佐野 宏

Last Update: 2015/10/27 21:49:28

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
佐野 宏/サノ ヒロシ/Sano, Hiroshi
Primary Affiliation(Org1/Job title)
Graduate Schools Human and Environmental Studies/Associate Professor
Faculty
Org1 Job title
総合人間学部
E-mail Address
E-mail address
sano.hiroshi.5w @ kyoto-u.ac.jp
Academic Organizations You are Affiliated to in Japan
Organization name(Japanese) Organization name(English)
萬葉学会
訓点語学会
国語語彙史研究会
日本語学会
上代文学会
古事記学会
皮留久佐学志會
表記研究会
仮名遣研究会
Academic Organizations Overaseas You are Affiliated to
Organization name Country
東アジア日本語教育・日本文化研究学会 韓国
Academic Degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
修士(文学) 大阪市立大学
博士(文学) 大阪市立大学
Personal Profile
(Japanese)
奈良時代を中心とした古代日本語の研究をしています。「漢字」を用いた古代日本語の表記について、外来の「漢字」を自分たちの文字へと取りこんでいった過程を、書記と読解のシステムという観点から分析しています。またこれに関連して、古事記、日本書紀、風土記、萬葉集といった作品研究も行っています。
researchmap URL
https://researchmap.jp/read0116924
Research Topics
(Japanese)
古代日本語の文体論、表記論、語構成論
Overview of the research
(Japanese)
古代日本語の言語および書記言語における文法や表記法といった一次規則の形成と、その自覚および受容による二次規則の形成を記述し、そこに古代日本語の展開を素描する。とくに二次規則は古代語を分析的に読み解こうとする作品受容者や時代性といった、受容者の言語環境に左右される。二次規則は一次規則からすれば誤謬や誤解になることがある。しかし、その誤解が規則として表現を拡張・制限するならば、一次規則と同等の実効性を有してしまう。本来、並行する二層の規則がときとして相関する相をとらえ、日本語史を広く日本語表現の歴史として素描する観点があると考える。
Fields of research (key words)
Key words(Japanese) Key words(English)
日本語史
文法史
文体史
表記史
語構成論
音韻史
Published Papers
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
佐野 宏 佐野 宏 萬葉集における表記体と用字法について 萬葉集における表記体と用字法について 国語国文, 84, 4, 161-181 国語国文, 84, 4, 161-181 , 84, 4, 161-181 2015/04 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
佐野 宏 佐野 宏 平成二十四年の国語学 古典語の動向 平成二十四年の国語学 古典語の動向 文学・語学, 210, 77-81 文学・語学, 210, 77-81 , 210, 77-81 2014/08 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
佐野 宏 佐野 宏 文字・表記(史的研究) 文字・表記(史的研究) 日本語の研究, 10, 3, 58-65 日本語の研究, 10, 3, 58-65 , 10, 3, 58-65 2014/07 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
佐野宏 佐野宏 書評 八木昌孝著『解析的方法による万葉歌の研究』 書評 八木昌孝著『解析的方法による万葉歌の研究』 萬葉語学文学研究会、『萬葉語文研究』第7集,pp171-183 萬葉語学文学研究会、『萬葉語文研究』第7集,pp171-183 2011/09/30 Japanese Disclose to all
佐野宏 佐野宏 書評 沖森卓也著『日本古代の文字と表記』 書評 沖森卓也著『日本古代の文字と表記』 日本語学会、『日本語の研究』第7巻1号,pp46-39 日本語学会、『日本語の研究』第7巻1号,pp46-39 2011/01/01 Japanese Disclose to all
佐野宏 佐野宏 萬葉集の唱詠と定型の枠組み―「定型」の変遷について― 萬葉集の唱詠と定型の枠組み―「定型」の変遷について― 『萬葉集研究』31集、塙書房、pp79-154 『萬葉集研究』31集、塙書房、pp79-154 2010/12/25 Refereed Japanese Disclose to all
佐野宏 佐野宏 ウタの文字化がもたらしたもの―句構造の形成について― ウタの文字化がもたらしたもの―句構造の形成について― 福岡大学、『福岡大学研究部論叢 A人文科学編』第10巻7号,pp197-205 福岡大学、『福岡大学研究部論叢 A人文科学編』第10巻7号,pp197-205 2010/12/20 Japanese Disclose to all
佐野宏 佐野宏 「千名」の訓について 「千名」の訓について 国語語彙史研究会、『国語語彙史の研究』29集,pp31-51 国語語彙史研究会、『国語語彙史の研究』29集,pp31-51 2010/03/31 Refereed Japanese Disclose to all
佐野宏 佐野宏 萬葉集における訓字表記の形成について 萬葉集における訓字表記の形成について 『叙説』、奈良女子大学,pp174-188 『叙説』、奈良女子大学,pp174-188 2010/03/31 Japanese Disclose to all
佐野宏 佐野宏 「子」を詠むということ―歌の素材論として― 「子」を詠むということ―歌の素材論として― 古都太宰府保存協会、『都府楼』41号,pp4-12 古都太宰府保存協会、『都府楼』41号,pp4-12 2009/10/14 Japanese Disclose to all
佐野宏 佐野宏 倭文体の背景について 倭文体の背景について 国語文字史研究会、『国語文字史の研究』、第10集,pp19-39 国語文字史研究会、『国語文字史の研究』、第10集,pp19-39 2007/12/30 Refereed Japanese Disclose to all
佐野宏 佐野宏 「歌」を書くための条件について 「歌」を書くための条件について 国語と国文学, 84, 11, 24-36 国語と国文学, 84, 11, 24-36 , 84, 11, 24-36 2007/11 Refereed Japanese Disclose to all
佐野宏 佐野宏 皮留久佐木簡について――奈尓皮ツ木簡との関わりから―― 皮留久佐木簡について――奈尓皮ツ木簡との関わりから―― 飛鳥保存財団、『明日香風』、通巻104号(第26巻第4号)毛利正守、佐野宏の共著,pp15-19 飛鳥保存財団、『明日香風』、通巻104号(第26巻第4号)毛利正守、佐野宏の共著,pp15-19 2007/10/01 Japanese Disclose to all
佐野宏 佐野宏 書評 桑原祐子著『正倉院文書の国語学的研究』 書評 桑原祐子著『正倉院文書の国語学的研究』 萬葉, 198, 55-64 萬葉, 198, 55-64 , 198, 55-64 2007/06 Japanese Disclose to all
佐野宏 佐野宏 脱落想定表記の特質―母音脱落条件との関わりから― 脱落想定表記の特質―母音脱落条件との関わりから― 文学史研究会、『文学史研究』第47号,pp1-21 文学史研究会、『文学史研究』第47号,pp1-21 2007/03/20 Refereed Japanese Disclose to all
佐野宏 佐野宏 萬葉集における非単独母音生の字余りの性格―A群とB群との関わりから― 萬葉集における非単独母音生の字余りの性格―A群とB群との関わりから― 筑紫日本語学談話会編、『筑紫語学論叢Ⅱ』、風間書房,pp115-139 筑紫日本語学談話会編、『筑紫語学論叢Ⅱ』、風間書房,pp115-139 2006/05/15 Refereed Japanese Disclose to all
佐野 宏 佐野 宏 書記論と表記論との発想の違いは何か (特集:日本語の謎) -- (資料) 書記論と表記論との発想の違いは何か (特集:日本語の謎) -- (資料) 國文學, 51, 4, 94-97 國文學, 51, 4, 94-97 , 51, 4, 94-97 2006/04 Japanese Disclose to all
佐野 宏 佐野 宏 字余り論に残された課題は何か (特集:日本語の謎) -- (その他) 字余り論に残された課題は何か (特集:日本語の謎) -- (その他) 國文學, 51, 4, 102-105 國文學, 51, 4, 102-105 , 51, 4, 102-105 2006/04 Japanese Disclose to all
佐野宏 佐野宏 萬葉集の字余り句に関する覚え書き―句内属性と定型の枠組み― 萬葉集の字余り句に関する覚え書き―句内属性と定型の枠組み― 萬葉語学文学研究会、『萬葉語文研究』第2集,pp175-206 萬葉語学文学研究会、『萬葉語文研究』第2集,pp175-206 2006/03/31 Refereed Japanese Disclose to all
佐野宏 佐野宏 「鎮火祭」祝詞の論理 「鎮火祭」祝詞の論理 福岡大学日本語日本文学, 16, 1-14 福岡大学日本語日本文学, 16, 1-14 , 16, 1-14 2006 Refereed Japanese Disclose to all
佐野宏 佐野宏 万葉秀歌抄「筑前国志賀白水郎歌十首」2項目 万葉秀歌抄「筑前国志賀白水郎歌十首」2項目 神野志隆光・坂本信幸編、『万葉の歌人と作品』第12巻、和泉書院,pp326-327 神野志隆光・坂本信幸編、『万葉の歌人と作品』第12巻、和泉書院,pp326-327 2005/11/15 Japanese Disclose to all
佐野宏 佐野宏 萬葉集の字余りと脱落想定表記―句内属性と定型に対する共通了解の観点から― 萬葉集の字余りと脱落想定表記―句内属性と定型に対する共通了解の観点から― 萬葉学会、『萬葉』193号,pp1-45 萬葉学会、『萬葉』193号,pp1-45 2005/07/31 Refereed Japanese Disclose to all
佐野 宏;山田 洋嗣;赤塚 睦男[他] 佐野 宏;山田 洋嗣;赤塚 睦男[他] <翻印>対馬歴史民俗資料館宗家文庫蔵歌枕名寄 <翻印>対馬歴史民俗資料館宗家文庫蔵歌枕名寄 福岡大学研究部論集. A, 人文科学編, 4, 10, 13-108 福岡大学研究部論集. A, 人文科学編, 4, 10, 13-108 , 4, 10, 13-108 2005/03 Japanese Disclose to all
佐野宏 佐野宏 和名抄郷名にみられる母音脱落を伴う字訓借用例について 和名抄郷名にみられる母音脱落を伴う字訓借用例について 文学史研究, 44, 59-80 文学史研究, 44, 59-80 , 44, 59-80 2004/03 Refereed Japanese Disclose to all
佐野宏 佐野宏 ソコヒ攷 ソコヒ攷 国語語彙史研究会、『国語語彙史の研究』第21集,pp85-102 国語語彙史研究会、『国語語彙史の研究』第21集,pp85-102 2002/03/20 Refereed Japanese Disclose to all
佐野宏 佐野宏 東歌・防人歌の母音脱落現象について 東歌・防人歌の母音脱落現象について 福岡大学日本語日本文学, 12, 1-16 福岡大学日本語日本文学, 12, 1-16 , 12, 1-16 2002 Refereed Japanese Disclose to all
佐野宏 佐野宏 助動詞「り」の承接語形について 助動詞「り」の承接語形について 万葉, 174, 40-56 万葉, 174, 40-56 , 174, 40-56 2000/07 Refereed Japanese Disclose to all
佐野宏 佐野宏 「山多豆」考―「造木」の注記を中心に― 「山多豆」考―「造木」の注記を中心に― 文学史研究会、『文学史研究』第40号,pp27-40 文学史研究会、『文学史研究』第40号,pp27-40 1999/12/30 Refereed Japanese Disclose to all
佐野宏 佐野宏 第二期歌人関係文献目録 第二期歌人関係文献目録 神野志隆光・坂本信幸編、『万葉の歌人と作品』第3巻、和泉書院,pp281-325 神野志隆光・坂本信幸編、『万葉の歌人と作品』第3巻、和泉書院,pp281-325 1999/09/30 Japanese Disclose to all
佐野宏 佐野宏 母音脱落現象と語構成 母音脱落現象と語構成 國語學, 199, 28-41,104 國語學, 199, 28-41,104 , 199, 28-41,104 1999 Refereed Japanese Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
Conference Activities & Talks
Title Title(Japanese) Title(English) Conference Conference(Japanese) Conference(English) Promotor Promotor(Japanese) Promotor(English) Date Language Assortment Disclose
仮名の成立と漢字の「仮名化」について 仮名の成立と漢字の「仮名化」について 平成26年度上代研究会(於:大阪市立大学) 平成26年度上代研究会(於:大阪市立大学) 2015/01/10 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
仮名の成立とその展開 仮名の成立とその展開 日本語学会2012年春季大会ワークショップ、平成24年5月19日、於:千葉大学 2012 日本語学会2012年春季大会ワークショップ、平成24年5月19日、於:千葉大学 2012 2012/05/19 Japanese Symposium workshop panel(nominated) Disclose to all
Title language:
Books etc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Publisher Publisher(Japanese) Publisher(English) Publication date Language Type Disclose
佐野宏 佐野宏 児童文学を中心とした読書のあり方 児童文学を中心とした読書のあり方 難波博孝他編著『読書で豊かな人間性を育む児童サービス論』、学芸図書、第二章第2節 難波博孝他編著『読書で豊かな人間性を育む児童サービス論』、学芸図書、第二章第2節 2012/09 Japanese Disclose to all
佐野宏 佐野宏 学びの窓 学力論の展開、大学生に求める学力について 学びの窓 学力論の展開、大学生に求める学力について 小野賢太郎他編著『教師を目指すための教育方法・技術論』学芸図書、第一章第5節 小野賢太郎他編著『教師を目指すための教育方法・技術論』学芸図書、第一章第5節 2012/04 Japanese Disclose to all
Title language:
Awards
Title(Japanese) Title(English) Organization name(Japanese) Organization name(English) Date
第19回 新村出記念財団研究助成金(現、新村出研究奨励賞) 財団法人新村出記念財団 2001/11/25
External funds: competitive funds and Grants-in-Aid for Scientific Research (Kakenhi)
Type Position Title(Japanese) Title(English) Period
「関西圏の人間文化についての総合的研究-文化形成のモチベーション-」、2004年度文部科学省私立大学学術研究高度化推進事業・学術フロンティア推進事業(武庫川女子大学) Assignment 古代日本における書記システム-倭(関西)を中心に日本各地への発信と拡がりの中で- 2004/04/01-2009/03/31
若手研究(B) Representative 古代和歌における歌体認識の成立過程の研究(課題番号:17720107) 2005/04/01-2007/03/31
基盤研究(C) Representative 古代和歌における定型と歌体認識の発達過程の研究(課題番号:23520266) 2011/04/28-2014/03/31
基盤研究(C) Assignment 古代日本語における「訓読」と「仮名の形成」の相関について(研究課題番号:24520513) 2012/04/01-2015/03/31
基盤研究(C) Representative 古代日本語の表記体形成と用字法制限の研究研究(課題番号:15K02566) 2015/04/01-2018/03/31
基盤研究(B) Assignment 海外敦煌書儀・六朝尺牘文献の古代日本への受容実態の解明(研究課題番号:15H05151) 2015/04/01-2019/03/31
Teaching subject(s)
Name(Japanese) Name(English) Term Department Period
日本古典講読基礎論IA Introduction to the Reading in Japanese Classics IA 前期 全学共通科目 2012/04-2013/03
日本古典講読基礎論IB Introduction to the Reading in Japanese Classics IB 後期 全学共通科目 2012/04-2013/03
日本語学文献講読論A Reading in the Document of Japanese Philology A 前期 全学共通科目 2012/04-2013/03
日本語学文献講読論A Reading in the Document of Japanese Philology A 前期 総合人間学部 2012/04-2013/03
日本語学文献講読論B Reading in the Document of Japanese Philology B 後期 全学共通科目 2012/04-2013/03
日本語学文献講読論B Reading in the Document of Japanese Philology B 後期 総合人間学部 2012/04-2013/03
日本語学・日本文学IA Japanese Philology and Literature IA 前期 総合人間学部 2012/04-2013/03
日本語学・日本文学IB Japanese Philology and Literature IB 後期 総合人間学部 2012/04-2013/03
日本語学・日本文学演習IA Seminary on studies of Japanese Philology and Literature IA 前期 総合人間学部 2012/04-2013/03
日本語学・日本文学演習IB Seminary on studies of Japanese Philology and Literature IB 後期 総合人間学部 2012/04-2013/03
言学基礎論I Introduction to the Science of Language Aspect of the Japanese Language I 前期 全学共通科目 2012/04-2013/03
言学基礎論I Introduction to the Science of Language Aspect of the Japanese Language I 後期 全学共通科目 2012/04-2013/03
国語学国文学(特殊講義) Japanese Language and Literature (Special Lectures) 前期 文学部 2013/04-2014/03
国語学国文学(特殊講義) Japanese Language and Literature (Special Lectures) 後期 文学部 2013/04-2014/03
国際文明学入門B Introduction to International Civilizations B 後期 総合人間学部 2013/04-2014/03
日本語学・日本文学IA Japanese Philology and Literature IA 前期 総合人間学部 2013/04-2014/03
日本語学・日本文学IB Japanese Philology and Literature IB 後期 総合人間学部 2013/04-2014/03
日本語学・日本文学演習IA Seminary on studies of Japanese Philology and Literature IA 前期 総合人間学部 2013/04-2014/03
日本語学・日本文学演習IB Seminary on studies of Japanese Philology and Literature IB 後期 総合人間学部 2013/04-2014/03
日本語学文献講読論A Reading in the Document of Japanese Philology A 前期 総合人間学部 2013/04-2014/03
日本語学文献講読論B Reading in the Document of Japanese Philology B 後期 総合人間学部 2013/04-2014/03
国語学国文学(特殊講義) Japanese Language and Literature (Special Lectures) 前期 文学研究科 2013/04-2014/03
国語学国文学(特殊講義) Japanese Language and Literature (Special Lectures) 後期 文学研究科 2013/04-2014/03
共生文明学研究I Study I in Cultural Coexistence 通年 人間・環境学研究科 2013/04-2014/03
共生文明学研究II Study II in Cultural Coexistence 通年 人間・環境学研究科 2013/04-2014/03
歴史文化社会論 Lecture on Social Cultural History 前期集中 人間・環境学研究科 2013/04-2014/03
日本文化表現論1A Lecture on Expression of Japanese Culture 1A 前期 人間・環境学研究科 2013/04-2014/03
日本文化表現論1B Lecture on Expression of Japanese Culture 1B 後期 人間・環境学研究科 2013/04-2014/03
東アジア文化論演習4A Seminar on East Asian Culture 4A 前期 人間・環境学研究科 2013/04-2014/03
東アジア文化論演習4B Seminar on East Asian Culture 4B 後期 人間・環境学研究科 2013/04-2014/03
言学I The Science of Language Aspect of the Japanese Language I 前期 全学共通科目 2013/04-2014/03
言学I The Science of Language Aspect of the Japanese Language I 後期 全学共通科目 2013/04-2014/03
日本古典講読入門I The Reading in Japanese Classics I 前期 全学共通科目 2013/04-2014/03
日本古典講読入門II The Reading in Japanese Classics II 後期 全学共通科目 2013/04-2014/03
日本語学文献講読論A Reading in the Document of Japanese Philology A 前期 全学共通科目 2013/04-2014/03
日本語学文献講読論B Reading in the Document of Japanese Philology B 後期 全学共通科目 2013/04-2014/03
国語学国文学(特殊講義) Japanese Language and Literature (Special Lectures) 前期 文学部 2014/04-2015/03
国語学国文学(特殊講義) Japanese Language and Literature (Special Lectures) 後期 文学部 2014/04-2015/03
日本語学・日本文学IA Japanese Philology and Literature IA 前期 総合人間学部 2014/04-2015/03
日本語学・日本文学IB Japanese Philology and Literature IB 後期 総合人間学部 2014/04-2015/03
日本語学・日本文学演習IA Seminary on studies of Japanese Philology and Literature IA 前期 総合人間学部 2014/04-2015/03
日本語学・日本文学演習IB Seminary on studies of Japanese Philology and Literature IB 後期 総合人間学部 2014/04-2015/03
日本語学文献講読論I Reading in the Document of Japanese Philology I 前期 総合人間学部 2014/04-2015/03
日本語学文献講読論II Reading in the Document of Japanese Philology II 後期 総合人間学部 2014/04-2015/03
国語学国文学(特殊講義) Japanese Language and Literature (Special Lectures) 前期 文学研究科 2014/04-2015/03
国語学国文学(特殊講義) Japanese Language and Literature (Special Lectures) 後期 文学研究科 2014/04-2015/03
共生文明学研究I Study I in Cultural Coexistence 通年 人間・環境学研究科 2014/04-2015/03
共生文明学研究II Study II in Cultural Coexistence 通年 人間・環境学研究科 2014/04-2015/03
歴史文化社会論 Lecture on Social Cultural History 前期集中 人間・環境学研究科 2014/04-2015/03
日本文化表現論1A Lecture on Expression of Japanese Culture 1A 前期 人間・環境学研究科 2014/04-2015/03
日本文化表現論1B Lecture on Expression of Japanese Culture 1B 後期 人間・環境学研究科 2014/04-2015/03
東アジア文化論演習4A Seminar on East Asian Culture 4A 前期 人間・環境学研究科 2014/04-2015/03
東アジア文化論演習4B Seminar on East Asian Culture 4B 後期 人間・環境学研究科 2014/04-2015/03
共生文明学特別研究I Advanced Study I in Cultural Coexistence 通年 人間・環境学研究科 2014/04-2015/03
共生文明学特別研究II Advanced Study II in Cultural Coexistence 通年 人間・環境学研究科 2014/04-2015/03
東アジア文化論特別演習1 Special Seminar on East Asian Culture 1 前期 人間・環境学研究科 2014/04-2015/03
東アジア文化論特別演習2 Special Seminar on East Asian Culture 2 後期 人間・環境学研究科 2014/04-2015/03
歴史文化社会論特別セミナー Special Seminar on Social Cultural History 通年 人間・環境学研究科 2014/04-2015/03
言学I The Science of Language Aspect of the Japanese Language I 前期 全学共通科目 2014/04-2015/03
言学I The Science of Language Aspect of the Japanese Language I 後期 全学共通科目 2014/04-2015/03
日本古典講読入門I The Reading in Japanese Classics I 前期 全学共通科目 2014/04-2015/03
日本古典講読入門II The Reading in Japanese Classics II 後期 全学共通科目 2014/04-2015/03
日本語学文献講読論I Reading in the Document of Japanese Philology I 前期 全学共通科目 2014/04-2015/03
日本語学文献講読論II Reading in the Document of Japanese Philology II 後期 全学共通科目 2014/04-2015/03
共生文明学特別研究II Advanced Study II in Cultural Coexistence 通年 人間・環境学研究科 2015/04-2016/03
共生文明学特別研究I Advanced Study I in Cultural Coexistence 通年 人間・環境学研究科 2015/04-2016/03
共生文明学研究II Study II in Cultural Coexistence 通年 人間・環境学研究科 2015/04-2016/03
共生文明学研究I Study I in Cultural Coexistence 通年 人間・環境学研究科 2015/04-2016/03
国語学国文学(特殊講義) Japanese Language and Literature (Special Lectures) 前期 文学研究科 2015/04-2016/03
国語学国文学(特殊講義) Japanese Language and Literature (Special Lectures) 前期 文学部 2015/04-2016/03
国語学国文学(特殊講義) Japanese Language and Literature (Special Lectures) 後期 文学研究科 2015/04-2016/03
国語学国文学(特殊講義) Japanese Language and Literature (Special Lectures) 後期 文学部 2015/04-2016/03
日本古典講読入門II The Reading in Japanese Classics II 後期 全学共通科目 2015/04-2016/03
日本古典講読入門I The Reading in Japanese Classics I 前期 全学共通科目 2015/04-2016/03
日本文化表現論1A Lecture on Expression of Japanese Culture 1A 前期 人間・環境学研究科 2015/04-2016/03
日本文化表現論1B Lecture on Expression of Japanese Culture 1B 後期 人間・環境学研究科 2015/04-2016/03
日本語学文献講読論II Reading in the Document of Japanese Philology II 後期 全学共通科目 2015/04-2016/03
日本語学文献講読論II Reading in the Document of Japanese Philology II 後期 総合人間学部 2015/04-2016/03
日本語学文献講読論I Reading in the Document of Japanese Philology I 前期 全学共通科目 2015/04-2016/03
日本語学文献講読論I Reading in the Document of Japanese Philology I 前期 総合人間学部 2015/04-2016/03
日本語学・日本文学IA Japanese Philology and Literature IA 前期 総合人間学部 2015/04-2016/03
日本語学・日本文学IB Japanese Philology and Literature IB 後期 総合人間学部 2015/04-2016/03
日本語学・日本文学演習IA Seminary on studies of Japanese Philology and Literature IA 前期 総合人間学部 2015/04-2016/03
日本語学・日本文学演習IB Seminary on studies of Japanese Philology and Literature IB 後期 総合人間学部 2015/04-2016/03
東アジア文化論演習4A Seminar on East Asian Culture 4A 前期 人間・環境学研究科 2015/04-2016/03
東アジア文化論演習4B Seminar on East Asian Culture 4B 後期 人間・環境学研究科 2015/04-2016/03
東アジア文化論特別演習1 Special Seminar on East Asian Culture 1 前期 人間・環境学研究科 2015/04-2016/03
東アジア文化論特別演習2 Special Seminar on East Asian Culture 2 後期 人間・環境学研究科 2015/04-2016/03
歴史文化社会論 Lecture on Social Cultural History 前期集中 人間・環境学研究科 2015/04-2016/03
歴史文化社会論特別セミナー Special Seminar on Social Cultural History 通年 人間・環境学研究科 2015/04-2016/03
言学I The Science of Language Aspect of the Japanese Language I 前期 全学共通科目 2015/04-2016/03
言学I The Science of Language Aspect of the Japanese Language I 後期 全学共通科目 2015/04-2016/03

  • <<
  • >>
Faculty management (title, position)
Title Period
人環フォーラム編集委員会委員 2014/04/01-2015/03/31
情報公開委員会委員 2014/04/01-2015/03/31
学部広報委員 2012/04/01-2013/03/31
オープンキャンパス対応委員会委員 2013/04/01-2014/03/31
学部広報委員会委員 2012/04/01-2013/03/31
情報公開委員会委員 2012/04/01-2013/03/31
情報公開委員会委員 2013/04/01-2014/03/31