吉田 天士

Last Update: 2016/07/30 18:48:55

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
吉田 天士/ヨシダ タカシ/Takashi Yoshida
Primary department(Org1/Org2/Org3/Job title)
農学研究科/応用生物科学専攻海洋微生物学講座/准教授
Faculty
Org1 Org2 Org3 Job title
農学部
Affiliated academic organization(s) (Japanese)
Organization name(Japanese) Organization name(English)
日本水産学会 The Japanese Society of Fisheries Science
マリンバイオテクノロジー学会 Japanese Society for Marine Biotechnology
日本微生物生態学会 Japanese Society of Microbial Ecology
日本ウイルス学会 The Japanese Society for Virology
日本陸水学会 Japanese Society of Limnology
Academic degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
修士(農学) 京都大学
博士(農学) 京都大学
Personal Profile
(Japanese)
1989年兵庫県立長田高等学校卒業、1989年京都大学農学部水産学科入学、1993年同学科卒業、1993年京都大学農学院水産学専攻修士課程入学、1995年同修士課程修了、1998年京都大学農学院水産学専攻博士後期課程単位取得の上退学。1997年日本学術振興会特別研究員。1998年より福井県立大学助手、講師を経て2008年より京都大学農学研究科准教授、現在に至る。研究は、シアノバクテリアとそれに感染するウイルスの生理・生態と分子生物学。釣りをこよなく愛する。
Research Topics
(Japanese)
水圏ウイルスのゲノム科学的研究、天然有用ファージを用いた有毒アオコ防除技術の開発、ラン藻-ファージ系を応用した次世代光発酵技術の開発
Overview of your research
(Japanese)
水圏には膨大な数の未知の微生物ウイルスが存在する。ゲノム科学的手法によりこのウイルスの生存戦略・生態を明らかにし、その地球規模で環境に及ぼす影響、宿主の遺伝的構造に及ぼす影響の解明を目指している。また、ラン藻に感染するウイルスの感染機構・耐性獲得機構と生態学的相互作用を解明し、これを応用したラン藻による有用物質生産系の開発を目指している
Fields of research (key words)
Key words(Japanese) Key words(English)
バクテリオファージ
シアノバクテリア
ラン藻
ゲノム
環境修復
ウイルス
微生物
Fields of research (kaken code)
Kaken code
Environmental dynamic analysis
Environmental technology/environmental material
General fishery studies
Published Papers > Published Papers
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language
Yoneda,Y., I.-Kano, S., Yoshida,T., Ikeda, E., Fukuyama, Y., Omae, K., Kimura-Sakai, S., Daifuku, T., Watanabe, T. and Sako, Y. Detection of anaerobic carbon monoxide-oxidizing thermophiles in hydrothermal environments. FEMS Microbiol. Ecol.,91,9,fiv093-9 2015/09 Refereed English
吉田 天士 有害・有毒プランクトンに関する分子生理生態学的研究 日本水産学会誌,81,3,397-399 2015 Refereed
Kopf, A. et al. 167 researchers The ocean sampling day consortium. GigaScience,4,27 2015 Refereed English
,60,400-408 2015 Refereed Japanese
Kuno, S., Sako, Y., and Yoshida, T. Diversification of CRISPR within coexisting genotypes in a natural population of the bloom-forming cyanobacterium Microcystis aeruginosa. Microbiology,160,903-916 2014 Refereed English
Inoue, T., Takao, K., Fukuyama, Y., Yoshida, T. and Sako, Y. Over-expression of carbon monoxide dehydrogenase-I with an accessory protein co-expression, a key enzyme for carbon dioxide reduction. Biosci. Biotechnol. Biochem.,78,1060-1066 2014 Refereed English
T. Honda; H. Takahashi; Y. Sako; T. Yoshida Gene expression of Microcystis aeruginosa during infection of cyanomyovirus Ma-LMM01 Fisheries Science,80,1,83-91 2014 Refereed English
G. Nakamura; S. Kimura; Y. Sako; T. Yoshida Genetic diversity of Microcystis cyanophages in two different freshwater environments Archives of Microbiology 2014 Refereed English
T. Yoshida; R. Kamiji; G. Nakamura; T. Kaneko; Y. Sako Membrane-like protein involved in phage adsorption associated with phage-sensitivity in the bloom-forming cyanobacterium microcystis aeruginosa Harmful Algae,34,69-75 2014 Refereed English
Kawaichi S., Ito N., Kamikawa R., Sugawara T., Yoshida T., and Sako Y Ardenticatena maritima gen. nov., sp. nov., a ferric iron- and nitrate-reducing bacterium of the phylum Chloroflexi isolated from an iron-rich coastal hydrothermal field, and description of Ardenticatenia classis nov. Int. J. Syst. Evol. Microbiol. doi: 10.1099/ijs.0.046532-0,63,2992-3002 2013/08 Refereed English
S. Kimura; Y. Sako; T. Yoshida Rapid Microcystis cyanophage gene diversification revealed by longand short-term genetic analyses of the tail sheath gene in a natural pond Applied and Environmental Microbiology,79,8,2789-2795 2013/04 Refereed English
Nam, Daewoong; Park, Jaehyun; Gallagher-Jones, Marcus; Kim, Sangsoo; Kim, Sunam; Kohmura, Yoshiki; Naitow, Hisashi; Kunishima, Naoki; Yoshida, Takashi; Ishikawa, Tetsuya; Song, Changyong Imaging Fully Hydrated Whole Cells by Coherent X-Ray Diffraction Microscopy PHYSICAL REVIEW LETTERS,110,9 2013/02/28 Refereed English
Y. Yoneda; T. Yoshida; T. Daifuku; T. Kitamura; T. Inoue; S. Kano; Y. Sako Quantitative detection of carboxydotrophic bacteria Carboxydothermus in a hot aquatic environment Fundamental and Applied Limnology,182,2,161-170 2013/02 Refereed English
T. Daifuku; T. Yoshida; T. Kitamura; S. Kawaichi; T. Inoue; K. Nomura; Y. Yoshida; S. Kuno; Y. Sako Variation of the virus-related elements within syntenic genomes of the hyperthermophilic archaeon aeropyrum Applied and Environmental Microbiology,79,19,5891-5898 2013 Refereed English
Y. Yoneda; T. Yoshida; H. Yasuda; C. Imada; Y. Sako A thermophilic, hydrogenogenic and carboxydotrophic bacterium, Calderihabitans maritimus gen. nov., sp. nov., from a marine sediment core of an undersea caldera International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology,63,PART10,3602-3608 2013 Refereed English
T. Inoue; K. Takao; T. Yoshida; K. Wada; T. Daifuku; Y. Yoneda; K. Fukuyama; Y. Sako Cysteine 295 indirectly affects Ni coordination of carbon monoxide dehydrogenase-II C-cluster Biochemical and Biophysical Research Communications,441,1,13-17 2013 Refereed English
S. Kawaichi; N. Ito; T. Yoshida; Y. Sako Bacterial and archaeal diversity in an iron-rich coastal hydrothermal field in Yamagawa, Kagoshima, Japan Microbes and Environments,28,4,405-413 2013 Refereed English
Yoneda, Y., Yoshida, T., Yasuda, H., Imada, C. and Sako, Y. A novel thermophilic, hydrogenogenic, and carboxydotrophic bacterium Calderihabitans maritimus gen. nov., sp. nov. from a marine sediment core of an undersea caldera. Int. J. Syst. Evol. Microbiol.,63,3602-3608 2013 Refereed English
Y. Yoshida-Takashima; M. Yoshida; H. Ogata; K. Nagasaki; S. Hiroishi; T. Yoshida Cyanophage infection in the bloom-forming cyanobacteria Microcystis aeruginosa in surface freshwater Microbes and Environments,27,4,350-355 2012/12/07 Refereed English
R. Hashimoto; T. Yoshida; S. Kuno; T. Nishikawa; Y. Sako The first assessment of cyanobacterial and diazotrophic diversities in the Japan Sea Fisheries Science,78,6,1293-1300 2012/11 Refereed English
S. Kuno; T. Yoshida; T. Kaneko; Y. Sako Intricate interactions between the bloom-forming cyanobacterium Microcystis aeruginosa and foreign genetic elements, revealed by diversified clustered regularly interspaced short palindromic repeat(CRISPR) signatures Applied and Environmental Microbiology,78,15,5353-5360 2012/08 Refereed English
S. Kimura; T. Yoshida; N. Hosoda; T. Honda; S. Kuno; R. Kamiji; R. Hashimoto; Y. Sako Diurnal infection patterns and impact of Microcystis cyanophages in a Japanese pond Applied and Environmental Microbiology,78,16,5805-5811 2012/08 Refereed English
Y. Yoneda; T. Yoshida; S. Kawaichi; T. Daifuku; K. Takabe; Y. Sako Carboxydothermus pertinax sp. nov., a thermophilic, hydrogenogenic, Fe(III)-reducing, sulfur-reducing carboxydotrophic bacterium from an acidic hot spring International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology,62,1692-1697 2012/07 Refereed English
T. Honda; T. Yoshida; S. Hiroishi; Y. Sako A protein binding to an upstream sequence of ftsZ involved in coordination of DNA replication and cell division in Microcystis aeruginosa Fisheries Science,78,2,375-379 2012/03 Refereed English
N. Hosoda; Y. Kurokawa; Y. Sako; K. Nagasaki; T. Yoshida; S. Hiroishi The functional effect of Gly209 and Ile213 substitutions on lysozyme activity of family 19 chitinase encoded by cyanophage Ma-LMM01 Fisheries Science,77,4,665-670 2011/07 Refereed English
T. Inoue; T. Yoshida; K. Wada; T. Daifuku; K. Fukuyama; Y. Sako A simple, large-scale overexpression method of deriving carbon monoxide dehydrogenase II from thermophilic bacterium Carboxydothermus hydrogenoformans Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,75,7,1392-1394 2011/07 Refereed English
Y. Sako; T. Yoshida; T. Sawabe New frontier in Fisheries Sciences beyond the current microbial genome research Nippon Suisan Gakkaishi (Japanese Edition),77,2,246- 2011 Refereed English
T. Yoshida II-4. Application of genome information of cyanopahge to biological control of cyanobacterial bloom Nippon Suisan Gakkaishi (Japanese Edition),77,2,253- 2011 Refereed English
T. Yoshida; J.-M. Claverie; H. Ogata Mimivirus reveals Mre11/Rad50 fusion proteins with a sporadic distribution in eukaryotes, bacteria, viruses and plasmids Virology Journal,8 2011 Refereed English
S. Kuno; T. Yoshida; R. Kamikawa; N. Hosoda; Y. Sako The distribution of a phage-related insertion sequence element in the cyanobacterium, Microcystis aeruginosa Microbes and Environments,25,4,295-301 2010/12/03 Refereed English
M. Yoshida; T. Yoshida; Y. Yoshida-Takashima; A. Kashima; S. Hiroishi Real-time PCR detection of host-mediated cyanophage gene transcripts during infection of a natural Microcystis aeruginosa population Microbes and Environments,25,3,211-215 2010/09/03 Refereed English
T. Mochizuki; T. Yoshida; R. Tanaka; P. Forterre; Y. Sako; D. Prangishvili Diversity of viruses of the hyperthermophilic archaeal genus Aeropyrum, and isolation of the Aeropyrum pernix bacilliform virus 1, APBV1, the first representative of the family Clavaviridae Virology,402,2,347-354 2010/07/05 Refereed English
Y. Chiba; T. Yoshida; N. Ito; H. Nishimura; C. Imada; H. Yasuda; Y. Sako Isolation of a bacterium possessing a haloacid dehalogenase from a marine sediment core Microbes and Environments,24,3,276-279 2009 Refereed English
M. Yoshida; T. Yoshida; M. Satomi; Y. Takashima; N. Hosoda; S. Hiroishi Intra-specific phenotypic and genotypic variation in toxic cyanobacterial Microcystis strains Journal of Applied Microbiology,105,2,407-415 2008/08 Refereed English
M. Yoshida; T. Yoshida; A. Kashima; Y. Takashima; N. Hosoda; K. Nagasaki; S. Hiroishi Ecological dynamics of the toxic bloom-forming cyanobacterium Microcystis aeruginosa and its cyanophages in freshwater Applied and Environmental Microbiology,74,10,3269-3273 2008/05 Refereed English
T. Yoshida; K. Nagasaki; Y. Takashima; Y. Shirai; Y. Tomaru; Y. Takao; S. Sakamoto; S. Hiroishi; H. Ogata Ma-LMM01 infecting toxic Microcystis aeruginosa illuminates diverse cyanophage genome strategies Journal of Bacteriology,190,5,1762-1772 2008 Refereed English
Takashi Yoshida Dynamics of cyanophages infecting the toxic cyanobacterium Microcystis aeruginosa in the environment. 5th World Fisheries Congress 2008 Refereed English
T. Yoshida Monitoring of a toxic Microcystis aeruginosa by the real-time PCR Bulletin of the Plankton Society of Japan,55,1,54-57 2008 Refereed English
M. Yoshida; T. Yoshida; Y. Takashima; N. Hosoda; S. Hiroishi Dynamics of microcystin-producing and non-microcystin-producing Microcystis populations is correlated with nitrate concentration in a Japanese lake FEMS Microbiology Letters,266,1,49-53 2007 Refereed English
T. Yoshida; Y. Takashima; Y. Tomaru; Y. Shirai; Y. Takao; S. Hiroishi; K. Nagasaki Isolation and characterization of a cyanophage infecting the toxic cyanobacterium Microcystis aeruginosa Applied and Environmental Microbiology,72,2,1239-1247 2006 Refereed English
S. Hiroishi; H. Okada; I. Imai; T. Yoshida High toxicity of the novel bloom-forming species Chattonella ovata (Raphidophyceae) to cultured fish Harmful Algae,4,4,783-787 2005/06 Refereed English
M. Yoshida; T. Yoshida; Y. Takashima; R. Kondo; S. Hiroishi Genetic diversity of the toxic cyanobacterium Microcystis in Lake Mikata Environmental Toxicology,20,3,229-234 2005 Refereed English
T. Yoshida; M. Maki; H. Okamoto; S. Hiroishi Coordination of DNA replication and cell division in Cyanobacteria Microcystis aeruginosa FEMS Microbiology Letters,251,1,149-154 2005 Refereed English
T. Yoshida; Y. Sako; A. Uchida; T. Kakutani; O. Arakawa; T. Noguchi; Y. Ishida Purification and characterization of sulfotransferase specific to O-22 of 11-hydroxy saxitoxin from the toxic dinoflagellate Gymnodinium catenatum (dinophyceae) Fisheries Science,68,3,634-642 2002/06 Refereed English
Y. Sako; T. Yoshida; A. Uchida; O. Arakawa; T. Noguchi; Y. Ishida Purification and characterization of a sulfotransferase specific to N-21 of saxitoxin and gonyautoxin 2 + 3 from the toxic dinoflagellate gymnodinium catenatum (dinophyceae) Journal of Phycology,37,6,1044-1051 2001/12 Refereed English
T. Yoshida; Y. Sako; A. Uchida Geographic differences in paralytic shellfish poisoning toxin profiles among Japanese populations of Alexandrium tamarense and A. catenella (Dinophyceae) Phycological Research,49,1,13-21 2001 Refereed English
S. Hiroishi; K. Sugie; T. Yoshida; J. Morimoto; Y. Taniguchi; S. Imai; J. Kurebayashi Antitumor effects of Marginisporum crassissimum (Rhodophyceae), a marine red alga Cancer Letters,167,2,145-150 2001 Refereed English
R. Kondo; T. Yoshida; Y. Yuki; S. Hiroishi DNA-DNA reassociation among a bloom-forming cyanobacterial genus, Microcystis International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology,50,2,767-770 2000 Refereed English

  • <<
  • >>
Published Papers > Other
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language
吉田 天士 ウイルスによる微生物多様性の維持と創生 日本微生物生態学会誌,28,55-62 2013 Japanese
Conference Presentation > Conference Presentation
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language
Hashimoto Ryoya, Watai Hiroyasu, Miyahara Kazutaka, Sako Yoshihiko, Yoshida Takashi Spatial and temporal variability of unicellular diazotrophic cyanobacteria in the eastern Seto Inland Sea Fisheries science,82,3,459-471 2016/05 English
吉田 天士 環境におけるシアノバクテリアとウイルスのせめぎ合い : シアノバクテリアとウイルスの共進化 (特集 環境ウイルス : 生物の進化と生態のカギを握る微小生命体) -- (生物とウイルスの相互作用) 遺伝 : 生物の科学,69,4,278-283 2015/07 Japanese
上原 美翔, 中村 銀士, 左子 芳彦, 吉田 天士 O31-07 環境中におけるラン藻Microcystis aeruginosaのCRISPRに基づく個体群解析(口頭発表) 日本微生物生態学会講演要旨集,2014 2014/10/16 Japanese
本田 貴史, 左子 芳彦, 吉田 天士 P16-10 ファージMa-LMM01感染過程におけるMicrocystis aeruginosaの遺伝子転写解析(ポスター発表) 日本微生物生態学会講演要旨集,2014 2014/10/16 Japanese
藤原 慎, 大福 高史, 吉田 天士, 左子 芳彦 O34-05 超好熱古細菌Aeropyrum属におけるウイルス感染履歴配列の解析(口頭発表) 日本微生物生態学会講演要旨集,2014 2014/10/16 Japanese
池田 栄太朗, 米田 恭子, 吉田 天士, 福山 宥斗, 左子 芳彦 P24-4 熱水環境中の一酸化炭素資化性好熱菌の分子生態学的研究(ポスター発表) 日本微生物生態学会講演要旨集,2014 2014/10/16 Japanese
橋本 怜弥, 吉田 天士, 宮原 一隆, 左子 芳彦 OA-005 瀬戸内海における単細胞性窒素固定ラン藻の分布調査(水圏生態系,口頭発表) 日本微生物生態学会講演要旨集,29 2013/11/17 Japanese
大福 高史, 吉田 天士, 北村 崇行, 川市 智史, 井上 喬裕, 野村 敬吾, 吉田 由唯, 久野 草太郎, 左子 芳彦 PD-004 超好熱アーキアAeropyrum属のゲノム多様性(極限環境微生物,ポスター発表) 日本微生物生態学会講演要旨集,29 2013/11/17 Japanese
福山 宥斗, 米田 恭子, 高尾 郷介, 大福 高史, 井上 喬裕, 吉田 天士, 左子 芳彦 OD-002 一酸化炭素資化性好熱菌Carboxydothermus pertinaxのCO代謝(極限環境微生物,口頭発表) 日本微生物生態学会講演要旨集,29 2013/11/17 Japanese
鹿野 早苗, 米田 恭子, 吉田 天士, 北村 崇行, 大福 高史, 井上 喬裕, 福山 宥斗, 高尾 郷介, 左子 芳彦 OD-003 熱水環境中の一酸化炭素資化性好熱菌Carboxydothermusの分子生態学的研究(極限環境微生物,口頭発表) 日本微生物生態学会講演要旨集,29 2013/11/17 Japanese
ナカムラ 銀士, 木村 成子, 左子 芳彦, 吉田 天士 PA-010 有毒ラン藻Microcystis aeruginosa感染性シアノファージの遺伝的多様性(水圏生態系,ポスター発表) 日本微生物生態学会講演要旨集,29 2013/11/17 Japanese
久野 草太郎, 吉田 天士, 金子 貴一, 左子 芳彦 101p-5 アオコ原因ラン藻Microcystis aeruginosaのCRISPR配列から推察される環境ファージの多様性(101p 水圏生態系/群集構造解析,口頭発表) 日本微生物生態学会講演要旨集,27 2011/10/08 Japanese
野村 敬吾, 井上 喬裕, 吉田 天士, 左子 芳彦 102p-4 好気性超好熱古細菌Aeropyrum pernix K1の遺伝子組換え系の構築(102p 極限環境/分類/系統解析/ゲノム,口頭発表) 日本微生物生態学会講演要旨集,27 2011/10/08 Japanese
井上 喬裕, 吉田 天士, 和田 啓, 大福 高史, 米田 恭子, 福山 恵一, 左子 芳彦 102p-5 CO資化性好熱菌Carboxydothermus spp.由来CODH Vの性状とその機能(102p 極限環境/分類/系統解析/ゲノム,口頭発表) 日本微生物生態学会講演要旨集,27 2011/10/08 Japanese
鹿野 早苗, 大西 庸介, 吉田 天士, 石田 洋, 前田 亘宏, 立田 学, 三輪 哲也, 後藤 信博, 豊原 哲彦, 左子 芳彦 201a-3 深海底熱水鉱床における海底堆積物中の微生物群集構造解析(201a 群集構造解析,口頭発表) 日本微生物生態学会講演要旨集,27 2011/10/08 Japanese
上地 里佳枝, 吉田 天士, 細田 直彦, 本田 貴史, 木村 成子, 久野 草太郎, 左子 芳彦 PA-016 Microcystis aeruginosaにおけるシアノファージ耐性株の分離と性状解析(PA 水圏生態系,ポスター発表) 日本微生物生態学会講演要旨集,27 2011/10/08 Japanese
米田 恭子, 吉田 天士, 北村 崇行, 大福 高史, 井上 喬裕, 川市 智史, 左子 芳彦 102p-3 熱水環境における一酸化炭素資化性好熱菌の定量的検出(102p 極限環境/分類/系統解析/ゲノム,口頭発表) 日本微生物生態学会講演要旨集,27 2011/10/08 Japanese
吉田 天士 ファージゲノム情報のアオコ防除への活用 日本水産學會誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries,77,2 2011/03/15 Japanese
菅原 達也, 荒井 修亮, 農原 治彦, 吉田 天士, 左子 芳彦, 笠井 亮秀, 吉永 郁生, 荒井 修亮, 藤原 建紀, 山下 洋, 益田 玲爾, 澤山 茂樹, 木下 政人, 鰺坂 哲朗 平成22年度日本水産学会秋季大会を開催して 日本水産學會誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries,77,1,147-149 2011/01/15 Japanese
左子 芳彦, 吉田 天士, 澤辺 智雄 はじめに 日本水産学会誌,77,2 2011 Japanese
KAWAICHI SATOSHI, ITO NORIHIRO, KIMURA RYOSUKE, NISHIMURA HIROSHI, TANAKA REIJI, YOSHIDA TAKASHI, SAKO YOSHIHIKO 1A-1 Facultative aerobic thermophiles capable of ferric iron reduction in a coastal hydrothermal field(Oral Session) 日本微生物生態学会講演要旨集,26 2010/11/23 English
KIMURA SHIGEKO, YOSHIDA TAKASHI, HOSODA NAOHIKO, HONDA TAKASHI, KUNO SOTARO, KAMIJI RIKAE, SAKO YOSHIHIKO P-16 Seasonal dynamics of cyanophages infectious to Microcystis aeruginosa in Hirosawanoike Pond(Poster Session) 日本微生物生態学会講演要旨集,26 2010/11/23 English
YONEDA YASUKO, YOSHIDA TAKASHI, DAIFUKU TAKASHI, KAWAICHI SATOSHI, TAKABE KEIJI, SAKO YOSHIHIKO P-58 Isolation and characterization of a new thermophilic carboxydotroph from an acidic hot spring(Poster Session) 日本微生物生態学会講演要旨集,26 2010/11/23 English
吉田天士 アオコ形成ラン藻Microcystis aeruginosaのファージ耐性に関する研究 平成22年度日本水産学会秋季大会 2010 Refereed Japanese
吉田天士 環境中のMicrocystis aeruginosaにおけるシアノファージ感染の日周性 平成22年度日本水産学会春季大会 2010 Refereed Japanese
吉田天士 シアノファージMa-LMM01のコードするファミリー19キチナーゼの糖鎖結合部位の解析 平成22年度日本水産学会春季大会 2010 Refereed Japanese
吉田天士 アオコ原因ラン藻Microcystis aeruginosaが有するCRISPR配列の解析 平成22年度日本水産学会春季大会 2010 Refereed Japanese
小森 拓人, 本田 貴史, 吉田 天士, 廣石 伸互 P-110 Microcystis aeruginosaにおける細胞分裂関連遺伝子の転写解析(ポスター発表) 日本微生物生態学会講演要旨集,25 2009/11/21 Japanese
吉田 天士, 左子 芳彦, 長崎 慶三, 高島 ゆかり, 広石 伸互 1B-7 宿主の光合成に依存したシアノファージの増殖戦略(口頭発表) 日本微生物生態学会講演要旨集,25 2009/11/21 Japanese
細田 直彦, 吉田 天士, 左子 芳彦, 長崎 慶三, 廣石 伸互, 黒川 洋一 P-158 シアノファージMa-LMM01のゲノムにコードされる溶菌酵素ORF95のタンパク質発現解析(ポスター発表) 日本微生物生態学会講演要旨集,25 2009/11/21 Japanese
千葉 洋子, 吉田 天士, 伊藤 典弘, 西村 宏, 今田 千秋, 安田 尚登, 左子 芳彦 P-151 海洋コアからのハロ酸脱ハロゲン酵素保有細菌の分離(ポスター発表) 日本微生物生態学会講演要旨集,25 2009/11/21 Japanese
吉田天士;久野草太郎;左子芳彦;細田直彦;広石伸互;長崎慶三 アオコ原因ラン藻‐溶菌性シアノファージ感染系における遺伝子水平伝播の可能性 日本水産学会大会講演要旨集,2009,60 2009/09/30 Refereed Japanese
吉田天士;左子芳彦;鹿嶋亜樹;高島ゆかり;広石伸互;吉田光宏 有毒アオコ発生時におけるシアノファージ感染細胞の動態 日本水産学会大会講演要旨集,2009,192 2009/03/27 Refereed Japanese
吉田天士 宿主の光合成に依存したシアノファージの増殖戦略 第25回日本微生物生態学会 2009 Refereed Japanese
吉田天士 シアノファージMa-LMM01のコードするファミリー19キチナーゼに認められた溶菌活性 第25回日本微生物生態学会 2009 Refereed Japanese
北野 佑樹, 井上 喬裕, 西村 宏, 吉田 天士, 左子 芳彦 12-224 Hydrogenimonas thermophilaヒドロゲナーゼ遺伝子群構造に関する研究(極限環境,研究発表) 日本微生物生態学会講演要旨集,24 2008/11/25 Japanese
久野 草太郎, 吉田 天士, 細田 直彦, 広石 伸互, 緒方 博之, 長崎 慶三, 左子 芳彦 09-170 シアノファージMaLMM01のゲノム上に見出されたISのMicrocystis aeruginosaにおける分布(遺伝子伝播,研究発表) 日本微生物生態学会講演要旨集,24 2008/11/25 Japanese
鶴巻 美穂子, 西村 宏, 川市 智史, 古山 広大, 吉田 天士, 左子 芳彦 07-124 鹿児島湾若尊カルデラの海底コアに優占するキチン資化細菌(極限環境,研究発表) 日本微生物生態学会講演要旨集,24 2008/11/25 Japanese
吉田天士 光合成を中心とするラン藻とシアノファージの相互作用 第2回ファージ研究会 2008 Refereed Japanese
吉田天士 シアノファージMaLMM01のゲノム上に見出されたISのMicrocystis aeruginosaにおける分布 第24回日本微生物生態学会 2008 Refereed Japanese
藤井 嘉範, 中村 剛也, 朴 虎東, 吉田 光宏, 広石 伸互, 吉田 天士 シアノファージMa-LMM01とmicrocystin分解バクテリアSphingosinicella microcystinivoransによる溶藻と無毒化 日本陸水学会 講演要旨集,73,0,227-227 2008 Japanese
SANG-Ho Back, OTAKE Shinya, YOSHIDA Takashi, HIROISHI Shingo Development of a Competition Model for Two Cyanobacteria Species in Lake Mikata Fisheries engineering,44,1,1-9 2007/07/15 English
吉田 天士, 吉田 光宏, 高島 ゆかり, 広石 神互, 長崎 慶三 有毒藍藻Microcystis aeruginosaと同種感染性シアノファージのモニタリング(<特集>水産微生物のリアルタイムモニタリング) 日本水産学会誌,73,2,302-305 2007/03/15 Japanese
吉田 天士, 広石 伸互 3.有毒プランクトンの毒遺伝子による検出と定量の試み(II-2.有毒プランクトンのモニタリング,II.貝毒モニタリング手法の改善と現場への応用,日本水産学会水産環境保全委員会,懇話会ニュース) 日本水産学会誌,72,6 2006/11/15 Japanese
吉田 光宏, 吉田 天士, 里見 正隆, 高島 ゆかり, 細田 直彦, 広石 伸互 C-14 アオコ原因ラン藻Microcystis aeruginosaの分子遺伝学的特徴(分類/系統解析,(2)口頭発表会,研究発表会) 日本微生物生態学会講演要旨集,22 2006/10/27 Japanese
細田 直彦, 吉田 天士, 黒川 洋一, 高島 ゆかり, 広石 伸互, 緒方 博之, 長崎 慶三 B-11 シアノファージMa-LMM01のゲノムにコードされた2つ溶菌酵素遺伝子の大腸菌による発現(遺伝子解析,(2)口頭発表会,研究発表会) 日本微生物生態学会講演要旨集,22 2006/10/27 Japanese
高島 ゆかり, 吉田 天士, 吉田 光宏, 広石 伸互, 緒方 博之, 長崎 慶三 B-10 Microcystis aeruginosa感染性シアノファージMa-LMM01のゲノム解析2 : 感染過程におけるファージ遺伝子の発現動態(遺伝子解析,(2)口頭発表会,研究発表会) 日本微生物生態学会講演要旨集,22 2006/10/27 Japanese
岩滝 光儀, 川見 寿枝, 高山 晴義, 吉田 天士, 広石 伸互, 松山 幸彦, RELOX Juan R. Jr., 松岡 數充 日本沿岸海域における無殻渦鞭毛藻 Gymnodinium microreticulatum の初報告 藻類,54,2,77-83 2006/07/10 Japanese
白 相鎬, 大竹 臣哉, 吉田 天士, 広石 伸互 2種類の藍藻の競合モデルの開発 日本水産工学会学術講演会講演論文集,18,27-30 2006/06/10 Japanese
吉田 光宏, 吉田 天士, 高島 ゆかり, 細田 直彦, 広石 伸互 A-04 三方湖における有毒ラン藻Microcystis aeruginosaの個体群の動態(水圏生態系,口頭発表) 日本微生物生態学会講演要旨集,21 2005/10/30 Japanese
吉田 天士, 吉田 光宏, 高島 ゆかり, 細田 直彦, 白井 葉子, 外丸 裕司, 広石 伸互, 長崎 慶三 A-03 アオコを構成するラン藻に感染するシアノファージ(水圏生態系,口頭発表) 日本微生物生態学会講演要旨集,21 2005/10/30 Japanese
細田 直彦, 吉田 天士, 吉田 光宏, 高島 ゆかり, 広石 伸互, 長崎 慶三 PA-15 三方湖より分離したラン藻溶藻画分の性状解析(水圏生態系,ポスターセッションA,ポスター発表) 日本微生物生態学会講演要旨集,21 2005/10/30 Japanese
高島 ゆかり, 吉田 天士, 吉田 光宏, 白井 葉子, 外丸 裕司, 高尾 祥丈, 広石 伸互, 長崎 慶三 PA-14 Microcystis aeruginosaを溶藻するファージの分子生態解析 : 特異的プライマーの開発と現場への応用(水圏生態系,ポスターセッションA,ポスター発表) 日本微生物生態学会講演要旨集,21 2005/10/30 Japanese
吉田 天士, 高島 ゆかり, 広石 伸互 アオコを溶かす微生物 (総特集 有毒アオコの分子生態学--ミクロシスチンを中心に) 海洋,37,5,368-374 2005/05 Japanese
吉田 天士, 吉田 光宏, 広石 伸互 ミクロシスチン生合成遺伝子による有毒ミクロキスチスの検出 (総特集 有毒アオコの分子生態学--ミクロシスチンを中心に) 海洋,37,5,319-324 2005/05 Japanese
吉田 天士, 高島 ゆかり, 吉田 光宏, 外丸 裕司, 広石 伸互, 長崎 慶三 有毒ラン藻Microcystis aeruginosa に感染するシアノファージの性状 日本陸水学会 講演要旨集,70,0,78-78 2005 Japanese
高島 ゆかり, 吉田 天士, 白井 葉子, 外丸 裕司, 高尾 祥丈, 吉田 光宏, 広石 伸互, 長崎 慶三 Microcystis aeruginosaに感染するシアノファージの遺伝学的多様性 日本陸水学会 講演要旨集,70,0,79-79 2005 Japanese
広石 伸互, 吉田 天士 分子マーカーを用いた有害・有毒水圏微生物の検出・定量法--細胞表面抗原あるいは遺伝子をターゲットとして (総特集 海洋微生物(2)基礎,応用研究とその利用) -- (3章 遺伝子解析,抗原とその応用研究) 海洋 号外,35,184-191 2003 Japanese
吉田 天士, 広石 伸互 S1-2 ミクロシスチン生合成遺伝子による有毒ミクロキスチスの検出(ラン藻毒ミクロシスチンの生合成と分解の生理・生態学-微生物の生産する毒性物質の遺伝子から生態まで-,シンポジウム1) 日本微生物生態学会講演要旨集,18 2002/11/15 Japanese
幸 保孝, 吉田 天士, 広石 伸互 有毒アオコの分子識別と予察への応用 日本水産学会誌,68,5,765-766 2002/09/15 Japanese
幸 保孝, 吉田 天士, 広石 伸互 C-45 ミクロシスチン生合成系遺伝子を標的とするプライマーによる有毒Microcystis細胞の定量的PCR(モニタリング,C会場,ポスター発表) 日本微生物生態学会講演要旨集,17 2001/11/09 Japanese
中井 龍一, 吉田 天士, 瀬戸 久武, 岩滝 光儀, 今井 一郎, 広石 伸互 A-35 有害渦鞭毛藻Heterocapsa circularisquamaの分子識別に関する研究(水圏生態系,A会場,口頭発表) 日本微生物生態学会講演要旨集,17 2001/11/09 Japanese
吉田 天士, 知念 秀明, 幸 保孝, 近藤 竜二, 広石 伸互 C-221 ミクロシスチン生合成系遺伝子を標的とするMicrocystis属ラン藻の有毒株識別プライマー(遺伝子解析など-3、群集構造解析-4,ポスター発表) 日本微生物生態学会講演要旨集,16 2000/11/12 Japanese
幸 保孝, 吉田 天士, 近藤 竜二, 広石 伸互 A-09 免疫学的プローブを用いた有毒Microcystis属の識別(モニタリング,口頭発表) 日本微生物生態学会講演要旨集,16 2000/11/12 Japanese
KIMURA Shigeko;YOSHIDA Takashi;HOSODA Naohiko;HONDA Takashi;KUNO Sotaro;KAMIJI Rikae;SAKO Yoshihiko Seasonal dynamics of cyanophages infectious to Microcystis aeruginosa in Hirosawanoike Pond 日本微生物生態学会講演要旨集,26th,102 2010/11/23 Refereed English
Takashi Yoshida The Microcystis aeruginosa cyanophage encoding the phycobilisome degradation gene. 14th International Conference on Harmful Algae 2010 Refereed English
Takashi Yoshida Analysis On CRISPR Sequences Of Toxic Bloom-forming Cyanobacterium Microcystis aeruginosa. 14th International Conference on Harmful Algae 2010 Refereed English
Takashi Yoshida Expression and characterization of family 19 chitinase from the cyanophage Ma-LMM01 infecting Microcystis aeruginosa. 14th International Conference on Harmful Algae 2010 Refereed English
Takashi Yoshida Genetic and biochemical characterization of the lytic enzymes from cyanophage Ma-LMM01 infecting Microcystis aeruginosa The 5th Aquatic virus workshop 2008 Refereed English

  • <<
  • >>
Lectures > Invited Lectures
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
Title Conference name Organization name Date Language
環境における微生物とウイルスのせめぎ合い [招待あり] JT 生命誌研究館セミナー 2015/03/18 Japanese
藻類とウイルスの関係- ゲノミクスの視点から. ナショナルバイオリソースプロジェクト藻類シンポジウム「未来を支える藻類、その多様性 ―ゲノミクス・ポストゲノミクスの視点から―」東京、2011.1.29パンコムギに導入されたライムギB染色体の染色体不分離 ナショナルバイオリソースプロジェクト藻類シンポジウム「未来を支える藻類、その多様性 ―ゲノミクス・ポストゲノミクスの視点から―」 2010 Japanese
ファージゲノム情報のアオコ防除への活用 平成22年度日本水産学会秋季大会シンポジウム「微生物ゲノムが拓く水産の新たな潮流」 2010 Japanese
水圏環境のウイルス・ファージ研究の現状と将来展望 大阪大学蛋白質研究所セミナー合同シンポジウム・第3回ファージ研究会「バクテリオファージ研究の課題と展望」 2010 Japanese
シアノファージ―Microcystis aeruginosa間の生物学・生態学的相互作用 京都大学生態研究センター・共同利用事業セミナー「アオコの生態・生理・分子系統地理学的研究の現状」 2009 Japanese
Lectures > Public Talks
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
Title Conference name Organization name Date Language
有害・有毒プランクトンに関する分子生理生態学的研究 [招待あり] 平成26年度春季日本水産学大会 2015/03/31 Japanese
ファージゲノムに学ぶラン藻の分子生物学 [招待あり] ラン藻の分子生物学 201 2011/12/03
アオコとファージのせめぎ合い ~CRISPRの解析から見えたもの~ [招待あり] 藻類談話会 2011/11/09
アオコとウィルスのせめぎ合い [招待あり] 日本陸水学会 第76回大会 「公開シンポジウムⅡ アオコ研究最前線の多様性」 2011/09/24
Publications > Books
Authors Title Publisher Date Language
吉田 天士(日本微生物生態学会 編) 環境と微生物の事典 朝倉書店 2014
Yoshida, T., Takahashi, Y., Ishikawa, K., Wang, M-K. and Hiroishi, S. Survival of Heterocapsa circularisquama (Dinophyceae) as a pellicle cyst induced by low temperature in the laboratory. Moesturup, �et al. (eds) Proceedings of the 12th international conference on harmful algae. Inernational society for the study of harmful algae and intergovemmental oceanographic commission of UNERSCO. 2008, Copenhagen p.47-49. 2008 English
Yoshida, M., Yoshida, T., Takashima, Y., Hosoda, N. and Hiroishi, S. Temporal changes in microcystin-producing Microcystis populations of a Japanese lake. Moesturup, �et al. (eds) Proceedings of the 12th international conference on harmful algae. Inernational society for the study of harmful algae and intergovemmental oceanographic commission of UNERSCO. 2008, Copenhagen p.144-146. 2008 English
Awards
Title(Japanese) Title(English) Organization name(Japanese) Organization name(English) Date
水産学進歩賞 公益社団法人 日本水産学会 The Japanese Society of Fisheries Science 2015/03/29
External funds, competitive funds and Grants-in-Aid for Scientific Research(kaken)
Type Position Title(Japanese) Title(English) Period
基盤研究(B) Representative 天然有用ファージを用いた有毒アオコ防除技術による水源環境保全に関する基盤的研究 2008-2010
基盤研究B Representative 環境ファージ配列の大量解析による有毒アオコ防除技術の確立に向けた基盤研究 2011/04/11-2014/03/31
挑戦的萌芽 Representative 次世代光発酵技術の開発に向けた新規海産ラン藻‐ファージ感染系ライブラリーの構築 2011/04/28-2013/03/31
基盤研究(B) Representative 環境ファージ配列の大量解析による有毒アオコ防除技術の確立に向けた基盤研究 2011-2013
挑戦的萌芽研究 Representative 次世代発酵技術の確立に向けたファージの宿主乗っ取り機構の解明 (平成26年度分) 2014/04/01-2015/03/31
基盤研究(B) Representative ファージ相互作用によるアオコ原因ラン藻の遺伝的・生理的変動の解明 (平成26年度分) 2014/04/01-2015/03/31
基盤研究(B) Representative ファージ相互作用によるアオコ原因ラン藻の遺伝的・生理的変動の解明 (平成27年度分) 2015/04/01-2016/03/31
挑戦的萌芽研究 Representative 次世代発酵技術の確立に向けたファージの宿主乗っ取り機構の解明 (平成27年度分) 2015/04/01-2016/03/31
Teaching subject(s)
Name(Japanese) Name(English) Term Department Period
海洋微生物学II 後期 農学部 2011/04-2012/03
極限環境微生物 Extremophiles 前期集中 全学共通科目 2011/04-2012/03
海洋微生物学演習 通年 農学部 2011/04-2012/03
海洋生物科学技術論と実習III 前期 農学部 2011/04-2012/03
細胞生物学III 前期 農学部 2011/04-2012/03
資源生物科学概論III 後期 農学部 2011/04-2012/03
海洋分子微生物学専攻実験 農学研究科 2011/04-2012/03
海洋分子微生物学演習 農学研究科 2011/04-2012/03
海洋微生物学II Marine Microbiology II 後期 農学部 2012/04-2013/03
海洋微生物学演習 Seminar in Marine Microbiology 通年 農学部 2012/04-2013/03
海洋生物科学技術論と実習III Practical Course in Marine Bioscience and Technology III 前期 農学部 2012/04-2013/03
細胞生物学Ⅲ Cell Biology III 前期 農学部 2012/04-2013/03
細胞生物学Ⅲ Cell Biology III 前期 農学部 2013/04-2014/03
資源生物科学専門外書講義II Introduction to Foreign Literature in Bioresource Science II 前期 農学部 2013/04-2014/03
海洋微生物学II Marine Microbiology II 後期 農学部 2013/04-2014/03
海洋生物科学技術論と実習III Practical Course in Marine Bioscience and Technology III 前期 農学部 2013/04-2014/03
海洋微生物学演習 Seminar in Marine Microbiology 通年 農学部 2013/04-2014/03
海洋分子微生物学演習 Seminar in Marine Molecular Microbiology 通年 農学研究科 2013/04-2014/03
海洋分子微生物学専攻実験 Laboratory Course in Marine Molecular Microbiology 通年 農学研究科 2013/04-2014/03
細胞生物学Ⅲ Cell Biology III 前期 農学部 2014/04-2015/03
資源生物科学専門外書講義II Introduction to Foreign Literature in Bioresource Science II 後期 農学部 2014/04-2015/03
海洋微生物学II Marine Microbiology II 後期 農学部 2014/04-2015/03
海洋生物科学技術論と実習III Practical Course in Marine Bioscience and Technology III 前期 農学部 2014/04-2015/03
海洋微生物学演習 Seminar in Marine Microbiology 通年 農学部 2014/04-2015/03
海洋微生物生理学特論 Marine Microbial Physiology 後期 農学研究科 2014/04-2015/03
海洋分子微生物学演習 Seminar in Marine Molecular Microbiology 通年 農学研究科 2014/04-2015/03
海洋分子微生物学専攻実験 Laboratory Course in Marine Molecular Microbiology 通年 農学研究科 2014/04-2015/03
海洋分子微生物学専攻実験1 Laboratory Course in Marine Molecular Microbiology1 通年 農学研究科 2015/04-2016/03
海洋分子微生物学専攻実験 Laboratory Course in Marine Molecular Microbiology 通年 農学研究科 2015/04-2016/03
海洋分子微生物学演習1 Seminar in Marine Molecular Microbiology1 通年 農学研究科 2015/04-2016/03
海洋分子微生物学演習 Seminar in Marine Molecular Microbiology 通年 農学研究科 2015/04-2016/03
海洋微生物学II Marine Microbiology II 後期 農学部 2015/04-2016/03
海洋微生物学演習 Seminar in Marine Microbiology 通年 農学部 2015/04-2016/03
海洋生物科学技術論と実習III Practical Course in Marine Bioscience and Technology III 前期 農学部 2015/04-2016/03
細胞生物学Ⅲ Cell Biology III 前期 農学部 2015/04-2016/03
資源生物科学専門外書講義II Introduction to Foreign Literature in Bioresource Science II 後期 農学部 2015/04-2016/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期集中 全学共通科目 2016/04-2017/03
海洋分子微生物学専攻実験1 Laboratory Course in Marine Molecular Microbiology1 通年 農学研究科 2016/04-2017/03
海洋分子微生物学専攻実験2 Laboratory Course in Marine Molecular Microbiology2 通年 農学研究科 2016/04-2017/03
海洋分子微生物学専攻実験 Laboratory Course in Marine Molecular Microbiology 通年 農学研究科 2016/04-2017/03
海洋分子微生物学演習1 Seminar in Marine Molecular Microbiology1 通年 農学研究科 2016/04-2017/03
海洋分子微生物学演習2 Seminar in Marine Molecular Microbiology2 通年 農学研究科 2016/04-2017/03
海洋分子微生物学演習 Seminar in Marine Molecular Microbiology 通年 農学研究科 2016/04-2017/03
海洋微生物学II Marine Microbiology II 後期 農学部 2016/04-2017/03
海洋微生物学演習 Seminar in Marine Microbiology 通年 農学部 2016/04-2017/03
海洋微生物生理学特論 Marine Microbial Physiology 後期 農学研究科 2016/04-2017/03
海洋生物科学技術論と実習III Practical Course in Marine Bioscience and Technology III 前期 農学部 2016/04-2017/03
細胞生物学Ⅲ Cell Biology III 前期 農学部 2016/04-2017/03
資源生物科学専門外書講義II Introduction to Foreign Literature in Bioresource Science II 後期 農学部 2016/04-2017/03

  • <<
  • >>
Faculty management (title, position)
Title Period
男女共同参画推進委員会 委員 2015/04/01-2017/03/31