吉岡 洋

Last Update: 2019/06/21 13:33:38

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
吉岡 洋/ヨシオカ ヒロシ/Yoshioka, Hiroshi
Primary Affiliation(Org1/Job title)
Kokoro Research Center/Program-Specific Professor
Faculty
Org1 Job title
文学部
Contact Address
Type Address(Japanese) Address(English)
Home 滋賀県大津市追分町11-1-115 #115, 11-1, Oiwakecho, Otsu-shi, Shiga
E-mail Address
E-mail address
hyshk56 @ me.com
Academic Organizations You are Affiliated to in Japan
Organization name(Japanese) Organization name(English)
日本記号学会 Japanese Association of Semiotics Studies
日本美学会 Japanese Association of Aesthetic Studies
Academic Degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
文学修士 Master of Arts 京都大学 Kyoto University
Graduate School
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(Japanese) Major(English) Degree
京都大学 Kyoto University 大学院文学研究科博士後期課程 Graduate School of Letters Aesthetics and Art Theory 研究指導認定退学
京都大学 Kyoto University 大学院文学研究科修士課程 Graduate School of Letters Aesthetics and Art Theory 修了
Work Experience
Period Organization(Japanese) Organization(English) Job title(Japanese) Job title(English)
1990/04/01-1993/03/31 甲南大学文学部 Konan University (Faculty of Letters) 講師 Lecturer
1993/04/01-1998/03/31 甲南大学文学部 Konan University (Faculty of Letters) 助教授 Associate Professor
1993/10/01-1994/03/31 ISS社会研究所(オランダ、ハーグ) Institute of Social Studies (Den Haag, NL) 客員研究員 Research Fellow
1998/04/01-2000/03/31 甲南大学文学部 Konan University (Faculty of Letters) 教授 Professor
2000/04/01-2000/03/31 岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー International Academy of Media Arts and Sciences 教授 Professor
2001/04/01-2006/09/30 情報科学芸術大学院大学 Institute of Advanced Media Arts and Sciences 教授 Professor
2004- 2004年4月 日本学術振興会人文社会科学振興プロジェクト企画委員(現在に至る)
2006/10/01-2009 日本学術振興会人文社会科学振興プロジェクト Kyoto University (Graduate School of Letters) 企画委員 Professor
2011/04/01-2013/03/31 文化庁世界メディア芸術コンベンション International Convention of Manga, Animation, Games and Media Arts 座長 Chair
Personal Profile
(Japanese)
美学・芸術学とメディア理論をバックグラウンドにして、現代の芸術やメディアアートの現場と関わりながら、文章を書き、出版物や美術展示の企画をし、作品制作にも関わってきました。美学・芸術学という学問領域は主として18世紀以降のヨーロッパ近代思想に発するものであり、デジタル情報技術をはじめとする現代の発達したテクロジー環境下においては有効性を失っているという見方もありますが、ぼくはそうは考えません。めまぐるしい変化に惑わされず、芸術とは何か? 技術とは何か? という根源的な問いを、今こそ歴史的・人類史的なスケールで問い直す必要があると考えています。そのことを理論と実践の両面から探究していきたいと思います。
(English)
Hiroshi Yoshioka teaches aesthetics and art theory at Kyoto University. He is the author of books and articles on art, technology and culture. He was the editor of the critical journal Diatxt.(vol.1-8), and the general director of Kyoto Biennale 2003.
Language of Instruction
Language(japanese) Language(english) Code
英語
researchmap URL
https://researchmap.jp/read0099136
Research Topics
(Japanese)
現代芸術、メディア芸術に関する理論的研究
(English)
Theoretical studies on the contemporary art and media arts
Fields of research (key words)
Key words(Japanese) Key words(English)
美学、芸術学、現代芸術、メディアアート aesthetics, theory of art, contemporary art, media art
Published Papers
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
YOSHIOKA Hiroshi 吉岡 洋 YOSHIOKA Hiroshi art and community アートとコミュニティ art and community こころの未来, 20, 28-31 こころの未来, 20, 28-31 , 20, 28-31 2019/01 Japanese Research paper(bulletin of university, research institution) Disclose to all
吉岡 洋 吉岡 洋 吉岡 洋 原子のイノセンス 原子のイノセンス 原子のイノセンス living will 今を生きる意志, 1, 15-20 living will 今を生きる意志, 1, 15-20 living will 今を生きる意志, 1, 15-20 2018/05 Japanese Disclose to all
YOSHIOKA Hiroshi 吉岡 洋 YOSHIOKA Hiroshi Hiroshima, Fukushima and Beyond: Borders and Transgressions in Nuclear Imagination Hiroshima, Fukushima and Beyond: Borders and Transgressions in Nuclear Imagination Hiroshima, Fukushima and Beyond: Borders and Transgressions in Nuclear Imagination Border Thinking: Publicaton Series of the Academy of Fine Arts Vienna, 21 Border Thinking: Publicaton Series of the Academy of Fine Arts Vienna, 21 Border Thinking: Publicaton Series of the Academy of Fine Arts Vienna, 21 2018/02 Refereed English Research paper(scientific journal) Disclose to all
吉岡 洋 吉岡 洋 吉岡 洋 「美少女の記号論」に向けて 「美少女の記号論」に向けて 「美少女の記号論」に向けて 叢書セミオトポス, 12, 11-19 叢書セミオトポス, 12, 11-19 叢書セミオトポス, 12, 11-19 2017/08 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
吉岡 洋 吉岡 洋 吉岡 洋 芸術の現在と未来 芸術の現在と未来 芸術の現在と未来 こころの未来, 17, 2-3 こころの未来, 17, 2-3 こころの未来, 17, 2-3 2017/07 Refereed Disclose to all
吉岡 洋 吉岡 洋 吉岡 洋 幽霊、ゾンビ、ラメラ 幽霊、ゾンビ、ラメラ 幽霊、ゾンビ、ラメラ 科学研究費「ポップカルチャーの美学構築に関する基盤研究」報告書 科学研究費「ポップカルチャーの美学構築に関する基盤研究」報告書 科学研究費「ポップカルチャーの美学構築に関する基盤研究」報告書 2016 Refereed Disclose to all
YOSHIOKA Hiroshi 吉岡 洋 YOSHIOKA Hiroshi Concerning the Postmodern Landscape 「風景のポストモダン」をめぐって Concerning the Postmodern Landscape Ritsumeikan Studies in Language and Culture, 26, 3, 67-77 立命館言語文化研究, 26, 3, 67-77 Ritsumeikan Studies in Language and Culture, 26, 3, 67-77 2015/02 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
YOSHIOKA Hiroshi 吉岡 洋 YOSHIOKA Hiroshi Umenie po Fulusime フクシマ後のアート Umenie po Fulusime ENTER, IV, 14+15, 6-9 ENTER, IV, 14+15, 6-9 ENTER, IV, 14+15, 6-9 2013/12 Other Research paper(scientific journal) Disclose to all
YOSHIOKA Hiroshi 吉岡 洋 YOSHIOKA Hiroshi After “Cool Japan”: A Study on Cultural Nationalism After “Cool Japan”: A Study on Cultural Nationalism After “Cool Japan”: A Study on Cultural Nationalism Culture and Dialogue, Vol. 3, No.2, 3-12 Culture and Dialogue, Vol. 3, No.2, 3-12 , Vol. 3, No.2, 3-12 2013 Refereed English Research paper(scientific journal) Disclose to all
YOSHIOKA Hiroshi 吉岡 洋 YOSHIOKA Hiroshi An Indigenous Avant-garde: A Look at Yoshiharu Tsuge 自生する前衛ーつげ義春をめぐってー An Indigenous Avant-garde: A Look at Yoshiharu Tsuge 美術フォーラム21, 24, 113-116 美術フォーラム21, 24, 113-116 , 24, 113-116 2011 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
吉岡洋 吉岡洋 吉岡洋 “Cultural Parasitology: Art in it's Sociopolitical Complexity.” “Cultural Parasitology: Art in it's Sociopolitical Complexity.” “Cultural Parasitology: Art in it's Sociopolitical Complexity.” Interface Culture: Artistic Aspects on Interaction (リンツ芸術工科大学, 2009, pp. 215-223. Interface Culture: Artistic Aspects on Interaction (リンツ芸術工科大学, 2009, pp. 215-223. Interface Culture: Artistic Aspects on Interaction (リンツ芸術工科大学, 2009, pp. 215-223. 2009 Refereed English Disclose to all
吉岡洋 吉岡洋 吉岡洋 「〈おもろい〉―興趣の大阪的表現について―」 「〈おもろい〉―興趣の大阪的表現について―」 「〈おもろい〉―興趣の大阪的表現について―」 『美術フォーラム21』第17 号(醍醐書房)、pp. 113-116 『美術フォーラム21』第17 号(醍醐書房)、pp. 113-116 『美術フォーラム21』第17 号(醍醐書房)、pp. 113-116 2008 Refereed Japanese Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
Conference Activities & Talks
Title Title(Japanese) Title(English) Conference Conference(Japanese) Conference(English) Promotor Promotor(Japanese) Promotor(English) Date Language Assortment Disclose
デザインの哲学 デザインの哲学 デザインの哲学 2019/01/15 Japanese Oral presentation(invited, special) Disclose to all
Ambivalence of Monstrosity: Understanding Godzilla after Fukushima[Invited] 怪物の両義性:フクシマ以後、ゴジラを理解する [Invited] Ambivalence of Monstrosity: Understanding Godzilla after Fukushima [Invited] Guest Lecture at Stockholm Universtiy Guest Lecture at Stockholm Universtiy Guest Lecture at Stockholm Universtiy 2018/09/05 English Oral presentation(invited, special) Disclose to all
For the Future of the Mind For the Future of the Mind For the Future of the Mind Future Mind II Future Mind II Future Mind II 2018/02/18 English Oral presentation(keynote) Disclose to all
複合と歴史以後[Invited] 複合と歴史以後 [Invited] 複合と歴史以後 [Invited] 複合芸術会議2018 複合芸術会議2018 複合芸術会議2018 2018/01/27 Japanese Oral presentation(invited, special) Disclose to all
「役に立つ」とはいかなることか?[Invited] 「役に立つ」とはいかなることか? [Invited] 「役に立つ」とはいかなることか? [Invited] 台湾日本文学会年次大会 台湾日本文学会年次大会 台湾日本文学会年次大会 2017/12/15 Japanese Oral presentation(keynote) Disclose to all
Nuclear Imagination in Art and Pop Culture[Invited] Nuclear Imagination in Art and Pop Culture [Invited] Nuclear Imagination in Art and Pop Culture [Invited] International Colloquim: Sovereigny, Migrants and Culture International Colloquim: Sovereigny, Migrants and Culture International Colloquim: Sovereigny, Migrants and Culture 2016/11/24 English Oral presentation(keynote) Disclose to all
Emergence of Artistic Creations in Everyday Life Emergence of Artistic Creations in Everyday Life Emergence of Artistic Creations in Everyday Life International Congress of Aesthetics 国際美学会議 International Congress of Aesthetics 2016/07/28 English Oral presentation(general) Disclose to all
What is Transformative in Aesthetics? What is Transformative in Aesthetics? What is Transformative in Aesthetics? International Congress of Aesthetics International Congress of Aesthetics International Congress of Aesthetics 2016/07/26 English Oral presentation(general) Disclose to all
Manga as/and Art: the pop transgressing cultural bounds Manga as/and Art: the pop transgressing cultural bounds Manga as/and Art: the pop transgressing cultural bounds International Congress of Semiotics International Congress of Semiotics International Congress of Semiotics 2014/09/17 English Oral presentation(general) Disclose to all
Title language:
Books etc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Publisher Publisher(Japanese) Publisher(English) Publication date Language Type Disclose
吉岡 洋 吉岡 洋 吉岡 洋 はたはた はたはた はたはた 2018/03 Japanese Editor Disclose to all
YOSHIOKA Hiroshi 吉岡 洋 YOSHIOKA Hiroshi Shizubi Project 6 彼方へ Shizubi Project 6 静岡市美術館 静岡市美術館 2017/08 Joint Work Disclose to all
吉岡 洋 吉岡 洋 吉岡 洋 辺境芸術最前線―生きるためのアートマネジメント― 辺境芸術最前線―生きるためのアートマネジメント― 辺境芸術最前線―生きるためのアートマネジメント― 秋田公立美術大学 秋田公立美術大学 秋田公立美術大学 2017/02 Joint Work Disclose to all
YOSHIOKA Hiroshi 吉岡 洋 YOSHIOKA Hiroshi Antigravity 反重力 Antigravity 豊田市美術館/青幻舎 豊田市美術館/青幻舎 2013/12 Joint Work Disclose to all
YOSHIOKA Hiroshi 吉岡 洋 YOSHIOKA Hiroshi Tadasu Takamine's Cool Japan 高嶺格のクールジャパン Tadasu Takamine's Cool Japan 水戸芸術館 水戸芸術館 2012/12 Joint Work Disclose to all
YOSHIOKA Hiroshi 吉岡 洋 YOSHIOKA Hiroshi Tadasu Takamine [Big Rest] 高嶺格[大きな休息] Tadasu Takamine [Big Rest] せんだいメディアテーク せんだいメディアテーク 2009/03 Joint Work Disclose to all
吉岡洋 吉岡洋 吉岡洋 『ヨロボンDiatxt./Yamaguchi』 『ヨロボンDiatxt./Yamaguchi』 『ヨロボンDiatxt./Yamaguchi』 (編集・翻訳および執筆)、山口情報芸術セン ター (編集・翻訳および執筆)、山口情報芸術セン ター (編集・翻訳および執筆)、山口情報芸術セン ター 2008 Japanese Editor Disclose to all
YOSHIOKA Hiroshi 吉岡 洋 YOSHIOKA Hiroshi Jouable: Art, jeu et interactivité Jouable: Art, jeu et interactivité Jouable: Art, jeu et interactivité Haute école d'art appliqués HES, Geneve Haute école d'art appliqués HES, Geneve 2004/10 French Disclose to all
吉岡 洋 吉岡 洋 吉岡 洋 『〈思想〉の現在形―複雑系・電脳空間・アフォーダンス』 『〈思想〉の現在形―複雑系・電脳空間・アフォーダンス』 『〈思想〉の現在形―複雑系・電脳空間・アフォーダンス』 講談社(選書メチエ), 講談社(選書メチエ), 講談社(選書メチエ), 1997 Japanese Disclose to all
吉岡 洋 吉岡 洋 吉岡 洋 『情報と生命――脳・コンピュータ・宇宙』(共著) 『情報と生命――脳・コンピュータ・宇宙』(共著) 『情報と生命――脳・コンピュータ・宇宙』(共著) 新曜社, 新曜社, 新曜社, 1993 Japanese Disclose to all
Title language:
Teaching subject(s)
Name(Japanese) Name(English) Term Department Period
ポケットゼミ「現代芸術を〈読む〉」 -
美学美術史学講義 -
美学美術史学特殊講義 -
美学美術史学(特殊講義) 通年 文学研究科 2011/04-2012/03
美学(講義) 通年 文学部 2011/04-2012/03
美学美術史学(特殊講義) 通年 文学部 2011/04-2012/03
芸術学ゼミナール Introduction to Art Theory 前期 全学共通科目 2011/04-2012/03
修士論文(美学美術史学) 通年集中 文学研究科 2011/04-2012/03
美学美術史学(演習III) 通年 文学研究科 2011/04-2012/03
美学美術史学(演習III) 通年 文学部 2011/04-2012/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2012/04-2013/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2012/04-2013/03
美学美術史学(演習III) Aesthetics and Art History (Seminars) 通年 文学研究科 2012/04-2013/03
美学美術史学(演習III) Aesthetics and Art History (Seminars) 通年 文学部 2012/04-2013/03
美学美術史学(特殊講義) Aesthetics and Art History (Special Lectures) 通年 文学研究科 2012/04-2013/03
美学美術史学(特殊講義) Aesthetics and Art History (Special Lectures) 通年 文学部 2012/04-2013/03
美学(講義) Aesthetics (Lectures) 通年 文学部 2012/04-2013/03
美学(講義) Aesthetics (Lectures) 通年 文学部 2013/04-2014/03
美学美術史学(特殊講義) Aesthetics and Art History (Special Lectures) 通年 文学部 2013/04-2014/03
美学美術史学(演習III) Aesthetics and Art History (Seminars) 通年 文学部 2013/04-2014/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2013/04-2014/03
美学美術史学(特殊講義) Aesthetics and Art History (Special Lectures) 通年 文学研究科 2013/04-2014/03
美学美術史学(演習III) Aesthetics and Art History (Seminars) 通年 文学研究科 2013/04-2014/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2013/04-2014/03
現代アートと共に考える Theory of Contemporary Art 前期 全学共通科目 2013/04-2014/03
美学(講義) Aesthetics (Lectures) 前期 文学部 2014/04-2015/03
美学(講義) Aesthetics (Lectures) 後期 文学部 2014/04-2015/03
美学美術史学(特殊講義) Aesthetics and Art History (Special Lectures) 前期 文学部 2014/04-2015/03
美学美術史学(特殊講義) Aesthetics and Art History (Special Lectures) 後期 文学部 2014/04-2015/03
美学美術史学(演習III) Aesthetics and Art History (Seminars) 前期 文学部 2014/04-2015/03
美学美術史学(演習III) Aesthetics and Art History (Seminars) 後期 文学部 2014/04-2015/03
美学美術史学(特殊講義) Aesthetics and Art History (Special Lectures) 前期 文学研究科 2014/04-2015/03
美学美術史学(特殊講義) Aesthetics and Art History (Special Lectures) 後期 文学研究科 2014/04-2015/03
美学美術史学(演習III) Aesthetics and Art History (Seminars) 前期 文学研究科 2014/04-2015/03
美学美術史学(演習III) Aesthetics and Art History (Seminars) 後期 文学研究科 2014/04-2015/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2014/04-2015/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2014/04-2015/03
修士論文 Master's Thesis 通年集中 文学研究科 2015/04-2016/03
卒業論文 Graduation Thesis 通年集中 文学部 2015/04-2016/03
美学美術史学(演習III) Aesthetics and Art History (Seminars) 前期 文学研究科 2015/04-2016/03
美学美術史学(演習III) Aesthetics and Art History (Seminars) 後期 文学研究科 2015/04-2016/03
美学美術史学(演習III) Aesthetics and Art History (Seminars) 前期 文学部 2015/04-2016/03
美学美術史学(演習III) Aesthetics and Art History (Seminars) 後期 文学部 2015/04-2016/03
美学美術史学(特殊講義) Aesthetics and Art History (Special Lectures) 前期 文学研究科 2015/04-2016/03
美学美術史学(特殊講義) Aesthetics and Art History (Special Lectures) 前期 文学部 2015/04-2016/03
美学美術史学(特殊講義) Aesthetics and Art History (Special Lectures) 後期 文学研究科 2015/04-2016/03
美学美術史学(特殊講義) Aesthetics and Art History (Special Lectures) 後期 文学部 2015/04-2016/03
美学(講義) Aesthetics (Lectures) 前期 文学部 2015/04-2016/03
美学(講義) Aesthetics (Lectures) 後期 文学部 2015/04-2016/03

  • <<
  • >>
Part-time lecturer (outside KU)
Cource name(Japanese) Cource name(English) Term University Department Period
情報科学芸術大学院大学「現代思想演習」 -
School management (title, position)
Title Period
学術出版会社員 2017/04/01-2017/03/31
広報委員会 委員 2019/04/01-2020/03/31
広報委員会 紅萠編集専門部会 2019/04/01-2020/03/31
Academic organizaions (other)
Organization name(Japanese) Organization name(English) Misc(Japanese) Misc(English) Period
日本記号学会 Japanese Association of Semiotics Studies 大会の企画運営 2015/05/16-2015/05/17
美学会 Japan Association of Aesthetics 『美学の辞典』編集委員長 2017/10/01-
Other activities
Meeting Title Date
秋田公立美術大学特別講義 芸術における時間と空間 2018/02/08
複合芸術会議2018 美学美術史からみた「複合」 2018/01/27
パリ第8大学特別講義1 sur la nativité dans les œuvres d'art(芸術作品における物語性) 2018/03/07
パリ第8大学特別講義2 Sur l'absence de soi(「自己」の不在について) 2018/02/07
国際シンポジウム Future Mind 2 Introduction to Future Mind 2 2018/02/18
国立国際美術館レクチャー「四次元の読書」 球体と回転 2018/04/23
Publica 17, Madrid On Art Festivals in Japan since 2000(2000年以降の日本における芸術祭) 2017/01/27
サラゴサ大学日本学特別講演会 日本における芸術とポップカルチャー 2017/01/27
リスボン地理協会特別講演 On Art Festivals in Japan since 2000(2000年以降の日本における芸術祭) 2017/01/30
第12回 京都大学附置研究所・センター シンポジウム 美学とはどんな学問か 2017/03/11
日韓共同ワークショップ 「芸術と社会―クシシュトフ・ヴォディチコ展をめぐって」 芸術と社会—Krzysztof Wodiczkoをめぐって 2017/08/26
京大・ロンドン大による国際会議 Future Mind Nature of the Artificial(人工物の本性について) 2018/09/18
ミシガン大学公開講座 Nuclear Imagination in Pop Culture(ポップカルチャーにおける核の想像力) 2017/09/22
WSK(マニラにおけるメディアアート祭) 「大垣ビエンナーレ2006」について 2017/10/25

  • <<
  • >>
Other activities (public organizations)
Committee(Japanese) Committee(English) Title Organization name Period
文化庁メディア芸術コンソーシアム コア・フェロー 2010/10/01-
文化庁世界メディア芸術会議 座長 文化庁 2010/10/01-2013/03/31
京都国際現代芸術祭専門諮問委員会 Professional Advisary Board for PARASOPHIA 2015 委員 京都国際現代芸術祭事務局 2014/04/01-2015/06/30
文化庁メディア芸術祭海外展 事業アドバイザー 文化庁 2014/04/01-
文化庁メディア芸術祭地方展選定委員会 選定委員 文化庁 2018/04/01-
京都森林文化の森推進協議会 専門委員 京都市 2014/04/01-
京都国際舞台芸術祭企画委員会 企画委員 ロームシアター 2016/04/01-
京都賞シンポジウム 美術部門企画担当 2015/10/01-2016/07/10
Other activities (private companies, NPOs, etc.)
Company name Activity Period
『パラ人』編集委員会 PARASOPHIA半公式フリーペーパーの編集・刊行 2013/10/01-2015/04/31
京都芸術センター 末冨綾子公開作品制作・連続トークの企画運営 2016/10/01-2017/04/30
BEACONプロジェクトチーム マルチメディア・インスタレーション作品「BEACON 2015」の制作・展示 2015/04/01-2015/10/12
あいちトリエンナーレ2017 シンポジウム「IAMASの20年」への参加 2016/10/10-2016/10/10
Activities at international organization(s)
Activity(Japanese) Activity(English) Organization name Period
副事務局長 Vice Sectetary General International Association of Aesthetics 2013/10/01-2017/09/30
Experience of living abroad
Organization Department Research theme Country Period
Institute of Social Studies Contemporary Theory Comparative study on the modern and the postmodern Netherlands 1992/10/01-1993/09/30