田中 祐理子

Last Update: 2019/05/08 15:49:45

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
田中 祐理子/タナカ ユリコ/Tanaka, Yuriko
Primary Affiliation(Org1/Job title)
The HAKUBI Center for Advanced Research/Program-Specific Associate Professor
Contact Address
Type Address(Japanese) Address(English)
Office 京都市左京区北白川追分町京大北部構内北部総合教育研究棟 Maskawa Building, Kyoto University, Kitashirakawa-Oiwakecho, Sakyo, Kyoto
E-mail Address
tanaka.yuriko.4v @ kyoto-u.ac.jp
Academic Organizations You are Affiliated to in Japan
Organization name(Japanese) Organization name(English)
日本科学史学会 The History of Science Society of Japan
日本科学哲学会 The Philosophy of Science Society, Japan
日本社会学会 Japan Sociological Society
表象文化論学会 Association for Studies of Culture and Representation
化学史学会 Japanese Society for the History of Chemistry
Academic Organizations Overaseas You are Affiliated to
Organization name Country
History of Science Society United States
Academic Degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
修士(学術) 東京大学
博士(学術) 東京大学
Language of Instruction
Language
English
French
researchmap URL
https://researchmap.jp/read0092035
Research Topics
(Japanese)
大戦期科学研究の質的変遷:20世紀史と真理概念の相互影響研究
(English)
The wartime changing nature of scientific research: an investigation into the interaction of 20th century history and concepts of truth
Overview of the research
(Japanese)
私は現代哲学を専門とし、哲学的問題との関連から、科学の歴史を研究しています。「現実」の意味や「真理」の基盤は、歴史を通じて絶えず問い直され、ときに転換してきました。19世紀初頭以来、知識の形式は重要な変容を経験しました。この変容は、私たちの現代的生活、あるいは「グローバル」な生活のありようを決定づける基盤となって、今日に続いています。人間の認識に関する問いがヨーロッパで大きく発展したとき、同時にそこでは政治的・経済産業的な変革の総体が、人々の暮らしの形と基本条件とを変えました。この変化はやがて国境を超えて拡大し、日本に住む私たちにとっても、それは「私たちの歴史」と呼ぶべきものとなったのです。私はこの歴史を、そこに並走しつつ互いに緊密に影響し合いながら進行した過程として、理論、テクノロジー、および人々の諸経験という、3つの道筋において辿りたいと考えています。
(English)
I specialize in contemporary philosophy and study of modern history of science with regard to philosophical questions. Meanings of “reality” or bases of “truth” have always been questioned and sometimes drastically transformed through history. Since the turn of the nineteenth century forms of human knowledge underwent significant modifications, outcome of which today should exert fundamental influence on our contemporary and “global” forms of life; a series of radical questionings of the human cognition arose and developed at first in Europe, just when a complex of political and industrial revolutions was changing forms and conditions of human life in the region, and then those changes have spread across boundaries, to the extent that we the Japanese would also call this history “ours.” In my research I trace this historical process going along the parallel but deeply interacting paths of theory, technology, and human experiences.
Fields of research (key words)
Key words(Japanese) Key words(English)
哲学 philosophy
近代医学思想史 history of modern medical thoughts
Published Papers
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
TANAKA Yuriko 田中 祐理子 TANAKA Yuriko Perspectives of the Year 1945 and Turning Points in the History of Science Perspectives of the Year 1945 and Turning Points in the History of Science Perspectives of the Year 1945 and Turning Points in the History of Science Zinbun, 49, 113-121 Zinbun, 49, 113-121 Zinbun, 49, 113-121 2019/03 Refereed English Research paper(scientific journal) Disclose to all
TANAKA Yuriko 田中 祐理子 TANAKA Yuriko The Meaning of Historical Study of Sciences for Canguilhem, the Philosopher 哲学者カンギレムにとっての科学史研究 The Meaning of Historical Study of Sciences for Canguilhem, the Philosopher Kagakushi Kenkyu, 57, 288, 285-294 科学史研究, 57, 288, 285-294 Kagakushi Kenkyu, 57, 288, 285-294 2019/01 Japanese Research paper(research society, symposium materials, etc.) Disclose to all
TANAKA Yuriko 田中 祐理子 TANAKA Yuriko Leeuwenhoek's Microscopic Observations and Views on Materiality: About His Interpretations of 'Globules of Blood' and 'Yeast' レーウェンフックの顕微鏡観察と物質観―〈血球〉と〈イースト〉の説明をめぐって Leeuwenhoek's Microscopic Observations and Views on Materiality: About His Interpretations of 'Globules of Blood' and 'Yeast' Kagakushi, 45, 4, 165-178 化学史研究, 45, 4, 165-178 Kagakushi, 45, 4, 165-178 2018/12 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
田中 祐理子 田中 祐理子 臨界・生成・われわれの知――「微細な生」が与えるものについて 臨界・生成・われわれの知――「微細な生」が与えるものについて 現代思想臨時増刊号, 44, 11, 182-197 現代思想臨時増刊号, 44, 11, 182-197 , 44, 11, 182-197 2016/05 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
田中 祐理子 田中 祐理子 〈科学〉と「信じられない事柄」 〈科学〉と「信じられない事柄」 現代思想, 42, 12, 160-171 現代思想, 42, 12, 160-171 , 42, 12, 160-171 2014/07 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
田中 祐理子 田中 祐理子 隠喩と科学の歴史―—感染症と20世紀をめぐって 隠喩と科学の歴史―—感染症と20世紀をめぐって 情況(別冊 思想理論編), 3, 115-131 情況(別冊 思想理論編), 3, 115-131 , 3, 115-131 2013/12 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
田中 祐理子 田中 祐理子 「病原菌」の歴史―—実在・表象・歴史性について 「病原菌」の歴史―—実在・表象・歴史性について 東京大学 東京大学 2013/03 Refereed Disclose to all
Yuriko TANAKA Yuriko TANAKA Yuriko TANAKA Koch's Technologies and Postulates: How They Work Together in Connecting the Material and the Human in the Foundation of Bacteriology Koch's Technologies and Postulates: How They Work Together in Connecting the Material and the Human in the Foundation of Bacteriology Koch's Technologies and Postulates: How They Work Together in Connecting the Material and the Human in the Foundation of Bacteriology ZINBUN, 42, 147-159 ZINBUN, 42, 147-159 ZINBUN, 42, 147-159 2011/03 English Disclose to all
田中 祐理子 田中 祐理子 目と言葉 ―「レーウェンフック」を考えるために― 目と言葉 ―「レーウェンフック」を考えるために― 人文學報, 93, 85-105 人文學報, 93, 85-105 , 93, 85-105 2006/02 Japanese Disclose to all
田中 祐理子 田中 祐理子 1900年的臨床身体・試論 1900年的臨床身体・試論 表象文化論研究, 84-97 表象文化論研究, 84-97 , 84-97 2003/03 Japanese Disclose to all
田中 祐理子 田中 祐理子 主題としての『臨床』―臨床経験の人間学的寄与について 主題としての『臨床』―臨床経験の人間学的寄与について 『臨床死生学』6 pp.1-7. 『臨床死生学』6 pp.1-7. 2001/11 Refereed Japanese Disclose to all
田中 祐理子 田中 祐理子 疲れの病理学―P.ジャネにおける「病気」と「治療」 疲れの病理学―P.ジャネにおける「病気」と「治療」 『東京大学大学院超域文化科学紀要』5 pp.102-118. 『東京大学大学院超域文化科学紀要』5 pp.102-118. 2000/07 Japanese Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
Conference Activities & Talks
Title Title(Japanese) Title(English) Conference Conference(Japanese) Conference(English) Promotor Promotor(Japanese) Promotor(English) Date Language Assortment Disclose
"A Japanese Representative of the German New Science?: Kitasato the 'Forefront' Bacteriologist and the 'Founding Father of Modern Medicine' in Japan. "A Japanese Representative of the German New Science?: Kitasato the 'Forefront' Bacteriologist and the 'Founding Father of Modern Medicine' in Japan. "A Japanese Representative of the German New Science?: Kitasato the 'Forefront' Bacteriologist and the 'Founding Father of Modern Medicine' in Japan. Society for the Social HIstory of Medicine Conference 2018, University of Liverpool. Society for the Social HIstory of Medicine Conference 2018, University of Liverpool. Society for the Social HIstory of Medicine Conference 2018, University of Liverpool. 2018/07/12 English Oral presentation(general) Disclose to all
「19世紀の科学と世界の変化」 「19世紀の科学と世界の変化」 京都市生涯学習総合センター・京都大学人文科学研究所連携講座「ゴールデン・エイジ・アカデミー」 京都市生涯学習総合センター・京都大学人文科学研究所連携講座「ゴールデン・エイジ・アカデミー」 2018/06/15 Japanese Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others Disclose to all
「〈学知ってなんだ〉―エピステモロジーと68年」 「〈学知ってなんだ〉―エピステモロジーと68年」 「人文研アカデミー連続セミナー 〈68年5月〉とわたしたち 「人文研アカデミー連続セミナー 〈68年5月〉とわたしたち 2018/06/07 Japanese Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others Disclose to all
「レーウェンフックの顕微鏡観察と物質―〈小球〉・〈粒子〉の解釈をめぐって」 「レーウェンフックの顕微鏡観察と物質―〈小球〉・〈粒子〉の解釈をめぐって」 第65回日本科学史学会 第65回日本科学史学会 2018/05/27 Symposium workshop panel(public) Disclose to all
「哲学者カンギレムの科学史研究」 「哲学者カンギレムの科学史研究」 第65回日本科学史学会 第65回日本科学史学会 2018/05/27 Japanese Symposium workshop panel(public) Disclose to all
「レーウェンフック顕微鏡の魅力」[Invited] 「レーウェンフック顕微鏡の魅力」 [Invited] 国立科学博物館・特別展『人体―神秘への挑戦』開催記念講演会 国立科学博物館・特別展『人体―神秘への挑戦』開催記念講演会 2018/04/07 Japanese Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others Disclose to all
レーウェンフックの顕微鏡観察における「物質」の位置づけについて[Invited] レーウェンフックの顕微鏡観察における「物質」の位置づけについて [Invited] 図像科学史研究会シンポジウム 図像科学史研究会シンポジウム 2017/09/03 Japanese Symposium workshop panel(nominated) Disclose to all
Introduction: Seraching for the Significance of the year 1945 in the History of A-bomb and Medicine イントロダクション・原爆と医学史の1945年をとらえるために Introduction: Seraching for the Significance of the year 1945 in the History of A-bomb and Medicine The A-bomb and Medical History 原爆と医学史 The A-bomb and Medical History 2017/06/19 Japanese Symposium workshop panel(nominated) Disclose to all
透過性と身体――医学史から見る〈接触〉の問題[Invited] 透過性と身体――医学史から見る〈接触〉の問題 [Invited] 表象文化論学会第9回大会シンポジウム「接触の表象文化論――直接性の表象とモダニティ」 表象文化論学会第9回大会シンポジウム「接触の表象文化論――直接性の表象とモダニティ」 2014/07/04 Japanese Symposium workshop panel(nominated) Disclose to all
「非人間的」な身体の思考に向けて――エピステモロジーの問いとしてのフランス医学史について[Invited] 「非人間的」な身体の思考に向けて――エピステモロジーの問いとしてのフランス医学史について [Invited] シンポジウム「フランス哲学と『科学』の思考:構造主義・数学・医学・エピステモロジー」 シンポジウム「フランス哲学と『科学』の思考:構造主義・数学・医学・エピステモロジー」 2011/11/20 Japanese Symposium workshop panel(nominated) Disclose to all
「19世紀医学」をめぐるカンギレムとフーコーの対話 「19世紀医学」をめぐるカンギレムとフーコーの対話 表象文化論学会 表象文化論学会 2010/07/04 Japanese Symposium workshop panel(public) Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
Books etc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Publisher Publisher(Japanese) Publisher(English) Publication date Language Type Disclose
王寺賢太・立木康介(編) 王寺賢太・立木康介(編) 〈68年5月〉と私たち――「現代思想と政治」の系譜学 〈68年5月〉と私たち――「現代思想と政治」の系譜学 読書人 読書人 2019/04 Joint Work Disclose to all
篠田謙一・山田格他監修 篠田謙一・山田格他監修 『図録 特別展 人体―神秘への挑戦』 『図録 特別展 人体―神秘への挑戦』 国立科学博物館・NHKプロモーション・朝日新聞社 国立科学博物館・NHKプロモーション・朝日新聞社 2018/03 Disclose to all
池上俊一(監修) 池上俊一(監修) 原典ルネサンス自然学 原典ルネサンス自然学 名古屋大学出版会 名古屋大学出版会 2017/08 Joint Translation Disclose to all
グザヴィエ・ロート著 田中 祐理子訳 グザヴィエ・ロート著 田中 祐理子訳 カンギレムと経験の統一―判断することと行動すること 1929-1936年 カンギレムと経験の統一―判断することと行動すること 1929-1936年 法政大学出版局 法政大学出版局 2017/02 Single Translation Disclose to all
田中 祐理子 田中 祐理子 科学と表象―「病原菌」の歴史― 科学と表象―「病原菌」の歴史― 名古屋大学出版会 名古屋大学出版会 2013/03 Japanese Single Work Disclose to all
金森 修(編) 金森 修(編) 合理性の考古学―フランスの科学思想史 合理性の考古学―フランスの科学思想史 東京大学出版会 東京大学出版会 2012/12 Contributor Disclose to all
阿部 崇・松岡 新一郎・田中 祐理子(共著) 阿部 崇・松岡 新一郎・田中 祐理子(共著) 「概念の哲学」とエピステモロジー 「概念の哲学」とエピステモロジー 青山学院大学文学部フランス文学科 青山学院大学文学部フランス文学科 2012/03 Joint Work Disclose to all
富永 茂樹(編) 富永 茂樹(編) 啓蒙の運命 啓蒙の運命 名古屋大学出版会 名古屋大学出版会 2011/03 Contributor Disclose to all
富永 茂樹(編) 富永 茂樹(編) 転回点を求めて 転回点を求めて 世界思想社 世界思想社 2009/03 Contributor Disclose to all
京大人文研「身体の近代」班・菊 地暁(編) 京大人文研「身体の近代」班・菊 地暁(編) 身体論のすすめ 身体論のすすめ 丸善 丸善 2005/04 Contributor Disclose to all
小林 康夫・松浦 寿輝(編) 小林 康夫・松浦 寿輝(編) 表象のディスクール3――皮膚の修辞学 表象のディスクール3――皮膚の修辞学 東京大学出版会 東京大学出版会 2000/10 Contributor Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
Awards
Title(Japanese) Title(English) Organization name(Japanese) Organization name(English) Date
学会奨励賞 Young Scholar’s Award 表象文化論学会 Association for Studies of Culture and Representation 2014/07/04
External funds: competitive funds and Grants-in-Aid for Scientific Research (Kakenhi)
Type Position Title(Japanese) Title(English) Period
若手研究(B) Representative 20世紀における「生物/無生物」概念の研究—思想史と医学史の視角から 2007/04/01-2011/03/31
挑戦的萌芽研究 Representative 「科学的客観性」と「人間性」の史的研究――近代的科学性の研究 A historical study of the "scientific objectivity" and the "humanity": for the study of modern scientificity 2012/04/01-2015/03/31
科学研究費補助金基盤研究(B) Assignment 「現代思想」と政治―マルクス主義・精神分析・政治哲学を軸とする理論的研究 2013/04/01-2016/03/31
基盤研究(C) Representative 20世紀哲学における生命概念と主体性の転換――カンギレム哲学を中心に 2016/04/01-2019/03/31
基盤研究C Assignment 科学技術医学における図像の制作と利用に関する歴史研究 2016/04/01-2019/03/31
External funds: other than those above
System Main person Title(Japanese) Title(English) Period
公益財団法人京都大学教育研究振興財団平成24年度助成事業(研究成果物刊行助成) 田中祐理子 「病原菌」の歴史――実在・表象・歴史性について 2012/04/01-2013/03/31
Teaching subject(s)
Name(Japanese) Name(English) Term Department Period
基礎現代文化学(講読III) 通年 文学部 2011/04-2012/03
西洋史学(講読) 通年 文学部 2011/04-2012/03
社会学(特殊講義) 通年 文学部 2011/04-2012/03
地理学(講読) 通年 文学部 2011/04-2012/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2016/04-2017/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2017/04-2018/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2018/04-2019/03
Faculty management (title, position)
Title Period
講演委員会 委員 2016/04/01-2017/03/31