兒島 憲二

Last Update: 2016/10/12 23:37:38

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
兒島 憲二/コジマ ケンジ/Kenji Kojima
Primary department(Org1/Org2/Org3/Job title)
農学研究科/食品生物科学専攻食品生命科学講座/助教
Faculty
Org1 Org2 Org3 Job title
農学部
Academic degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
修士(農学) 京都大学
博士(農学) 京都大学
Personal Profile
(Japanese)
2001年京都大学農学部食品生物学科入学、2005年同学科卒業、2005年京都大学大学院農学研究科食品生物科学専攻修士課程入学、2007年同修士課程修了。2009年より京都大学大学院農学研究科助教、現在に至る。研究は、蛋白質工学的手法によるプロテアーゼの性質改変。学生時代は体育会サイクリング部に所属。
Research Topics
(Japanese)
酵素の構造と機能の関係
(English)
Relationships between structure and function of enzymes
Overview of your research
(Japanese)
酵素の構造と機能の関係を深く理解することにより、生体内での酵素の働きの解明や酵素の性質の改良をめざす。また、酵素の新しい産業利用法についても考える。
(English)
I work on elucidating in vivo functions of enzymes and improving properties of industrial enzymes by understanding their structure-function relationships deeply. I try to explore new ways for industrial use of enzymes.
Fields of research (key words)
Key words(Japanese) Key words(English)
酵素化学 Enzyme chemistry
プロテアーゼ Protease
蛋白質工学 Protein engineering
Fields of research (kaken code)
Kaken code
Applied Biochemistry
Published Papers > Published Papers
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language
K. Kojima; H. Nakata; K. Inouye Involvement of Val 315 located in the C-terminal region of thermolysin in its expression in Escherichia coli and its thermal stability Biochimica et Biophysica Acta - Proteins and Proteomics,1844,2,330-338 2014 Refereed English
T. Daba; K. Kojima; K. Inouye Interaction of wheat β-amylase with maltose and glucose as examined by fluorescence Journal of Biochemistry,154,1,85-92 2013/07 Refereed English
T. Daba; K. Kojima; K. Inouye Kinetic and thermodynamic analysis of the inhibitory effects of maltose, glucose, and related carbohydrates on wheat β-amylase Enzyme and Microbial Technology,52,4-5,251-257 2013/04/10 Refereed English
K. Inouye; M. Tomoishi; M. Yasumoto; Y. Miyake; K. Kojima; S. Tsuzuki; T. Fushiki Roles of CUB and LDL receptor class A domain repeats of a transmembrane serine protease matriptase in its zymogen activation Journal of Biochemistry,153,1,51-61 2013/01 Refereed English
T. Daba; K. Kojima; K. Inouye Chemical modification of wheat β-amylase by trinitrobenzenesulfonic acid, methoxypolyethylene glycol, and glutaraldehyde to improve its thermal stability and activity Enzyme and Microbial Technology,53,6-7,420-426 2013 Refereed English
T. Daba; K. Kojima; K. Inouye Characterization and solvent engineering of wheat β-amylase for enhancing its activity and stability Enzyme and Microbial Technology,51,5,245-251 2012/10/10 Refereed English
K. Kojima; K. Inouye Activation of matriptase zymogen Journal of Biochemistry,150,2,123-125 2011/08 Refereed English
K. Inouye; S. Tsuzuki; M. Yasumoto; K. Kojima; S. Mochida; T. Fushiki Identification of the matriptase second CUB domain as the secondary site for interaction with hepatocyte growth factor activator inhibitor type-1 Journal of Biological Chemistry,285,43,33394-33403 2010/10/22 Refereed English
K. Kojima; S. Tsuzuki; T. Fushiki; K. Inouye Role of the stem domain of matriptase in the interaction with its physiological inhibitor, hepatocyte growth factor activator inhibitor type I Journal of Biochemistry,145,6,783-790 2009/06 Refereed English
K. Kojima; S. Tsuzuki; T. Fushiki; K. Inouye The II transmembrane serine protease, matriptase, is dependent solely on the catalytic domain Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,73,2,454-456 2009/02 Refereed English
K. Kojima; S. Tsuzuki; T. Fushiki; K. Inouye Roles of functional and structural domains of hepatocyte growth factor activator inhibitor type 1 in the inhibition of matriptase Journal of Biological Chemistry,283,5,2478-2487 2008/02/01 Refereed English

  • <<
  • >>
Conference Presentation > Conference Presentation
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language
○兒島憲二、伊達明子、井上國世 サーモライシンの基質特異性に対するS1’サブサイトに位置するLeu202残基の役割 第87回日本生化学会大会 2014/10 Japanese
Tadessa DABA、○兒島憲二、井上國世 化学修飾によるコムギβ-アミラーゼの熱安定性および酵素活性の向上 日本農芸化学会2014年度大会 2014/03 Japanese
○Tadessa Daba、兒島憲二、井上國世 Kinetic and thermodynamic analysis of the inhibitory effects of maltose and related carbohydrates on wheat β-amylase 第85回日本生化学会大会 2012/12 English
○兒島憲二、中田博己、井上國世 サーモライシンの大腸菌での発現および熱安定性に対するC末端領域のアミノ酸残基Val315の関与 第85回日本生化学会大会 2012/12 Japanese
中田博己、○兒島憲二、井上國世 サーモライシンのC末端領域への部位特異的変異導入が酵素活性および安定性に及ぼす影響 日本農芸化学会2012年度大会 2012/03 Japanese
○Bedada Tadessa、兒島憲二、井上國世 Characterization and solvent engineering of wheat β-amylase for enhancing its activity and stability 日本農芸化学会2012年度大会 2012/03 English
○兒島憲二、樋爪彩子、伊達明子、井上國世 サーモライシンの基質結合部位への変異導入が酵素活性および好塩性に及ぼす影響 第84回日本生化学会大会 2011/09 Japanese
○兒島 憲二、伊達明子、井上國世 サーモライシンのLeu202への部位特異的変異導入による基質特異性の変化 日本農芸化学会2011年度大会 2011/03 Japanese
○樋爪彩子、兒島憲二、井上國世 サーモライシンの115位における芳香族性アミノ酸残基の必要性 日本農芸化学会2011年度大会 2011/03 Japanese
○呉甸、兒島憲二、井上國世 サーモライシンの活性に対するLiClの添加効果 日本農芸化学会2011年度大会 2011/03 Japanese
○樋爪 彩子、兒島 憲二、橋田 泰彦、井上 國世 サーモライシンのS1サブサイトに存在するPhe114の機能の改変 日本農芸化学会2010年度大会 2010/03 Japanese
伊達 明子、○兒島 憲二、澤井 和宏、保川 清、井上 國世 サーモライシンのS1’サブサイトへの部位特異的変異導入による基質特異性の改変 日本農芸化学会2010年度大会 2010/03 Japanese
○兒島憲二、都築巧、伏木亨、井上國世 Membrane-type serine protease1(MT-SP1)の阻害におけるhepatocyte growth factor activator inhibitor type-1 (HAI-1) の各ドメインの役割 日本農芸化学会2007年度大会 2007/03 Japanese
○兒島 憲二、都築 巧、伏木 亨、井上 國世 Membrane-type serine protease 1 (MT-SP1) プロドメインの生物学的意義の解明: Hepatocyte growth factor activator inhibitor-1 (HAI-1) との相互作用における意義 日本農芸化学会2006年度大会 2006/03 Japanese
○兒島憲二、三宅由夏、都築巧、伏木亨、井上國世 Hepatocyte growth factor activator inhibitor type-1 によるmembrane-type serine protease 1の阻害 日本農芸化学会2005年度大会 2005/03 Japanese

  • <<
  • >>
Teaching subject(s)
Name(Japanese) Name(English) Term Department Period
酵素化学・生化学実験及び実験法 前期 農学部 2011/04-2012/03
酵素化学専攻実験 農学研究科 2011/04-2012/03
酵素化学専攻演習 農学研究科 2011/04-2012/03
酵素化学実験及び実験法 Laboratory Course in Enzyme Chemistry 前期 農学部 2012/04-2013/03
酵素化学実験及び実験法 Laboratory Course in Enzyme Chemistry 前期 農学部 2013/04-2014/03
酵素化学専攻演習 Enzyme Chemistry Seminar 通年 農学研究科 2013/04-2014/03
酵素化学専攻実験 Experimental Course of Enzyme Chemistry 通年 農学研究科 2013/04-2014/03
酵素化学実験及び実験法 Laboratory Course in Enzyme Chemistry 前期 農学部 2014/04-2015/03
酵素化学専攻演習 Enzyme Chemistry Seminar 通年 農学研究科 2014/04-2015/03
酵素化学専攻実験 Experimental Course of Enzyme Chemistry 通年 農学研究科 2014/04-2015/03
酵素化学実験及び実験法 Laboratory Course in Enzyme Chemistry 前期 農学部 2015/04-2016/03
酵素化学専攻実験1 Experimental Course of Enzyme Chemistry1 通年 農学研究科 2015/04-2016/03
酵素化学専攻実験 Experimental Course of Enzyme Chemistry 通年 農学研究科 2015/04-2016/03
酵素化学専攻演習1 Enzyme Chemistry Seminar1 通年 農学研究科 2015/04-2016/03
酵素化学専攻演習 Enzyme Chemistry Seminar 通年 農学研究科 2015/04-2016/03
酵素化学実験及び実験法 Laboratory Course in Enzyme Chemistry 前期 農学部 2016/04-2017/03
酵素化学専攻実験1 Experimental Course of Enzyme Chemistry1 通年 農学研究科 2016/04-2017/03
酵素化学専攻実験2 Experimental Course of Enzyme Chemistry2 通年 農学研究科 2016/04-2017/03
酵素化学専攻実験 Experimental Course of Enzyme Chemistry 通年 農学研究科 2016/04-2017/03
酵素化学専攻演習1 Enzyme Chemistry Seminar1 通年 農学研究科 2016/04-2017/03
酵素化学専攻演習2 Enzyme Chemistry Seminar2 通年 農学研究科 2016/04-2017/03
酵素化学専攻演習 Enzyme Chemistry Seminar 通年 農学研究科 2016/04-2017/03

  • <<
  • >>