児玉 聡

Last Update: 2017/07/10 15:52:45

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
児玉 聡/コダマ サトシ/Satoshi Kodama
Primary department(Org1/Org2/Org3/Job title)
文学研究科/思想文化学専攻思想文化学講座/准教授
Faculty
Org1 Org2 Org3 Job title
文学部
Academic degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
修士(文学) 京都大学
博士(文学) 京都大学
Research Topics
(Japanese)
規範倫理学、功利主義、直観主義、生命倫理、政治哲学
(English)
normative ethics, utilitarianism, intuitionism, bioethics, political philosophy
Overview of your research
(Japanese)
功利主義を軸にして英米の近現代倫理思想を研究している。とりわけ、功利主義と直観主義の対立図式がどのように変容していったのかの思想史的な検討を行っている。また、臓器移植や終末期医療等の生命・医療倫理の今日的問題をめぐる哲学的探求を続けている。
Fields of research (key words)
Key words(Japanese) Key words(English)
功利主義 utilitarianism
直観主義 intuitionism
カント Kant
生命倫理 bioethics
進化倫理学 evolutionary ethics
Published Papers > Published Papers
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language
Hiroaki ITAI, Akira INOUE ,Satoshi KODAMA Rethinking Nudge: Libertarian Paternalism and Classical Utilitarianism' The Tocqueville Review/La Revue Tocqueville,37,1,81-98 2016 Refereed
田中美穂・児玉聡 川崎協同病院事件判決・決定に関する評釈の論点整理 生命倫理,26,107-114 2016 Refereed Japanese
Satoshi Kodama, Yumi Matsumura, Takahiro Hattori, Keiko Sato Clinical Perspectives from Japan Asian Bioethics Review,7,4,410-412 2015 English
児玉 聡 倫理学の立場から、若年妊娠について考える 月間地域保健,46,9,21-25 2015 Japanese
児玉 聡 二十二世紀への提言--生命倫理の観点から 小日本,23,3-5 2015 Japanese
児玉 聡 法と倫理学 法と哲学,1,83-91 2015 Japanese
児玉 聡 専門医部会 指導医のために : 医学・医療の多様性を追求する 医療の効率性と公平性(倫理面) 日本内科学会雑誌,103,6,1406-1410 2014/06/10 Japanese
児玉 聡 「尊厳死法案」をめぐる議論の論点整理--「国民的議論」活性化の一助として SYNODOS 2014/06 Japanese
児玉 聡, 田中 美穂 英国における終末期医療の議論と課題 (特集 終末期の意思決定 : 死の質の良さを求めて) 理想,692,52-65 2014 Japanese
伊吹 友秀, 児玉 聡 親には最善の子どもを産む義務があるか : PGDをめぐる一論争の批判的考察 生命倫理,23,1,4-13 2013/09/26 Japanese
田中 美穂, 児玉 聡, 藤田 みさお イングランドの小児緩和ケアに関する法政策・統計データ・資金体制・提供される医療の現状 日本公衆衛生雑誌 = Japanese journal of public health,60,8,462-470 2013/08 Japanese
児玉 聡 患者への情報開示と謝罪:アメリカ・イギリス・国内の取り組み 看護管理,23,2,102-106 2013/02 Refereed
児玉 聡, 高島 響子 医療事故対応 患者への情報開示と謝罪 : アメリカ・イギリス・国内の取り組み (特集 有害事象をめぐる組織としての対応) 看護管理,23,2,102-106 2013/02 Japanese
S. Kodama Tsunami-tendenko and morality in disasters Journal of Medical Ethics,41,361-363 2013 Refereed English
児玉 聡 功利主義者としてのラッセルと20世紀の倫理学の発展 (大会報告 第36回研究大会) -- (シンポジウム 現代のイギリス哲学 : ラッセル『哲学の諸問題』出版100年を記念して) イギリス哲学研究,36,122-124 2013 Japanese
児玉 聡 功利主義と公衆衛生 法哲学年報2011,7-22 2012/10 Refereed
高島 響子, 児玉 聡 英国における自殺幇助をめぐる論争とスイスへの渡航幇助自殺 : 渡航医療が国内医療の法規制に及ぼす影響の一考察 生命倫理,22,1,75-85 2012/09/19 Japanese
児玉 聡 臨床倫理において必要な倫理的知識 (特集 ICU,CCUにおける臨床倫理入門) ICUとCCU : 集中治療医学,36,9,637-642 2012/09 Japanese
高島響子、児玉聡 Medical Tourismが受け入れ国の医療環境に及ぼす影響の論点整理 生命倫理,22,111-118 2011
Akabayashi,A..Kodama S. Lesson from Japan's March 2011 Earthquake Regarding Dialysis Patients Therapeutic Apheresis and Dialysis,15,334 2011 English
中田亜希子・藤田みさお・児玉聡, 他 医療情報担当者(MR)の継続教育における倫理教育に関する現状調査 医薬品情報学,12,2,61-68 2010 Refereed Japanese
児玉 聡 ハート・デブリン論争再考 社会と倫理,24,181-199 2010 Japanese
児玉 聡 公衆衛生の倫理に関する教育の現状とカリキュラムの方向性 医学教育,40,2,117-122 2009 Japanese
児玉 聡 百万人の死は、一人の死の何倍悪いか-道徳心理に関する近年の実証研究が功利主義に持つ含意 倫理学年報,58,247-259 2009 Refereed Japanese
児玉聡、赤林朗 やさしい生命倫理学講座 第1回 ―生命倫理学とは何か Biophilia,20,48-50 2009 Japanese
Akabayashi A, Kodama S, Slingsby BT Is Asian bioethics really the solution? Cambridge Quarterly of Healthcare Ethics,17,3,270-272 2008 Refereed English
児玉 聡 近年の米国における死の定義をめぐる論争 生命倫理,18,1,39-46 2008 Refereed Japanese
伊吹友秀、児玉聡 エンハンスメント概念の分析とその含意 生命倫理,17,1,47-55 2007 Japanese
児玉 聡 デッド・ドナー・ルールの倫理学的検討 生命倫理,17,1,183-189 2007 Japanese
児玉 聡 生命倫理学における功利主義と直観主義の争い 創文,494,28-31 2007 Japanese
児玉聡、前田正一、金川里佳 厚労省『終末期医療に関するガイドライン(たたき台)』に対する提言 医療事故・紛争対応研究会誌,1,6-8 2007 Japanese
藤田みさお、児玉聡、赤林朗 病気腎移植を実施する前に解決すべき三つの倫理的課題 日本医事新報,4320,107-111 2007 Japanese
Slingsby BT, Kodama S, Akabayashi A. Scientific misconduct: the present paucity of oversight policy (in Japan) Camb Q Healthc Ethics.,15,3,294-297 2006 Refereed
児玉聡、前田正一、赤林朗 富山県射水市民病院事件について--日本の延命治療の中止のあり方に関する一提案 日本医事新報,4281,79-83 2006 Japanese
児玉 聡 功利主義の福祉制度論 倫理学研究,35,3-12 2005 Japanese
児玉 聡 ベンタムの功利主義におけるsecurity概念の検討 実践哲学研究,27,29-46 2004 Japanese
児玉 聡 功利主義による寛容の基礎づけ--べンタムの同性愛寛容論を手がかりにして 倫理学年俸,52,135-146 2003 Refereed Japanese
児玉 聡 バーナード・ウィリアムズ「内在的理由と外在的理由」 実践哲学研究,25,61-68 2002 Japanese
児玉 聡 ベンタムにおける徳と幸福 実践哲学研究,22,33-52 1999 Japanese

  • <<
  • >>
Published Papers > Other
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language
児玉 聡 功利主義批判としての「善に対する正の優先」の検討 社会科学研究,64,2,49-72 2013/03
Lectures > Invited Lectures
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
Title Conference name Organization name Date Language
ヒト胚へのゲノム編集技術:臨床利用の是非 [招待あり] 生命倫理学会公募ワークショップ 2016/12/04 Japanese
A Short Report of the End-of-life [Invited] Bristol-Kyoto Workshop on Ageing, Health & Ethics 2016/09/20 English
医療経済評価結果の医療資源配分への応用に関する倫理的課題 [招待あり] 医療薬学フォーラム2016 (第24回クリニカルファーマシーシンポジウム 2016/06/26 Japanese
禁煙政策--公衆衛生と個人の自由 [招待あり] ISPOR 日本部会2016年春期特別講演会 2016/03/30 Japanese
Active and Passive Euthanasia in Japan: A Bried [Invited] Medical Ethics in the UK and Japan 2015/07/23 English
Should One Suffer At All? Uehiro Carnegie Oxford Conference 2013 2013/06/20
功利主義と公衆衛生 [招待あり] 日本法哲学会 一橋大学(東京都) 2011/11/13 Japanese
Lectures > Panels
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
Title Conference name Organization name Date Language
英国NICEにおける年齢の扱いとシチズンカウンシルの役割 日本生命倫理学会シンポジウム「医療経済表かにおける倫理的課題-手続き的正義と市民参加」 2014/10/26
哲学的倫理学の視座から 日本生命倫理学会シンポジウム:生命倫理と医療倫理 2014/10/25
(功利主義者が)徳倫理を真面目に考える 日本倫理学会 徳倫理学ワークショップ2:翻訳と展望 2014/10/03
英国における終末期医療の議論と問題点 第25回日本生命倫理学会シンポジウム:治療の差し控え中止・緩和ケアと安楽死-死の質のよさを求めて 2013/11/13
費用対効果分析と救命原則 日本生命倫理学会ワークショップ: QALYと医療資源配分-その倫理学的基盤- 2012/10/29
公衆衛生の倫理学と健康 現象学・社会科学学会 2006/12/03 Japanese
Lectures > Public Talks
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
Title Conference name Organization name Date Language
「尊厳死」法案をめぐる議論についての倫理学的な考察 生命・医療倫理研究会 2016/02/11 Japanese
Withdrawing life-suffering treatment and the act-omission distinction CAPE Workshop 2015/08/28 English
倫理コンサルテーションについて 於第二岡本総合病院 2015/03/09
医療倫理の四原則 一般社団法人日本集中治療治療医学界 2015/02/28
DNR指示と臨床倫理 於京都府看護教会 2014/11/17
Should We Suffer At All? International Society for Utilitarian Studies 2014/08/22
全く苦しみのない生は幸福な人生と言えるか 北大法理論研究会 2013/07/06
A Utilitalian Approach to Public Health Ethics The 11the World Congress of Bioethics 2012/06/28 English
Tsunami-tendenko and morality in disaster situation Uehiro Carnegie Oxford Conference 2012 2012/05/17 English
Up against whom? Kant vs. Utilitarianism 11th International Society for Utilitarian Studies 2011/06/23 English
たばこ規制の倫理と論理 京都生命倫理研究会 2010/12/27 Japanese
ロールズ正義論と直観主義道徳--功利主義者からの批判 日本法哲学会 2010/11/20 Japanese
直観主義から義務論へ イギリス哲学会関東部会 2010/07/17 Japanese
ハート・デブリン論争再考 京都生命倫理研究会 2010/03/20 Japanese
Neither a "person"nor a "thing": The Controversy concerning the Moral and Legal Status of Human Embryos in Japan Intercultural perspectives in bioethics/LMU-TODAI Conference 2009/07/17 English
英米の近年の脳死議論の論点整理 京都生命倫理研究会 2007/12/26 Japanese
死の定義に関する近年の英米学術誌の研究動向 日本生命倫理学会 2007/11/11 Japanese
治療をやめることの倫理性を考える 治療する義務はどこまであるか 2007/01/27 Japanese
治療の差し控えと中止の区別に関する倫理学的検討 京都生命倫理研究会 2006/12/27 Japanese
デッド・ドナー・ルール(Dead Donor Rule)の倫理学的検討 日本生命倫理学会 2006/11/12 Japanese
公衆衛生の倫理学(Public Health Ethics)とは何か-英米圏の文献レビューによる概説 「生命の尊厳」研究会 2006/07/30 Japanese

  • <<
  • >>
Publications > Books
Authors Title Publisher Date Language
児玉 聡 哲学トレーニング2 岩波書店 2016/10 Japanese
児玉 聡 少子超高齢社会の「幸福」と「正義」:倫理的に考える「医療の観点」 日本看護協会出版会 2016/03 Japanese
児玉 聡 緊急・集中治療における臨床倫理 克誠堂出版 2016 Japanese
大瀧雅之、宇野重規、加藤晋、児玉 聡 社会科学における善と正義-ロールズ『正義論』を超えて- 東京大学出版会 2015/05
川上 憲人、橋本 英樹、近藤 尚己、児玉 聡 社会と健康-健康格差解消に向けた統合科学的アプローチ- 東京大学出版会 2015/04
児玉 聡, なつたか マンガで学ぶ生命倫理: わたしたちに課せられた「いのち」の宿題 化学同人 2013/02/10
児玉 聡 功利主義入門―はじめての倫理学 (ちくま新書) 筑摩書房 2012/07
児玉 聡 実践する政治哲学 ナカニシヤ出版 2012/03 Japanese
児玉 聡 功利と直観―英米倫理思想史入門 勁草書房 2010/11/26
KODAMA Satoshi, Akira Akabayashi Contested Cells: Global Perspectives on the Stem Cell Debate World Scinentific 2010/08 English
児玉 聡 医療事故初期対応 医学書院 2008/11 Japanese
児玉 聡 伊勢田哲治・樫則章(編集)『功利主義と臓器移植』 ナカニシヤ出版 2006/05 Japanese
児玉 聡 千葉百子・松浦賢長・小林康毅『コンパクト公衆衛生学第4版』 朝倉書店 2006 Japanese

  • <<
  • >>
Publications > Translations
Authors Title Publisher Date Language
ピーター シンガー あなたが救える命: 世界の貧困を終わらせるために今すぐできること 勁草書房 2014/06/19
ノーマン・ダニエルズ, ブルース・ケネディ, イチロー・カワチ 健康格差と正義―公衆衛生に挑むロールズ哲学 勁草書房 2008/07/10
児玉 聡、赤林 朗 トニー・ホープ『医療倫理』 (〈1冊でわかる〉シリーズ) 岩波書店 2007/03
Publications > Other
Authors Title Publisher Date Language
児玉 聡 入門・医療倫理I 改訂版 勁草書房 2017/02 Japanese
児玉 聡 入門・医療倫理III 勁草書房 2015/11 Japanese
Awards
Title(Japanese) Title(English) Organization name(Japanese) Organization name(English) Date
平成23年度和辻賞 Watsuji Prize 日本倫理学会 The Japanese Society for Japan 2011/10/1
External funds, competitive funds and Grants-in-Aid for Scientific Research(kaken)
Type Position Title(Japanese) Title(English) Period
若手研究(B) Representative 功利主義と直観主義の論争に対するカント倫理学の影響とその現代的意義の考察 2012-2014
基盤研究(C) Representative 功利主義と進化論の理論的・思想史的関係についての研究 2015/41-2018/33/1
若手研究(B) Representative 功利主義と直観主義の論争に対するカント倫理学の影響とその現代的意義の考察 (平成26年度分) 2014/04/01-2015/03/31
基盤研究(C) Representative 功利主義と進化論の理論的・思想史的関係についての研究 (平成27年度分) 2015/04/01-2016/03/31
基盤研究(C) Representative 功利主義と進化論の理論的・思想史的関係についての研究 (平成28年度分) 2016/04/01-2017/03/31
Teaching subject(s)
Name(Japanese) Name(English) Term Department Period
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 後期 文学部 2013/04-2014/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 前期 文学部 2013/04-2014/03
倫理学(演習) Ethics (Seminars) 通年 文学部 2013/04-2014/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2013/04-2014/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 後期 文学研究科 2013/04-2014/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 前期 文学研究科 2013/04-2014/03
倫理学(演習) Ethics (Seminars) 通年 文学研究科 2013/04-2014/03
研究科横断型教育科目(Bタイプ) Kyoto University Transdisciplinary Graduate Program (Btype) (Lectures) 後期 文学研究科 2013/04-2014/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2013/04-2014/03
文学部英語B English (Humanities)B 後期 全学共通科目 2013/04-2014/03
哲学基礎文化学系ゼミナール Relay Seminars for Undergraduate Students (Seminars) 後期 文学部 2014/04-2015/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 前期 文学部 2014/04-2015/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 後期 文学部 2014/04-2015/03
倫理学(演習) Ethics (Seminars) 通年 文学部 2014/04-2015/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 前期 文学研究科 2014/04-2015/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 後期 文学研究科 2014/04-2015/03
倫理学(演習) Ethics (Seminars) 通年 文学研究科 2014/04-2015/03
研究科横断型教育科目(Aタイプ) Kyoto University Transdisciplinary Graduate Program (Atype) 後期 文学研究科 2014/04-2015/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2014/04-2015/03
偏見・差別・人権 Prejudice,Discrimination, and Human Rights 前期 全学共通科目 2014/04-2015/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2014/04-2015/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2015/04-2016/03
倫理学I Ethics I 前期 全学共通科目 2015/04-2016/03
倫理学(演習) Ethics (Seminars) 通年 文学研究科 2015/04-2016/03
倫理学(演習) Ethics (Seminars) 通年 文学部 2015/04-2016/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 前期 文学研究科 2015/04-2016/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 前期 文学部 2015/04-2016/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 後期 文学研究科 2015/04-2016/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 後期 文学部 2015/04-2016/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2015/04-2016/03
科学哲学科学史(特殊講義) Philosophy and History of Science (Special Lectures) 前期 文学研究科 2015/04-2016/03
科学哲学科学史(特殊講義) Philosophy and History of Science (Special Lectures) 前期 文学部 2015/04-2016/03
科学哲学科学史(特殊講義) Philosophy and History of Science (Special Lectures) 後期 文学研究科 2015/04-2016/03
科学哲学科学史(特殊講義) Philosophy and History of Science (Special Lectures) 後期 文学部 2015/04-2016/03
人文学入門(特殊講義) Introduction to Humanities (Special Lctures) 後期 文学部 2015/04-2016/03
人文学入門(特殊講義) Introduction to Humanities (Special Lctures) 後期不定 文学部 2016/04-2017/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2016/04-2017/03
倫理学I Ethics I 後期 全学共通科目 2016/04-2017/03
倫理学(演習) Ethics (Seminars) 通年 文学研究科 2016/04-2017/03
倫理学(演習) Ethics (Seminars) 通年 文学部 2016/04-2017/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 前期 文学研究科 2016/04-2017/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 前期 文学部 2016/04-2017/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 後期 文学研究科 2016/04-2017/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 後期 文学部 2016/04-2017/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2016/04-2017/03
統合科学 Interdisciplinary Sciences 後期 全学共通科目 2016/04-2017/03
人文学入門(特殊講義) Introduction to Humanities (Special Lctures) 後期不定 文学部 2017/04-2018/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2017/04-2018/03
倫理学(演習) Ethics (Seminars) 前期 文学研究科 2017/04-2018/03
倫理学(演習) Ethics (Seminars) 前期 文学部 2017/04-2018/03
倫理学(演習) Ethics (Seminars) 後期 文学研究科 2017/04-2018/03
倫理学(演習) Ethics (Seminars) 後期 文学部 2017/04-2018/03
倫理学(演習) Ethics (Seminars) 通年 文学研究科 2017/04-2018/03
倫理学(演習) Ethics (Seminars) 通年 文学部 2017/04-2018/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 前期 文学研究科 2017/04-2018/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 前期 文学部 2017/04-2018/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 後期 文学研究科 2017/04-2018/03
倫理学(特殊講義) Ethics (Special Lectures) 後期 文学部 2017/04-2018/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2017/04-2018/03
統合科学 Interdisciplinary Sciences 後期 全学共通科目 2017/04-2018/03

  • <<
  • >>
School management (title, position)
Title Period
FD研究検討委員会 委員 2015/04/01-2017/03/31
FD研究検討委員会 委員 2015/04/01-2017/04/01
研究倫理・安全推進委員会 委員 2016/04/01-2017/03/31
研究倫理・安全推進委員会 委員 2017/04/01-2019/03/31
臨床研究利益相反審査委員会 委員 2017/04/01-2018/03/31
Faculty management (title, position)
Title Period
第2委員会委員 2014/10/01-2015/09/30
専修主任 2015/11/01-2018/03/31
応用哲学・倫理学研究センター運営委員会委員 2016/04/01-2018/03/31
医学部附属病院医薬品等臨床研究審査委員会委員 2015/04/01-2017/03/31
医学部付属病院利益相反予備審査委員会委員 2016/08/01-2017/07/31
自己点検・評価委員会委員 2017/05/26-2019/03/31
Other activities (public organizations)
Committee(Japanese) Committee(English) Title Organization name Period
万引きをしない・させない社会環境づくりと規範意識の醸成に関する調査研究委員会 委員 警視庁 2009-2012