佐々木 健

Last Update: 2019/09/24 15:58:28

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
佐々木 健/ササキ タケシ/Sasaki, Takeshi
Primary Affiliation(Org1/Job title)
Graduate Schools Law/Professor
Faculty
Org1 Job title
法学部
Contact Address
Type Address(Japanese) Address(English)
Office 京都市左京区吉田本町 Yoashida-hommachi Sakyo-ku Kyoto Japan 606-8501
Phone
Type Number
Office 075-753-3235
Academic Organizations You are Affiliated to in Japan
Organization name(Japanese) Organization name(English)
法制史学会 Japan Legal History Association
日本西洋古典学会
Academic Degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
修士(法学) LL.M. 京都大学 Kyoto University
博士(法学) Ph.D. 京都大学 Kyoto University
Graduate School
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(Japanese) Major(English) Degree
京都大学 Kyoto University 大学院法学研究科修士課程基礎法学専攻 Graduate School of Law 修了
Work Experience
Period Organization(Japanese) Organization(English) Job title(Japanese) Job title(English)
2006/04/01-2008/03/31 京都大学大学院法学研究科 Graduate School of Law, Kyoto University 助手(2007年度より助教へ職名変更) Research Associate
2008/04/01-2018/03/31 京都大学大学院法学研究科 Graduate School of Law, Kyoto University 准教授 Associate Professor
2018/04/01- 京都大学 Kyoto University 教授 Professor
Language of Instruction
Language
イタリア語
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000008371
Research Topics
(Japanese)
古代ローマの法的手段、特示命令、行政法制史
(English)
Remedies in ancient Rome, Interdicts, Legal history of administration
Overview of the research
(Japanese)
「訴権の体系」と評される古代ローマ法について、とりわけ紀元前後2~3世紀における手続法制を研究している。具体的には、仮処分の機能と行政行為の側面とを併せ持つ独特な争訟手段たる「特示命令」が、どのような事案・対象に何故、如何なる目的で用いられたのかを、占有やその侵奪、あるいは宗教との関わりで検討してきた。近時は、判決によらない「裁判」の結果として、それを前提にして後続する訴訟の存在を背景とした間接強制が、国家による行政的な管理行為にも見出されることに注目し、当時の特示命令に対する、ひいては手続法制に対する総合的理解を目指して研究を展開させる予定である。
(English)
I study the legal remedies and the proceeding in ancient Rome, in particular the Interdicts in the late Republic and in the Principate period. Recently I'm interested in the fact that the Interdicts were emanated for the administrative purpose in connection with the public property, thus I aim to understand entirely the legal system.
Fields of research (key words)
Key words(Japanese) Key words(English)
古代ローマ世界における訴訟法制 Legal Proceedings in the ancient Roman World
ローマ法 Roman Law
西洋法制史 European Legal History
古代法社会史 Social History of Ancient Law
法継受 Reception of Law
Published Papers
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
Takeshi Sasaki 佐々木 健 Takeshi Sasaki Roman-Japanese Legacy with the Appointment of second Degree Successor.: An Analysis of the second Petty Bench’s Judgment (Japanese Supreme Court) on 18th March 1983 Roman-Japanese Legacy with the Appointment of second Degree Successor.: An Analysis of the second Petty Bench’s Judgment (Japanese Supreme Court) on 18th March 1983 Roman-Japanese Legacy with the Appointment of second Degree Successor.: An Analysis of the second Petty Bench’s Judgment (Japanese Supreme Court) on 18th March 1983 Ulrike Babusiaux, Mariko Igimi (eds.), “Messages from Antiquity”: Roman Law and Current Legal Debates, 107-112 Ulrike Babusiaux, Mariko Igimi (eds.), “Messages from Antiquity”: Roman Law and Current Legal Debates, 107-112 Ulrike Babusiaux, Mariko Igimi (eds.), “Messages from Antiquity”: Roman Law and Current Legal Debates, 107-112 2019/06 Refereed English Research paper(international conference proceedings) Disclose to all
佐々木 健 佐々木 健 古代ローマ占有訴訟における「慣習による駆逐moribus deductio」(Cic. pro Caecina, 27)と暴力〔不動産占有回復〕unde vi特示命令 古代ローマ占有訴訟における「慣習による駆逐moribus deductio」(Cic. pro Caecina, 27)と暴力〔不動産占有回復〕unde vi特示命令 法学論叢, 182, (4・5・6), 288-317 法学論叢, 182, (4・5・6), 288-317 , 182, (4・5・6), 288-317 2018/03 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
佐々木 健 佐々木 健 古代ローマの(共有・隣接)農場交互貸借と「使用交換」 古代ローマの(共有・隣接)農場交互貸借と「使用交換」 法学論叢, 180, 5-6, 481-500 法学論叢, 180, 5-6, 481-500 , 180, 5-6, 481-500 2017/03 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
佐々木 健 佐々木 健 古代ローマ特示命令研究序説 古代ローマ特示命令研究序説 法学論叢, 172, 4-6, 463-511 法学論叢, 172, 4-6, 463-511 , 172, 4-6, 463-511 2013/03 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
佐々木 健 佐々木 健 ローマ法における量刑に関する一覚書 : 『学説彙纂』第四八巻第一九章第二五法文首項について (初宿・位田教授退職記念号) ローマ法における量刑に関する一覚書 : 『学説彙纂』第四八巻第一九章第二五法文首項について (初宿・位田教授退職記念号) 法学論叢, 170, 4-6, 515-532 法学論叢, 170, 4-6, 515-532 , 170, 4-6, 515-532 2012/03 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
佐々木 健 佐々木 健 古代ローマにおける特示命令による道路行政の一端 古代ローマにおける特示命令による道路行政の一端 法学論叢, 164, 1-6, 617-642 法学論叢, 164, 1-6, 617-642 , 164, 1-6, 617-642 2009/03 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
佐々木 健 佐々木 健 古代ローマ法における特示命令に関する研究の一潮流――行政を巡る法制史の一分野として 古代ローマ法における特示命令に関する研究の一潮流――行政を巡る法制史の一分野として 法制史研究, 58, 141-169 法制史研究, 58, 141-169 , 58, 141-169 2009/03 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
佐々木 健 佐々木 健 「ルーケリア碑文」に見る共和政中期ローマ世界における宗教法制の一断面(2・完) 「ルーケリア碑文」に見る共和政中期ローマ世界における宗教法制の一断面(2・完) 法学論叢, 163, 1, 1-24 法学論叢, 163, 1, 1-24 , 163, 1, 1-24 2008/04 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
佐々木 健 佐々木 健 『学説彙纂』における河川利用の保護――特示命令の射程に注目して―― 『学説彙纂』における河川利用の保護――特示命令の射程に注目して―― 法史学研究会会報, 12, 29-49 法史学研究会会報, 12, 29-49 , 12, 29-49 2008/03 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
佐々木 健 佐々木 健 「ルーケリア碑文」に見る共和政中期ローマ世界における宗教法制の一断面(1) 「ルーケリア碑文」に見る共和政中期ローマ世界における宗教法制の一断面(1) 法学論叢, 161, 5, 39-57 法学論叢, 161, 5, 39-57 , 161, 5, 39-57 2007/08 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
田中 実・佐々木 健 田中 実・佐々木 健 アゾー『勅法彙纂集成』第7巻第32章「占有の取得および保持について」の邦訳と解説(2・完) アゾー『勅法彙纂集成』第7巻第32章「占有の取得および保持について」の邦訳と解説(2・完) 南山法学, 29, 4, 129-180 南山法学, 29, 4, 129-180 , 29, 4, 129-180 2006/03 Japanese Research paper(bulletin of university, research institution) Disclose to all
田中 実・佐々木 健 田中 実・佐々木 健 アゾー『勅法彙纂集成』第7巻第32章「占有の取得および保持について」の邦訳と解説(1) アゾー『勅法彙纂集成』第7巻第32章「占有の取得および保持について」の邦訳と解説(1) 南山法学, 29, 2, 194-240 南山法学, 29, 2, 194-240 , 29, 2, 194-240 2006/01 Japanese Research paper(bulletin of university, research institution) Disclose to all
佐々木 健 佐々木 健 特示命令と神法物 特示命令と神法物 法学論叢, 158, 4, 82-111 法学論叢, 158, 4, 82-111 , 158, 4, 82-111 2006/01 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
佐々木 健 佐々木 健 L・ラブルーナの暴力vis論―特示命令論の為に―(二・完) L・ラブルーナの暴力vis論―特示命令論の為に―(二・完) 法学論叢, 155, 2, 100-122 法学論叢, 155, 2, 100-122 , 155, 2, 100-122 2004/05 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
佐々木 健 佐々木 健 L・ラブルーナの暴力vis論―特示命令論の為に―(一) L・ラブルーナの暴力vis論―特示命令論の為に―(一) 法学論叢, 155, 1, 130-145 法学論叢, 155, 1, 130-145 , 155, 1, 130-145 2004/04 Refereed Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
Takeshi SASAKI Takeshi SASAKI Who could apply for the interdicts concerning «via publica»? - An analysis of Ulp. D. 43.8.2 Who could apply for the interdicts concerning «via publica»? - An analysis of Ulp. D. 43.8.2 Revista General de Derecho Romano, vol. 19 Revista General de Derecho Romano, vol. 19 2012/12/01 Refereed English Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
Misc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
佐々木 健 佐々木 健 川島 翔著「中世学識法訴訟手続におけるlitis contestatio――訴訟成立要件としての当事者の意思」(『一橋法学』一五-一)同「アゾ『質疑録』第12質疑――中世学識法における仲裁法史の一断面」(同一五-三) 川島 翔著「中世学識法訴訟手続におけるlitis contestatio――訴訟成立要件としての当事者の意思」(『一橋法学』一五-一)同「アゾ『質疑録』第12質疑――中世学識法における仲裁法史の一断面」(同一五-三) 法制史研究, 67, 478-481 法制史研究, 67, 478-481 , 67, 478-481 2018/03 Japanese Disclose to all
ウルリケ・バビュジョー(田中実・佐々木健訳) ウルリケ・バビュジョー(田中実・佐々木健訳) トーピクと法学ーパピニアヌス『質疑録』(D.35.1.72)における立論の構造 トーピクと法学ーパピニアヌス『質疑録』(D.35.1.72)における立論の構造 南山法学, 41, 2, 315-338 南山法学, 41, 2, 315-338 , 41, 2, 315-338 2018/02 Japanese Lecture materials etc.(seminar, tutorial, course, lecture and others) Disclose to all
佐々木 健 佐々木 健 学界回顧2017:西洋法制史 学界回顧2017:西洋法制史 法律時報, 1119, 237-242 法律時報, 1119, 237-242 , 1119, 237-242 2017/12 Japanese Book review and document introduction, etc. Disclose to all
佐々木 健 佐々木 健 南雲泰輔著『ローマ帝国の東西分裂』 南雲泰輔著『ローマ帝国の東西分裂』 西洋史研究, 263, 89-91 西洋史研究, 263, 89-91 , 263, 89-91 2017/06 Japanese Book review and document introduction, etc. Disclose to all
佐々木 健 佐々木 健 砂田 徹著「同盟市戦争後のケンスス(戸口調査)と文書行政の進展」(『北海道大学文学研究科紀要』一四七) 砂田 徹著「同盟市戦争後のケンスス(戸口調査)と文書行政の進展」(『北海道大学文学研究科紀要』一四七) 法制史研究, 66, 431-433 法制史研究, 66, 431-433 , 66, 431-433 2017/03 Japanese Book review and document introduction, etc. Disclose to all
松本英実・佐々木健・屋敷二郎・苑田亜矢 松本英実・佐々木健・屋敷二郎・苑田亜矢 学界回顧:西洋法制史 学界回顧:西洋法制史 法律時報, 1106, 235-240 法律時報, 1106, 235-240 , 1106, 235-240 2016/12 Japanese Book review and document introduction, etc. Disclose to all
佐々木 健 佐々木 健 吉原達也「キケロ『カエキーナ弁護論』における争点に関する一考察」(『日本法学』八〇-一) 吉原達也「キケロ『カエキーナ弁護論』における争点に関する一考察」(『日本法学』八〇-一) 法制史研究, 65, 319-321 法制史研究, 65, 319-321 , 65, 319-321 2016/03 Japanese Book review and document introduction, etc. Disclose to all
松本英実+佐々木健+屋敷二郎+苑田亜矢 松本英実+佐々木健+屋敷二郎+苑田亜矢 学界回顧:西洋法制史 学界回顧:西洋法制史 法律時報, 1093, 326-331 法律時報, 1093, 326-331 , 1093, 326-331 2015/12 Japanese Book review and document introduction, etc. Disclose to all
佐々木 健 佐々木 健 砂田徹「スッラの退役兵植民とエトルリアの騒擾―ファエスラエの事例を中心に」(『北海道大学文学研究科紀要』一四〇) 砂田徹「スッラの退役兵植民とエトルリアの騒擾―ファエスラエの事例を中心に」(『北海道大学文学研究科紀要』一四〇) 法制史研究, 64, 473-475 法制史研究, 64, 473-475 , 64, 473-475 2015/03 Japanese Book review and document introduction, etc. Disclose to all
松本英実+佐々木健+松本尚子+小室輝久 松本英実+佐々木健+松本尚子+小室輝久 2014年学界回顧:西洋法制史 2014年学界回顧:西洋法制史 法律時報, 1080, 326-331 法律時報, 1080, 326-331 , 1080, 326-331 2014/12 Japanese Book review and document introduction, etc. Disclose to all
トーマス・フィンケナウアー(佐々木 健訳) トーマス・フィンケナウアー(佐々木 健訳) 問答契約による直接代理?(三・完) 問答契約による直接代理?(三・完) 法学論叢, 175, 5, 77-108 法学論叢, 175, 5, 77-108 , 175, 5, 77-108 2014/08 Japanese Book review and document introduction, etc. Disclose to all
トーマス・フィンケナウアー(佐々木 健訳) トーマス・フィンケナウアー(佐々木 健訳) 問答契約による直接代理?(二) 問答契約による直接代理?(二) 法学論叢, 175, 4, 113-131 法学論叢, 175, 4, 113-131 , 175, 4, 113-131 2014/07 Japanese Book review and document introduction, etc. Disclose to all
トーマス・フィンケナウアー(佐々木 健訳) トーマス・フィンケナウアー(佐々木 健訳) 問答契約による直接代理?(一) 問答契約による直接代理?(一) 法学論叢, 175, 1, 103-123 法学論叢, 175, 1, 103-123 , 175, 1, 103-123 2014/04 Japanese Book review and document introduction, etc. Disclose to all
田口正樹+佐々木健+松本尚子+小室輝久 田口正樹+佐々木健+松本尚子+小室輝久 2013年学界回顧:西洋法制史 2013年学界回顧:西洋法制史 法律時報, 1067, 338-343 法律時報, 1067, 338-343 , 1067, 338-343 2013/12 Japanese Book review and document introduction, etc. Disclose to all
佐々木 健 佐々木 健 Francisco Pina Polo, The Consul at Rome: The Civil Functions of the Consuls in the Roman Republic. Pp. x+379, Cambridge UP 2011. £ 65.00. Francisco Pina Polo, The Consul at Rome: The Civil Functions of the Consuls in the Roman Republic. Pp. x+379, Cambridge UP 2011. £ 65.00. 西洋古典学研究, 61, 152-154 西洋古典学研究, 61, 152-154 , 61, 152-154 2013/03 Japanese Book review and document introduction, etc. Disclose to all
田口正樹+佐々木健+松本尚子+小室輝久 田口正樹+佐々木健+松本尚子+小室輝久 2012年学界回顧:西洋法制史 2012年学界回顧:西洋法制史 法律時報, 1054, 327-332 法律時報, 1054, 327-332 , 1054, 327-332 2012/12 Japanese Book review and document introduction, etc. Disclose to all
京都大学ローマ法研究会 京都大学ローマ法研究会 学説彙纂第五〇巻第二章、第三章邦訳 学説彙纂第五〇巻第二章、第三章邦訳 法学論叢, 171, 1, 123-143 法学論叢, 171, 1, 123-143 , 171, 1, 123-143 2012/04 Japanese Book review and document introduction, etc. Disclose to all
京都大学ローマ法研究会 京都大学ローマ法研究会 学説彙纂第四三巻第一章邦訳 学説彙纂第四三巻第一章邦訳 法学論叢, 167, 6, 110-123 法学論叢, 167, 6, 110-123 , 167, 6, 110-123 2010/09 Japanese Book review and document introduction, etc. Disclose to all
佐々木 健 佐々木 健 三世紀ローマ帝国の法学と法学者に関する雑感 三世紀ローマ帝国の法学と法学者に関する雑感 西洋古典叢書月報, 80, 2-5 西洋古典叢書月報, 80, 2-5 , 80, 2-5 2009/05 Japanese Other article Disclose to all
京都大学ローマ法研究会 京都大学ローマ法研究会 学説彙纂第五〇巻第一章邦訳(二・完) 学説彙纂第五〇巻第一章邦訳(二・完) 法学論叢, 165, 1, 120-134 法学論叢, 165, 1, 120-134 , 165, 1, 120-134 2009/04 Japanese Book review and document introduction, etc. Disclose to all
京都大学ローマ法研究会 京都大学ローマ法研究会 学説彙纂第五〇巻第一章邦訳(一) 学説彙纂第五〇巻第一章邦訳(一) 法学論叢, 163, 6, 168-191 法学論叢, 163, 6, 168-191 , 163, 6, 168-191 2008/09 Japanese Book review and document introduction, etc. Disclose to all
Takeshi SASAKI Takeshi SASAKI Ulp. D. 43, 5, 3, 14: Interdictum de tabulis exhibendis Ulp. D. 43, 5, 3, 14: Interdictum de tabulis exhibendis ローマ法コロキウム(福岡工業大学) ローマ法コロキウム(福岡工業大学) 2013/03/27 English Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
Conference Activities & Talks
Title Title(Japanese) Title(English) Conference Conference(Japanese) Conference(English) Promotor Promotor(Japanese) Promotor(English) Date Language Assortment Disclose
D.14.3.20 (Scarvola 5 dig.): a kind of cheque or Letter of Credit in ancient Rome? D.14.3.20 (Scarvola 5 dig.): a kind of cheque or Letter of Credit in ancient Rome? D.14.3.20 (Scarvola 5 dig.): a kind of cheque or Letter of Credit in ancient Rome? 73eme Session de la Societe international Fernand de Visscher pour l’Histoire des Droits de l’Antiquite 73eme Session de la Societe international Fernand de Visscher pour l’Histoire des Droits de l’Antiquite 73eme Session de la Societe international Fernand de Visscher pour l’Histoire des Droits de l’Antiquite 2019/09/05 English Oral presentation(general) Disclose to all
ローマ法の道路行政[Invited] ローマ法の道路行政 [Invited] 第3回連続国際シンポジウム「古代ローマの危機管理」 第3回連続国際シンポジウム「古代ローマの危機管理」 2019/03/17 Japanese Symposium workshop panel(nominated) Disclose to all
Polia (D.21.1.38.14):馬飼育場か飼育場の馬か Polia (D.21.1.38.14):馬飼育場か飼育場の馬か 日本ローマ法研究会第1回大会 日本ローマ法研究会第1回大会 2018/03/18 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
慣習による駆逐moribus deductio / deduci(Cic. Pro Caecina, 27; 32; 95)と暴力〔不動産占有回復〕unde vi特示命令 慣習による駆逐moribus deductio / deduci(Cic. Pro Caecina, 27; 32; 95)と暴力〔不動産占有回復〕unde vi特示命令 ローマ法研究会 ローマ法研究会 2017/07/28 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
提示訴権における『物が有する額を下回るminoris erit quam res erit』: D. 10.4.9.8 (Ulp. 24 ad ed.) 提示訴権における『物が有する額を下回るminoris erit quam res erit』: D. 10.4.9.8 (Ulp. 24 ad ed.) ローマ法研究会 ローマ法研究会 2017/03/12 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
D.19.2.35.1 (Africanus 8 quaest.) et “l’échange d’emploi” D.19.2.35.1 (Africanus 8 quaest.) et “l’échange d’emploi” D.19.2.35.1 (Africanus 8 quaest.) et “l’échange d’emploi” 70ème Session de la Société international Fernand de Visscher pour l’Histoire des Droits de l’Antiquité, Paris 70ème Session de la Société international Fernand de Visscher pour l’Histoire des Droits de l’Antiquité, Paris 70ème Session de la Société international Fernand de Visscher pour l’Histoire des Droits de l’Antiquité, Paris 2016/09/14 French Oral presentation(general) Disclose to all
法学「古典期」と「使用交換」―ローマ法学者の専門知 法学「古典期」と「使用交換」―ローマ法学者の専門知 比較国制史研究会 比較国制史研究会 2016/07/03 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
Roman-Japanese Legacy with the Appointment of second Degree Successor : an Analysis of the second petty Bench’s Judgement (Japanese Supreme Court) on 18th, March, 1983 Roman-Japanese Legacy with the Appointment of second Degree Successor : an Analysis of the second petty Bench’s Judgement (Japanese Supreme Court) on 18th, March, 1983 Roman-Japanese Legacy with the Appointment of second Degree Successor : an Analysis of the second petty Bench’s Judgement (Japanese Supreme Court) on 18th, March, 1983 Messages from the Antiquity. How can Roman Law contribute to the Current Debates in Law? (The 10th Annual Kyushu University Law Conference), Kyushu-University, Fukuoka Messages from the Antiquity. How can Roman Law contribute to the Current Debates in Law? (The 10th Annual Kyushu University Law Conference), Kyushu-University, Fukuoka Messages from the Antiquity. How can Roman Law contribute to the Current Debates in Law? (The 10th Annual Kyushu University Law Conference), Kyushu-University, Fukuoka 2016/02/13 English Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others Disclose to all
D. 10.4.9.8 (Ulp. 24 ad ed.): <<minoris erit quam res erit>> nell’azione esibitoria D. 10.4.9.8 (Ulp. 24 ad ed.): <<minoris erit quam res erit>> nell’azione esibitoria D. 10.4.9.8 (Ulp. 24 ad ed.): <<minoris erit quam res erit>> nell’azione esibitoria 69ème Session de la Société international Fernand de Visscher pour l’Histoire des Droits de l’Antiquité, Istanbul 69ème Session de la Société international Fernand de Visscher pour l’Histoire des Droits de l’Antiquité, Istanbul 69ème Session de la Société international Fernand de Visscher pour l’Histoire des Droits de l’Antiquité, Istanbul 2015/09/10 Other Oral presentation(general) Disclose to all
D.19,2,35,1:古代ローマ共有農場の相互賃貸借 D.19,2,35,1:古代ローマ共有農場の相互賃貸借 ローマ法研究会 ローマ法研究会 2015/03/14 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
ローマ共和政(史)研究とその「退潮」 ローマ共和政(史)研究とその「退潮」 比較国制史研究会 比較国制史研究会 2015/01/10 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
D.19.2.35.1に見る古代ローマ共有農場の相互賃貸借:「古典期法学」批判を視野に D.19.2.35.1に見る古代ローマ共有農場の相互賃貸借:「古典期法学」批判を視野に 第13回古代史研究会大会 第13回古代史研究会大会 2014/12/21 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
D.48,19,25 pr.:l’imputato fermato e la durata della pena nel diritto penale romano D.48,19,25 pr.:l’imputato fermato e la durata della pena nel diritto penale romano D.48,19,25 pr.:l’imputato fermato e la durata della pena nel diritto penale romano 68ème Session de la Société internationale pour l’Histoire des Droits de l’Antiquité, Napoli 68ème Session de la Société internationale pour l’Histoire des Droits de l’Antiquité, Napoli 68ème Session de la Société internationale pour l’Histoire des Droits de l’Antiquité, Napoli 2014/09/17 Other Oral presentation(general) Disclose to all
Ulp. D. 43, 5, 3, 14: Interdictum de tabulis exhibendis Ulp. D. 43, 5, 3, 14: Interdictum de tabulis exhibendis Ulp. D. 43, 5, 3, 14: Interdictum de tabulis exhibendis 67ème Session de la Société internationale pour l’Histoire des Droits de l’Antiquité, Salzburg 67ème Session de la Société internationale pour l’Histoire des Droits de l’Antiquité, Salzburg 67ème Session de la Société internationale pour l’Histoire des Droits de l’Antiquité, Salzburg 2013/09/12 English Oral presentation(general) Disclose to all
Ulp. D. 43, 5, 3, 14: Interdictum de tabulis exhibendis Ulp. D. 43, 5, 3, 14: Interdictum de tabulis exhibendis Ulp. D. 43, 5, 3, 14: Interdictum de tabulis exhibendis Roman Law Colloquium Roman Law Colloquium Roman Law Colloquium 2013/03/25 English Oral presentation(general) Disclose to all
古代ローマの遺贈手続と担保 古代ローマの遺贈手続と担保 京都大学基礎法研究会 京都大学基礎法研究会 2013/03/02 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
Who could apply for the interdicts concerning «via publica»? - An analysis of Ulp. D. 43.8.2 Who could apply for the interdicts concerning «via publica»? - An analysis of Ulp. D. 43.8.2 Who could apply for the interdicts concerning «via publica»? - An analysis of Ulp. D. 43.8.2 66ème Session de la Société internationale pour l’Histoire des Droits de l’Antiquité, Oxford 66ème Session de la Société internationale pour l’Histoire des Droits de l’Antiquité, Oxford 66ème Session de la Société internationale pour l’Histoire des Droits de l’Antiquité, Oxford 2012/09/20 English Oral presentation(general) Disclose to all
D. 1.16.2について――非訟事件に関する裁判管轄権と手続 D. 1.16.2について――非訟事件に関する裁判管轄権と手続 ローマ法研究会 ローマ法研究会 2012/03/11 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
D. 48.19.25 pr.について D. 48.19.25 pr.について クリフォ教授追善研究会 クリフォ教授追善研究会 2011/12/26 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
古代ローマ特示命令行政序説 古代ローマ特示命令行政序説 法制史学会近畿部会第419回例会 法制史学会近畿部会第419回例会 2011/10/22 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
南イタリアにおける古代遺跡とローマ法講義 ―パレルモとその周辺の事例から― 南イタリアにおける古代遺跡とローマ法講義 ―パレルモとその周辺の事例から― 第5回古代史研究会例会 第5回古代史研究会例会 2006/03/26 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
古代ローマの宗教関連施設に対する法的保護 古代ローマの宗教関連施設に対する法的保護 京都大学大学院法学研究科21世紀COEプログラム「21世紀型法秩序形成プログラム」A班理論的研究グループ2005年度第6回研究会 京都大学大学院法学研究科21世紀COEプログラム「21世紀型法秩序形成プログラム」A班理論的研究グループ2005年度第6回研究会 2005/12/10 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
紀元前3世紀の神殿占拠事件と後代の特示命令interdictumとの関わり 紀元前3世紀の神殿占拠事件と後代の特示命令interdictumとの関わり 第3回古代史研究会大会 第3回古代史研究会大会 2004/12/12 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
神聖な場所に関する特示命令の起源と射程 ―特示命令の生成と展開に関する予備的一考察― 神聖な場所に関する特示命令の起源と射程 ―特示命令の生成と展開に関する予備的一考察― 法制史学会第52回研究大会 法制史学会第52回研究大会 2004/11/27 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
特示命令における起源と射程との関わりについて ―神聖な場所に関する特示命令を手掛かりに― 特示命令における起源と射程との関わりについて ―神聖な場所に関する特示命令を手掛かりに― 法制史学会近畿部会第374回例会 法制史学会近畿部会第374回例会 2004/05/16 Japanese Oral presentation(general) Disclose to all
moribus deductio (Cic. pro Caecina, X, 27) e l’interdictum unde vi moribus deductio (Cic. pro Caecina, X, 27) e l’interdictum unde vi 71ème Session de la Société international Fernand de Visscher pour l’Histoire des Droits de l’Antiquité, Bologna-Ravenna 71ème Session de la Société international Fernand de Visscher pour l’Histoire des Droits de l’Antiquité, Bologna-Ravenna 2017/09/15 Other Oral presentation(general) Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
Books etc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Publisher Publisher(Japanese) Publisher(English) Publication date Language Type Disclose
佐々木 健 佐々木 健 古代ローマ法における特示命令の研究 古代ローマ法における特示命令の研究 日本評論社 日本評論社 2017/03 Japanese Single Work Disclose to all
柴田光蔵、林信夫、佐々木健(共同編集) 柴田光蔵、林信夫、佐々木健(共同編集) ラテン語法格言辞典 ラテン語法格言辞典 慈学社出版 慈学社出版 2010/05/30 Japanese Disclose to all
Title language:
External funds: competitive funds and Grants-in-Aid for Scientific Research (Kakenhi)
Type Position Title(Japanese) Title(English) Period
若手研究(B) Representative ローマ法の遺贈と担保 (平成28年度分) 2016/04/01-2020/03/31
基盤研究(C) Assignment ローマ法と条件付遺言 2016/04/01-2019/03/31
基盤研究(B) Assignment 専門家と専門知の発展から見た国制史の再構築――前近代の西洋と日本 2016/04/01-2019/03/31
若手研究(B) Representative ローマ法の遺贈と担保 (平成29年度分) 2017/04/01-2018/03/31
基盤研究(A) Assignment ポンペイとオスティア:古代ローマにみる建築術の総体としての都市と技術の大衆化 2018/04/01-2021/03/31
若手研究(B) Representative ローマ法の遺贈と担保 (平成30年度分) 2018/04/01-2019/03/31
Teaching subject(s)
Name(Japanese) Name(English) Term Department Period
法学政治学英語B English(Law/Politics)B 後期 全学共通科目 2011/04-2012/03
外国文献研究(仏) Research on Foreign Literature (French) 前期 法学部 2012/04-2013/03
法学政治学英語A English(Law/Politics)A 前期 全学共通科目 2012/04-2013/03
法学政治学英語B English(Law/Politics)B 後期 全学共通科目 2012/04-2013/03
ローマ法演習 Roman Law -Seminar 通年 法学研究科 2012/04-2013/03
ローマ法研究演習 Roman Law -Seminar 通年 法学研究科 2012/04-2013/03
ローマ法 Roman Law 前期 法学部 2013/04-2014/03
ローマ法 Roman Law 通年 法学研究科 2013/04-2014/03
ローマ法演習 Roman Law -Seminar 通年 法学研究科 2013/04-2014/03
ローマ法研究 Roman Law 通年 法学研究科 2013/04-2014/03
ローマ法研究演習 Roman Law -Seminar 通年 法学研究科 2013/04-2014/03
法学政治学英語II English(Law/Politics)II 後期 全学共通科目 2013/04-2014/03
ローマ法 Roman Law 後期 法学部 2014/04-2015/03
法学入門II Introduction to Law II 後期 法学部 2014/04-2015/03
外国文献研究(英) Research on Foreign Literature (English) 前期 法学部 2014/04-2015/03
ローマ法 Roman Law 通年 法学研究科 2014/04-2015/03
ローマ法演習 Roman Law -Seminar 通年 法学研究科 2014/04-2015/03
ローマ法研究 Roman Law 通年 法学研究科 2014/04-2015/03
ローマ法研究演習 Roman Law -Seminar 通年 法学研究科 2014/04-2015/03
法学入門II Introduction to Law II 後期 全学共通科目 2014/04-2015/03
法学政治学英語I English(Law/Politics)I 前期 全学共通科目 2014/04-2015/03
ローマ法 Roman Law 前期 法学部 2015/04-2016/03
ローマ法 Roman Law 通年 法学研究科 2015/04-2016/03
法学入門II Introduction to Law II 後期 全学共通科目 2015/04-2016/03
法学入門II Introduction to Law II 後期 法学部 2015/04-2016/03
法学部基礎演習 Basic Seminar on Law and Politics 後期 法学部 2015/04-2016/03
ローマ法演習 Roman Law -Seminar 通年 法学研究科 2015/04-2016/03
ローマ法の現在 Actual Roman Law 後期 法学研究科(法科大学院) 2015/04-2016/03
〔ローマ法の現在 リサーチ・ペーパー〕 Research Paper - Actual Roman Law 後期 法学研究科(法科大学院) 2015/04-2016/03
ローマ法研究 Roman Law 通年 法学研究科 2015/04-2016/03
ローマ法研究演習 Roman Law -Seminar 通年 法学研究科 2015/04-2016/03
ILASセミナー ILAS Seminar 前期 全学共通科目 2016/04-2017/03
ローマ法 Roman Law 前期 法学部 2016/04-2017/03
ローマ法 Roman Law 通年 法学研究科 2016/04-2017/03
法学部基礎演習 Basic Seminar on Law and Politics 後期 法学部 2016/04-2017/03
ローマ法演習 Roman Law -Seminar 通年 法学研究科 2016/04-2017/03
ローマ法の現在 Actual Roman Law 後期 法学研究科(法科大学院) 2016/04-2017/03
〔ローマ法の現在 リサーチ・ペーパー〕 Research Paper - Actual Roman Law 後期 法学研究科(法科大学院) 2016/04-2017/03
ローマ法研究 Roman Law 通年 法学研究科 2016/04-2017/03
ローマ法研究演習 Roman Law -Seminar 通年 法学研究科 2016/04-2017/03
ローマ法 Roman Law 前期 法学部 2017/04-2018/03
ローマ法 Roman Law 通年 法学研究科 2017/04-2018/03
法学入門II Introduction to Law II 後期 法学部 2017/04-2018/03
法学部基礎演習 Basic Seminar on Law and Politics 後期 法学部 2017/04-2018/03
ローマ法演習 Roman Law -Seminar 通年 法学研究科 2017/04-2018/03
ローマ法の現在 Actual Roman Law 後期 法学研究科(法科大学院) 2017/04-2018/03
〔ローマ法の現在 リサーチ・ペーパー〕 Research Paper - Actual Roman Law 後期 法学研究科(法科大学院) 2017/04-2018/03
ローマ法研究 Roman Law 通年 法学研究科 2017/04-2018/03
ローマ法研究演習 Roman Law -Seminar 通年 法学研究科 2017/04-2018/03
ローマ法A Roman Law A 前期 法学研究科 2018/04-2019/03
ローマ法B Roman Law B 後期 法学研究科 2018/04-2019/03
ローマ法 Roman Law 前期 法学部 2018/04-2019/03
法学 Jurisprudence 前期 全学共通科目 2018/04-2019/03
法学部基礎演習 Basic Seminar on Law and Politics 後期 法学部 2018/04-2019/03
ローマ法演習A Roman Law A -Seminar 前期 法学研究科 2018/04-2019/03
ローマ法演習B Roman Law B -Seminar 後期 法学研究科 2018/04-2019/03
ローマ法の現在 Actual Roman Law 後期 法学研究科(法科大学院) 2018/04-2019/03
〔ローマ法の現在 リサーチ・ペーパー〕 Research Paper - Actual Roman Law 後期 法学研究科(法科大学院) 2018/04-2019/03
ローマ法研究A Roman Law A 前期 法学研究科 2018/04-2019/03
ローマ法研究B Roman Law B 後期 法学研究科 2018/04-2019/03
ローマ法研究演習A Roman Law A -Seminar 前期 法学研究科 2018/04-2019/03
ローマ法研究演習B Roman Law B -Seminar 後期 法学研究科 2018/04-2019/03
演習(ローマ法) Seminar - Roman Law 前期 法学部 2018/04-2019/03
演習(ローマ法) Seminar - Roman Law 後期 法学部 2018/04-2019/03
〔ローマ法A リサーチ・ペーパー〕 Research Paper - Roman Law A 前期 法学研究科 2019/04-2020/03
ローマ法A Roman Law A 前期 法学研究科 2019/04-2020/03
〔ローマ法B リサーチ・ペーパー〕 Research Paper - Roman Law B 後期 法学研究科 2019/04-2020/03
ローマ法B Roman Law B 後期 法学研究科 2019/04-2020/03
ローマ法 Roman Law 前期 法学部 2019/04-2020/03
法学 Jurisprudence 前期 全学共通科目 2019/04-2020/03
法学入門II Introduction to Law II 後期 法学部 2019/04-2020/03
ローマ法の現在 Actual Roman Law 後期 法学研究科(法科大学院) 2019/04-2020/03
〔ローマ法の現在 リサーチ・ペーパー〕 Research Paper - Actual Roman Law 前期 法学研究科(法科大学院) 2019/04-2020/03
〔ローマ法の現在 リサーチ・ペーパー〕 Research Paper - Actual Roman Law 後期 法学研究科(法科大学院) 2019/04-2020/03
ローマ法研究A Roman Law A 前期 法学研究科 2019/04-2020/03
ローマ法研究B Roman Law B 後期 法学研究科 2019/04-2020/03
演習(ローマ法) Seminar - Roman Law 前期 法学部 2019/04-2020/03
演習(ローマ法) Seminar - Roman Law 後期 法学部 2019/04-2020/03

  • <<
  • >>
School management (title, position)
Title Period
京都大学動物実験委員会 委員 2018/10/01-2020/09/30
Academic organizations (administrative history with title(s), position(s), etc.)
Organization name(Japanese) Organization name(English) Title(Japanese) Title(English) Period
法制史学会 Japan Legal History Association 理事 2019/06/01-2021/05/31
法制史学会 Japan Legal History Association 事務局担当 2008/04/01-2009/08/01
法制史学会 Japan Legal History Association ホームページ運営委員 2014/06/01-2021/03/
Academic organizations (editor, editing team)
Organization name(Japanese) Organization name(English) Journal name(Japanese) Journal name(English) Title Period
日本ローマ法研究会 ローマ法雑誌 編集委員会事務局 2019/03/14-
法制史学会 Japan Legal History Association 法制史研究 編集委員 2006/04/01-2010/03/31
Academic organizaions (conference administrator)
Organization name Group name Title Period
法制史学会 近畿部会 幹事 2006/01/01-2008/01/31
法制史学会 近畿部会 幹事 2012/01/01-2014/01/31
(京都)ローマ法研究会 事務局 2012/01/-2017/03/
日本ローマ法研究会 事務局 2017/03/11-
Other activities (public organizations)
Committee(Japanese) Committee(English) Title Organization name Period
滋賀県個人情報保護審議会 委員 滋賀県 2017/04/01-2019/04/01
滋賀県公文書管理・情報公開・個人情報保護審議会 委員、個人情報保護部会長、兼審査部会第二分科会長 滋賀県 2019/04/01-2021/03/31