターン(第9章)・採食(第10章)(分担執筆) 杉山幸丸・松沢哲郎監訳,J.Goodall著,「野生チンパンジーの世界(The Chimpanzees of Gombe:Patterns of Behavior)」,ミネルヴァ書房 ,京都) 杉山幸丸・松沢哲郎監訳,J.Goodall著,「野生チンパンジーの世界(The Chimpanzees of Gombe:Patterns of Behavior)」,ミネルヴァ書房 ,京都) 1990 Japanese Disclose to all
Naofumi Nakagawa Naofumi Nakagawa The function and evolutionary history of primate groups: focusing on sex differences in locational dispersal The function and evolutionary history of primate groups: focusing on sex differences in locational dispersal (Kawai K ed. "Groups: The Evolution of Human Sociality", p.79-110, Kyoto University Press, Kyoto (Kawai K ed. "Groups: The Evolution of Human Sociality", p.79-110, Kyoto University Press, Kyoto 2013/03 English Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
Awards
Title(Japanese) Title(English) Organization name(Japanese) Organization name(English) Date
学術奨励賞 日本霊長類学会 Primate Society of Japan 1995
Newspaper articles
Title Media name Column name Date
食物繊維をもっと取ろう 神戸新聞 第18面 2000/07/11
食物繊維を取ろう 伊勢新聞 2000/08/02
サルの文化目前で追う  フィールド派の今⑥ 朝日新聞 科学 2006/09/12
京都発サル学の60年 第1部 ニホンザルを追って・・7 京都新聞 第8面 2007/04/12
京都発サル学の60年 第2部 ヒトの源流求め・・25 京都新聞 第6面 2007/12/13
ニホンザル 生活空間が生殖に影響 読売新聞 科学 2010/08/30
ニホンザルのあいさつ おらが山では 朝日新聞 第1面 2015/02/11
ニホンザル平和の知恵 ハグでけんか回避 毎日新聞 2015/02/11
ニホンザルご当地あいさつ 読売新聞 2015/02/11
ニホンザルのハグ 地域のスタイル 産経新聞 2015/02/11
ハグで仲良しニホンザルも 日経新聞 2015/02/11
ニホンザルに「ご当地ハグ」 京大・中京大 地域差を初確認 中日新聞 第一面 2015/02/11
サルの「ハグ」にお国柄 京都新聞 2015/02/11
毎日小学生新聞 2015/03/10
サルの「抱き合い」に地域差 異なる文化か、京大確認 共同通信 2015/02/11
京大、ニホンザルでは初めて社会的習慣を発見 財経新聞 2015/02/12
ニホンザルの「ハグ」で地域差=宮城と鹿児島で観察―京大 時事通信 2015/02/10
京大生物学映像ネット公開 読売新聞 地域面 2018/06/15
多彩な生物 画像で 京大がサイト開設 京都新聞 社会面 2018/06/15

  • <<
  • >>
Personaly organized study/research groups
Group name Organization name Date
『霊長類の採食生態学の展開』 京都大学霊長類研究所共同利用研究会 1993/05/
『ニホンザルの長期研究その1』 京都大学霊長類研究所共同利用研究会 1996/01/
『霊長類における社会構造の進化再訪』(山越言との共同) 第20回日本霊長類学会大会 2004/07/02
『伊澤紘生のニホンザル観』 伊澤紘生先生退官記念研究会 2005/03/26
「遺伝子の窓から」研究会(第2回竹中研同窓会) 2007/05/12
第9回ニホンザル研究セミナー 2008/05/12
『ニホンザルにおける社会行動の文化的変異:情報収集のためのネットワーク作り』(中道正之との共同) 第24回日本霊長類学会大会 2008/07/04
『ニホンザルの稀な行動に関する情報の交換』(山田一憲・中道正之との共同) 第25回日本霊長類学会大会 2009/07/18
『野生動物の行動観察法入門:あなたの行動観察法はだいじょうぶ?』(井上英治・南正人との共同) 第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会 2013/09/09
『哺乳動物の食:探索から消化まで』(島田卓哉との共同) 第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会 2013/09/09
『ニホンザルの稀な行動に関する情報集約と公刊に向けて』(中道正之・山田一憲との共同) 第30回日本霊長類学会大会 2014/07/04_
『映像記録を用いた直接観察の困難な野生哺乳類の行動研究』(森光由樹との共同) 日本哺乳類学会2014年度大会 2014/09/05
ニホンザルにおける社会構造の個体群間変異と社会性の個体間変異:その遺伝的背景を探る 第32回日本霊長類学会大会 2016/07/15
『申年記念企画:若手サル学者によるニホンザルの行動研究』 日本哺乳類学会2016年度大会 2016/09/23

  • <<
  • >>
External funds, competitive funds and Grants-in-Aid for Scientific Research(kaken)
Type Position Title(Japanese) Title(English) Period
科学研究費補助金(基盤研究B一般) Representative ニホンザルの社会構造の個体群間差異:その遺伝的背景を探る Inter-population differences in social sturucture of Japanese macaques: its genetic background 2011-2014
科学研究費補助金(基盤研究B一般) Representative ニホンザルの社会構造の個体群間差異:その遺伝的背景を探る Inter-population differences in social sturucture of Japanese macaques: its genetic background 2011/12/14-2014/03/31
科学研究費補助金(基盤研究B一般) Representative ニホンザルの社会構造の個体群間差異:その遺伝的背景を探る (平成26年度分) Inter-population differences in social sturucture of Japanese macaques: its genetic background 2014/04/01-2015/03/31
科学研究費補助金(基盤研究B一般) Representative ニホンザルの社会構造の個体群間差異:その遺伝的背景を探る (平成27年度分) Inter-population differences in social sturucture of Japanese macaques: its genetic background 2015/04/01-2016/03/31
科学研究費補助金(基盤研究B一般) Representative ニホンザルの社会的慣習:インテンシヴ&エクステンシヴアプローチ 2017/04/01-2018/03/31
科学研究費補助金(基盤研究B特設分野研究) Assignment オラリティの進化史的基盤―対面状況での類人猿の共存機構 2017/08/01-
基盤研究(B) Representative ニホンザルの社会的慣習:インテンシヴ&エクステンシヴ・アプローチ (平成29年度分) 2017/04/01-2018/03/31
Teaching subject(s)
Name(Japanese) Name(English) Term Department Period
自然人類学A 前期 理学部 2011/04-2012/03
自然人類学A Physical Anthropology A 前期 全学共通科目 2011/04-2012/03
基礎生物学A Basic Biology A 前期 全学共通科目 2011/04-2012/03
生物学実習A (3) 前期 理学部 2011/04-2012/03
生物学セミナ-A (6) 後期 理学部 2011/04-2012/03
生物科学課題研究5 通年 理学部 2011/04-2012/03
基礎生物学A Basic Biology A 前期 全学共通科目 2012/04-2013/03
生物学セミナ-A Seminars in Biological Science A 後期 理学部 2012/04-2013/03
生物学実習A Laboratory work in Biological Science A 前期 理学部 2012/04-2013/03
生物科学課題研究5 Special Study CourseII(Biological Sciences) 5 通年 理学部 2012/04-2013/03
自然人類学A Physical Anthropology A 前期 全学共通科目 2012/04-2013/03
自然人類学A Physical Anthropology A 前期 理学部 2012/04-2013/03
霊長類フィールドワーク入門 Introduction to fieldwork on non-human primates 前期 全学共通科目 2012/04-2013/03
生物学実習A Laboratory work in Biological Science A 前期 理学部 2013/04-2014/03
生物学セミナ−A Seminars in Biological Science A 後期 理学部 2013/04-2014/03
生物科学課題研究5 Special Study CourseII(Biological Sciences) 5 通年 理学部 2013/04-2014/03
基礎生物学I Basic Biology I 前期 全学共通科目 2013/04-2014/03
自然人類学I Physical Anthropology I 前期 全学共通科目 2013/04-2014/03
生物学実習A Laboratory work in Biological Science A 前期 理学部 2014/04-2015/03
生物学セミナ-A Seminars in Biological Science A 後期 理学部 2014/04-2015/03
生物科学課題研究5 Special Study CourseII(Biological Sciences) 5 通年 理学部 2014/04-2015/03
人類進化研究特論IA Advanced Lectures : Human Evolution Studies IA 前期 理学研究科 2014/04-2015/03
人類進化研究特論IB Advanced Lectures : Human Evolution Studies IB 後期 理学研究科 2014/04-2015/03
人類進化論ゼミナールA Seminar on Human Evolution Studies A 前期 理学研究科 2014/04-2015/03
人類進化論ゼミナールB Seminar on Human Evolution Studies B 後期 理学研究科 2014/04-2015/03
人類進化論ゼミナールC Seminar on Human Evolution Studies C 前期 理学研究科 2014/04-2015/03
人類進化論ゼミナールD Seminar on Human Evolution Studies D 後期 理学研究科 2014/04-2015/03
基礎生物学I Basic Biology I 前期 全学共通科目 2014/04-2015/03
自然人類学I Physical Anthropology I 前期 全学共通科目 2014/04-2015/03
人類学第1部 Anthropology 1 前期 理学部 2015/04-2016/03
人類進化研究特論IIA Advanced Lectures : Human Evolution Studies IIA 前期 理学研究科 2015/04-2016/03
人類進化研究特論IIB Advanced Lectures : Human Evolution Studies IIB 後期 理学研究科 2015/04-2016/03
人類進化論ゼミナールA Seminar on Human Evolution Studies A 前期 理学研究科 2015/04-2016/03
人類進化論ゼミナールB Seminar on Human Evolution Studies B 後期 理学研究科 2015/04-2016/03
人類進化論ゼミナールC Seminar on Human Evolution Studies C 前期 理学研究科 2015/04-2016/03
人類進化論ゼミナールD Seminar on Human Evolution Studies D 後期 理学研究科 2015/04-2016/03
基礎生物学I Basic Biology I 前期 全学共通科目 2015/04-2016/03
生物学セミナ-A Seminars in Biological Science A 後期 理学部 2015/04-2016/03
生物学実習A Laboratory work in Biological Science A 前期 理学部 2015/04-2016/03
生物科学課題研究5 Special Study CourseII(Biological Sciences) 5 通年 理学部 2015/04-2016/03
考古学(特殊講義) Archaeology (Special Lectures) 前期 文学部 2015/04-2016/03
自然人類学I Physical Anthropology I 前期 全学共通科目 2015/04-2016/03
人類学第1部 Anthropology 1 前期 理学部 2016/04-2017/03
人類進化研究特論IA Advanced Lectures : Human Evolution Studies IA 前期 理学研究科 2016/04-2017/03
人類進化研究特論IB Advanced Lectures : Human Evolution Studies IB 後期 理学研究科 2016/04-2017/03
人類進化論ゼミナールA Seminar on Human Evolution Studies A 前期 理学研究科 2016/04-2017/03
人類進化論ゼミナールB Seminar on Human Evolution Studies B 後期 理学研究科 2016/04-2017/03
人類進化論ゼミナールC Seminar on Human Evolution Studies C 前期 理学研究科 2016/04-2017/03
人類進化論ゼミナールD Seminar on Human Evolution Studies D 後期 理学研究科 2016/04-2017/03
個体と集団の基礎生物学 Fundamentals of Organismal and Population Biology 後期 全学共通科目 2016/04-2017/03
生物学セミナ-A Seminars in Biological Science A 後期 理学部 2016/04-2017/03
生物学実習A Laboratory work in Biological Science A 前期集中 理学部 2016/04-2017/03
生物科学課題研究5 Special Study CourseII(Biological Sciences) 5 通年 理学部 2016/04-2017/03
考古学(特殊講義) Archaeology (Special Lectures) 前期 文学部 2016/04-2017/03
自然人類学I Physical Anthropology I 前期 全学共通科目 2016/04-2017/03
人類学第1部 Anthropology 1 前期 理学部 2017/04-2018/03
人類進化研究特論IIA Advanced Lectures : Human Evolution Studies IIA 前期 理学研究科 2017/04-2018/03
人類進化研究特論IIB Advanced Lectures : Human Evolution Studies IIB 後期 理学研究科 2017/04-2018/03
人類進化論ゼミナールA Seminar on Human Evolution Studies A 前期 理学研究科 2017/04-2018/03
人類進化論ゼミナールB Seminar on Human Evolution Studies B 後期 理学研究科 2017/04-2018/03
人類進化論ゼミナールC Seminar on Human Evolution Studies C 前期 理学研究科 2017/04-2018/03
人類進化論ゼミナールD Seminar on Human Evolution Studies D 後期 理学研究科 2017/04-2018/03
個体と集団の基礎生物学 Fundamentals of Organismal and Population Biology 後期 全学共通科目 2017/04-2018/03
生物学セミナ-A Seminars in Biological Science A 後期 理学部 2017/04-2018/03
生物学実習A Laboratory work in Biological Science A 前期集中 理学部 2017/04-2018/03
生物科学課題研究5 Special Study CourseII(Biological Sciences) 5 通年 理学部 2017/04-2018/03
考古学(特殊講義) Archaeology (Special Lectures) 前期 文学部 2017/04-2018/03
人類学第1部 Anthropology 1 前期 理学部 2018/04-2019/03
人類進化研究特論IA Advanced Lectures : Human Evolution Studies IA 前期 理学研究科 2018/04-2019/03
人類進化研究特論IB Advanced Lectures : Human Evolution Studies IB 後期 理学研究科 2018/04-2019/03
人類進化論ゼミナールA Seminar on Human Evolution Studies A 前期 理学研究科 2018/04-2019/03
人類進化論ゼミナールB Seminar on Human Evolution Studies B 後期 理学研究科 2018/04-2019/03
人類進化論ゼミナールC Seminar on Human Evolution Studies C 前期 理学研究科 2018/04-2019/03
人類進化論ゼミナールD Seminar on Human Evolution Studies D 後期 理学研究科 2018/04-2019/03
個体と集団の基礎生物学 Fundamentals of Organismal and Population Biology 後期 全学共通科目 2018/04-2019/03
基礎生物学実験I Experimental Course of Fundamental Biology I 後期集中 理学部 2018/04-2019/03
生物学セミナ-A Seminars in Biological Science A 後期 理学部 2018/04-2019/03
生物学実習A Laboratory work in Biological Science A 前期集中 理学部 2018/04-2019/03
生物科学課題研究5 Special Study CourseII(Biological Sciences) 5 通年 理学部 2018/04-2019/03
考古学(特殊講義) Archaeology (Special Lectures) 前期 文学部 2018/04-2019/03

  • <<
  • >>
Supervising student clubs/circles
Club/circle name(Japanese) Club/circle name(English) Period
京都大学野生生物研究会 Kyoto University Wildlife Research Association 2017/05/01-
School management (title, position)
Title Period
オープンキャンパス委員会 委員 2018/01/01-2018/12/31
Faculty management (title, position)
Title Period
霊長類研究所運営委員会委員 2014/10/01-2015/03/31
霊長類研究所共同利用・共同研究拠点専門委員会委員 2014/04/01-2016/03/31
理学研究科国際・社会交流委員会委員 2014/04/01-2015/03/31
理学研究科国際・社会交流委員会 OpenCampus委員会委員 2014/04/01-2015/03/31
理学研究科国際・社会交流委員会 国際交流奨学生推薦小委員会委員 2014/04/01-2015/03/31
理学研究科国際・社会交流委員会委員 2015/04/01-2016/03/31
理学研究科国際・社会交流委員会 OpenCampus委員会委員 2015/04/01-2016/03/31
霊長類研究所運営委員会委員 2014/10/01-2017/03/31
理学研究科国際・社会交流委員会委員 2016/04/01-2017/03/31
理学研究科国際・社会交流委員会 玉城記念小委員会委員 2016/04/01-2017/03/31
理学研究科国際・社会交流委員会 OpenCampus委員会委員 2016/04/01-2017/03/31
理学研究科会議構成員 2016/04/01-2017/03/31
理学研究科動物実験委員会委員 2017/04/01-2018/03/31
理学研究科会議構成員 2017/04/01-2018/03/31
理学研究科専攻長会議構成員 2017/04/01-2018/03/31
理学研究科生物科学専攻副専攻長 2017/04/01-2018/03/31
霊長類研究所運営委員会委員 2014/10/01-2019/03/31
霊長類研究所共同利用・共同研究拠点運営協議会委員 2017/04/01-2019/03/31
理学研究科国際・社会交流・広報委員会委員 2018/04/01-2019/03/31
理学研究科国際・社会交流・広報委員会 社会交流小委員会委員 2018/04/01-2019/03/31
理学研究科国際・社会交流・広報委員会 社会交流小委員会 opencampusワーキンググループ長 2018/04/01-2019/03/31
理学研究科国際・社会交流・広報委員会 社会交流小委員会 玉城・サイエンス倶楽部ワーキンググループ 2018/04/01-2019/03/31
理学研究科相談室運営委員会委員 2018/04/01-2020/03/31

  • <<
  • >>
Academic organizations (administrative title, position)
Organization name(Japanese) Organization name(English) Title(Japanese) Title(English) Period
日本霊長類学会 Primate Society of Japan 自然保護幹事 Secretary of Conservation and Animal Welfare 1990/07/-1999/06/
日本霊長類学会 Primate Society of Japan 自然保護理事 Director of Conservation and Animal Welfare 2001/07/-2005/06/
日本人類学会・進化人類学分科会 The Anthropological Society of Nippon, Subcommittee meeting of Evolutionary Anthlopology 幹事 Secretary 2005-2007
日本霊長類学会 Primate Society of Japan 編集理事 Editor of Primate Research 2007/07/-2011/06/
日本霊長類学会 Primate Society of Japan 副会長 Vice-president 2011/07/-2015/07/20
日本人類学会・進化人類学分科会 The Anthropological Society of Nippon, Subcommittee meeting of Evolutionary Anthlopology 会計監査 2012/01/01-2013/12/31
日本霊長類学会 Primate Society of Japan 編集理事 Editor of Primate Research 2015/07/21-
日本人類学会・進化人類学分科会 The Anthropological Society of Nippon, Subcommittee meeting of Evolutionary Anthlopology 幹事 Secretary 2015/11/01-2018/10/31
Academic organizations (editor, editing team)
Organization name(Japanese) Organization name(English) Journal name(Japanese) Journal name(English) Title Period
日本動物行動学会 Japan Ethological Society Journal of Ethology Journal of Ethology 編集委員 2002/01/01-2004/12/31
日本霊長類学会 Primate Society of Japan Primates Primates 編集委員 2002/01/01-
日本霊長類学会 Primate Socieyt of Japan 霊長類研究 Primate Research 編集長 2007/07/-2009/06/
日本霊長類学会 Primate Society of Japan 霊長類研究 Primate Research 副編集長 2009/07/-2011/06/
日本哺乳類学会 Mammalogical Society of Japan Mammal Study Mammal Study 編集委員 2014/01/01-2018/12/31
日本霊長類学会 Primate Society of Japan 霊長類研究 Primate Research 副編集長 2015/07/21-
Academic organizaion (peer-reviewer)
Organization name(Japanese) Organization name(English) Journal name(Japanese) Journal name(English) Period
日本霊長類学会 Primate Soceity of Japan Primates Primates 1996/01/01-2001/12/31
Conference administrator
Organization name Group name Title Period
日本哺乳類学会 2006年度大会 実行委員会委員 2005-2006/09/
International Primatological Socieity 23rd Congress Secretary General 2008/01/-2011/07/31
日本哺乳類学会 2014年度大会 実行委員会委員 2013/01/-2014/12/31
日本霊長類学会 第31回大会 実行委員会委員 2014/11/01-2015/07/20
日本霊長類学会 第33回大会 実行委員会委員 2016/11/01-2017/07/31
日本動物行動学会 第37回大会 実行委員会委員 2018/31-
Academic organization (other)
Organization name(Japanese) Organization name(English) Misc(Japanese) Misc(English) Period
日本哺乳類学会 論文賞2016年度選考委員長 2015/12/01-2016/06/30
Other activities (invited lecture)
Meeting Title Date
シオン短期大学公開講座 『サル学入門講座ーヒトになれなかったサルの社会』 1992/06/
日立市長寿学園 『サル学入門』 1992/11/
日立レディースセミナ- 『サル学から見た家族』 1992/11/
神戸市立保育所所長研修会 『動物行動学における育児のシステム』 1996/09/
アルピコカード・アフタヌーン講演会 『サルとヒトの食文化』 1997/06/
第15期さわやか大学(神戸新聞文化センター主催). 『サルの「食」に学ぼう』 2003/11/
平成16年度1学期神戸市老眼大学 『サルの食に学ぶ』 2004/06/
2004年度学園都市公開講座『赤ちゃん誕生に寄り添う』 『野生の世界の出産』 2004/12/
玉川大学学術研究所人文科学研究センター平成22年度第2回公開講演会 『霊長類学から見た人間性』 2010/11/
(社)近畿化学協会研修塾第32期研修塾第6回講座講演 『サル学から見たヒト』 2011/02/05
金華山復興支援チャリティ講義(帝京科学大学金華山支援プロジェクト) 『金華山のニホンザル研究』 2011/05/21
2013年度モンキーカレッジ “ふつう”のサルから人類の起源と進化を探る 2013/08/11
.おびひろ動物園開園50周年どうぶつの食、にんげんの食 どうぶつの食のお話 2013/09/23
TEDxKobe 2016: Spring out in unity. Exploring cultural genealogy from the hug of Japanese monkeys. 2016/06/12
第13回NBR公開シンポジウム ニホンザルの“かしこさ”の基盤を探る 2016/12/15
神戸市民間児童館協議会研修会 知性の基盤としての寛容性:サル学からのアプローチ 2017/02/25
第24期ミセスのためのリフレッシュサロン(神戸新聞文化センター主催) サルの「食」に学ぼう!でもサルの真似は禁物!! 2002/7
京都大学生活協同組合トークイベント 中川尚史,山越言,中田兼介 私はこうして研究者になった.動物研究の魅力と意義 2017/52/3

  • <<
  • >>
Other activities (publications of introductry books)
Authors Title Publisher Date
中川尚史 カメルーン・トラブル紀行 新風舎 2003
Other activities (primary and secondary education)
Title Activity School Prefecture Date
『命の感動体験(神戸市西区次世代育成支援)事業』 サルの子育てに関する授業 小学校 兵庫県 2004/12/
滋賀県立膳所高等学校平成22年度スーパーサイエンスハイスクールSSH事業 特別講義 霊長類のフィールドワーク入門 膳所高校 滋賀県 2010/11/
滋賀県立膳所高等学校平成23年度スーパーサイエンスハイスクールSSH事業 特別講義 霊長類のフィールドワーク入門(その2) 膳所高校 滋賀県 2011/10/08
滋賀県立膳所高等学校平成24年度スーパーサイエンスハイスクールSSH事業 特別講義 日本のサル学のあした 膳所高校 滋賀県 2012/12/08
帝塚山高等学校実習 嵐山のニホンザル行動観察実習 帝塚山高等学校 奈良県 2013/07/16
滋賀県立膳所高等学校平成25年度スーパーサイエンスハイスクールSSH事業 特別講義 野生哺乳類の行動観察入門 膳所高校 滋賀県 2013/12/07
膳所高校連携特別講義 特別講義 “ふつう”のサルから人類の起源と進化を探る 膳所高校 滋賀県 2014/01/10
ELCAS体験実習 実習 2014/01/11
滋賀県立膳所高等学校平成26年度スーパーサイエンスハイスクール科学技術人材育成重点枠事業土曜特別講義 特別講義 野生霊長類の研究から人類の起源と進化を探る 膳所高校 滋賀県 2014/09/20
京都大学見学会 研究紹介、講話 豊中高校 大阪府 2015/05/27
滋賀県立膳所高等学校平成27年度スーパーサイエンスハイスクール科学技術人材育成重点枠事業 土曜特別講義 高校生によるニホンザルの野外研究―京都大学ELCAS専修コースの実例 膳所高校 滋賀県 2015/10/03
ELCAS専修コース 人類進化論 2015
滋賀県立膳所高等学校平成28年度スーパーサイエンスハイスクール科学技術人材育成重点枠事業 土曜特別講義 膳所高校 滋賀県 2016/12/03
京都大学平成29年度ELCAS基盤コース前期講義 野生霊長類の研究から人類の起源と進化を探る 京都市 2017/10/21
滋賀県立膳所高等学校平成29年度スーパーサイエンスハイスクール 『Shiga Science Project 2017』 知性の基盤としての寛容性:サル学からのアプローチ 膳所高校 滋賀県 2017/12/2
滋賀県立膳所高等学校平成30年度スーパーサイエンスハイスクール 『Shiga Science Project 2018』 特別講義 新版:霊長類のフィールドワーク入門(その1) 膳所高校 滋賀県 2018/06/09
平成30年度京都大学講演会 研究紹介,講話 豊中高校 大阪府 2018/05/26

  • <<
  • >>
Other activities (public organizations)
Committee(Japanese) Committee(English) Title Organization name Period
科学研究費委員会 専門委員 日本学術振興会 2001/12/01-2002/11/30
科学研究費委員会 専門委員 日本学術振興会 2002/12/01-2003/11/30
特別研究員等審査会 専門委員 日本学術振興会 2005/08/01-2007/07/31
国際事業委員会 書面審査委員 日本学術振興会 2005/08/01-2007/07/31
科学研究費委員会 専門委員 日本学術振興会 2009/12/01-2010/11/30
京都府レッドデータ更新調査実行委員会哺乳類分科会 委員 京都府 2011/11/01-2013/02/28
「ニホンザル」バイオリソース運営委員会委員 委員 自然科学研究機構 2013/10/01-2015/07/31
京都大学霊長類研究所共同利用・共同研究拠点専門委員会委員 委員 京都大学霊長類研究所 2014/04/01-
京都大学霊長類研究所運営委員会委員 委員 京都大学霊長類研究所 2014/10/01-