水谷 雅彦

Last Update: 2019/06/07 12:54:12

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
水谷 雅彦/ミズタニ マサヒコ/Mizutani, Masahiko
Primary Affiliation(Org1/Job title)
Graduate Schools Letters/Professor
Faculty
Org1 Job title
文学部
Contact Address
Type Address(Japanese) Address(English)
Office 606-8501 京都市左京区吉田本町  京都大学大学院文学研究科 Graduate School of Letters, Kyoto University, Yoshidahonmachi Sakyo-ward Kyoto, Japan 606-8501
E-mail Address
E-mail address
mizutani @ ethics.bun.kyoto-u.ac.jp
Academic Organizations You are Affiliated to in Japan
Organization name(Japanese) Organization name(English)
日本哲学会 The Philosophical Association of Japan
日本倫理学会 The Japanese Society for Ethics
関西倫理学会
日本現象学会 The Phenomenological Association of Japan
Academic Degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
文学修士 京都大学
Work Experience
Period Organization(Japanese) Organization(English) Job title(Japanese) Job title(English)
1987/04/01-1989/07/31 神戸大学教養部 専任講師 Lecturer
2006/04/01-1992/09/30 神戸大学教養部 助教授 Associate Professor
1992/10/01-1997/03/31 神戸大学国際文化学部 助教授 Associate Professor
1997/04/01-2006/03/31 京都大学大学院文学研究科 Graduate School of Letters, Kyoto University 助教授 Associate Professor
2007/04/01- 京都大学大学院文学研究科 Graduate School of Letters, Kyoto University 教授 Professor
Language of Instruction
Language(japanese) Language(english) Code
英語
researchmap URL
https://researchmap.jp/mmizutani
Research Topics
(Japanese)
倫理学
(English)
Ethics
Overview of the research
(Japanese)
科学技術や医療技術が発展しつつある中で生じる倫理的問題を扱う既存の応用倫理学をはじめ、哲学が関わる学際的研究や、哲学と社会の実践的問題を連携することに関心がある。こうした分野の総称として応用哲学を確立し、特に東アジアの地域的背景や特殊性を考慮した哲学・倫理学的理論を構築することを目指している。
(English)
My research interest is not only in ethical problems in the society with science and medical technologies, which are discussed in existing areas of applied ethics, but also in interdisciplinary researches involving philosophy or connecting philosophy with practical problems in society. I call such a research area applied philosophy and aim to establish it, in particular, considering background in East Asia.
Fields of research (key words)
Key words(Japanese) Key words(English)
倫理学 Ethics
応用倫理学 Applied Ethics
応用哲学 Applied Philosophy
情報倫理 Information Ethics
専門職倫理 Professional Ethics
研究公正 Research Integrity
Published Papers
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 書評『集団 --人類社会の進化』 書評『集団 --人類社会の進化』 書評『集団 --人類社会の進化』 『アジア・アフリカ地域研究』, 京都大学アジア・アフリカ地域研究科, 10, 1 『アジア・アフリカ地域研究』, 京都大学アジア・アフリカ地域研究科, 10, 1 『アジア・アフリカ地域研究』, 京都大学アジア・アフリカ地域研究科, 10, 1 2011/03 Japanese Research paper(bulletin of university, research institution) Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 バーチャルリアリティは『悪』か? バーチャルリアリティは『悪』か? バーチャルリアリティは『悪』か? 『哲學』, 日本哲学会, 60, 67-82 『哲學』, 日本哲学会, 60, 67-82 『哲學』, 日本哲学会, 60, 67-82 2009/04 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 だれがどこで会話をするのか:会話の倫理学へむけて だれがどこで会話をするのか:会話の倫理学へむけて だれがどこで会話をするのか:会話の倫理学へむけて 『実践哲学研究』,実践哲学研究会, 31, 1-18 『実践哲学研究』,実践哲学研究会, 31, 1-18 『実践哲学研究』,実践哲学研究会, 31, 1-18 2008/11 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 倫理学が直面すべき現実とはなにか 倫理学が直面すべき現実とはなにか 倫理学が直面すべき現実とはなにか 『アルケー』, 関西哲学会, 14, 13-26 『アルケー』, 関西哲学会, 14, 13-26 『アルケー』, 関西哲学会, 14, 13-26 2007/05 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
Mizutani, M, Dorsey,J, Moor.J, 水谷雅彦 Mizutani, M, Dorsey,J, Moor.J, The Internet and Japanese Conception of Privacy The Internet and Japanese Conception of Privacy The Internet and Japanese Conception of Privacy Ethics and Information Technology,, 6, 2 Ethics and Information Technology,, 6, 2 Ethics and Information Technology,, 6, 2 2004/03 Refereed Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 プライバシー概念の再検討と現実的諸問題 プライバシー概念の再検討と現実的諸問題 プライバシー概念の再検討と現実的諸問題 『法哲学年報』, 日本法哲学会 『法哲学年報』, 日本法哲学会 『法哲学年報』, 日本法哲学会 2002/10 Refereed Japanese Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 専門的『虻』としての倫理学者の可能性 専門的『虻』としての倫理学者の可能性 専門的『虻』としての倫理学者の可能性 『倫理学研究』, 関西倫理学会 『倫理学研究』, 関西倫理学会 『倫理学研究』, 関西倫理学会 2001/03 Refereed Japanese Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 情報倫理学とはなにか 情報倫理学とはなにか 情報倫理学とはなにか 情報処理学会研究報告, 199, 11 情報処理学会研究報告, 199, 11 情報処理学会研究報告, 199, 11 1999/01 Refereed Japanese Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 書評論文:リヒャルト・グラトホーフ編著、佐藤嘉一訳『亡命の哲学者たち - アルフレッド・シュッツ/アロン・グールヴィッチ往復書簡 1939~1959』 書評論文:リヒャルト・グラトホーフ編著、佐藤嘉一訳『亡命の哲学者たち - アルフレッド・シュッツ/アロン・グールヴィッチ往復書簡 1939~1959』 書評論文:リヒャルト・グラトホーフ編著、佐藤嘉一訳『亡命の哲学者たち - アルフレッド・シュッツ/アロン・グールヴィッチ往復書簡 1939~1959』 『現象学年報』, 12 『現象学年報』, 12 『現象学年報』, 12 1997/11 Refereed Japanese Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 インターネット時代のコンピュータ・エシックス インターネット時代のコンピュータ・エシックス インターネット時代のコンピュータ・エシックス 基礎・境界ソサイエティ大会論文集 基礎・境界ソサイエティ大会論文集 基礎・境界ソサイエティ大会論文集 1996/08 Refereed Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 情報倫理とは何か 情報倫理とは何か 情報倫理とは何か 『環境技術』, 環境技術研究協会, 25, 6 『環境技術』, 環境技術研究協会, 25, 6 『環境技術』, 環境技術研究協会, 25, 6 1996/06 Refereed Disclose to all
Masahiko Mizutani 水谷雅彦 Masahiko Mizutani Possibility of the Critical Theory - A Limit of Theoretical Reflection by Phenomenology and Frankfurt School Possibility of the Critical Theory - A Limit of Theoretical Reflection by Phenomenology and Frankfurt School Possibility of the Critical Theory - A Limit of Theoretical Reflection by Phenomenology and Frankfurt School Proceedings of the 5th Japan America Phenomenology Conference Proceedings of the 5th Japan America Phenomenology Conference Proceedings of the 5th Japan America Phenomenology Conference 1994/09 Refereed English Research paper(international conference proceedings) Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 批判と反省 - 理論的反省の実践的限界とハーバーマス 批判と反省 - 理論的反省の実践的限界とハーバーマス 批判と反省 - 理論的反省の実践的限界とハーバーマス 『現代思想』, 8 『現代思想』, 8 『現代思想』, 8 1994/02 Japanese Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 <討議>と<対話> <討議>と<対話> <討議>と<対話> 『理想』, 620 『理想』, 620 『理想』, 620 1985/01 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 シェーラーにおける価値認識への道 シェーラーにおける価値認識への道 シェーラーにおける価値認識への道 関西倫理学会編『倫理学研究』, 14 関西倫理学会編『倫理学研究』, 14 関西倫理学会編『倫理学研究』, 14 1984/03 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 悔悟と人格 悔悟と人格 悔悟と人格 京都大学実践哲学研究会編『実践哲学研究』, 6 京都大学実践哲学研究会編『実践哲学研究』, 6 京都大学実践哲学研究会編『実践哲学研究』, 6 1983/09 Refereed Japanese Research paper(bulletin of university, research institution) Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
Misc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
水谷 雅彦 水谷 雅彦 水谷 雅彦 コミュニケーションと倫理学(下) コミュニケーションと倫理学(下) コミュニケーションと倫理学(下) 哲学研究, 0, 580, 109-129 哲学研究, 0, 580, 109-129 哲学研究, 0, 580, 109-129 2005/10 Japanese Disclose to all
水谷 雅彦 水谷 雅彦 水谷 雅彦 コミュニケーションと倫理学(上) コミュニケーションと倫理学(上) コミュニケーションと倫理学(上) 哲学研究, 0, 579, 29-48 哲学研究, 0, 579, 29-48 哲学研究, 0, 579, 29-48 2005/04 Japanese Disclose to all
品川 哲彦, 水谷 雅彦 品川 哲彦, 水谷 雅彦 品川 哲彦, 水谷 雅彦 ディスカッション要録 (〔関西倫理学会〕2004年度大会シンポジウム 制度としての福祉) ディスカッション要録 (〔関西倫理学会〕2004年度大会シンポジウム 制度としての福祉) ディスカッション要録 (〔関西倫理学会〕2004年度大会シンポジウム 制度としての福祉) 倫理学研究, 0, 35, 35-43 倫理学研究, 0, 35, 35-43 倫理学研究, 0, 35, 35-43 2005 Japanese Disclose to all
水谷 雅彦 水谷 雅彦 水谷 雅彦 <第2章>工学倫理ミニシンポジウム(高度情報化時代の工学倫理) <第2章>工学倫理ミニシンポジウム(高度情報化時代の工学倫理) <第2章>工学倫理ミニシンポジウム(高度情報化時代の工学倫理) 京都大学高等教育叢書, 20, 0, 22-26 京都大学高等教育叢書, 20, 0, 22-26 京都大学高等教育叢書, 20, 0, 22-26 2004/03/22 Japanese Disclose to all
水谷 雅彦 水谷 雅彦 水谷 雅彦 「高度情報化時代」における技術と倫理 (技術の哲学) -- (現代技術の前線と技術哲学) 「高度情報化時代」における技術と倫理 (技術の哲学) -- (現代技術の前線と技術哲学) 「高度情報化時代」における技術と倫理 (技術の哲学) -- (現代技術の前線と技術哲学) 思想, 0, 926, 108-120 思想, 0, 926, 108-120 思想, 0, 926, 108-120 2001/07 Japanese Disclose to all
水谷 雅彦 水谷 雅彦 水谷 雅彦 シンポジウム報告 専門的「虻」としての倫理学者の可能性 シンポジウム報告 専門的「虻」としての倫理学者の可能性 シンポジウム報告 専門的「虻」としての倫理学者の可能性 倫理学研究, 31, 0, 134-141 倫理学研究, 31, 0, 134-141 倫理学研究, 31, 0, 134-141 2001 Japanese Disclose to all
MIZUTANI Masahiko 水谷 雅彦 MIZUTANI Masahiko Information Ethics: An Introduction 情報倫理とはなにか Information Ethics: An Introduction IPSJ SIG Notes, 99, 11, 127-134 情報処理学会研究報告. EIP, [電子化知的財産・社会基盤], 99, 11, 127-134 IPSJ SIG Notes, 99, 11, 127-134 1999/01/30 Japanese Disclose to all
Mizutani Masahiko 水谷 雅彦 Mizutani Masahiko Computer Ethics in the Age of Internet インターネット時代のコンピュータエシックス Computer Ethics in the Age of Internet 情報 : 総合情報センター年報, 3, 0, 21-23 情報 : 総合情報センター年報, 3, 0, 21-23 , 3, 0, 21-23 1997/03/31 Japanese Disclose to all
水谷 雅彦 水谷 雅彦 水谷 雅彦 リヒャルト・グラトホ-フ編著,佐藤嘉一訳『亡命の哲学者たち--アルフレッド・シュッツ/アロン・グ-ルヴィッチ往復書簡1939〜1959』 リヒャルト・グラトホ-フ編著,佐藤嘉一訳『亡命の哲学者たち--アルフレッド・シュッツ/アロン・グ-ルヴィッチ往復書簡1939〜1959』 リヒャルト・グラトホ-フ編著,佐藤嘉一訳『亡命の哲学者たち--アルフレッド・シュッツ/アロン・グ-ルヴィッチ往復書簡1939〜1959』 現象学年報, 191-198 現象学年報, 191-198 現象学年報, 191-198 1997 Japanese Disclose to all
MIZUTANI Masahiko 水谷 雅彦 MIZUTANI Masahiko Computer Ethics in the Age of Internet インターネット時代のコンピュータ・エシックス Computer Ethics in the Age of Internet Proceedings of the Society Conference of IEICE, 1996, 0, 285-286 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 1996, 0, 285-286 Proceedings of the Society Conference of IEICE, 1996, 0, 285-286 1996/09/18 Japanese Disclose to all
水谷 雅彦 水谷 雅彦 水谷 雅彦 情報倫理とはなにか 情報倫理とはなにか 情報倫理とはなにか 環境技術 = Environmental conservation engineering, 25, 7, 412-416 環境技術 = Environmental conservation engineering, 25, 7, 412-416 環境技術 = Environmental conservation engineering, 25, 7, 412-416 1996/07/30 Japanese Disclose to all
水谷 雅彦 水谷 雅彦 水谷 雅彦 阪神・淡路大震災とコンピュ-タ・ネットワ-ク--コンピュ-タ・エシックスへの外挿的序論 (民主主義という問題<特集>) 阪神・淡路大震災とコンピュ-タ・ネットワ-ク--コンピュ-タ・エシックスへの外挿的序論 (民主主義という問題<特集>) 阪神・淡路大震災とコンピュ-タ・ネットワ-ク--コンピュ-タ・エシックスへの外挿的序論 (民主主義という問題<特集>) 現代思想, 23, 12, p126-135 現代思想, 23, 12, p126-135 現代思想, 23, 12, p126-135 1995/11 Japanese Disclose to all
Mizutani Masahiko 水谷 雅彦 Mizutani Masahiko Possibility of the Critical Theory : A Limit of Theoretical Reflection by Phenomenology and Frankfurt School Possibility of the Critical Theory : A Limit of Theoretical Reflection by Phenomenology and Frankfurt School Possibility of the Critical Theory : A Limit of Theoretical Reflection by Phenomenology and Frankfurt School 近代, 78, 0, 33*-43* 近代, 78, 0, 33*-43* , 78, 0, 33*-43* 1995/09 English Disclose to all
水谷 雅彦 水谷 雅彦 水谷 雅彦 嫉妬と羨望と : 水野和久先生のこと (水野和久教授退官記念特集) 嫉妬と羨望と : 水野和久先生のこと (水野和久教授退官記念特集) 嫉妬と羨望と : 水野和久先生のこと (水野和久教授退官記念特集) 近代, 78, 0, 149-152 近代, 78, 0, 149-152 近代, 78, 0, 149-152 1995/09 Japanese Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
Conference Activities & Talks
Title Title(Japanese) Title(English) Conference Conference(Japanese) Conference(English) Promotor Promotor(Japanese) Promotor(English) Date Language Assortment Disclose
The Philosophy of Ignorance: as the starting point of “applied philosophy[Invited] The Philosophy of Ignorance: as the starting point of “applied philosophy [Invited] The Philosophy of Ignorance: as the starting point of “applied philosophy [Invited] the 2nd Conference of Contemporary Philosophy in East Asia, the 2nd Conference of Contemporary Philosophy in East Asia, the 2nd Conference of Contemporary Philosophy in East Asia, 2014/08 English Oral presentation(keynote) Disclose to all
Information Ethics in the Age of the Internet –From a Japanese point of view[Invited] Information Ethics in the Age of the Internet –From a Japanese point of view [Invited] Information Ethics in the Age of the Internet –From a Japanese point of view [Invited] SAPIENTIA Lecture Series SAPIENTIA Lecture Series SAPIENTIA Lecture Series 1999/12 English Oral presentation(invited, special) Disclose to all
Title language:
Books etc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Publisher Publisher(Japanese) Publisher(English) Publication date Language Type Disclose
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 戸田山和久,美濃正,出口康夫編『これが応用哲学だ』 戸田山和久,美濃正,出口康夫編『これが応用哲学だ』 戸田山和久,美濃正,出口康夫編『これが応用哲学だ』 大隅書店 大隅書店 大隅書店 2012/05 Contributor Disclose to all
Masahiko Mizutani 水谷雅彦 Masahiko Mizutani Chadwick, R., Encyclopedia of Applied Ethics, Second Edition Chadwick, R., Encyclopedia of Applied Ethics, Second Edition Chadwick, R., Encyclopedia of Applied Ethics, Second Edition 2012/02 Contributor Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 戸田山和久, 出口康夫編『応用哲学を学ぶ人のために』 戸田山和久, 出口康夫編『応用哲学を学ぶ人のために』 戸田山和久, 出口康夫編『応用哲学を学ぶ人のために』 世界思想社 世界思想社 世界思想社 2011/05 Contributor Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 『世界思想』37号 『世界思想』37号 『世界思想』37号 世界思想社 世界思想社 世界思想社 2010/04 Contributor Disclose to all
水谷雅彦, 位田隆一, 片井修, 矢野智司 水谷雅彦, 位田隆一, 片井修, 矢野智司 水谷雅彦, 位田隆一, 片井修, 矢野智司 倫理への問いと大学の使命 倫理への問いと大学の使命 倫理への問いと大学の使命 京都大学学術出版会 京都大学学術出版会 京都大学学術出版会 2010/03 Joint Editor Disclose to all
Masahiko Mizutani 水谷雅彦 Masahiko Mizutani 応用倫理学事典 応用倫理学事典 応用倫理学事典 丸善 丸善 2007/12 Joint Editor Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 現代倫理学事典 現代倫理学事典 現代倫理学事典 弘文堂 弘文堂 弘文堂 2006 Other Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 岩波 応用倫理学講義<3> 「情報」 岩波 応用倫理学講義<3> 「情報」 岩波 応用倫理学講義<3> 「情報」 岩波書店 岩波書店 岩波書店 2005/03 Editor Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 奥野卓司他編『市民のための「遺伝子問題」入門』 奥野卓司他編『市民のための「遺伝子問題」入門』 奥野卓司他編『市民のための「遺伝子問題」入門』 岩波書店 岩波書店 岩波書店 2004/03 Contributor Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 『環』2003年秋号 『環』2003年秋号 『環』2003年秋号 藤原書店 藤原書店 藤原書店 2003/10 Contributor Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 情報の倫理学 情報の倫理学 情報の倫理学 丸善 丸善 丸善 2003/09 Single Work Disclose to all
水谷雅彦, 越智貢, 土屋俊 水谷雅彦, 越智貢, 土屋俊 水谷雅彦, 越智貢, 土屋俊 情報倫理の構築 情報倫理の構築 情報倫理の構築 新世社 新世社 新世社 2003/05 Joint Editor Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 デボラ・G・ジョンソン、『コンピュータの倫理学』 デボラ・G・ジョンソン、『コンピュータの倫理学』 デボラ・G・ジョンソン、『コンピュータの倫理学』 オーム社 オーム社 オーム社 2002/12 Joint Translation Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 情報倫理学研究資料集 情報倫理学研究資料集 情報倫理学研究資料集 京都大学文学研究科「情報倫理の構築」プロジェクト 京都大学文学研究科「情報倫理の構築」プロジェクト 京都大学文学研究科「情報倫理の構築」プロジェクト 2002 Editor Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 『思想』926号 『思想』926号 『思想』926号 岩波書店 岩波書店 岩波書店 2001/07 Contributor Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 『法学セミナー』2001年7月号 『法学セミナー』2001年7月号 『法学セミナー』2001年7月号 日本評論社 日本評論社 日本評論社 2001/07 Contributor Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 『生きること/死ぬこと』(『20世紀の定義(7)』) 『生きること/死ぬこと』(『20世紀の定義(7)』) 『生きること/死ぬこと』(『20世紀の定義(7)』) 岩波書店 岩波書店 岩波書店 2001/05 Contributor Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 大庭健, 鷲田清一編『所有のエチカ』 大庭健, 鷲田清一編『所有のエチカ』 大庭健, 鷲田清一編『所有のエチカ』 ナカニシヤ出版 ナカニシヤ出版 ナカニシヤ出版 2000/09 Contributor Disclose to all
水谷雅彦, 越智貢, 土屋俊 水谷雅彦, 越智貢, 土屋俊 水谷雅彦, 越智貢, 土屋俊 情報倫理学―電子ネットワーク社会のエチカ 情報倫理学―電子ネットワーク社会のエチカ 情報倫理学―電子ネットワーク社会のエチカ ナカニシヤ出版 ナカニシヤ出版 ナカニシヤ出版 2000/07 Joint Editor Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 有福孝岳編『エチカとは何か -現代倫理学入門』 有福孝岳編『エチカとは何か -現代倫理学入門』 有福孝岳編『エチカとは何か -現代倫理学入門』 ナカニシヤ出版 ナカニシヤ出版 ナカニシヤ出版 1999/11 Contributor Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 リチャード・J・バーンスタイン『科学・解釈学・実践 ---- 客観主義と相対主義を超えて』 リチャード・J・バーンスタイン『科学・解釈学・実践 ---- 客観主義と相対主義を超えて』 リチャード・J・バーンスタイン『科学・解釈学・実践 ---- 客観主義と相対主義を超えて』 岩波書店 岩波書店 岩波書店 1999/07 Single Translation Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 哲学・思想事典 哲学・思想事典 哲学・思想事典 岩波書店 岩波書店 岩波書店 1998/03 Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 佐藤康邦,溝口宏平編『モラル・アポリア』 佐藤康邦,溝口宏平編『モラル・アポリア』 佐藤康邦,溝口宏平編『モラル・アポリア』 ナカニシヤ出版 ナカニシヤ出版 ナカニシヤ出版 1998/02 Contributor Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 谷泰編『コミュニケーションの自然誌』 谷泰編『コミュニケーションの自然誌』 谷泰編『コミュニケーションの自然誌』 新曜社 新曜社 新曜社 1997/03 Contributor Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 横山雅彦編『「自然法則と自然法」両概念の歴史的生成過程とその思想的意義に関する研究』 横山雅彦編『「自然法則と自然法」両概念の歴史的生成過程とその思想的意義に関する研究』 横山雅彦編『「自然法則と自然法」両概念の歴史的生成過程とその思想的意義に関する研究』 文部省科学研究費補助金(一般研究B)研究成果報告書 文部省科学研究費補助金(一般研究B)研究成果報告書 文部省科学研究費補助金(一般研究B)研究成果報告書 1997/03 Contributor Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 『現代思想』1995年11月号 『現代思想』1995年11月号 『現代思想』1995年11月号 青土社 青土社 青土社 1995/11 Contributor Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 宇都宮芳明他編『倫理学を学ぶ人のために』 宇都宮芳明他編『倫理学を学ぶ人のために』 宇都宮芳明他編『倫理学を学ぶ人のために』 世界思想社 世界思想社 世界思想社 1994/09 Contributor Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 現象学事典 現象学事典 現象学事典 弘文堂 弘文堂 弘文堂 1994/03 Other Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 岩波講座『現代思想』第8巻 岩波講座『現代思想』第8巻 岩波講座『現代思想』第8巻 1994/02 Contributor Disclose to all
水谷雅彦, 川本隆史, 鷲田清一, 須藤訓任 水谷雅彦, 川本隆史, 鷲田清一, 須藤訓任 水谷雅彦, 川本隆史, 鷲田清一, 須藤訓任 マイクロ・エシックス マイクロ・エシックス マイクロ・エシックス 昭和堂 昭和堂 昭和堂 1993/09 Joint Editor Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 シュレーダー=フレチェット編、『環境の倫理(上)』 シュレーダー=フレチェット編、『環境の倫理(上)』 シュレーダー=フレチェット編、『環境の倫理(上)』 晃洋書房 晃洋書房 晃洋書房 1993/04 Single Translation Disclose to all
Mizutani, M., & Nissenbaum, H. 水谷雅彦 Mizutani, M., & Nissenbaum, H. roceedings of the First International Workshop for the Foundations of Information Ethics (FINE99) roceedings of the First International Workshop for the Foundations of Information Ethics (FINE99) roceedings of the First International Workshop for the Foundations of Information Ethics (FINE99) Kyoto University Kyoto University Kyoto University 1993/03 Joint Editor Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 『現象学と倫理学』 『現象学と倫理学』 『現象学と倫理学』 日本倫理学会 日本倫理学会 日本倫理学会 1992/10 Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 加茂直樹他編『生命倫理の現在』 加茂直樹他編『生命倫理の現在』 加茂直樹他編『生命倫理の現在』 世界思想社 世界思想社 世界思想社 1990/06 Contributor Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 訓覇曄雄他編『倫理学とはなにか』 訓覇曄雄他編『倫理学とはなにか』 訓覇曄雄他編『倫理学とはなにか』 勁草書房 勁草書房 勁草書房 1990/02 Contributor Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 フリードリッヒ・カウルバッハ『行為の哲学』 フリードリッヒ・カウルバッハ『行為の哲学』 フリードリッヒ・カウルバッハ『行為の哲学』 剄草書房 剄草書房 剄草書房 1988/09 Single Translation Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 丸山高司他編『知の理論の現在』 丸山高司他編『知の理論の現在』 丸山高司他編『知の理論の現在』 世界思想社 世界思想社 世界思想社 1987/04 Contributor Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 寺崎峻輔他編『西洋倫理思想の展開』 寺崎峻輔他編『西洋倫理思想の展開』 寺崎峻輔他編『西洋倫理思想の展開』 学術図書出版社 学術図書出版社 学術図書出版社 1987/04 Contributor Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 谷泰編『社会的相互行為の研究』 谷泰編『社会的相互行為の研究』 谷泰編『社会的相互行為の研究』 京都大学人文科学研究所 京都大学人文科学研究所 京都大学人文科学研究所 1987/03 Contributor Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 カール-オットー・アーぺル『哲学の変換』 カール-オットー・アーぺル『哲学の変換』 カール-オットー・アーぺル『哲学の変換』 二元社 二元社 二元社 1986/04 Joint Translation Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 『理想』第612号 『理想』第612号 『理想』第612号 理想社 理想社 理想社 1984/05 Single Translation Disclose to all
水谷雅彦 水谷雅彦 水谷雅彦 ヘルマン・シュミッツ『身体と感情の現象学』 ヘルマン・シュミッツ『身体と感情の現象学』 ヘルマン・シュミッツ『身体と感情の現象学』 産業図書 産業図書 産業図書 Joint Translation Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
External funds: competitive funds and Grants-in-Aid for Scientific Research (Kakenhi)
Type Position Title(Japanese) Title(English) Period
基盤研究(B) Representative 健康概念の哲学・倫理学的総合研究 2008-2010
基盤研究(B) Representative 「組織の社会的責任」に関する哲学・倫理学的研究 2013-2015
特別研究員奨励費 Representative 日本と西洋における自然概念の比較検討 2013-2014
挑戦的萌芽研究 Representative 研究公正の理念の学際的検討と日本的な研究倫理の構築 2015-2016
基盤研究(B) Representative 「組織の社会的責任」に関する哲学・倫理学的研究 (平成27年度分) 2015/04/01-2016/03/31
挑戦的萌芽研究 Representative 研究公正の理念の学際的検討と日本的な研究倫理の構築 (平成27年度分) 2015/04/01-2016/03/31
挑戦的萌芽研究 Representative 研究公正の理念の学際的検討と日本的な研究倫理の構築 (平成28年度分) 2016/04/01-2017/03/31
基盤研究(B) Representative 「組織の社会的責任」に関する哲学・倫理学的研究 (平成28年度分) 2016/04/01-2017/03/31
基盤研究(B) Representative 「信頼」概念に関する国際比較研究:応用倫理・実験哲学的アプローチ (平成28年度分) 2016/04/01-2017/03/31
基盤研究(B) Representative 「信頼」概念に関する国際比較研究:応用倫理・実験哲学的アプローチ (平成29年度分) 2017/04/01-2018/03/31
挑戦的萌芽研究 Representative 研究公正の理念の学際的検討と日本的な研究倫理の構築 (平成29年度分) 2017/04/01-2018/03/31
基盤研究(B) Representative 「信頼」概念に関する国際比較研究:応用倫理・実験哲学的アプローチ (平成30年度分) 2018/04/01-2019/03/31
基盤研究(B) Representative 「信頼」概念に関する国際比較研究:応用倫理・実験哲学的アプローチ (平成30年度分) 2018/04/01-2019/03/31

  • <<
  • >>
External funds: other than those above
System Main person Title(Japanese) Title(English) Period
未来開拓学術推進事業 水谷雅彦 情報倫理の構築 Foundations of Information Ethics 1998/04/01-2003/03/01
Teaching subject(s)
Name(Japanese) Name(English) Term Department Period
修士論文(倫理学) 通年集中 文学研究科 2011/04-2012/03
倫理学(特殊講義) 通年 文学研究科 2011/04-2012/03
倫理学(演習) 通年 文学研究科 2011/04-2012/03
卒業論文(倫理学) 通年集中 文学部 2011/04-2012/03
倫理学(講義) 通年 文学部 2011/04-2012/03
倫理学(特殊講義) 通年 文学部 2011/04-2012/03
倫理学(演習) 通年 文学部 2011/04-2012/03
文学部英語A English (Humanities)A 前期 全学共通科目 2011/04-2012/03
偏見・差別・人権 Prejudice,Discrimination, and Human Rights 後期 全学共通科目 2011/04-2012/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2012/04-2013/03
倫理学(演習) Ethics (Seminars) 通年 文学研究科 2012/04-2013/03
倫理学(演習) Ethics (Seminars) 通年 文学部 2012/04-2013/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 通年 文学研究科 2012/04-2013/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 通年 文学部 2012/04-2013/03
倫理学(講義) Ethics (Lectures) 通年 文学部 2012/04-2013/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2012/04-2013/03
研究科横断型教育科目(Bタイプ) Kyoto University Transdisciplinary Graduate Program (Btype) (Lectures) 前期集中 文学研究科 2012/04-2013/03
研究科横断型教育科目(Bタイプ) Kyoto University Transdisciplinary Graduate Program (Btype) (Lectures) 後期集中 文学研究科 2012/04-2013/03
倫理学(講義) Ethics (Lectures) 通年 文学部 2013/04-2014/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 通年 文学部 2013/04-2014/03
倫理学(演習) Ethics (Seminars) 通年 文学部 2013/04-2014/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2013/04-2014/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 通年 文学研究科 2013/04-2014/03
倫理学(演習) Ethics (Seminars) 通年 文学研究科 2013/04-2014/03
研究科横断型教育科目(Bタイプ) Kyoto University Transdisciplinary Graduate Program (Btype) (Lectures) 後期 文学研究科 2013/04-2014/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2013/04-2014/03
応用倫理学入門 Introduction to Applied Ethics 前期 全学共通科目 2013/04-2014/03
倫理学(講義) Ethics (Lectures) 通年 文学部 2014/04-2015/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 通年 文学部 2014/04-2015/03
倫理学(演習) Ethics (Seminars) 通年 文学部 2014/04-2015/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 通年 文学研究科 2014/04-2015/03
倫理学(演習) Ethics (Seminars) 通年 文学研究科 2014/04-2015/03
研究科横断型教育科目(Aタイプ) Kyoto University Transdisciplinary Graduate Program (Atype) 後期 文学研究科 2014/04-2015/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2014/04-2015/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 後期 文学研究科 2014/04-2015/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2014/04-2015/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2015/04-2016/03
倫理学(演習) Ethics (Seminars) 通年 文学研究科 2015/04-2016/03
倫理学(演習) Ethics (Seminars) 通年 文学部 2015/04-2016/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 後期 文学研究科 2015/04-2016/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 通年 文学研究科 2015/04-2016/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 通年 文学部 2015/04-2016/03
倫理学(講義) Ethics (Lectures) 通年 文学部 2015/04-2016/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2015/04-2016/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2016/04-2017/03
倫理学(演習) Ethics (Seminars) 通年 文学研究科 2016/04-2017/03
倫理学(演習) Ethics (Seminars) 通年 文学部 2016/04-2017/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 通年 文学研究科 2016/04-2017/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 通年 文学部 2016/04-2017/03
倫理学(講義) Ethics (Lectures) 通年 文学部 2016/04-2017/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2016/04-2017/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2017/04-2018/03
倫理学(演習) Ethics (Seminars) 通年 文学研究科 2017/04-2018/03
倫理学(演習) Ethics (Seminars) 通年 文学部 2017/04-2018/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 通年 文学研究科 2017/04-2018/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 通年 文学部 2017/04-2018/03
倫理学(講義) Ethics (Lectures) 通年 文学部 2017/04-2018/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2017/04-2018/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2018/04-2019/03
倫理学(演習) Ethics (Seminars) 通年 文学研究科 2018/04-2019/03
倫理学(演習) Ethics (Seminars) 通年 文学部 2018/04-2019/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 通年 文学研究科 2018/04-2019/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 通年 文学部 2018/04-2019/03
倫理学(講義) Ethics (Lectures) 通年 文学部 2018/04-2019/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2018/04-2019/03
哲学基礎文化学系ゼミナール Relay Seminars for Undergraduate Students (Seminars) 後期 文学部 2018/04-2019/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2019/04-2020/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2019/04-2020/03
倫理学(演習) Ethics (Seminars) 通年 文学研究科 2019/04-2020/03
倫理学(演習) Ethics (Seminars) 通年 文学部 2019/04-2020/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 通年 文学研究科 2019/04-2020/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 通年 文学部 2019/04-2020/03
倫理学(講義) Ethics (Lectures) 通年 文学部 2019/04-2020/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2019/04-2020/03

  • <<
  • >>
Participation in PhD Defense
Acquirer Title Position Date
三谷 尚澄 人間の合理的行為者性をめぐるカントの分析について Sub 2006/01/23
奥田 太郎 ヒューム哲学における情念と倫理 Chief 2006/01/23
児玉 聡 ベンタムの功利主義の理論とその実践的含意の検討 Chief 2006/01/23
神崎 宣次 意図の上では合理的な存在―ハーバート・サイモンの合理性観についての考察― Chief 2008/03/24
佐々木 拓 ジョン・ロック道徳哲学の射程 Chief 2008/03/24
林 芳紀 「公正としての正義」研究 Chief 2007/03/23
島内 明文 アダム・スミスの倫理学の構造と意義の解明 Chief 2009/01/23
今出 敏彦 ハンナ・アーレントの『人間の条件』再考―生の二重化としてのVita Activa― Sub 2009/03/23
山本 圭一郎 J・S・ミルの実践哲学:実践の論理と倫理 Chief 2010/01/25
山口 雅広 良心と思慮 トマス・アクィナスにおける人間的行為の一側面 Sub 2009/11/24
吉沢 一也 プラトンの倫理思想 Sub 2010/11/24
亀喜 信 伝える人間―ハンナ・アレントの人間論― Chief 2009/07/23
品川 哲彦 正義と境を接するもの ―責任という原理とケアの倫理― Sub 2007/03/23
本田 裕志 ベルクソン哲学における空間・延長・物質 Chief 2010/07/23
相澤 伸依 ミシェル・フーコーの方法論の研究 Chief 2012/01/23
林 誓雄 ヒューム道徳哲学の包括的再構成 Chief 2012/11/26
小城 拓理 ロック倫理学の解明とその現代的意義の探求 Chief 2013/03/25
永守 伸年 カントの批判哲学における構想力の研究 Chief 2015/05/25
杉本 俊介 ‘Why Be Moral?’問題の再検討 Chief 2015/07/23
三木 那由他 心理的であり公共的である意味について Sub 2015/09/24
鈴木 崇志 フッサールの他者論と倫理学の架橋 Chief 2018/11/26

  • <<
  • >>
Participation in PhD Defenses (other than KU)
Acquirer Title University Country Position Date
畠中和生 マックス・シェーラー哲学的人間学研究 広島大学 日本 Sub 2012/3
School management (title, position)
Title Period
京都大学奨学金返還免除候補者選考委員会 委員 2011/04/01-2013/03/31
学生生活委員会 委員 2011/04/01-2013/03/31
学生表彰選考委員会 委員 2013/01/01-2013/03/31
公正研究ワーキンググループ 2014/06/24-2014/08/22
京都大学研究公正の推進検討委員会 研究不正対応小委員会 委員 2014/09/27-2015/02/28
京都大学研究公正推進委員会 委員 2015/03/01-2017/03/31
教育研究評議会 評議員 2015/11/01-2018/03/31
図書館協議会 協議員 2015/11/01-2018/03/31
国際高等教育院 企画評価専門委員会 統合科学系特別部会 委員 2014/04/01-2015/10/31
研究公正推進委員会 委員 2015/03/01-
情報ネットワーク倫理委員会委員 2015/04/01-2019/03/31
附属図書館選書小委員会員 2017-2018
研究公正推進委員会 委員 2015/03/01-2021/03/31

  • <<
  • >>
Faculty management (title, position)
Title Period
専修主任 2014/04/01-2015/10/31
情報委員会委員 1999/04/01-2016/03/31
自己点検・評価委員会委員 2013/10/01-2014/09/30
第1委員会委員 2015/04/01-2016/03/31
アジア研究教育ユニット 運営協議員 2015/11/01-2017/03/31
副研究科長 2015/11/01-2018/03/31
企画委員会委員 2015/11/01-2018/03/31
国際交流委員会委員 2015/11/01-2018/03/31
図書委員会委員 2015/11/01-2018/03/31
安全衛生委員会委員 2015/11/01-2018/03/31
特別委員会委員 2015/11/01-2018/03/31
応用哲学・倫理学研究センター運営委員会委員 2016/04/01-2018/03/31
専修主任 2018/04/01-2019/03/31
系代表 2019/04/01-2020/03/31
運営委員会委員 2019/04/01-2020/03/31
図書員会員委員 2019/04/01-2020/03/31

  • <<
  • >>
Other activities (public organizations)
Committee(Japanese) Committee(English) Title Organization name Period
日本学術振興会学術システム研究センター The Research Center for Science Systems 専門研究員 日本学術振興会 2013/04/01-
Experience of living abroad
Organization Department Research theme Country Period
Princeton University Department of Philosophy Information Ethics USA 1999/08/01-2000/01/31