伊藤 健

Last Update: 2019/07/26 10:45:06

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
伊藤 健/イトウ タケシ/Ito, Takeshi
Primary Affiliation(Org1/Job title)
Graduate Schools Law/Program-Specific Assistant Professor
Faculty
Org1 Job title
法学部
Academic Degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
修士(法学) 京都大学
博士(法学) 京都大学
Graduate School
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(Japanese) Major(English) Degree
京都大学 大学院法学研究科修士課程法政理論専攻 修了
京都大学 大学院法学研究科博士後期課程法政理論専攻 修了
Undergraduate School / Major(s)
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(s)(Japanese) Major(s)(English) Degree
京都大学 法学部 卒業
High School
Highschool Kana
奈良県立奈良高等学校 ならけんりつならこうとうがっこう
researchmap URL
https://researchmap.jp/40849220
Published Papers
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
伊藤 健 伊藤 健 違憲審査基準論の構造分析 ――違憲審査基準の「構成要素」という視点から―― 違憲審査基準論の構造分析 ――違憲審査基準の「構成要素」という視点から―― 京都大学, 1-200 京都大学, 1-200 , 1-200 2019/03 Japanese Doctoral Thesis Disclose to all
伊藤 健 伊藤 健 目的審査に関する違憲審査基準(三)・完―― "compelling" と "important" の実質的区別に向けて―― 目的審査に関する違憲審査基準(三)・完―― "compelling" と "important" の実質的区別に向けて―― 法学論叢, 181, 5, 78-106 法学論叢, 181, 5, 78-106 , 181, 5, 78-106 2017/08 Refereed Japanese Research paper(bulletin of university, research institution) Disclose to all
伊藤 健 伊藤 健 目的審査に関する違憲審査基準(二)―― "compelling" と "important" の実質的区別に向けて―― 目的審査に関する違憲審査基準(二)―― "compelling" と "important" の実質的区別に向けて―― 法学論叢, 181, 4, 103-129 法学論叢, 181, 4, 103-129 , 181, 4, 103-129 2017/07 Refereed Japanese Research paper(bulletin of university, research institution) Disclose to all
伊藤 健 伊藤 健 目的審査に関する違憲審査基準(一)―― "compelling" と "important" の実質的区別に向けて―― 目的審査に関する違憲審査基準(一)―― "compelling" と "important" の実質的区別に向けて―― 法学論叢, 181, 2, 153-174 法学論叢, 181, 2, 153-174 , 181, 2, 153-174 2017/05 Refereed Japanese Research paper(bulletin of university, research institution) Disclose to all
Title language:
Misc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
伊藤 健 伊藤 健 再婚禁止期間規定の憲法適合性 再婚禁止期間規定の憲法適合性 法学論叢, 183, 3, 97-119 法学論叢, 183, 3, 97-119 , 183, 3, 97-119 2018/06 Refereed Japanese Research paper Disclose to all
Title language:
Conference Activities & Talks
Title Title(Japanese) Title(English) Conference Conference(Japanese) Conference(English) Promotor Promotor(Japanese) Promotor(English) Date Language Assortment Disclose
最大判平成27年12月16日民集69巻8号2427頁(再婚禁止期間違憲判決) 最大判平成27年12月16日民集69巻8号2427頁(再婚禁止期間違憲判決) 京都大学公法研究会 京都大学公法研究会 2017/06/29 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
Fisher v. University of Texas at Austin,136 S. Ct. 2198 (2016)――大学の入学者選抜において人種を考慮することが、正しい厳格審査基準の下で合憲と判断された事例―― Fisher v. University of Texas at Austin,136 S. Ct. 2198 (2016)――大学の入学者選抜において人種を考慮することが、正しい厳格審査基準の下で合憲と判断された事例―― 関西アメリカ公法学会 関西アメリカ公法学会 2016/11/26 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
Title language:
External funds: competitive funds and Grants-in-Aid for Scientific Research (Kakenhi)
Type Position Title(Japanese) Title(English) Period
特別研究員奨励費 Representative 違憲審査基準論における利益衡量の位置づけ 2018/04/01-2019/03/31
External funds: other than those above
System Main person Title(Japanese) Title(English) Period
京都大学: 2019年度 第I期 京都大学若手研究者スタートアップ研究費 伊藤健 違憲審査基準の適用方法に関する体系的分析――合理性の基準と合憲性推定を中心に―― 2019/04/01-2019/09/30