高柳 敦

Last Update: 2011/11/29 21:41:41

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
高柳 敦/タカヤナギ アツシ/Atsushi Takayanagi
Primary department(Org1/Org2/Org3/Job title)
農学研究科/森林科学専攻森林生産学講座/講師
Faculty
Org1 Org2 Org3 Job title
農学部
Contact address
Type Address(Japanese) Address(English)
Office 〒606-8502 京都府京都市左京区北白川追分町 Kyoto 606-8502 Japan
Phone
Type Number
Office 075-753-6430
Affiliated academic organization(s) (Japanese)
Organization name(Japanese) Organization name(English)
日本林学会 The Japanese Forest Society
日本哺乳類学会 The Mammalogical Society of Japan
日本生態学会 Ecological Society of Japan
Academic degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
農学修士 京都大学
博士(農学) 京都大学
Graduate school
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(Japanese) Major(English) Degree
京都大学 大学院農学研究科修士課程林学専攻 修了
University
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(s)(Japanese) Major(s)(English) Degree
京都大学 農学部林学科 卒業
Personal Profile
(Japanese)
野生動物が組み込まれた社会をを実現するために、野生動物による被害の発生機構に関する生物学的側面、被害防除に関する実学的側面、保護管理の社会的位置づけに関する社会学的側面に関する研究を行っている。都道府県の保護管理施策の検討、実際の被害現場における被害判定や防除方法の指導なども行っており、これらをあわせて野生動物の総合的管理システムと野生動物文化の構築プロセスを追究している。
(English)
Research Topics
(Japanese)
大型野生動物による森林被害の発生機構とその防除と野生動物保護管理施策の在り方
(English)
Overview of your research
(Japanese)
ニホンカモシカ、ニホンジカ、ツキノワグマなどの大型野生動物による森林被害を科学的に防除、管理するために被害発生のメカニズムを解明するため、被害量の把握、個体数密度の把握、食性の把握などを把握し、効果的な被害防除対策の在り方を探っている。また、野生動物保護管理の社会的位置づけや保護管理施策の在り方に関する社会科学的側面についての研究も行っている。これらの研究を通して、野生動物の総合的管理の実現ならびに野生動物が組み込まれた社会の構築をめざしている被害防除に関する実学的側面、関する社会学的側面に関する研究を行っている。
(English)
Fields of research (key words)
Key words(Japanese) Key words(English)
野生動物保全科学 Wildlife conservation science
大型哺乳類 Large mammal species
森林被害 Forest damage
総合的管理 Integrated wildlife management
野生動物文化 Man and wilidlife interaction
Fields of research (kaken code)
Kaken code
Forestry/forest engineering
External funds, competitive funds and Grants-in-Aid for Scientific Research(kaken)
Type Position Title(Japanese) Title(English) Period
基盤研究(C) Representative シカによる農林業被害に対する生息環境整備と防護柵の被害防止効果に関する研究  -
Non-external, competitive funds or grants other than grants-in-aid for Scientific research (kaken)
System Main person Title(Japanese) Title(English) Period
ニホンカモシカ・ニホンジカによる食害問題の解析 Analysis and Settlement of Damage Problems Caused by Japanese Serow and Sika Deer -
猟区を中心とした野生動物保護管理制度に関する研究 Study on Wildlife Management System Relating to Hunting District -
ツキノワグマの生態と被害防除に関する研究 Ecology of Asian Black Bear and Prevention of Its Damage -
Teaching subject(s)
Name(Japanese) Name(English) Term Department Period
野生動物保全学 後期 農学部 2011/04-2012/03
研究林実習II 後期 農学部 2011/04-2012/03
基礎生態学実験及び実験法 後期 農学部 2011/04-2012/03
応用生態学実験及び実験法 後期 農学部 2011/04-2012/03
森林生物学実験及び実験法 前期 農学部 2011/04-2012/03
森林科学実習I 前期 農学部 2011/04-2012/03
森林生物学専攻実験 農学研究科 2011/04-2012/03
森林生物学専攻演習 農学研究科 2011/04-2012/03
森林生物学特論Ⅱ 農学研究科 2011/04-2012/03
基礎生態学実験及び実験法 Basic Laboratry Course in Ecology 後期 農学部 2012/04-2013/03
応用生態学実験及び実験法 Laboratory Course in Applied Ecology 後期 農学部 2012/04-2013/03
森林生物学実験及び実験法 Laboratory Course in Forest and Biomaterials Biology 前期 農学部 2012/04-2013/03
森林科学実習I Laboratory Course in Forest and Biomaterials Science I 前期 農学部 2012/04-2013/03
研究林実習II Practice in Forest Research Station II 後期 農学部 2012/04-2013/03
野生動物保全学 Wildlife Conservation Science 後期 農学部 2012/04-2013/03
野生動物保全学 Wildlife Conservation Science 後期 農学部 2014/04-2015/03
応用生態学実験及び実験法 Laboratory Course in Applied Ecology 後期 農学部 2014/04-2015/03
森林科学実習I Laboratory Course in Forest and Biomaterials Science I 前期 農学部 2014/04-2015/03
森林生物学実験及び実験法 Laboratory Course in Forest and Biomaterials Biology 前期 農学部 2014/04-2015/03
基礎生態学実験及び実験法 Basic Laboratry Course in Ecology 後期 農学部 2014/04-2015/03
研究林実習I Practice in University Forests I 後期 農学部 2014/04-2015/03
研究林実習II Practice in Forest Research Station II 後期 農学部 2014/04-2015/03
森林生物学専攻演習 Seminar in Forest Biology 通年 農学研究科 2014/04-2015/03
森林生物学専攻実験 Laboratory Course in Forest Biology 通年 農学研究科 2014/04-2015/03
野生動物問題の現場を知る What Are Wildlife Issues ? 前期集中 全学共通科目 2014/04-2015/03
基礎生態学実験及び実験法 Basic Laboratry Course in Ecology 後期 農学部 2015/04-2016/03
応用生態学実験及び実験法 Laboratory Course in Applied Ecology 後期 農学部 2015/04-2016/03
森林生物学実験及び実験法 Laboratory Course in Forest and Biomaterials Biology 前期 農学部 2015/04-2016/03
森林生物学専攻実験1 Laboratory Course in Forest Biology1 通年 農学研究科 2015/04-2016/03
森林生物学専攻実験 Laboratory Course in Forest Biology 通年 農学研究科 2015/04-2016/03
森林生物学専攻演習1 Seminar in Forest Biology1 通年 農学研究科 2015/04-2016/03
森林生物学専攻演習 Seminar in Forest Biology 通年 農学研究科 2015/04-2016/03
森林生物学特論 II Forest Biology II 後期 農学研究科 2015/04-2016/03
森林科学実習I Laboratory Course in Forest and Biomaterials Science I 前期 農学部 2015/04-2016/03
研究林実習II Practice in Forest Research Station II 後期 農学部 2015/04-2016/03
研究林実習I Practice in University Forests I 後期 農学部 2015/04-2016/03
野生動物保全学 Wildlife Conservation Science 後期 農学部 2015/04-2016/03
野生動物問題の現場を知る What Are Wildlife Issues ? 前期集中 全学共通科目 2015/04-2016/03

  • <<
  • >>
Other activities (public organizations)
Committee(Japanese) Committee(English) Title Organization name Period
カモシカ保護管理ワーキンググループ委員 2008-2010
大台ヶ原自然再生推進計画評価委員会 シカ保護管理検討部会委員 2008-2010
伊崎国有林カワウワーキンググループ委員 2008-2010
京都府人と野生鳥獣の共生の村づくり事業アドバイザー 2008-2010
京都府緑の公共事業アクションプラン政策検討委員 2008-2010
滋賀県ニホンジカ保護管理検討委員 2008-2010
滋賀県ツキノワグマ保護管理検討委員 2008-2010
滋賀県ニホンザル保護管理検討委員 2008-2010
滋賀県生きもの総合調査哺乳類部会長 2008-2010
福井県ニホンジカ保護管理検討委員 2008-2010
福井県ツキノワグマ保護管理ワーキンググループ委員 2008-2010
福井県環境審議会野生生物部会特別委員 2008-2010
兵庫県野生動物保護管理運営協議会委員 2008-2010
兵庫県環境審議会鳥獣部会特別委員 2008-2010
大阪府水と緑の健康都市オオタカ調査委員 2008-2010
甲賀地域獣害対策協議会参与 2010-2010

  • <<
  • >>