風間 卓仁

Last Update: 2017/06/23 10:19:50

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
風間 卓仁/カザマ タカヒト/Takahito Kazama
Primary department(Org1/Org2/Org3/Job title)
理学研究科/地球惑星科学専攻固体地球物理学講座/助教
Faculty
Org1 Org2 Org3 Job title
理学部
Affiliated academic organization(s) (Japanese)
Organization name(Japanese) Organization name(English)
日本測地学会 Geodetic Society of Japan
日本地震学会 Seismological Society of Japan
日本火山学会 Volcanological Society of Japan
日本地球惑星科学連合 Japan Geoscience Union
日本水文科学会 Japanese Association of Hydrological Sciences
Affiliated academic organization(s) (overseas)
Organization name Country
American Geophysical Union アメリカ合衆国
Academic degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
修士(理学) 東京大学
博士(理学) 東京大学
Graduate school
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(Japanese) Major(English) Degree
東京大学 大学院理学系研究科修士課程地球惑星科学専攻 修了
東京大学 大学院理学系研究科博士課程地球惑星科学専攻 修了
University
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(s)(Japanese) Major(s)(English) Degree
東京大学 教養学部理科Ⅰ類 修了
東京大学 理学部地球惑星物理学科 卒業
Personal website address
URL
http://www.eps.sci.kyoto-u.ac.jp/
http://www.kugi.kyoto-u.ac.jp/
http://www-geod.kugi.kyoto-u.ac.jp/
http://www-geod.kugi.kyoto-u.ac.jp/~takujin/
Research Topics
(Japanese)
重力観測を用いた火山活動・陸水変動現象のモデル化
(English)
Physical modeling of volcanic phenomena and hydrological balance, using gravity observations
Overview of your research
(Japanese)
私は測地データ、特に重力データを自ら取得し、地球質量の時空間変動を捉えています。例えば、絶対重力計という装置を火山に設置してマグマの動きを見たり、超伝導重力計で氷河融解に伴う重力変化を観測しています。主なフィールドは桜島・阿蘇山・アラスカ・南極などさまざまです。また、これらの重力変化を捉える際には陸水変動の寄与が「ノイズ」になってしまうので、陸水変動に伴う重力擾乱を補正するためのソフトウェアを開発しています。
(English)
I observe land gravity changes to monitor spatiotemporal mass variations associated with volcanism. For example, I detected the gravity change due to magma movement in the conduit of Asama Volcano using absolute gravimeters (Kazama et al., JGR, 2015). I also model hydrological gravity changes associated with soil water infiltration and groundwater flow, in order to retrieve solid-earth gravity signals from hydrologically-disturbed gravity data (e.g., Kazama et al., EPS, 2012).
Fields of research (key words)
Key words(Japanese) Key words(English)
測地学 Geodesy
陸水学 Hydrology
火山学 Volcanology
地震学 Seismology
Fields of research (kaken code)
Kaken code
Solid earth planet physics
Weather/oceanic physics/hydrology
Published Papers > Published Papers
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language
風間卓仁, 栗原剛志, 山本圭吾, 井口正人, 福田洋一 2015年8月15日桜島膨張イベント時にCG-3M重力計で観測された相対重力および傾斜の連続的な時間変化 火山,61,4,593-604 2016 Refereed Japanese
T. Kazama, S. Okubo, T. Sugano, S. Matsumoto, W. Sun, Y. Tanaka, E. Koyama Absolute gravity change associated with magma mass movement in the conduit of Asama Volcano (Central Japan), revealed by physical modeling of hydrological gravity disturbances Journal of Geophysical Research: Solid Earth,120,2,1263-1287 2015 Refereed English
風間 卓仁 地上重力測定における陸水擾乱問題 測地学テキストWeb版 2015 Japanese
風間卓仁, 山本圭吾, 福田洋一, 井口正人 相対重力データに対する陸水擾乱補正の重要性:桜島火山を例に 測地学会誌,60,2,73-89 2014 Refereed Japanese
T. Kazama; H. Hayakawa; T. Higashi; S. Ohsono; S. Iwanami; T. Hanyu; H. Ohta; K. Doi; Y. Aoyama; Y. Fukuda; J. Nishijima; K. Shibuya Gravity measurements with a portable absolute gravimeter A10 in Syowa Station and Langhovde, East Antarctica Polar Science,7,3-4,260-277 2013/09 Refereed English
風間卓仁 振り子を用いた重力加速度測定~日本と南極で振れ方の違いを観察する~ サイエンスネット, 46, 1-5 2013 Japanese
T. Kazama; Y. Tamura; K. Asari; S. Manabe; S. Okubo Gravity changes associated with variations in local land-water distributions: Observations and hydrological modeling at Isawa Fan, northern Japan Earth, Planets and Space,64,4,309-331 2012 Refereed English
風間 卓仁;大久保 修平 重力観測データに含まれる地下水擾乱の水文学的モデリング (総特集 重力観測・理論,その応用--陸上・海底から衛星観測まで) 月刊地球,32,4,215-218 2010/04 Japanese
T. Kazama, H. Kawakatsu, N. Takeuchi Hydrological modeling of groundwater disturbances to observed gravity: Theory and application to Asama Volcano, Central Japan Journal of Geophysical Research: Solid Earth,114,B08402 2009 Refereed English
T. Kazama; H. Kawakatsu; N. Takeuchi Depth-dependent attenuation structure of the inner core inferred from short-period Hi-net data Physics of the Earth and Planetary Interiors,167,3-4,155-160 2008/04 Refereed English
Conference Presentation > Conference Presentation
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language
風間卓仁, 山本圭吾, 井口正人 桜島火山で観測されている相対重力連続データの準リアルタイム解析 JpGU-AGU Joint Meeting 2017, SVC47-P28, 千葉県千葉市 (poster) 2017/05 Japanese
横山智也, 風間卓仁, 福田洋一, 三浦哲, キムテヒ, 田村良明 アラスカ南東部のiGrav-003超伝導重力計で観測された陸水重力変化の物理的モデリング JpGU-AGU Joint Meeting 2017, SGD02-11, 千葉県千葉市 (oral) 2017/05 Japanese
風間卓仁 ダジック・アースの固体地球系コンテンツについて 第4回ダジック・アース研究会, 3-2, 京都府京都市 (oral) 2017/03 Japanese
風間卓仁 対重力観測による広帯域火山活動モニタリング:阿蘇山および桜島における事例 研究集会「阿蘇山の噴火活動・マグマ水蒸気爆発を理解する」, 09, 熊本県熊本市 (oral) 2017/02 Japanese
風間卓仁, 横山智也 陸水流動解析ソフトG-WATERにおける不飽和土壌パラメーターの取り扱い 日本測地学会第126回講演会, P05, 岩手県奥州市 (poster) 2016/10 Japanese
風間卓仁, 小林千夏, 栗原剛志, 福田洋一, 吉田賢司, 名和一成 石岡および京都における相対重力計CG-3Mの連続試験観測 日本測地学会第126回講演会, 21, 岩手県奥州市 (oral) 2016/10 Japanese
風間卓仁, 栗原剛志, 山本圭吾, 井口正人, 大久保修平 桜島有村における相対重力連続観測:傾斜および重力データの擾乱補正 日本地球惑星科学連合2016年大会, SGD22-02, 千葉県千葉市 (oral) 2016/05 Japanese
風間卓仁, 山本圭吾, 井口正人 桜島有村における相対重力連続観測:ダイク貫入イベント時の傾斜・重力変化 日本地球惑星科学連合2016年大会, SVC47-04, 千葉県千葉市 (oral) 2016/05 Japanese
風間卓仁, 大倉敬宏, 吉川慎, 横尾亮彦, 西島潤 阿蘇火山の火口底地形変化に伴う重力変化の見積もり 日本測地学会第124回講演会, P25, 福岡県福岡市 (poster) 2015/10 Japanese
風間卓仁, 三浦哲, 福田洋一, M. Kaufman, K. DeGrandpre, J.T. Freymueller 2015年5-6月にアラスカ南東部で測定された絶対重力値 日本測地学会第124回講演会, P24, 福岡県福岡市 (poster) 2015/10 Japanese
風間卓仁, 大倉敬宏, 吉川慎, 横尾亮彦, 西島潤 阿蘇火山の火口底地形変化に伴う重力変化の見積もり 日本火山学会2015年度会秋季大会, P50, 富山県富山市 (poster) 2015/09 Japanese
風間卓仁, 福田洋一, 佐藤忠弘, 太田雄策, 三浦哲 アラスカ南東部で観測された絶対重力変化の再検討 日本地球惑星科学連合2015年大会, SGD21-01, 千葉県千葉市 (oral) 2015/05 Japanese
風間卓仁, 市川浩樹, 齊藤昭則, 小田木洋子 4次元デジタル地球儀Dagik Earthの固体地球科学系コンテンツの拡充について 日本測地学会第122回講演会, 28, 茨城県つくば市 (oral) 2014/11 Japanese
風間 卓仁 地下水流動モデリングの測地学的重要性:浅間火山における重力観測を例に 2014年度日本水文科学会学術大会, 06, 広島県東広島市 (oral) 2014/10 Japanese
Takahito Kazama G-WATER: Software packages for modeling gravity disturbances due to local land-water redistributions toward detecting gravity signals associated with earthquakes and volcanism AOGS 11th Annual Meeting, SE37-A001, Sapporo (poster) 2014/08 Refereed English
風間卓仁, 山本圭吾, 福田洋一, 井口正人 相対重力データに対する陸水擾乱補正の重要性:桜島火山を例に 日本地球惑星科学連合2014年大会, SVC55-P30, 横浜 (poster) 2014/04 Japanese
T. Kazama, H. Hayakawa, S. Miura, M. Kaufman, T. Sato, C.F. Larsen, J.T. Freymueller Long-term variations of absolute and superconducting gravity values in Southeast Alaska, observed by the ISEA2 project AGU Fall Meeting, G43B-0971, San Francisco (poster) 2013/12 Refereed English
風間卓仁, 三浦哲, 早河秀章, 佐藤忠弘, M. Kaufman, J.T. Freymueller 超伝導重力計iGrav #003を用いたアラスカ南東部における重力連続観測 日本測地学会第120回講演会, P-11, 立川 (poster) 2013/10 Japanese
T. Kazama, S. Okubo, T. Sugano, S. Matsumoto, W. Sun, Y. Tanaka, E. Koyama Magma mass transport in the volcanic vent at Asama Volcano in the central Japan, revealed by physical corrections of hydrological gravity disturbances IAVCEI 2013 Scientific Assembly, 2F-P14, Kagoshima (poster) 2013/07 Refereed English
風間卓仁, 名和一成, 田中愛幸, 今西祐一 八重山諸島における土壌の物理パラメーターとその不均質性:地下水流動に伴う重力擾乱の高精度な計算に向けて 日本地球惑星科学連合2013年大会, SGD22-P09, 幕張 (poster) 2013/05/22 Japanese
風間卓仁, 東敏博, 早河秀明, 大薗伸吾, 岩波俊介, 土井浩一郎, 青山雄一, 福田洋一, 西島潤 可搬型絶対重力計A10を用いた南極野外における絶対重力観測 第32回極域地学シンポジウム, 29-G-14, 立川 (oral) 2012/11/29 Japanese
風間卓仁, 佐藤忠弘, 太田雄策, 三浦哲, M. Kaufman, S. Herreid, J. Freymueller 絶対重力計FG5および超伝導重力計iGravを用いたアラスカ南東部における重力観測 日本測地学会第118回講演会, 21, 仙台 (oral) 2012/10/31 Japanese
風間卓仁, 東敏博, 早河秀章, 岩波俊介, 土井浩一郎, 青山雄一, 福田洋一, 西島潤 南極昭和基地における絶対重力計(A10およびFG5)10MHz原子時計の周波数校正 日本地球惑星科学連合2012年大会, SGD24-P02, 幕張 (poster) 2012/05/21 Japanese
風間卓仁, 東野智瑞子, 小野口聡, 土井浩一郎 振り子と打点式タイマーを用いた南極における重力加速度測定 日本地球惑星科学連合2012年大会, G02-P02, 幕張 (poster) 2012/05/20 Japanese
風間卓仁, 山本圭吾, 福田洋一 桜島における相対重力データの地下水擾乱補正 日本測地学会第116回講演会, 17, 高山 (oral) 2011/10/26 Japanese
風間卓仁, 田村良明, 浅利一善, 真鍋盛二, 大久保修平 ローカルな陸水変動に伴う重力変化:胆沢扇状地における観測およびモデリングを例に 日本地球惑星科学連合2011年大会, SGD022-P05, 幕張 (poster) 2011/05/23 Japanese
風間卓仁, 田村良明, 大久保修平 地下水流動計算プログラム Gwater (β版) について 日本測地学会第114回講演会, 66, 宇治 (oral) 2010/11/10 Japanese
風間卓仁, 福田洋一, 長﨑鋭二, 山本圭吾, 井口正人, 菅野貴之, 大久保修平, 名和一成, 今西祐一, 田村良明, 大倉敬宏 桜島ハルタ山における絶対および相対重力の同時連続観測 日本測地学会第114回講演会, P13, 宇治 (poster) 2010/11/08 Japanese
T. Kazama and S. Okubo Hydrological Modeling of Groundwater Disturbances to Observed Gravity Data Toward High-accuracy Monitoring of Magma Transfer in Volcanoes AGU Western Pacific Geophysics Meeting, G43B-04, Taipei (oral) 2010/06 Refereed English
風間卓仁, 田村良明, 大久保修平, 浅利一善, 真鍋盛二 地下水流動に伴う重力変化の水文学的モデリング:胆沢扇状地への適用例 日本地球惑星科学連合2010年大会, SGD002-P06, 幕張 (poster) 2010/05/27 Japanese
風間卓仁, 大久保修平, 山本圭吾, 井口正人, 菅野貴之, 田中愛幸, 孫文科 重力連続観測で明らかになった火山内部のマグマ移動プロセス 日本地球惑星科学連合2010年大会, SVC063-10, 幕張 (oral) 2010/05/24 Japanese
T. Kazama, T. Sugano, W. Sun, S. Okubo Hydrological modeling of groundwater disturbance in gravity data to detect volcanic signals -Application to Asama volcano, central Japan- AGU Western Pacific Geophysics Meeting, G21A-05, Cairns (oral, invited) 2008/07 Refereed
T. Kazama and S. Okubo Hydrological Modeling of Groundwater Disturbance to Gravity Data AGU Fall Meeting, G33A-0888, San Francisco (poster) 2007/12 Refereed
T. Kazama, A. Shito, N. Takeuchi, H. Kawakatsu Seismic Evidence for a High Attenuation Region near the ICB AGU Fall Meeting, MR13A-0065, San Francisco (poster) 2005/12 Refereed English

  • <<
  • >>
Lectures > Invited Lectures
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
Title Conference name Organization name Date Language
火山地域における地下水モニタリングの重要性:火山噴火予測のために [招待あり] 2015年度日本水文科学会学術大会, J3, 茨城県つくば市 (oral, invited) 2015/10/09 Japanese
Absolute gravity change associated with magma mass movement in the conduit of Asama Volcano (Central Japan), revealed by physical modeling of hydrological gravity disturbances [Invited] International Workshop 2014 on Mt. Tatun: What we know and what we don't know, 3-01, Taipei, Taiwan (oral, invited) 2014/09/24 English
Hydrological modeling of groundwater disturbance in gravity data to detect volcanic signals: Application to Asama volcano, central Japan [Invited] AGU Western Pacific Geophysics Meeting, G21A-05, Cairns, QLD, Australia (oral, invited). American Geophysical Union 2008/07/29 English
Awards
Title(Japanese) Title(English) Organization name(Japanese) Organization name(English) Date
2014年度日本水文科学会学術大会 「優秀口頭発表賞」 日本水文科学会 2014/10/06
東京大学地震研究所所長賞「ラボツアーにおける学生のアウトリーチ活動への貢献」 東京大学地震研究所 2009/11/26
日本測地学会第108回講演会「学生による講演会優秀発表」 日本測地学会 2007/11/09
平成18 年度理学系研究科奨励賞(修士) 東京大学大学院理学系研究科 2007/03/22
日本測地学会第104回講演会「学生による講演会優秀発表」 日本測地学会 2005/10/27
External funds, competitive funds and Grants-in-Aid for Scientific Research(kaken)
Type Position Title(Japanese) Title(English) Period
特別研究員奨励費(DC1) Representative 重力観測を用いた高精度・リアルタイム火山噴火予知 2007/04/01-2010/03/31
特別研究員奨励費(PD) Representative 火山内部密度の時空間分布の解明による高精度な火山噴火予知の実現 2010/04/01-2012/12/31
研究活動スタート支援 Representative 高精度陸水擾乱補正による地震火山起源のサブマイクロガル重力変化の検出 2013/10/01-2015/03/31
若手研究(B) Representative マグマ質量移動に伴う短周期重力変化の検出:火山噴火プロセスの更なる理解に向けて 2015/04/01-2019/03/31
基盤研究(A) Assignment アラスカの地殻隆起・重力変動観測による粘弾性構造解明と地球環境変動モニタリング 2015/04/01-2016/03/31
若手研究(B) Representative マグマ質量移動に伴う短周期重力変化の検出:火山噴火プロセスの更なる理解に向けて (平成28年度分) 2016/04/01-2017/03/31
Teaching subject(s)
Name(Japanese) Name(English) Term Department Period
計算地球物理学演習 Computational Geophysics - Exercise 後期 理学部 2013/04-2014/03
観測地球物理学演習A Observational Geophysics Laboratory A 前期 理学部 2013/04-2014/03
地球惑星科学課題演習DA Laboratory Work in Earth & Planetary Sciences DA 前期 理学部 2013/04-2014/03
地球惑星科学課題演習DC Laboratory Work in Earth & Planetary Sciences DC 後期 理学部 2013/04-2014/03
地球惑星科学課題研究T3 Special study course II(Earth & Planetary Sciences) T3 通年 理学部 2013/04-2014/03
計算地球物理学演習 Computational Geophysics - Exercise 後期 理学部 2014/04-2015/03
観測地球物理学演習A Observational Geophysics Laboratory A 前期集中 理学部 2014/04-2015/03
地球惑星科学課題演習DA Laboratory Work in Earth & Planetary Sciences DA 前期 理学部 2014/04-2015/03
地球惑星科学課題演習DC Laboratory Work in Earth & Planetary Sciences DC 後期 理学部 2014/04-2015/03
地球惑星科学課題研究T3 Special study course II(Earth & Planetary Sciences) T3 通年 理学部 2014/04-2015/03
測地学ゼミナールA Seminar on Geodesy A 前期 理学研究科 2014/04-2015/03
測地学ゼミナールB Seminar on Geodesy B 後期 理学研究科 2014/04-2015/03
測地学ゼミナールC Seminar on Geodesy C 前期 理学研究科 2014/04-2015/03
測地学ゼミナールD Seminar on Geodesy D 後期 理学研究科 2014/04-2015/03
固体地球物理学ゼミナールA Seminar on Solid Geophysics A 前期 理学研究科 2014/04-2015/03
固体地球物理学ゼミナールB Seminar on Solid Geophysics B 後期 理学研究科 2014/04-2015/03
固体地球物理学ゼミナールC Seminar on Solid Geophysics C 前期 理学研究科 2014/04-2015/03
固体地球物理学ゼミナールD Seminar on Solid Geophysics D 後期 理学研究科 2014/04-2015/03
地球科学実験A Experimental Practice in Earth Science A 前期 全学共通科目 2014/04-2015/03
固体地球物理学ゼミナールA Seminar on Solid Geophysics A 前期 理学研究科 2015/04-2016/03
固体地球物理学ゼミナールB Seminar on Solid Geophysics B 後期 理学研究科 2015/04-2016/03
固体地球物理学ゼミナールC Seminar on Solid Geophysics C 前期 理学研究科 2015/04-2016/03
固体地球物理学ゼミナールD Seminar on Solid Geophysics D 後期 理学研究科 2015/04-2016/03
地球惑星科学課題演習DA Laboratory Work in Earth & Planetary Sciences DA 前期 理学部 2015/04-2016/03
地球惑星科学課題演習DC Laboratory Work in Earth & Planetary Sciences DC 後期 理学部 2015/04-2016/03
地球惑星科学課題研究T3 Special study course II(Earth & Planetary Sciences) T3 通年 理学部 2015/04-2016/03
地球科学実験 Experimental Practice of Earth Science 後期 全学共通科目 2015/04-2016/03
測地学ゼミナールA Seminar on Geodesy A 前期 理学研究科 2015/04-2016/03
測地学ゼミナールB Seminar on Geodesy B 後期 理学研究科 2015/04-2016/03
測地学ゼミナールC Seminar on Geodesy C 前期 理学研究科 2015/04-2016/03
測地学ゼミナールD Seminar on Geodesy D 後期 理学研究科 2015/04-2016/03
観測地球物理学演習A Observational Geophysics Laboratory A 前期集中 理学部 2015/04-2016/03
計算地球物理学演習 Computational Geophysics - Exercise 後期 理学部 2015/04-2016/03
固体地球物理学ゼミナールA Seminar on Solid Geophysics A 前期 理学研究科 2016/04-2017/03
固体地球物理学ゼミナールB Seminar on Solid Geophysics B 後期 理学研究科 2016/04-2017/03
固体地球物理学ゼミナールC Seminar on Solid Geophysics C 前期 理学研究科 2016/04-2017/03
固体地球物理学ゼミナールD Seminar on Solid Geophysics D 後期 理学研究科 2016/04-2017/03
地球惑星科学課題演習DA Laboratory Work in Earth & Planetary Sciences DA 前期 理学部 2016/04-2017/03
地球惑星科学課題演習DC Laboratory Work in Earth & Planetary Sciences DC 後期 理学部 2016/04-2017/03
地球惑星科学課題研究T3 Special study course II(Earth & Planetary Sciences) T3 通年 理学部 2016/04-2017/03
地球科学実験 Experimental Practice of Earth Science 前期 全学共通科目 2016/04-2017/03
測地学ゼミナールA Seminar on Geodesy A 前期 理学研究科 2016/04-2017/03
測地学ゼミナールB Seminar on Geodesy B 後期 理学研究科 2016/04-2017/03
測地学ゼミナールC Seminar on Geodesy C 前期 理学研究科 2016/04-2017/03
測地学ゼミナールD Seminar on Geodesy D 後期 理学研究科 2016/04-2017/03
観測地球物理学演習A Observational Geophysics Laboratory A 前期集中 理学部 2016/04-2017/03
計算地球物理学演習 Computational Geophysics - Exercise 後期 理学部 2016/04-2017/03
固体地球物理学ゼミナールA Seminar on Solid Geophysics A 前期 理学研究科 2017/04-2018/03
固体地球物理学ゼミナールB Seminar on Solid Geophysics B 後期 理学研究科 2017/04-2018/03
固体地球物理学ゼミナールC Seminar on Solid Geophysics C 前期 理学研究科 2017/04-2018/03
固体地球物理学ゼミナールD Seminar on Solid Geophysics D 後期 理学研究科 2017/04-2018/03
地球惑星科学課題演習DA Laboratory Work in Earth & Planetary Sciences DA 前期 理学部 2017/04-2018/03
地球惑星科学課題演習DC Laboratory Work in Earth & Planetary Sciences DC 後期 理学部 2017/04-2018/03
地球惑星科学課題研究T3 Special study course II(Earth & Planetary Sciences) T3 通年 理学部 2017/04-2018/03
地球科学実験 Experimental Practice of Earth Science 後期 全学共通科目 2017/04-2018/03
測地学ゼミナールA Seminar on Geodesy A 前期 理学研究科 2017/04-2018/03
測地学ゼミナールB Seminar on Geodesy B 後期 理学研究科 2017/04-2018/03
測地学ゼミナールC Seminar on Geodesy C 前期 理学研究科 2017/04-2018/03
測地学ゼミナールD Seminar on Geodesy D 後期 理学研究科 2017/04-2018/03
観測地球物理学演習A Observational Geophysics Laboratory A 前期集中 理学部 2017/04-2018/03
計算地球物理学演習 Computational Geophysics - Exercise 後期 理学部 2017/04-2018/03

  • <<
  • >>
Faculty management (title, position)
Title Period
理学研究科社会交流室運営委員会委員 2015/04/01-2016/03/31
理学研究科社会交流室運営委員会委員 2016/04/01-2017/03/31
理学研究科社会交流室運営委員会委員 2017/04/01-2018/03/31